君と僕。 海外レビュー

あらすじ

小学校からの幼馴染コンビ・あきらと東晃一(こーちゃん)が穂稀高校の学生だった頃、職場体験(保父さん)として陽だまり幼稚園へ行く。その時に出会った4人組が双子の浅羽兄弟と塚原要・松岡春だった。この4人の園児たちが揃って穂稀高校に進学し、双子の弟が帰宅部のまま高校2年へ進級したのだった。高校生編では4人とその仲間の脱力した日々を描く。

初期作品は、あきらと晃一の高校生時代を描くあきらとこーちゃん編と、4人組の幼稚園児時代を描いた陽だまり幼稚園編として単行本に収録。
第1期:2011年10月3日 – 12月26日
第2期:2012年4月2日 – 6月25日(ウィキペディアより引用)

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“君と僕。 海外レビュー” の続きを読む

ペルソナ4 海外レビュー

あらすじ

2011年4月11日。両親の海外出張で日本に残された主人公は、1年間だけ母方の叔父の家に居候することになった。彼が転入した高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という「マヨナカテレビ」の噂が流れていた。この噂は実際に起こりつつあった怪異の一端であり、マヨナカテレビの噂を確かめようとした主人公、陽介、千枝はテレビの中の異世界の存在を知ることになる。同時期に町で発生していた連続殺人事件とマヨナカテレビには関連があると睨んだ主人公たちは、異空間を探る中で「シャドウ」と呼ばれる化け物に襲われ、日常の裏にある世界の闇を垣間見ることになる。

怪異に触れることで、自らの抑圧された感情の化身を具現化して使役する「ペルソナ能力」を発現させた彼らは、警察に話しても信じてもらえないという考えから、秘密を共有する仲間と共に、事件や異世界に隠された真実を追うべく、自称「特別捜査隊」を結成することになる。主人公は表向きはごく普通の高校生として、学業や部活やアルバイトに励み、多くの人々と交流を築く一方で、放課後には仲間と共にシャドウが徘徊する異空間で戦い、事件に巻き込まれた人々を助け、事件の解決のために奔走する。
2014年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ペルソナ4 海外レビュー” の続きを読む

R―15 海外レビュー

あらすじ

ポルノ小説でプロとして活躍している芥川丈途。丈途は職業柄あまりよい目で見られなかったが、その能力が認められ、天才と呼ばれるにふさわしいものだけが入学を許される私立高校・閃学園に入学することになる。そこは個性あふれる生徒が集まっており、翻弄される丈途。学園や先輩から出される幾度の難題なテストにも負けず、彼らと協力しながら勝利を収めていく……。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“R―15 海外レビュー” の続きを読む

たまゆら 海外レビュー

あらすじ

汐入に住む沢渡楓は、高校進学を機に父を亡くしてから疎遠になっていた竹原への引越を決める。そこで楓はかつてよく竹原に来ていたころに遊んだ塙かおると再会し、岡崎のりえ、桜田麻音とも友達になる。4人は竹原南高校に入学する。そこで楓は憧れている写真家の志保美りほと会ったり、汐入で仲の良かった三次ちひろと再会したり、父の死によって果たされなかった花火大会や憧憬の路での約束を果たしたりする。しかし「自らには他の3人にあるような目立ったとりえがない」と考えたかおるの提案で、「私たち展」を旧笠井邸で開くことになり、またその予行演習として麻音は憧れていた乙女座の舞台に立つことになる。
第1期:2011年10月3日 – 12月19日
第2期:2013年7月3日 – 9月18日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“たまゆら 海外レビュー” の続きを読む

HIGH SCORE 海外レビュー

概要

りぼん(集英社)にて1995年4月号から連載されており、2018年11月現在、同誌で最長の連載作品であり、2015年りぼん4月号で連載20周年を迎えた。わがまま美少女・藤原愛実(ふじわら めぐみ)をはじめとするアクの強いキャラクターのおかしな日常を、4コマ漫画で描く。単行本は2018年11月現在、同社のりぼんマスコットコミックスより17巻まで刊行されている。また、連載15年を祝して、ファンブック「HIGE SCORE(ヒゲスコア)」が9巻と同時に刊行。

