ゾンビランドサガ 海外レビュー

あらすじ

2008年4月、アイドルを夢見る少女・源さくらは、東京のアイドルオーディションを受けようと決意し、郵送する申請書を片手に登校しようと自宅を出た途端、軽トラックに跳ねられて命を落としてしまう。

2018年、とある洋館で記憶を失ったまま目覚めたさくらは突然ゾンビの群れに襲われて洋館から脱出するが、自身もゾンビと化していることに気付く。そこに現れた青年・巽幸太郎から、佐賀県の認知度を上げるための企画「ゾンビランドサガプロジェクト」のご当地アイドルとして、自分を含む7人の少女が幸太郎によって同様に甦ったことを知らされたさくらは、佐賀県の認知度を上げ、生前の記憶を思い出すため、アイドルグループとしての活動を開始する。(ウィキペディアより引用)

フランシュシュ

源 さくら(みなもと さくら)声 – 本渡楓

生年月日不明、没年不明、享年不明、体格不明。死因:交通事故死
本編の主人公。ゾンビ1号。アイドルを夢見ていた平凡な高校2年生(2008年時)で、新学期の朝、東京の新人アイドルオーディションの申請書を片手に家を出た瞬間に猛スピードで走ってきた軽トラックに跳ね飛ばされ即死。その後ゾンビとなり、2018年の佐賀県唐津市内の町田川近辺にある洋館で、メンバーの中で最初に自我に目覚めた。ただし、ほかのメンバーと違い生前の記憶はほとんどない。スリーサイズは未公表だが、胸は大きい。

 

二階堂 サキ(にかいどう さき)声 – 田野アサミ

1979年5月15日生まれ 1997年8月30日没 享年18歳 153cm 48kg スリーサイズ:77(C)/54/82。死因:バイク事故死
ゾンビ2号。巽の説明では「伝説の特攻隊長」で、唯一芸能と明らかに関係のない分野から抜擢されている。生前は1990年代に九州地方を制覇した暴走族集団「怒羅美」の首領。佐賀県出身で佐賀弁で話し、ご当地アイドル特有のローカルネタ満載な営業に一番精通している他、生前はロックミュージック派でもあり、めんたいロックなどのロック関係に精通している。
膝まである金髪をポニーテールにしており、服装は赤のスカジャンにロングスカート。ゾンビになってからは右頬や腕に縫い跡があり、服の下のほぼ全身に包帯が巻かれている。生前は『たまごっち』にハマっていた。

 

水野 愛(みずの あい)声 – 種田梨沙

1992年3月7日生まれ 2008年8月4日没 享年16歳 160cm 42kg スリーサイズ:81(B)/56/80。死因:落雷事故死
ゾンビ3号。巽の説明では「伝説の平成のアイドル」。東京出身。生前はさくらが憧れていた日本一の人気アイドルユニット「アイアンフリル」のセンターヴォーカルで、鳥栖スタジアムでの野外ライブ中に落雷を受けて死亡。さくらも時々フラッシュバックで彼女の姿を観る。
黒髪のショートヘアに花の形をした髪留めを散りばめて付けており、服装はブレザーとミニスカート。前述の雷事故により全身に大火傷を負っているため、ゾンビになってからは目と鼻の周り以外の全身を包帯で巻いている。

 

紺野 純子(こんの じゅんこ)声 – 河瀬茉希

1964年9月2日生まれ 1983年12月9日没 享年19歳 155cm 40kg スリーサイズ:80(B)/55/84。死因:飛行機事故死
ゾンビ4号。巽の説明では「伝説の昭和のアイドル」。東京出身。生前は1980年代のアイドルブームの火付け役となった人気アイドル。初の九州ツアーで最初のコンサート会場である佐賀に向かう際に飛行機事故により死亡

 

ゆうぎり声 – 衣川里佳

1863年11月23日(文久3年10月13日)生まれ 1882年12月28日(明治15年12月28日)没 享年19歳 165cm 48kg スリーサイズ:94(I)/62/89。死因:不明
ゾンビ5号。巽の説明では「伝説の花魁」。生前は幕末から明治にかけての時代を生き抜き、明治維新にも関わっていた模様。三味線など芸事に長けている。嶋原にいたころは、壬生浪士組が得意客であった。
廓詞で会話し、茶髪を赤い髪留め布と串団子型の簪を使って頭頂部でハート形に束ねており、服装はオレンジの菱形模様の振袖と濃緑の膝丈の袴で明治時代の女学生風。グループの中で胸が一番大きい。首に大きな傷跡がある。
肝が据わっており、時代の変化を実感しつつも動じることなくアイドル活動をしている。このことについてゆうぎり本人は「何を考えても仕方ないため、あるがままを受け入れるようにしてる」と語っている。他のメンバーが自分に死臭があるのではないかと動揺した際にも、ひとり笑顔を崩さなかった。使用方法さえわかればカメラなどの現代の文明も扱える。
サキから「ゆうぎり姐(ねえ)さん」と呼ばれるなど、さくら達のお姉さん的存在として慕われている。愛と純子が対立した際も、互いの正論で起きる争いもあると愛を諭している。
手持ち無沙汰なときにはいつも煙管を吸っている。

 

星川 リリィ(ほしかわ リリィ)声 – 田中美海

1999年10月6日生まれ 2011年11月30日没 享年12歳 130cm 31kg スリーサイズ:59/54/56。死因:不明
ゾンビ6号。巽の説明では「伝説の天才子役」。生前は大河ドラマで大ブレイクし、全チャンネルのゴールデンタイム放送番組で主演を経験した子役女優。サキから「ちんちくりん」と呼ばれている。

 

山田 たえ(やまだ たえ)声 – 三石琴乃

誕生日不明、没年不明、享年29歳 170cm 50kg スリーサイズ:91(F)/59/89。死因:不明
ゾンビ0号。巽の説明では「伝説の山田たえ」。巽がさくらに他のメンバーの紹介をする際、彼女だけはなぜか伝説の説明が省かれた。
膝まである黒髪で両側頭部の髪が鳥の翼のように跳ね上がっており、服装は修道院着に似た黒い肩出しのワンピース。ゾンビになってからは愛と同様全身が包帯で巻かれているが、たえの場合は顔の包帯が額の部分のみになっている。

 

フランシュシュマネージャー

巽 幸太郎(たつみ こうたろう)声 – 宮野真守
アイドルプロデューサーを名乗る謎の青年。存在が風前の灯火となっている佐賀県を救うべく、さくら達をゾンビとして復活させ、アイドルとして活動させる。

 

 

✳以下クランチロール、myanimelistからのレビューになります

“ゾンビランドサガ 海外レビュー” の続きを読む

風が強く吹いている 海外レビュー

あらすじ

自らが引き起こした不祥事により、部活を辞めることを余儀なくされた、天才ランナー・蔵原走(カケル)は、夜道を走っていた。自らの脚を万引きの道具として活かし、逃れるために。そこに偶然通りかかった、かつて強豪校で走っていた手負いのランナー・清瀬灰二(ハイジ)は、その走りに魅了され、自転車でカケルを追いかけ、こう問う。「走るの好きか」と――。
その問いに脚を止めたカケルに対し、ハイジは、自らが学生の食事を作り生活面を管理している、格安学生寮の竹青荘(通称・アオタケ)に勧誘する。他に行くあてもなく、カケルが向かったアオタケでは、漫画オタクの美形、運動経験のない黒人、モテることを夢見る瓜二つの双子、争いごととは無縁な好青年、司法試験合格済みの秀才、ヘビースモーカーな25歳、就活に勤しむクイズ王と、個性豊かな面々がそれぞれの大学生活を謳歌していた。
そんな彼らが集う、カケルの歓迎会で、ハイジは高らかに宣言する。「ここにいる10人で箱根駅伝を目指す」と。実はアオタケは、ハイジが箱根駅伝を目指すための「寛政大学・陸上競技部錬成所」であったのだ。騙された、と抗議をする住人に対し、ハイジは彼らの心理を、時に巧みに、時に強引に掌握し、箱根駅伝を本気で目指すために突き進んでいった。
アオタケの住人は、大半が陸上素人ではあったが、トレーニングをしていくうちに各々の長所を伸ばし徐々に力をつけていく。それに対し、カケルは当初なし崩しに付き合ってはいたものの、箱根駅伝出場については本気に捉えておらず、住人との温度差を埋めきれずにいた。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“風が強く吹いている 海外レビュー” の続きを読む

叛逆性ミリオンアーサー 第1話 「過去への叛逆」 海外の反応

 あらすじ

強大な力ゆえに歴史をも歪めてしまう聖剣『エクスカリバー』百万本を叩き折るため、団長・鉄拳・閣下・錬金・山猫・流浪ら6人のアーサーは過去のブリテンへと向かう。
しかし、リーダーである団長の珍妙な行動に一同は困惑し、早くもチームは崩壊の危機。
そんな中、現地のアーサーたちは団長らの行動を察知し、6人を返り討ちにするべく集結しようとしていた。その数、およそ1万――!(公式サイトより引用)

 登場人物

団長アーサー 雨宮 天
鉄拳アーサー 柿原 徹也
山猫アーサー 竹達 彩奈
閣下アーサー 花江 夏樹
錬金アーサー 水瀬 いのり
流浪アーサー 中村 悠一
ナックラヴィ 茜屋 日海夏
ティターニア 高橋 李依
クーピー 東山 奈央
ブリギッテ 芹澤 優
ボダッハ 三森 すずこ
ベトール 日高 里菜

image_search_1542894379314

✳以下myanimelistからの反応になります

“叛逆性ミリオンアーサー 第1話 「過去への叛逆」 海外の反応” の続きを読む

つくもがみ貸します 海外レビュー

 あらすじ

江戸の深川にある古道具屋兼損料屋「出雲屋」には、100年の時を経て付喪神と化した古道具が数多く置いてある。噂話が大好きな付喪神たちは、貸し出された先々で様々な噂を聞きつけては、それを話題の種とする。彼らの声を聞くことが出来る出雲屋の清次とお紅は、彼らが拾ってくる騒動を解決していくが、そのなかで4年前に失踪したお紅の意中の相手である佐太郎の行方を図らずも知ることとなる。

江戸は深川・仲町にて損料屋・出雲屋を営む清次とお紅の姉弟の元に、武家の次男坊である勝三郎が訪れて、失くしてしまった鼠の根付を探して欲しいと依頼する。その根付は、結婚相手である有力武家の蜂屋家の跡取りに代々受け継がれてきたもので、それがないと結婚の話自体が立ち消えになってしまうという。依頼を受けた清次は店のつくもがみたちを使い、情報を集めていくのだが、衝撃の事実が待ち受けており……。
(ウィキペディアより引用)

登場人物

清次(せいじ)声 – 榎木淳弥
お紅(おこう)声 – 小松未可子
佐太郎(さたろう)声 – 櫻井孝宏

付喪神

五位(ごい)声 – 平川大輔
月夜見(つくよみ)声 – 仲野裕
お姫(おひめ)声 – 明坂聡美
うさぎ 声 – 井口裕香
野鉄(のてつ)声 – 奈良徹
利休鼠(りきゅうねずみ)声 – 井口祐一

1532404330701

✳以下myanimelistからのレビューになります

“つくもがみ貸します 海外レビュー” の続きを読む

転生したらスライムだった件 海外レビュー

第1話あらすじ

通り魔に刺されて死んだ会社員、三上 悟(みかみ さとる)は、異世界の洞窟でスライムとして転生した。

スライムとして転生した異世界の洞窟で「ヴェルドラ」と名乗る巨大な竜と出会い、ヴェルドラは主人公にリムルの名を贈り、主人公はヴェルドラと自分に「テンペスト」のファミリネームを名づけて友達となった。

ヴェルドラは過去の勇者によって洞窟内に封印されていたが、リムルは転生したときに身に付けた能力、”捕食者”で封印結界ごとヴェルドラを収納。洞窟を出て旅に出ることを決める。(ウィキペディアより引用)

登場人物

リムル=テンペスト 声 – 岡咲美保 寺島拓篤
大賢者エイチアルモノ 声-豊口めぐみ
ヴェルドラ 声 – 前野智昭

✳以下クランチロールからのレビューになります

“転生したらスライムだった件 海外レビュー” の続きを読む

東京グール:re 海外レビュー

 あらすじ

読書が趣味の平凡な大学生カネキ(CV:花江夏樹)は、好意を寄せていたリゼ(CV:花澤香菜)と小説をきっかけに知り合ってデートをすることに。しかしその別れ際、喰種としての本性を現したリゼに襲われてしまいます。偶然リゼの頭上から鉄骨が落下してきたことで難を逃れ、病院で手術を受けたカネキは、目覚めると自身の身体に変化が起こっていることに気づくのでした。

これまで口にしてきた食事を受けつけず、代わりに人肉を欲する半喰種となったカネキ。そんな時、喫茶店「あんていく」の従業員トーカ(CV:雨宮天)と店長の芳村(CV:菅生隆之)に出会います。人間としての尊厳と喰種としての飢えの間で葛藤し、世界中のどこにも自分の居場所はないと悲嘆に暮れるカネキ。しかし苦悩と恐怖に満ちた逃れることができない運命は、まだ始まったばかりでした。(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=ksAJIsl047w(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=tU6ToAYvz1g(公式)

c8c9468b  

✳以下myanimelistからのレビューになります

すぐ後に、私たちの主人公はいくつかのトラウマを経て、記憶喪失に苦しんでいることが明らかになりました。これは完璧な文章の書き方ではなく、シーズン1と2で見られるすべてのキャラクター開発をゼロに戻す方法ではありません。私は、どのようなタイプの作者が自分のキャラクターを憎んで、このようなことをするのか、それほど確かではありません。 S01の初めに私はKaneki Kenを嫌っていましたが、彼の性格の発展のために彼に似ていました。そして、今私は再び同じシテを見るはずですか?どうですか?同じ宇宙の別のバージョンがはるかに良いアイデアでした。

私は決して東京グールの大ファンではなかったと認めます。私はS01を2度、S02を1回見ましたが、マンガを一度読んでいましたが、まだこの第3シーズンはあらゆる点で劣っています。良いものはすべて削除され、ディレクターは変更され、今度は最初の季節が実際よりも良くなったOSTが今やゴミになっています。これまでのところ、エピソード2のショー全体で1つの良い場面があり、それだけでもS02から貸し出されています。誰にでもこのことを推薦することは非常に難しいです。特に、元のキャラクターが好きだった人は、遠く離れた場所にいなければなりません。

Ken Camelionは新しい髪と新しい性格に戻ってきました。

Tokyo Ghoul:√Aのイベントの2年後に行われます。

それでは、待ってから何を得るのですか?
まあ、前のシーズンからの移行は、あなたがマンガを読んでいないのならば、非常に荒く、理解しにくいですが、それは不誠実な適応が原因です。これまでのところ、漫画をもっと遠くに追いかけているようですが、これは良いことです。なぜなら、東京グールの最も興味深い部分に戻るからです。

最初のエピソードの後、私はKaneki KenがHaise Sasakiの一部であることを知っていますが、私はそれがなぜ駄目ではないでしょうが、それが主な理由だと私は思います。

全体的に私はこう言っています。新しいキャストが最初にあなたを離したとしても、reは前の季節の偉大さを上回る大きな可能性を秘めています。

推奨 – いいえ
マンガを読む – いいえ
ベストキャラクター – カネキ
最悪のキャラクター – Haise

PLOT❷/
キャラクター❶/
アートスタイル❻/

+ PROS
-Toukaは、存在しないシーンの近くで、個性のアップグレードを得ているようだ。
白い髪の金子は、これまで以上に狂っています。
-CONS
ベータ男性、弱カネキ、最後のエピソードまでのシーズンの大半 – 私はベータカネキのフルシーズンに耐えなければならなかった。ついに白いカネキが尻を蹴るのを見て、苦しみは終わったと思った。間違っている – 彼らはその戦術をリサイクルすることを決めた
– 不自然なキャラクターデザインの変更(鈴屋 – 白い髪Kaneki?)
– サイドのキャラクターが覚えていても、名前を覚えることさえできません。弱い主人公;黒い髪の金子は、少なくとも迷惑だった。Haiseはちょっと退屈だ。

全体❷/
印象深い続編、特に東京グールの潜在的可能性を考えると、大きなスヌーズフェスティバル。 Whole Haiseの状況は、昨シーズンからのKanekiのキャラクター開発のすべてを否定するような感じです。前のシリーズが良い場所で終わったので、作ってはいけません。多分、マンガでは物語がよく発達して面白いですが、このアニメは時間の無駄です。

スタジオ・ピエロはマンガにふさわしい適応を実際に与えていますか?いいえ。でも、今度はスタジオがこのマンガをフォローしようとしているので、まだシーズン2よりはるかに良い仕事です。しかし、まだ彼らは狂ったように漫画をスキップしており、ペースは速くubelievableです。しかし、最初から追いついてみましょう。

だから、私たちはhaise sasakiと彼のグループquinxという新しい話を持っています。これは片眼の爪(全部で5匹)で作られたグループで、爪を追いかけて駆除するためにCCGの下で働いています。彼らはghoul権限を持つghoul調査チームです。彼らのリーダーは、彼が主人公であるようにHaise Sasakiです。アニメには多くの新しいキャラクターが登場し、さらに多くのキャラクターが登場します。私は物語の詳細を言うつもりはないので、彼らはあなたがそれをチェックすることができますそれを見ることができますので、腐敗として考慮されません。

個人的に私は季節を楽しんでいるし、私はすべての漫画読者が、私が1人であるので、シリーズを嫌うのをやめる必要があると思う。少なくとも私たちはまともな試みをしています。アニメの視点から、私はなぜ多くの人がシリーズを脱落させるのか理解できません。なぜなら、彼らは物事を望ましくなくしないからです。私は月曜日に出てくるすべての新しい章を読んでいるので、このアニメ/マンガにふさわしい偉大さを得ることができるので、辛抱強く必要があることを彼らに保証することができます。それは、私の意見では、24-エピソードシーズンを84-85章にしなければならない理由です。なぜなら、ほとんどのことは、シーズン1の後で完全に説明されるからです。とにかくアニメがまだ4つのエピソードがあるので、とにかくそれはまだかなり早いです、物語と物についての漫画の視点から私は簡単に9-10を与えるでしょうが、スタジオが全シーズンにどのように適応するか見るためには皆が待つ必要があると思います最初。また、私はアートに関するいくつかの変更が好きですが、戦いは音楽との同期が外れているように見えますが、予算が低い場合もあります。すべての人を集計すると、アニメ/マンガウォッチャーはすべてのことについて不満を持ち、実際にマンガに続く新しいシーズンを迎えることができて嬉しいです。あなたがすべてを学びたいならば、シガーシーズン2と彼らが他の季節に逃したものを埋めるためにマンガを読んでください。それは今のところすべてですが、シーズンが終わったときに私は更新するかもしれません。

注:これはアニメだけの視聴者からのレビューです。

Tokyo Ghoul:reはシリーズの1つです。初めから、あなたは佐々木ハイゼとQuinxチームの世界に連れて行きます。最初の話は、実際のシリーズについて何の文脈も全く持たず、全く混乱していました。しかし、作品はずっと後で落ち始め、物語は以前より深みを増しています。

ここのストーリーは本当に素晴らしく、いくつかの点で私に驚くほどショックを与えてくれる、複雑でユニークなストーリーがあり、私は他の点で笑います。私は間違いなくこれで泣くことを期待していなかったが、私が全く泣かなかったら私は嘘をついていただろう。

芸術は大丈夫だった。アニメーションとスタイリングは、私が見たマンガのイメージと一致しません。これはこれよりもはるかによく見えますが、最初の2つのシーズンは悪いものでした。

サウンドトラックと本当に違う音の選択は、本当に正しいと感じたものでした。ほとんどの人が慣れている典型的なサウンドトラックではありません。それは異なって、暗く、予測不能で、物語に非常に適しています。

ここでの特徴付けは別の良い点です。カネキとササキのコントラストはかなり印象的で、本当にうまくいっています。 Quinxのチームにはそれぞれ独特の癖があります。私は、彼らが私が典型的に見てきたものとは違ったスピンをキャラクターにどうやってつけたか、特に気に入っています。元のシリーズにも登場していたキャラクターは明らかに変化し、ストーリーとキャラクターは私が期待していたものとは異なるレベルになりました。

楽しさは私が大丈夫だと思ったものでした。このシリーズはマンガ読者のために作ったもので、私のようなオリジナルの2冊の章を読んでいない人のために、私は文脈の欠如のためにそれを楽しむことができませんでした。私がコンテキストをよく知っていて、ルートAで得たものの代わりに本当に何が起こったのか分かっていたら、もっと楽しんでいたでしょう。

全体的に、このシリーズはすばらしい作品であり、私が思ったほどのものを望むとは思っていませんでした。私はアニメだけの水ですが、これは間違いなく私にマンガを読もうと促してくれました。最終的なエピソードを見て、私は本当にシーズン2を楽しみにしています。

ゴブリンスレイヤー 海外レビュー

 内容

最下級モンスターであるゴブリンのみを狩る冒険者・ゴブリンスレイヤーの活躍を描く作品である。

この作品に登場するゴブリンは一般的なファンタジー世界を舞台とする小説やゲームに登場するものとほぼ同じであるが、世界観に立脚してリアルに描かれる。1匹なら力自慢の村人でも倒せるほど弱いが、群れをなして残忍狡猾なやり口で冒険者たちを陥れる存在であり、油断すれば村を滅ぼすことすらある脅威として描かれる。特に群れの数の多さから冒険者ギルドへの依頼が多いことに比べ、依頼者が貧しい村であることから報酬は少なく、一般に弱いと認識されるゴブリンを殲滅しても名声は得られないため、熟練の冒険者は依頼を受けず、代わりに新米の冒険者が依頼を受けることが多いという社会問題がある。しかし、熟練の冒険者でも場合によっては死に至る可能性がある中、新米の冒険者では経験不足もあって舐めてかかるがゆえ、ゴブリンたちの餌食となってしまう。

そのような社会において、決して油断せずただ淡々とゴブリンのみを狩る存在として、ゴブリンスレイヤーが描かれる。(ウィキペディアより引用)

1519013586_1_1_e9befa3facd69c1238870311972588ce

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゴブリンスレイヤー 海外レビュー” の続きを読む

あかねさす少女 海外レビュー

 あらすじ

2018年10月、地方都市に住む女子高生・土宮 明日架率いる「鉱石ラヂオ研究会」は、「ご神木にラジオのチューナーを合わせると並行世界へ移動できる」という儀式を検証した。

都市伝説じみていたそれは、様々な条件が重なった結果、大ごとになってしまう。(ウィキペディアより引用)

160916

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あかねさす少女 海外レビュー” の続きを読む

CONCEPTION 海外レビュー

 概要

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』を手掛けた寺澤善徳がプロデュースを務める新作RPG。ダンジョン探索型RPG(ターン制バトル)と学園を舞台にした恋愛アドベンチャーを融合させたゲームシステムが特徴となっている。サブタイトルは、本作で登場する12人の巫女と儀式を通して誕生する多様なパーティチームメンバー「星の子」にも関係する。

愛好の儀とは、プレイヤーが星の子を産むための儀式である。 プレイヤーはイツキを通じて巫女を一人選んでコミュニケーションをとったり[2]、ダンジョン内を探索することでキズナポイントが手に入る。 星の子のステータスや属性はキズナポイントや親の性質[3]のほかにも、器となる”マトリョーシカ”の種類にも左右される。また、これらの性質は星の子が就くことが可能な職業にも影響する。

星の子は、巫女とイツキが”マトリョーシカ”に魂を注ぎ込むことによって誕生するため 、このゲームはアダルトゲームに該当しない 。

誕生した星の子は、1人から4人のチームを組んで、ケガレとの戦いに臨む。(ウィキペディアより引用)

fb_image

✳以下クランチロールからのレビューになります

“CONCEPTION 海外レビュー” の続きを読む

邪神ちゃんドロップキック 海外レビュー

 あらすじ

神保町に住む女子大生・花園ゆりねは魔界から悪魔・邪神ちゃんを召喚することに成功するも、悪魔を帰す方法がわからず、邪神ちゃんを自宅に住まわせることにした。召喚者が死ねば魔界に帰れることを知っていた邪神ちゃんは、ことあるごとにドロップキックでゆりねを殺そうとするが、そのたびに返り討ちにされるのであった。
(ウィキペディアより引用)

                 

1533612115637

✳以下myanimelistからのレビューになります

“邪神ちゃんドロップキック 海外レビュー” の続きを読む

ゆらぎ荘の幽奈さん 海外レビュー

 あらすじ

霊に憑依されやすい冬空コガラシは、家賃無料の永住権を獲得するために、「ゆらぎ荘」に棲む地縛霊を成仏させるため引っ越してくる。しかし、その地縛霊は幽奈という女性だった。さらに、ゆらぎ荘には数人の個性豊かな女性たちが住んでいた。かくして、コガラシの彼女たちとのドタバタ劇が巻き起こる妖下宿ゆらぎ荘の生活が始まる。(ウィキペディアより引用)

                     

ogp

✳以下クランチロール、myanimelistからのレビューになります

“ゆらぎ荘の幽奈さん 海外レビュー” の続きを読む

三ツ星カラーズ 海外レビュー

 あらすじ

東京・上野のとある公園の草むらに、結衣、さっちゃん、琴葉の小学生女子3名から成る「カラーズ」という(自称)秘密組織のアジトがあった。カラーズの3人は知り合いの商店街の店主や警官、高校生たちと交流しながら、上野の平和を守るために、日夜(ただし夜は家に帰っている)行動していた。
2018年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

タイトル名            
#01 カラーズ
#02 かくれんぼ
#03 チュカブる
#04 なつまつり
#05 どうぶつえん
#06 弱点さがし会ぎ
#07 トリック オア トリート
#08 はくぶつかん
#09 ワンコインさっちゃん
#10 雪すぎる
#11 ハイパーかくれんぼ
#12 カラーズと街とひとびと

21944_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:8

これらのラインは三ツ星カラーズの陽気なオープニングテーマの一部であり、このアニメのすべてを完全に例示しています。あなたの毎日の生活の悩みを忘れてください。外に出て、自分の冒険を見つけて楽しい時間を過ごす時間です!

