君と僕。 海外レビュー

あらすじ

小学校からの幼馴染コンビ・あきらと東晃一(こーちゃん)が穂稀高校の学生だった頃、職場体験(保父さん)として陽だまり幼稚園へ行く。その時に出会った4人組が双子の浅羽兄弟と塚原要・松岡春だった。この4人の園児たちが揃って穂稀高校に進学し、双子の弟が帰宅部のまま高校2年へ進級したのだった。高校生編では4人とその仲間の脱力した日々を描く。

初期作品は、あきらと晃一の高校生時代を描くあきらとこーちゃん編と、4人組の幼稚園児時代を描いた陽だまり幼稚園編として単行本に収録。
第1期:2011年10月3日 – 12月26日
第2期:2012年4月2日 – 6月25日(ウィキペディアより引用)

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“君と僕。 海外レビュー” の続きを読む

ペルソナ4 海外レビュー

あらすじ

2011年4月11日。両親の海外出張で日本に残された主人公は、1年間だけ母方の叔父の家に居候することになった。彼が転入した高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という「マヨナカテレビ」の噂が流れていた。この噂は実際に起こりつつあった怪異の一端であり、マヨナカテレビの噂を確かめようとした主人公、陽介、千枝はテレビの中の異世界の存在を知ることになる。同時期に町で発生していた連続殺人事件とマヨナカテレビには関連があると睨んだ主人公たちは、異空間を探る中で「シャドウ」と呼ばれる化け物に襲われ、日常の裏にある世界の闇を垣間見ることになる。

怪異に触れることで、自らの抑圧された感情の化身を具現化して使役する「ペルソナ能力」を発現させた彼らは、警察に話しても信じてもらえないという考えから、秘密を共有する仲間と共に、事件や異世界に隠された真実を追うべく、自称「特別捜査隊」を結成することになる。主人公は表向きはごく普通の高校生として、学業や部活やアルバイトに励み、多くの人々と交流を築く一方で、放課後には仲間と共にシャドウが徘徊する異空間で戦い、事件に巻き込まれた人々を助け、事件の解決のために奔走する。
2014年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ペルソナ4 海外レビュー” の続きを読む

R―15 海外レビュー

あらすじ

ポルノ小説でプロとして活躍している芥川丈途。丈途は職業柄あまりよい目で見られなかったが、その能力が認められ、天才と呼ばれるにふさわしいものだけが入学を許される私立高校・閃学園に入学することになる。そこは個性あふれる生徒が集まっており、翻弄される丈途。学園や先輩から出される幾度の難題なテストにも負けず、彼らと協力しながら勝利を収めていく……。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“R―15 海外レビュー” の続きを読む

たまゆら 海外レビュー

あらすじ

汐入に住む沢渡楓は、高校進学を機に父を亡くしてから疎遠になっていた竹原への引越を決める。そこで楓はかつてよく竹原に来ていたころに遊んだ塙かおると再会し、岡崎のりえ、桜田麻音とも友達になる。4人は竹原南高校に入学する。そこで楓は憧れている写真家の志保美りほと会ったり、汐入で仲の良かった三次ちひろと再会したり、父の死によって果たされなかった花火大会や憧憬の路での約束を果たしたりする。しかし「自らには他の3人にあるような目立ったとりえがない」と考えたかおるの提案で、「私たち展」を旧笠井邸で開くことになり、またその予行演習として麻音は憧れていた乙女座の舞台に立つことになる。
第1期:2011年10月3日 – 12月19日
第2期:2013年7月3日 – 9月18日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“たまゆら 海外レビュー” の続きを読む

HIGH SCORE 海外レビュー

概要

りぼん(集英社)にて1995年4月号から連載されており、2018年11月現在、同誌で最長の連載作品であり、2015年りぼん4月号で連載20周年を迎えた。わがまま美少女・藤原愛実(ふじわら めぐみ)をはじめとするアクの強いキャラクターのおかしな日常を、4コマ漫画で描く。単行本は2018年11月現在、同社のりぼんマスコットコミックスより17巻まで刊行されている。また、連載15年を祝して、ファンブック「HIGE SCORE(ヒゲスコア)」が9巻と同時に刊行。

基本はギャグだが、最近[いつ?]ではキャラの複雑な人間関係や恋愛要素がメインとなって話が展開されることも多くなってきている。
2011年11月28日 – 2012年1月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“HIGH SCORE 海外レビュー” の続きを読む

gdgd妖精s 海外レビュー

概要

妖精の森に住む3匹の妖精、ピクピク・シルシル・コロコロが巻き起こす、gdgd(ぐだぐだ)でシュールな騒動の数々を描く15分枠の短編アニメーション。全編がMikuMikuDance・Shade・六角大王などの3DCGソフトウェアで作成されている。映像作成、音声収録方式はアフレコの声あて用映像を除きプレスコを採用している[2][3]。公式サイト曰く、業界もびっくりの低予算、制作がほぼ放送1週間以内に近いリアルタイムで作られているという。また、随所で有名アニメやテレビCMのパロディネタが使われている。
第1期:2011年10月12日 – 12月28日
第2期:2013年1月9日 – 3月27日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“gdgd妖精s 海外レビュー” の続きを読む

いつか天魔の黒ウサギ 海外レビュー

あらすじ

宮坂高校1年、鉄大兎。 平凡に消費されるはずの彼の毎日は、失われた記憶を取り戻す事で突如として一辺した。

失われた『彼女』の笑顔を取り戻す為、再び少年と『世界』の戦いが始まる。

2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“いつか天魔の黒ウサギ 海外レビュー” の続きを読む

NO.6 海外レビュー

あらすじ

2013年。理想都市『NO.6』に住む少年・紫苑は、9月7日が12回目の誕生日であった。だが、その日は同時に彼の運命を変える日でもあった。『矯正施設』から抜け出してきた謎の少年・ネズミと出会い、負傷していた彼を介抱した紫苑だが、それが治安局に露見し、NO.6の高級住宅街『クロノス』から準市民の居住地『ロストタウン』へと追いやられてしまう。

4年後、紫苑は奇怪な事件の犯人として連行されるところをネズミに救われ、彼と再会を果たす。NO.6を逃れ、様々な人々と出会う中で紫苑は、理想都市の裏側にある現実、『NO.6』の隠された本質とその秘密を知っていく…。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“NO.6 海外レビュー” の続きを読む

世界一初恋 海外レビュー

あらすじ

小野寺律は高校時代嵯峨政宗と付き合い始めたが、思い違いで一方的に政宗を突き放してしまった。十年後、丸川書店エメラルド編集部への所属が決定し、編集長が政宗だと分かり戸惑う事になる。律は、恋愛面で積極的な政宗を拒否し続けるが、婚約者の小日向杏との接触により政宗に対する気持ちを自覚し政宗の想いを受け入れた。
2011年4月8日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“世界一初恋 海外レビュー” の続きを読む

電波女と青春男 海外レビュー

あらすじ

丹羽真は両親の仕事の都合上、都会で一人暮らしの叔母の藤和女々の家に預けられることになる。だが、一人暮らしと聞いていた叔母の家に入ると、…足の生えた布団があった。その布団は自称宇宙人の女々さんの娘で、いとこの藤和エリオだった。電波ないとこのために、真の「青春ポイント」は日に日に減っていく…。

転校先の学校では、自転車に乗るためにヘルメットをする御船流子さん、隣の席の179.9cmの長身なのに超虚弱体質な前川さんとの青春を謳歌する…はずだったが、エリオがその障害となる。前川さん曰く、エリオは去年まで同じ学校にいたが退学したという。半年間行方不明で、帰ってきた時から「宇宙人にさらわれた」「自分は宇宙人だ」と言い始めたという。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“電波女と青春男 海外レビュー” の続きを読む

THE IDOLM@STER 海外レビュー

あらすじ

雑居ビルの3階に事務所を構える「765プロダクション」に所属するアイドル候補生たちが、一人前のアイドルへと成長していくさまを描く。本作は原作ゲームの設定やエピソードを取りいれつつも、全体としてはアニメ版独自のストーリーを描いている。
2011年7月7日 – 12月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“THE IDOLM@STER 海外レビュー” の続きを読む

にゃんぱいあ The Animation 海外レビュー

あらすじ

捨てられて死にそうになった子猫。暗闇から現れたヴァンパイアに血を飲ませてもらい、ヴァンパイアの血の洗礼を受けた子猫、にゃんぱいあとして生まれ変わった。

牙が生え、翼が生えた子猫。永遠の命を得たにゃんぱいあだったが、その代償としてヴァンパイアとして生きていく事となる。

その後、にゃんぱいあは人間の女の子の美咲に拾われ、飼い猫として、にゃんぱいあとしてたくさんの友達に囲まれながら楽しい生活を送ることとなる。自らの喉を潤す血を求めながら。
2011年7月6日 – 2011年9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“にゃんぱいあ The Animation 海外レビュー” の続きを読む

快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 海外レビュー

概要

快盗天使ツインエンジェル〜キュンキュン☆ときめきパラダイス!!〜(かいとうてんしツインエンジェル キュンキュンときめきパラダイス)のタイトルで、2011年7月から9月まで放送された。全12話。

なお2015年1月30日に、テレビアニメをベースとしたOVAが発売されている。時系列としてはTVシリーズとパチスロ「3」の中間にあたり、宮崎県のフェニックス・シーガイア・リゾート(サミーグループの「フェニックスリゾート」が経営)が舞台となっている。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 海外レビュー” の続きを読む

Aチャンネル 海外レビュー

概要

チャンネル(エーチャンネル)は、黒田bbによる日本の4コマ漫画作品。芳文社の月刊雑誌『まんがタイムきららキャラット』にて2008年(平成20年)12月号から連載中。略称は「Aチャン」。『まんがタイムきららキャラット』2010年(平成22年)12月号にてテレビアニメ化が発表され、2011年(平成23年)4月から6月まで放送された。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Aチャンネル 海外レビュー” の続きを読む

30歳の保健体育 海外レビュー

あらすじ

「人は30歳で童貞だと魔法使いになる」

今河駿は彼女と付き合ったことすらない童貞男。そんな30歳を迎えた深夜、彼の目の前に大五郎という性愛の神が現れる。最初は胡散臭くあまりにも迷惑な彼を追い出したりしていたが、彼は駿の童貞を卒業させないと帰れないと言い、今河は成り行きで大五郎と後にやってきた弟のマカロンのアドバイスを受けながら、彼女を作ろうと試みるのだが、果たして今河は童貞を卒業できるのであろうか。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“30歳の保健体育 海外レビュー” の続きを読む

そふてにっ 海外レビュー

あらすじ

白玉中学校女子ソフトテニス部の春風明日菜、沢夏琴音、秋山千歳、冬川来栖。彼女たちは新入部員のエリザベス・ウォーレンと平岸やよいを仲間に加え、今日も笑いを巻き起こしながら、青春をかけて全国大会を目指して練習を続けるのであった。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“そふてにっ 海外レビュー” の続きを読む

カードファイト!! ヴァンガード 海外レビュー

世界観

本作の世界は、いわゆる一つの近未来。世界中で数々のカードゲームを遊戯のみならず学校の授業などに役立てているほどに当たり前の存在となっている。そして数あるカードゲーム中、「ヴァンガード」が一番流行っている。

「ヴァンガード」のゲーム世界設定は、亜地球的惑星「クレイ」を舞台としている。プレイヤーはクレイに降り立った霊体という設定。クレイではファンタスティックな魔法と科学技術が両方とも発展しており、現実世界とは全く異なる文明が構築されている。また、神・悪魔・ドラゴンに妖精といった存在も、ごく当たり前に生息している。それを想像することを劇中では「イメージ」と呼んでおり、特に櫂は口癖のように用いる。
G1期:2014年10月26日 – 2015年10月4日
G2期:2015年10月11日 – 2016年4月10日
G3期:2016年4月17日 – 9月25日
G4期:2016年10月2日 – 2017年10月1日
G5期:2017年10月8日 – 2018年4月1日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カードファイト!! ヴァンガード 海外レビュー” の続きを読む

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 海外レビュー

あらすじ

高校1年の少女・高梨奈緒は1つ上の兄の修輔が大好きなブラコン。一方の兄・修輔は、女の子(妹を含む)が少し気になり過ぎる、ちょっとエッチな少年。

奈緒によるエッチなアプローチに悶々とする日々を過ごす修輔だったが、特に何も起こらず、2人は兄妹の関係のままだった。ところがある日、修輔の幼馴染だったツインテ少女・彩葉が10年ぶりに戻って来てから、修輔がエッチなものに反応しなくなってしまい、奈緒は気が気ではなくなる。
2011年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 海外レビュー” の続きを読む

殿といっしょ 海外レビュー

概要

日本の戦国時代を舞台としたギャグ漫画であり、歴史上実際に起きた様々な出来事をネタにしている。

三英傑や武田信玄などの誰もが知る有名武将から、鳥居強右衛門のように一般的にはあまり知られていないとされる武将まで数多くの戦国武将・大名が登場するが、彼らの性格は史実を元にしつつも一部を大きく誇張したものとなっている。

例外もあるが、基本的には殿と呼ばれる立場の武将が変わり者という設定で「ボケ」であり、部下たちが「ツッコミ」を担う。武田信玄のように途中大きく出世した武将は、若年期がツッコミ役で老成してからはボケ役と変化している。
2011年4月4日 – 6月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

 

“殿といっしょ 海外レビュー” の続きを読む

戦国乙女 桃色パラドックス 海外レビュー

あらすじ

現代の女子中学生、日出佳乃(通称「ヒデヨシ」)は試験前の神頼みに神社へ向かうが、そこで見かけた不思議な光によって女性しかいない戦国時代に似た時代の世界へと飛ばされてしまう。天下統一を目指す女武将、織田ノブナガと出会ったヒデヨシは全部集めると天下統一の夢が叶うという「伝説の深紅の甲冑」集めの手伝いをすることに。その中でヒデヨシは様々な戦国武将と出会っていく。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦国乙女 桃色パラドックス 海外レビュー” の続きを読む

スイートプリキュア♪ 海外レビュー

あらすじ

人間世界とは異なる場所に存在する、幸せな音楽の国メイジャーランド。そこで年に一度だけ行われる演奏会において、歌の妖精ハミィは世界の人々の平和を願い「伝説の楽譜」に記された「幸福のメロディ」を歌おうとしていた。しかし 演奏会の最中、悲しい音楽の国マイナーランドの王メフィストが現れ、楽譜を「不幸のメロディ」に変えようとする。メイジャーランドの女王アフロディテは音符を別の世界である人間世界にばらまいて それを阻止したが、散らばった音符を取り戻すため メフィストは配下のセイレーンと トリオ・ザ・マイナーを、アフロディテはハミィと7体のフェアリートーンを人間世界に遣わす。

一方、人間世界の加音町に住む北条響は、かつての親友である南野奏とすれ違う日々を送っていた。そんな中、2人はハミィやマイナーランドの刺客達と遭遇し、なし崩しにプリキュアの戦士キュアメロディとキュアリズムとして目覚めることになる。最初はすれ違いの出来事を引きずって喧嘩の多い響と奏であったが、徐々に友情を取り戻していき、プリキュアとしても一歩ずつ成長していく。

やがて、ハミィと対立していたセイレーンも、様々な出来事を通じて和解し、黒川エレン(=キュアビート)としてプリキュアに覚醒。3人のプリキュアは互いに助け合ってメフィストやトリオ・ザ・マイナーの襲撃を打ち破っていくが、やがて謎の仮面のプリキュア・キュアミューズの正体が調辺アコだったことが判明し、キュアミューズとメフィストとの「驚くべき関係」と、マイナーランドを裏で操る真の黒幕・ノイズの存在が明らかになっていくのだった。
2011年2月6日 – 2012年1月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スイートプリキュア♪ 海外レビュー” の続きを読む

俺たちに翼はない 海外レビュー

あらすじ

大都市「柳木原」(略称ギバラ)では、今日も誰かのありふれた物語が生まれていた。季節は冬。寒さが厳しい白い空。心に悩みを持つ若者たちが繰り広げる群衆劇。そんな若者たちが傷つき、笑いあう。どこにでもあるような恋物語が今語られる。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“俺たちに翼はない 海外レビュー” の続きを読む

べるぜバブ 海外レビュー

あらすじ

2008年4月、「天下の不良高校」と言われる石矢魔高校の中でも凶悪無比な強さから「アバレオーガ」と恐れられる男子高校生・男鹿辰巳は、ある日喧嘩の最中に川でおっさんが流れてきておっさんを割ると、中から赤ん坊が出てきてその赤ん坊を拾う。しかし実はその赤ん坊は、普通の子ではなく人類を滅ぼすために魔界から送り込まれた大魔王の息子・カイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ4世(通称ベル坊)だった。ベル坊にすっかり気に入られてしまった男鹿はベル坊の侍女悪魔・ヒルダの監督の下、不本意ながらも魔王の親となり子育てをすることになる。はじめはベル坊を誰かに押し付けようとする男鹿だったが、次第にベル坊の親としての自覚と絆を強めていく。
2011年1月9日 – 2012年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“べるぜバブ 海外レビュー” の続きを読む

ウルヴァリン 海外レビュー

あらすじ

ニューヨークで謎の襲撃の隙に恋人の真理子を奪われたローガン。そして1年後、友人であり公安調査庁の浅野徹心から真理子は九頭竜の首領である矢志田信玄の娘でマドリプールの権力者黒萩秀樹との政略結婚を計る為に日本にいる事を知り、彼女を取り戻すために東京へ向かった。
2011年1月7日 – 3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ウルヴァリン 海外レビュー” の続きを読む

Rio RainbowGate! 海外レビュー

あらすじ

大富豪の孫娘であるミント・クラークは、祖父に連れられて人気のカジノスポット「ハワードリゾート」を訪れる。ミントはギャンブルに興味を持たなかったが、ひょんなことから「勝利の女神」と呼ばれる女性ディーラー・リオと出会う。後にリオはミントの接待係となり、ミントと行動を共にするようになる。そんな時、オーリンと名乗る男がミントにぬいぐるみを賭けた勝負を挑んでくる。リオはミントの代理として、自身の裸を賭けてオーリンとのポーカー勝負を行うことになってしまう。

ある時、リオは幼馴染のリナと再会する。リナもまたリオと同じくディーラーになっており、ハワードリゾートに雇われることになった。リナはハワードリゾートの新施設、空飛ぶカジノ「スカイリゾート」のディーラーとして雇われ、リオやミントもスカイリゾートのオープンに立ち会うことになる。しかし、その裏では評判の悪いカジノオーナー・カルティアがハワードリゾート乗っ取りを企んでいた。カルティアはリオに部下たちを差し向け、ゲートバトルを挑ませる。
2011年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Rio RainbowGate! 海外レビュー” の続きを読む

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 海外レビュー

あらすじ

作曲家志望の少女・七海春歌は、アーティストを育成する芸能専門学校「早乙女学園」に競争率200倍の超難関を突破して入学した。そして学園の慣習に従い、アイドル志望の男子1人とパートナーを組み、卒業式に行われる「シャイニング事務所新人発掘オーディション」合格に向けて、パートナーに優勝の栄誉をもたらす楽曲を作るべく、1年間の学園生活を送ることに。
第1期:2011年7月 – 9月(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 海外レビュー” の続きを読む

神様のメモ帳 海外レビュー

 あらすじ

物語の主人公である藤島鳴海は、父親の仕事の都合上、東京都のM高校に転校する。かねてから鳴海は転校を何度もしてきた。そんな彼を変えたのが、クラスメイトである彩香だ。彼女との出会いが、はなまるラーメンの店裏に集う、様々なニートたちと知り合うきっかけとなる。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543589881419

