YAWARA! 海外レビュー

あらすじ

スポーツ新聞記者・松田耕作とカメラマン・鴨田は、ある日ひったくりの逃走現場に出くわし、華奢で可憐な女子高生が見事な巴投げでひったくりを投げ飛ばす様を目撃する。ひったくりを投げ飛ばした少女の名は猪熊柔。世界的に著名な柔道家・猪熊滋悟郎の孫娘で、祖父から英才教育を受けた天才柔道家だったが、彼女を「センセーショナルにデビューさせたい」滋悟郎の意向で公式試合はおろか、柔道をしていることすら隠していた。

「柔のことをスポーツ新聞記者に知られた」ため、滋悟郎は柔を公式デビューさせることにするが、当の柔は父・猪熊虎滋郎が失踪したのは柔道のせいだと思っており、柔道を止めたいと思っていた。しかし柔も根は柔道家であり、決して勝負に手を抜くことはなく、本当に強い相手と対戦する時には純粋に柔道を楽んでいた。そして日本選手権の覇者・藤堂由貴や、スポーツの天才少女として鳴り物入りで柔道デビューした本阿弥さやかを難なく破り、一躍世界中の女子柔道家から注目を集める存在となる。中でも単身カナダから来日したジョディ・ロックウェルは、しばらく猪熊家に居候することになり、滋悟郎の指導で柔道家として成長すると共に、柔とも友情を温めあう。
1989年10月16日 – 1992年9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“YAWARA! 海外レビュー” の続きを読む