基本はギャグだが、最近[いつ?]ではキャラの複雑な人間関係や恋愛要素がメインとなって話が展開されることも多くなってきている。
2011年11月28日 – 2012年1月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“HIGH SCORE 海外レビュー” の続きを読む

gdgd妖精s 海外レビュー

概要

妖精の森に住む3匹の妖精、ピクピク・シルシル・コロコロが巻き起こす、gdgd(ぐだぐだ)でシュールな騒動の数々を描く15分枠の短編アニメーション。全編がMikuMikuDance・Shade・六角大王などの3DCGソフトウェアで作成されている。映像作成、音声収録方式はアフレコの声あて用映像を除きプレスコを採用している[2][3]。公式サイト曰く、業界もびっくりの低予算、制作がほぼ放送1週間以内に近いリアルタイムで作られているという。また、随所で有名アニメやテレビCMのパロディネタが使われている。
第1期:2011年10月12日 – 12月28日
第2期:2013年1月9日 – 3月27日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“gdgd妖精s 海外レビュー” の続きを読む

いつか天魔の黒ウサギ 海外レビュー

あらすじ

宮坂高校1年、鉄大兎。 平凡に消費されるはずの彼の毎日は、失われた記憶を取り戻す事で突如として一辺した。

失われた『彼女』の笑顔を取り戻す為、再び少年と『世界』の戦いが始まる。

2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“いつか天魔の黒ウサギ 海外レビュー” の続きを読む

NO.6 海外レビュー

あらすじ

2013年。理想都市『NO.6』に住む少年・紫苑は、9月7日が12回目の誕生日であった。だが、その日は同時に彼の運命を変える日でもあった。『矯正施設』から抜け出してきた謎の少年・ネズミと出会い、負傷していた彼を介抱した紫苑だが、それが治安局に露見し、NO.6の高級住宅街『クロノス』から準市民の居住地『ロストタウン』へと追いやられてしまう。

4年後、紫苑は奇怪な事件の犯人として連行されるところをネズミに救われ、彼と再会を果たす。NO.6を逃れ、様々な人々と出会う中で紫苑は、理想都市の裏側にある現実、『NO.6』の隠された本質とその秘密を知っていく…。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“NO.6 海外レビュー” の続きを読む

世界一初恋 海外レビュー

あらすじ

小野寺律は高校時代嵯峨政宗と付き合い始めたが、思い違いで一方的に政宗を突き放してしまった。十年後、丸川書店エメラルド編集部への所属が決定し、編集長が政宗だと分かり戸惑う事になる。律は、恋愛面で積極的な政宗を拒否し続けるが、婚約者の小日向杏との接触により政宗に対する気持ちを自覚し政宗の想いを受け入れた。
2011年4月8日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“世界一初恋 海外レビュー” の続きを読む

電波女と青春男 海外レビュー

あらすじ

丹羽真は両親の仕事の都合上、都会で一人暮らしの叔母の藤和女々の家に預けられることになる。だが、一人暮らしと聞いていた叔母の家に入ると、…足の生えた布団があった。その布団は自称宇宙人の女々さんの娘で、いとこの藤和エリオだった。電波ないとこのために、真の「青春ポイント」は日に日に減っていく…。

転校先の学校では、自転車に乗るためにヘルメットをする御船流子さん、隣の席の179.9cmの長身なのに超虚弱体質な前川さんとの青春を謳歌する…はずだったが、エリオがその障害となる。前川さん曰く、エリオは去年まで同じ学校にいたが退学したという。半年間行方不明で、帰ってきた時から「宇宙人にさらわれた」「自分は宇宙人だ」と言い始めたという。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“電波女と青春男 海外レビュー” の続きを読む

THE IDOLM@STER 海外レビュー

あらすじ

雑居ビルの3階に事務所を構える「765プロダクション」に所属するアイドル候補生たちが、一人前のアイドルへと成長していくさまを描く。本作は原作ゲームの設定やエピソードを取りいれつつも、全体としてはアニメ版独自のストーリーを描いている。
2011年7月7日 – 12月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“THE IDOLM@STER 海外レビュー” の続きを読む