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神様のメモ帳 海外レビュー” の続きを読む

ロウきゅーぶ! 海外レビュー

あらすじ

バスケ好きの高校生・長谷川昴は七芝高校バスケ部に入部したが、部長のロリコン疑惑が原因で、入部早々に1年間の部活動停止という憂き目に遭ってしまう。行き場をなくし日々所在なく過ごしていた昴だったが、小学校で教師をしている叔母の強引な誘いから、叔母の教え子である慧心学園女子バスケットボール部の臨時コーチを引き受けることになった。

当初は女子小学生達が相手の慣れない環境に戸惑う昴だったが、やがて女子バスケ部が体育館の使用権を巡って同校の男子バスケ部との間にトラブルを抱え、部の存続を賭けた試合を控えていることを知る。湊智花をはじめとする女子バスケ部員の過去の事情と、彼女らのバスケに対する想いに真正面から向き合ったことで、昴自身もバスケに対する情熱を取り戻し、それぞれの想いを守るために積極的に活動を進めていく。
第1期:2011年7月 – 9月
第2期:2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロウきゅーぶ! 海外レビュー” の続きを読む

BLADE ブレイド 海外レビュー

あらすじ

出産直前にヴァンパイアに襲われた女から産まれた男、ブレイド。

ヴァンパイアの超絶的な能力と、人間の日光への耐性とを併せ持つ超人『ディ・ウォーカー』となった彼は、ヴァンパイアを、特に母を襲ったヴァンパイア『四本牙』たちを狩る戦いの日々を送っていた。

そんなある日、ブレイドは宿敵『四本牙』の一人、ディーコン・フロストと日本で対峙する。

が、あえなく敗北。それどころかフロストの罠によって、日本の女ヴァンパイアハンター、マコトに「父の仇」と付け狙われることになる。

フロストを追い、マコトに追われるブレイドを待つものは…?
2011年7月1日 – 9月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BLADE ブレイド 海外レビュー” の続きを読む

クロスファイト ビーダマン 海外レビュー

 あらすじ

時は20XX年。世界中の子供たちの間で人気の競技「ビーダマン」には、まことしやかに囁かれている噂があった。その内容は、「選ばれたごく一部のビーダーしか参加できない大会がある」というもの。
ビーダマン初心者である龍ヶ崎カケルは、愛機ドラシアンと出会い、その秘密の大会、「クロスファイト」に大きく関わっていくことになる。
第1期:2011年10月2日 – 2012年9月30日
第2期:2012年10月7日 – 2013年9月29日(ウィキペディアより引用)

image_search_1543627238176

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クロスファイト ビーダマン 海外レビュー” の続きを読む

アスタロッテのおもちゃ! 海外レビュー

あらすじ

妖魔族の住む世界・妖魔界(アールヴヘイム)にあるユグヴァルランド王国の姫君・アスタロッテ(通称「ロッテ」)は、夢魔族なのに大の男嫌い。しかし夢魔族は生命維持のため、ある程度以上に育つと「吸精」をしなければならないので、近いうちに男達を置いておくための後宮を構える必要があった。けれども全くその気のないロッテは、不可能だと高を括って世界樹のねじれにより行けなくなった人間界(ミッドガルド)の男を連れてくることを条件に、後宮を構えることを約束する。

一方、人間界に住む就職活動中の青年・塔原直哉は謎の女性から、うってつけの働き口があると告げられる。それを信じて付いて行った先は、なんと異世界である妖魔界。彼女の言う働き口とは、ロッテの後宮に入ることだった。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アスタロッテのおもちゃ! 海外レビュー” の続きを読む

マケン姫っ! 海外レビュー

あらすじ

元・女子校で、男女共学へ再移行したばかりの私立学校「天日学園」(てんびがくえん)に入学した主人公の大山タケルは、そこで「マケン」という特殊な能力を持った武器の数々を目にする。この学園では、生徒1人1人にそれぞれに適した「マケン」のレプリカが与えられ、それによって「エレメント」という神秘的なエネルギーを秘めた能力の扱い方を学べるのであった。タケルも例外ではなく、自らの特性に合った「マケン」を与えられるはずであったが、身体検査時に適する「マケン」が見つからず、1ヶ月間「マケン」無しで過ごさざるを得なくなってしまう。生徒らが己の「マケン」の特性を活かして部活動をしていたため、入る部活も決められずにいたタケルは、幼馴染の天谷 春恋の勧めで、学園内の様々な事件や事故などの解決役である「魔導検警機構」(通称「マケンキ」)へ所属することとした。その中で、タケルは数々のトラブルに巻き込まれていく。
2011年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マケン姫っ! 海外レビュー” の続きを読む

緋弾のアリア 海外レビュー

 あらすじ

凶悪犯罪に対抗するため、武力を行使する探偵「武偵」の存在が当たり前の社会。2009年、武偵を育成する東京武偵高校に通う青年・遠山キンジは、普通の生活を求めていた。しかし、ある日現れたSランク少女武偵である神崎・H・アリアと出会ったことにより、彼女を取り巻く戦いの日々に身を投じていくことになる。
2011年4月 – 7月迄放送 (ウィキペディアより引用)

image_search_1543575092446

  

✳以下myanimelistからのレビューになります

“緋弾のアリア 海外レビュー” の続きを読む

星空へ架かる橋 海外レビュー

 あらすじ

病気がちな弟・歩の転地療養に付き合う形で山比古町に引っ越した主人公・星野一馬は、町の学園「山比古南学園」への転入初日に道に迷ってしまったところ、偶然同じ学園に通う中津川初と出会って学園まで案内してもらうが、道なき道で足を滑らせた一馬は誤って初を押し倒したうえ、キスまでしてしまう。それを初の親友、日向伊吹に見られてしまったことにより、一馬の生活は波乱万丈のスタートを切ることになる。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543574527680

✳以下myanimelistからのレビューになります

“星空へ架かる橋 海外レビュー” の続きを読む

プリティーリズム・オーロラドリーム 海外レビュー

 概要

タカラトミーと韓国の玩具メーカー・ソノコンが2011年1月より開始した業務提携に基づき製作された。ただし、過去にタカラトミーの前身の1社・タカラとソノコンが共同出資して製作された『爆転シュート ベイブレード』シリーズや『爆球Hit! クラッシュビーダマン』のようなスタッフを含めた日韓合作体制ではなく、メインスタッフは全て日本側から出されている。

日本では2011年4月9日から2012年3月31日までテレビ東京系6局およびBSジャパンにて放送。当初は2011年4月2日から放送開始予定であったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響により1週遅れて4月9日からの開始となった[2]。また、話数は「全54話」とアナウンスされていたが、放送開始のずれ込みや年末編成で12月31日(この日が大晦日であったため)の放送を休止した影響なども有り、実際の放送は当初の発表話数より3話少ない全51話となった。(ウィキペディアより引用)

image_search_1543574103858

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プリティーリズム・オーロラドリーム 海外レビュー” の続きを読む

タイガー&バニー 海外レビュー

 あらすじ

NEXT(ネクスト)と呼ばれる特殊能力者がこの世に誕生してから45年。大都市・シュテルンビルトには、スポンサー各社との契約下でその能力を駆使し、街の平和を守るNEXTによって構成されたスーパーヒーローたちが存在する。ヒーローたちの活躍は専用の特別番組『HERO TV』で中継され、その年の「キングオブヒーロー」の座を巡るランキング争いを続けていた。
2011年4月2日 – 9月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

#01 All’s well that ends well.終わりよければすべてよし
#02 A good beginning makes a good ending.はじめが肝心
#03 Many a true word is spoken in jest.嘘から出た真実
#04 Fear is often greater than the danger.案ずるより産むが易し
#05 Go for broke!当たって砕けろ!
#06 Fire is a good servant but a bad master.火は従順なしもべだが、悪しき主人でもある
#07 The wolf knows what the ill beast thinks.蛇の道は蛇
#08 There is always a next time.必ず機会が来る
#09 Spare the rod and spoil the child.かわいい子には旅をさせよ
#10 The calm before the storm.嵐の前の静けさ
#11 The die is cast.賽は投げられた
#12 Take heed of the snake in the grass.草の中にいる蛇に用心せよ
#13 Confidence is a plant of slow growth.信頼という木は大きくなるのが遅い木である
#14 Love is blind.恋は盲目
#15 The sky’s the limit…限界は空高くに…
#16 Truth lies at the bottom of a well.真実は井戸の底にある
#17 Blood is thicker than water.血は水よりも濃い
#18 Ignorance is bliss.知らぬが仏
#19 There’s no way out.袋の鼠
#20 Full of courtesy, full of craft.口に蜜あり、腹に剣あり
#21 Heaven helps those who help themselves.天は自ら助くる者を助く
#22 Bad luck often brings good luck.人間万事塞翁が馬
#23 Misfortunes never come singly.不幸は単独では来ない
#24 Nothing ventured, nothing gained.虎穴に入らずんば虎子を得ず
#25 Eternal Immortality.永久不滅

1df09ebb

 ✳以下myanimelistからのレビューになります

このショーにもっと多くの人にチャンスを与えたいと思います。

タイトルを一見すると、最初の印象は、ショー “Tiger&Bunny”がトラとバンジーニを話しているような、すばらしいショーになるということでした。そうではない。
これは一部の人にとっては失望かもしれません。

そして、プロモーションアートを見ると、人々は “ああ、それはメカドラマです。私はメカが好きではないので、私はそれを見ません。” 私はあなたに保証します、このショーはメカに関するものではありません。これらの「メカ」は、実際にはパワー・スーツのショーの主役です。それらを「メカ」と呼ぶのは、(アイアンマンの名声の)トニー・スタークを呼び出すことに似てい ます。

Archaeon

スーパーヒーローは長い間、特に西洋の人気文化の定番であり、長年にわたりスーパーマン、バットマン、スパイダーマン、さらにはハルクのようなキャラクターは家庭の名前となっています。ビデオゲームのタイインインと映画化のおかげで常に人気が高まっていますが、MarvelとDCが座っている胸の偽り者は木工から逃れるべきです。

これらのコミックブック作品の成功を生かすための最も明白な試みは、テレビや映画からのものですが、「ヒーローズ」、「クロニクル」、「ミスフィット」などの番組はある程度の成功を収めていますが、 、再起動するか スーパーヒーローのジャンルを変革したのはイノマイグで終わった。

どこがタイガー&バニーがステージに揺らすかです。

Sternbild City(ニューヨークの架空のバージョン)に設定されたこの物語は、NEXTとして知られる超強力な人間が登場してから45年後に始まります。続いて何十年にもわたって超人的能力を持つ人物がヒーローや悪役の役割を担い、時間の経過とともに両者の間で一定の娯楽が生まれました。NC 1978に早送りしました。ここでは、「英雄王」の絶望的なタイトルを獲得するために、ヒーローTV、企業スポンサーシップ、ポイントを獲得するチャンスなど、独自の専門放送を行っています。

これらの勇気ある善い善良な人たちに毎日新しい課題がもたらされますが、Sternbild Cityは多くの秘密に基づいて作られています。そしてBarnaby Brooks Jr.が真実と正義の立場に立つと、過去の影はもう一度動き始めます。

一見、Tiger&Bunnyはスーパーパワーの “バディー”ショー以上のようなものに見えるかもしれませんが、ある程度は公正な評価です。プロットは比較的簡単です(むしろ予測可能です)。複雑さのベニアを追加する要素がいくつかありますが、主に2つの主要な章に分割されているため、これらはストーリーのペーシングや進行に影響しません。これは、特定の弧の終わりのための「デッドライン」を設定する効果を持ち、雰囲気が古くなるのを防ぐナレーションに簡潔さを追加します。

残念ながら、一部の視聴者は、特定のエピソードが1つ以上のサポートキャラクターに焦点を当ててメインプロットから逸脱しているように見えるという事実に悩まされることがあります。これは通常、有効な苦情ではありますが、これらの「フィラー」は、ストーリーに長続きする影響を与えるテーマ、文字またはイベントを導入するためのプラットフォームとして機能することがよくあります。これに加えて、問題のエピソードは物語の流れにほとんど影響を及ぼさず、非常に現実的な意味で、このショーは「フィラー」が物語全体にどのように加わることができるかの良い例です。

ビジュアルになると、Tiger&Bunnyは確かにその部分に見えますが、その欠点がないわけではありません。アートワークは、どこにいてもスーパーヒーローの評判を支える素晴らしいキャラクターデザイン、セッティング、異国的な衣装など、優れたスタンダードです。このシリーズは大部分がアニメーション化されており、通常は(そして非常にマイナーな)アニメ関連の問題がありますが、その中には特定の問題が継続しています。

テクノロジーは、コンピュータで作成されたイメージを、より多くの伝統的なアニメーションとしばしばよく混ぜることができるようになっていますが、何らかの理由で、サンライズはアプローチを少し誇張してしまいました。主な問題は、衣装を着けた後の主人公の動きにあります。いくつかのアクションシーケンスでは、キャラクターの行動を誇張してスタジオがシーン全体を少し奇妙に見せることができます。

つまり、多くの視聴者は、CGから少し奇妙な感じを許しているかもしれませんが、全体的な見た目がはっきりとしており、ショーでは素晴らしいビジュアルエフェクトが非常にうまく使用されているからです。

Tiger&Bunnyには2つのオープニング・シークエンスがあり、どちらも主要なヒーロー(スポンサーに特に注意を払う)と、その力を示す短いシーンの2つを紹介しています。2つのOPの唯一の違いは、ユニゾンスクエアガーデンの「Orion o Nazoru」(やや陽気なロックソング)とNovels(驚くほど甘いロックバラード)の「Missing Link」です。このシリーズには2つの閉幕シーケンスがあり、そのうちの最初のものはKaburagi KoutetsuとBarnaby Brooks Jrのキャラクターに焦点を当てたかなりシンプルなものですが、Aobozuの「星の住まい」は活躍しています。

バックグラウンドミュージックになると、Tiger&Bunnyはしっかりした地面になっているように思えます。そして、サウンドトラックの多くは、ヒーロー、アクション、そして古き良き漫画のチーズのエコーで盛り込まれています。これに加えて、幅広い定義済みのオーディオエフェクトがあり、全体としてはその振り付けの点で非常にバランスが取れています。

スーパーヒーローの物語から期待されるように、対話は、衣装を着た警備員の口から出る傾向のある1ライナー、キャッチフレーズ、その他の文を欲しがる。それは、脚本は知性とユーモアの両方において驚くべきことであり、常に存在するチーズの影があるにも関わらず、声優がいくつかの素晴らしい演奏をするのを阻止するには十分ではない。平田平良と森田雅和は、野性のベテランであるカブラギー・コテツ(野生のタイガー)と若いバニー・ブルックス・ジュニア(Barnaby Brooks Jr.)のような良い形をしていますが、両者は画面上の親密な関係を持っていますが、グループとしてのヒーローの間。

Tiger&Bunnyの素晴らしい点の1つは、キャラクターが幅広い年齢層と背景を代表していることです。大部分は大人ですが、より著名な10代の英雄の個性についての洞察も提供しようとしています。高槻は特に興味深い人物です。彼の「仕事」のために10歳の娘(祖母と一緒に暮らす人)はほとんど見ない未亡人の父親です。これは非常に強く珍しい(アニメのための)基礎開発のために。大きなプラスは、イカリヘンドールートを「悪い終点」に向かって移動するのではなく、老朽化し​​たベテランの役割を担う「致命的な武器」に近いアプローチを採用することにしたということです。

一方、Barnaby Brooks Jr.はバットマンです。

いいえ、

問題はバーナビーが心配しているところでは、誰も箱の外で(Koutetsuと同じように)考えようとしていないということです。その理由は彼の背景がスーパーヒーローの世界で最も大きなステレオタイプの1つです。彼の起源のために、シリーズの過程での彼の人格の変化の多くは導かれていると感じることができます。そして、これは特に高津との関係が関係している場合に当てはまります。ありがたいことに、この番組にはかなり優れたキャラクターのセットがあり、他の多くのアニメとは違って、大部分のキャラクターの間の関係はむしろうまくいきます。

Tiger&Bunnyを欧米の相手と比較すると、それは独自のものを保つことができますが、アメリカとヨーロッパのスーパーヒーローのジャンルの重さがほとんどすべての挑戦者を押しつぶすのに十分です。それは、このシリーズは、最近提供されているshounen運賃からの爽やかな変化であり、最も賞賛される側面の1つは、Sunriseが西洋のメディアからインスピレーションを得ることを恐れていないということです。

小さくても重要な点が1つあります。

人気のあるヒーローの大部分は数十年前に作られたもので、以来、彼らは常に最新の動向や好みに対応しているように更新する試みがたくさんありました。残念なことに、これらの変更は肌の奥深くに過ぎず、「ヒーローズ」「ミスフィット」「キック・アス」「クロニクル」「スーパー」のような最近のタイトルを除いて、西洋物語の大半は実際には良い反響として役立たないそのコアメッセージが有効であっても、これは、タイガー&バニーが他の多くの物語の上に立っているこの特定の地域にあります。主に「リアリティーTV」、有名人の文化、企業のスポンサーシップに焦点を当てています。非常に現実的な意味では、アニメは大胆に無視された方向性を強調し、

全体として、Tiger&Bunnyは、いくつかの古いアイデアをブレンドし、将来的には、多くの人々が最初に信じていたよりも現代社会を反映したジャンルに楽しいものです。超強力なフェスティヴァル、コメディー、ドラマの混合物は、アクション映画の最高の伝統をどこにでも守っています。すべての正直なところで、おそらくこのシリーズにアプローチする最善の方法です。

しかし、それは自動的に脳の娯楽にはなりません。

DOG DAYS 海外レビュー

 あらすじ

動物の耳や尻尾を持つ種族たちが暮らす、地球とは隔絶した異世界フロニャルド。14歳の少女ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティを代表領主とするビスコッティ共和国は、かつて友好関係にあった隣国ガレット獅子団領国との「戦」で敗戦を重ね、窮地に瀕していた。武勇に優れるガレットの戦姫レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ率いる軍勢がビスコッティの城へ迫ろうというその時、ミルヒオーレは国の窮状を打破する切り札として、異世界からの「勇者召喚」を決意し、地球の現代日本に住む少年シンク・イズミを召喚する。
第1期:2011年4月2日 – 6月25日
第2期:2012年7月7日 – 9月29日
第3期:2015年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

ogp

✳以下クランチロールからのレビューになります

Flonyardeの世界へ

私は過去の最初のエピソードのビットを見て覚えていて、何年も後にこのシリーズに興味を持つことは決してありませんでした。そして少年は私が乗って投げられた。

ベーシックな外観では、キャラクターはクッキーカッターとプレーン(時には動作する)のように見えますが、重大な瞬間から、時には集中しないでストーリーが揺れる傾向があります。

最初の戦いが始まったとき、私は過去にしていた私のBellegarthing活動を思い出しました。(基本的には、偽の泡兵器に「殺し」というものを決める特別なルールがあります)。 。

最高の驚きは、私は主なキャラクターは、通常、災害や問題が発生したとき(私は戦闘で服の脱落に伴う問題にもかかわらず、しかし、私はレビューのビデオでそれに行くだろう、私がそれらをすれば。) ハッピーウォッチング。

ストーリーは非常に軽快で、好きなキャラクター、そして世界はすばらしく、私はこのファンタジーの世界を発見し、探検したいと思っています。

私は後で詳しく説明しますが、私はこのシリーズに5を与えます。私はこのシリーズが今後もより良い物語で続けることを願っています。ヘックは、同じ作家が7シーズンを持つ別のシリーズを行っているので、それは良い希望です。

