プピポー! 海外レビュー

あらすじ

若葉は生まれつき“人には見えないモノ”が見えてしまう体質。そのせいで、家族・クラスメイトと馴染めない日々が続いていた。そんなある日、道端で「プピポー!」と叫ぶ、謎のピンクのフカフカ生物を拾ったその日から、彼女の日常は変化していく。
2013年12月20日 – 2014年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プピポー! 海外レビュー” の続きを読む

ミス・モノクローム The Animation 海外レビュー

あらすじ

アンドロイド(ガイノイド)であるミス・モノクロームは、無機質で大きな城に住んでいた。そんなある日、テレビに映るKIKUKOの姿を見て「もっと前に出たい」という思いから、KIKUKOのようなアイドルを目指そうと努力を始めた。しかしスケジュールは真っ白、世話人のマナもミス・モノクロームの全財産を持って失踪してしまう。城を追われ、路頭に迷ったミス・モノクロームはひょんなことからマネオと出会い、アルバイトを始めることにした。
ミス・モノクロームは、トップアイドルになるために、今日も周囲を巻き込みながら活動する。
設定や台詞には過去のヒット曲や映画のほか、他のアニメなどのネタも随所に見ることができる。また各登場人物が過去のエピソードに言及されそうになると、「そのお話はまた別の機会に」というナレーションで締められることが多いが、これらについて伏線が回収されている事は今のところ無い。
作中にはよく「4696」という数字が用いられているが、これは「シロクロ」に由来している。
第1期:2013年10月1日 – 12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ミス・モノクローム The Animation 海外レビュー” の続きを読む

殺し屋さん The hired gun 海外レビュー

概要

台湾およびスペインでも刊行されているが、日本語の駄洒落や言葉遊びが落ちになっている話が多いため、外国語版はいずれも欄外が注釈だらけとなっている。
コミックス第4巻のあとがきにて、連載開始からしばらく経って、「4コマ漫画、4ページ掲載、全4巻、連載期間4年」と「4」にまつわる漫画になるのかと思っていたが、実際は4コマ以外のコマ数がある上にすでに5年経過、そもそも最初の漫画も1コマだと述懐しており、隣のおまけ漫画で殺し屋から「なんで5巻目に入ってるんですか」とツッコミを受けている。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“殺し屋さん The hired gun 海外レビュー” の続きを読む

ガリレイドンナ 海外レビュー

あらすじ

西暦2061年。地球温暖化が騒がれたのは過去のこととなり、氷河期の初期環境が訪れている近未来。イタリアのトスカーナに住む、ガリレオ・ガリレイの子孫・フェラーリ三姉妹の三女の星月・フェラーリは謎の飛行艇に追われていた。それと同時に、次女の神月・フェラーリ、長女の葉月・フェラーリも怪しい人物の襲撃を受けるが、辛くも難を逃れる。それまで別居状態だった三姉妹は、警察署にて母のシルヴィア・フェラーリや父の夏至生・フェラーリと久しぶりに顔を合わせる。
5人は夏至生の自宅へ一度戻るが、ガリレオの遺産を狙うシシーニョが率いる空賊ブラック・ガニメデ団に襲撃され、窮地に立たされる。しかし、星月は密かに建造していた金魚型の飛行艇「ガリレオ号」[注 1]を起動させ、ブラック・ガニメデ団を迎撃する。その後、ガリレオマニアのアンナ・ヘンドリックスに助けられた星月を除き、4人はロベルト・マテラッツィらアドニムーン・カンパニーの息がかかった警察に監禁される。一同はガリレオの遺産の在り処を聞き出そうとするが、4人は誰も覚えがない。シルヴィアがアドニムーン社長のフランチェスコ・マテラッツィのところへ連行されていく一方、星月はパワードスーツで警察署を強襲し、葉月、神月、夏至生を救出する。夏至生が囮として残る中、三姉妹とアンナはガリレオ号で脱出するが、メタンハイドレート集積所を襲ったという濡れ衣を着せられ、三姉妹は国際指名手配犯となってしまう。
2013年10月10日 – 12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガリレイドンナ 海外レビュー” の続きを読む

アラタカンガタリ 革神語 海外レビュー

概要

主に少女漫画誌で執筆している渡瀬にとって初めての少年漫画誌での連載。異世界へと迷い込み、重大な使命を負うことになった少年の成長を描く。“天和国”(アマワクニ)と、現代の日本の2つの世界で、革とアラタ、2人の少年を中心に展開する。
連載スタート時の特筆すべき点として『サンデー』での連載予告・2008年44号の表紙・次号の予告、これらすべてに準主人公のアラタを使い、メイン主人公となる革の存在を伏せていた。革は第1話巻頭カラーの表紙にアラタとコトハの後ろに描かれたのみで、本格的な登場は第2話となる。アラタを主人公に見せる手法を使って連載が始まった。
作者によるとこの作品の制作は連載開始の数年前から決定していたと述べているが、体調不良や他作品の連載のため2008年まで発表されなかった。本作に取り掛かったため渡瀬の同時連載作品は3本になったが、季刊作品の『ふしぎ遊戯 玄武開伝』の休載などで調整を取っている(その後、2013年に完結している)。スケジュールがきついことを承知で描いているのは「執筆と発表にはタイミングがあり、どれも今でしか描けないから」とコメントしている。
2013年4月 – 7月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アラタカンガタリ 革神語 海外レビュー” の続きを読む