にゃんぱいあ The Animation 海外レビュー

あらすじ

捨てられて死にそうになった子猫。暗闇から現れたヴァンパイアに血を飲ませてもらい、ヴァンパイアの血の洗礼を受けた子猫、にゃんぱいあとして生まれ変わった。

牙が生え、翼が生えた子猫。永遠の命を得たにゃんぱいあだったが、その代償としてヴァンパイアとして生きていく事となる。

その後、にゃんぱいあは人間の女の子の美咲に拾われ、飼い猫として、にゃんぱいあとしてたくさんの友達に囲まれながら楽しい生活を送ることとなる。自らの喉を潤す血を求めながら。
2011年7月6日 – 2011年9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“にゃんぱいあ The Animation 海外レビュー” の続きを読む

快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 海外レビュー

概要

快盗天使ツインエンジェル〜キュンキュン☆ときめきパラダイス!!〜(かいとうてんしツインエンジェル キュンキュンときめきパラダイス)のタイトルで、2011年7月から9月まで放送された。全12話。

なお2015年1月30日に、テレビアニメをベースとしたOVAが発売されている。時系列としてはTVシリーズとパチスロ「3」の中間にあたり、宮崎県のフェニックス・シーガイア・リゾート(サミーグループの「フェニックスリゾート」が経営)が舞台となっている。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 海外レビュー” の続きを読む

Aチャンネル 海外レビュー

概要

チャンネル(エーチャンネル)は、黒田bbによる日本の4コマ漫画作品。芳文社の月刊雑誌『まんがタイムきららキャラット』にて2008年(平成20年)12月号から連載中。略称は「Aチャン」。『まんがタイムきららキャラット』2010年(平成22年)12月号にてテレビアニメ化が発表され、2011年(平成23年)4月から6月まで放送された。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Aチャンネル 海外レビュー” の続きを読む

30歳の保健体育 海外レビュー

あらすじ

「人は30歳で童貞だと魔法使いになる」

今河駿は彼女と付き合ったことすらない童貞男。そんな30歳を迎えた深夜、彼の目の前に大五郎という性愛の神が現れる。最初は胡散臭くあまりにも迷惑な彼を追い出したりしていたが、彼は駿の童貞を卒業させないと帰れないと言い、今河は成り行きで大五郎と後にやってきた弟のマカロンのアドバイスを受けながら、彼女を作ろうと試みるのだが、果たして今河は童貞を卒業できるのであろうか。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“30歳の保健体育 海外レビュー” の続きを読む

そふてにっ 海外レビュー

あらすじ

白玉中学校女子ソフトテニス部の春風明日菜、沢夏琴音、秋山千歳、冬川来栖。彼女たちは新入部員のエリザベス・ウォーレンと平岸やよいを仲間に加え、今日も笑いを巻き起こしながら、青春をかけて全国大会を目指して練習を続けるのであった。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“そふてにっ 海外レビュー” の続きを読む

カードファイト!! ヴァンガード 海外レビュー

世界観

本作の世界は、いわゆる一つの近未来。世界中で数々のカードゲームを遊戯のみならず学校の授業などに役立てているほどに当たり前の存在となっている。そして数あるカードゲーム中、「ヴァンガード」が一番流行っている。

「ヴァンガード」のゲーム世界設定は、亜地球的惑星「クレイ」を舞台としている。プレイヤーはクレイに降り立った霊体という設定。クレイではファンタスティックな魔法と科学技術が両方とも発展しており、現実世界とは全く異なる文明が構築されている。また、神・悪魔・ドラゴンに妖精といった存在も、ごく当たり前に生息している。それを想像することを劇中では「イメージ」と呼んでおり、特に櫂は口癖のように用いる。
G1期:2014年10月26日 – 2015年10月4日
G2期:2015年10月11日 – 2016年4月10日
G3期:2016年4月17日 – 9月25日
G4期:2016年10月2日 – 2017年10月1日
G5期:2017年10月8日 – 2018年4月1日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カードファイト!! ヴァンガード 海外レビュー” の続きを読む

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 海外レビュー

あらすじ

高校1年の少女・高梨奈緒は1つ上の兄の修輔が大好きなブラコン。一方の兄・修輔は、女の子(妹を含む)が少し気になり過ぎる、ちょっとエッチな少年。

奈緒によるエッチなアプローチに悶々とする日々を過ごす修輔だったが、特に何も起こらず、2人は兄妹の関係のままだった。ところがある日、修輔の幼馴染だったツインテ少女・彩葉が10年ぶりに戻って来てから、修輔がエッチなものに反応しなくなってしまい、奈緒は気が気ではなくなる。
2011年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 海外レビュー” の続きを読む