私が三ツ星カラーズを愛しているのは、それが幼少時代のすべてを完全に包含しているということです。通常CGDCT(Cute Girls Doing Cute Things かわいい女の子たちがかわいいことをする)のアニメでは、あなたに栄光のある魅力的なものや、ちょっとばかげてクールな雰囲気がありますが、これは違うものです。その2つのコンセプトはあなたのことを気にしているわけではありませんが、実際には若い女の子たちが実際にどのように行動するかを表現していないという意味で、非常に「アニメ」と感じます。しかし三ツ星カラーズは反対です。それははるかにリアルであり、基本的に子供たちが「子供」であることを示しています。このアニメの3人の女の子がやっているのと同じような種類の愚かなことをやっているのは、あなた自身が子供の頃の様子を振り返ることができますので、それは鈍く、愚かな、時には魅力的です。

要するに、三ツ星カラーズは、街中の冒険、貪欲でサディスティックなゲーム中毒者のコトハ、さらにはリーダーことツッコミ役ユイ、冒険を続けたいと考えている元気っ子のさっちゃんに続きます。トリオは自分たちの隠れ家を森の中のキャビンの形で持っていて、遊び心のある新しいアイデアを考案しようとします。通常、彼らは都市部のクエストで店主や地元の警察官を挑発することによって、いくつかの楽しい挑戦をさせることになります(後者の場合は、彼はあまりにもいたずらをしていることが多い)。このシリーズは、馬鹿げた小さな冒険とキャラクターの間のやや鈍い相互作用を中心に展開しています。かわいいですが、CGDCTのアニメがしばしばやる傾向のあるモエの過剰摂取スタイルではなく、現実的なものです。それは幼稚だが、とても楽しい。

基準点が必要な場合は、私がこれに考えることができる最も近いシリーズは、ほぼ同じ理由で、あるいは間違いなく三ツ星カラーズのキャラクターをある程度まで賞賛されている4コマ漫画のようなものでしょう。いずれにしても、今シーズンごとに出てくるモエのショーのあいだには新鮮な空気が吹き込み、一般的には人生やモエシリーズに参加していれば価値があると思う。それは確かに群衆からかなり目立ちます。

総合評価:8

このアニメを見れば、あなたは郷愁の念を助けることはできません。あなたの子供の頃は都市の周りを走っているようなものではなかったとしても、あなたが冒険をしているような気分です。私は、これらのエピソードを見ながら、気持ちが若くなっていくのを感じることができました。

ストーリーは基本的には存在しませんが、これはこのような人生の一部に共通しています。これらの女の子の嫌悪感を楽しむために複雑なプロットは本当に必要ありません。

アートスタイルは特別なものではありませんが、活気にあふれた色彩で雰囲気を醸し出しています。

サウンドは普通のように高レベルの生産品質で、普通のものではありません。

さて、キャラクターのために、私は本当にどのようにうまく来たのかに本当に感銘を受けました。もともとそれが私が見たクリップに基づいて警備員と何らかのタイプのハーレムになると思ったが、それは全く違った。恋人は決して逃げることはできません。これはペースの新鮮な変化です。 3人の女の子は非常に異なった性格を持っていますが、サイドのキャラクターはあなたの典型的な退屈な人ではありません。

このアニメはあなたの友人と町のまわりで健全な、幼稚なロープであり、最も重要なことは地獄のように面白いということです。時には女の子の一人が、その野蛮な子供のようなやり方で何かを吐き出して、失礼だと気付かないうちに、あなたが今日見ているものとはまったく異なるタイプのユーモアです。あなたは助けてくれるわけではありません。

Back Street Girls ゴクドルズ 海外レビュー

 あらすじ

とある事件の落とし前として性転換し、事実上の美少女として活動するアイドルグループ。(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://youtu.be/dzdUMG4i97M(公式)

141536

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:4

ヤクザのアイドルが存在するアニメへようこそ。

私が最初にそれについて聞いたとき、私はそれがとてもばかだと思った。

それを見終えた後、やっぱりそれはまだとても愚かです。

しかしここに来て私のレビューです!

コメディー(4.5 / 10)

バックストリートガールズは、ジョークが本当に素早く演奏される程度まで、あまりにも多くのユーモアを極限まで超えています。

それはバックグラウンドで劇的な効果音で叫んでいるコメディです。

本当に面白いが、いくつかのばかげた瞬間があります。ショーの中央部分は、それがどれほど不愉快になったかを見るための抗力になっただけです。

しかし、私は コメディーは、ステージで演奏するときだけ、冗談のジョークの代わりに、アイドルとそのルーチンの日常生活を展示することに。

キャラクター(6/10)

私は3人の性別が変わったのが好きです。彼らは三人とも人格を持っていて、ここでいくつかの楽しい瞬間を提供しました。しかし誰も目立たなかった。

私たちがレヴュースタアライトで学ぶように、常に目立つ少女がいるので、偶像崇拝者はまれです。

ヤクザのボスはすばらしかったです。

他のサイドキャラクターも大丈夫でした。

Art&Animation(2/10)

JCスタッフのアートは、すべてのエピソードが5分で描かれたように見えます。それは恐ろしく見えた。

サウンド(5.5 / 10)

OP曲はとても魅力的で、飛ばすできませんでした。それは私を少し踊らせた笑。

声の演技はまともでしたが、衝撃的な響きのような音の効果は過度にばかげていました。

楽しさ(4/10)

それは楽しみになると非常にヒット、ミスショーでした。いくつかの部分が私を大いに笑わせてくれました。

バックストリートガールズ:Goku Dollsは、そのコメディを過度に使用し、その生産に圧倒されて、残念なコメディーでした。

同じスタジオがPrison School監獄学園を作ったことは残念なことです。彼らはそのショーのコメディとプロダクションを釘付けにしました。

スコア4.5 / 10
 

総合評価:7

バックストリートガールズ:Gokudollsはあなたが知っている典型的なコメディアニメではありません。もし私がそれを言う必要があれば、私は極端なレベルではないが「ハードコア」と言うつもりです。
最初は「日本、あなたはもっと奇妙なアニメを作るためのアイディアを使い果たしていませんか?」と思っていましたが、日本はこのアニメで私の顔を叩いて答えました。
私の神…私はエピソードの終わりまでアニメを見て、楽しい笑いを持っていました。

このアニメと比較して、アザゼルさんとデトロイトメタルシティ(DMC)はゴクドルを除いて、良い音楽はありません。
それはキャラクターに多くの焦点を当て、どのように彼らがジョークを提供するかに焦点を当てました 。
あなたが警告された少しの悪い言葉と穏やかなヌードが、18歳以上の誰もがそれらを処理できることをかなり確信しています。
コメディーアニメ好きの人にはお勧めですが、楽しむために見てみてください。

総合評価:5

昨年の魔法少女 俺を覚えていますか?バックストリートガールズはほぼ同じ形式ですが、ヤクザの中に存在していた場合に限ります。

物語は、抗争に失敗した3人の男は性転換のためにタイに行くことを強制されます。彼らの命はGokudollsになる!ああ神様。奇妙なアイドルになるチャンスの1つの地獄はうまくいきました。ある人がそれを表現しているように、この方法が東洋に存在していても、西洋のものが違うなら、それは本物です。

どのようにこの一連の出来事が次のものに変わったのか…マンガ家ジャスミンギュウには、西洋が一気に捨て去るという考えを日本がまだ考えていることから、このシリーズが際立っているとは思えない。その後の話は、漫画の忠実な適応です:3人の性転換男性に関連して、トップとオーバーボードのキャラクター。他のキャラクターは目の疲れ、とりわけゴクドルズのファンであり、女の子たち(ヤクザの男性)が周囲の人を感動させるために彼らの状況を精査しようとしているアイドルの上に 。そしてこれを手に入れて、Inugane先生も、離婚した妻のNatsukoの理想から逃れられず、Gokudollsを倒すためのあらゆる種類の方法を試してみてください…。 彼はすぐに彼女の前でペットになります(彼女はまだ彼女と他の人を愛していると主張しながら)。私の印象は?多くの不気味さと普通の俗悪な笑い声が投げかけられましたが、それ以上はありません。

芸術とアニメはひどいです:まだショットとたくさんの叫んでいる解説などがどこでも、それはマンガが美学でやったものです。そして、私はJCStaffが監督このシリーズの周りにはベンチがあり、実際には議論の余地があります。彼女の最高の監督シリーズではありませんが、それは無理ですね。それにもかかわらずここでは両方の美学は本当に味わいであるので、それは愛するか嫌いかのどちらかです。

OSTはこのシリーズの唯一の良いことであり、シリーズに適していると思います。私はOPの豪華なプレゼンテーションとEDの哀れな気持ちを語るだけではありませんが、Gokudollsが作った曲は、Inugane先生のおかげで、奇妙ですが、それは良いです。

しかし、明確にするべきことはmyanimelistのEcchi、コメディ、青年のタグを認識していますか?ファンサービスは、周囲を気にしないで、トップになっています。これが私がこのシリーズについて気に入っている唯一のものかもしれません。

だから、アイドル、ヤクザのツイストを持つトランスジェンダーを特集したこの渇望を誘発するシリーズは、独特で、ショーの主なセールスポイントとして存在するクリシェ(ありふれたもの)があなたのものなら、このショーを試してみてください。

総合評価:7

あなたはBack Street Girls:Gokudollsの略語を読んでいます。これは私が見たコメディーシリーズの中で最も奇妙なセットアップです。私は即座にすべてがショーで展開する方法を見て興奮し、実際に私が期待していたものをもう少し持っていた。

スケッチのコメディでは、物語は面白かったし、多くのスカートには彼らとの相互関係があり、早く登場した多くのキャラクターは、そこに描かれたジョークの目的に役立つだけではないその特定のスケッチだけ。物語の1つの欠点は、そこにショーの性質上、あまりにも有害ではないが、シーズンの強い結論ではない。また、コメディーは主観的であり、視聴者が誰であるかに応じてヒットすることもあれば、失敗する可能性のあるジョークもあります。

アートやアニメーションになると、芸術は実際にうまくいきます。バックストリートガールズのコメディには、特にキャラクターの表情がどうなっているのかという点では喜んでいます。しかし、ショーのアニメーションは、実際にはそれが意図的であるとほとんど思っているような点では残念です。たとえそうだったとしても、ショーで使用されたのがわかりにくいカメラの使用量にはあまり言い訳がありません。

この番組はアイドル “ガールズ”のキャストをベースにしているため、ショーのサウンドはかなり標準的です。ここで主人公が歌うインサートの曲は面白かったし、キャッチーな歌詞でした。また、ショーのオープニングとエンディングの曲は、今シーズンのお気に入りの曲となりました。

バックストリートガールズを見ても、そのキャラクターは多くの人にとって魅力的なものになるはずです。3人の元ヤクザがアイドルの女の子、彼らのボス犬上、またはゴクドルズによって何らかの形でまたはファッションに影響を与える多くの副キャラクターになりました。

結論として、ゴクドルズは、おそらく過小評価されていると思うショーです。しかし、私は全力を尽くしてその瑕疵を楽しんでおり、このアニメを試してみることを勧めています!

総合評価:5

だから、3人のヤクザが強制的な性転換をしてアイドル化したという話…少なくとも、前提は新しいものです。

私はマンガを読んだことから始めるので、このアニメの間にすべての地獄が崩壊することを知っていて、本当に面白い瞬間が続いていることは確かです。私は間違っていたが、間違った理由ではなかった。まず第一に、公式の字幕は利用できなかったので、その字幕のほとんどはいくつかの問題につながるファンによって行われましたが、それは何よりも優れているので、私は不平を言うことはできません。ファンによって行われなかったことの1つはアニメーション自体でした。それは実際にひどかった。 私はそれが表情を伝え、面白い瞬間から最高のものを作ったが、マンガと同じインパクトはなかったと思う。それは私が本当に好きな何かが、このような恐ろしい適応をしているのを見るのは何よりも悲しくなりました、とベルセルクは考えます。

さて、ショー自体については話しましょう。デザインではありません。ショーはミニエピソードにチャプターをカットし、私たちはエピソード全体で3つを得た。私はこれがショーのペースを台無しにして、プロットの進行を無効にしたように感じました。それは悪いことだと言っているわけではありませんが、これらのGokudollsの開発と俗語は主な焦点だったはずですが、それは時々そのように感じられませんでした。

私があなたにショーを記述するための最善の方法は…それは夢です。それはいくつかの素晴らしい面白い瞬間といくつかの良好な顔の反応を持っているが、彼らはほとんどヒットやミスです。あなたは良いアニメスのポストのために数分を選ぶことができますが、ショー自体は揺るがすためにほとんど痛いです。私はそれらの瞬間がそれを価値あるものにしていると言いたいと思います。

私はそれに平均5/10以下を与えました。

総合評価:6

それが放映される前にこのシリーズの説明を読んだとき、私は実際にそれに興奮していました。約束は狂ったように聞こえてきましたが、以前は私が見たことは間違いありませんでした。以前見たことのない新鮮なコメディの可能性に興奮しました。

残念ながら、それは私がそれがどのように考えているかを本当に分かりませんでした。ここにはいくつかの良いジョークがありますが、ほとんどの時間はそれほど価値がありません。すべてのエピソードは、時間の80%をゆっくりと過ごし、エンターテインメントを提供することはありません。その後、1分もかからずに、実際に 私からの笑いを誘発する場面があり ます。

以上です。それはこのショーにあるすべてです:長い間、乾燥した内容の短い期間、本当に面白い瞬間の短い火花。それはひどいショーではありませんが、誰にも勧められません。

総合評価:8

はい。私は、このシリーズが明るみに出された理由を認識しています。それは正しいです。プロットの仕方を最初に聞いたとき、あなたは うーむ…のようになります。それは面白いです。” 日本では独特の物語のアイデアがなくなっていると言う人もいれば、正しいかもしれない。このショーでは、それもないので、他にはないようなプロットがあります。各エピソードは、一緒にまとめられた一連のセグメントです。正直言って、その物語はちょっとしたものですが、アニメもそれを知っています。そのため、それを試してみると、 予期もせぬ出来事。それは誇張されていましたが、コメディーファクターはあなたを驚かせることを決して止めません。皮肉なことに、このシリーズには唯一のものはユニークな物語だと感じています。婚約者の一実施形態以外にも、それ自体が面白いです。ビジュアルは、JCスタッフによって説明されていることが目立つようにしていますが、他のシーズンのシリーズとは異なり、それに多くの努力が払われたとは思いません。オープニングテーマとエンディングテーマは、アニメによく合うように作られていて、バックグラウンドオーディオにも同じことを言えるかもしれません。キャラクターはほとんどの場合、自然な振る舞いにあったが、このアニメの顔を一意にするユニークなものがいくつかあった。私はエピソードの間に長い休憩を取っていたので、このシリーズを楽しんだとは言えません。それは、このようなプロットで私が探していたものを実際に見つけることはできません。しかし、私が言うことの1つは、面白い話でコメディが欲しいのなら、これはあなたのためのものです。

“Back Street Girls ゴクドルズ 海外レビュー” の続きを読む

異世界居酒屋 〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜 海外レビュー

あらすじ

とある帝国の古都にある居酒屋「のぶ」。本来は日本でシャッター通りと言われるほど寂れた商店街の一角にあるはずの店だが、なぜか表の入り口が古都につながっている。その「のぶ」には異世界のさまざまな人物が訪れ、店内で、また時には店外で、さまざまな出来事が起きていく。
2018年4月13日よりバンダイチャンネルより配信中(ウィキペディアより引用)

登場人物

居酒屋「のぶ」
矢澤信之 / ノブ 声 – 杉田智和
千家しのぶ / シノブ 声 – 三森すずこ
ハンス 声 – 阿部敦
エーファ声 – 久野美咲
ヘルミーナ声 – 内田真礼

常連客
ニコラウス声 – 森久保祥太郎
ベルトホルト声 – 小西克幸
ゲーアノート声 – 津田健次郎
イグナーツ声 – 小野友樹
カミル 声 – 島﨑信長
エトヴィン声 – チョー

客として時折「のぶ」を訪れる人々
ブランターノ声 – 諏訪部順一
ヨハン・グスタフ声 – 浪川大輔
ヒルデガルド声 – 南條愛乃

その他
白狐 声 – 下田麻美
ダミアン声 – 井上和彦

✳以下myanimelist.クランチロールからのレビューになります

「イセカイショクドウ」が最初に出てきたとき、それは私のアニメレーダーで軽く爆発しましたが、前に学んだように、私はそれを見るまでショーをノックアウトしてはいけません。それは素晴らしい驚きでした。 (私はストレスをコントロールするのに苦労していましたが、このアニメはいつもそれを落ち着かせるのを助けました)。これまで最高のアニメではなく、シンプルで楽しいものでした。

だから、このショーが似ているのを見て、私はそれを見るのを楽しみにしていました。私はそれが良いと思っていませんでした “Isekai食堂”が、私は少なくともそれを少し楽しむだろう。残念なことに、「ある程度」は私のために起こったものでした。

私はそれが悪いショーではないと言って始めなければならない、。それはちょっと………….(これを入れる方法)……….私が “異世界食堂”について考えるとそれは一種の一般的な、そしてアニメだと感じる誰もが楽しむことができます。 「いせかいいざかやのぶ」は若い人口を目指すような気がしますが、あなたがすべての権利を持っているよりも特定の年齢層を目指すつもりなら、どちらがいいですか?それは私に本当に魅力がないことだけです。

彼らが食べ物を食べるときの過剰な反応は、私と一緒にうまくいっていないだけで、エピソードは起き上がりが繰り返されるような感じです。
人が入ってきて前菜を食べ始める。なくなります; 「旨いことに感謝し、そうでなければ永遠にそれを食べ続けます」(そういうことなど)
キャラクターがどのように反応するかにはいくつかの違いがありますが、それは確かに式に従います。

また、「Isekai Shokudou」は、そのセグメントに表示されているキャラクターに焦点を当てていますが(もう少し例外を除いて)、「Isekai Izakaya Nobu」は実際にはありませんでした。彼らはキャラクターの定期的なキャストを持っていますが(いくつかは他のキャラクターよりも個性があります)、実際にはそれをフォローしません。ショーは食べ物や人の反応に重点を置いています。それはいいですが、「イセカイ食堂」のキャストが持っていたより深い性格の感覚が欠けています。あと、のぶプラスはいらない笑

「イセカイ居酒屋のぶ」は、「イセカイ食堂」よりも下ったバージョンです。キャラクター、雰囲気、それはすべて欠けている……..何か…..(私はいつも私が言っていることの終わりを落とす傾向がある)…..私は戻ってくると思う。私が比較をしたいときに私が普通にやっていることに、そしてこれは食べ物に関するショーであるから、それはまさにふさわしいでしょう。

チキンディナーを食べることとチキンナゲットを食べることの違いのようです。どちらも鶏肉であり、それぞれが独自の風味を持っていますが、一方は確かに他のものよりも提供しています。

私はそれにいくつかの他の問題がありますが、主なポイントを持っていると思うし、これは十分に長く感じるので、私はそれをそのままにしておきます。

再びこのショーは悪くはないです。私はそれを見続けるつもりですが、終わりには私は簡単に忘れるでしょう。

食糧戦争が必要な人は誰ですか?

誰かが「食べ物アニメ」と言うと、この最初のことが人々の心に来るのは、食糧戦争でしょうか?
まあ、私の場合はこのショーです。

他の世界からの日本食伝統的なイセカイアニメではありません。設定は “Nobu”レストランで、キャラクターはほとんどスライスオブライフイベントを行い、時折政治的な激動が吹き込まれます。私はそれを台無しにすることはあまりありませんが、ユーモア、ドラマ、謎、超自然、アニメに必要なすべてのものが含まれています。それは決して古くなることはありません、そして、あなたはいつも別の一口のために戻ってきたい。

10/10いつもお勧めしています。

私はとても飢えています!

私はそれが画面上であろうと実際のテーブルであろうと食べ物を愛し、このアニメは日本への旅を計画するのに最適だった:Dそれはあなたが実際に行くことができ、素晴らしい食べ物と素晴らしい飲み物を家でそれを作る方法のヒントを楽しむことができる素晴らしいアニメ!私はそれが好きだった!どんな食べ物の夢でもあります。それは食戟のソーマのような競技ではありませんが、文字通り、この世界の冒険の中で、たぶん舌でさえあります。

美しいアニメ!美味しそうでカラフル!

私は絶対にこのアニメを崇拝した。私はキャラクターが大好きで、食べ物はいつも私を空腹にしました!私はいつもNobu +を楽しんでいました。特に、料理をしてレシピを手に入れたときにでした!