3Dのそのすばらしいシリーズ

すべての人が自分の選択肢を持っていることを知っていると同時に、自分の好きなものは同じように嫌いです。私はこのシリーズが大好きです。私の好きな3Dのひとつです。あなたがこれを好きになると確信しています。

1つのアニメはあなたにもっと欲しい

私は最初からそれを愛していました。アクション、ロマンス、ドラマ、さらにはサスペンス。このアニメはあなたにもっと欲しいものを残し、あなたもキャラクターのために落ちるでしょう。そこにEcchiが好きな人にはこれもあなたのためのアニメです。もっとエピソードが来るのを待つことはできません。

Fanservice。どこでもFanservice。

犬の日は間違いなく、私が今まで見た中で最悪のアニメの一つです。私は正直なところ、この番組で償還可能なものを見つけることはできません。それはただひどいです。 代わりに、我々はfanserviceを与えられている。どんな人間よりも多くのファンサービスが消費されるべきです。善良な主人公、このショーの裸の女の子の量は驚異的です。
プロット(またはその欠如)は、魔法のように遊園地に運ばれてきた子供のことであり、住人は永遠に戦争に見舞われているようです。犬側と猫側があり、単純です。ショーでは、大きな混乱を招くような名前を投げるのが好きです。
このショーの興味深いアイデアは、戦争が友好的なスポーツ競争のようになっていることです。兵士が死ぬのではなく、戦闘で敗北した場合、彼らは丸いプルシェのような形になります。それは非常に巧妙なアイデアです、そしてショーがそれをもっと探検するのは残念です。

まず、オープニング・エピソードで確立した独自のルールを踏襲して、より多くのファンサービスを追加するだけです。主人公のキャラクターが戦闘中に敗北した場合、兵士が行うぬいぐるみのような形に戻ってしまうと思いますよね?違う。代わりに、主人公が敗北したとき、彼らの服は何の理由もなく剥がれます!主人公が警備員のグループに入っているシーンでさえ、長くて激しい攻撃を受けます。警備員はぬいぐるみに変わるが、主人公はそうではない。代わりに、彼女は裸のままです。
主人公といえば、それらのどれもが少しでも興味深いです。彼らはすべて、それらについて興味深いものを1つのメモパーソナリティキャラクターです。このショーは、いくつかのキャラクター(すなわち、猫と犬の軍隊の指導者)にとって興味深いバックストーリーを持っていこうとしていますが、非常に残念な結論に至りました。
ショーが進行するにつれて、可能な限り多くのランダムなものを追加することによってプロットを作成しようとします。これには、古代の呪い、リスの人種、アイドルのコンサート、デミゴッド、強制ドラマ、予言、そして最も長く、最悪の、最も嫌な魔法の女の子の変身があります。それは少なくとも約2分間続き、本当に恐ろしい光景です。説明するのは難しいですが、あなたがそれを見たなら、あなたは同意します。
このショーは誰の時間でも価値がありません。もしあなたがプロフでなくふわふわした愛らしいファンタジーショーを好きな人なら、他の場所を見てください。このようなショーになっても、これは簡単にバレルの底です。避けてください。

それを愛して、シーズンはどこですか3

私の娘と私はそれを待っています。
これは、子供たちが見るためのすばらしいショーです。私はこの素敵でかわいいアニメをお勧めします。3シーズンを待つことができません。ネット上で、それが出ていると聞きました。
このアニメがあなたのフィードに載ってくれてありがとうございました。

Definite Watch …

余裕があり、あなたの夢を押しつぶすアニメの準備ができているなら、なぜアニメーターが彼らの選択をしたのか不思議に思って、男性の主人公が女性に続いてアニメの世界に渦巻きますそれは…ですか..

グッド、クリーン、シンプルな楽しみ!

それがあなたが探しているものなら、あなたはこのショーに関する他の良い詳細レビューをたくさん読むことができます。

ショートバージョンです:カラフルで、時には愚かな、いつもかわいい、キャラクターの行動と一般的な態度の両方が、見るのが本当に面白いです。中学校のMCがあなたを心配するならば、中学生のすべてが実際の大人よりも大人であるそれらのダムショーの1つにしようとしなかったので、安心してください。「暗いもの」もありますが、バックストーリーの誰が他の誰よりも苦痛を感じているのは、キャラクター同士の競争ではありません。

あなたが見て楽しむだけのものを探しているなら、Dog Daysをチェックしてください。または、最初のエピソードを見るためにその時間を使用するのではなく、いくつかの詳細なレビューを読んで22分を過ごすと、それはちょうど良いことを参照してください…良い、きれいな、簡単な楽しみ!

私が見たことのある最も少女少年アニメ

非常にかわいい、非常にふわふわで、楽しいトーン、Dog Daysは、「戦争」がほとんど楽しいもので、悪魔でさえ見えないほど悪くない世界を通って、すばらしい気持ちで楽しいものです。プロットで特に重くはありませんが、私は正直言って、あまりにも多くのフィラーを持つ他の “深刻な”アニメのほとんどに毛羽立ちを好みます。たくさんのファンがいますが、超変態ではありません。お互いを憎んでいるのではなく、シンクの周りのすべての女の子だけが彼を愛し、お互いを愛したいと思うが、主人公のハーレムの状況で、私は天地無用のビットを思い出させる!非常にさわやか。

偉大だが終わりは弱い

私はこのアニメを愛し、半年ほど前にそれを見たとき、それは私の好きなアニメでした(その時)。だからなぜ私は3つの星を与えているのですか?第2シーズンと第3シーズンのために、ああ、私の神は2つの新しいシーズンは最初の笑に比べてかなり悪かった。それは私にショーをドロップさせた。ショーのプロットは、彼が彼が残した世界に彼の友人を連れてきたときに大きく変わった。それは別のアニメ、私が見るためにサインアップしなかったものに調整されました。私は最初のシーズンと2番目のシーズンを見ることをお勧めしますが、それ以降は何もしません。

私はそこにいるような気がした!

これは私がいつも悲しいと感じるアニメのタイプです。それはとてもうまく編成され、文字を完璧に開発しました!これは私があまりにもアニメにいるような気がした、彼らの側に沿って戦う。私はいくつかの部分で怒って、他の部分で悲しんで、ほとんどのことで幸せに感じた!彼らは私の感情を本当にうまくコントロールしました!

HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 海外レビュー

 あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森で巨獣に襲われている所をハンターの青年・カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親・ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。ハンターという職業に憧れを抱くようになったゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親・ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。
2011年10月2日 – 2014年9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

49

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

それが持っているエピソード数の歴史の中で最高の少年アニメ

このリメイクを4回見ました。それは絶対に信じられない。それは最初の12のエピソードまで遅く始まります。しかし、それは厳密にキャラクターを構築し、その深みと奇抜さを示すものです。私はNaruto、Bleach、One Pieceを見ました。148のエピソードで戦い、物語、キャラクターの開発がどれほどうまくいくかは何もありません。

唯一の欠点は、背中の傷害のために著者が彼の漫画で取る休憩である。警告してください。あなたがこのショーを見て、まだマンガの継続を望むなら。今戻す。あなたは非常に失望してしまうでしょう。

4つの良いアーク、それはカタツムリのペースにグラインドする

最初の4つのアークは十分に興味深いものでしたが、第1と第2のストーリーアークの間に新しいコンセプトが突然導入されたのは、ジョジョのバトルテンションとスターダストクルセイダーズの突然の移動よりも突然のものでした。何が起こっていたのか分からなかった正常な人間のバックグラウンドを提供する。

それは第5話の章までペーシングと一般的な結束を維持します。移行は急激であり、ペーシングは停止します。最初の章の26個のエピソードと比較して、最後の章よりも遅い61個の章の上に話が引き寄せられる。正直言って、私は4回目の章を50回も継続することができず、どのように終わるのかを調べなければなりませんでした。

偉大な物語、時間を見て過ごす価値がある。

ハンターハンターは素晴らしいです。偉大な物語と良い戦いのシーン、またゴンとキルアが育つと強くなるのを見て素晴らしいです。私はまた、人々がどのように特殊な、個々の剣の能力を持っているのが大好きです。非常識な戦術で非常に興味深い戦いシーンを可能にします。

うわー、私はこれが素晴らしいことを意味する

偉大なキャラクターとプロットで別の偉大なアニメ。私の兄は私にこのことを数年前に見せてくれました。私は彼に感謝することをやめることはできません。ショーはとても幸せで無邪気に始まり、暗くて憎しそうなシーンに変わります。
作家がより多くの漫画を書いたので、彼らがもっと作ってくれることを望みますが、あなたはいつも望むものを得ることはできません。

最高の歴史

これはこれまで最高のアニメです。私はストーリー、キャラクター、プロットが大好きです。私はHunter X Hunterのほぼすべてのバージョンを1999バージョンを含めて見てきました。ゴンは決して諦めない素晴らしいキャラクターです。Killua-Gonのベストは、Gonのために非常に気をつけている素晴らしいキャラクターです。クラピカはみんなに忠実で、とても親切な、すばらしい友人です。レオリオは、いったんハンターになったら医者になりたいです。一緒に、4つは、ドラマ、冒険、そして行動の長い旅を取る。これは地球上で最も私の好きなアニメです。それを見てください<3
素晴らしい!!!!!! 永遠に愛する

私はそれが良いキャラクターや物語のアーチをたくさん持っていると思うのでこのショーが大好き!私はもっ​​と待つことはできない。
私はそれに触発され、私は人が尋ねるたびに私の最高のアニメとして選択することをお勧めします。私は彼らが本当に私の誇大宣伝を見ているとは思わないが。もし彼らが唯一なら、彼らはもう少し充実し、人生に満足するでしょう。

少年ジャンルの最高のものの1つ!

まず、ある時点でHxHのアニメコンテンツがリリースされれば、私は非常に満足していますが、現時点ではショーが最も確実に視聴可能であると言わなければなりません。ストーリーが本当に終わったわけではありませんが、Hunter x Hunterは最後にかなり完全に感じられ、私に大きな影響を与えました。私はHunter x HunterとYu Yu Hakushoの両方の巨大なファンです。私は驚くべきことにこれらのショーは、彼ら自身のやり方でユニークな多くの異なる側面を持っています。
ハンターxハンターは、幸せな冒険物語のように思われるが、激しい暴力と戯曲で満ちていることが分かっている部分はほとんどない。いずれにしても、私はこのショーを、基本的には長いシリーズにしたいと思っている人にお勧めします。

これを見て楽しかったです

友人はこのアニメを私に勧め、エピソードの量を見て、私は懐疑的だった。私は最初のエピソードを見たが、魅力はまだそこになかった。しかし、さらに探検すると、私は恋に落ちました。キャラクターが進化する方法はとてもユニークでインスピレーションが湧きます。そして物語そのものは一貫しており、あなたが簡単に自分を失う可能性のある瞬間に満ちています。-サムズアップ-良い仕事、HxH。

少年少年

私は最初、このアニメは超退屈な、子供のアニメだと思ったが、深く間違っていた。このアニメは…まあ…私を再び笑顔にすることができます。それは本当に私が見ている最も安定したショーの1つであるだけでなく、shonenのジャンルのための新鮮な空気の息吹でした。私はこの傑作を見る時間を費やして本当にうれしいです。

エキサイティング、速いペース、フィラーフリー!

予想外にエキサイティングで、私が予想していたより面白い、そして全体的に新しいトップのお気に入り。
私はこのアニメを、可能な限り誰にでも推薦し続けています。ストーリーとキャラクターは、創造性、多様性、興奮、ユーモア、そしてエネルギーの中で、他の長編シリーズよりも優れています。フィラー(埋め合わせエピソード)はありません。飽くなきストーリーではなく、数字や見解だけに欠けているエピソードはありません。戦いの場面がなくても、アクションパックが施されています。しかし、たくさんあるので、心配しないでください。アニメの説明は控えめです。正確であり、ストーリーラインは実現しています。あなたはいつでも少しの大虐殺を期待することができます。
私は泣いて、笑って、シリーズ全体で応援しました、私はあなたも同様であると確信しています。

それは子供の夢です!

私は14歳で本当にこのアニメを楽しんだし、今でもやっている。私が許可されていない場合でも、エピソードを見てビンゴ。それはあなたがファンタジーと冒険が好きならそれは完璧ですので、とても革新的でとても楽しいです!友情は貴重なものではなく、感情はとても動いています。

簡単にお気に入り。

エピソードの最初のカップルはあまりにもいくつかのように渋いと思われるかもしれませんが、彼らは幾分一般的ですが、それに固執する。
これはいくつかの子供番組ではありません、それは実際には非常に成熟して暗い(しかし、適切な量)

それは優れたストーリーで、爆発や巨大な胸の女性に依存する必要はありません、それは本当に少しドラゴンボールより現代的なバージョン、冒険のようなものです。
しかし、Gonについてのすべてのものではなく、他のキャラクターが良いものにスポットライトを当てる一方で、出現直後にも死ぬ人さえも、十分な量のキャラクターを得ることができます。

真剣にこれを見てください、なぜ私はナルトとワンピースのように人気がないのか分かりませんが、それは私の意見ではどちらよりも面白いです。

多くの理由で楽しい

私はハンターxハンターについて考えているとき、頭に浮かぶ最初の言葉は間違いなく多種多様です。狂気のような胸を盛り上げるアクションからコメディまで、私は何度も私の部屋で一人で笑うほどばかげている笑。ハンターxハンターは、素早く私のナンバーワンのお気に入りになり、すべてのエピソードでもっと決定的にその場所を確保するアニメです。

この時点でまだ進行中ですが、私はHxHのほぼ半分までみました。私はそれを毎分愛しています。このショーでは、1分ごとに問題があるからです。あなたは重要なこと、陽気なこと、または単に一般的に面白いことを見逃すことはできません。私はHxHのバンドワゴンに遅れていたし、約10回のエピソードの後に​​、私はこれを知るのが遅く、それを残していた自分自身に怒っていた笑。私が今言うことができるのは天国です。私はついにこのアニメを撃ったのです。NEWCOMERS。長さによって消さないでください。あなたが腕時計をはめるとき。それはそれ以上に重要ではありません。私が初めてこのアニメに追いつく時間や動機があるかどうか心配していたところ、私は今追いつくことを心配し、各エピソードのために1週間待たなければならないことが分かった!そして、それらのエピソードに飛ぶ。

興味深いユニークなキャラクターの配列は、本当にこのシリーズを作るものです。HxHは、埋め合わせと一緒に行くこと、クリシェを楽しむ​​こと、暗くて気味悪い、光とふわふわした、そしてその間のすべてを実験することを恐れることはありません。愛らしい、恐ろしく強力な主人公2人とその絶え間なく変化する社会のおかげで、あなたは愛する人、嫌いな人、またはまったく簡単な人ではありません。しかし、常に成長しているキャストがなくても、GonとKilluaは本当にこれを特別なアニメにしています。このアニメを見ることは(アニメのペースではすばらしいものの)、このアニメを愛する主な理由は、すべての友だちや自己発見の兆候を経験することです。忘れてはならないのはもちろん、奇妙なお尻のヒロカは、ケーキの桜です。

全体的にこのアニメは単に楽しいものです。それは、その言葉のあらゆる意味において、中毒性、興味深い、多様で面白いものです。それは本当に誰にとっても何かを持っているアニメです。絶対に見てください。

フラクタル FRACTALE 海外レビュー

 あらすじ

22世紀に確立された世界を管理する「フラクタルシステム」。それはネットワーク化された数兆の計算機の総体で、人体に「フラクタルターミナル」を埋め込みライフログを定期的に高々度浮遊サーバに送信することで全ての人が基礎所得を受け取ることができるシステムである。これによって、働く必要も争う必要もなくなり、人類は楽園のような生活を手に入れた。そして、「ドッペル」と呼ばれるアバターを使うことによって、どこでも好きな場所から自由にコミュニケーションを取れるようになって以来、多くの人は定住せずに悠々自適に暮らす個人主義の社会が形成されていた。

しかし、システムの恩恵が得られてから1000年が経過し、電波を中継する「バルーン」の殆どが故障し、システムは崩壊の危機にあった。だがもはやシステムを管理する「僧院」ですらシステムを修復する術を忘れてしまい、残された手段は再起動だけだった。

この世界で珍しく家を構えドッペルも持たない少年クレインは、ある日システム再起動の鍵となる僧院の少女・フリュネと出会う。クレインは、フラクタルシステムを否定する「ロストミレニアム」の一派「グラニッツ一家」に追われていた彼女を保護するが、翌日彼女はブローチを置いて消えてしまう。残されたブローチを解析すると、中からネッサと名乗る少女のドッペルが現る。
2011年1月13日 – 3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Eh5tDuW25e8(公式)

910000322

✳以下クランチロールからのレビューになります

偉大な話、素晴らしいレッスン

この話がその核心であるジャンルに留意してください。生き生きとした生き生きとしたキャラクター、紆余曲折があり、最後に道徳的なものがあります。あなたが座って、リラックスして、全体としての経験を完全に楽しむことを確認してください。どんな傑作と同じように、最後にすべてが沈む時間を与える必要があります。

ラフでダイアモンド。

この年前に見ましたが、私はそれが宝石であることを覚えています。まだ見劣りしていない高品質の時計キャラクターはユニークで、初めはストーリーそのものが軽快ですが、興味深いものです。また、全体的な感触が活気のあるアニメーションとうまく一緒に流れるように感じます。10/10は再び見る

良いストーリー、ほとんど終わりまで

ストーリーやアニメーションは全面的に強い。キャラクターは生きていると感じ、信じられない動機を持っています。結末は科学的には意味をなさないが、感情的に満足している。トリガー/

素晴らしいSF映画のショーと未来の警告

正直なところ私のお気に入りの番組の一つ。Fractaleは(ほぼ)皆が拡張/仮想現実に夢中になる未来を提示します。このショーでは、デジタルライフスタイルの結果を探求し、取り除くことができたら何が起こるのかという疑問を尋ねます。Dystopian Sci-fiのオタクを監視する必要があります。私は、それがイヴの時間と同じ道徳線に沿っていると言うでしょう(また、見る必要があります)

妨害と派生

私はFractaleが不安定で派生していることを発見した。それは私の最初の「小学生飛行船」ショーでした。私はとても失望しました。私はそのジャンルの他の例を探しました。私はLast Exile、Eureka Seven、そして私の名前を逃した第3のショーを見に行きました。そして、3人ともFractaleよりはるかに優れていました。言うまでもなく、3人ともにはるかに良い結末を持っていた。

友情の叙事詩

最初のエピソードは、私が見続けるように多くの質問を提起しました。物語は、人々が人間を作るものを失った世界で生き残るための友情と闘争の1つでした。ショーは間違いなく見る価値があり、誰にとっても何かがあります。

あなたはそれを見る必要があります

正直なところ私はこのショーについて最初に何を考えるべきか分からず、ショーの何かがエピソードの後に​​エピソードを見守っていた。私は一晩でそれを終えてしまいました。本当に楽しかったです!5/5(実際にかわいい状況が終わるのを実際に見るための吸盤。)超かわいい。

キルミーベイベー 海外レビュー

 作品概要

カヅホのデビュー作品。最初はデビュー作品の練習用プロットの1つであったが、そのままネームを仕上げたものが『まんがタイムきららキャラット』に読み切り作品として掲載されることとなり、「不定期連載」の状態が半年ほど続いたのち、正式連載となった。