殿といっしょ 海外レビュー

概要

日本の戦国時代を舞台としたギャグ漫画であり、歴史上実際に起きた様々な出来事をネタにしている。

三英傑や武田信玄などの誰もが知る有名武将から、鳥居強右衛門のように一般的にはあまり知られていないとされる武将まで数多くの戦国武将・大名が登場するが、彼らの性格は史実を元にしつつも一部を大きく誇張したものとなっている。

例外もあるが、基本的には殿と呼ばれる立場の武将が変わり者という設定で「ボケ」であり、部下たちが「ツッコミ」を担う。武田信玄のように途中大きく出世した武将は、若年期がツッコミ役で老成してからはボケ役と変化している。
2011年4月4日 – 6月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

 

“殿といっしょ 海外レビュー” の続きを読む

戦国乙女 桃色パラドックス 海外レビュー

あらすじ

現代の女子中学生、日出佳乃(通称「ヒデヨシ」)は試験前の神頼みに神社へ向かうが、そこで見かけた不思議な光によって女性しかいない戦国時代に似た時代の世界へと飛ばされてしまう。天下統一を目指す女武将、織田ノブナガと出会ったヒデヨシは全部集めると天下統一の夢が叶うという「伝説の深紅の甲冑」集めの手伝いをすることに。その中でヒデヨシは様々な戦国武将と出会っていく。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦国乙女 桃色パラドックス 海外レビュー” の続きを読む

スイートプリキュア♪ 海外レビュー

あらすじ

人間世界とは異なる場所に存在する、幸せな音楽の国メイジャーランド。そこで年に一度だけ行われる演奏会において、歌の妖精ハミィは世界の人々の平和を願い「伝説の楽譜」に記された「幸福のメロディ」を歌おうとしていた。しかし 演奏会の最中、悲しい音楽の国マイナーランドの王メフィストが現れ、楽譜を「不幸のメロディ」に変えようとする。メイジャーランドの女王アフロディテは音符を別の世界である人間世界にばらまいて それを阻止したが、散らばった音符を取り戻すため メフィストは配下のセイレーンと トリオ・ザ・マイナーを、アフロディテはハミィと7体のフェアリートーンを人間世界に遣わす。

一方、人間世界の加音町に住む北条響は、かつての親友である南野奏とすれ違う日々を送っていた。そんな中、2人はハミィやマイナーランドの刺客達と遭遇し、なし崩しにプリキュアの戦士キュアメロディとキュアリズムとして目覚めることになる。最初はすれ違いの出来事を引きずって喧嘩の多い響と奏であったが、徐々に友情を取り戻していき、プリキュアとしても一歩ずつ成長していく。

やがて、ハミィと対立していたセイレーンも、様々な出来事を通じて和解し、黒川エレン(=キュアビート)としてプリキュアに覚醒。3人のプリキュアは互いに助け合ってメフィストやトリオ・ザ・マイナーの襲撃を打ち破っていくが、やがて謎の仮面のプリキュア・キュアミューズの正体が調辺アコだったことが判明し、キュアミューズとメフィストとの「驚くべき関係」と、マイナーランドを裏で操る真の黒幕・ノイズの存在が明らかになっていくのだった。
2011年2月6日 – 2012年1月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スイートプリキュア♪ 海外レビュー” の続きを読む

俺たちに翼はない 海外レビュー

あらすじ

大都市「柳木原」(略称ギバラ)では、今日も誰かのありふれた物語が生まれていた。季節は冬。寒さが厳しい白い空。心に悩みを持つ若者たちが繰り広げる群衆劇。そんな若者たちが傷つき、笑いあう。どこにでもあるような恋物語が今語られる。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“俺たちに翼はない 海外レビュー” の続きを読む