私はこのアニメの色とプレゼンテーションを徹底的に楽しんでいました。とても気に入っています。

この居酒屋バーについて気になる顧客がいます

視聴者を気にするアニメがある場合、そのアニメを気にする視聴者がいます。Nobuに来ると、あちこちにバナーがありました。バナーは他の顧客の多くに迷惑をかけ、すぐに取り下げられました。Nobuyukiは安くノックオフをしていたと思っていましたが、ちょっと調べてみると、Nobuはレストランの前にずっと別の世界に設立されていたことが分かりました。その後、毎週来ました。
Nobuは覚えていましたが、他の人は今シーズンの暗い瞬間をすべて忘れてしまいました。各パトロンにはストーリーがあり、各ストーリーには効果がありました。世界は私たちのために回ったが、しのぶはまだそこにいた。これは今シーズン中で最も評価の低いアニメになります。

健全な、盛り上がる、私は空腹になります。

アニメは毎回良い気分で私を抱きしめる。私はこのようなショーのために生きています。

私が推測する居酒屋の食べ物にも、新しい感謝をしてくれます。私は通常、ランチ/ディナーを食べながらこれを見なければならないので、自分自身を余分に空腹にしないようにする必要があります。

事実。アニメ業界が本当に輝く場所です。

異世界居酒屋の悪いノックオフ

だから、あなたが異世界居酒屋を好きなら、このショーは似てるけど酷い。私はこのショーをまったくお勧めできません。それは短く、プロットがどれもありません。そして、アヘ顔は….過度に使用されています。

どうやら、私はまだ65文字がレビューに足りないので、この文を無視してください。

最高の食べ物アニメ!!!!!

短いアニメのユニークなコンセプトをレビューしたり、アニメから料理を調理する方法を愛する。このアニメは本当に食べ物を楽しませる!料理のセクションは本当に簡単に料理を作る方法を学ぶことができます。日本食について学べるのは楽しい。

楽しくリフレッシュ!

それはとても健康的なもので、私はこのアニメが大好き!それを見て気分が良くなり、実際に試したい食べ物のリストに追加することができます!私はまた、実際の世界に戻すためにNobu Plusセグメントが大好きです!私は、生命、料理、ファンタジーのスライスを愛する人にこれをお勧めします!

今シーズンのより良いアニメの一つ!

異世界食堂と同様のスタイルで、このストーリーはアニメと実際のプロットがあります。キャラクターは敵対者を除いて愛らしい。敵対者のほとんどは死ぬ必要がありますが、私は彼らがしないと思うことができます。私はまた、物語が現実の世界、すなわち「真の」日本に進むことを願っています。

異世界居酒屋:日本の食べ物をもう一つの世界へ

私は各ショーの後で実際のレシピを見るのが好きで、シェフはそれを簡単に見せるようにしました。
ショーはに続いていて、短編小説を見るのは面白いです。 日本に行ってショーで言及された場所に実際行くのはすごく良いと思う。

“異世界居酒屋 〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜 海外レビュー” の続きを読む

ハイスコアガール 海外レビュー

 あらすじ

1991年。雲仙普賢岳の噴火、湾岸戦争の勃発など、様々な事件が世間を騒がせている真っ只中、そんなことは我関せずと日々ゲーセン通いに明け暮れる小学6年生の矢口ハルオは、ある日行きつけのゲーセンでクラスメイトの大野晶に出会う。下町のゲーセンには不似合いな、成績優秀で金持ちのお嬢様である彼女は、実は凄腕のゲーマーだった。自身が最も得意とする『ストII』で惨敗を喫したハルオは、ゲームしか取り柄の無い自分にとって最も輝ける場を脅かす存在である晶を追いだすため、禁じ手とされるハメ技を使ってまで勝とうとするが、激怒した晶に殴り倒された上、行きつけのゲーセンから出入り禁止を喰らってしまう。これが2人の因縁の始まりだった。
ゲームで遊ぶために足を運ぶその先々で鉢合わせする2人は、時にいがみ合い、ぶつかりあいながらも、ゲームを通じて少しずつ互いの距離を縮めていくが、晶には海外への転校が決まっていた。晶のお別れ会でもそっけない態度を取るハルオはクラスメイトの顰蹙を買ってしまうが、当初は自分の聖域に踏み込んでくる忌々しい存在とまで思っていたはずの晶が、いつのまにか自分にとってかけがえのない存在になっていたことに気付き、晶が出立する寸前で空港まで駆けつけ、再会を約束する。(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Q2yMktQ6OUo(公式)
(sora tob sakanaのNew Stranger)  

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=SAjh1ZSHjsY(公式)
(やくしまるえつこ – 放課後ディストラクション)

kikka_180324hg1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ハイスコアガール 海外レビュー” の続きを読む

バキ 2018 海外レビュー

 あらすじ

数多くの死闘が繰り広げられた地下格闘技トーナメントからしばらくの時が経ったある日の事、範馬刃牙は地下格闘技の主催者である徳川光成に呼び出される。そこで刃牙は光成から、世界各地の刑務所にいる凶悪な死刑囚5人が「敗北を知りたい」という同じ言葉を残して刑務所を脱獄、そしてその5人が示し合わせたかのように東京へと向かっているという話を聞かされる。
光成の話によれば世界各地の最凶の死刑囚5人は、地下格闘技のチャンピオンである刃牙を狙い、東京に集結しつつあるという。刃牙は今一つ信じられずにいたが、死刑囚たちは、続々と日本へと上陸を果たし、その凄まじいまでの凶悪さと圧倒的な強さの全貌を明かし始めていく。そして刃牙も死刑囚の一人、スペックとの邂逅を果たす。(ウィキペディアより引用)

登場人物

範馬刃牙 島﨑信長
範馬勇次郎 大塚明夫
愚地独歩 菅生隆之
渋川剛気 島田敏
烈海王 小山力也
花山薫 江口拓也
ドリアン 銀河万丈
ドイル 子安武人
シコルスキー 津田健次郎
スペック 茶風林茶風林
柳龍光 二又一成
徳川光成 麦人
愚地克巳 川原慶久
松本梢江 雨宮天
ナレーション 古谷徹

180625_goods_2_01

✳以下myanimelistからのレビューになります

私はこのシリーズでやっている仕事が本当に好きです。シリーズを見るには、受け入れられる3Dシーンを追加するのもいいですね。前のシーズンを見る必要はないと思いますが、私はそれをお勧めします。最高の強さを持つ少年が世界で最も強く向き合っている、私はアプローチが好きだ。真剣に他のキャラクターになりたいと思っているし、見ることができるように描かれているわけでもなく、シリーズに輝くsencundarios(二次元)キャラクター達が素晴らしいアニメーションとサウンドトラックを持っていて、間違いなく戦闘シーンに恋に落ちる快楽であることは、おそらく今年の最高のものの1つです。私はそれを強くお勧めします、

戦闘の血とアクションだけが私があなたに言うことですが、あなたにたくさんのことを驚かせることは間違いありません:D

総合格付け:9
 
私は子供のころに初期のアニメを愛していましたが、後にこの続編が長年にわたって祝福されていたことが分かりました。そしてこれを見たい人は、まず最初の2シーズンを見て、バキの伝承に潜んでみることを強くお勧めします。この続編のほとんどは素晴らしいです、芸術のスタイルと音楽は完璧にバキに合っています。ショーで持っている大きな問題は1つしかありません。何らかの理由でCGIがあまり良くないものがいくつかあります。私はときどきCGIが動作することは知っていますが、このケースでは戦闘シーンに飛び込むときはいつでも見えますが、これは驚くべきシリーズであり、疑わしいCGIを過ぎたとしても、アニメは素晴らしい26エピソードを実行し、これらのエピソードに含まれていない場合、将来別のシーズンを作るかもしれません。

総合評価:1

netflixが2018年の適応を開始するまで、元のアニメについてはわかりませんでした。私はアニメオタクであるので、後にすべてのオリジナルを見ようと思いました。 2018年のバージョンのエピソード4の後、私はグラップラーバキのすべてを買いました。私はロマンチックでプロフェッショナルなあいまいさを克服し、親の誤謬をなくし、共通の関心や経験や自己発展に基づいて私たちの生活の中で新しい人を受け入れることを可能にする拡張兄弟関係。私は最終的にEpicな別のアニメを見つけて嬉しかったです。

面白くて印象的なキャラクターで始まるように見えるこの適応は、侮辱に終わります。

彼の目に見えるのは、知性の欠如であり、存在の混乱ではなく、決断が混在しているということです。想像力の欠如は本当に哀れです。特定のケースでは、エピソードの半分が元のアニメに書き直しと矛盾していました。戦いは面白いやり方ではなく、面白​​い戦闘能力を持つキャラクターが2人しかいません。

すべての戦いはスピードと強さに関するもので、テクニックとはほとんど関係ありませんが、むしろ別のキャラクターが突然他のキャラクターよりも速く強いという文脈上の意味合いがある反復的な言い回し – 強さの泉はなく、スキル

アニメを見るために日曜日に少し時間を置いている人として、いつも何かがあるので、私はそれを見ている時間の80%から浮気を感じる。

これまでのアニメのネットフリックスの公式は、Rurouni Kenshin、Samurai Champloo、Cowboy Bebop、Hitman Reborn、Trigunなどの古典的なアニメの好奇心に、他のアニメからの断片を集めて、過ぎ去りまたは “アメリカ化”を追加しました。 Netflixがアニメ制作を始めたときは初めてだったのですが、これはラインを超えました。

Bakiは、彼の目に行くいくつかのガラスで段階的に進むことはできません。彼は元のアニメで既にそれを過ぎています。誰もがこのアニメに持っている唯一のものは、無謀な意図であり、すべてのキャラクターはスタイルが欠けています。

私は喜んでこれを見ることを忘れるだろう、ブリーチとワンピースは、すべてのフィラー(埋め合わせエピソード)と私を誘惑しているが、彼らは少なくともうまくしたので、彼らは私の心を持っていったし、ネットフリックスは私に不自由な言い訳を押した。

たとえストーリーが別のアーチをベースにしているとしても、私はアニメほど悪いとは思っていません。

“バキ 2018 海外レビュー” の続きを読む

グラゼニ 海外レビュー

 あらすじ

プロ野球のスパイダースに所属していた凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸にプロ野球選手としての生活に励む。

その成果か、試合で活躍することが多く、それに伴い年俸が上昇し、チームも日本シリーズに出場したり、優勝したりした。しかし、チーム事情でポスティングシステムにより米国大リーグに移籍することとなった。

しかし、メジャーリーグ契約はされずに解雇され、日本のプロ野球球団であるモップスの一員となり、現役生活を続けることとなった。
シーズン1:2018年4月 – 6月
シーズン2:2018年10月(ウィキペディアより引用)

img_main_sp

✳以下myanimelistからのレビューになります

“グラゼニ 海外レビュー” の続きを読む

ヒナまつり 海外レビュー

 あらすじ 

若手ヤクザの新田の部屋に、突如として現れた楕円形の物体。その物体にくるまれていた少女ヒナは行くところがないと新田の家に住み着いてしまう。新田は少女を追い出そうとするが、強力な超能力者であったヒナが暴れたために、新田は仕方なく言うことを聞くことになる。ずぼらで何も出来ないヒナに、ついつい新田は世話を焼き、ヒナは自分の超能力を当てにした何かをさせようとはしない新田に信頼を憶えていく。
そんな中、新田の所属する暴力団の組長が襲われ、新田は若頭に相手の暴力団に1人で殴り込めと命じられる。それでもヒナには関係ないと単身乗り込もうとする新田だったが、ヒナは敵の暴力団事務所に乗り込み壊滅させた。このことに恩を感じた新田は正式にヒナと一緒に暮らすことになり、常識知らずの超能力者ヒナと、それに振り回されるヤクザの新田と周囲の人々のドタバタした結果オーライな日常が繰り広げられていく。
そんな日常の中、ヒナを始末しようと追う、もう1人の超能力者の少女アンズが現れた。アンズはヒナとの決闘の後、和解し元の世界に戻ろうとしたが、元の世界に戻る転送装置が壊れてしまい、彼女もまたドタバタした日常に巻き込まれていくことになる。
2018年4月ー6月迄放送(ウィキペディアより引用)

 登場人物

ヒナ 声 – 田中貴子
新田 義史(にった よしふみ)声 – 中島ヨシキ

渡辺中学校

三嶋 瞳(みしま ひとみ)声 – 本渡楓
松谷(まつたに)声 – 野島健児
相沢 さよ(あいざわ さよ)
下田 貴志(しもだ たかし)
ケンゴ 声 – 市川太一
新庄 マミ(しんじょう マミ)
倉敷(くらしき)
前田 仁志(まえだ ひとし)

浅賀商店街

詩子(うたこ)声 – 日笠陽子
田中(たなか)
林(はやし)夫妻

芦川組

親父 声 – 柴田秀勝
馬場 清(ばば きよし)声 – 小山剛志
内藤 龍彦(ないとう たつひこ)
サブ 声 – 河西健吾

組織

アンズ 声 – 村川梨衣
斑鳩 景(いかるが けい)
マオ 声 – 小澤亜李

オープニング曲https://youtu.be/riX7EKXSoBQ(公式)

エンディング曲https://youtu.be/E3r0bG5Da9Y(公式)

maxresdefault

✳以下myanimelist.クランチロールからのレビューになります

予期せぬほど良いショー

この番組の要約を読んだとき、ひな祭りなどの前提でそういうことが普通なので、それは何かばかげていると思った。しかし、私は非常に間違っていた…
私はいつもナルトのようなアクションやアドベンチャー番組を好んでいました。しかし、ヒナまつりは、私が絶対に愛しているので、私が見ていた他のすべてのショーを忘れてしまった。非常にシンプルな前提は複雑ではあるが非常に追随しやすい物語に変身している。このショーは、今日の社会の予期せぬ深遠で重要な問題にも取り組んでいます。私がショーが大好きなもう一つの理由は、私がそれを見るたびに心地よくて心温まる気分にさせてくれることです.2人の主人公の相乗効果から来ていると思います。私はショーがそれを行うことができれば、それが正しいもの、例えばコノスバをしていると信じています。コノスバのキャラクターたちが互いにやりとりしてどのようにショーを楽しませてくれたのか、ヒナマツリはあまり誇張されていないことを除けば、
全体的に見れば、これはすばらしいショーだと思うし、ヒナマツリのジャンルに慣れていなくても、このショーをすべてお勧めします。

私は前にこのような何かを見たことがない!このショーについてのすべてのものは非常に異なっており、それは沢山目立っています。それはコメディを増幅し、それを超陽気にするアートスタイルを持っています。ジョークはたくさんありませんが、キャラクターは、すべてが非常に迅速にエスカレートし、予期せずこのショーをとても特別なものにしています。

“ヒナまつり 海外レビュー” の続きを読む

シュタインズ・ゲート ゼロ 海外レビュー

 あらすじ

β世界線に戻った岡部は、過去に戻り紅莉栖を救う好機を得たものの、世界線の収束という巨大な壁を前にして紅莉栖の救済を諦めてしまった。紅莉栖の死から4か月。岡部は平凡な大学生生活を送り、ラボからも足が遠のいていた。ラボでは未来から来た阿万音鈴羽が過酷な未来を変えるため苦悩していた。レスキネン教授の人工知能に関するセミナーに出席した岡部は、比屋定真帆と知り合う。岡部は紅莉栖の記憶をベースにした人工知能「アマデウス紅莉栖」のテスターとなり、端末を通して紅莉栖と交流する。まゆりの発案によりラボメンのクリスマスパーティが開かれ、真帆も打ち解ける。

鈴羽はタイムマシンに一緒に乗せていた少女・椎名かがりが1998年の秋葉原で行方不明になっていることを打ち明け、ラボメンたちに協力を求めるが手掛かりは見つからなかった。ダルは調査のプロであるという桐生萌郁に捜索を依頼する。年末、るかが紅莉栖にそっくりな記憶喪失の少女を連れてくるが、彼女が椎名かがりと判明。正月、初詣を終えたラボメンはラボでパーティを開く。真帆は一同にアマデウス紅莉栖を紹介するが、突然表示が切断される。そこへ武装集団が押し入り、かがりを連れ出そうとするが、天王寺の助けで難を逃れる。

突然アマデウス紅莉栖から助けを求める着信が入る。岡部にリーディングシュタイナーが発動し、世界線が移動。そこには本物の紅莉栖がいたが、まゆりが病死したα世界線だった。紅莉栖は岡部が別の世界線から来たことを察知し、β世界線に帰還させる。

病院のベッドで目覚めた岡部は、真帆の周囲で不審な事件が起こっていることを聞く。真帆はアメリカ帰国が決まり、アマデウス紅莉栖も復旧。真帆は岡部に、紅莉栖の遺品のロック解除できないノートパソコンを持っていると打ち明ける。パソコンに入ったタイムマシン論文の争いが世界を破滅させるパンドラの箱と戦慄する岡部。武装した工作員たちに襲われ絶体絶命となるが、他国の工作員が現れ、銃撃戦でパソコンは破壊される。真帆はアメリカに帰国し、アマデウス紅莉栖のテスターも終わる。(ウィキペディアより引用)

                     

登場人物

001 岡部 倫太郎おかべ りんたろう 鳳凰院 凶真、おかりん
002 牧瀬紅莉栖まきせ くりす 助手、 クリスティーナ
003 椎名 まゆりしいな まゆり まゆしぃ☆
004 橋田 至はしだ いたる ダル、スーパーハカー
005 桐生 萌郁きりゅう もえか 閃光の指圧師
006 漆原 るかうるしばら るか ルカ子
007 秋葉 留未穂あきは るみほ フェイリス
008 阿万音 鈴羽あまね すずは

天王寺綯(てんのうじなえ)
阿万音由季(あまねゆき)
比屋定真帆(ひやじょう まほ)
椎名かがり(しいなかがり)
アレクシス・レスキネン教授

オープニング曲https://m.youtube.com/watch?v=AfzAMJd_3tM(公式)

DYZ9BuzVwAAjTA8

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合格付け:9

時間とは、プロセス、行動、状況が発生したとき、または発生したときの一連の時間です。この場合、時間スケールは2つの状態/イベント間の間隔であるか、またはイベントの持続時間とすることができる。

私たちが旅行しているときや眠っているときに、頭が何か起こると髪の毛を引っ張ると、そこに起こった事態はどうなっているのでしょうか?それは何が起こるか、長期間に渡って髪の毛が一本ずつ引っ張られたときに想像するほどの効果はありませんか?もちろん、 単一の髪の影響を感じ ます。

世界には私たちの意志が回転する車輪のように時間を止めることはできません。私たちはいつも回転していて重いプロセスを経験しています。ホイールは回転を止める世界のように回転を停止し、永遠に昼と夜のみを表示します。

とにかく…

もともとは5pbとNitroplusの視覚小説、Steins。第0ゲートは、恋人を救うことができず、第3次世界大戦の発生を止めることができない岡部リンターロ(ホウイン・キュマと呼ばれる狂気の科学者)の物語です。岡部は恋人を失った後、悲しみを嘆き、「友人」と過ごす時間を過ごす。ガジェットは、岡部が将来のツールのようなツールを実験するために設立した研究所の名前です。岡部の恋人を救うことができなかったことを経験した後、彼は同僚と一緒に設立した研究所をもう訪れません。

断念した後、彼はチュニビョウの名を「ホーナンキョウマ」と捨てて、3ヶ月の勉強の後に普通の学生になることを決意した/学生として、老人の女性「マホヒヤホ」を勉強した場所で補佐教授と会った21年。岡部女子はセミナーで「Alexis Lexinen」が作成した脳情報セミナーに出席した。岡部さんの恋人は少し前に死亡したが、恋人はAI(Artifical Intelligence)の形をしていたようだ。

スタインズ; ゲート0は良いシリーズですが、このシリーズの前のシリーズとは異なり、あまり緊張していないようです。ホワイト・フォックスは2つのシリーズのスタインズのメーカーです。このスタジオはノベル・ビジュアルとマンガを適応させる良い印象を与えます(これまでスタジオはAkame ga KillとRe:Zero Kara Hajimeru Isekai Seiketsuを生み出したスタジオなので、驚く必要はありません) )。

声優、歌のテーマ、車のような歌手のバックグラウンド(BGM)が車輪のような支持者がいない場合はそれがうまくいかない場合は、車のようなサポートされていないアニメシリーズは、上の問題とは別に、今回は声優のおかげで、宮野守の声優は「岡部りんたろう」、花澤かなは「椎名まゆり」、今井麻美は「牧瀬くりす」(彼女は多くの役を演じなかったがAI )、関智和を「橋田さる」と改めて謝辞を述べました。

オープニングテーマ「ファチマ」は「伊藤カナコ」で歌い、前作シリーズのオープニングテーマソングの制作にも貢献しています。音楽のバックグラウンドは、観客が興奮して悲しくなる音楽から「22」のエピソードが始まるとかなり良いです。

このシリーズには、主人公の「檜原麻帆」、「椎名かおり」の3人のキャラクターが登場します第三次世界大戦を止めるためにSuzuhaに来た未来からの人)Tritagonist(中枢主義者および拮抗者)として、最後は「Leskinen Alexis」が拮抗者として行動する。

このシリーズは、面白い、悲しい、緊張している、ロマンチックな印象を受けて、視聴者がストーリーの網で混乱しているのは不思議ではありません。このシリーズは、恋人を救うことができない「岡部リンターロウ」の日々の生活に焦点を当てていますが、このシリーズでは価値観やランキングに影響を及ぼす可能性があります。以前のシリーズよりストレスの少ない

スタインズの場合でも。ゲート0は、宇宙に反しているものなので、私たちがこの瞬間から過ぎ去ったり、繰り返されたり、自分の欲望に応じてそれを変更したりすることはできませんが、否定されていないアニメSFです。

最終巻が後悔か幸福なのかは不思議です。

総合格付け:9

主人公がその日を救うことに失敗し、ただ諦めたら何が起こるのですか?
Steins; Gate 0によれば、彼は完全な抑うつと絶望の状態に渦巻き、前者の自己の殻になっています。

スタインズ;ゲート0は、主人公の岡部凛太郎が牧瀬久里を救うことができない代替の未来です。岡部が神聖なシュタインスに到達しようとすることをあきらめた場合に起こることを示す「何か」の話です。誰もが幸せであり、近い将来に黙示録が存在しないゲート世界の行。それを鈍くするために、S; G0は私を吹き飛ばした。私は アニメで徹底的に楽しんできたので、かなり長い時間がかかりました 。私にとって、S; G0は、前任者によって設定された高い期待に応えることができ、本当に魅力的な物語を伝えます。

一人の人格変化がいかに多くの人に影響を与えるかは驚くべきことです。狂気の科学者であるホウイン・キョーマーは、ベリタス・ワールド・ラインでクリスと並んで死亡し、裸で壊れた岡部リンターロウを残しました。視聴者は、キャストの残りの部分、特にMayuriが、岡部のキャラクター変換をどれほど強く受けているかをはっきりと見ることができます。オリジナルのSteins; Gateで共有されていたキャラクターたちのユーモラスな冗談と親密な関係は消えてしまいました。暗くて不快な雰囲気に置き換えられ、友人との肯定的な関係によって暖かくされた人として、それは見下ろすために全く落ち込んでいます。