超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION 海外レビュー

あらすじ

四人の守護女神達によって守護されている、異世界「ゲイムギョウ界」。しかし、世界を守護する筈の守護女神達は何千年にも渡った争いを続けており、下界は先代守護女神「マジェコンヌ」によってモンスターが溢れかえっていた。
争いの中、守護女神の一人「ネプテューヌ」は下界へと落とされ記憶を失ってしまうが、その時に世界を創造した司書「イストワール」の声を聞く。封印されしイストワールを救い出し、ゲイムギョウ界を救うため、ネプテューヌは自分を介抱してくれたコンパと、ダンジョンで偶然出会ったアイエフと共に下界の四大陸を旅するのであった。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

Free!  海外レビュー

あらすじ

七瀬遙、橘真琴、葉月渚は小学生時代通っていたスイミングクラブが取り壊されると聞き、タイムカプセルで埋めた優勝トロフィーを掘り起こそうと夜中に侵入し、そこで同じクラブだった松岡凛と再会する。しかし凛は昔と違い冷淡な態度を取る。
再会をきっかけに渚の提案で岩鳶高校水泳部を創部、陸上部から勧誘した竜ヶ崎怜と、凛の妹の松岡江をマネージャーに加え大会出場を目指す。真琴からその話を聞き、水泳に挫折していた凛も鮫柄学園の水泳部に入部する。
迎えた県大会予選、個人戦フリーで凛が勝利、遙は予選落ちした。個人戦では全員予選落ちだった岩鳶高校水泳部は、翌日のリレーではトップでゴール、地方大会へ進む。
第1期:2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Free!  海外レビュー” の続きを読む

蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ   海外レビュー

あらすじ

西暦2039年、温暖化の影響により地上での版図を大きく失った人類の前に、突如として世界各地へ霧と共に、第二次世界大戦時の軍艦を模した正体不明の大艦隊が出現。現代の科学力をはるかに超える超兵器と、独自の意思を持ち乗員なくして動く“霧”の艦隊と名づけられたその勢力により、人類はほぼ海上から駆逐された。シーレーンも、海を隔てた長距離通信も絶たれ、人類は各地に孤立する。事態の打開策も見出せぬまま、経済活動や政治・軍事の混迷により人類同士での内乱も生じ、衰退への道を転がり落ちていった。
“霧”の艦隊の出現から17年後の西暦2056年、元士官候補生の千早群像とその仲間達は潜水艦イ401に乗り込み、人類にも“霧”の艦隊にも与せず独自の航路を採っていた。彼らの存在は双方の勢力から危険視される。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ   海外レビュー” の続きを読む

絶対防衛レヴィアタン 海外レビュー

世界観

舞台は水と緑の惑星アクアフォール。「要と成りし柱あり、七拾と弐、星の礎を支う。要を守りし神、七拾と弐あり、その姿、幻の様なり。」と語られる神が存在し、七種族の生命体が暮らしている。宇宙から飛来する隕石から出現した侵略者「ルーカサイト」から、アクアフォールを守っていく物語。
2013年4月6日 – 7月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“絶対防衛レヴィアタン 海外レビュー” の続きを読む

ワルキューレ ロマンツェ 海外レビュー

あらすじ

ーロッパのとある大きな街・ヘレンズヒル。その街には、華麗かつ勇壮な戦いで観衆を魅了する馬上槍試合の一騎討ち「ジョスト」の名門校・ウィンフォード学園が存在する。数多くの有名な騎士とベグライター(騎士補佐)を輩出してきたその学園で、水野貴弘は馬の世話をしながら退屈な日々を送っていた。
かつて天才騎士として名を馳せていた貴弘は自らの力を試すためにウィンフォード学園へ留学したが、大会の決勝戦で重傷を負い、その時の怪我による後遺症が元で力を発揮できなくなって引退を余儀なくされ、ベグライターを専攻していた。しかし、今年は出会った様々な少女騎士たちを支えたいという意志からベグライターとして強い決意を持ち、そのうちの1人と共に大会の優勝を目指すこととなる。こうして、元騎士のベグライターと少女騎士たちによる、熱く長い「ジョスト」の戦いの日々が始まるのだった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ワルキューレ ロマンツェ 海外レビュー” の続きを読む