べるぜバブ 海外レビュー

あらすじ

2008年4月、「天下の不良高校」と言われる石矢魔高校の中でも凶悪無比な強さから「アバレオーガ」と恐れられる男子高校生・男鹿辰巳は、ある日喧嘩の最中に川でおっさんが流れてきておっさんを割ると、中から赤ん坊が出てきてその赤ん坊を拾う。しかし実はその赤ん坊は、普通の子ではなく人類を滅ぼすために魔界から送り込まれた大魔王の息子・カイゼル・デ・エンペラーナ・ベルゼバブ4世(通称ベル坊)だった。ベル坊にすっかり気に入られてしまった男鹿はベル坊の侍女悪魔・ヒルダの監督の下、不本意ながらも魔王の親となり子育てをすることになる。はじめはベル坊を誰かに押し付けようとする男鹿だったが、次第にベル坊の親としての自覚と絆を強めていく。
2011年1月9日 – 2012年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“べるぜバブ 海外レビュー” の続きを読む

ウルヴァリン 海外レビュー

あらすじ

ニューヨークで謎の襲撃の隙に恋人の真理子を奪われたローガン。そして1年後、友人であり公安調査庁の浅野徹心から真理子は九頭竜の首領である矢志田信玄の娘でマドリプールの権力者黒萩秀樹との政略結婚を計る為に日本にいる事を知り、彼女を取り戻すために東京へ向かった。
2011年1月7日 – 3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ウルヴァリン 海外レビュー” の続きを読む

Rio RainbowGate! 海外レビュー

あらすじ

大富豪の孫娘であるミント・クラークは、祖父に連れられて人気のカジノスポット「ハワードリゾート」を訪れる。ミントはギャンブルに興味を持たなかったが、ひょんなことから「勝利の女神」と呼ばれる女性ディーラー・リオと出会う。後にリオはミントの接待係となり、ミントと行動を共にするようになる。そんな時、オーリンと名乗る男がミントにぬいぐるみを賭けた勝負を挑んでくる。リオはミントの代理として、自身の裸を賭けてオーリンとのポーカー勝負を行うことになってしまう。

ある時、リオは幼馴染のリナと再会する。リナもまたリオと同じくディーラーになっており、ハワードリゾートに雇われることになった。リナはハワードリゾートの新施設、空飛ぶカジノ「スカイリゾート」のディーラーとして雇われ、リオやミントもスカイリゾートのオープンに立ち会うことになる。しかし、その裏では評判の悪いカジノオーナー・カルティアがハワードリゾート乗っ取りを企んでいた。カルティアはリオに部下たちを差し向け、ゲートバトルを挑ませる。
2011年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Rio RainbowGate! 海外レビュー” の続きを読む

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 海外レビュー

あらすじ

作曲家志望の少女・七海春歌は、アーティストを育成する芸能専門学校「早乙女学園」に競争率200倍の超難関を突破して入学した。そして学園の慣習に従い、アイドル志望の男子1人とパートナーを組み、卒業式に行われる「シャイニング事務所新人発掘オーディション」合格に向けて、パートナーに優勝の栄誉をもたらす楽曲を作るべく、1年間の学園生活を送ることに。
第1期:2011年7月 – 9月(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 海外レビュー” の続きを読む

神様のメモ帳 海外レビュー

あらすじ

物語の主人公である藤島鳴海は、父親の仕事の都合上、東京都のM高校に転校する。かねてから鳴海は転校を何度もしてきた。そんな彼を変えたのが、クラスメイトである彩香だ。彼女との出会いが、はなまるラーメンの店裏に集う、様々なニートたちと知り合うきっかけとなる。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神様のメモ帳 海外レビュー” の続きを読む

ロウきゅーぶ! 海外レビュー

あらすじ

バスケ好きの高校生・長谷川昴は七芝高校バスケ部に入部したが、部長のロリコン疑惑が原因で、入部早々に1年間の部活動停止という憂き目に遭ってしまう。行き場をなくし日々所在なく過ごしていた昴だったが、小学校で教師をしている叔母の強引な誘いから、叔母の教え子である慧心学園女子バスケットボール部の臨時コーチを引き受けることになった。