飲み込むことがさらに困難になるのは、Makise Kurisuです。彼女は率直に言って驚くべきキャラクターです。Makiseはインテリジェントで魅力的で、ちょっとしたツンデレとオタクがあり、元のアニメにはすごく面白い瞬間がたくさんあり、絶望の時に松葉杖としての役割を果たしています。彼女を理想的な女の子と呼ぶのは辛口ではありません。彼女は自分自身を犠牲にして、Mayuriが住むベータの世界に岡部が住むことができるようにする。うわー、彼女はちょっと完璧すぎるかもしれません…彼女はSで死んでいますが、G0では、クリスが生きているにもかかわらず、マユリが死んでいるアルファワールドに岡部が移行する素晴らしいエピソードがあります。エピソードは、基本的に、驚異的なMakiseがどれほど素晴らしいかを思い出させるためのものです。岡部がベータワールドラインに戻ってきて、Kurisuを後にしてしまうと、もっと痛いものになります。私は嘘をつくつもりはないし、

だから、この世界のラインで亡くなった牧師と岡部は、派手な狂気の科学者の性格をより多くのエモ人格に変えてしまったので、このアニメはキャラクター部門の前身よりもはるかに弱いと考えるかもしれません。まあ、私は元のスタインズを認めることができますが、ゲートはキャラクタライゼーションには優れていますが、SのキャストはG0はまだそれ自体が非常に驚くべきです。

岡部は本当にそこにいる最高のアニメ主人公の一つです。彼をとても良くすることの1つは、物事が深刻になったときに、より厳粛かつ脆弱な状態に移行することができる一方で、彼のチュニビュイズムの発作に非現実的にばかげている彼の能力です。後者は、このアニメでは、古い、ケアフリーの岡部が消えたので、まだ彼の友人を助けるために努力するが、彼自身の疑いや不安で苦労している真剣な男に置き換えられている。これは彼が本当に人間であると描写しています。私が岡部が直面したすべての苦痛を経験したなら、私たちの誰もが喜ばれるイメージを維持することはできないと思います。しかし、岡部のうつ病は永遠に続くわけではないので、絶望しないでください。

Hououin Kyoumaは雄大なフェニックスのように灰から上昇し、新たに生まれる。

私は具体的なものは何も駄目にしませんが、アニメの最後の近くで、ついに岡部は彼の追いやりと決意を取り戻し、再び私たちが知って愛している狂った科学者になります。そのエピソード全体のために、私は、私の顔に大きな、愚かな笑顔を持っていた。そんなに古い岡部をもう一度見て爽やかでした。文字通り、彼が私にしてくれたすべてのチュニのものは、笑って爆発しました。しかし、彼は自分自身の古い自己に戻っていませんでした。いいえ、彼の目を覚ますことは、本当に彼の友人の素晴らしいサポートに起因する可能性があります。

Makiseが消え去った後、女性の主人公のタイトルは、彼女の科学者loli上級生の友人Maho Hiyajouに行きます。今、Makiseはいくつかのかなり大きな靴を詰め込んでいて、loliなので、Mahoの足はあまりにも小さくフィットするかもしれません – ああ待って、これはイディオムです…おっと…まあとにかく、Mahoはキャストの素晴らしい追加に終わった。彼女は彼女の欲望がクリスを上回ることを主な特徴としていて、表面にちょっと一次元のように見えるかもしれませんが、彼女の性格にはそれ以上のものがあることを保証することができます。彼女の小さい身長にもかかわらず、Mahoはアニメでプレイする大きな部分を持っています。彼女は、岡部を前進させ、クリスの不在時に時間を跳ね返し、一般的なawesomenessにもかかわらず脆弱性を示し、ショーでは面白くて面白い瞬間をたくさん持っています。彼女はクリスのレベルに達していますか?私はそうは思わない、

私は実際にDaruを好きになりました。多分、岡部がやや野菜になって、ダルの個性を照らすことができたからかもしれない。彼は実際に彼の性格を発展させる将来の妻と娘Suzuhaと素敵な軽快な弧を持っています。彼は機会にかなり良い漫画の救済を提供し、Mahoと一緒に、Okayにとって最も有用な研究員です。

Mayuriの役割は重要です。なぜなら、彼女を介して、岡部の諦めの態度によってキャストがどれだけ悪影響を受けるかを視聴者が明確に見ることができるからです。kawaii tuturus〜と明るい個性がなくなった。彼らは、岡部の王子を幸せにしたいと思っている悲しい女の子と置き換えられました。彼女はゆっくりと岡部からショーを通してゆっくりと遠ざかっていると感じていて、クライスを救おうとすることをあきらめないように岡部に動機を与えることができるように時間をとることさえ決定する。私はこれがかなり賞賛され、アニメが彼女の性格をどのように扱っているかが本当に好きであることが分かった。

スタインズの他のおなじみの顔;ゲートは残念ながらS; G0の役を演じていませんが、彼らはまだ自分のやり方でストーリーに貢献しているので、一部の人に叫ぶだけです。

鈴鹿はちょうど岡部がSteins Gateに向かうことを望んでいる。彼女は彼女の父親が彼女に授けた義務を果たすために、彼女を必死に旅に出そうとします。彼女が失敗するのを痛感します。ルカには、ルカが岡部を助けようとしている感動的な瞬間があります。ルカはすべての秘密の中から脱したと感じ、ただ役に立ちたいと思っています。それはほんのちょっとしたことですが、気をつけているRukaができることを示しています。本当に感謝しています…しかし彼は男です。彼の将来の自己はかなり悪いことに言及する価値もある。そして、ファリス…まあ、彼女はまだかわいいネコの女の子なので、そうです。

Maho以外の新しいキャラクターのうち、Leskinen教授は簡単に最も記憶に残るものです。彼は日本のアメリカ人だから、あなたが想像しているように、彼は象徴的な “日本の巫女たちの恋人はどこですか?”というような多くのコメディーな誤解を抱えています。彼はかなりクールな男だし、アニメで重要な役割を果たしている。

私が持っている1つの問題は、最長の時間の間、私は主要な紛争が何であるかを正確には確認していないということです。私はそれがスタインズゲートの世界ラインに行くことを前提としていましたが、終わりのゴールが一種の影になっていたように私には感じたことがたくさんあります。私を間違ってはいけない、私はこれらの他のプロットポイントを非常に楽しんだ。あなたはうつ病に対処しようとしている岡部、時間旅行に乗ろうとしている鈴鹿、クリスの陰から抜け出そうとしているマホ、カガリの背後にある謎、アマデウスの試練、アメリカとロシアの脅威…あなたはポイント。たぶんそれは私だけだが、しばらくの間、私はアニメがどこに行くのか全く分からなかった。もちろん、これらの事柄のすべては、実際には互いによく相関し、私にとって偉大な話に貢献します。私はそれがもう少し焦点を当てたかっただけです。

だからスタインズについては、ほとんどの人が見逃しているはずのゲート0は、アニメのコメディをどのように扱うべきかというモデルの例を提供する方法です。アニメのジャンルを考えるのは奇妙なことかもしれませんが、それは本当です。そして、G0のコメディアンな要素のシームレスな実装は、正直言って非常に賞賛に値します。ショーの全体的に暗く心理的な雰囲気と絡み合って、軽快な瞬間は、物語の進行に最も悪影響を与えることなく、本当に光り輝くことができます。多くの場合、彼らは新鮮な空気と楽しいものが大いに必要でした。マホンタンに焦点を当てたファンサービスの場面もあります(マホンタンに焦点を当てています)。だから、もしあなたがロリスに入らないのであれば、実際にはこれらの瞬間によって消されるかもしれません。私はもちろん、文化の人であることは、Daruの賢明な “勝利のための法則”に関する陳述に同意する。覚えていることだが、Mahoは21歳なので完全に合法だ。絶対に。サイレンなし、FBIなし。

ショーの技術的側面について言えば、音質は単に素晴らしいと言わざるを得ません。開幕のテーマ曲ファチマはすぐに私の好きなオープニングに上がり、エンディングも素晴らしく、サウンドトラックはアニメにぴったりです。Steins; Gateには、私の2人の好きな妖精のMiyano Mamanoと花澤香奈がいます。それは大きなボーナスです。他の声優も素晴らしい仕事をしています。そう、ええ、私は本当に音に関しては全く苦情がありません。

このショーの私の最大の問題は、ビジュアルであろう。だから、このアニメは前身の7年後に出てきましたが、視覚的な品質はまったく改善されていません。今や彼らはどちらかというと悪くならず、2つのアニメ間でビジュアルが似ていて一貫している必要性を理解することができます。しかし、私はまだアニメーションが少なくとも少し洗練され、詳細になることを期待していました。ああ、私の最後の近くのアクションシーンのいくつかはちょうど本当に気持が悪いように見えましたが、これは残念です。しかし、キャラクターのデザインはまだ素晴らしいですし、ショーの芸術的な質は、私が言及した欠陥にもかかわらず、まだかなり良いです。それは私が欠点を指摘しなかった場合、これはあまりレビューではないので、私はちょっとニトピッキでなければならないということです。

Steins;ゲート0は例外的なアニメです。たとえそれが以前の自己の殻の役目を果たしていても女性の鉛は死んでいたとしても、時には焦点が合っていないにもかかわらず、エキサイティングな織物を作ることができました。時間旅行の波及についての話であり、愛らしいキャラクターのキャスト 元のアニメとは別の結末を伝えているかもしれませんが、それは単なる楽しい乗り物でした。私はすべてのエピソードで徹底的に楽しんでいましたが、Steinsと言うことは間違いありません。Gate 0は私が長い間観た偉大なアニメの1つです。

総合評価:10

2011年には、アニメ業界のタイムトラベルであるSci-Fiのユニークな話題で、「Steins; Gate」というヒットアニメに驚いた。業界は、時間旅行の競合に焦点を当てた多くのアニメを持っていません。これまで私が見てきた唯一のタイムトラベルアニメはSteins; GateとERASEDでした。どちらも私を楽しませ、興奮させ、独特のシーンに興奮させました。さて、この2018年の春、私たちはスタインズの復帰で懐かしさに襲われました;ゲートフランチャイズは続編があるのではなく、元のスタインズゲートの「ミッドクェル」になります。したがって、我々は得る “Steins; Gate 0″と名付けられたフランチャイズの驚異的な暗い話を見ること。Steins Gate 0を見る前に、これがオリジナルの別の話であることに留意してください。このエピソードはスタインズのエピソード1につながり、:;「エピソード23(B)、ミッシングリンクオープンゲートスタインズは」; 0門をオリジナルシリーズのエピソード22/23後、見て

ストーリー:
かつて「ホウォン・キョウマ」と名付けられた男の話をたどり着きましたが、突然、ある事件で変わって、「岡部、リンタロウ」だけに戻ってきました。それゆえ、「ホウイン・キョウマ」は、もはやこの世にはありませんでした。私たちは、「岡部、りんたろう」という壊れた男を探しています。彼はスタインズ・ゲートの世界ラインであるゴールを見つけず、クライスがマユリのために自分を犠牲にしたベータ・ワールド・ラインに乗りこんでいた。これは、岡部が良い結末に達することができず、WW3が不可避だった世界的なラインに詰まった話です。元のSteins Gateのようなより暗い暴露を期待したい場合は、Steins Gate 0の各エピソードで幻影が息を呑むので、あなたは正しいシリーズにいます。闇のスーツを着た岡部に白衣、彼の精神状態がどのように描かれているかを示している。ここで、彼は一度妄想的な男で、今や普通の大学生であることを知ることになる。しかし、「Amadeus」(AI Kurisu)が彼に紹介されたとき、岡部が望んでいた平和は崩壊し始めました。基本的に、最後のエピソードまでのすべては、 “アマデウス”に関連しており、プロットの概要もタクトやキャラクターにも保持されていました。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。一度妄想的な男は、今や普通の大学生です。しかし、「Amadeus」(AI Kurisu)が彼に紹介されたとき、岡部が望んでいた平和は崩壊し始めました。基本的に、最後のエピソードまでのすべては、 “アマデウス”に関連しており、プロットの概要もタクトやキャラクターにも保持されていました。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。一度妄想的な男は、今や普通の大学生です。しかし、「Amadeus」(AI Kurisu)が彼に紹介されたとき、岡部が望んでいた平和は崩壊し始めました。基本的に、最後のエピソードまでのすべては、 “アマデウス”に関連しており、プロットの概要もタクトやキャラクターにも保持されていました。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。(AI Kurisu)が彼に紹介され、岡部が憧れていた平和は崩壊し始めた。基本的に、最後のエピソードまでのすべては、 “アマデウス”に関連しており、プロットの概要もタクトやキャラクターにも保持されていました。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。(AI Kurisu)が彼に紹介され、岡部が憧れていた平和は崩壊し始めた。基本的に、最後のエピソードまでのすべては、 “アマデウス”に関連しており、プロットの概要もタクトやキャラクターにも保持されていました。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。プロットの概要をタクトとキャラクターにも保ちます。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。プロットの概要をタクトとキャラクターにも保ちます。物語について私が好きなのは、元のアニメからコピー貼り付けるのではなく、プロットの独創性です。VNで見ることができないアニメオリジナルのシーンもありました。もう一つは、物語が暗くなり暗くなり、暗くなるにつれて、キャラクターは岡部だけでなく他のキャラクターにも合った物語のスリルを作り出しているということです。

キャラクター:
偉大なアニメを作るには、偉大な、よく発達したキャラクターとスタインズのトンです;ゲートフランチャイズは、スタインズ、ゲート0を含む文字を常に私たちに印象づける。私たちの好きな狂った科学者、例えば “Hououin Kyouma”を取る。私たちは元のスタインズで彼に非常に付き合いました;彼がスタインズでとても壊れ壊れているのを見ているゲート;ゲート0は私を(そして私もファンを賭けて)、偉大な狂人科学者がいつか戻ることを願っています。しかし、彼はとても壊れて壊れていても、ストーリーの進行に伴い、キャラクターの発展は各エピソードでも進行しました。それから、私たちにはショーナ・マユリがいます。彼女は彼女の性格から外れて、とても勇敢なことをして、ファンに「グレート・ジョブ・マユリ」と言いました。もちろん、羽田ダルを忘れることはありません。堕落したオタクとハッカー。父親、世話をする友人、科学者。このアニメを終了した場合、Daruが本当にこのシリーズのロマンチックな方法だけでなく、岡部と共に本当に多くを改善した理由を知っています。それから私たちはMayuriのようなMakise Kurisu(Amadeus aka AI Kurisu)を持っています。勇気は実際のKurisuのコンピュータ版であっても、彼女をインスタンスで素晴らしいキャラクターにしました。それとも、私は彼女が単なる偽物だと言うべきですか?彼女のscreentimeでさえ、いくつかの文字の開発を持っている “トラップ”ルカは言及しないほどそれほどではありません。Ruka(サポートキャラクター)と一緒にBraun氏とMoeka氏はもちろんです。あなたがオリジナルのSteins Gateを見たら、彼らは悪役(SERNの従業員なのかそうであるか)であることがわかっていましたが、この2人はこのBeta World Lineの岡部の味方です。
それから、私たちは、Leskinen教授とHiyajou教授、Mahoのような新しい登場人物を紹介します。アメリカのクリスの同僚であるマホは、多くの性格を示していますが、その一つは嫉妬しています。その後、エピソードが繰り広げられると、この特性は崩壊し、彼女は自分自身にもっと自信を持っているのを見ます。それから、彼女の日本のシャーマンの女の子Lintahloがほしいと思っているLeskinen教授がいます!!!

アート:
ステインズのビジュアル/アートデザインについて言及するものは何もありません; 2011年のスタインズ・ゲートの復帰時にそのまま残っているゲート0はもちろん、そのままになってうれしいです。しかし、それを見るとSteins、Gate 0とSteins、Gateと比べてより多くのアクションシーンがあります。あなたのアクションファンがあなたが失望している場合、その行動はかなり気まぐれで、あまり良くないからです。しかし、我々はSteinsを知っているので、GateはSci-Fiやスリラーのものにもっと重点を置いています。オープニングとエンディングのビジュアルは表現力があり、ストーリー上のキャラクターの現在の状態と一致します。言うまでもなく、エンディングも同様です。しかし、それらのうち、「最後のゲーム」というタイトルの最初のエンディングは、視覚的にも音楽的にも私の注目を集めました。ストーリーの最初の半分までの岡部とマユリの推論と根拠はすべてそのEDにある。全体的に、ビジュアルは素晴らしいです。

サウンド:
良いアニメには良いオープニング、エンディング、バックグラウンドミュージック、そしてオハイオの男の子がいます。私はスタインズを見たとき、ゼロは本当に懐かしさを感じました。オープニングやエンディングが良いことを除けば、バックグラウンドミュージックは、以前聞いたような感じがしました。彼らがそれらのバックグラウンドミュージックを再利用しているにもかかわらず、それは物語やシーンに全く影響しません。実際には、シーンをよりパワフルにし、懐かしいビートを耳にして目を引くようにします。

全体的な思考と楽しさ:
結局のところ、もしあなたがデイハード・スタインズ・ゲートのファンなら、この23のエピソードがスタインズのゲートに乗るのが大好きです;ゲート0。実際に私がスタインズ;ゲートを見直したと感じたら他のアニメを見たように感じました。ゼロはそのプロットやキャラクターとの一意性に欠けていただろう。しかし、私はそれを感じなかった神に感謝し、私は元のスタインズゲートの同じレベルでそれを楽しんだ。あなたがスタインズのように感じる場合、それはさらに暗いですが、それはすべきであり、いつも良いアニメになるはずです;ゲートは十分ではありませんでした。Steins; Gateを見たことがないなら、今すぐやってからこれを見てください。確かに。後悔しない。El..Psy..Congroo ..

総合評価:3

Steins;ゲート0は、 Steins gateのエピソード23Bの後のストーリーです。

キャラクター:

ショーの最大の悩みはシリーズの20エピソードで聞く価値のあるものは誰も出さないということです。岡部さんは、感情を滲出させる唯一の方法はショックを受けた表現である、一次元のうつ病です。Mayuriは、キャラクターが全く開発されていないため、理由がわからないため、岡部に抱き合っているプロット機器に過ぎません。彼女の存在理由は、岡部が大好きで、それだけです。

カガリは、クリスのように見えて、気分が悪くなるように存在するだけです。他には何もないが、彼女は 4つのエピソードはすぐ後に影を落とす。彼女はあなたが気にするためにあなたのためにそっくりの話を見せる前に十分なキャラクター開発を持っていませんでした。

私はそれぞれの性格を打ち破ることができましたが、これはそれぞれの性格です。彼らは自分の行動を正当化するものではない中空の文字です。裏話はありません。基本的なものがあれば、「これはそれらです。これはいつも行動する方法です」彼らはそれから逸脱することはありません。

プロット:

第三次世界大戦は差し迫っており、彼らは “Steins; Gate”を見つけるために世界の線を移動する必要があるが、Okabeは “いや”と言っている。あまりにも多くのエピソードの後、彼は “多分”と言います。それ以上のエピソードの後、彼は未来に投げ込まれたばかりで、彼は「ああ、ああ、多分私は何かをしたはずだ」と言う。そこから、彼は “それがこのようなものだと分かっていたが、それについては考えなかったとしても、このようになるとは思わなかったので、彼の全体的な見方が変わる”。彼は実際にそう言います。それでおしまい。それに合わせようとした他のすべてのサブプロットは、これによって覆われています。彼らはなぜ存在したのですか?ママ/娘のシーン?そして私はこれが23エピソードシリーズの21エピソードだと言いましたか?だから、彼は過去に戻って私たちが痛みを伴って座っていたことをすべて取り返そうとしている。

アニメーション:

アニメから見た最悪のアニメーションの1つであることは間違いなく、世界的にうまくいっています。彼らは最後の4つのエピソードでそれを拾いますが、それはほとんど通過しません。彼らは偉大でプラスだった同じ芸術スタイルを保っていましたが、特定の場面ではその割合はばかげてばかげていました。アクションシーンは深刻であり、悲しいことに彼らはシリーズの終わりに向かった。シリーズは、あらゆるアクションショットがうまくいかなかったかについて、多くのリアリズムを抱いていました。全体的に、それはかなり明るくなく、人々の顔のクローズアップの量は不快になり始めました。それぞれのエピソードでは、別の “予算”があるように見えました – いくつかのエピソードは悪く見え、他のエピソードはもっとよく見えました。Steins;ゲートは良く見え、それは7年前でした。

結論:

途中で紆余曲折はありません。あなたが思ったことはすべて起こりました。そして最悪の部分は、ショーはあなたが馬鹿だと思うようにして、これらの事のいずれかを「クリフハンガー」に残しました。プロットはカタツムリのペースで動き、ストーリーは全く流れませんでした。お互いに話すことなく5人が書いたように感じました。彼らはエピソード20までプロットを掘り下げません。代わりに、あなたは岡部を見て座っていて、マイルを近づけているのを見て、ここでそこそこの微妙な微妙なニュアンスで彼を鼓舞しようとする人々。これにSF /ミステリーは存在せず、哲学的な引用/アイデアはありません。それはちょうど、 “ちょっと、タイムマシンを元通りに戻そう”。結論は、コンシステンシーのない「コンバージェンス」や、

新しいキャラクターは、過去のキャラクターのすべての影(Kurisu vs Maho)…またはKurisuのように見えるSuzuhaの複製であるKagariです。それはこのショーが提供しなければならない独創性のタイプです。それはスタインズの懐かしさに賭けた;ゲートとそれは、それが存在しなければ独自のものを保持しないことを示している。ファンサービスのエピソード、存在しないキャラクターの開発…そして何よりも、栗林/マホは、岡部が何かを言う時には、ほんの一瞬しか存在しません。Amadeusは、彼女を見たい人のためのプロットデバイスに縮小されています。偉大なプロットを持つSF /スリラーを探しているなら、再びオリジナルを見てください。あなたが悪い執筆、悪いキャラクター、そして良いファンサービスの悪いアイデアで再ハッシュされた同じアイデアを見たいと思えば…それ以上見ない。スタインズ;ゲート0があなたを待っています。

総合格付け:9

「私が見ている通り、この世界はクリスが選んだ選択肢のために存在する。私はその選択肢を守る必要があります。それがこの世界の法則です。時間が覚えているうちに、私は一つの事を学びました…神によってオーケストレーションされたような特定の出来事が収束します。それらを変更しようとしている…それは神に挑戦している。そして神は人間の傲慢さを容認しません。「岡部凛太郎

」漠然とした不気味な気持ち…悪夢の中で生きる、悪いことをすべて知っているようなものだ。世界は私の呪われていない罪の罪をこするのを楽しんでいます。この避けられない絶望…ゆっくりと下り螺旋になる…」「岡部凛太郎

スタインズ;ゲート0は、 ベータワールドライン。基本的には、彼のうつ病を描いたベータラインの悲劇的な未来と、Skuldの計画をどのように計画したかという岡部の話です。Steins;ゲート0は、 “what if?”の前提から生じる。岡部がもう一度決定して、すべてを諦めたら?