ごく普通に学校に通う「殺し屋」の少女・ソーニャとその友人・折部やすなが繰り広げる、コミカルで少しバイオレンスな日常を描く。キャラクター数は4人と非常に少なく、基本的に主人公のやすなとソーニャの掛け合いだけで話が展開される(カヅホは本作を「漫才コント漫画」と称している)。カヅホいわく、「当初は『まんがタイムきららキャラット』に溶け込めるよう日常系漫画を目指していたが、何か変なことをしないと生き残れないと思って、思い切ってギャグ漫画にしたところ好評だったため、ギャグ路線の芸風になった」という。

2011年7月28日発売の『まんがタイムきららキャラット』同年9月号表紙でテレビアニメ化が発表され、2012年1月から同年3月まで一部TBS系列で放送された。(ウィキペディアより引用)

1-14032Z43428

✳以下myanimelistからのレビューになります

私はこのレビューを書かなければならないと感じています。多くの人がそれを手に入れていないからです。このショーは真剣に受け止められるものではありません。それは冗談だ。これは、キャラクターが大幅に変化し、インスピレーションを与えるロマンチックなコメディではありません。このショーは単なるランダムです。それは決して面白いことをやめることのないプープージョークのようなものです。だからあなたがこのショーを見ることを考えているなら、これらの質問を自分自身に聞かせてください。私はコメディーのランダムな行為が好きですか?強いプロットが好きですか?一般的な文字が好きですか、時間の経過とともに変化する文字が好きですか?これは、本当のコメディを理解していない以前の批評家には、私が落胆するかもしれないと感じる新人のためのものです。

コメディーシリーズの面白いことは、あなたが「クリック」するか、そうでないことです。 Nichijouのようないくつかのシリーズにはいくつかのエピソードがあるかもしれませんが、Kill Me Babyはもっと即座に(あるいは浅い)、実際にこのシリーズを見たいかどうかを決める最も良い方法はスケッチを見ることですまたは2つ。それは、キル・ミー・ベイビー(Kill me Baby)のエピソードのすべてです。スクリーンに直接翻訳された4-komaギャグの急速な継承です。

ヤスノとソーニャは、キャラクタリゼーションに関してあまり得意ではありません。彼らは、マンザイコメディから伝統的な狂気の頭と怒っているストレートマンです。アギリは、適切なキャラクターではなく、追加のジョークのための一層の支柱です。芸術は、サウンドトラックのための最小限のものです。 OPは、慣れてくるのに数回かかるかもしれない奇妙なポルカで、EPはすてきなダンスムーブを伴ったかなりキャッチーなポップチューンです。

音といえば、声優は爆笑の仕事をします。ヤスノは比較的新人だが、ソニーは女の子よりも男の子を演じる役割が多いが、彼らはショーを運び、それ以外の面では面白いようなジョークを作る。アギリの声は高くて迷惑ですが、それは彼らが目指していたものだと思います。そして、釘宮のキャラクターが短いスティックを手にするのは大歓迎です(彼女は赤毛の “未使用のキャラクター”です)

Kill Me Babyは、JCスタッフが主力プロジェクトに割り当てる予算のほんの一部を使用しますが、人間が可能な限り多くの笑いを円で圧縮します。次回は、精巧な戦い、複雑なプロット、哲学的探究の気分に陥っていないと感じるときに、それをスピンアップしてください。

J.C.スタッフは、次のレベルにアニメを撮影しました。今回は、アニメがいかに安価に行われているかを考えているかもしれません。彼らはモダンなB型の萌えアニメのニッチをもう一度カバーしているが、このシリーズでは、現在放映中の他のアニメから手に取っているか、あまりにも多くの労力をかけても気にしないことが明らかであるそれに

OPから始まって、それについて唯一言うことは恐ろしいことです。この曲はキャッチーではなく、歌うのは完全に外れていて、OP時のアニメーションは平均的ではありません。あなたが歌詞から聞いた3つの思い出深い言葉は、まあまあです。 EDのほうがほんの少しだけ良いですが、あなたが馬鹿な歌詞の組み合わせを見つけたかどうか、歌を少し曲げただけではなく、あなたの好みに合わせてシンプルで退屈なアニメーションが得られます。

OSTはそうではありません。具体的に言えば、適切なバックグラウンドミュージックが存在せず、アニメの大部分は声や音響効果だけで支配されています。その少しの背景が含まれている部分の音楽は、全く目立っていません。これとは対照的に、これは非常にうまく機能する声を補完すると言えるでしょう。独創的ではありませんが、まだショーの雰囲気に合っています。

声優のために雇われたキャストは、対象視聴者の期待を満たすために雇われたことは明らかであり、30秒間の視聴から容易に識別できるはずです。それは平均です。 K-ON Yui Baka archetype – Yasunoは、Yuiの奇妙だが面白い声を連想させる声の瞬間がありますが、それについては特別なことは何もありません。

これはマンガの適応ですので、私は文字のデザインにはあまり触れません。簡単に言えば、文字のデザインは非常に、私は非常に独創的ではないと言います。確かに、あなたはおそらく十分なアニメを見ていない場合は、わずかに異なる特性を持つこれらの文字を他の場所で見たことがあります。アニメはマンガのキャラクターデザインに忠実なので、マンガを楽しんだ人にとってはプラスです。文字についてもあまり言い表せません。彼らは非常に典型的で、他のアニメでも見られる性格を持っています。キャラクターがやりとりするやり方はやや爽やかですが、これらのやりとりに過度にスラップスティックな感触は、おそらくシリーズが放映されてから繰り返されるようになります。私は、文字の対話と行動がいかにクリシェであるかを述べましたか?

このアニメから何も期待しないでください。実際のキャラクター開発の約束はあなたのAタイプにはありません。そして、ジョークはおそらく、何もショーを見たことに慣れていない人にとってはあまりにも古くなるでしょう。正直言って、J.Cスタッフはこのアニメで大丈夫でした。アニメの雰囲気は全体的に「安い」、「Moefagsのみ」(これはJCスタッフのこの未来的なショーへのアプローチだと思う)だが、JCスタッフはおそらく21世紀のBタイプのニッチを満たすことを意味していた。むしろこのシリーズを楽しむだろう。

私は数ヶ月前にyoutubeの子供を殺すのコンテキストからいくつかのシーンを見て、公正であることを覚えていた、彼らは面白いほどランダムだった。キャラクターは風変わりで、状況はばかげていました。これは、このタイプのコメディが成功するか、少なくとも楽しいものである必要があるかだけです。私が間違っていた最初のエピソードを見てすぐにすぐに明らかでした。

キル・ミー・ベイビー(Kill me baby)は、ばかげた前提を設定した後、それまで暮らし続けることのない一連のシリーズです。コメディーは、完全に痴漢的で奇抜であるが、キャラクターベースのジョークの快適ゾーンを決して残さないしかし、それは単にショーを前進させるのに十分ではありません。

ばかばかしい前提は、同じ真っ直ぐな定式化されたジョークの真っ直ぐな繰り返しによって、すぐに単なるギミックに変わります。彼らはすべて同じように演奏する:Yasunaは何かばかげた演奏をする。彼女は邪魔されたSonyaの暗殺者によって暗殺され、Agiriは忍者が無作為に何かをするのに対し、彼女はそれが起こっている間は…一般的に、それは始まります、それはまるでそれが聞こえるほど刺激的です。

しかし、それを超えて、3人のキャラクターは、12の全編エピソードのコメディ番組を運ぶだけでは不十分です。私が考えることができるすべての成功したコメディーシリーズ – Azumanga Daiohは、ショーが膠着状態に達するのを妨げ、長さにもかかわらずショーを比較的新鮮に保つような多様なサイドキャラクターを持っていました。

この時点で私はキル・ミー・ベイビーが3分間の短いシリーズであればどうしたらいいのだろうと思っています…私の友人がシリーズにコメントしたように:「それを週に見たときには耐えられました。私の経験から言えば、私がKill me Babyのエピソードを見た回数が多いほど、それを引き抜くのが難しく、そのルールをより抽象的なレベルで適用することによって、それを全く見ないほうが良いということです。間違いなくオープニングトラック「キル・ミー・ベイビー」は、すべての時間のショーのための最悪のオープニング・ソングは、あなたが一度それを聞いた後、最初は奇妙で反復的なショー全体をかなり表現している。離れてください。

神様ドォルズ 海外レビュー

 あらすじ

閉鎖的な故郷・空守村を離れて東京での一人暮らしを始めた大学生・枸雅匡平の元に、空守村で神と崇められる「案山子」を操る「隻」の資格を持つ妹・詩緒が訪れる。それは、かつて村で惨劇を起こして幽閉された匡平の幼馴染・阿幾が脱走したことを伝えるためだった。匡平と阿幾の因縁の背景には、かつて村において新任の女性教師瀬能千波野がレイプされた上で殺害された事件があった。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=-LWNPKrMqjI(公式)

第一話 神はきたりて
第二話 神様の特訓
第三話 攻め来たるは…
第四話 ヘルマ
第五話 故郷へ…
第六話 空守村
第七話 追憶の肖像
第八話 神様の役割
第九話 因縁の渦
第十話 美姫、繚乱
第十一話 囚われの日々乃
第十二話 暴走
第十三話 隻・枸雅匡平

main

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

神としてのボウリングピン

「かみさま人形」の本当の星は、井本、うどんです。彼女ははるかに好ましいキャラクターです。兄弟/男性のリードは、典型的な “外傷的な隠れた過去の騒ぎ”です。女性の鉛、日比野は、典型的なアニメタイプではありません。彼女は男性に恋して弱くも愚かでもありません。彼女は実際によく書かれ、声がかかっています。敵、Yoshiro and Co.は、ライバルほど敵ではありません。サイコ殺人者は大きな敵です。サイドキャラクターとサブ/サイドプロットは、多くのショーで典型的なように、うまく包まれていません。ボーリングのピンを戦うのはちょっとばかです。行動は目覚しいものではない。これをRom / Com / SoL / Supernaturalのショー、戦闘/メカよりも見てみましょう。私はそれを悪化させないように思われるので、おばあちゃんの顔の使用が好きです。まともなリスト、3.5 – 3.75に加えなさい。

私はそれを愛し、私はより多くがあったほしい。

私はランダムな特徴を使ってこのシリーズを見つけました。私はそれを本当に楽しんでいたことにうれしく驚きました。ショー自体はあなたが見ている最高のものではありません、私は他の人がそれを好まない理由を理解することができます。それについて何か私を吸った。私は文字Aki&Koushirouが好きだった。私は別の季節がなかったことに腹を立てている。結末は非常に急いで、最後のエピソードのクレジットの後に1分のクリップではなく、シリーズに本物の結末を与えるために、OVAまたは少なくとももう1つのエピソードがあったはずです。

WTHそれは終わったのですか?

この話と人物は絶対に愛されましたが、その終わりは…私は何を言いたいのか分からない。それは恐ろしい恐ろしいものでした。アニメのエンディングで私が見たことのある最大の恋人です。それは、彼らがフラッシュバック/フラッシュフォワードでシーズン全体を最後の5分間にパックしようとしたようなものです。ショーの残りの部分は素晴らしいですが、3つの星は私のためにそれを台無しにしてその終わりに基づいています。

私が期待するよりも良い

まあ、私はこのシリーズで何を期待するのか分からなかったが、それは私が期待していたよりも良かった。最初のエピソードは私の注目を集めたものです。

Kyouhei、過去は私がもっと見ることを続けたものです。私は彼が過去に隠していたことを分かち合いたいと思っていました。アキ、ライバルはまともだった。私は、エピソードを通じて彼がもっといたかったと思う。その理由から彼の性格は後のエピソードではあまり見せられませんでした。彼(Aki)&Kyouheiの争い、ドラマ&過去は私を見守ってくれるもので、その間に何があるのか​​を知りたい。しかし、あきのキャラクターはあまり後では見せられませんでした…ええと、杏平とあきの過去の出来事を見つけましたが、私は二人の間でより多くの交流を望んでいました。

うたは、愛らしい、彼女は私のお気に入りだった。日比野には大きなメロンがあります。サイドのキャラクターは役に立たないように見えるかもしれませんが、少数のエピソードの後で、あなたはそれらがストーリーに収まる場所を見ています。

全体的に、私はシリーズが好きで、私を驚かせました。私はそれをお勧めします。

私はなぜこれを最初に見たのか覚えていない。

不思議な過去を持つメインの主人公、チェック。かわいい妹と弟のフェチ、チェック。バクソムは他のキャラクターの力を欠いていることを愛しています。私たちの主人公の白髪の友人は、敵をチェックしました。私たちのヒーローとの関係を説明できない新しいキャラクター。おもちゃを売るかわいいマスコット、チェック。メインの主人公に対する頼りない愛を持つキャラクター、チェック。あなたが見ることができるように、それは非常にきれいであり、すべてが上手です。キャラクターはすばらしくデザインされており、アニメーションは滑らかで流動的です。私はこれまで以上にアニメを楽しんだと思っていました。しかし、私はこのアニメには2つの大きな問題があります。

問題はアキとキョーヘイの悲劇的な過去が秘密であることです。日比野は、この悲劇的な物語を知ってはならない唯一のキャラクターです。当時は誰もが自分たちの村にいたので、たとえ彼らがそれについて話をしていなくても(そして人々の話を心に留めて)、これを秘密にするのは難しいでしょう。これは鑑賞者のための秘密となります。黙示録は物語そのものに関係しないので、最終的に無意味です。それは、私たちの秘密である必要がない関の姿勢に対する京平の姿勢を正当化するだけです。彼らはエピソード1で私たちに語っていたかもしれませんし、私たちの気持ちをこのようなキャラクターに変えないでしょう。
第2の課題は、この話に明確な結論がないことです。終わりはもっと約束しますが、私はそれをまだ見ていません。彼らには、伝えるより多くのストーリーがあるようなものです。私は再び彼らの物語が探究されない場合、なぜこれらの影の人形マスターを紹介するのですか?終わりだけでなく、キリオの起源も明らかにされていますが、疑問の余地はありません。彼らは彼らの説明を受け入れ、それは次のエピソードです。
このショーの興味深い側面は、十分に調査されていないが、シリーズの過程で行われた一般の注目と被害の量です。
彼らが実際に話していることを考えれば、これは1時間の映画で合計されている可能性があると確信している

私はまだシーズン2を待っています…

私のためにこのアニメは本当に素晴らしいですが、私はいくつかの問題があることを知っていますが、私は本当に “シーズン2が出てほしいと思っています。そのような良いアニメのような正しいエンディングはありませんでした。それは3年以上続いていますが、別の季節にふさわしいと思っています。私はまだそれを待っています。本当に「いつかは出てくることを願っています。

上三人形フィナーレレビュー

[これはもともと私のブログMoeMonsterで見つかったブログ記事でしたが、Konseptual.comに移動しました]

私は最後のサンバを神様の人形のオープニングに踊ったばかりです。言い伝えのように、すべての平凡なものは、「次の話になる」ために終わらせる必要があります。他の決勝と同様に、シリーズに関する考えの前に最終的なエピソードについていくつか考えます。

よう皆。神山人形へようこそ、信じられないほど矛盾する瞬間とショー。1分には、かわいい女の子が料理を壊すことになり、次の分には十数個の血まみれの体が床に散らばります。13のエピソードでは、キャラクターの大規模なキャストはかなりよく開発されていますが、何も起こらないような明白な理由はありません。また、ショーへの実際の結論もありません。

主なストーリーがあります。古賀恭平は、大都市の村を去って過去を逃れる。過去が超自然的なものでいっぱいになってしまった。それはかなりいいよね?また、最初のエピソードで紹介されたアンタゴニスト、アキーもあります。彼はまた、村から出て、逃げた有罪判決と明らかな精神病です。彼はKyouheiとある種の歴史を持ち、最も目立つように、超自然的なロボットのことをコントロールしています。それはさらに興味深いね。まあ私は確信していた。しかし、13のエピソードの過程で、ショーはこれらの2人の主人公とその物語を無視するのが一番難しいようです。

ショーのアニメーション、音楽、またはあらゆる生産上の価値に間違いはありません。ショーはミュートされた色まで、少しレトロなル​​ックスとフィールを持っていました。オープニング・ソングは、確かに魅力的でブラジル人で、毎週私を混乱させました。彼らは、ロボットやカカシがショーを通して作り出す音に似て、日本のフォークソングにふさわしい何かをやっていた可能性があります。

繰り返しますが、それは私の心の中での問題です。ソースとは関係なく、アニメがアキ、恭平&宇宙のメインスレッド、村と都市の対立にとどまっていれば、100回も上回っていた可能性があります。他のすべてのロボットユーザー、または関の紹介は、より重要なキャラクターから時間を奪いました。

私は実際に多くのキャラクターを楽しんだが、そこにいることはそれほど必要ではなかった。モヤコは良い例です。カカシの修理士の村の少女は、素敵な瞬間を持つ素敵なレベルのキャラクターですが、残念なことに、彼女はその話にあまり重要ではありません。これらのキャラクターの多くはよく書かれていましたが、全体的にアウトオブプレイスでした。

キャラクターオーバーキルに加えて、私がショーで持っていたもう一つの問題は、プロットのすべての穴でした。あるいは、おそらく、プロットに対する常識の欠如。特定のインシデントに名前を付けることなく、以前に起こったことにほとんど注意を払わずに、彼らが進んだときに話の一部を構成していたように感じました。例えば、あるキャラクターは他の人に、Bは起こりBは悪いので、Aはできないことを伝えます。しかし、AはBなしで何度も何度も起こります。私の心の中で最も大きな穴は、私がすでに持っているので、具体的に名前を付けることができます。私たちが週に一度紹介されているキャラクターはショーの後にショーをします!私を信じて、文章は意味をなさない理由があります!

私は正直に言って、私は上三人形をお勧めしないと言います。おそらく、追加の素材でブルーレイが出てきますが、13のエピソードは最高です。ショーにはコメディー、アクション、超自然的なもの、ロボット、ファンサービス、ホラー、巨人のおっぱいなどがあります。しかし、おそらく巨大なお尻を除いて、何もうまくいっていません。私はキャラクターと軽い瞬間のいくつかを楽しんだが、それはそれについてだった。ショーは大きな前提を持ち、少数のエピソードの後でさえ、このシリーズがうねりを感じる可能性があると感じました。その考え方に沿って、ショーがあなたにはうってつけだと思いますが、これを見て二度考えてください。

これらの記事で進化してきた他の「評価されない」テーマは、「いつでも、これを見て、落としたかったのですか」というスケールです。これに対する答えは「はい」です。私がほとんど見ていなかった瞬間がありました。詳細がなければ、そのような瞬間の1つはシリーズの途中でフラッシュバックのエピソードだったし、それは大変恐ろしいことだ。真面目に言うと、バックストーリー(シリーズの全理由)が重くて重いと思われるように、それはちょうど混乱した偶然の混乱です。全体として、今まで見たことのない最悪のショーではなく、2011年の夏のシーズンにも見えましたが、それにもかかわらず、忘れられません。

それを愛しましたが、私はそれが適切に終わったと思います

私はこのシリーズが大好きでしたが、閉鎖をするためには卵があることを望みました。私はシリーズの肯定的な点のいくつかは、シリーズ全体を見たいと思うように私を引っ張ってきた非常に興味深い最初のエピソードを持っていたと思った。神様の夢中のテーマ曲も面白かったです。
私は最後のエピソードが物事を上手く結びつけなかったので、ショーに5つ星を与えることができませんでした。それまでは素晴らしい話でした。シーズン2を希望するのはちょっと遅かったと思います。
もっと少なく

平凡な、しかし面白いプロット

超自然的/公式の少年。非常にうまく始まり、物語は私に2番目のエピソードに引っ掛かっていた。ほとんど半分を落としたが、それを見守ることができた。他の批評家が指摘しているように、この漫画派生シリーズは最初のシーズン後にキャンセルされました。シーズン終了のフィナーレは残念だが、決して作られなかった次のシーズンのステージを設定する役目を果たしているだけだ。キャラクターはうまく融合されていませんが、私は全体的なプロットが好きでした。

最近の多くのシリーズと同様に、このシリーズは軽度から中程度のファンサービスに苦しんでいます。日比野が完全に切り離されていれば、物語はより良くなっていただろう。しかし、このシリーズでは、シリーズの途中で先生のキャラクターが紹介されて楽しく驚きました。

偉大な季節ですが、未完成の物語です。

これは素晴らしい第1シーズンです
が、残念ながらそれは続きませんでした。
それを見てください、それは良いです
が、それが完了すると糸が緩んでいることに注意してください。
あなたは想像力で冒険を続けなければなりません。

魔法少女まどか☆マギカ 海外レビュー

 あらすじ

鹿目まどかは見滝原中学校の2年生として平凡に過ごしていたが、ある夜に見た夢の中で、巨大な怪物に破壊された市街地で傷つきながら応戦する少女を目撃し、ネコ・またはウサギにも似た白い生き物から「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と告げられる。翌朝、その夢で見た少女・暁美ほむらが見滝原中学へ転校してくる。ほむらはなぜかまどかのことをよく知っており、「今とは違う自分になろうだなんて思わないことね」と、謎めいた警告を残す。
2011年1月7日 – 4月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=ks8WPvlQpbg(公式)

recommend_5001

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

独創的でスリリングなシリーズ

私は本当にこのシリーズを楽しんだ!最初の3つのエピソードは難しいですが、それ以降はこのシリーズの肉に入るようになります。それは、シリーズが進行するにつれて掘り下げられている奥深い前提を持っています。あなたは本当に魔法の女の子を意味するものを学びます!