世界でいちばん強くなりたい!  海外レビュー

あらすじ

2011年、国民的人気を誇るアイドルグループ「Sweet Diva」の頂点たるセンターボーカルを決める「国民投票」の栄冠は、今回も萩原さくらの頭上に輝いた。またも2番手となった宮澤エレナは、仲の良いさくらの栄誉を祝いつつも、ライバルとして複雑な気持ちを抱いていた。そんなときマネージャーから、女子プロレス団体「ベルセルク」への取材の仕事が舞い込んだ。さくらが手を挙げるのを見たエレナは、これ以上の差をつけられまいと、自らも参加を申し出た。
取材当日、エレナがリングでふざけているところを、ベルセルクの実力派レスラー・風間璃緒に見咎められてしまう。柔軟体操中のエレナの発言に璃緒が絡んだことを契機にエレナは璃緒の技を受けることになり、さくらに対する意地で無理をした結果、足を傷めてしまう。エレナを怪我させられ、アイドルをバカにされたことに怒るさくらはテレビカメラの前で璃緒への挑戦を宣言し、プロレスラーへの道を歩み始めるのであった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“世界でいちばん強くなりたい!  海外レビュー” の続きを読む

ALTER MEMORY 海外レビュー

あらすじ

人類は、未だかつてない試練の刻を迎えていた。
突如日本に出現した巨大な怪物『黒き獣』。 その圧倒的な災厄を前に、世界の国々は既に壊滅状態にあった日本への反応兵器による攻撃を決断するが 個体への効果は一切認められず、ついにはユーラシア大陸への上陸を許してしまう。 これが後に『暗黒大戦』と呼ばれる、人類史上最大となる戦いの始まりであった。
あらゆる通常兵器を無力化する黒き獣に対し、抗う術を持ち合わせていなかった人類。 その一方的な蹂躙はやがて世界中に広がり、人々は、いつどこに現れるかも分からない怪物に 怯えて暮らす生活を強いられていた。 しかし、そんな人類の前に六人の英傑『六英雄』が姿を現した事で、状況は一変する。
六英雄のひとり、大魔道士ナインが生み出した『術式』によって、 黒き獣への有効な対抗手段を得た人類は、間もなく反撃を開始。 激しい戦いの末、遂には黒き獣を打ち倒す事に成功したのだった。 この時点で、黒き獣が日本に出現してから実に十年近い月日が流れていた。
2013年10月8日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ALTER MEMORY 海外レビュー” の続きを読む

魔界王子 devils and realist 海外レビュー

あらすじ

時は19世紀末のイギリス。貴族の子息・ウイリアムは後見人である叔父が事業に失敗したことから、財産を失ってしまう。「学費未納で退学」という最悪の事態を防ぐため、金目の物を探しに屋敷の地下室に入ると、そこには魔法陣があった。そこで彼は意図しないうちに悪魔・ダンタリオンを召喚してしまう。ダンタリオンはウイリアムに言う。「おまえはソロモン王の血を引く選定公であり、魔界の代理王を選ぶ権利がある」と。「代理王候補」を名乗るダンタリオン、そして同じく候補のシトリー、カミオが現れ、ウイリアムと悪魔達の騒がしい日常がこうして始まった。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔界王子 devils and realist 海外レビュー” の続きを読む

義風堂々!! 兼続と慶次 海外レビュー

概要

義風堂々!!直江兼続シリーズは『花の慶次』のスピンアウト作品にあたる。同作で作画を担当した原が描き切れていなかったと語る前田慶次の莫逆の友・直江兼続の物語で、当時の担当編集者の堀江にアイディアをもらいつつ共同原作の形態を取って誕生した。隠棲した慶次が語り手として若き日の兼続(樋口与六)のことを回想する、という形式を取っている。
義風堂々!!シリーズとしては主人公を変えた『義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛-』がある。
2013年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“義風堂々!! 兼続と慶次 海外レビュー” の続きを読む

ムシブギョー 海外レビュー

あらすじ

江戸時代、将軍・徳川吉宗の命により設置された目安箱に寄せられた庶民の声を受けて、「新中町奉行所」(通称蟲奉行所)が新設される。その役目は江戸に跋扈する巨大蟲を駆除すること。享保16年、「死ぬまで勝ち続ける武士」を目指す月島仁兵衛は父月島源十郎の代わりとして市中見廻り組与力松ノ原小鳥の勧誘を受け、新米同心として巨大蟲から江戸を守るため、先輩の同心である「塵外刀」を武器に持つ猛者無涯、発破を用いるくノ一火鉢、凄まじい剣の腕を誇る大罪人恋川春菊、式神を操る少年陰陽師一乃谷天間と共に戦うこととなる。
2013年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ムシブギョー 海外レビュー” の続きを読む