ストーリー – 10
それは非常に推薦された時計Steins;ゲート0は、なぜこの悲劇的な未来が必然的に変化する必要があるのか​​、オリジナルのシリーズの終わりにつながる出来事を正確に説明しているからです。岡部は普通の生活をしようとしますが、それでも絶対的な悲しみに沈んでしまうので、対話は密で衝撃的です(エピソード16は完全なものです)。トラウマから回復するのは容易ではないし、うつ状態になるという彼の動機は完全に妥当であるため、あなたが心に留めている場合にのみ参照してください。Hououin Kyoumaは戻ってきます、私たちは皆知っていますが、確かに彼は栄光の帰りと栄光の終焉の前に完全な絶望を経験しなければなりません。

アート – 9
芸術は元のものと非常に似ていますが、ここではより緊張した雰囲気を残すために、より多くの暗い色調があります。私はまた、岡部の傷ついた表現に焦点を当て、苦しんでいることを強調していることも好きです。芸術の唯一の問題は、エピソード17と18で発生するアクションシーンのアニメーションですが、実際には完全に動作するアニメではないので、少し見落とすことができます。しかし、最終版でこれを改善することを願っています。

Sound – 10
サウンドトラックは単に美しいです。

キャラクター – 10
キャラクターは引き続き良好な発展を続けており、特に岡部、ダル、マユリ、マホを中心に展開しています。彼らはすべてバックストーリー、哲学的、主観的な議論、目標、ドラマを持っています。私はSteins; Gate 0とSteins; Gateはキャラクターの開発に焦点を当てていますが、S; G 0の中では彼らが高密度環境で開発されているため、さらにスリル満点の雰囲気が増えています。注目すべきことは、アニメ岡部全体の中では、実は憂鬱で絶望的なことですが、これは悪いことではありません。

楽しさ – 10
あなたがスタインズを愛していれば; ゲート、あなたはこれを愛するでしょう。すべてのエピソードで扱われるすべての暗い雰囲気と深い感情。Steins; Gateの終了後に快適に感じたら、すべてのエピソードで腸の中に穿孔する準備をしてください。これはあなたの気持ち良いアニメではありません。このアニメは、あなたが期待していないような気分であなたを苦しめます(VegaとAltairとRinascimentoのアークのように)。すごい。

全体として、それは完璧な続編です。スタインズ; ゲート0は非常に暗い雰囲気と信じられないほどのサウンドトラックを持つ優しい心理学プロットを持っています。スタインズゲートのように、このシリーズは、この世界ラインと他の世界ラインのすべての人間が見ることに値する。

El Psy Kongroo。

総合評価:3

「哲学は言葉だけではなく、あなたが見たことを受け入れる」 – 岡部(Steins; Gate)

過去の経験を反映することで、表面に浸透して感情的なストレスや感情を引き起こす不愉快な思いや不安が広がります無力。結論は次のとおりです。この出来事を考えるという単純な行為は、最終的な結果を変えることはなく、エクササイズを疑う余地のないものにします。しかし、岡部の場合(時間旅行や読書の手助けをすることができる)、過去を改善する能力は、本当の可能性の範囲内であり、真の「ハッピーエンド」が起こることを可能にします。この必然性は、 視聴者にとってかなりの量の陰謀、特にハムスピアのラブストーリーがフォールドに投げ込まれてイベントが来るようになると、例外的に人工的に見える。オリジナルのSteins Gateについて何か驚いたことがあれば、それはアニメコミュニティが受け取った素晴らしい賞賛でした。しかし、私は叙事詩のテーマソングとセクシーな “LAYDEE”(Bill Burrを連想させる)と “私が今まで見た中で最も現実的なタイムトラベルシリーズ”と組み合わされていると思います。文字通り誰もが – 最近、アニメシリーズはかなり人気がありますので、時計を元に戻してもう一度その成功を再現してみませんか?

しかし、アニメのスタッフが物語の中に浸る前に、いくつかの新しいキャラクターを持つセクシーなクリスマスパーティーが必死に必要です……そして、バーチャルガールフレンドが上昇傾向にあるため、バーチャルクリスとのコミュニケーションには岡部が必要ですその成長分野への魅力は確かに視聴者を増やすでしょう。また、少女のジョークのようなルーファを少数のルカに投げ込みましょう。なぜならコメディの冗長性が常に殺すからです。

しかし、冗長性はストーリーの半分に過ぎません。なぜなら、「間違った方向」と「フレバーバースト・エリ」のために、ショーは絶え間なく鈍いので、視聴者にはっきりとしたメッセージを伝えるからです。それはハーレムですか?記憶喪失の話はどうですか?私たちはまだその時間旅行のことをしていますか?アマデウスは青いボールを持つ青年の蔓延を社会的に解説していますか?それは現代のモーツァルトとサリエリの対立の再解釈ですか?DaruがGeorge McFlyの役割を主演している、Back to the Futureのスライス・オブ・ライフ・レッスンですか?スズハをメインリードとした日本人、女性主導のジョンウィックの話はどうですか?

いいえ!上記のすべてに

アニメスタッフは、岡部のシックな新しいブラックスーツを誇示することを念頭に置いて、1つの目標だけを念頭に置いていました。そして、私は仲間の人として、それは見事に見えることを認めなければならない!

しかし、ショーのアイデンティティについての批判はまったく有効なものなので、午後1時にはあなたのお胸をくすぐるだけです。元のSteins; Gateを軽く興味深いものにしたテーマからの逸脱は、視聴者の喜びを和らげ、実際のものを何も与えなかった陳腐な風合いをショーに与えました。岡部は、いくつかのエピソードの終わりに本物の関心を払うために邪魔になった、情け容赦のない、不安定な個人に還元された。Kurisuは彼女の健忘な状況のために不活発な参加者に降格され、シリーズの重要な出来事を引き起こす手段として使用されました。Suzuhaは第3次世界大戦の差し迫ったことについて、彼女がそのようなホームレスのdomesday clairvoyantsのように説いた。マホは、彼女の最高の試みにもかかわらず、彼女が才能のないツンデレであったという意味で、クリスのモーツァルトへのサリエリでした。そして、まあ、他の誰もが…。彼らは確かにそこにいましたが、彼らは自分のやり方で行動する自由がほとんどまたはまったくない、機械の歯車のように感じました。

キャラクターの不完全なキャストを持つことは一つの問題ですが、互いにコミュニケーションのない複数の作家によって一緒にブレンドされたような物語を持つことは、まったく使えません。ショーはミライ・ニッキーを思い起こさせ、「衝撃的な」イベントが起こるが、前記イベントの結束は決して均質ではないと感じた。また、実際に重要なことは何も起こっていない、かなりの量の「ふけ」のエピソードがありました。重大な出来事の間の騒ぎは、時には激しくなり、重要な瞬間が起こったとしても、それは優越的で、上品で、一般的には外れていると感じました。さらに、エロチックな状況で女性キャラクターを展示するスタッフの熱心さは、ショーが深刻な知的努力としてどのように取られたのかを強調している。むしろ、いくつかの笑いを引き出すための楽しいプロジェクトです。心を鼓舞するドラマの間欠的な瞬間。残念ながら、それは特に面白くなかったし、それは視聴者に再び時間を掛けることに失敗した。

最後のいくつかのエピソードは、ハリウッドレベルのばかげたものになるまでの強さを誇張しています。邪悪な科学者が長引く展覧会があり、彼は彼の「マスタープラン」を最後のディテールに説明しました。信じられないほどのアクションシーケンス、彼らは息をのむような意味ではなく、ただの非現実的です。ホーイン・キュマの状態への「眠っている」主人公の復帰は、ファンがその「壮大な」フィナーレを盛り上げる必要があるからです。「誇大宣伝」といえば、このシリーズを説明するのに最適な言葉であり、アニメコミュニティからの楽観主義と興奮の上にそれ自身を構築したからです。それでも、壮大な野望のすべてのために、それはあなたがそれが実際よりも良かったとあなたに納得させる中古車のセールスマンだけではありませんでした。

しかし、岡部氏は「あなたが見たものを受け入れてください」と言っているように、明らかに明白ではない場合、私たちは悪いショーを見ました。

総合格付け: 9

このアニメに向かっている私の気持ちは、非常に複雑ですが、最初にビジュアル小説を演奏したという事実によって助けられません。だから、あなたのポップコーンを入手してください、このレビューはしばらく時間がかかるでしょう!また、最初のSteins;ゲートについてのスポイラーがあります。このレビューでは、あなたが最初にそれを見たり/見たことがあるからです。

ストーリー – 9/10:まず、このアニメの文脈を確立する必要があります。なぜなら、それについての正式な説明がその点では役に立たないからです。オカリンがクリスを貯めようとしていたとき、元のシリーズのエピソード23を覚えていますか?その時、彼はビデオD-Mailを 彼自身が15年後に究極のハッピーワールドライン「Steins Gate」に到達するための指示を発表しました。スタインズ;ゲート0は、そのオカリンの物語です。オカリンは、彼の愛する人物を殺害した事件の後、3〜4ヶ月のタイムキープからビデオ撮影を送ってきます。技術的には、スタインズ;ゲート0は、完全スタインズの後半である;スタインズのためにオリジナルでスキップされたゲートストーリー;ゲート0の自分のプロットは、(OGオカリンの視点から)ビデオD-Mail送信されます。

すぐに視覚小説の独自の構造の問題があります。元のSteins; Gateは、従来のVNでは非常にリニアであったため、実際に適応しやすく、エンディングのほとんどは駄目でした。スタインズ;ゲート0は、いくつかの発散し、大きく異なる経路をたどるそのタイプのVNによく似ており、その大部分は包括的な物語にとって不可欠である。だから、White Foxはテキストの壁を切り捨てることを心配する必要はありませんでしたが、ENTIREプロット構造をリニアで一貫した方法で再配列することもありました。

そして、ほとんどの場合、彼らは成功しました。

イベントは非常にうまくいく。ヘック、彼らは余分に行って、様々なタイド・イン・ドラマCDと、純粋に良いアニメのオリジナルコンテンツの数少ない例の1つを適応させました。彼らは、オリジナルに存在する数多くの問題を修正しました。このショーを同時放送することは、VNプレーヤーとしても爆発的でした。なぜなら、私をループに投げ込むための余地がまだ残っていたからです。

しかし完璧ではありませんでした。どのようにスライスしても、1つの直線弧として一緒に絡み合わないシーンのカップルが残っています。それはおそらく最善のケースのシナリオだったので、私はそれらの矛盾した問題を気にしませんでした。

Steinsについてのもう一つのこと、一般的にGate 0は、科学はこの中で後ろを取るということです。いくつかのダムの奇跡、細かい計画、プロットの利便性のいずれかによって、このシリーズで科学的に学ぶことは新しいことはありません。私はある種のAIプログラムを記述していることを知っていますが、そのプログラムは元のシリーズから時間を跳ね返すマシンと同じ技術を使って作られています。実際には、それはその装置よりも簡単です!本当の問題は、実際に実際に働くタイムマシンを実際にどのように構築すれば、「スペースマジック」カテゴリの下で永遠に提出されるのかを決して学ばないということです。

そして、彼らがVNの悪名高いルーズでアンチクライマティックな最終的なエンディングをどのように扱ったかについては、私はちょうど彼らが実際にそれをやったことを言ってみましょう!で、彼らはそれをよくしました!

キャラクターズ-9 / 10:キャラクターはスタインズのどこにあるのですか?ゲート0が輝きます(ほとんどの場合)。私たちは、Okarinと他のキャラクターアーク、そして2人の新規参入者を完全に閉鎖することになります。

このシリーズのオカリンは現在、「悲しい科学者」であり、Betaの世界線の切迫した運命に目を向けるOkarinを打ち砕いた。また、アルファワールドラインのパートタイムウォリアーに比べ、戦争により寒い鈴鹿の新しい形があります。さらに、Daruは実際には以前よりもはるかに重要な役割を果たしています。登場人物はすばらしかったし、スタインズの真の女の子、ゲートは誰なのか分かるだろう。

*「驚くべき」は完全に真ではないので、この脚注をここに入れます。最初に、Mayuriの友人の3人が、実際に登場するオリジナルの名前だけでした。彼らはレンガです。そのうちの1人は鈴鹿の将来のお母さんですが、本当に重要なことは何もしません。また、アダプテーションの性質上、VNで合法的に好きなキャラクターのカップルは、現在、どちらかといえば駄目です。(悪いジュディー…)

Art-Budget / 10:これは私の問題がスタインズのアニメの適応で起こり始めるところです。2011年のアニメはVNほど詳細ではありませんが、まだスタインズを持っていたアートスタイルで私を吹き飛ばしました。私が愛していた門のような映画のノワール様式。ライティングと多くの鮮やかなポストプロダクションと、ほとんどのテレビアニメの特徴のない滑らかなアニメーションも多数ありました。2018年でさえ、それは1日老化していない。

それでも、2018年のAIREDのフォローアップは、すでに元のものよりも長い年月を示しています。私はプロダクションチームを責めません。私は彼らが試したことを伝えることができます。彼らは資金が不足している可能性が高い。それはこのショーの安い部分がいかに見えるか不快である。

しかし、それはVNプレーヤーだけには大変嫌です。VNはアニメの演出の大部分をこれらの場面のように見せかけるような、ぞっとしたアートワークを持っていました。しかし、もう一度、あなたがそのアートワークを見ていなくても、それはあなたにそれほど気にしてはいけません(少なくとも彼らはそのシーンをうまく実行しました)。

しかし、アニメだけの観点からも、明確な異常(咳*エピソード17-18 *咳*)があります。芸術は苦い終わりに向かって大幅に改善されていますが、良いものに行くのはちょっと不愉快なアニメの80%を見なければならないという見通しは一般的ではありません。

これらのしゃっくりは、あなたがアニメの視覚的な表現にどれだけ気を配っているかに応じて気にします。

Sound-10/10:少なくともこれは同じです。私たちは皆、これらの精神を知っていて、彼らは優れています。彼らの演奏(少なくとも中心的な性格を持つものの演奏)は完全に完璧だった。このアニメがおそらくこのキャラクターとしての最終公演になるのは悲しいことです…彼らが今見通しについてどのように感じているのだろうか。しかし、彼らの最後の時間であれば、彼らは間違いなく栄光の花火に出かけました!

バックグラウンドミュージックは、最初のアニメ、つまり完全にVNのサウンドトラックの不一致とは異なります。元の音楽が始まったので、ホワイトフォックスはそれほど分かりませんでした。

この適応のために構成された新しいアニソンも悪くない。「ゲートをハッキングする」というのはありませんが、新しいOP「ファチマ」は第二次世界大戦IIIの必然的な始まりに追いついているトラックの中で、刻々とした時計の使用により、もっと緊急に感じられます(少なくとも私はそれがその意図であると仮定して)。

Zweiの “Last Game”は、特にあなたが数百万のKyoumasが断片的に粉砕されるのを見ると、大げさに苦しんでいます。クリスの吹奏楽もまた「ワールドライン」というテクノロックの曲を演奏している。しかし、これら2つのEDは、第1および第2のコースの状況(後者はより感情的である)を考慮すると、フリップ・フロップされるべきである。または、彼らは “ラストゲーム”を保持していたはずです。

全体的な – 9月10日:このアニメは、ソース資料を上回るほどの可能性を持っていた、それは間違いなくそれらの最後の4つのエピソードであります。しかし、申し訳ありませんが、アートワークと最初の19回のエピソードの低品質は本当に私をびっくりさせました。S、G 0の2つのバージョンは、それらが同等に実行可能になると言っているところとは非常に異なる長所と短所を持っています。私はVNがドラマCDなしでプロットホールを持っていたことに気付かなかった。なぜなら、ほとんどの(キーワードのほとんどは)とにかく文脈から派生することができるからだ。

しかし、私はSteins; Gate-ologyであなたの学士号を取得することを主張します。Steinsの初歩的な基礎をはっきりと見せてくれなかった人々から放送されたとき、ボードには非常に多くのコメントと批判がありました。ショーを完全に楽しんで理解するためには、あなたが理解しなければならない微妙なコールバックもたくさんあります。

それにもかかわらず、これはスタインズの後半であり、オリジナルが提供できなかったキャラクターを完全に閉鎖するゲートストーリーです。「アニメのビジュアルプレゼンテーションはどれくらい気にしていますか?」と気をつけてください。気にするなら、おそらくアニメ版から離れてVNを演奏しなければならないかもしれません。そして、もしあなたが既にそれを演奏していたら、アニメを見るのはまだ独特の方法で実行されているからです(それでもやはり駄目のようですが)。

ガンダムビルドダイバーズ 海外レビュー

 あらすじ

ネットワークゲーム「ガンプラバトル・ネクサスオンライン (GBN)」が人気を博す世界。主人公のミカミ・リクは、GBN王者のクジョウ・キョウヤとそのライバル、ロンメルによるガンプラバトルを目の当たりにしたことから、GBNに魅了される。親友のユッキーことヒダカ・ユキオや同級生のヤシロ・モモカとともにGBNのプレイヤー「ダイバー」となったリクは、愛機のガンダムダブルオーダイバーを駆り、GBNでしか会えない謎の少女サラ、打倒キョウヤを目指すオーガ、徒手格闘を極めんとするタイガーウルフ、くノ一姿の少女アヤメ、凄腕ガンプラビルダーのシャフリヤールなど、さまざまな人物との出会いや冒険を経験する。

一方、GBNの内部では機体能力を違法に引き上げるツール「ブレイクデカール」が蔓延しており、運営側でも対処しきれない事態が発生していた。キョウヤは有志を募ってブレイクデカールの撲滅に乗り出し、ついにその元凶を突き止める。ダブルオーダイバーから発現した超常的な力により元凶のガンプラは倒され、GBNの事態は収拾に向かうが、元凶の正体であるシバ・ツカサはリクを名指しで呼び出し、仮想世界ではなく現実世界でガンプラを動かして戦う「GPデュエル」での勝負を申し入れる。ガンプラの大破も起こり得るGPデュエルこそがガンプラバトルの真の姿と信じるツカサは、GBNを欺瞞に満ちた世界だと嫌悪し、それゆえにブレイクデカールによる崩壊を目論んでいたのだった。リクはツカサの思いを受け止めつつ、GBNもガンプラを愛する者が集う場所だと強く訴え、ダブルオーダイバーの大破と引き換えに辛勝する。仲間たちはリクを心配するが、すべてを前向きに捉えてガンプラやGBNへの想いをさらに強くしたリクは、ダブルオーダイバーの魂を引き継ぐガンダムダブルオースカイを生み出す。(ウィキペディアより引用)

22111_1_1

✳以下クランチロール.myanimelistからのレビューになります

“ガンダムビルドダイバーズ 海外レビュー” の続きを読む

覇穹 封神演義 海外レビュー

 あらすじ

今から3000年前の古代中国、殷の王朝時代。第30代皇帝紂王は文武共に優れた名君であった。しかし邪心を持つ仙女妲己を皇后に迎えて以来、彼女の怪しい術に惑わされ、かつての賢君は見る影も無い抜け殻になった。悪政を続ける紂王と妲己によって国は乱れに乱れた。そこで仙人界崑崙山の教主元始天尊は悪の仙道を神界に封じ込め、革命による新たな王朝を作る計画「封神計画」を弟子の太公望に実行させる。

太公望は妲己という強大な敵に立ち向かうため、持ち前の頭脳と人を惹き付ける人格で仲間達を集め、宝貝という仙界の道具を使い、共に封神計画を進めていく。そして紆余曲折ありながらも順調に進む封神計画の中、新たな事実が次々と判明していく。
2018年1月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Hi76rUxG6SQ(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=miLzQC73s24(公式)

sinhakyuu-thumb-640xauto-31959

✳以下myanimelistからのレビューになります

私はHoushin Engiのマンガが大好きなので、別のアニメを受け取ろうとしているのを見て、私はこの話全体をカバーし、その適応についてまともな仕事をすることを期待していました。悲しいことに、私は間違っていた。最初のエピソードでは、悪いことに、2つの大きな違いがすでに示されています。物語はひどく言われている、あなたはすでにそれを知らない場合は多くを理解することはできません。それはあなたが知るべき事実すべてを網羅しておらず、あなたがめまぐるしく感じるような方法で突進する。
私はまだマンガをお勧めしますが、このアニメは存在してはいけません。
ああ、オープニング曲は、少なくとも、良いです。

まあ、hakyuu houshin engiこれは感情のclusterf * ckです。私はまだそれを見ている私はまだ不思議です。

物語:
コヒーレントなストーリーテリング?あなたが必要とするのは、あなたが必要とするのは、物語を伝えるために涼しい探しているロケールと風景の束です。本当にこのアニメの通過は恐ろしいものです。このエピソードでは、新しいキャラクターを基本的にすべてのエピソードを導入して、その終わりまでに完了させて、それ以上の感情や性格の発達を排除するようにしています。

アート/キャラクター:
アニメの物語、またはそれ以上の配達を嫌うと、細かいことに気付き始めます。そうでなければ、あなたがそうでなければスライドさせる明白なデザインに気づくでしょう。このシリーズのキャラクターデザインは、一言ごとに悪くはありませんが、奇妙な外観のために、ショーが時々示すデートの深刻な音をカットしているように見えるので、あまりフィットしません。背景とアニメーションについて言えば、最初のものは素晴らしいですが、描写された世界が背景と開放的な設定のために美しく、後者はエラーやスリップがほとんどなく、ほとんどの場合一貫しています。

音:
作者以外は何も目立っていません。芸術家たちは十分に良いと言われています。

楽しみ:
すべてのエピソードで、私はうつ病に近づきます。

全体:

ひどい適応と、彼らが元の仕事のためにどのくらいのケアを取るかを示します。

Hakyu Houshin Engiは、一言で言えば、すべての一般的な戦闘トーナメントの少年アニメです。それは他の何かのように見えるようにそれ自体を隠していませんでした。それは単に気にしない、そして率直にも私もやらない。

ほとんどの視聴者はこのアニメが好きではないという単純な理由から2つの理由があります。何かしようとすることなく平凡な道を歩みます。結果は非常に穏やかで、全体的に明るくない。

この適応は驚くほど多くの疑わしい選択をしました。まず第一に導入の欠如です。視聴者は、無作為の文字の周りに無秩序な世界に直接投げ込まれます。何も説明されていない、物事はちょうどそこにあり、物事は起こるので起こる。ストーリーと物語がどれほど直接的かつ線形的であるかを考慮して、これが適切なアプローチであると言えるでしょう。それでも、ビルドアップの欠如、世界的な建物とイベントは、一般的にキャラクターを気にする理由を提供します。それに加えて、実行中は何も起こりません。エピソードの後のエピソード、私はシリーズがどこかに行くのを待っていましたが、それはあまり成し遂げられずに終わりでした。

文字はほとんど話す価値がありません。作者がショーネのステレオタイプを作って、他の少年シリーズのキャラクターマクロをコピーするのではないかと心配していたようで、代わりに彼はこれらのすべてを放棄しようとしました。結果はそれほど美しいものではありません。実際にはすべての文字は空であり、嫌いに値することさえありません。

アニメーションも暗いです。ほとんどの生き物は、生き生きとした頑丈なものに見えます。ほとんどの怠惰なアニメーションシリーズでは、アニメーションの錯覚はカメラワークで行われます。ロールオーバー、ズームアウト、そして典型的には背景に焦点を当てた小さなトリックです。このシリーズでは、文字の動きはしばしば同様の方法で実行されます。カメラがa地点からb地点まで堅いスピードで移動するのではなく、a地点からb地点に移動した紙に描画された静止文字マクロです。それは安くて奇妙に見えます。すべての正直なところ、アニメーションは走っている間にもっと良くなっていますが、悲しいことは、このシリーズの前半からのひどく実行された動きが、このシリーズの中で最も記憶に残るものの一つです。