当初は女子小学生達が相手の慣れない環境に戸惑う昴だったが、やがて女子バスケ部が体育館の使用権を巡って同校の男子バスケ部との間にトラブルを抱え、部の存続を賭けた試合を控えていることを知る。湊智花をはじめとする女子バスケ部員の過去の事情と、彼女らのバスケに対する想いに真正面から向き合ったことで、昴自身もバスケに対する情熱を取り戻し、それぞれの想いを守るために積極的に活動を進めていく。
第1期:2011年7月 – 9月
第2期:2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロウきゅーぶ! 海外レビュー” の続きを読む

BLADE ブレイド 海外レビュー

あらすじ

出産直前にヴァンパイアに襲われた女から産まれた男、ブレイド。

ヴァンパイアの超絶的な能力と、人間の日光への耐性とを併せ持つ超人『ディ・ウォーカー』となった彼は、ヴァンパイアを、特に母を襲ったヴァンパイア『四本牙』たちを狩る戦いの日々を送っていた。

そんなある日、ブレイドは宿敵『四本牙』の一人、ディーコン・フロストと日本で対峙する。

が、あえなく敗北。それどころかフロストの罠によって、日本の女ヴァンパイアハンター、マコトに「父の仇」と付け狙われることになる。

フロストを追い、マコトに追われるブレイドを待つものは…?
2011年7月1日 – 9月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BLADE ブレイド 海外レビュー” の続きを読む

クロスファイト ビーダマン 海外レビュー

あらすじ

時は20XX年。世界中の子供たちの間で人気の競技「ビーダマン」には、まことしやかに囁かれている噂があった。その内容は、「選ばれたごく一部のビーダーしか参加できない大会がある」というもの。
ビーダマン初心者である龍ヶ崎カケルは、愛機ドラシアンと出会い、その秘密の大会、「クロスファイト」に大きく関わっていくことになる。
第1期:2011年10月2日 – 2012年9月30日
第2期:2012年10月7日 – 2013年9月29日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クロスファイト ビーダマン 海外レビュー” の続きを読む

アスタロッテのおもちゃ! 海外レビュー

あらすじ

妖魔族の住む世界・妖魔界(アールヴヘイム)にあるユグヴァルランド王国の姫君・アスタロッテ(通称「ロッテ」)は、夢魔族なのに大の男嫌い。しかし夢魔族は生命維持のため、ある程度以上に育つと「吸精」をしなければならないので、近いうちに男達を置いておくための後宮を構える必要があった。けれども全くその気のないロッテは、不可能だと高を括って世界樹のねじれにより行けなくなった人間界(ミッドガルド)の男を連れてくることを条件に、後宮を構えることを約束する。

一方、人間界に住む就職活動中の青年・塔原直哉は謎の女性から、うってつけの働き口があると告げられる。それを信じて付いて行った先は、なんと異世界である妖魔界。彼女の言う働き口とは、ロッテの後宮に入ることだった。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アスタロッテのおもちゃ! 海外レビュー” の続きを読む

マケン姫っ! 海外レビュー

あらすじ

元・女子校で、男女共学へ再移行したばかりの私立学校「天日学園」(てんびがくえん)に入学した主人公の大山タケルは、そこで「マケン」という特殊な能力を持った武器の数々を目にする。この学園では、生徒1人1人にそれぞれに適した「マケン」のレプリカが与えられ、それによって「エレメント」という神秘的なエネルギーを秘めた能力の扱い方を学べるのであった。タケルも例外ではなく、自らの特性に合った「マケン」を与えられるはずであったが、身体検査時に適する「マケン」が見つからず、1ヶ月間「マケン」無しで過ごさざるを得なくなってしまう。生徒らが己の「マケン」の特性を活かして部活動をしていたため、入る部活も決められずにいたタケルは、幼馴染の天谷 春恋の勧めで、学園内の様々な事件や事故などの解決役である「魔導検警機構」(通称「マケンキ」)へ所属することとした。その中で、タケルは数々のトラブルに巻き込まれていく。
2011年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マケン姫っ! 海外レビュー” の続きを読む

緋弾のアリア 海外レビュー

あらすじ

凶悪犯罪に対抗するため、武力を行使する探偵「武偵」の存在が当たり前の社会。2009年、武偵を育成する東京武偵高校に通う青年・遠山キンジは、普通の生活を求めていた。しかし、ある日現れたSランク少女武偵である神崎・H・アリアと出会ったことにより、彼女を取り巻く戦いの日々に身を投じていくことになる。
2011年4月 – 7月迄放送 (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“緋弾のアリア 海外レビュー” の続きを読む