デート・ア・ライブ 海外レビュー

あらすじ

謎の生命体・精霊の出現により起こる大災害・空間震が発生するようになって、約30年が経った世界。
妹と2人暮らしの高校生・五河 士道は、人間に絶望する精霊と出会う。そして、妹・琴里から、自分が精霊と交渉して、世界と精霊両方を救うことのできる存在であることを知らされる。しかし、その方法は「精霊とデートして、デレさせる」というものだった。
妹の理不尽な訓練の末、再び精霊の少女と出会った士道は彼女に十香という名をつける。
そして、士道は、様々な精霊たちとの”デート”を繰り返していく中で、自らの出自、さらには精霊という存在の詳細、それを取り巻く陰謀を知ることになる。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デート・ア・ライブ 海外レビュー” の続きを読む

大人女子のアニメタイム 海外レビュー

概要

主に30代・40代の女性をターゲットに、直木三十五賞(直木賞)を受賞している女性作家の短編小説をアニメ化したもの。女性の主人公役の声は有名女優が務めている。
2011年に総合テレビで第1作『川面を滑る風』を放送した後、2013年にはBSプレミアムにて第2弾の3作が放送される。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“大人女子のアニメタイム 海外レビュー” の続きを読む

カーニヴァル 海外レビュー

あらすじ

とある腕輪を頼りに「嘉禄」(カロク)という人物を探す主人公の无(ナイ)は、旅の途中でミネという女の屋敷に捕えられる。その際、屋敷に窃盗に入っていた少年、花礫(ガレキ)に助けられた无は、「嘉禄の腕輪」を譲ることを条件に、花礫と行動を共にすることになる。ミネが言うところによると、その腕輪は、国家防衛機関「輪」(サーカス)の身分証であるらしい。嘉禄が輪の人間であると踏んだ花礫は无を連れ、輪との接触を試みた結果、彼らの艇に案内されることになる。しかし突如、不思議な能力を持つ者が无を狙って攻撃を仕掛けてくる。何とか敵を退け安堵したのも束の間、无の身体に異変が起こる。そして輪の身体検査によって、无は人間ではなく『ニジ』という動物を元に作られた特異な存在であると判明する。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カーニヴァル 海外レビュー” の続きを読む

断裁分離のクライムエッジ 海外レビュー

あらすじ

女性の髪を切ることが大好きな中学生の少年・灰村切は、ある日の帰宅時に偶然立ち寄った洋館で、長く美しい黒髪を持つ少女・武者小路祝と出会う。祝の髪はどんなことをしても切れない、呪われた髪だった。だが、切がお守りとして携帯する鋏で切ったことで、殺害遺品(キリンググッズ)を巡る殺人ゲームに巻き込まれてゆく。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“断裁分離のクライムエッジ 海外レビュー” の続きを読む

ささみさん@がんばらない 海外レビュー

概要

引きこもりの「ささみさん」と奴隷体質の「お兄ちゃん」のささやかな生活に降りかかる、八百万の神々による怪奇現象。そして、個性あふれる「邪神三姉妹」とのありえないラブコメ。そんな日常系として描かれる非日常の物語。
第1巻では、アマテラス・ヤマタノオロチ・ニニギノミコトなど、日本神話に関する(神話上の)実話と創作を織り交ぜたストーリーが展開されるが、5巻以降はギリシア神話・インド神話・クトゥルフ神話など、世界の神話も題材としたストーリーが繰り広げられる。
2013年1月10日 – 3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ささみさん@がんばらない 海外レビュー” の続きを読む

戦勇。 海外レビュー

あらすじ

平和だった世界に突如穴が開き、そこから魔物が現れた。国王はその討伐に1000年前に魔王ルキメデスを封印した勇者クレアシオンの子孫と思われる者を呼び寄せる。しかし誰が子孫かわからないため多数の者を集め、勇者の称号を与えて旅立たせた。
そのうちの1人アルバはお供の王宮戦士ロスと旅を始めるが、その途中で3代目魔王を名乗る少女ルキと出会う。
第1期:2013年1月 – 4月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦勇。 海外レビュー” の続きを読む

幕末義人伝 浪漫 海外レビュー

概要

『ルパン三世』などの作品で知られるモンキー・パンチの作画によるオリジナルストーリーをベースにしたパチンコ機である。「元禄十二刻システム」と題して12種類の演出モードと12種類のスーパーリーチを搭載し、スーパーリーチがハズレても小当たりか出玉なしの大当たりを経由してのモード移行に期待できる。
2013年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“幕末義人伝 浪漫 海外レビュー” の続きを読む