このシリーズの音楽は、シリーズをよりよく見せます。私は彼らがどのように恐怖を抱くことができたのか分かりませんし、ラスベガスの嫌がらせがこのプロジェクトに参加しましたが、彼らはそうしました。 BGMのほとんどはかなり冷ややかでキャッチーです。声の演技は穏やかで、そうでない場合よりもキャラクターをさらに空の殻に見せます。

全体的にこのシリーズはすべてのもののほとんどが欠けています。それは非常に興味深いものを見つけるのは難しいです。その中のほとんどのものはとても退屈なので、最も迷惑なものでさえ、あなたも気にしないので迷惑に見えることはありません。このシリーズは、善と悪の両方で驚くほど注目すべきではないので、私はそれを平均の頂点以外の何ものとも呼べません。

私のアニメを見ている間に、私は評価と品質の両方が高いアニメに慣れていたほど幸運でした。これは、「過小評価された」アニメを見た時を経験したことはありませんでした。それはまったく正当なものではなく、人気がなく、注目を集めるにふさわしいアニメであり、人生は必ずしも公正ではない。そのため、幸せな状況の中で、 manga elitists(またはカジュアルなインターネット用語としてのソースファイル)。

私が始めようとしているのは、批評家の読者に、ショーの内容や不公平を理解させるべきだと知ってもらう必要があると感じているからです。それが直面しなければならなかった問題と最後に、彼らはその評価によってこのショーを判断すべきではなく、このレビューはそのすべてに答えるだろうということです。 Houshin Engiのマンガのエリート奏者たちは、アニメをすばやく拒絶しましたが、これは驚くことではありません。なぜなら、LotGHのエリートたちはショーのリメイクをすぐに拒否したからです。 Houshin Engiのケースでは、マンガ愛好家は、アニメのペーシングが「あまりにも速い」(最初の数回のエピソードに当てはまる)と、「そうするためには1に値する」と訴えた。これは間違いなく彼らはアニメの中の他のものを見ていなかったので、彼らは上演の終わり頃から大幅に改善して行ったので、ショーにチャンスを与え、それを見ていないからです。このように、Hakyuu Houshin Engiにとって不公平だったもう一つの問題は、最初に放映されたときにそれを拾うことを決断した人はほとんどいなかったことです(そして、エリートが1と2を出し始めてから平均が完全に壊れる前に)日本。

ハンターxハンター(ハンハン・エンギのショーはマンガは両方のシリーズに詳しい人によると似ている)とは違って、西洋アニメ市場でも日本と同様に大きなヒットとなったのは明らかだが、マンガはリメイクが最初に放映された時期、Hunter x Hunter(2011)が100回以上のエピソードで1年間続き、誇大宣伝を続け、残念ながらそれはありません。ハンターxハンターの予算の単なる影であり、有名人のショーが持っていたメリットのおかげで、カジュアルな視聴者数は着実に増え続けていたので、HxHの勢力はできませんでした。私が見たことのないショーであるが、多くの読者やウォッチャーに話しかけてきたHxHについての私の意見は?それは、俳優の力士エンギは、そのパワーやコントロールに反して放映される前に直面する多くの問題を抱えていました。そして、これは悲しげに漫画ファンのおかげでショーの評価の早期落ちを引き継いだ。これは最終的に、それが不幸にも低い評価であるためにショーを見ることができなくなったシリーズに精通していないカジュアルなウォッチャーにつながり、ショーを助けなかった。私はショーが全く10/10であると言っているわけではありませんが、このショーはそのサイトの平均得点に値するものではなく、このアニメを見ているときに明確な心を持っている人が必要だと言っています。

最後に、このレビューを読む際に、ショーの平均スコアをチェックして、明確な心でレビューを読むことについての偏見を持たないことをお勧めします:)

はじめに、羽生民族エンギは素晴らしい世界を持っています。それは以前のようなスケールで私がほとんどのファンタジーアニメを見たことがないような世界の建物です。聖人の世界、道の世界、人間の世界、そしてその上の空、そして詳細には、Kongrong Mountainと陰です。アニメにはたくさんの場所があり、それらが表現されて作成された方法は複雑なディテールで行われ、他の高ファンタジー番組と同様に、多くのことを考えるようになりました。このように、肉薄した世界はまばゆいか空ではなく、驚くほど自宅にいるような気分になったり、遠く離れた場所があるかもしれないと想像していました。もちろん、私はそれをHoushin Engiの心と比較していません)。しかし、それはそのような世界が存在する可能性があり、上記のようにあなたに夢や想像力を与えたという活気に満ちた気持ちを持っていました。なぜなら、私はそれを前述の本に関連させています(再び、ホビットそれ自体は驚くべきことです)。それはまた、様々で詳細なバックストーリーを持つ驚くべきキャラクターセットを持っていました。それは、MC、Yozen、Bunchu、Genshi Tensonの中のTaikoboである。誰もが重要な話をしました。 Taikoboの悲劇的な(そして明らかに非真面目な)過去は、我々が哀れなMCのタイプを今日(もっと下のTaikoboで)見るのに慣れてきたのでハイライトだったが、再びHousin Engiの漫画が1996年に最初にリリースされた彼の元々の出現は約20年前から明らかだったので、彼はこの10年間でMCの中の良いMCだと言います(近いかもしれませんが)。 Yozenのバックストーリーは興味深かった。なぜなら、彼の単なる存在がその事柄のために暗いときに、彼の背後が同じであるときに、特に暗い感じがあったからです。あなたは、幸運な幸運のタイプとして妖精を書いたならば、大きな間違いをするでしょう。そしてGenshi Tensonはあなたが思っているほど良くはありませんでした。彼は彼をかむために戻ってきたいくつかの日陰の取引に関与し、あなたはこのショーで後で同様に非常に良い男のことをもっと知るでしょう。 Bunchuも同様に異なった音色を設定し、驚くほど彼に悪名をつけることはできませんでした。個人的な利益のために場所を侵害していなかったので、彼は愛する場所を保護していましたが、コストとその背後にある理由は、彼の過去の非常に重要な部分と関係しています。これらはすべて、変化するキャラクターの例であり、他のショーとは別個のものであった。必ずしも悪いわけではない悪人?あなたのマスターはあなたに横たわっていますか?あなたの存在は他人の利益のために使われていますか?これは、ストーリーがどれだけ深いものかを説明したものであり、その説明はキャラクターであり、後でショーに来ることでカバーできないものがいくつかあります。このレビューをスポイラーフリーにしようとしています。

このように、あなたはショーの過程でこれらのキャラクターが持っていた開発を見て、私が上の例として与えた質問に彼らがどのように対処するかを見ます。あなたは無力にどのように対処しますか?あなたができると思ったように、あなたは本当に世界を救うことができますか?戦争があれば、友達や友達を失うことに備えていますか?これは、太子がシリーズ全体で直面していたすべての問題であり、少年は今日の少年のショーではめったに見られないので馴染んでいないと感じます。なぜなら今日は少年が犠牲なしであなたの敵を倒して精神あなたの中山とあなたのHoushin Engiは戦争で思っていたよりずっと多くを失うことがあり、魂だけでは戦いに勝てないほど苦労するという厳しい現実を示しています。あなたには力が必要です。あなたがそれを持っていなければ、あなたは失います。情緒的、体力的の両方が必要です。他のキャラクターは、Yozenが彼の物語と彼の存在を扱うことを見た、Genshi Tensonは彼の過去の間違いを扱い、それに伴い、Bunchuは陰を生かそうと一生懸命試み、Dakkiは王国を支配する。これらはすべて、キャラクターの目的と努力がどのようなもので、どのようにキャラクターの問題を処理したかの例です。そのようなことから、この展示会では開発が最も確実に見られましたが、これについては上記の段落でも詳しく説明しました。

それにもかかわらず、Houshin Engiは、冒頭でいくつかの重要な細部を巧みに隠し、後のエピソードでそれらを見せて、まともな驚きを作り出す方法を知っていました。私がカバーしたい別のものは、アートです。それはリメイクされていることは明らかに、これまでのアダプテーションよりも優れたアートスタイルを持つ機会を与えてくれるし、今までのところ俳優・ハウヒン・エンギは本当にうまくやっている。キャラクターモデルは素晴らしく、世界と背景は素晴らしく、おそらく最も重要な戦いシーンはうまくいった。うまくいったことについて言えば、本当に素晴らしいのは、BGM(BackGround Musicという言葉に慣れていない人たち)です。それは、その問題のためのショーのテーマであったように、それに明確な中国のルートを持っていました。同じことが、非常に巧妙な曲の選択が行われたOPとEDのために言えます。ラスベガスの恐怖と嫌がらせ以外の誇大宣伝や平和的なEDはそれを平衡させて正直言っていませんでしたすべてが圧倒的。華麗なBGMと一緒に行くのは素晴らしい音楽の選択でした。

Hakyuu Houshin Engiは、ジャンルの中の他のアニメとは別にいくつかのことをしています。私が上で述べたこととは別に、非常に重要な例は、Hakyuu Houshin Engiが私たちにキャラクターの死を示しているということです。そして、いいえ、私は小さな文字の死について話しているわけではありません。私たちは重要な文字が死ぬのを見ます。たくさん。開発を受けてから、キャラクターとして必要なものがいくつか殺されました。何でこれが大切ですか? Taikoboの側が強くないことを意味するので重要です。多くの少年アニメは、MCの側を弱く描くようにしているが、彼らは通常死傷者がなくても毎回勝つので弱い気がしないが、Houshin Engiは異なっていた。言いましたように、恐ろしい死を犯した重要なキャラクターがあったのですが、名誉あるものを亡くした人もいました。特に、太鼓の側に苦しんでいたHoushin Engiの世界に重大な感覚を与えました。 Taikoboの側と言えば、TaikoboはMCの中でもゆるされていません。彼の悲劇的な過去ははっきりと示され、彼の過去は現在に反映されています。他のほとんどの少年司令官がそうであるように、彼は幸運な幸運タイプのように見えるかもしれません。しかし、彼が厳しい時を過ぎると突然緊張した行動(例えば、近くの仲間の死を扱うようなもの)は、他の場所で頻繁に。うん、明るい世界は、カラフルで幸せな場所として示されています。私たちは多種多様なキャラクターを持っていますが、Taikoboは理由のためにMCであり、彼のキャラクターは、彼の行動の結果として、良いMCと呼ぶべきです。彼はあなたを彼のために根づかせる。彼はより多くのスクリーン時間を持っているからではなく、彼が他の人と交流するのを見ると、より多くの死が起こらないように誓うとき、あなたは本当に彼のために根付いている。それはHoushin Engiのすべてです。世界、人物、世界の厳しい現実、そして関係する人々の過酷な現実。

それで、羽生衆人エンギは完璧ではない。私は最初のパラグラフでマンガファンの問題を説明し、どのようにアニメの問題を覆したのですか?実際には本当ですか、アニメには問題はありますか(マンガファンがそれを吹き飛ばす方法ではありませんでしたが)それらは実際の物語よりもリメイクとは関係がありますが、それは聞こえるように見えるかもしれないほど大きな問題ではありません。そうでなければ、私は自分自身と矛盾しています。あなたは、なぜ簡単にルートを取って、マンガのファンの曲にあらゆる角度からそれを打ち負かすのではなく、このアニメを監視する必要が正直に見てください。前半のペーシングは確かに速かった。物事をすばやく読んだり(またはダビングを見たりして)状況をすばやく理解し、バックトラックする必要がない限り、何が起きているのかを視聴者に理解させることなく、すべてが迅速に行われました。残念ながら、もしあなたがそのグループの一員でなければ、あなたは運が悪かったです。ペースが速いため、最初の10回のエピソードの周りをバックトラックする必要があります。一方、あなたがJCスタッフを気に入っている人なら、おそらくこのCStation.coのプロダクションを扱うことができるでしょう(他の多くの人気番組C-Station.coは、Yuru CampまたはLaid-Back Campでしたあなたのためにそこに英語の名前のファン)。対照的に、後半はうまくペースをとった。私はスタジオがペースが速いと感じ、後半のスピードをリードするペースを減らすことに決めました。誰もが何が起こったのか理解でき、どのようにバックトラックしなくても間違いない幸せなことに、アニメにうんざりしている場合、速いペースから通常のペースへの突然の変化は、後半のように遅く感じるかもしれませんが、私はそれがそうでないことを保証することができます。それはそれほど大きなコントラストではありません。

Dakkiは、いくつかの重要な細部を除いた1つのエピソードの裏話から離れて、主に説明できないことが問題だったと思われた。ダッキーはアニメの主人公だから心配するもので、明らかに彼女はそう思えるようにするために開発や少なくともバックストーリーが必要です。言われたように、彼女はバックストーリーだけに専念したエピソードを手に入れましたが、その目的の大部分を果たしましたが、ダッキーがどこから来たのか、何人かの質問に答えられなかったことに気付くかもしれません。彼らは、彼女が知られている悪人になる前に、彼女がしていたことの少しを示していたが、彼らは子供として世界とやり取りしているかどうかを示していなかった。彼女とは別に、他の悪役も十分にカバーされていました。 Bunchuは悪人のようなものだったし、彼の裏話は覆われていて、彼の出演のたびに彼の目的は繰り返し説明された.Ou Tenkunの背後は暗くて不気味で、悪役のようなバックストーリーがあるだろうと思っていたので、代わりに彼のバックストーリーは興味深い点で異なっていました。これはアニメを反映しています。あなたが何か別の点を期待するときから、物事を新鮮に保つための素晴らしい考えとして役立ちます。最後の問題は主観的な問題です。 Bunchuの陰に対する強迫観が繰り返され、多くの人々に思い出され、多くの人がYinについて何度も説くことを聞いて不満を感じることがありました。しかし、最後の弧は、私たちが陰とその歴史を後半に見ることができるという重要な事実と共に、そのことについて誰もが目を開けました。

全体的に、このレビューを書いている私の目的は、私の他のレビューとはまったく異なっていました。このレビューの目的は、俳優が俳優であることを知らせることでした。平均得点はそれほど低い評価を与えていないカジュアルな視聴者の影響を受けませんが、厳しいマンガファンは通常アニメ版やリメイクを好まないので、 “これは起こらなかった”と “それは起こらなかった”彼らがオリジナルであることを保持しているものの、私は100%悪いものとしてそれを見ていない。このアニメが好きだったら、マンガをもっと愛するからです。それは私がマンガ読者を反映して言うことができるもののほとんどですが、私は私の個人的な意見を提供するように求められている場合、それを悪用せずにこのショーを試して、それは平均スコアであり、漫画ファンが描いているように、少なくとも1/10または2/10のショーにはならないと思っています。高い評価のアニメが悪く、低い評価のアニメが良い(ホッキュハウハウインギンエンギの場合のように)ことができるので、それは平均スコアでショーを判断することは決して良い考えではありません。創作者が楽しむことを意図した方法で、羽生民族エンギを楽しむことができます:)

ストーリー:7.5
アニメーション:7.5
サウンド:9
キャラクター:7.5
楽しさ:9

全体:8.1

プラネット・ウィズ 海外レビュー

 あらすじ

高校生の黒井宗矢は過去の記憶をなくし、気が付くと、ゴスロリ姿の黒井銀子と猫のような先生と暮らしていた。ある日、世界各地に正体不明の「ネビュラウェポン」があらわれ、7人のヒーローが変身して戦う。そして、なぜか宗矢は銀子に彼らと戦うよう指示される。(ウィキペディアより引用)

登場人物

黒井 宗矢(くろい そうや)声 – 阿部敦
高天原 のぞみ(たかまがはら のぞみ)声 – 原田彩楓
先生(せんせい)声 – 小山力也
黒井 銀子(くろい ぎんこ)声 – 井澤詩織
白石 こがね(しらいし こがね)声 – 後藤沙緒里
虎居 英雄(とらい ひでお)声 – 梅原裕一郎
因幡 美羽(いなば みう)声 – 大和田仁美
能代 晴海(くましろ はるみ)声 – 渕上舞
根津屋 正義(ねずや ジャッジメント)声 – 菅原慎介
鷹取 紅華(たかとり べにか)声 – 石上静香
羊谷 葉介(ひつじたに ようすけ)声 – 興津和幸
竜造寺 隆(りゅうぞうじ たかし)声 – 乃村健次
竜造寺 岳蔵(りゅうぞうじ たけぞう)声 – 清川元夢
閣下(かっか)声 – 若本規夫

maxresdefault

✳以下myanimelistiからのレビューになります

“プラネット・ウィズ 海外レビュー” の続きを読む

京都寺町三条のホームズ 海外レビュー

 あらすじ

京都へ移り住んで半年になる女子高生の真城葵は、とある事情により亡き祖父の骨董品を鑑定してもらうべく、寺町三条商店街にポツリと佇む骨董品店『蔵』を訪れる。しかしそこで出逢った鑑定士の家頭清貴は美形で上品で柔らかな物腰でありながら、実は「ホームズ」の異名で呼ばれるほど怖ろしく鋭い人物で、葵が骨董品を家族に内緒でこっそり持ち出してきたことをその場で見抜いてしまう。どうしてもお金が必要だった葵に、清貴は『蔵』でアルバイトをしてはどうかと持ち掛け、その日から葵は彼と共に骨董品と京都にまつわる様々な出来事に遭遇していくことに。(ウィキペディアより引用)

登場人物

真城 葵 (ましろ あおい)声 – 富田美憂
家頭 清貴 (やがしら きよたか)声 – 石川界人

サブキャラクター

梶原 秋人 (かじわら あきひと)声 – 木村良平
円生 (えんしょう)声 – 遊佐浩二
家頭 誠司 (やがしら せいじ)声 – 小山力也
家頭 武史 (やがしら たけし)声 – 上田燿司
滝山 利休 (たきやま りきゅう)声 – 小林沙苗
宮下 香織 (みやした かおり)声 – 木下鈴奈

1532984065416

✳以下myanimelistからのレビューになります

“京都寺町三条のホームズ 海外レビュー” の続きを読む

じょしおちっ!〜2階から女の子が…降ってきた!?〜  海外レビュー

 あらすじ

相川壮介がボロアパートの自室でオナニーをしていると、突然2階の天井が抜け、丹生砂生が壮介の上に落ちてきてしまう。(ウィキペディアより引用)

b4c526

✳以下myanimelistからのレビューになります

“じょしおちっ!〜2階から女の子が…降ってきた!?〜  海外レビュー” の続きを読む

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 海外レビュー

 あらすじ

本来なら現世にいるべきではない死霊が跋扈し人を害する事件が度々起こる現代の日本。この世界には、魔法律協会と呼ばれる魔法律によって霊の犯罪を裁きあの世へ送るために作られた新設の機関が存在している。

物語は、六氷魔法律事務所を主な舞台に魔法律を使いこなす天才少年ムヒョと凡庸な助手ロージーの二人の魔法律家の活躍を主軸に展開してゆく。(ウィキペディアより引用)

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 海外レビュー” の続きを読む

ハッピーシュガーライフ 海外レビュー

 あらすじ

女子高生・松坂さとうは「愛」という感情を理解できず、男遊びを繰り返す虚しい生活を送っていたが、幼い少女・神戸しおと出会ったことで「愛」を知り、しおと共に幸せな生活を送っていた。しおと暮らす為にアルバイトに励むさとうは、バイトの同僚である三星太陽からの告白を断った事から陰湿ないじめを受けるようになり、給与を理不尽に減らされたことで店長に相談した際、本性をあらわにした店長の宣う「愛」を否定し、彼女を脅迫して給与を払わせ、監禁されていた太陽を助ける。

帰宅し、しおとの幸福に満たされるさとうは改めてふたりの生活を守る決意を固める。ふたりが暮らす家の一室には返り血が部屋中に飛び散った部屋があり、町中には行方不明になった「神戸しお」を探しているというビラがあちこちに貼られていた。(ウィキペディアより引用)

               

CAynEZd7_400x400

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ハッピーシュガーライフ 海外レビュー” の続きを読む

ぐらんぶる 海外レビュー

 あらすじ

海が近くにある大学への進学を機に、おじが経営するダイビングショップ「グランブルー」に居候することになった北原伊織。そこで出会ったのはとびきりの美女、そして酒とスキューバダイビングと裸を愛する屈強な男たちだった。(ウィキペディアより引用)

                    

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぐらんぶる 海外レビュー” の続きを読む

少女☆歌劇 レヴュースタァライト 海外レビュー

 概要

「アニメ」と「ミュージカル」が相互にリンクし合い、展開していく新感覚ライブエンターテインメントと銘打って、2017年4月30日に発表された。今作はミュージカルが原作となり、漫画やアニメ、ゲームを原作とする2.5次元ミュージカルとは異なる。

メディアミックス展開としては、ミュージカルに先行する形で2017年6月よりWeb連載を開始、同年9月よりミュージカルが公演され、2018年にコミカライズ化、同年7月よりテレビアニメが放送開始。

関連番組として、2017年8月11日よりインターネット番組『少女☆歌劇 レヴュースタァライト 聖翔音楽学園 放送局』、2018年4月9日よりラジオ『少女☆歌劇 ラジオスタァライト』が放送中。2018年3月31日にはTOKYO MXにて特別番組『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ~素顔の舞台少女たち~』が放送された。

また、ミュージカルおよびアニメ版のメインキャスト9名によるユニット「スタァライト九九組」として音楽活動を行っている。(ウィキペディアより引用)

                     

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

“少女☆歌劇 レヴュースタァライト 海外レビュー” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 海外レビュー

 あらすじ

現代からユグドラシルに召喚された周防勇斗は、小さな氏族《狼》の宗主として隣接する大国《角》との戦争を指揮していた。スマホから得た戦術の知識、そして特殊な力『ルーン』を持つ少女フェリシアとジークルーネの力で見事勝利を収めた勇斗は《角》の宗主と対面することになる。しかしそこに現れたのは年端も行かぬ若き宗主リネーアであった。(ウィキペディアより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下myanimelistからのレビューになります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 海外レビュー” の続きを読む

アンゴルモア 元寇合戦記 海外レビュー

 あらすじ

1274年(文永11年)秋。元御家人・朽井迅三郎らは鎌倉幕府によって対馬に流刑される。嵐の海を渡り対馬に着いた流人たちは、島の主である宗氏の娘・輝日姫から恐るべき事情を知らされる。高麗を発した蒙古・高麗軍の大軍団が今まさに日本に向かっており、迅三郎たちは、最前線となる対馬で戦うために送られたというのだ。そして輝日姫から「対馬のために死んでくれ」と告げられ、圧倒的に不利な状況のなか蒙古・高麗軍を宗氏勢とともに迎え撃つ。(ウィキペディアより引用)

156922

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:8

私は戦争と残酷の歴史的なフィクションを代表して、戦争の話を受け入れ、このショーが何であるかを正確に受け入れることを念頭に置いて、アンゴルモアを見守ることに決めました。私の楽しい驚きに、Angolmoisは戦争物語を人生にもたらすことに成功しただけでなく、私たちの世代にこれ以上の創造的なショーが必要であることを私に思い出させます。

私は嘘をつくつもりではない、歴史的なジャンルのタグでショーは本当に私のお茶のカップではありません。私は伝統的なライブ・アクション・スタイルの歴史的ストーリーテリングに、アニメ・メディアに作られたものよりも慣れています。それでも、このシリーズについては非常に興味深いことがあります。アンゴルモス:源口 Kassenki(Angolmois:Mongol Invasionの記録としても知られている)は、それが得られるほど簡単に聞こえる。13世紀には、モンゴル帝国が世界にその存在を示すように戦争劇を扱っています。日本はこの全能帝国の目標となり、モンゴル侵略を開始する。