ベスト・マジカル・ガール・アニメ

このシリーズを見ているのは2回目です。本当に理解して感謝するには、少なくとも2回は見る必要があるからです。PMMMは、ダークトピックをカバーする美しいショーで、軽くて爽やかなアートスタイルで起動します。私はそれがどっしりとした外観を持つ無意識の人々に引き寄せられるのが大好きです。しかし、ほとんどのものと同様に、物事は常に彼らが見えるものではありません。私は何年も何年もアニメを見てきましたが、PMMMは今でも常に好きです。

全く気が狂ってガーリー…全く嘘をついていない

今すぐショーの視聴を開始する必要があります。いいえ私は真剣です。私はスポイラーフリーのレビューをするだろうが、ショーが損なわれていないかのようにそれは不可能である。
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります
このシリーズ全体は素晴らしかったです!彼女はシャーロットと戦っていた時、マミはちょっと頭がいっぱいだった。Homuraの裏話とMadokaとの友情、時を経て無限の戦いを戦う。彼女は絶望に陥り、京子は彼女と一緒に犠牲になる。ストーリーと音楽は素晴らしいです。私が今まで聞いたことのない最高のアニメサウンドトラック、そしてEDは素晴らしいもありました。まあ私は言わなければならないことです!

絶対に輝く

可能な限り最も面白いクリシェの前提であるように見えるものは、素早く心を壊すようになります。すべてのトロピックは目的を持っており、弱いファンサービスとして、または従来のためにそこに投げ込まれるだけではありません。マドカの日常的な存在が驚くほど現実的なものになって、不器用な(そして私はいくつかの、馬鹿な)代替の世界の魔女達と衝突することになるだろう。ほとんどのショーは、これらの種類の魔法の魔法を完全に世俗的に見せる問題に遭遇します(私はあなたにブラック・クローバーを見ています)が、Madokaはこれに苦しんでいません。あらゆるオンスの魔法は危険だと感じています。キャラクターは、彼らが遭遇する恐怖に、理解可能で信憑性のある方法で反応する。

あなたがクールな猫なら、あなたはそれを見て、あなたはそれを愛するでしょう。あなたが素晴らしいものを感謝していないschmoなら、典型的なShounenコピーキャットに固執するだけです。これは5つ星です。

もっと長くする必要がある!

これまで最高のアニメ。「私のボーイフレンドと私は涙が出て、誰もそれを捨てるとは信じられない!!!!!唯一のショーだが、マドカの信仰と信じると、私は悪い気持ちを止めることができない。このアニメ/マンガシリーズに関連するものをすべて読んで見て、100%がお勧めします!
 

はい、誇大宣伝は合法です

あなたがこのショーを楽しむかどうかのフェンスにいるなら、それを見てください。素晴らしいレビュー、ミックスされたレビュー、または貧弱なレビューを聞いたことがあるなら(後者はそうではないかもしれません)、それを見てください。あなたが魔法少女のファンであるかどうかは、それを見てください。中年から中学生まで、そして、このショーを見る必要がある方は誰でも。あなたは永遠にあなたの認識を変えます。

私は魔法の女の子ショーを見ない

私は魔法の女の子ショーを見ることはありませんが、これは私が今まで見た中で最高のアニメです。アートワークはGORGEOUSで、文字はあまりにも簡単に付けられる。このショーの広告/表紙の明るい色は、それに含まれる暗闇を覆い隠しますが、恐怖を感じさせません。それはあなたを失望させません。

アクション、ドラマ&ミステリー!

他の批評家がいつもの女の子達が魔法のアニメよりも暗い時に何を意味しているのか分からなかったので、私は見守ることをためらった。その記述は少しあいまいかもしれません。これが本当に素晴らしい時計であることが判明したので私はチャンスをとったことがうれしいです。アクション、ドラマ、そして謎がすべてこの短い12のエピソードシリーズに巻き込まれました。

それは、魔女を倒すことによって人生を救うのに役立つこの偉大な力として魔法に導入された少女たちから始まります。最初は素晴らしかったですが、状況の現実が現れ、彼らは魔法を実感し始めました。すべてが楽しくてゲームではありません。それでは、なぜ魔法の女の子が生まれたのか、魔女の存在を知るように真実が解明され始めます。最後に、新しい女の子が誰なのか、どのように彼女が共有しているかを知っているように、ドラマとミステリーが混ざり合っています。

この話は、フロントシートに友情を置き、人々が愛する人のためにどこまで行くかを示しています。

絶対に素晴らしい!私はずっと早くそれを見ていたことが欲しいです!

これまで私が見た中で最も優れたアニメの一つです。私は最初のエピソードからそれを愛していました。私はそれほど時間を掛けていないので、最後にこれを見ていきたいと思います。すべてのキャラクターはよく考えられていて、プロットはとても良かったので、私は12のすべてのエピソードで魅了されました。このアニメを見て後悔することはありません。確かにあなたの典型的な魔法少女アニメではありません。

ストリートからのリアルマザーファッカーギャングスターズ

私はこのアニメを見て、それはかなり良かった。それは良いプロット、良いキャラクター、良いアクションシーケンス、および特殊効果に費やした500万ドルのように見えたものを持っていました。それは良かったし、全体的に、私はこのアニメを良いと評価しています。

このショーは主に、今日の若者に深く関心のある老いた男性に合わせて作られています。私は魔法の女の子が収集するショーの悲しみの種が実際には老人精液の莫大な量の象徴であるという理論を持っています。
敵と戦うとき、真美は彼女のスカートから無数の散弾銃を出すが、まったく示唆していない。
桜井杏子が最後の一本を棒で食べた後に舌をしたとき、同時に500回も来て、老人精液の量が天の川を形成しました。

このショーは非常にエモです。あなたが非常に自分自身をemoしている場合を除き、実際にすべてを見てみると非常に不必要に苦しい経験をするでしょう。ストーリーの出来事は、たとえ私にとってさえ、何かのキャラクターが何かでなければならないものを正直に考え直すために、一瞬を要するような、私はまだあなたの心配を理解していますが、なぜあなたはまだそれを気にかけていますか?多くのことが起こった後、それは何ですか?それではまた、キャストが女性だけであると考えると、それは完璧で完全な感覚になります。

結論として、あなたは3つの事のいずれかであれば、このアニメを見ることができます:
1.日陰の老人
2.同性愛者
3. ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 〜

あなたがそれらのもののいずれかでなければ、あなたはおそらくこのアニメを見て、
“このゲイウェッブのたわごとは何ですか?

ベン・トー 海外レビュー

 あらすじ

寮暮らしをするビンボーな高校1年生・佐藤洋はある日晩ご飯を買いにふらりと立ち寄ったスーパーで半額シールを貼られた弁当に手を伸ばす。しかし直後に意識を失い、目を覚ましたとき彼は精肉コーナーの前で倒れていた。既に半額弁当は消えており、残っていた惣菜もその場にいた他の人に買われていく。仕方なく売れ残った梅おにぎりを手に取ろうとした際、同じ学校であるメガネをかけた少女・白粉花と出会い、またその様子を眺める1人の女生徒に目を奪われる。

このスーパーで一体何が行われているのか確かめるため、翌日からスーパーに通い詰めた佐藤は《氷結の魔女》と呼ばれるその女生徒・槍水仙から狼と呼ばれる者達の争い《半額弁当争奪戦》について説明され、自らもこの戦場へと足を踏み入れることとなる。
2011年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

442974

✳以下myanimelistからのレビューになります

時代は厳しく、世界的な経済危機や景気後退の中で、ますます多くの人々が狩りに参加して最高のバーゲンを見つけました。しかし、人生の何かと同様に、経験は重要なものであり、お金を節約する方法で退役軍人は通例、通路の戦いで優位を占めます。店のバーゲン商品を見つけるための自然な才能を持っている若いホットスポットがいくつかありますが、真実は割引食料品があるところは間違いなくそれらを支配する王と女王です。

今、それはあたかも完全なパラグラフが、無意識のうちにオールアウトで抱き合っている高校生のSatou YouについてのAsuaraの軽小説シリーズ(およびそのアニメと漫画の適応)の花の表現であるように聞こえるかもしれません半額の準備ができている食事を欲しがる人々の間で喧嘩するが、それは実際には間違っている。意外にも、それは多くの人々が考えるよりも、ディスカウントショッピングの現実に似ていますが、一般的には押しつぶされていますが、実際の戦闘は珍しいです。

ベン・トウは、複雑な哲学的な質問や実存的な不確実性に煩わされない比較的単純なストーリーラインを持っています。プロットは単純ですが、非常に典型的にはその反復性と予測可能性に驚かされます。これは、シリーズの最後に、物語に深みの層を追加する試みがある理由を説明するかもしれません。残念ながら、ショーは面白いことをしようとするにはあまり時間を費やさず、食料品店(警察の注意を引くようなことは一度もないようだ)と、サービスを提供するホルモンが十代の若者を悩ませている。

悲しいことは、Ben-Touがコンセプトとしての可能性を秘めているということですが、作家、そして他の誰もが道端で芸術的感性を残しているようです。物語には、各地域が最強の戦闘機(または「オオカミ」)によって「支配」されていることから、インスピレーションの真の良い点がいくつかあります。悲しいことに、これらのインスピレーションの火花は決して本当に何にもあてはまりません。アニメは、キャラクター、ブラッスル、インファン・コメディー、そして無意味なファンタジーのパレード以上にはなりません。

これがアクション・アニメとされていることを考えると、戦闘シーンを見栄えにすることに重点が置かれると思われますが、残念なことにそうではありません。キャラクターはまともですが、ステレオタイプに依存すると、デザイナーが想像力に欠けていると考える視聴者もいます。それに加えて、ショーの多くのシーンの設定は食料品店であるため、戦闘後の店舗フロアは無傷であることは注目に値する。アニメーションの質はかなり妥当ですが、デビッド・プロダクションが可能なスタンダードではない(彼らはタタカウ・シショー:バントラの本を作った)、そのシリーズは突然の仕事のように見えることがあります。奇数ジャンプと不具合)。

オープニング・シーケンスでは、キャラクター紹介、アクション、ファンタジーを背景に、ショーの内容を驚くほど正確に表現した「Manami」の「Live for Life:Okamitachi no Yoru」という歌が特徴的です。また、Shaga Ayameに焦点を当てた第4話の紹介と、Kato Emiriによる「Treasure」のバックグラウンドでの紹介があります。エンディングテーマに使用されたメロディーなバラード、伊勢真理矢の「えほおのりほく」は、各エピソードの対戦地としての役目を果たしていて、むしろ穏やかなシーケンスが戦闘後のシーンであるという考えにうってつけです。

音楽の残りの部分については、シリーズが提供されている様々な作品によく出ていますが、特定のトラックの使い方は少し繰り返されるように見えます。

Ben-Touはその袖の上にshounenの心を着たいので、対話は少年の感情とたくさんの叫び声でいっぱいです。他のほとんどすべてのアクション/ハレム/コメディ/ fanserviceのアニメと同様に、このスクリプトはジャンルに精通しているにすぎませんが、その中には(通常はディスカウントされた食べ物のための戦いに関する)ちょっとした逸脱があります。残念ながら、演技は、このタイプのショーで期待されるものとほとんど同じです。多くの努力とあまり実際のスキルはありませんが、おそらくそれは期待されます。 4人のリードは、彼らの能力の告発ではなく、ファンの少数派に匹敵する普通のタイトルを捏造するというアニメ業界の傾向についての観察である深刻な役割についての経験はほとんどありません。

真剣に、才能を無駄にしないでください。来るのは難しいです。

真の少年のファッションでは、登場人物はほぼ一次元であり、シリーズを通して洗練された方法はほとんどありません。それは、物語の主な焦点は、個々の人を育てるのではなく、むしろ戦士の精神が目立つような状況に置くことです。残念ながら、Ben-Touはステレオタイプの誰なのか、そしてジャンルに関連したあらゆる特性や性格が展示されているので、それはうまくいきません。問題は、視聴者が戦闘以外のキャラクターの行動にあまりにも慣れ親しむようになる可能性があることです。戦いを見ることはしばしばいくつかの疑問を引き起こすことがあります。

多くのハレムの鉛の男性のように、サトウあなたは少し変態者のようです。

概念として、Ben-Touはいくつかのメリットを持っていますが、途中で特定のファン層にアピールする意思決定が行われました。それが最終的にショーを放棄します。複数の恋愛、興味深い喜劇、淫乱、ファンタジーの追加は、せいぜい不調であるように見えますが、プロットへの急いでの追加のように感じることがよくあります。シリーズにはいくつかのエンターテイメント価値がありますが、これは主に観客がまるでハーフ・アクション映画であるかのように見ることができるからです。

真実は、ベン・トウが現実の割引ショッピングの闘争に鏡を抱えていた可能性があることです。しかし、悲しいことに、ハーレム/コメディの勢いに乗りすぎてショーの潜在能力を実感できず、その道は真のパロディーです。

ベン・トゥは哲学です。ベン・トゥはアートです。ベンツはすべてですが、あなたの健康に悪いです。

どのようにショーは他のアクションショーと一致することができないような偉大さを提供するのですか?答えはシンプルです。ベン・トゥーは、その場所を上から見たパロディーの仕事として知っています。ほとんどのショーは、お互いの露骨なコピーであり、2回目のエピソードがポップアップするまでには穏やかになります。しかし、Ben-Toのすべてのシングルエピソードは、煮詰め、焙煎して、軽食を提供します。

ショーの主な魅力は、その劇的な戦いのシーケンスと生産ダビデはうまくいきます。 “不条理な”前提を恐れないでください。ショッピングモールでは、ディスカウント商品がかなり戦っていることはよく知られている事実です。 Ben-Toはそれを考慮に入れ、戦闘要因を増やします。ばかばかしいオーバー・ザ・トップのアクションシーンはレンダリングされ、常に激しいものです。典型的なプールのエピソードでさえも、人工呼吸器のために人の胃を打つことの驚異を妨げることはありません。スピードラインは優雅に使用され、演出は描かれているので簡単に見ることができます。OPは素晴らしい例です。

また、大量の真偽やアーキタイプで鎮圧されないようにしてください。これはアクションショーのパロディです。あなたにはレイ・アヤナミのクローン、変態した普通の高校生、変態した女の子などがあります。しかし、ベン・トゥのやり方は壮大なものです。トロピックやアーキタイプで演奏し、スーパーのすべての中で最も素晴らしい設定にします。アーキタイプ、トロピック、そして創造的な基準では賞賛される設定には、興味深い紆余曲折がたくさんあります。作品を見ることは非常にまれであり、そのような理解と遊び心のある作品やベン・トゥはそれをうまくやっています。

しかし、この作品は膨大なファンサービスによって汚染されています。大部分のキャラクターは目立つ裂け目を持つ女性であり、これは多くの人に気を散らせ、性行為を起こすことがあります。おしろいの性格を好きにするのは困っています。アクションが何度もファンサービスと衝突するのは問題です。

OPはきれいにアニメ化され、ショーの特徴を強調しています。 “生きるための生き方”は、私がBen-Toを覚えているたびに私がハムする、キャッチーで魅力的で魅力的なテーマ曲です。バックグラウンドミュージックは、時には奇妙で涼しく、サウンド部門で行われた努力を示しています。すべてのseiyuusの権利については、壮大な仕事をした人は誰もいません。

あなたがこのショーを見ない理由がショーを見る理由になります。その成分リストは最初は懐疑的ですが、それは敬虔です。このショーは、Pepper博士とケトルポテトチップスよりも美味しいものよりも中毒性が高いです。

どうしてレストランで待っているのですか?今日あなたの最も近いスーパーマーケットに行き、弁当をつかみなさい。

セイクリッドセブン 海外レビュー

 あらすじ

17年前に地球に飛来した特殊な力を持った7種類の石「セイクリッドセブン」。それは触れた者を特殊な能力者「セイクリッドテイカー」へと変える力を持っていた。そして、その力を発動させる者は「悪石(アシ)」と呼ばれ、対してその力をコントロールする者は「善石(ヨシ)」と呼ばれる。

セイクリッドテイカーの少年・丹童子アルマは、過去に力を暴走させて大勢に怪我を負わせて以来人を遠ざけていたが、彼の前に藍羽ルリと名乗る少女が現れ、セイクリッドセブンの力を「悪石」と戦うため貸して欲しいと申し出る。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=0NqXqqAYbyc(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=HE-G_t0fUHQ(公式)

#01 イシの目覚め
#02 ルリ色の絆
#03 クレイジーナイト
#04 学園祭のオニ
#05 心のカガミ
#06 ワンモアナイト
#07 真実のヨシアシ
#08 マゴコロを込めて
#09 転石するイシ
#10 アオイ記憶
#11 研がれたヤイバ
#12 セイクリッドセブン

686690

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

それはほとんどコミックだった

非常に若い視聴者のために、多分?最初はやや大丈夫でした。2人のキャラクターが本当に目立ちます:
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります
その後、彼らはボールを落とす。

このショーは、 “Sacred Seven”の最初の謎の後にはかなり短いです。低品質の物語とキャラクターの開発の欠如のために、それは非常に忘れられないショーになります。

萌えの女の子に騙されてはいけません!

さて、女の子はモエコです…通常、これは私に物語のやや子供のようなバージョンを意味し、私は3番目のエピソードを過ぎることはできません(あなたはいつも3番目を試してきました)。このショーはまれな例外でした!さて、物語は少し奇妙でしたが、それは大きなサスペンスを持っていました。誰もが信じていることについての良い話は、悲劇的な過去を持ち、自分自身を償還するBAAadの少年です。かわいいキャラクターで楽しい。2番目のシーズンがあるかどうかを見ます。

プロットを愛する* !!!!!