ドキドキ!プリキュア 海外レビュー

あらすじ

地球とは別の世界に存在するトランプ王国。そこの国民は心優しい王女マリー・アンジュのもとで平和に暮らし、また彼女を守護する「勇気の刃」キュアソードの歌声に魅了されていた。ところが、突然謎の勢力ジコチューと同名の怪物がトランプ王国を侵攻し、アンジュとキュアソードも力を尽くすが、それも叶わずトランプ王国は滅亡してしまう。
一方そのころ地球では、大貝町にある大貝第一中学校の生徒会長を務める相田マナが社会科見学で東京クローバータワーへ赴いており、先生の代わりに生徒たちを引率していた。マナは好奇心旺盛で他人の干渉に出しゃばる性格であり、生徒会書記を務める幼なじみの菱川六花からは「愛をふりまきすぎの『しあわせの王子』」と揶揄されている。マナと六花がタワーを散策中、偶然アイドル歌手の剣崎真琴(愛称「まこぴー」)を見つける。大ファンのマナはすぐさま駆けつけ、そこで真琴が落としたリボンを拾い彼女に手渡す。
2013年2月3日 – 2014年1月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドキドキ!プリキュア 海外レビュー” の続きを読む

石田とあさくら 海外レビュー

登場人物

あさくら
天然パーマの髪と顎の長い顔が特徴の男子高校生でこの作品の主人公。会話の際には最後の一語をやや間を置いてから話すクセがある。石田や山田から想いを寄せられるが、おっぱいのことしか興味がない。将来は女子校の先生になるのが夢。

石田(いしだ)
あさくらのクラスメイトの男子で、もうひとりの主人公。額がM字型の坊主頭が特徴。あさくらとは小学校からの幼馴染で、彼のことが好き。夢はあさくらと一緒に花屋を経営すること。
2013年1月6日 – 2013年3月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“石田とあさくら 海外レビュー” の続きを読む

キューティクル探偵因幡 海外レビュー

あらすじ

毛に異様な執着を見せる狼男の因幡洋は人工授精により産まれた秘密警察犬(シークレットドーベルマン)である。警察犬として働いていた洋だが、行方不明となった弟を探すために私立探偵となり、助手の野崎圭や佐々木優太と共に探偵として活動する。そんなある日、元相棒の荻野邦治警部からイタリアから日本に拠点を移した世界的なマフィアの首領ヴァレンティーノの逮捕を依頼される。マフィアの高貴な毛を期待してアジトに乗り込む洋だったが、そこにいたヴァレンティーノは明らかにヤギ。結局、ヴァレンティーノに逃げられた洋たちだが、その後も彼らの起こす犯罪に立ち向かい、対するヴァレンティーノも狼を憎み何かと洋に嫌がらせを行う。そんな攻防戦を繰り広げる中、洋は探していた弟・遥と再会する。しかし遥は日本警察転覆を企むテロリスト組織・野羅の一員となっていた。
2013年1月4日 – 3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キューティクル探偵因幡 海外レビュー” の続きを読む

AMNESIA 海外レビュー

あらすじ

ある日――突如として見知らぬカフェで目を覚ました主人公。
心配そうに声をかけてくれる人々の顔を、彼女は誰一人知らなかった。
そして眼前に突然現れた精霊・オリオンから、自分が8月1日以前の記憶を全て失ってしまったことを告げられる。
失った記憶を巡り、今彼女の新たな物語の幕があがる――
2013年1月 – 3月迄放送(公式サイトより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AMNESIA 海外レビュー” の続きを読む

AKB0048 海外レビュー

あらすじ

21世紀初頭、人類は自らが起こした世界大戦で大ダメージを受け、地球外へ脱出して銀河系の星々での生活を始めた。それからまもなく人類が新たな星暦00年をもって新たな歴史を始めた直後、芸能禁止法が施行される。その施行下ではあらゆる芸能活動が禁じられ、アイドルは絶滅したと思われた。しかしそんな中、世界大戦中に人々に愛を送り続け歌い続けたAKB48を襲名する非合法アイドルAKB0048が誕生した。オタクの聖地・秋葉原だけは芸能絶対防衛圏となり、唯一芸能活動を行える場所となった。
第1期:2012年4月 – 7月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AKB0048 海外レビュー” の続きを読む

ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー 海外レビュー

概要

倉持南高校漫画研究部に所属する4人の女子高生の「不毛な日常」を描く4コマ漫画。単行本第1巻の紹介に「常識に縛られない4コマ。」とある通り常識が通用せず、奇想天外で荒唐無稽、時には狂気的、病的なまでのシュールな展開が特徴で、2011年4月放送のテレビ番組「人志松本の○○な話」において4コマ漫画に詳しい芸人・向清太朗により“今の時代には早すぎる漫画”との意味で「未来の4コマ漫画」と評され、注目された。4コマ15本で1話を構成するが、全話を一貫する物語性は無い。公式サイトでは第1話から第3話までと最新2話が公開されている。
第1期:2013年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー 海外レビュー” の続きを読む