Angolmoisは自信を持って独自の物語を作っています。最初のエピソードでは、さまざまなキャラクター、セッティング、プロットを紹介しているので、戦争のテーマを使った歴史的なフィクションの現実的なアプローチが必要です。このショーでは、対馬島への亡命者グループが明らかになりました。私たちは、鎌倉幕府の剣士と元トレーナー、Kuchii Jinzaburouに紹介されています。前者の箱崎の囚人として、彼はまた別の亡命者であるChou Minpukuを救う。シリーズの最初の10分間の印象で私はジンザブローが普通の男ではないことに気がつきました。彼は行動を起こすことや後ろをつかむことを恐れることのない、無責任な主人公です。島に到着した後、亡命者はモンゴルからそれを守る任務を与えられる。彼らに加わることには、元の海賊、鬼才丸、元高貴な白石和久なども含まれます。そのようなパイロットのエピソードのために、Angolmoisが銃をあまりにも速く飛ばす危険を冒しているように感じました。しかし、私はそうすることによって、これらのキャラクターがどのくらい彼らの役割を担うことができるかに興味をそそられていることにも言及したいと思います。

キャストの中心部にはジンザブローがあります。私はすでに彼が伝統的な主人公ではなく、もっとスリラーの探求者であると言いました。彼は悪意のある人ではないにもかかわらず、戦いの薄いスリルを楽しんでいます。彼の武士の経験と剣士の技能のおかげで、彼は強力な敵に対して自分自身を持つことができます。重要なのは、ジンザブローもリーダーシップスキルを持っていることに気づくことです。これは、彼の計画に計算された戦略、賭け、そしてギャンブルの状況を演じる男です。彼はマスターストラテジストではないが、私はショーが彼に脳と筋肉のバランスを与えたことに気付くようになった。彼は幾分創造的な心を持ち、彼の気持ちを表現するのを恐れていない。彼の同盟国との協力のおかげで、彼はモンゴルを守ることができるなど、不可能な功績を達成することができます。シリーズの中の他のキャラクターは、大きなサイズと強さを持つ純粋な筋肉としてより多く働くお鬼神丸のように少し変わっています。ソー・クランの姫、テルヒはまた、グループの一員として弓道の才能を示しています。一見、私は彼女がジェネリックプリンセスの役割を果たしたので、彼女の性格にあまり感銘を受けませんでした。しかし、私は彼女の勇気を見て、私の姿勢は変わった。ある特定のエピソードでは、彼女はチームのために弾をとり、暗殺から誰かを守る。これは私を感動させただけでなく、彼女を他人を自分の前に置く真のヒロインとして確立しました。それでも、彼女は時には彼女を厄介な立場に置いている。彼女はジンジャブローを魅了し、ショーは彼らの関係を探検する上で巧妙な仕事をしないことが明らかになった。言うまでもなく、私はとにかくそれを言うでしょう、

これは、戦争は本質的に死であるからです。それは本当に簡単です。人々は死ぬだろうし、これについても予期している(例えば、EDテーマソング)。アニメはキャラクターの死を欺くのではなく、むしろ暴力的なものもあります。これは、戦争の現実を実証し続けているので、ショーでは私にとってプラスになりました。血がこぼれ、身体部分が散っていて、首から頭が抜けています。準備ができていない場合は、元に戻す準備をしてください。誰もがそれを作ってくれるわけではないので、シリーズの特定のキャラクターに過度に付かないように言わなければならない。あるいは、このショーには裏切りがあります。そのとおり。キャラクターキャストは人間なので、誰もが自分の罪を犯す意志を持っています。一方、私はシリーズがアンタゴニストを開発するより多くの時間を託したことを願っています。主人公には、アンタゴニストよりもはるかに重点が置かれています。これは理にかなっていますが、アニメでは私のモンゴル人の評判だけではなく、モンゴル人の関心を引くことができました。時には、彼らは明らかなトラップの下に落ちる愚か者のように見えます。一方、私はこのシリーズがどのように私を悪人として憎むようになるかによって満足しています。彼らの役割の一部には、家族を拉致し、評判を証明するために残虐行為をすることが含まれます。そういうわけで、私はしばしば金蔵郎とその同志たちに根ざしました。また、キャラクターが最後の息吹と戦っていくシリーズにはいくつかの瞬間があります。そしてそれは本当にキャラクターが彼らの名誉を守るために動機づけられている距離を描いています。時には、彼らは明らかなトラップの下に落ちる愚か者のように見えます。一方、私はこのシリーズがどのように私を悪人として憎むようになるかによって満足しています。彼らの役割の一部には、家族を拉致し、評判を証明するために残虐行為をすることが含まれます。そういうわけで、私はしばしば金蔵郎とその同志たちに根ざしました。また、キャラクターが最後の息吹と戦っていくシリーズにはいくつかの瞬間があります。そしてそれは本当にキャラクターが彼らの名誉を守るために動機づけられている距離を描いています。時には、彼らは明らかなトラップの下に落ちる愚か者のように見えます。一方、私はこのシリーズがどのように私を悪人として憎むようになるかによって満足しています。彼らの役割の一部には、家族を拉致し、評判を証明するために残虐行為をすることが含まれます。そういうわけで、私はしばしば金蔵郎とその同志たちに根ざしました。また、キャラクターが最後の息吹と戦っていくシリーズにはいくつかの瞬間があります。そしてそれは本当にキャラクターが彼らの名誉を守るために動機づけられている距離を描いています。また、キャラクターが最後の息吹と戦っていくシリーズにはいくつかの瞬間があります。そしてそれは本当にキャラクターが彼らの名誉を守るために動機づけられている距離を描いています。また、キャラクターが最後の息吹と戦っていくシリーズにはいくつかの瞬間があります。そしてそれは本当にキャラクターが彼らの名誉を守るために動機づけられている距離を描いています。

Angolmoisのようなショーは、実際には視覚とプロダクションとは異なるスタイルを持っています。アクションシーンは現実的な体の動きで血まみれです。私にこれを戦争物語として納得させる豊富な暴力があります。戦争といえば、キャラクターのデザインは残酷でもダイナミックでもありました。メインキャストのほとんどは戦士のような服装をしていますが、テルヒなどのキャラクターは私に強いアクションヒロインの印象を与えました。一番顕著な一人はまだジンザブローだろう。戦い中の彼の表現は非常に現実的であり、彼の体の特徴のいくつかは彼の性格を表している。(彼の顔には目に見える傷跡がはっきりと現れている)この建物は、歴史的建造物や風景とともに、これらの昔の様子を鮮やかに表現している。いくつかの静的シーンの間でさえ、それは芸術作品のようなショーを描く。

このようなショーが現実的であるようにしたい場合は、才能のある音声キャストが必要です。ありがたいことに、ジンザブローのようなキャラクターは、彼が話すときに彼の男性性を持つ戦士を表します。シリーズの亡命者は自由であるように努力している独立した登場人物であることを証明します。彼らの声は戦うときの感情を表現しており、それは間違いなく控えめではありません。このシリーズのテーマソングもさわやかに美しいです。私は頻繁にそれについて話している人は見ませんが、Starightenerの “Braver”はとても耳にスムーズに聞こえます。それは、この歴史的なフィクションに完全に合ったテーマソングの1つです。同様に、私はまた、サウンドトラックが常に戦闘行動に追いつくことができることに感銘を受けました。

私はそれを前に言ったが、私は再びそれを言うだろう。私はAngolmoisをそれが何であってもありがたいことに見ることに決めました。それは現実的であり、戦争の残酷さを示すという期待に応えられる物語です。プロットが時々得意とする予測可能性でさえ、私はアニメが私の座席の端に私を抱かせることができたと感じました。戦争は結果をもたらし、私たちはそれを証明するためにアンゴルモイスを得ました。すべてのオッズに対して、これは何がやっているのか、観客が望んでいたかを知っているアニメです。

総合評価:8

Angolmois:玄光戦争の記録である玄光戦争の記録は、その時代にモンゴルの侵略で勃発した荒廃した戦争に関する武士の歴史的行動 – ドラマ(モンゴルが最も強力な軍隊対馬の戦い(スポイラー:モンゴルの勝利)で1274年のリアルタイムイベントのタイムラインを記録しました。

このシリーズはモンゴル人の侵略事件と似ているが、本土から追放された亡命者の集団であり、そこから人々を守るために対馬島に向かう 次の侵略。勇敢な侍と穏やかだがストラテジスト、Kuchii Jinzaburohの名前を馳せたストラテジストとユニークな性格と役割を持つ彼の亡命傭兵バンドを中心に、これらの亡命者は起訴に処刑された。操作全体を助けるか妨げるか。

対馬島に到達すると、彼らは戦争について人々に教育するのを手助けするために彼らの資源を提供すること、脳や力になること、対戦するための戦争知識を装備すること、テルヒ姫の舵取り、女性は親切な心を持っていますが、金蔵ブラのために必要な “愛”はありません。亡命者とテルヒ姫の兵士の両方が、対馬島の基盤とその防衛に関するいくつかの抜け穴を何とか分けて、モンゴル人を追い抜くために十分に後退させなければならない。すべての人の安全を確保する。

ストーリーがうまくいくためには、戦争の文脈は過小評価できないものであり、リアリズムの感覚はうまく実行されなければならないので、キャラクターキャストVAは役割をうまく果たさなければならない。Angolmoisでは、隠された多くのアジェンダや秘密と一緒に、あらゆる点で失望することはありません。怖い感情や信じられないほどのもので、頑丈な戦争の気持ちを描いています。

芸術とアニメーションはやや面白いです。スタジオNAZは、アートワークに紙フィルターを取り入れました。これは、歴史的な芸術の側面が、過去の実際の出来事と一貫して真実に保たれている理由を説明します。アニメーションは多くの歴史的アクションシリーズが敵とそのようなものを撲滅するための血と魂のすべてを持っているのと同じように失望しません。そして、それは戦争の現実感を与えるために取り入れられます。それについては何もすることはできませんが、この虐殺からあなたの道を適応させて戦うだけです(男性軍の退役軍人がこれと連絡することができます)。

音楽、特にOSTはもっと穏やかだが、それでもまだ強い。私は戦争によって荒廃したアニメのOSTから何かを目立たせることは決してできませんでしたが、これはOPの漸進的な変化と主な出演者だけでなく、彼らの努力を示す彼らのシルエットについてのEDの全面的なイラストレーションひとつにまとめる

全体として、Angolmoisは画期的なショーではありませんが、それでもやはり最初から最後までコードを叩いています。戦争中心のシリーズの場合と同様に、プロットの予見が予想されますが、危険な戦争の悲惨な結果の原因ではないキッカーが、戦争が私たちを強制するものとして学ぶことは常に満足しています。 2回で戦略的なものではなく、簡単にコスト削減が可能です。

私はこのシリーズを楽しんでいましたが、あなたもそうしなければならないので、このシリーズに追いついて、それは残酷で面白いです。

総合格付け:9

このレビューは、Angolmoisを見終わった人が読んでいることを意図しており、キャラクター分析の中でストーリー関連のスポイラーが最小限に抑えられるよう注意が払われています。あなたは警告されています。

Angolmois Genkou Kassenkiは、同じ名前の人気のある漫画に基づいています。これは、アクション、軍事、歴史的なアニメであり、時を経て戻ってきた傑出した瞬間に起こったイベントを見ることができます。 1274年に行われた日本の最初のモンゴル侵攻と その守備側は不可能なオッズに対してラインを保持する。主な前提としての真の歴史的出来事を特集したGate and Valkrie chroniclesシリーズのような華麗なシリーズに見られるように、軍事的で実践的なテーマのアニメはアニメ業界では比較的一般的ですが、実際にはこれが初めてですこれを利用したアニメ。ジャンルのファンだけでなく、武士のファンとしても、私はアニメのプロットの概要を読んだ後、アニメに引き寄せられ、今シーズンのウォッチリストに追加するのに十分感銘を受けました。

1274年の対馬島で、流血から遠く離れた土地で、本土で起こった激しい戦い。ここでは、お互いにお互いのお互いにマッチし、名誉、栄光、富のための戦いの分野でお互いに戦うのではなく、人々が次の収穫と漁業の心配がある単純な平和な社会の中に対馬島の人々が存在します艦隊はもう一週間生き残るために十分な食糧を見つけることができ、紛争がその一族、つまり一族によって厳しく管理されている。

この設定をキャンバスとして使ったシリーズの全体的な話は、現在日本国内にある平和のおかげで、刑務所から解放され、そこから帰ってこない亡命者として対馬島に送られたという武士のグループに続く。その数の中には、ベテランの武士であり、鎌倉幕府の元保有者でもある彼の運命を受け入れながら、いつか彼の故郷に戻って家族と再会できることを願っているKuchii Jinzaburoがいました。しかし遠く離れた場所に追放され、人々から遠く離れた存在を生き延びるのではなく、クンイと彼の亡命者たちはすぐに、モンゴル人が島の侵略を始めるとすぐに自分たちを最前線に置く。島の支配ソル一族の軍隊が壊滅し、モンゴル人が島の中心部に進入するにつれ、クッチイは彼の中で、無実を守るだけではなく、価値のある敵と戦う決意を忘れてしまったという意識を再認識させる。彼の老いた役割をもう一度象徴する武士の鎧とカタニアを取り上げると、クッチイはもう一度武士ではなく指導者になるだけでなく、島の住民の絶望的な抵抗を調停し、モンゴルから守ることから始める彼らは今まで遭遇していない何かの最初の味であり、これは敗北です。

Kuchiiには島の唯一の残った代理人がいますが、Teruhi王女にもかかわらず、勇敢で狡猾でありながらKuchiiの戦闘能力には近づきません。彼女の人々の中で忠誠心と決意を奮い起こす彼女の能力。これら2人と同盟国と一緒に、モンゴルを止め島の住民を保護し、本土が防衛の準備をする時間を買うために、激しく戦うだろう。

クチイ・ジンザブロ

ベテラン声優の小野悠樹氏が「食糧戦争」の名を冠した「くちぃ真蔵郎」は、シリーズの主人公の一人であり、シリーズの主役です。鎌倉幕府の元拘留者は、敷地内の平和の幕開けの結果として島に追放され、発言から静かで、頭が穏やかで、穏やかで、彼の演技様式はむしろ直接彼は尊敬されていた人であり、いつこの性質を抑えるべきかを知っていました。自然で知的で合理的な人物は、人の行動の微妙な変化を非常に容易に感じることができます。侍としての長いキャリアから生まれたことは間違いありません。しかし、静かな人Kuchiiは、強い義務と責任感があると言われていた人であったが、当初は国民のようなアイランダーを理解するようになったので、祖国では戦争中に捕らえられた無実者であり、結果として彼らを守るために最善を尽くすことに決めました。多少繁殖し、多くの人がアプローチするのは難しいが、このKuchiiの下には、友人や同盟者だけでなく、理解できる、自信を持ってインスピレーションを与えるものがあり、Kuchiiの自然な知覚感覚が裏付けられているこれらの理由を利用して彼の男性が戦っていると主張する理由を簡単に気づいて理解しています。

シリーズが始まり、Kuchiiの性格が徐々に拡大されるにつれ、彼の性格が変化し始め、戦争が彼に与える影響を見るようになる。ゾル一族の多くが破壊された後、防衛戦の初期防衛司令部はすぐにクッチイに渡され、彼が卓越している間に彼に重い負担をかける役割も果たした。無限の自信を持っているが、クッチーは兵士を尊重して武装した兄弟である兵士を尊敬し、彼の命令と使用の下で死んだ各人の行動や名前を覚えている人物だったこれは彼の勇気の源泉として私が感じたことは、くちばしの性格が模倣された思いやりのある武士のアイデアと本当にマッチしました。

確かに、Kuchiiは彼等の本土での血まみれの戦いで戦う際に懸念していたことも、自らの運命に降伏してはならないと信じていたからです。起き上がって戦うことによってあなたの人生を生き、運命に反抗しなければなりません。Kuchiiが非常に難しい戦いをしていること、そしてなぜ彼が仲間の守備陣の間にそのような忠誠心を刺激して、私が彼のインスピレーションの性質にうまく合っているかを感じることができるのは、この激しい感覚です。私が感じたKuchiiの性格は、静かで鈍い元気な元侍から、親切で、理解力があり、インスピレーションを得意とするものへと進化してきた。亡命者から元侍への進化は、対馬の司令官と津島とその国民の救世主になることへの進化は、私がKuchiiの性格について本当に好きだったものでした。私は彼の声優の小野優が本当にKuchiiのキャラクターを描写するのに優れた仕事をしたと感じました。

テルヒ

テルハーはベテラン・セイウウの声で声をあげている。「風のリン」と「ElDLIVE」の名声は、シリーズの主人公のひとりであり、シリーズ内のKuchiiの主な同盟者の一人である。17歳の少女で、大島の支配者の一人の娘であり、ソルクランドの長老である孫基は、島に亡命者とくちイを受け入れ、迎え入れた最初の人のひとりです。当初から、王子であるにもかかわらずテルヒと、島の支配的な一族の唯一の娘は、親切で、同情的で、忠実で、その一族の一員として大きな自尊心を持っていることが分かった。ほとんどの王女とは異なり、テルヒは謙虚で敬意をもってすべてを扱い、その結果島の住民の多くから忠誠心と敬意を払いました。しかしながら、親切で思いやりのあるテルヒは、インテリジェントで知覚的で狡猾な人物でもあり、今後のモンゴルの侵略は助けなしに止めるのが難しい何かになることを初めて知った人の一人でした。そこから生まれる可能性のあるリスクにもかかわらず、追放されます。シリーズの初めに、静かで、穏やかで、決定的で、狡猾であることが示されている間に、これは彼女がこの下に表面上に投影しているものであることがわかります。テルヒは感情的に壊れやすく、戦いを嫌う人です殺すこと、そして来るべき暴風の結果として、彼女の家と彼女の友人については心配している。残念なことに彼女のために真実であることが判明した実現。知的で狡猾であり、今後起こるモンゴルの侵略は、援助なしで止めるのが難しいものになることを最初に認識しており、それによって亡命者の助けを借りて生まれる可能性があるにもかかわらず、シリーズの初めに、静かで、穏やかで、決定的で、狡猾であることが示されている間に、これは彼女がこの下に表面上に投影しているものであることがわかります。テルヒは感情的に壊れやすく、戦いを嫌う人です殺すこと、そして来るべき暴風の結果として、彼女の家と彼女の友人については心配している。残念なことに彼女のために真実であることが判明した実現。知的で狡猾であり、今後起こるモンゴルの侵略は、援助なしで止めるのが難しいものになることを最初に認識しており、それによって亡命者の助けを借りて生まれる可能性があるにもかかわらず、シリーズの初めに、静かで、穏やかで、決定的で、狡猾であることが示されている間に、これは彼女がこの下に表面上に投影しているものであることがわかります。テルヒは感情的に壊れやすく、戦いを嫌う人です殺すこと、そして来るべき暴風の結果として、彼女の家と彼女の友人については心配している。残念なことに彼女のために真実であることが判明した実現。それは彼女が表面上に投影していることだけであることがわかります。テルヒは感情的に壊れやすく、戦いと殺害が嫌な人です。彼女の家と彼女の友人。残念なことに彼女のために真実であることが判明した実現。それは彼女が表面上に投影していることだけであることがわかります。テルヒは感情的に壊れやすく、戦いと殺害が嫌な人です。彼女の家と彼女の友人。残念なことに彼女のために真実であることが判明した実現。

シリーズが進行するにつれて、戦争が徐々に防御側に向かうにつれて、テルヒの個性は徐々に変化し始めた。彼女の一族と島の人々の両方に使用されることが非常に決定されたシリーズの初めには、父親の望みによるテルヒは現場に持ち込むことができませんでした。しかし、彼の死後、藩士としての役割を継承してきたテルヒは、この障壁が取り除かれ、テルヒは現場に立ち寄り、人々を守るために最前線で戦い始めた。シリーズ初めに、姫は姫としての地位のために誇りを持っていると言われていたが、彼女はしばしばKuchiiを引き起こし、守備の努力はより困難になった必要以上に しかしながら、テルヒの重い感情的な報酬を生み出した連続した悲劇の結果、彼女のこの面は徐々に消滅し、効果的に戦う方法を学ぶという決意だけでなく、彼らは自分が価値ある人たちを守ることができるようにしたいのであれば、この脅威だけではもう一度も戦わせることができず、多分それを頑張るよりもむしろ助けを求める時間をとることができます。この後者の点は、彼女がToribaraiの援助を求めようとしているときに表示する謙虚さの中に見られます。

シリーズ開始当初、テルヒとクッチイは、島を害から守るために兵士として亡命者を利用したいとの意向で、かなり緊張した最初の集会を行った。この2つの関係の結果、どちらかというと緊張していたが、シリーズが進行して、武士としてのKuchiiのスキルだけでなく、他の人に影響を与えないという能力にも目を向けていたが、独創的な戦略や戦術テルヒは自分が必要としている人物であることを認識し始めたので、この見方は徐々に変わった。おそらく、枢機卿がKuchiiに意見を変える原因となった中心的な理由の1つは、彼の通常の不気味さと肉体的な態度が、Kuchiiが単なる親切ではなかった誰かのものだったとは違って、めったに見られず、彼女と徐々に結びついた。それと同時に、彼はまた、テルヒがシリーズに戻って彼との戦いに加わることを主張し、彼に目を向けるだけでなく、貴重な洞察を得ることを頼んで、彼女の命令を無視した最初の人々の一人でもあったどのように戦闘が行われ、どのように戦術の効果的な使用は、シリーズが進行するのに役立つと判明した圧倒的な力のスキルに対しても、競技場のレベルを上げることができます。

私が感じたテルヒのキャラクターは、誇り高いが驚くほど壊れやすいプリンセスから、勇敢で決定的なものばかりでなく、彼女の性格の中でも最も謙虚なものへと進化してきた、面白いものでした。Teruhiが殺害と戦闘の最初の恐怖を克服するだけでなく、最前線で戦うことを喜んで意識し、彼女が気にしていることを保護するためにKuchiiから学んだ戦術や教訓を学ぶことは、私が本当にうまくいったものだった完了しました。私は、彼女のセイユリンがテルヒの性格を描写するのに優れた仕事をしたと思った。

AMV

アニメの面では、シリーズ主人公のキャラクターデザインが本当にうまくやっていると感じました。キャストが履いていた衣装は、シリーズが使っていた時間とよくマッチしました。特に、私は、テルヒとその召使い、亡命者や農民が身に着けている貴族や保有者の両方が身に着けていた服装は、彼らが属していた社会階級を定義する良い仕事をしたと感じました。Kuchiiと彼の男性だけでなく、Toribaraiの兵士が着用した戦闘装甲に関して、私は実際にこれらのように示されている装甲の変形を愛しながら、彼らが現場で果たす役割も異なっていることを示しました。両方の派閥が使用している一連の戦術は、シリーズ内では互いに反対の極性を持っています。Kuchiiに引き継がれた鎧とそれに続いて私が感じた主なセットとして順応したものは、その時点でKuchiiがシリーズ内での役割を十分に発揮していたことを示していた。Kuchiiは亡命者ではなく、次の侵略。立地はわかりました。対馬島にはかなりの地形があり、モンゴル軍に対する抵抗を続けながら、見ている間にも効果的な地形になりました。この場所のうち、私はToribaraiとして使われていた城はその城としておそらく私の好きなものだと思っていましたが、大きくて守るのは視覚的にも効果的な防御としても印象的でした。立地はわかりました。対馬島にはかなりの地形があり、モンゴル軍に対する抵抗を続けながら、見ている間にも効果的な地形になりました。この場所のうち、私はToribaraiとして使われていた城はその城としておそらく私の好きなものだと思っていましたが、大きくて守るのは視覚的にも効果的な防御としても印象的でした。立地はわかりました。対馬島にはかなりの地形があり、モンゴル軍に対する抵抗を続けながら、見ている間にも効果的な地形になりました。この場所のうち、私はToribaraiとして使われていた城はその城としておそらく私の好きなものだと思っていましたが、大きくて守るのは視覚的にも効果的な防御としても印象的でした。