私はこれを見て想像したことはありませんでしたが、私はそれが素晴らしいときでした。私はプロットが大好きですが、私はショーがもっと長かったことを望みます。私はtandojiとruriの間の発展関係が大好きです。このショーに疑問を持っている人は疑問を押しのけ、このアニメを見るべきです。これはとてもいいです!!!!!

派手な戦いのシーンが、それ以外はほとんどありません。

ハイアクションショー。アニメ、キャラクター、スーツのデザインがハイライトです。私は通常、手や剣を必要としない限り、バトルシーケンスには注意を払っていません。しかし、ここでの戦いは非常にうまくいっていて、時には派手なことさえあった。それはあなたの席の瞬間の端に作られました。文字はすべてき​​れいに見え、ナイトも「ダークホース」になります。女性は実際の年齢より若く見える傾向がありますが、それは小さなニットです。加えて、「スーツ」は、ユニークな見た目で、それぞれのキャラクターに異なるフィーリングを貸し出しています。本当の理由から、このショーは高い評価を受けるに値するものではありません。アクションは激しいものですが、物語が遅くなって何かを “試してみる”としようとすると、それは吸います。たとえば、ルリ/アルマのロマンス全体が強制され、人為的に感じられました。
それゆえ、彼らはかろうじて彼らの関係を発展させるのに苦労しました。私にとっては、ちょうどルリがファンの女の子をタンドゥジに押しつぶしたように見えた
それは単なる一例です。多くのキャストはいつもの感情よりも開発に失敗しました。内藤のように、どうやって終わったの?
それが私のバグです。彼は彼のままであるかどうかにかかわらず、選択肢を持っていたはずです。したがって
これにはいくらかの充満がありますが、物質はほとんどありません。

彼の町を破壊する生きものと戦っている孤独な少年。

聖なるセブンは、中学校時代に他人に引き起こした事件のために、孤独な生活を送っている少年に偏った物語です。彼は延滞者とみなされ、学校の全員が彼を避ける。ある日家に一人で普通に泊まり、短い女の子と彼女の執事が彼女の力を必要としていると言ってドアをノックする。彼はそれらを拒否しても、彼は住んでいる町を破壊しようとしているところから外に出ている生き物と彼の周りに起こっていることを避けることができないようだ。彼は彼のより良いコントロールを得るために生き物を止めるのを手伝うことにするパワーと凶暴になるのを避けてください。短い少女は、幼年時代から少年と知り合っているようだが、彼女が誰であるかを覚えていない。彼は、彼の助けを必要とする人々、彼のような力を持つ人々、自分自身のために力を発揮したい人。それは、他の人の手助けなしには制御できない力を持っている少年についての典型的な話です。彼の過去の謎の女の子、長年前に会った謎の女の子、それらの信じられない力を持つことを目指す悪意のある人間によって支配された組織、それらの力を持つことの影響も同様に。あなたが物語の中でこれらの要素を楽しむなら、あなたはこのショーを楽しむでしょう。

長くない、短くない

神聖な7つの素晴らしい始まりは、すべての方法で穏やかなペースを維持します。ファンのために、それは他のアニメのモノタニーを壊して、それが終わりになったらすぐに終わります。しかし、それはScacred Sevenに関して素晴らしい点であり、それは高い点で終わり、あなたがぎこちないサスペンスで推測し続けることはありません。新しいものを探している人以外は、それに時計を付けるべきです。
 

すばらしい平凡なタイムキラー。

アニメのウェブサイトでのレビューの問題は、ほとんどのレビューが偏っていることです。すべての5つ星のレビューがたくさんあります。私が次に見るシリーズを決定しようとすると、そのタイプのレビューは役に立たない。もっと現実的にしようとします。

ボーイは彼の特別な力を解き放つ女の子と出会い、一緒に彼らは魔法の隠された敵と戦います。それは具体的なようですが、実際には本当によく再生されるアニメのプロットデバイスです。Iron、Inuyasha、Bleach、Code GeassのLinebarrelsは、リストに掲載されています(すべて、それらのショーはより良いです)。これはカットアンドペーストされたアニメがタイムスロットを埋めるために一緒にスローされます。恐ろしいことではありませんが、それは確かに特別なものではありません。音楽はOK、アニメーションはOK、キャラクターデザインはOKですが、基本的には短いシリーズのものでもキャラクターの展開はありません。それはいくつかのアダルト・アイ・テーマ(殺害された家族のようなもの)を持っていますが、最もばかばかしい敵や衣装、状況があります。ショーは誰がその ‘ 観客はどんなタイプのショーであろうか。GuyverとPower Rangersの息子です。あなたが良いアニメを見たいと思っているなら、他の場所から始めましょう。あなたが他のすべてを見たことがあれば、これはOKの時間ですが、特別なことはありません。

驚くほど堅実なアニメ

正直言って、私が最初にメイドを見たとき(スポイラーは見ず、あなたが見るでしょう)、私はあまり期待していませんでした。しかし、カバーすることによって本を判断しないという壮大なレッスンでは、Sacred Sevenは徹底的に楽しくアクション満載のシリーズであることが判明しました。戦いの場面はうまくいっていて、関心を維持するのに十分な頻度であったが、しばしば単調ではなかった。キャラクターの開発はシリーズをドラマに変えることなく優れていて完璧でしたが、アニメーションは非常に良いです。音楽はそのジャンルのために多少一般的でしたが、例外的なものではありませんでしたが、確かにデッド・ブレイカーではありません。

私はこのシリーズに関して唯一の苦情があります。私はかわいそうとは言わない、私はかなり深刻だ。実際には、最初の数回のエピソードでは、後で詳細を書き留めて楽しむことをお勧めします。長いシリーズの場合、これは始めるには素晴らしい方法かもしれませんが、12のエピソードの1つのシーズンでは、それはゆっくりと始まります。その結果、エンディングは(何も損なわずに)急いで感じられ、視聴者に閉鎖の欠如。個人的には、これは将来の別のシーズンを予定している作者によるものだと思っていますが、どちらの方法も聞いたことがありません。

全体的には、驚くほど素晴らしいシリーズですが、急激ではありますが、それにもかかわらず素晴らしいです。

横須賀に叫ぶ!!

私はこのアニメが大好き!それは壮大な愛の音楽を持っていると..うわー私はたくさん書く必要があります..プロットは叙事詩です..私はちょうど日本から戻って来て、これはすべて私のstompinの土地で行われるすべてのomgだったよ!愛::それを愛する!

これはゾンビですか? 海外レビュー

 あらすじ

シリーズ累計120万部突破!今、一番話題のライトノベルが、待望のアニメ化!ライトノベルの名門・第20回ファンタジア大賞の佳作を受賞。ファンタジア文庫から刊行されるやいなや、次々と繰り出されるギャグと、闇鍋をつつく様なカオスな展開で大人気となった《ド変態ライトノベル》『これはゾンビですか?』が、ついにアニメ化!
第1期:2011年1月 – 3月
第2期:2012年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=S6T61Kwbrck(公式)

第1期
第1話 はい、魔装少女です
第2話 いえ、吸血忍者です
第3話 そう、髪型はツインテールに
第4話 ちょ、俺輝いてる?
第5話 ええ、京豆腐どすえ〜
第6話 そう、私は死を呼ぶもの
第7話 おい、お前どこ中だよ?
第8話 えへ、学園妻です
第9話 はい、脱ぐと凄いんです
第10話 いえ、それは爆発します
第11話 ああ、オレの所にいろ!
第12話 はい、まだ続きます

これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第2期)
第1話 はい、今再びの魔装変身!
第2話 嗚呼、さようなら俺
第3話 Yo! それはYou! 情!
第4話 いや、帰れご主人様
第5話 はい、毎年流行ってます
第6話 ちゃうねん、勝てててん
第7話 うん、先生が最強だよ!
第8話 フー、京子ちゃん合コンだゼッ!
第9話 ああ、マイダーリンはロクデナシ
第10話 だけど、それがいい
第11話(TV未放送) はい、身の丈に合ってます

20170115104638

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

・面白い、セクシー、陽気、豪華な、面白い、ホット、愚かな、魅惑的な、それは頭の上にあなたを打ち負かすまで

このアニメをかなり楽しみながら始めましたが、ただのすすぎと各エピソードの繰り返し。初めて冗談を聞いたり、冗談を見たりすると、その偉大さと偉大なことについて笑います。2回目にあなたの頭を揺らすと、あなたは愚かな主人公です。アニメがほぼ終わったかどうか疑問に思っているのは10分の1です。私はそれを楽しみにしていたので、3つを与えた….しばらくの間….

10/10はもう一度見直すだろう

・このアニメの私の唯一の問題は、彼らがまだシーズン3ではないということです/

その他:アニメは主にコメディー・ハーレムであり、その主なキャラクターは最初に欲しいゾンビです平和な生活を送るが、野生の乗り物を持つことに終わる。

それは偉大なアニメと非常に推薦ですが、ショーは、最初に出てきたときにうまくいっていないためにいくつかの行方不明点で終了するので、あなたがクリフハンガーを残すことを覚えておいてください。しかし、まだ時計の価値がある。

奇妙なしかし面白いそれにショットを与える

私はこのショーを数年前に見ましたが、それはかなり良いことを覚えています。
主人公は、彼の周りに起こっている狂ったことにはまったく関心がなく、普通に見えるようになるが、できるだけ普通の人生を保つということについては、非常に興味深く、通常面白い状況になる。しかし、このショーは完璧ではありません、それはいくつかのショーがいくつかのパーツの中で退屈なポイントまで遅くなるような場所にぶつかることができるイベントのその奇妙なペーシングを打つことを管理し、沈む。
最後にこのアニメは私が私がこのことから見ても、そのCrunchyrollのことを今再びそれを拾うしている番組のすべてを通してそれを覚えておくために十分でした。

・Crunchyroll図書館への良い追加

ほとんどがその場に出くわす楽しいパロディー。

私は、多くのアニメを見ていない人に初めての魔法の女の子の変態を示すエピソードを共有し、彼女の顔に本当にWTFの表情を楽しんだことを覚えています。

聴衆に衝撃を与えようとする傾向があり、多くの漫画の血液や臓器を破壊します。いくつかのファンサービスが、私はそれが達成しようとしていることを考えるとばかげて呼ぶことはありません。

ゾンビ/魔法の女の子/生涯のジャンルのジャンルを解体しますが、全体的な注意が必要です。

・かなり良い、あまりにも多くの真実の変態ジョークアークムで

私はゾンビのテーマと、キャラクターが魔法と地下世界との関係でどのように活躍しているかの偉大なキャラクターと理論を伝えるストーリーのためにこれを好きでした。私は、あまりにも多くの時間が無駄だったと思っていたが、あまりにも多くの時間を与えることによって、エピソードを長くすることによって冗談をつくって、あくまでもあくまで犯人とみなされて無実だったが、彼は彼の家のハーレムが彼にそのような名前を呼んでいるなら

・とても楽しかったです。私はそれを2回見ました。

これは、それが何であるかを知っている幻想的なショーであり、それはあまりにも真面目に過ぎず、高演劇のいくつかの点でまだ跳ね上がっていません。それは少し暗いことができる喜劇のアクションの夢中に完全ですが、それは最後まで至るまで失敗しません。

・恐ろしい主人公

このショーの主人公は本当に私のためにそれを台無しにする。彼は不運で冷たくない。彼の行動と彼の話し方は、どの視聴者にも迷惑をかけることになります。さらに、彼は非常に傲慢で利己的ですが、場合によっては大丈夫ですが、それはこのアニメでの彼の性格ではありません。また、主人公は、彼が疲れた主人公、クールでOPの主人公、または傲慢な主人公であるかどうかを判断できないようです。それは悪いキャラクターと悪いショーになります。他のキャラクターは実際に面白いので、本当に残念です。全体的に、私はこのショーをまったくお勧めできません。主人公を責めることができます。

・おそらく2017年の私の好きなアニメの1つ

私は本当にこのアニメを楽しんでいる、それは風変わりで、ユーモアのビットを持っている…と全体的にかなり良いプロットを持っています。あなたが魅力的な女性の家庭に住んでいるまっすぐな男の冗談を言っているなら、私は間違いなくそれを試してみるでしょう。

このアニメにはかなりの要素があります。
私は間違いなくそれを次のようにタグ付けします:
*生命要素の少数のスライスとわずかに超自然。
*確かにしばらくの間、魔法の女の子に変わるクロスドレッシングゾンビがあります。
本当に奇妙な状況に陥っている厄介な高校のティーンを愛していない人。

・私たちはシーズン2を願って

私はちょうどアニメ/読書漫画を見に入るようになったので、このテーマについてはあまり言い表せません。しかし、これは間違いなく私が今まで見たことのなかで最も面白い(私は多分10シリーズを見てきました、あるいは未完成です)、本当に楽しかったです。プロットは深くはありませんが、それは愚かであるように、良いものを持っています。

私はまだ多くのアニメを見ていないので、あまりにも多くを言うことはできません。しかし、私が今まで見たショーのうち、このキャラクターは、シリーズについての他のすべてを本当に愛しています。同じ効果を持つ他のアニメよりもそうです。私は青い線を買うことを間違いなく計画しています。

・ゾンビのアニメは素晴らしいです!

主人公はシリーズで最高のゾンビアニメです。一度私が最初に従った、春奈は彼女の非常に素晴らしいスキルを示していた。これまでのこのアニメが好きです。また、Eu、Seraphim、Ayumu、Mael、Sarasvatiなどのキャラクターが好きです。Euはこのアニメシリーズで非常に驚いていました。だから、私は5つ星を与えるだろう。

・間違いなくアクションマホの間でキーパー。

最初は、このショーは、生涯学校ドラマの別のホムスキーであるように見えます。ちょうど60秒待つ。そこからシリーズのチェックがあり、後ろにはバニラリティが残っています。

もしあなたが、あまりにも多くの魔法の女の子のクリシェを楽しんでいるのを楽しみにしているコメディードラマを楽しんでいるのであれば、まだ独立した​​物語を見ながらこのことを見てください。コリア・ゾンビ・デスカは、Nyarko-sanとLovecraftianのテーマを別のクロール・カオスが抱えている/ 4番目の壁を壊していると言っても過言ではありませんが、それでも多くのことが発見された平均的な男性主人公の物語彼の謙虚な住居に平和を保ちようと努力しながら、より多くの努力をすることに苦労しながら、世界の狂気と魔法の恩恵を受ける。

私はこれを少し前に見て、シリーズがCrunchyrollに移行したことをうれしく思っています。

・完璧なショーキル時間

それは私がコメディのジャンルでしばらく見てきた完璧なメインキャラクターを持っています。2011年のアニメでは、アニメの場面でスピンします。作家はあなたが何が起こるのか予想しますが、予期せず笑わせるようにひねりを加えます。話は第2シーズンに向けてよりエキサイティングで真剣になりますが、コメディであることは決して忘れません。

・クラシックアニメシリーズ

これはいつも私の好きなコメディの一つです。その古典的なアニメの1つは、あなたが時間の無数の時間を見て、それでもそれが面白いと感じることができます。それは本当に素晴らしいシリーズです、私はちょうどそれの第3シーズンがあったことを願った。あなたが最初の2シーズンを見ると、あなたは十分に得ることができず、より多くを望みます。

・これはクラシックです…

私は個人的にこれがアニメファンのために見なければならないと思うが、それはほとんどがティーザーのファンを提供し、ほとんどがシームレスに暴力の凶悪な行為をたくさん持っていることを警告する必要があります非常に面白い、暴力的なharemアニメ全体的なストーリーで私はこのシリーズを完全に楽しんだし、古いアニメファンにはもっと若いファンには絶対に勧めないだろう。これを渡さないでください。楽しい。優れたダブもあります。

・プロットと “プロット”は十分に良い時計です

このショーは面白いですが、深いプロットを期待するのではなく、非常に深い「プロット」があります。ショーは非常にエッチで、ハイスクールDxDのようなショーに非常に似ていることを意味するハーレムです。私の好きなことは、コメディがとても良いことです。それがあなたの空想をくすぐるなら、あなたはそれを吐き出すでしょう。

・それをいくつかのエピソードを与える

私は元の放送中にこれを覚えています。コメディはストレートマン〜シュティックを演奏していてとてもうまくいきます。主人公の視覚化された精神状態と一緒に状況の遅い受け入れは陽気で、時計の価値がある。キャラクターが追加されると、ショーに面白いものを加えない1文字もありません。

・ゾンビデスクカー

家族全員で楽しい。

ましろ色 シンフォニー 海外レビュー

 あらすじ

10月、秋から冬へとうつろう季節。瓜生新吾は新しい生活へ一歩を踏み出そうとしていた。自分の通う学校が同じ街の名門女子校≪結姫女子学園≫と統合するにあたって、仮統合の期間、試験的に女子校へ通うことになったのだ。新しい環境に戸惑いながらも、持ち前の前向きさと気配りで次第に信頼を得ていく新吾。そして、そんな彼と出逢う個性豊かな美少女たち。学園が変わることに反対する“理事長の娘”、兄を支え励ます“妹”、お仕えする旦那様を探す“野良メイド”、動物好きの“優しい先輩”、素直になれない“クラスメイト”…。雨が雪へと変わる頃、それぞれの想いは形となって…。恋する少年少女に贈るピュアラブストーリー。
2011年10月5日 – 12月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

Bland Just Plain Bland

私は音楽(サヨナラ君の恋)のためにこのシリーズにやって来たのですが、それは遠慮なく唯一のことです。最初のエピソードではどこにも早く行きませんでした。残念ながら、これは予測可能でステレオタイプのものであり、ビジュアル小説からいくつかの線を抜き出し、コピーしてスクリプトに貼り付けるだけであることは辛いことです。メイドのキャラクターが負担しすぎるようになったとき、私は落とさなければならなかったが、私は多くのものが欠けているとは思わない。

しかしまだよくできました。

まず最初に、アート、アニメーション、サウンドトラックは冗談ではありません。それらのすべては非常に高品質であり、このシリーズを見る価値があるいくつかのものの中にあります。私は評価が4つ星だと知っているが、私は3つ星半分を与えることができないので、それを無視する。このアニメの初めから、多くのキャラクターが典型的でクリシェであるにもかかわらず、私はまだそれらを愛してしまった。主人公はあなたの標準的な受動的な素敵な男VN(視覚小説)主人公です。紙の上で、それはかなり退屈なように聞こえる。しかし、実行は、少し急いで混乱したにもかかわらず、これらの文字を輝かせた。これは視覚小説に基づいているので、各キャラクターにはそれぞれ独自の「ルート」があり、視覚小説ではかなり標準的です。しかし、アニメの問題は、これらの「紆余曲折」のすべてをどこにも見せないようにするすべてのキャラクターのルートにまだ詰め込もうとしていることです。まるで彼らが4-5のエピソードを過ごすかのように、キャラクターの背後にあるモチベーションと姿勢を理解させ、その後、それらを世界の顔から落とすようにします。個人的には、この問題はあまり見つけられませんでしたが、これはすべての人に当てはまらないと確信しています。あなたはアニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げることはできません。観客は彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(これらの「紆余曲折」のすべてがどこからも見えないようにするルートです。まるで彼らが4-5のエピソードを過ごすかのように、キャラクターの背後にあるモチベーションと姿勢を理解させ、その後、それらを世界の顔から落とすようにします。個人的には、この問題はあまり見つけられませんでしたが、これはすべての人に当てはまらないと確信しています。あなたはアニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げることはできません。観客は彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(これらの「紆余曲折」のすべてがどこからも見えないようにするルートです。まるで彼らが4-5のエピソードを過ごすかのように、キャラクターの背後にあるモチベーションと姿勢を理解させ、その後、それらを世界の顔から落とすようにします。個人的には、この問題はあまり見つけられませんでしたが、これはすべての人に当てはまらないと確信しています。あなたはアニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げることはできません。観客は彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(あなたがキャラクターの背後にあるモチベーションと姿勢を理解してから、それらを世界の顔から落とすように、4〜5回のエピソードを費やすかのように。個人的には、この問題はあまり見つけられませんでしたが、これはすべての人に当てはまらないと確信しています。あなたはアニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げることはできません。観客は彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(あなたがキャラクターの背後にあるモチベーションと姿勢を理解してから、それらを世界の顔から落とすように、4〜5回のエピソードを費やすかのように。個人的には、この問題はあまり見つけられませんでしたが、これはすべての人に当てはまらないと確信しています。あなたはアニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げることはできません。観客は彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(アニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げて、観客に彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(アニメ全体のほぼ半分を1人のキャラクターに捧げて、観客に彼らが主な愛の関心事になると信じさせ、主人公と前のキャラクターの間で今までに何も起こらなかったものに移ります。この急いで混乱するアプローチにもかかわらず、ストーリーラインはまだ非常に良好で、エンディングは満足でした(完全に左のフィールドから出てくるにもかかわらず)。結局、平均的なキャラクターにもかかわらず、これは非常にかわいいと心温まるロマンスを見て、それはまだ推薦する価値がある。