ブラッドラッド 海外レビュー

あらすじ

東魔界でナワバリボスをしているオタクな吸血鬼・スタズのもとへ、ある日、人間の女子高生・柳冬実が紛れ込んでくる。戸惑いながらにも冬実に会ったスタズは、自分の中から湧いてくる気持ちを整理出来ずにいた。しかし束の間、冬実はナワバリ破りに来た魔物に喰われ、幽霊となってしまう。スタズは自分の気持ちの整理のためにも、彼女を生き返らせようと「血意」する。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=z3nBgIb_7XU(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=oPCnSREylrg(公式)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ブラッドラッド 海外レビュー” の続きを読む

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 海外レビュー

あらすじ

世界に飽きていた逆廻十六夜(さかまき いざよい)に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を開けた瞬間――完全無欠な異世界にいました! そこには猫を連れた無口な少女・春日部耀(かすかべ よう)と、高飛車なお嬢さまの久遠飛鳥(くどう あすか)、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。彼女が箱庭世界のルールを説明しようとしたら「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!? そんなこと黒ウサギは頼んでないのですがっ!! 弱小コミュニティ“ノーネーム”再建のため、3人の問題児たちが魔王に挑む!
2013年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Gx2ZFyuEo-s(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“問題児たちが異世界から来るそうですよ? 海外レビュー” の続きを読む

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 海外レビュー

あらすじ

ラウル・チェイサーは、幼い頃からひたすら勇者を目指して努力を重ね、全国勇者模試でS判定、勇者予備校の首席にまで上り詰めた。

しかし勇者試験の直前に魔王が倒され、勇者制度は廃止。夢を失ったショックのあまり半年ほど引きこもった後に就活を始めたラウルは、魔界崩壊不況の真っ只中で街外れの小さなマジックショップ「マジックショップ・レオン」にどうにか就職したものの、勇者への未練を残したまま惰性で働いていた。そんなラウルの前に現れたのは、ボロボロの履歴書を手にした元魔王の世継ぎ、フィノ・ブラッドストーンであった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下アマゾンからのレビューになります

 

“勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 海外レビュー” の続きを読む

有頂天家族 家族レビュー

あらすじ

千年の都・京都。ここでは古来より、人に化けた狸と天狗が、人間社会に紛れて暮らしていた。糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父であり、狸界の頭領「偽右衛門」でもあった総一郎は、ある年の瀬に人間達に狸鍋にされ、帰らぬ狸となってしまった。

遺された「下鴨四兄弟」の三男で「面白く生きる」がモットーの矢三郎は、天狗の赤玉先生の世話をしつつ弁天の美しさに魅かれ、夷川家の金閣・銀閣と張り合うなど退屈する暇もない。長男・矢一郎は次期「偽右衛門」を目指す。しかし下鴨家は、父を狸鍋にした金曜倶楽部に狙われる。
第1期:2013年7月 – 9月
第2期:2017年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=lvHw9PqaQD0(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“有頂天家族 家族レビュー” の続きを読む

境界の彼方 海外レビュー

あらすじ

「ある一族」たった一人生き残った少女 と、存在しないはずの「半妖」の少年。二人の物語。半妖の少年、神原秋人はある日の放課後、屋上から今にも飛び降りそうな少女と出会う。彼女の名前は栗山未来。異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。変わらない部室。変わらない日常。変わらない世界。そんな毎日を過ごすはずだった。だが、一人生き残った少女と半妖の少年が出会ったとき―――世界が一変する。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“境界の彼方 海外レビュー” の続きを読む

まおゆう魔王勇者 海外レビュー

あらすじ

魔王と勇者の決戦直前。
王道RPGにおけるオーソドックスな対峙――。
片や、剣と魔法を自在に操つり、一人で一軍にも匹敵すという勇者。
片や、魔界のすべてを統べる魔王。

魔界にそびえる魔王城、その奥深くにある謁見の間。
魔王のあまりにもありがちな問い「この我のものとなれ」と
勇者のわかりきった答え「断る!」から、
人間界と魔界、二つの世界を変えるべく手を組んだ二人の挑戦が、いま始まる。
2013年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“まおゆう魔王勇者 海外レビュー” の続きを読む

幻影ヲ駆ケル太陽 海外レビュー

あらすじ

タロット占いが大好きな少女・太陽あかりは幼少時に母・太陽ひなたを亡くして以降、永瀧の親戚に引き取られて平和に暮らしていた。しかし、共に暮らしている従姉妹の心崎冬菜がある日を境に突然自分に冷たく接するようになり、とまどいを感じていた。そして、その日を境にあかりの生活は一変してしまうようになる。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=gQ1R-Jp92sU(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=B3gxUM6xIXM(公式)

episodio I 太陽の黒点
episodio II 血塗られた未来
episodio III とむらいの声
episodio IV これは絵なのだろうか?
episodio V ああ、金、金!この金のためにどれほど多くの悲しいことがこの世に起こることであろうか!
episodio VI 星とともの果てに
episodio VII 華麗なる休暇
episodio VIII こぼれおちる水
episodio IX 月の光、太陽の陰
episodio X 燃え尽きるような
episodio XI 君のみち
episodio XII 運命の選択
episodio XIII 太陽の微笑み