アクションと戦争に焦点を当てたアニメとして、アンゴラは戦闘アニメーションを正しく手に入れることができたと同時に、読みやすく理解しやすい戦いを作ることが重要でした。この中で、私はシリーズが比較的うまくいったと感じました。戦闘のアニメーションは比較的スムーズでしたが、私は戦闘シーンが血まみれではなく残酷にもそうであったと感じました。戦場で戦ったときに武士が実際にどの程度足踏みしたかを示す素晴らしい仕事をしました。それが1対1か複数対であろうと、私はアニメ内の戦闘シーンはうまくいっていると思っていたし、侵略者から彼らの愛する人を守るために防御側が戦わなければならなかった絶望的な戦いを見せてくれた素晴らしい仕事をしたシリーズに使用されたユニークなアートスタイルによって大きく助けられました。

音楽の面では、シリーズOSTは、シリーズ内の多くのシーンに優れたサウンドトラックを提供するだけでなく、シリーズ内の多くのバトルシーンにいくつかの緊張感を与えるのに役立ったと感じました。このシリーズでは、StraightenerによるBraverとUpside Downによる両方のオープニングテーマとエンディングテーマを使用していました。声優の面では、小野優とリンの両方がクッチーとテルヒの登場人物を描いた素晴らしい作品でした。また、私はこのレビューの中でそれらをカバーしていなかったが、私はまた、Kano、Amushi、Sana、およびKamaのキャラクターを描いた小松美佳子、堀江俊、原奈子子、小山りかり、

全体的な結論

Angolmois全体は、ユニークな前提、面白い話、巧みにデザインされたキャラクター、よくデザインされた戦い、優れた声優、そして実際にうまくいく複数のテーマの包含という大きな強みで本当に楽しんでいたアニメでした戦争の文脈で

日本のモンゴル侵攻と対馬島侵攻のアンゴルモスの全体的な前提は、このような歴史的出来事がアニメの前提として使われていないため、珍しいものでした。 Angolmoisの前提は、以前の人生がどれほどユニークであったとしても、以前の武士、泥棒、海賊、および不適切な選手のバンドを挿入するための理想的なキャンバスとしての必死の状況として、強力なものになっています彼らが戦ってきた最大の戦いで今まで以上に必要とされている。

私が感じたシリーズの全体的な話は、島の最初の一族を紹介するだけでなく、最初に亡命者を公然と否定する一方、徐々に彼らを尊敬するようになった多くの登場人物を紹介することによって、この強力な前提を活用する素晴らしい仕事でした。島民とモンゴル人との戦争は急速に彼らに逆らった。物語が進むにつれて、二人の派閥間の戦争は、島民と亡命者の間に存在するこの尊重を徐々に拡大していくが、特に老人の中では特に冷たく、傲慢さを持つ人々は徐々に亡命者は最も顕著に追放されます。Kuchiiは侵略者との戦いだけでなく、勝利後に驚くほど勝利を収めます。侵略者たちに大きな打撃を与えている間、両方の派閥が互いに協力することが両者にとって最善の道筋になると信じているように、この行為は島民と亡命者の両方のための優れた基盤としても役立っています。Kuchiiと他の亡命者だけでなく、Teruhiと彼女の仲間は徐々に互いに闘うときに互いを尊重することを学びました。私はそれがうまくいったと感じました。戦争の残酷さに直面しても、友情と同志の結束は、彼らが生き残り、別の日に戦うのを助けるのに大いに役立つでしょう。これは、Kuchiiと彼の同志たちが成功したために、島民と亡命者がお互いに持っていた信頼と尊重に依存した多くの戦いや戦術に最もよく示されています。モンゴル人たちの意図を推測するために実際に役立つさまざまな戦術を大いに活用したと感じました。これらには、両陣営に甚大な被害を及ぼしていた伏兵、夜間暴行、爆薬、銃器、精神武装などが含まれていた。

共通の敵と戦うための戦闘と学習はシリーズの主なテーマですが、このシリーズはまた、人が人間の側面を見ることを可能にする素晴らしい仕事をしたと思いました。その人物が訓練された兵士であるか、侍や単に恐れている人は、彼らが現場に行くために持っているモチベーションの種類、動機の主要な源泉となるもの、そして彼らが何をしているのかを知ることによって、侵略者から彼の友人や家族を守ることを望んでいる最も深刻な恐怖は、野原と野原の両方にあります。私が感じたこの後者の点は、恐怖として面白かったのですが、それを制御できれば無力化することができるのと同じように、あなたはKuchii内の何かをあなたの力の源に変えることができれば、大きなモチベーションの源として使うこともできますシリーズは卓越していました。

Angolmois全体は、歴史的な背景を強く活かした本当に楽しいアニメでした。忘​​れ去られた長い島の孤独な死のために追放された元侍が、モンゴル人は犠牲者や資源の面でモンゴル人にとって高価なものになると考えていたものに簡単に勝利したと思っていたものを回し、武士と武士の力に直面した時、モンゴルの有名な数字でさえも、彼らの家を守ることを意図した決定の島民は、勝利を保証しないかもしれない。最終得点としては、最終スコアが9/10であると言います。

“アンゴルモア 元寇合戦記 海外レビュー” の続きを読む

すのはら荘の管理人さん 海外レビュー

 あらすじ

見た目のせいで男扱いされてこなかった椎名亜樹は、男らしさを身に着けるために、中学校入学を機に一人暮らしを始めることを決意。一人上京し、すのはら荘に入寮する。しかしそこで待っていたのは、いろいろな所が大きくてやわらかい管理人の春原彩花だった。自分を子ども扱いし甘やかす彩花から、一人の男として認めてもらおうと奮闘する亜樹であったが…(ウィキペディアより引用)

             

fb_image

✳以下myanimelistからのレビューになります

“すのはら荘の管理人さん 海外レビュー” の続きを読む

ルパン三世 PART5 海外レビュー

 概要

PART4から2年ぶりとなる本作は、ルパン三世の祖父ルパン一世が活躍した国・フランスが主な舞台となっており、PART4に関わった監督などが中核として引き続き起用されている。また、PART4と同じくアニメ制作をテレコム・アニメーションフィルムが担当している。クレジットは、TVシリーズでは初となる製作委員会表記が用いられている。

シリーズ構成・脚本には大河内一楼が初起用され、設定考証は『Lupin the Thirdシリーズ』にて設定考証を務めた白土晴一が務める。ルパンがデジタルガジェットを駆使して「お宝」を盗み、本作のキーキャラクターにも「天才ハッカー少女」が登場するなど、「デジタル」や「サイバー」が物語の重要な要素になる。また、これまでのシリーズは1話完結が基本だったが、本作はいくつかの中編と1話完結型のエピソードで構成されており、中編では各話のラストで次回への引きが入るクリフハンガー構成になっている。そのため、各中編の冒頭に「EPISODE○○」、最後に「EPISODE○○ Fin」の表記が入る。(ウィキペディアより引用)

22090_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ルパン三世 PART5 海外レビュー” の続きを読む

悪偶-天才人形 海外レビュー

 あらすじ

北京に暮らす16歳のバレエダンサー・愛と町。
愛は前向きな努力家で心優しい少女だが、バレエの才能には恵まれていなかった。
一方の町は美貌と才能を兼ね備えた天才ダンサーで、愛にとっては親友であると同時に、憧れの存在でもある。
そんな町に対して、ときに妬ましさを感じて自己嫌悪に陥る愛だった。
ある朝、愛は小さな本屋で奇妙な本を見かけ、その夜に作者である老人・羅正と出会う。
羅正が言うには、その本『悪偶』を読めば、愛が「持っていないもの」がわかるらしいのだが……。
(ウィキペディアより引用)

登場人物

愛(あい):芝崎典子
町(まち):松井恵理子
羅正(らしょう):高木渉
羅布(らふ):柴崎哲志
エルバト:安元洋貴
李純貞(りじゅんてい):井上喜久子
李白綿(りはくめん):M・A・O
黄鶯鶯(おういんいん):水野理紗
カルリチ:内田彩

agu-thumb-640xauto-33562

 ✳以下myanimelistからのレビューになります

“悪偶-天才人形 海外レビュー” の続きを読む

ちおちゃんの通学路 海外レビュー

 あらすじ

自称「中の下」を行く女子高生のちおちゃんこと三谷裳ちお(みやも ちお)は、自宅から学校まで徒歩通学している。しかしその登校途中には、予期せぬ通行止め、微妙な距離感の同級生との遭遇から、道をふさぐ暴走族など、あらゆる障害が待ち受ける。遅刻せずに無事な登校を目指すちおちゃんであるが、無茶苦茶な打開策を繰り出すことで、悪友・真奈菜ともども、意図せずして更なる珍騒動に巻き込まれることになる。
(ウィキペディアより引用)

ogp

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちおちゃんの通学路 海外レビュー” の続きを読む

殺戮の天使 海外レビュー

 あらすじ

閉ざされたビルの地下の最下層で目を覚ました少女「レイチェル」。
彼女は記憶を失い、自分がどうしてここにいるかさえ分からずにいた。
地上への脱出を目指してビルの中をさまよう中、突如現れたのは、顔を包帯で覆い、死神のような鎌を持った殺人鬼「ザック」だった。
レイチェルは両親に会いに行くため、上のフロアへ上がるため必死に逃げるのだが…。(ウィキペディアより引用)

           

殺戮の天使-1024x538

✳以下myanimelistからのレビューになります

“殺戮の天使 海外レビュー” の続きを読む

天狼 Sirius the Jaeger 海外レビュー

 あらすじ

昭和初期の東京。闇の世界で吸血鬼(ヴァンパイア)を狩るために、吸血鬼狩りのスペシャリスト集団「狩人」が来日する。人狼の血を引き、故郷を滅ぼした吸血鬼に復讐を誓う青年ユーリィは、「天狼の匣」(シリウスのはこ)と呼ばれる聖櫃を巡って、吸血鬼たちが起こす凶悪事件に挑んでいく。
(ウィキペディアより引用)

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

“天狼 Sirius the Jaeger 海外レビュー” の続きを読む

PERSONA5 the Animation 海外レビュー

 あらすじ

物語が始まる数ヶ月ほど前、街では交通事故や工場の爆発、地下鉄の暴走が立て続けに発生していた。

加害者達は突如豹変したかのように事件を起こし、事が終わった後に「なぜそんな事をしたのかわからない」と語っている。世間ではこれを「精神暴走事件」と呼び、人々は恐怖していた。

主人公はある理由により、春から東京の秀尽学園への転入を余儀なくされる。

転入初日、通学途中に出会った同級生の坂本竜司とともに学校へ行くも、着いた先は学校ではなく謎の古城である「パレス」だった。

わけも分からず異形の存在「シャドウ」に追い詰められる中、謎の生き物「モルガナ」と出会い、主人公は「ペルソナ能力」に目覚め、シャドウを撃退する。

その後、竜司やクラスメイトである高巻杏達を虐げる教師・鴨志田を改心させたことをきっかけに主人公達は怪盗団を結成し、世間の悪人達の「改心」を始める。(ウィキペディアより引用)

登場人物
心の怪盗団
ジョーカー / 主人公(デフォルト名なし) 声 – 福山潤
スカル / 坂本 竜司(さかもと りゅうじ)声 – 宮野真守
パンサー / 高巻 杏(たかまき あん)声 – 水樹奈々
モナ / モルガナ 声 – 大谷育江
フォックス / 喜多川 祐介(きたがわ ゆうすけ)声 – 杉田智和
クイーン / 新島 真(にいじま まこと)声 – 佐藤利奈
ナビ / 佐倉 双葉(さくら ふたば)声 – 悠木碧
ノワール / 奥村 春(おくむら はる)声 – 戸松遥
クロウ / 明智 吾郎(あけち ごろう)声 – 保志総一朗

心の怪盗団の関係者
イゴール 声 – 津嘉山正種
カロリーヌとジュスティーヌ 声 – 豊崎愛生

サブキャラクター
佐倉 惣治郎(さくら そうじろう) 声 – 中田譲治
岩井 宗久(いわい むねひさ)声 – 江川央生
武見 妙(たけみ たえ)声 – 斉藤佑圭
川上 貞代(かわかみ さだよ)声 – 渕上舞
御船 千早(みふね ちはや)声 – 松来未祐
東郷 一二三(とうごう ひふみ)声 – 磯村知美
織田 信也(おだ しんや)声 – 金田アキ
大宅 一子(おおや いちこ)声 – 内山夕実
三島 由輝(みしま ゆうき)声 – 阪口大助
吉田 寅之助(よしだ とらのすけ)声 – 野田圭一
新島 冴(にいじま さえ)声 – 甲斐田裕子

1523142391653

✳以下myanimelistからのレビューになります

“PERSONA5 the Animation 海外レビュー” の続きを読む

はたらく細胞 海外レビュー

 あらすじ

ここは、とある「ヒト」の体内。新米の赤血球「AE3803」は、肺へ二酸化炭素を運搬しなければならなかったが、迷子となる。そこへ床(血管内皮細胞)を突き破り、肺炎球菌が出現する。街(体内)を襲い始める菌に白血球が駆けつけ駆除するのであった。(ウィキペディアより引用)

hatarakusaibo_00

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はたらく細胞 海外レビュー” の続きを読む

七星のスバル 海外レビュー

 あらすじ

世界的人気のあったMMORPG、「ユニオン」において伝説となったスバルという小学生のパーティがあった。とある死亡事故を契機として「ユニオン」はそのサービスを終了したことから、スバルのメンバーは散り散りになってしまう。しかし、その6年後スバルのメンバーであった天羽陽翔が「リユニオン」にログインした際に死んだはずの幼なじみである、空閑旭姫と再会する。(ウィキペディアより引用)

maxresdefault

✳以下myanimelistからのレビューになります

“七星のスバル 海外レビュー” の続きを読む

中間管理録トネガワ 海外レビュー

 あらすじ

消費者金融を主体とする日本最大級のコンツェルン、帝愛グループの兵藤会長の退屈を紛らわす余興を企画するため、最高幹部の利根川は部下の11人の黒服を集め「チーム利根川」を結成。会長の横やり、部下からの信用失墜の危機、病気、部下の失態、計算外のアクシデントに悩みながらも、プロジェクト遂行へ向け奮闘してゆく。
(ウィキペディアより引用)

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

“中間管理録トネガワ 海外レビュー” の続きを読む

はるかなレシーブ 海外レビュー

 あらすじ

従姉妹の比嘉かなたの家に同居するため、東京から沖縄へと引っ越してきた大空遥は、家の前の海岸でビーチバレーの試合のための練習をしていた遠井成美らと知り合い、ビーチバレーに興味を抱く。ところが遥は不用意な言葉で成美を怒らせてしまい、過去にかなたと成美がペアを組んでビーチバレーの選手をしていたものの、かなたの挫折により気まずい間柄になっていたという事情を知る。険悪な空気をビーチバレーの勝負で解決することになったことをきっかけに、遥はかなたとペアを組み、競技としてのビーチバレーに向き合っていくことになる。

遥は転校先の沖縄の女子高校で、かなたと共に部活動としてビーチバレーをすることとなり、ビーチバレー部の部員や、部として参加した試合の対戦相手と親交を築いていく。また、一度はビーチバレーを諦めようとしたかなたも、ビーチバレーの初心者である遥に色々教えるうち、自分の道を模索し、過去のビーチバレー仲間たちとの関係を取り戻していく。(ウィキペディアより引用)

22224_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はるかなレシーブ 海外レビュー” の続きを読む

はねバド! 海外レビュー

 あらすじ

神奈川県にある北小町高校バドミントン部、ここで新たにコーチを受け持つことになった立花健太郎だが、練習が厳しすぎると部員が続々とやめていき、新主将となった荒垣なぎさも彼に反抗的で部は分裂寸前、大会出場の頭数も足らないほど窮地に立たされていた。

そんなとき、立花はふと、羽咲綾乃という新1年生に出会う。一見気弱で華奢な彼女だが、軽々と木を駆け上るほどの運動神経の持ち主で、左手にはバドミントンの経験者らしきマメもあった。そこで、彼は羽咲を部員にしようと画策するが、彼女から絶対に嫌だと拒絶される。そんな時、なぎさは羽咲の姿を見て動揺する。実は、全日本ジュニア選手権で彼女は綾乃と名乗る人物に、スコンク(シャットアウト負けのこと)で惨敗しており、そのときの恐怖が思い起こされたからだった。(ウィキペディアより引用)

                    

22263_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はねバド! 海外レビュー” の続きを読む

あそびあそばせ 海外レビュー

 概要

あそびあそばせ』は、涼川りんによる日本の漫画作品。白泉社の漫画雑誌『ヤングアニマル嵐』2015年6号に読み切り作品として掲載後[1]、白泉社のWebコミック配信サイト『ヤングアニマルDensi』にて2015年6月26日より連載を開始。 第30話からは同社の『ヤングアニマル』に移籍して、2016年23号から連載中。

さまざまな遊びに興じる「遊び人研究会」(通称あそ研)で活動する3人の女子中学生たちの日常を描いたギャグ漫画。作品コンセプトは「美少女×お遊戯コメディ」。可愛らしい絵柄とそこからことごとく離れた顔芸やシュールギャグが特徴で、単行本発売後、Twitterの口コミで人気が沸騰し、緊急重版が決定するなど話題を呼んだ。
(ウィキペディアより引用)

1c5b55a6

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あそびあそばせ 海外レビュー” の続きを読む

ISLAND 海外レビュー

 あらすじ

本土から離れた南の島「浦島」。この島には風土病の「煤紋病」があり、過去の事件などにより本土とは確執があった。ある日、未来から来たという青年が流れつき、浦島御三家の少女たちと出会い、未来を変えるために奮闘することになる。(ウィキペディアより引用)

ogp

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ISLAND 海外レビュー” の続きを読む

BANANA FISH 海外レビュー

 あらすじ

1973年ベトナム戦争の最中、アメリカ軍兵士グリフィン・カーレンリースが突然、同じ分隊の兵士たちに自動小銃を乱射して死傷させる。その場に居合わせたマックス・ロボは彼の足を狙撃し取り押さえる。そのとき、グリフィンは「バナナ・フィッシュ」という謎の言葉をつぶやく。(ウィキペディアより引用)

main

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BANANA FISH 海外レビュー” の続きを読む

音楽少女 海外レビュー

 あらすじ

海外で生まれ育った山田木はなこは音楽家の両親と来日。降り立った空港でアイドルグループ「音楽少女」のプロデューサー池橋大輝に声をかけられる。ちょうど空港でメンバーオーディションを行っていた経緯から、出会ったメンバー同士との掛け合いや、容姿・ダンスのセンスに恵まれたはなこに新メンバーとして期待がかかる。ところが、いざオーディションを行うと壊滅的に歌が下手なことが判明。その後、大輝の知り合いでもある両親の立ち会いの元、アイドルを応援したいはなこは音楽少女のスタッフという形でサポートを行うことになる。
(ウィキペディアより引用)

22252_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“音楽少女 海外レビュー” の続きを読む

HUGっと!プリキュア 海外レビュー

 あらすじ

「超イケてる大人のお姉さん」になることを目指す主人公・野乃はなはラヴェニール学園に転入を控えた中学2年生。転校当日、前髪を切りすぎたり遅刻したりと大失敗し「めちょっく!」に陥る。しかしめげずに「フレフレわたし!」と鼓舞し学校を散策していると赤ちゃんの声が聞こえ、その方向へ向かうと2人の少女と出会い顔見知りになる。その夜はながベランダに出ると再び赤ちゃんの声が聞こえ、次の瞬間空から女の子の赤ちゃんが降ってくる。はなは驚愕するが彼女の笑顔を見てメロメロになり、そして彼女を「はぐたん」と名付ける。そしてはぐたんと一緒に来たハムスターみたいなハリハム・ハリーが「これはお前の未来のため!」とはなに謎のメッセージを伝える。後日、クライアス社と呼ばれる謎の組織の幹部・チャラリートがはぐたんが持っているミライクリスタルを狙って現れ、そして怪物・オシマイダーを使役して襲ってきた。はなは「はぐたんを守る!」と決心し、それがミライクリスタル・ピンクの誕生と変身アイテム・プリハートを引き寄せた。はなはそれらを用いて「元気のプリキュア」キュアエールに覚醒し、それを見て「キュアエール…、はなやかな格好でめっちゃイケてる!」と自身の格好にはな高々。そしてオシマイダーを撃破しチャラリートを退却させる。戦闘後ハリーははなに「クライアス社はオレらの世界を壊滅させた悪の組織。そしてアスパワワとミライクリスタルを狙っており、それらが奪われると未来がなくなってしまう。それを守れるのが4人のプリキュアだ!」と経緯を説明する。それを聞いたはなはプリキュアとして戦うことと仲間を探すことを決める。(ウィキペディアより引用)

_SY355_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“HUGっと!プリキュア 海外レビュー” の続きを読む

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 海外レビュー

   あらすじ

「クロスレヴェリ」というMMORPGにて、魔王と恐れられていたディアヴロ。

ある日、眠りから覚めるとそこは見慣れない場所・・・そしていきなり2人の女の子にキスをされ―――

最強だけど絶望的にコミュニケーションが苦手なディアヴロによる異世界生活が始まる。
(ウィキペディアより引用)

 登場人物

ディアヴロ 声 – 水中雅章
シェラ・L・グリーンウッド 声 – 芹澤優
レム・ガレウ 声 – 和氣あず未

 辺境都市ファルトラ

セレスティーヌ・ボードレール 声 – 千本木彩花
シルヴィ 声 – 大久保瑠美
ガラク 声 – 内匠靖明
メイ 声 – 森嶋優花

 魔族  

クレブスクルム 声 – 種﨑敦美
エデルガルト 声 – 加藤英美里

王都セヴンウォール

アリシア・クリステラ 声 – 原由実

                  

isekaimaou_20180615_mainttl

✳以下myanimelistからのレビューになります

“異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 海外レビュー” の続きを読む

ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王 海外レビュー

 あらすじ

2030年の東京で高周波の共鳴音と赤い霧が発生し、その音を聞いた生物すべてが気絶する「大共鳴」という現象が発生した。これにより東京は首都機能を喪失したため、大阪が一時的な首都となった。また、この現象は正体不明のウイルスによるものだとされ、被害拡大防止のため、東京は封鎖される。

「大共鳴」から6日後、東京の人々は意識を取り戻すが、様々な怪奇現象が発生するようになった。同じころ、東京の若者たちは「英血の器」という謎の能力に目覚めていき、大学生・神名千尋もそのひとりとして数奇な運命に巻き込まれていくのであった。(ウィキペディアより引用)

DZH3I0hVMAA8qNF

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王 海外レビュー” の続きを読む