その奥行きで私を驚かせた

私はこれを見て、ロムコム/ハーレムのことを期待していました。私はすごく間違っていた。はい、男性の主人公に恋しているいくつかの女性キャラクターが終わる、それはこのショーが私の期待に沿って終わったところです。代わりに、これは兄弟と姉妹が密接な(そして驚くほど適切な)関係を持っている素晴らしいスライスでした。男性のリードは実際に親切で崇高な仲間です。成熟したものを扱い、失望に対処する。私はいくつかの点で泣きました。そして、私が応援していた女の子は “勝ちませんでした”が、この偉大なアニメは2人が本当に完璧なマッチを見せてくれることさえ示しています。私はそれが好きだった。

本当に愛らしい、楽しい

このアニメはシリーズの非常にしっかりしたロマンスとコメディの一部を提供しています。多くの文字がないので、誰が誰であり、彼ら自身のユニークな性格を追跡するのは簡単です。このアニメは夏休みの終わりから春の初めまでの長さを拡大しましたが、アニメ全体が最大で1〜2週間以内に起こったような気がします。このアニメにはファンタジーはありませんので、現実があなたが探しているものなら、これは良いアニメです(意味があります)。

私が持っている唯一の苦情は
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります

全体的に、このアニメはかわいいと愛らしいと私が考えているものです。あなたがこのアニメを見たり、予定している場合は、本当に愛情豊かで感動的な話ですから、お勧めです。

SUUUUUPERはかわいいヒントのカップルでかわいい。

私はこのジャンルのアニメを、今ではちょっとこのアニメがこのジャンルの最初のエピソードやもの、そしてそのような他のアニメのようなものからどうやっていくのかを感じ取るが、それは大丈夫だと私はそれを愛していた。<3 Panya-チャンちゃん 〜PSああ、まあまあなあ、そういう人なんだよね、その側でもちょっとだけだけど、やわらかなもので戦わねばならない。 楽しくてかわいい高校の解釈 近くの私立学校が閉鎖された後、生徒の一部は、歩行期間の一部として全女子の私立学校に通っていた。
このアニメは、あらゆる意味で美しいものでした。芸術的なスタイルは驚異的ではありませんでした。音楽はアニメにうまく収まりました。しかし、このアニメは、いくつかの友人の思い出への入り口としてのみ機能し、プロットはほとんどありません。ドラマは高校の環境では幼稚だと思われますが、短編12話の間にキャラクターはよく発達しますが、多くのキャラクターの行動やバックストーリーは重複しているように見えます。さらに、キャラクターが少数のエピソードの脚光を浴びれば、しばらくの間主人公のレーダーから何らかの形で消えてしまうようだ。
このアニメは視覚小説に基づいているので、少女の道はそれぞれ少数のエピソードに詰め込まれ、決して実際には発展しません。
このすべてにかかわらず、Mashiroiro Symphonyは満足のいくエンディングを提供し、非常に重要な人生の教訓を教えています。このアニメは美しく書かれ、制作されており、無実の高校の記憶を楽しむ人にはお勧めです。

私のお気に入りの一つ!

私は個人的にこのアニメを愛していた、それは私がほとんどのラブストーリーのための柔らかい場所を持っているからかもしれない。話はかなり急いでいると感じますが、あなたは12回のエピソードの多くを期待することはできません。しかし、私がアニメーションを見てきたすべてのものの中で、芸術家が入れた背景についての詳細はすばらしかった。私はこのシリーズを試してみることをお勧めします!!

魅力的なロマンスシリーズ。

Mashiroiro Symphonyは本当に「愛は何ですか?」という意味を示しています。「運命」をテーマにロマンスの物語にも使用することで、ハーレムの一部が私に続くことを望みます。物語は愛の理解を示す、個々の感情的な特性に基づいています。キャラクターの虚偽の希望のほんの一部は、キャラクターがかなりのエピソードのために放棄されたときに与えられました。それどころか、マシロイロ交響曲で私のお気に入りではなかったほどです。

このシリーズの主人公(男子学生を移籍した人)は平均的なものであり、視聴者が嫌うものではありません。彼は男性の生徒が好きかもしれないと想像しているのと非常によく似ています。感情的な気持ちに向かって臆病なことはありません。荒い状況で理解できる。主人公の男性が愛を表現することができない、または彼が愛していることを知らないロマンス/ハーレムのアニメ物語と比べて、より良い意味で、

全体として、私はこのシリーズに8/10を与えるでしょう。なぜなら、特定の文字の詳細を認めないことにはいくつかの間違いがあるからです。

興味深いが、珍しいことは何もない

それは特別なものではなく、典型的な高校のハーレム・アニメのように設定されていますが、文字を例外として、それほど実際にはそれを開発しません。実際に常識を使用することができたこの状況で男性のリードを見てうれしいですが。それ以外にも、私はそれを見て楽しんだが、それは工場のように見えるので、他の人よりもこの特定のアニメを推薦する理由はない。

見るべき素晴らしいアニメ!あなたはそれを見なければなりません

私は本当にこのアニメを見て満足していた、すべての興味深い出来事のために。私が期待していたことは、MiuとShingoが一緒に来ることでした。私は結果とストーリープロットに満足していました。私が望んでいた最高のものは、シーズン2を見ることでした(私はこれを本当に遅く見ていますが)。かわいいキャラクター、特にPanya-Chanのおかげで、これはすばらしいアニメ、そしておそらくあなたの時間の価値があるかもしれません。<3

花咲くいろは 海外レビュー

 あらすじ

突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ――。今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となりました。私、松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすのです。大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘(きっすいそう)。そこで出会う人たち。花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、私も、今までとはまったく違う、新しい生活を始めます。それは辛いことかもしれません。でも、めげても、くじけても、泣きじゃくっても明日は来るんです。だからこそ私は頑張りたいんです、そして輝きたいんです。太陽に導かれるよう咲く花のようにいつか大輪の花を咲かせられるように……。
2011年4月3日 – 9月25迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=8GMrg7d7AQk(公式)

p_irohanewmovie

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

強くおすすめ!!!!!!!!!!!

私はこのキャラクターの成長を巧みにして人生を楽しむ人にこのアニメを強く勧めます。あなたはキャラクターをもっと理解することができるので、それはかなり遅いですが、まだ楽しいです。
主人公のオハナは見て楽しかったし、驚くほど彼女の性格や彼女との関係を楽しんだ。
PAで期待通りの美しいアニメーションが動作します。

変化と成長

このストーリーは1人の女の子の視点のようですが、実際にどのようにしてその中の人々があなたの人生や目標にどのように時間をかけて変化するかを含む大きな影響を与える方法についてです。美しく心のこもった、うまくアニメーションされ、再び見直す価値がある。

最初から最後まで楽しむ

私は気まぐれにこのショーを見ました。前にそれを聞いたことがないのに、ストーリーは十分に可愛そうでした。かわいこはそれを説明することさえしません。私はとても素早く主人公の魅力に惹きつけられました。オハナは、祖母の伝統的なインで働くために派遣された、活発な高校時代の少女です。ストーリーが展開するにつれて、私は各キャラクターと彼らの献身が彼らが働く場所へと奪われました。彼らが働いているインだけでなく、本当に彼らの人生が展開されている場所であり、それは楽しいです。私はこのショーに引っ越され、最初から最後までそれを楽しんだ。

私が見たライフ・アニメの最高のスライス!

花咲いろはは素晴らしいですし、本当に良いライフアニメを観たい人には、それを強く勧めています。

まず、アニメーションそのものが素晴らしいです。プロット/プレミスは良好で、幾分関係があります。誰もが人生のある時点で友人と闘争しており、このアニメはそれを伝える素晴らしい仕事をしています。何かが難しいかもしれませんが、オハナはいつも彼女のベストを尽くして “輝きを”しようと努めています。非常に面白かったので、このアニメにもっとエピソードがあったらいいのに!私は花咲いろはに5スターを与えています。なぜなら、価値あるもの、確かに人生のジャンルの宝石であることを信じる価値があると思うからです。

まあ、予期せず大っ!

うわー…グッドストーリーは、ショー全体、偉大なアニメーション、ちょうど十分な文字をライン。絶対にこの1つを愛して、そして価値のある完全な暴力!彼らはそれが終わったときに不完全と感じることはありませんでしたが、まださらに拡大することができるいくつかのストーリーラインがあったので、彼らはフォローアップを行った場合、このショーを完全に再訪するでしょう。

人生のスライスが正しく終わった

Hanasaku Irohaは右の人生の断片です。キャラクタリゼーションは、あなた自身の物語アークがどこに向かうのかだけでなく、本当に気になるように十分に行われました。ユーモアと深刻なトーンの良いミックスがありますが、いくつかの部分では心臓の弦を引っ張るかもしれませんが、幸いなことにショーはそれほど真面目ではありません。もし私ができるなら、私はそれに4.5星を与えるだろう。

あなたがショーを見てリラックスして迷子にならないようにするには、Hanasaku Irohaは素晴らしい選択です。

どのような素晴らしいアニメ!

このアニメは見て価値があった、アニメは美しい、ストーリーは素晴らしい、キャラクターは彼らを特別なものにして、状況はirlに起こり得るものです。物語はオハナと呼ばれる女の子の周りを回っていて、彼女の祖母の宿に送られ、キツイソで働くことが示されています。彼女は彼女がそこで働くことに成功するのを助けるキャラクターのすばらしいキャストを満たし、ゆっくりとしかし確かに彼女はキスイソを愛するようになる。
最後のエピソードは、そのようなtearjerker(お涙頂戴もの)ですので、自分自身を準備してください!

楽しいサプライズ!

このアニメは驚くほど良いです。確かにいくつかの分野では欠けていますが、良い生き物があれば、花咲一郎は基本を完成させました。

長所:

キャラクター – 甘くて愛らしいキャラクターを持っています。たとえあなたが自分の嫌いな人物を見つけたとしても、シリーズの終わりには、あなたはおそらくそれらを好きになるでしょう。すべてのキャラクターは自分自身の真偽であるが、他の多くのアニメのように、漫画的でなくても、現実的な方法で描かれている。彼らがお互いにやりとりする方法は面白くて楽しいですし、よく考え抜かれています。私が好きなのは彼らのことですが、彼らはすべて正常になっています人。誰も狂った髪の色や目のパッチを持っている、または古代の王国の秘密yandereまたは王女です。それは、キャスト全体が定期的だけど面白い、人々を傷つけるのはほぼ救済だ。

設定 – この設定は、主に国や主人公が一緒に働く高級旅館で行われ、美しいです。仕事の設定は常に楽しく、過去数年の間に人気が増していますが、ほとんどの人生のショーと同じ古い学校の設定よりも疲れがまだありません。

アニメーション – 最初のカップルのエピソードや選択シーンでアニメーションを吹くいくつかのショーとは異なり、芸術とアニメーションはリリースされた年の間、絶対的に最上位です。ノーストーリー – 全くストーリーはありません。ショー全体がランダムイベントの危険にさらされています。これは必ずしも悪いことではありませんが、私は間違いなくエピソード的ではなく、ストーリーを持っていることを好きです。強制ドラマ – あります

The Atmosphere(雰囲気) – この番組はただのリラックスした雰囲気です。それは寒さで、良いバイブレーションを持ち、怠惰な日や雨の日には絶対に完璧です。

短所:

たくさんありますしかし、私の意見では、他のいくつかのショー(4月のあなたの嘘など)ほど悪くはありません。間違いなく耐えることができます。それはうまくイベントに沿って移動し、何も起こっていないときに何かするための文字を与えます。

私はこのアニメを新人と熟練した獣医の両方にオススメします。両方のタイプのウォッチャーに簡単にアクセスできます。個人的には本当に楽しかったし、2年後にもう一度見直してくれるはずです。^ _ ^ハッピーウォッチング!

私はアニメーションのために入った – 私は子育てのために出発した

私は成長している少女のスライス・オブ・ライフ・ストーリーを期待してこのアニメに入った。苦難、個人的な成長、日々の生活の喜び。
悲しいことに、私が代わりに得たのは、シリーズの良質のアニメーションの無駄でした。嫌な?
私の要点に入る前に、シリーズの神の引き金となる警告リストを削除したいと思います。
– 児童虐待
– 大人の未成年者に対する暴力
– 強制労働(未成年者)
– 職場の嫌がらせ

最初の2つのエピソードシリーズの(この場合は少女時代のジャンル)のシリーズは、問題と解決策が必要です。このケースでは、それは親戚と一緒に暮らすために移動しなければならず、突然新しい場所や新しい責任に移行することが難しい、母親の育児態度の最初のばかげた態度でしょう。
代わりに、我々は、正直で、虐待的な親として、言及されていない “田舎”の地域の言及されていない場所で、強制労働に関連した別の虐待に子供を投げつける。(ここでは人種差別のヒントを見て、 “彼らは現代的ではなく、子供たちは生きて働かなければならない”)すでにこの時点で、私はシリーズの上に明確な「社会サービスがどこにあるか」というサインを見ていたが、そのアニメ。それはおそらくそれほど悪くないでしょう。
その後、視聴者には、文字通り、ほとんどの人々が”(彼らが実際に家に帰っていかない方法を参照してください、女の子の “主人公の年齢”(16)は働いている間にそこに住んでいる)彼らは彼女が”自由な仕事”を与えられていると思うので絶対に彼女を嫌いですが、彼女の母親の行動のために彼女を嫌う。
主人公は彼女のベストを尽くします(たとえ彼女の奇妙で間隔の狭い反応が助けにならないとしても)。私たちが見るのは否定的で悲しいことです。「Little Matchgirl(マッチ売りの少女)」でさえ、私たちに幸せな結末を与えます!花咲いろは?それのどれも。

私が止めなければならない前に、私が見た2つのエピソードはまったく控えめでした。登場人物は、邪悪でも世話もしていません。主人公は幸せで肯定的ですが、何が起こっているのか分かりません。
私がアニメから得たものはすべて、1910年に制定され、何が起こったのかを気にしなければ、働いていたかもしれないシリーズで、未成年者の虐待を目の当たりにしたばかりの目撃者でした。(これがWW2の話の後であったなら、それはかなり興味深いかもしれません!しかし現代ではそれはちょっと恐ろしいものです)

私は1つの星のレビューをしたいとは思いません。 。しかし、ここに全力を尽くして支援します。
私は子供のころについてのアニメを見たいとは思わない。ありがとうございました。

1秒間笑顔で次の泣き叫ぶような感動的な傑作!<3 それぞれのキャラクター、試練、そして夢のためにどれくらいのことができるかは面白いです。笑顔と涙を探している皆のための優れた生命のアニメーション。
私は今、この傑作が終わったので新しい目的を探すつもりです… ^^

それはちょうど良い大丈夫ですか?

私は実際に今レビューするような気がしていないし、これについてはあまりにも多くの良いことが言える。ただそれを見て、大丈夫?ハナサク

一郎は素晴らしいです。花咲一郎は素晴らしいです。花咲一郎は素晴らしいです。花咲一郎は素晴らしいです。花咲一郎は素晴らしいです。花咲一郎は素晴らしいです。

このアニメは私の心にとても親しまれました

私は正直に言うことができ、私はこれまでに「スライス・オブ・ライフ」アニメをたくさん見たことがあります。これは最高のものの1つです。あまりにも長い間オフに行くことはありません、私はそれを短くしてください。これらの文字は本当に私の上で成長し、彼らは身近な感じを始めた。これは、あなたがすべてのキャラクターと自分の話に繋がるようになるアニメです。このアニメにさようならを言ったのは、愛する人に最後の別れを告げるようなものでした。私は本当にすべて、設定、インとすべての奇妙で狂ったことに恋に落ちた。ドラマは完璧な怒りだったし、キャラクターはショーで時間がたつにつれて個人として成長した。私はあなたが本当に「スライス・オブ・ライフ」を愛しているなら、あなたはこのアニメを愛するだろうと言わなければならない。

あなたの時間の価値があります。=))

私はレビューとコメントを見て、私はまだこのシリーズについてどのように感じるのかはわかりませんでしたが、私はそれを見て、私は嬉しかったと言いました。私はそれを終えたので、私はそれが終わったことを悲しんだ。どうして?これは非常に良いシリーズ、その平和な、暖かい、リラックス、面白い、面白い、あなたはそれを名前です。私はこのショーを見てうれしいですね、ねえ?おそらく病気を知っている人はそれを再ウォッチし、おそらく私のコレクションに追加するDVDを購入する。それはショットを与え、私はあなたが失望することはないだろうと約束し、スクリプトやアニメーションは本当に良いことを約束します。このショーにはお金が入っていることが分かります。

ショーが大好き!嫌なMinko !!

鶴木みんこ、私はあなたが嫌い​​、私はいつもそうです。あなたは一人で終わり、無感覚な小さな袋の感情的な豚肉を無駄にすることがあります。そのキャラクターだけで、このショーは全体の星を失ってしまった。私は彼女がその列車に当たって、この番組がそんなに参考にしたかったことを願っています。彼女を死に至らしめる小さな人はもっと無意味なように見えますが、私は逃げます….
このショーでは、私は再び言及しませんが、楽しい人格といくつかの素晴らしいキャラクターがあります。オハナは大部分の時間に賞賛され、他の人はビーチボールを吸う同じ人にはまったく特別な存在です。結末は私が思ったものではなかった…それはずっと良かった!それは理にかなって、クリフハンガーのように、喜んで終わりのアニメを終わらせるような気分にならなかった。そのために、私はこのショーに固体の「あなたに行く道、あなた!プロットは滑らかで、クライマックスはさわやかでした。私は本当に、それが本当に好きだった…ポップされ、忘れてはならないその1つのzit(ニキビ)のようなキャラクターを保存します。

甘くて楽しく面白い

疑いの余地なく、このシリーズの私の好きなラインは、 “あなたの雄鶏を捨てて、あなたの靴下をつかむ”です。
このショーは、最初は私の西洋の感性のためにほとんど疑いの余地がなかった、少し飲み込むのは難しいでした。しかし、それはすぐにあなたの上に成長します。アニメーションは素敵で、キャラクターは面白く、プロットはしっかりしています。私たちのヒロインの発達は、多種多様なキャストによって和らげられ、時折スマートのヒントがあります。
ウォッチに値する。26のエピソードでは、最後にストーリーラインへの本当の解決があるように感じます。

キュートで生涯のジャンルにぴったりです。

だから私はかなり前にこれを見て、ちょうどそれを見終わった。それは私にゆっくりとゆっくり歩くので、入るためには時間がかかります。したがって、3つ星です。それは良いことではないというわけではありません、もちろん、それは良かったです。彼らは人生の断片のタイトルに本当にとどまったので、もしあなたがそのようなことが好きなら、それは価値がある。

私はこのアニメシリーズが大好き!