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“幻影ヲ駆ケル太陽 海外レビュー” の続きを読む

凪のあすから 海外レビュー

あらすじ

その昔、人間は皆、海に住んでいた。でも、陸に憧れた人たちは海を捨てた。海で暮らせるように海神様がくれた、特別な羽衣を脱ぎ捨てて……。海で暮らす人、陸で暮らす人、住む場所が分かれ、考え方は相容れずとも、元は同じ人間同士、わずかながらも交流は続き時は流れた。海底にある海村で暮らす先島 光、向井戸まなか、比良平ちさき、伊佐木 要と地上に暮らす木原 紡。海と陸。中学二年生という同じ年代を過ごしながら今まで出会うことのなかった彼らが出会った時、潮の満ち引きのように彼らの心も揺れ動く。ちょっと不思議な世界で繰り広げられる少年少女たちの青の御伽話
2013年10月3日 – 2014年4月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“凪のあすから 海外レビュー” の続きを読む

変態王子と笑わない猫。 海外レビュー

あらすじ

「-先輩は、どうしようもない変態さんです」横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心に思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった!そんな人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子 「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで失われた本音と建前を取り戻す、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ストーリーがいまはじまる!
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=JZYTuTUBfFk(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=RfU5LI89F_o(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“変態王子と笑わない猫。 海外レビュー” の続きを読む

帰宅部活動記録 海外レビュー

あらすじ

高校生になったばかりの安藤夏希、友人に部活動をどうするのか尋ねられ迷っていた。迷った挙げ句、上下関係が面倒な事もあり「帰宅部でいいかな~」と言って帰ろうとした時、そこには、帰宅部が存在したのである。ちょっと変わった部員達とごく一般人の部長・道明寺桜が在籍する帰宅部。その主な活動は、なんと“楽しいことをする!”。放課後も帰り道も最大限に楽しむために集まった帰宅部の少女達。帰宅部に出会い、始まる夏希の部活動とは?
2013年7月4日 – 10月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“帰宅部活動記録 海外レビュー” の続きを読む

GJ部 海外レビュー

あらすじ

GJ部として活動する主人公の四ノ宮京夜、天使真央、皇紫音、天使恵、綺羅々・バーンシュタインの5人の部員を中心に話が進められる日常系ストーリー。

四ノ宮京夜がGJ部で捕獲されて拉致同然に入部させられる。その部員はお嬢様姉妹・一般常識不足な優等生・肉好き留学生と言う物変わりである上に、部活自体も活動内容不明と言うマイペース活動であった。その特殊環境の中で京夜は「キョロ」と呼ばれ、一般部員として活動していくものであった。
2013年1月~3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“GJ部 海外レビュー” の続きを読む

君のいる町 海外レビュー

あらすじ

広島県の田舎町で春から高校へ進学する主人公・桐島青大の家に突然、父親の知り合いの娘という少女・枝葉柚希が居候として東京からやってきた。青大はクラスメイト・神咲七海に中学時代から好意を寄せていく一方、同じ屋根の下で都会的で奔放な柚希と接していく中、徐々に彼女が気にかかる存在となっていく。

その後、東京に青大が転校し、舞台も東京へ移る。
2013年7月13日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“君のいる町 海外レビュー” の続きを読む

波打際のむろみさん 海外レビュー

あらすじ

釣り好きの高校生の少年・向島拓朗は、波打ち際の防波堤で釣りをしていたところ、かかったのは人魚だった。その人魚はむろみと名乗り、拓朗は戸惑うこともなくむろみと交友関係を作る。のちにむろみの知り合いの人魚達や未確認生物、神話に登場する生物たち、宇宙人、不老不死の力を得た人間、拓朗のクラスメイトたちなどを巻き込み、奇妙な付き合いを得ていくことになる。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=2TKRRs9tjuI(公式)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“波打際のむろみさん 海外レビュー” の続きを読む

フォトカノ 海外レビュー

あらすじ

主人公(デフォルト名は前田一也)は、光河(こうが)学園に通う高校2年生の少年。特に心が沸き立つこともなく、平凡に夏休みが終わろうとしている。そんな、夏休み最後の夜。主人公は父親からデジタル一眼レフカメラを譲り受けた。これまで、デジカメには特に興味がなかった主人公だが、いざ手にしてみると、そのずっしりとした手応えと、機能美に魅了された。元々、いわゆるデジモノが好きな主人公にとって、代わり映えのしない毎日に変化が生まれた瞬間だった。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“フォトカノ 海外レビュー” の続きを読む

京騒戯画 kyousougiga 海外レビュー

あらすじ

鏡都のまちを、アラタマを手に毎日のように暴れまわるコトと阿吽。アラタマの持ち主ショーコ博士は怒り心頭、居候先の明恵に叱り付けられても懲りない日々。コトは黒いウサギを探しに鏡都へやってきたのだが、鏡都で「みやこ様」として祀られ、すでに姿を消した古都であるらしいと知り落胆。だが三人議会の鞍馬と八瀬は、自分たちの母である古都を呼び戻そうと、ビシャマルとコトを戦わせる。ビシャマルに呑まれたコトは、宇宙を漂い、飛び出してきた古都に抱きつかれる。ビシャマルの中から古都を連れて戻ってきたコトに、八瀬たちは喜ぶが、コトは「うちに帰りてえー!」と叫ぶのだった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“京騒戯画 kyousougiga 海外レビュー” の続きを読む

メガネブ! 海外レビュー

あらすじ

ヒマラヤ第三工業高校には「メガネ部」という部が存在する。部員全員が眼鏡を掛け、そこでは女性の裸を透視するために「非生命体透視メガネ(通称スケスケメガネ)」の開発が行われている。本作では不慮の爆発により部室もなくなってしまったそんな部員たちの日常が描かれる。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=5amxP5B_z04(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=IrZdOw5z03A(公式)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“メガネブ! 海外レビュー” の続きを読む

神様のいない日曜日 海外レビュー

あらすじ

15年前を境に、人々が生まれなくなると同時に死者が生前と変わらず動き回るようになった世界。そこでアイは墓守──死者へ安らぎを与える職業──として村人たちの尊敬を集めていたが、ある日やって来た「人食い玩具」と名乗る者によって真相を知ることとなる。村人たちは全て死者であり、アイが彼らによって信じ込まされていた両親についてのことも、実は嘘だった。村人たちを弔った後、アイは破綻している世界を救おうと決心し、同じく墓守である傷持ちや人食い玩具を追ってきたユリーとともに旅へ出る。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“神様のいない日曜日 海外レビュー” の続きを読む

恋愛ラボ 海外レビュー

あらすじ

世間で「お嬢様学校」と呼ばれる名門校「私立藤崎女子中学」(略称:藤女)の生徒会執行部は、会長の意向により「恋愛を研究する」場でもあった。後に『恋愛ラボ』(ラボ=laboratry:研究所)と呼ばれるようになる「恋に恋する乙女たち」生徒会メンバーの恋愛研究とその実践ぶりをコミカルに描く。
2013年7月~9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“恋愛ラボ 海外レビュー” の続きを読む

アウトブレイクカンパニー 海外レビュー

あらすじ

加納慎一は自宅警備員として生活していたが、およそ1年間に及ぶその生活は親によって強制的に終了させられた。そんな慎一が切羽詰まった挙句、就活で手にしたのはドラゴンが普通に空を飛ぶ異世界でオタク文化を紹介し、広める仕事だった。拉致に近い状態で慎一が連れてこられた神聖エルダント帝国では、出会ったハーフエルフのミュセル・フォアランや帝国の皇帝であるペトラルカ・アン・エルダント三世と仲良くなり、自衛官の古賀沼美埜里が護衛についた慎一の仕事は順調に滑り出したかに思えた。そんな矢先、過激組織によるテロ事件が発生する。果たして慎一は、「萌え」で世界を改革できるのか。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“アウトブレイクカンパニー 海外レビュー” の続きを読む

サムライフラメンコ 海外レビュー

あらすじ

雑誌モデルの羽佐間正義は、ヒーローへの憧れから遂には自力で正義の味方・サムライフラメンコとなって、様々なトラブルを解決しようと奮闘する。だが、実力不足から街の人から舐められたり、不審者と勘違いされるなど、なかなか正義の味方らしい活動を実現できずにいた。

ある日、正義はサムライフラメンコの正体を知る警察官・後藤英徳に居酒屋へ呼び出され、「街の人々から苦情が殺到しているので、サムライフラメンコの活動を自粛するように」と諭される。居酒屋からの帰り際、本来は英徳の恋人の持ち物で彼が大事にしている傘が盗まれていることに気がついた正義はサムライフラメンコの姿で傘泥棒を捕まえ、説教した。その様子が動画サイトへ投稿されたためにサムライフラメンコの名前は一躍有名となり、テレビ局は彼の正体を懸賞金をかけて追求するようになる。
2013年10月10日~2014年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=KO3648lFg4Y(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“サムライフラメンコ 海外レビュー” の続きを読む

のんのんびより 海外レビュー

あらすじ

全校生徒たった5人の「旭丘分校」。雪解けとともに芽吹き春の足音が聞こえる山里で相変わらずまったり過ごす少女たち。山菜を採ったり、お花見したり、お魚も釣ってみちゃったり・・・。彼女たちの新しい季節の楽しみ方に触れ、子供の頃の懐かしさを再発見できるかもしれません…。
第1期:2013年10月 – 12月
第2期:2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=_cFhCHrH_Ug(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“のんのんびより 海外レビュー” の続きを読む