キャラクターの作品は、スマートでシンプルですが、感じは大丈夫ですが、ストーリーラインは驚くばかりで、私が見ているほとんどすべてのエピソードを笑うだけです(台無しではありません)。私は間違いなく人生と少しの行動を愛する人にこのアニメシリーズをお勧めします。正直言って、私は各エピソードを最初から最後まで見ていました。私がチャンスを持つことができたら、私はもう一度それを見ました。あなたが私を信じないと、アニメを見るだけで多くを学ぶことができるので、他のレビューを読んでください。あなたはそれを知っていますか?

^ _ ^

非常に甘いアニメ!!

話はかなりシンプルだった。私は正直、それを見て初めてエピソード10周りに止まって、次回にそれを終えました。私は悪くない、退屈ではなかった、それは本当に私の興味を引くことはなかった。しかし全体的に、それは面白いキャラクターで甘くて素敵なアニメです。

きれいに美しい

花咲一郎は素晴らしいアニメ、素敵なストーリーライン、素敵なキャラクター、素敵なストーリー展開、美しい風景、アニメーションの高水準、優れた開閉クレジットです。私はある日、PVにつまずいて、それを打つことに決め、吹き飛ばされました。異なったキャラクター、アンサンブルストーリーライン、感情の正しい量、そしてあらゆるエピソードでの状況の間の相互作用は、このシリーズを非常に楽しいものにしました。どうやら、2013年にリリースされたアニメ映画もあり、いつかそれをキャッチすることを願っています。

春の花香りの風

誰かがこの1つの星を与えた人は、文字通り人生を再考する必要があります。それは幻想的でした。イエス様、またはこれが私の最初のアニメだったとお祈りします。いつか、私はこれを見ている記憶を失うことを望みます。彼らはその美しい静かな生活様式のような雰囲気をどのように感じているのか理解しています。芸術は澄んだ空から丘の上に住み、空を照らし出す色とりどりの夕日を持つ美しい街に傑出していました。主人公は陽気で、彼女は自由と愛と友情を持っていましたが、私は羨ましかったですが、彼女は人々を集めてガラスを半分空ではなく半分空にするのが大好きだったので、それにふさわしくある。

異国迷路のクロワーゼ 海外レビュー

 あらすじ

19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に単身でフランスへ渡った日本の少女・湯音(ユネ)は、パリの下町アーケード商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)」の一画にある鉄工芸店「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」で働くことになった。ユネは若き店主・クロードとの文化・価値観・思想の違いに戸惑い、葛藤しつつも成長していく。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

11535_670_ba2dc465338e7b01e1ec8be1e4dfd871-m

✳以下myanimelistからのレビューになります

東洋と西洋の文化は長い間相互に魅力的であり、現代の技術と観光では他の土地の謎を探求しやすくなったが、19世紀後半のものは非常に異なっていた。当時の旅行は依然として比較的危険であり、事業のコストは、それがロイヤルティ、上級者、中産階級、裕福な商人や職人のために一般的に確保されていたことを意味しました。外国の土地に旅して(そしてエキゾチックなものの背の高い物語を回して戻ってきて)、その人物の地位と見なされました。そして、船員としての人生を選んだり、 軍事的には、他の国を訪問する際に労働者階級にはほとんどオプションがありませんでした。一般的に認められた方法は移住でしたが、世界中の港湾都市が民族の多様性と多文化主義の温床となったにもかかわらず、新規参入者は人種的に動機付けられた暴行、宣伝、悪化のリスクも負っていました。

もう1つの方法は、ある国の市民が「後援」することであり、その国で暮らして働くことができたが、厳しい「規則」も遵守しなければならなかった。どのようなシステムと同様に、それは虐待にさらされていましたが、多くの人々はまた、彼らが故郷にいたよりも、より良い生活のスタートを与えられました。この方法と移住の最大の違いは、ネイティブの民衆の認識でした。後援された人々の多くは、既存の民族共同体の一部として生きていないため、しばしば脅威ではなく新規性として容認されていました。

さて、これは軽いアニメの軽いアニメーションのための少し重い始まりですが、少しの文脈がIoku Meiro noCroiséeの特定の側面に役立つかもしれません。

武田ひなたのマンガをもとに、クロード・クラデル(パリで暮らして働いている服役中の鉄人)とユン(裕)は、クロードの祖父オスカーの後援を受け、時間。残念ながら、彼らはお互いの文化や歴史をほとんど理解していないので、毎日新しいことを学ぶ機会です…

今では多くの人が、このシリーズをただの物語ではなく、まったくのストーリーのないまばゆい光沢のある綿毛のようなものにしています。エピソード的なプロットはむしろ単純で、スライス・オブ・ライフのショーではよくある緩やかな方法で進行します。それに加えて、特定の出来事を真剣に受け止めることを困難にする物語には気まぐれな要素があり、ショー全体が、何をすべきかを決定するのが非常に難しいように見えることが多い。

それは、驚くほど熱心なキャラクターのキャストに由来する手続には魅力があり、糖衣の外側にははるかに深い物語の閃光が隠されています。残念なことに、これらのボトムは表面化することはほとんどありませんが、時には、リラックスした雰囲気と時折違和感を覚えることがあります。また、特定のトピックを意図的に回避しているように見えることがあります。

見た目には、主にヨーロッパのデザインに一貫性があり、建物から衣服までのすべてが期間を反映しています。残念ながら、意図的だった可能性のある不規則な不規則性もありますが、むしろ不必要なようです。それはYuneです。大きな問題は、彼女が小柄で歯にかわいらしいようにデザインされていることです。その理由は、人々が自動的にそのシリーズがモエ・フラフの大きなボールであると自動的に推測するからです。これは、彼女が彼女の周りのみんなにどのように見えるのかを強調する試みであった可能性はありますが、極東からの典型的な女の子/女性の19世紀のヨーロッパのビジョンに適合していますが、それには無味の要素があります。

それはキャラクターが表情的にも行動的にも驚くほど表現力があり、ショーはこのファクターをうまく利用しているという。これに加えて、アニメーション全体を通してかなりまともですが、それはまた穏やかです、なぜ魅力的に面白いことを意味するイベントのために芸術のスタイルが変更されます。非常に現実的な意味では、それは非常に嫌われている「缶詰の笑い」の視覚的な形であり、視聴者に笑いを奨励するはずですが、ありがたいことに、それは流用以外の何ものにもなりません。

IKKU Meiro noCroiséeは時にはお互いにうまくやることができる、面白いキャラクターを持っていますが、これはスライス・オブ・ライフの物語であるため、個人としての開発に焦点を当てることは少なく、周囲の人々。今では髪の毛のように見えるかもしれませんが、実際にはこのタイプの成長は他のジャンルではほとんど見られません。この部門のアリアと同じレベルではありませんが、それは大半のショーのために独自のものを保有しています.Yuneの真剣な習慣やマナーは、彼女とMizunashi AkariまたはBinchou – タン。

今や明らかな発展が見られないものの、キャラクターに定義を追加し、彼らの考え方や行動の理由を説明しようとする試みがあります。理由はしばしば回顧的ですが、それは論理的であり、期間の授業体系にも適合しますが、最終的にはどこにも導かないという事実によってフラストレーションを感じることがあります。

これは「Strange Land in Strange Land」タイプのストーリーなので、スクリプトは通常よりも簡単で説明力のあるアプローチを採用しています。驚くべきことに、これは声優がそれらを制限するよりも自由を許しているように思えます。そして、対話の多くは、スライス・オブ・ライフ・ショーから期待される種類の暖かさと感度で提供されます。トゥヤマナオは、ユンの恥ずかしがる心情をうまく捉えることができ、近藤隆のクロードとしての深刻さとバランスが取れています。そして、青井祐希のショーの住人であるジャパニーズファイルアリスブランシェのむしろマッドキャップの描写。

YoumouのOhanaへのオープニングテーマ「Sekai wa Odoru yo、Kimi to」は、パリで開催されたYune、Claude、Oscarのアニメーションによく合う大陸風味の楽しい歌です。不思議なことに、森の公園の真ん中のベッドで起きたユンの特徴は、誰にも分かりませんが、東山奈緒は「ココカラはじまろ物語」を歌います。彼女の息吹、声高にぴったりの声。また、中島めぐみと遠山奈緒の「トゥックキミe」とアムの「トゥモロースマイル」の2曲が追加されています。どちらも感情の面ではメインエンディングのテーマに非常に似ていますが、どちらも専用のアニメーションシーケンスはありませんが、

バックグラウンドミュージックは、暗いものからより一般的なものまでありますが、最初は明白ではないかもしれない驚くべき微妙な点があります。シリーズが進むにつれて、特定のシーンにディメンションを追加し、アニメ全体のトーンを向上させるために、さまざまな主要なインストゥルメント(バイオリン、ピアノ、ハープ、クラリネットなど)が徐々に使用されています。

シリーズには問題はありますが、IKKU Meiro noCroiséeもかなりのエンターテイメント価値を保持しています。これの多くはユン、クロード、オスカーの関係から来ていますが、アリスの日本の服や物についてのアイデアのいくつかは笑いを浮かべる価値があることを否定できません。このシリーズは、物語の大半が明るい雰囲気を醸し出しています。特定の出来事については陳腐化していますが、このタイプのアニメを楽しむ人を抑えるのに十分ではありません。一方で、特定のキャラクター間の緊張の不足は、時には関係ダイナミクスに新たな光を当てることもあるが、探求しようとする問題のように物語に不必要な負担をかけることもあるが、実際にはほとんど解決されていない。

Ikoku Meiro noCroiséeは、19世紀のモエ・フワフワに分類されることを避けるために非常に努力していますが、いくつかの小さな方法でその目標を達成しています。残念ながら、ショーの残りの部分は、あまりにも甘くて甘いですが、それは魅力的であるかもしれませんが、ユンの立場にいる人が直面した本当の問題のいずれかに対処することは慎重に避けています。

それは理想主義的な逃避であり、それは一点までは大丈夫ですが、それ自身の利益のためにはあまりにもいいです。

外国の迷路のクロワゼは、夏目と友人の本の第3シーズンと重なる性質のため、ほとんど昨シーズン見過ごされました。あなたが夏目を見ていたら、彼らは同じようなペーシングと雰囲気を共有しているにもかかわらず、彼らが2つの非常に異なるアニメであることを既に知っています。一方、夏目は沢山の賞賛を受けましたが、クロワゼーはほとんど終わりました。私は、Croiséeを「モエ・ゴミ・ゴミ」と単純に捨て去るというレビューをすばやく無視して読んでいたとき、かなり動揺していました。はい、ショーには少女がいて、はい、彼女は愛らしいです。それはショーがことを意味しません モエ、そしてもっと重要なことはショーがゴミであることを意味するものではありません。このレビューがショーのいくつかの点を明確にして、あなたにこのアニメを拾うことを納得させることを願っています。それは多くの理由からあなたの時間の価値があります。

設定はフランスの19世紀後半です。ヨーロッパの芸術に興味がある人は、このアニメを強くお勧めします。背景や衣服はすべて現実的です。多くの時間、私は風景に捉えられており、クロゼーは多くのアニメを放棄するという非常に強いスーツです。

すぐに、文字はあなたに飛び出すものです。老人、10代後半の少年、若い女の子がいます。今、この設定はひどく間違っていて、何かに反して攻撃的に変わっていたかもしれませんが、そうではありませんでした。オスカーは、ショーで私の好きなキャラクターの一つだった。彼はClaudeとYuneの両方にとって重要な父親の姿をしています。彼は面白い知恵をもたらし、終了後も思う価値のある番組になります。Claude Claudelはこのシリーズの主人公で、小さなJaponaise、Yuneと並んでいます。このショーは、ユウンが新しい環境にどのように適応しているのか、クロードは死んだ父親の失敗したサイン・ショップで彼と一緒に住んでいる外国人にどのように適応するのかについてです。文字はお互いに非常に面白く動作しますが、私は彼らの問題が極端なものよりも平凡であったので、両者に共感するのはとても簡単だと感じました。これは、ショーが非常にメロドラマチックであると考える人もいるかもしれませんが、実際は反対です。ここでの実行は非常にうまくいっており、すべての問題は、文字を信憑性のある方法で開発する方法で解決されます。

私たちの主人公、アリスとカミーユとはまったく反対の2つのキャラクターがあります。彼らはこの時点でパリで最も豊かな家族の一員であり、それぞれYuneとClaudeとのユニークな関係を持っています。アリスは当時、パリの人々にとって非常に興味深い日本の文化に非常に執着しています。彼女のユンとの関係は、やや面白いが、ショーが完全に展開されるほど複雑である。カミーユとクロードとの関係も非常に面白かったですが、私はまだそれを見ていない人たちにそれを台無しにしたくありません。

私は逃げ出すが、これを含める必要がある。アリスは、ショーの唯一のものである時代錯誤をもたらします。そして、それが不必要であったにもかかわらず、ショーの評判を汚してはならないと思います。アリスは、この言葉が歴史に入ってから100年以上前のショーにもかかわらず、「モエ」と言います。このジョークは私の考えでは4番目の壁の冗談として使われているので、あまり重視してはいけません。

音は設定に大きく貢献し、私はそれが既にすばらしい経験に加えているのを発見しました。オープニングは楽器です。ショーは、大衆に売るために非常にポップなサウンドトラックを作成するために設定とサウンドを乱用する可能性があったが、それはなかったし、私はそれを尊重している。私がこのアニメをしなかったことを後悔したことの一つは、スクリプトにもっと多くのフランス語を含めることでした。それは理解できるものですが、言語的障壁を克服するには大きな課題があります。幸いにも、副作用として、聴衆の喉の下で奇妙な言葉を窒息させることは、どちらも起こらない。

外国の迷路のクロワゼは、歴史的なアニメーションとスライス・オブ・ライフのアニメの両方で見られる失敗の多くに抵抗する作品です。ファンデーションの数が多すぎるわけではありませんが、まだそれは信じられないほど楽しめるものです。ユンは性的なものとして売られておらず、少女の周りに焦点を当てた多くのショーとは異なり、彼女は偉大な特徴を持っています。

ショーは遅いですが、新しい経験を試してみたいのなら、これは始めるのに適しているかもしれません。あなたがこのアニメを選ぶことを躊躇しているなら、私はこのレビューがそうすることを奨励してくれることを願っています。私はあまりにも、最初のエピソードを超えてこのショーを続けることをためらったが、私はそれが非常に記憶に残るアニメになったように、私は喜んでいる。それは確かに価値があり、特に非常に短いためです。

あなたがこれらのアニメのいずれかを楽しんでいれば、外国人の迷路:ビクトリアンロマンスエマ、ウサギドロップ、アニメーションアリアでクロワゼを楽しむこともできます。

ストーリー:ああフランス、かなり可愛い国じゃない?彼らのグルメ料理、ヴェルサイユ宮殿、モナリザ、古典文学、サイン・ショップに住んでいる日本人少女など、多くのことで有名です…最後は純粋なフィクションですが、残念ながらエピソードの最初のカップルの場合のみ、アニメのための興味深い展望を提供します。

はい、当初、このアニメは予定だったでしょう 外国人が彼女の習慣に慣れていないことを学び、それを学ぼうとする興味深い話です…もちろん、これはアニメであり、実際のお金はオタクの熟考と頭のないモエであり、アニメ業界はあまりにもよくそのことを知っていますし、そしてIKKO Meiro No Croiseeは失望して別のものです。そして、キャラクターのひとりが実際にモエという言葉を文章で言うと、19世紀のパリで…そのキャラクターもかなり日本人です…それは意味がありません。

しかし、それはひどいショーではありません、実際には、それはかなりまともなショーですが、これには非常に無駄な可能性があります。その話は、老いたフランス人の男と一緒に、若い日本人の女の子のことです。パリの男の家に帰ってきた人の孫が、パンチに殴られています。彼の孫と主な男性キャラクター、クロードが運営するサイン・ショップ。エピソードはいくつかの習慣や食べ物などに興味を持っていることから始まります。そしてクロードは日本での説明、リンスとリピートを説明していますが、実際に面白く面白いです。
もちろん、ストーリーはより多くのキャラクター主導の物語に発展し、オタクとモエ愛好家が愛している最も迷惑なキャラクターの一番の候補者の1人を紹介します。何でも愛しているすべての日本人(ちょっと変わったWapaneseの女の子)。

私はそのキャラクターをかなり強く抱いていることを知っています。(私はそれが誰なのかという前でさえ)、物語がキャラクター・ストーリーに変わると、「ああ、私の神、あなたのものアリスとユンとの瞬間、blergeehhhを傷つける。ほとんどの場合、アリスはユンを見せてユンが日本のことをどれくらい無駄にしているのかユンは日本人の方が日本人であることを示し、ユンは着物の他に何かを身に着け、アリスと他のモエファンは溶けます彼女の可愛さで…私の神、私は誰もがポイントを得るために十分に言ったと思う。

はい、それはかなりの騒々しい外出ですが、私はあなたにそれを押して試しているようにあなたの顔に萌えを押していない、それは本当にあなたの顔に萌えを押しています。少なくともこのアニメでは、オブジェクト化されたモエ・フィギュアン・ガール、ユーンは、奇妙な物を試すのに十分な気が開いている、とても好きで甘くて無邪気で、 1つのアニメのためにすぐに糖尿病を与えないが、アリスを投げて、あなたは2型糖尿病の赤ちゃんを手に入れます。

確かに、アリスのアニメの紹介は、実際には素敵なストーリー・ビットの一部でした(アニメはそれを避け、別のルートをとる)。それ以降のユンとやっていると、本当にあなたを悩ますでしょう。

全体的に、アニメは、オタクのケータリングショーに変わっていく有望なクロスカルチャーの物語として始まっている素敵なスローペースストーリーですが、オタクモエブロブのゴミダンプよりもはるかに優れています。

アニメーション:プロダクションの価値はきれいで、すべてが細かくきれいに見えますが、キャラクター・モデルはやや鈍いですが、それほど大したことではありません。しかし、それはそこに他のすべてのモエアニメのように見え、それは間違いなくあなたが同じ古いデザインのどれに疲れていても気にしない。アニメは一般的に非常によく見えるし、最初は美しい都市を展示しているので間違いなくあるはずです。

サウンド:バックグラウンドミュージックは美しくて落ち着いた音楽から非常にいいですが、かなり再利用されました。声の演技は十分ですが、ユーンは見た目がかわいいと聞こえ、アリスは不幸にも彼女の性格が迷惑に聞こえます。テーマミュージックもかなり穏やかです。最も興味深いオーディオ作品は、すべてのエピソードの冒頭にある小さな紹介ですが、それは日本人ではなくフランス語で話されていますので、このショーの特殊性のためにフランス語のダブが作られることを期待しています。実際よりも本物になります。

全体:
The Good:
+パリに住む日本人女の子についてのかわいいペースのストーリー。
+アニメを見てニース。
+平和なオーディオ。

悪い人:
– 失望して面白い話から脱却して、そこに膨らんだモエアニメと同じものになる。
– アリスと彼女の迷惑なワパニーズのやり方。
– 「あなたはそんなに愛らしい!瞬間

まあ、私は実際の主人公よりもアリスについてもっと話しましたが、とにかく面白いことではありません。