星空へ架かる橋 海外レビュー

あらすじ

病気がちな弟・歩の転地療養に付き合う形で山比古町に引っ越した主人公・星野一馬は、町の学園「山比古南学園」への転入初日に道に迷ってしまったところ、偶然同じ学園に通う中津川初と出会って学園まで案内してもらうが、道なき道で足を滑らせた一馬は誤って初を押し倒したうえ、キスまでしてしまう。それを初の親友、日向伊吹に見られてしまったことにより、一馬の生活は波乱万丈のスタートを切ることになる。
2011年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“星空へ架かる橋 海外レビュー” の続きを読む

プリティーリズム・オーロラドリーム 海外レビュー

概要

タカラトミーと韓国の玩具メーカー・ソノコンが2011年1月より開始した業務提携に基づき製作された。ただし、過去にタカラトミーの前身の1社・タカラとソノコンが共同出資して製作された『爆転シュート ベイブレード』シリーズや『爆球Hit! クラッシュビーダマン』のようなスタッフを含めた日韓合作体制ではなく、メインスタッフは全て日本側から出されている。

日本では2011年4月9日から2012年3月31日までテレビ東京系6局およびBSジャパンにて放送。当初は2011年4月2日から放送開始予定であったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響により1週遅れて4月9日からの開始となった[2]。また、話数は「全54話」とアナウンスされていたが、放送開始のずれ込みや年末編成で12月31日(この日が大晦日であったため)の放送を休止した影響なども有り、実際の放送は当初の発表話数より3話少ない全51話となった。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プリティーリズム・オーロラドリーム 海外レビュー” の続きを読む

タイガー&バニー 海外レビュー

あらすじ

NEXT(ネクスト)と呼ばれる特殊能力者がこの世に誕生してから45年。大都市・シュテルンビルトには、スポンサー各社との契約下でその能力を駆使し、街の平和を守るNEXTによって構成されたスーパーヒーローたちが存在する。ヒーローたちの活躍は専用の特別番組『HERO TV』で中継され、その年の「キングオブヒーロー」の座を巡るランキング争いを続けていた。
2011年4月2日 – 9月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

#01 All’s well that ends well.終わりよければすべてよし
#02 A good beginning makes a good ending.はじめが肝心
#03 Many a true word is spoken in jest.嘘から出た真実
#04 Fear is often greater than the danger.案ずるより産むが易し
#05 Go for broke!当たって砕けろ!
#06 Fire is a good servant but a bad master.火は従順なしもべだが、悪しき主人でもある
#07 The wolf knows what the ill beast thinks.蛇の道は蛇
#08 There is always a next time.必ず機会が来る
#09 Spare the rod and spoil the child.かわいい子には旅をさせよ
#10 The calm before the storm.嵐の前の静けさ
#11 The die is cast.賽は投げられた
#12 Take heed of the snake in the grass.草の中にいる蛇に用心せよ
#13 Confidence is a plant of slow growth.信頼という木は大きくなるのが遅い木である
#14 Love is blind.恋は盲目
#15 The sky’s the limit…限界は空高くに…
#16 Truth lies at the bottom of a well.真実は井戸の底にある
#17 Blood is thicker than water.血は水よりも濃い
#18 Ignorance is bliss.知らぬが仏
#19 There’s no way out.袋の鼠
#20 Full of courtesy, full of craft.口に蜜あり、腹に剣あり
#21 Heaven helps those who help themselves.天は自ら助くる者を助く
#22 Bad luck often brings good luck.人間万事塞翁が馬
#23 Misfortunes never come singly.不幸は単独では来ない
#24 Nothing ventured, nothing gained.虎穴に入らずんば虎子を得ず
#25 Eternal Immortality.永久不滅

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“タイガー&バニー 海外レビュー” の続きを読む

DOG DAYS 海外レビュー

あらすじ

動物の耳や尻尾を持つ種族たちが暮らす、地球とは隔絶した異世界フロニャルド。14歳の少女ミルヒオーレ・フィリアンノ・ビスコッティを代表領主とするビスコッティ共和国は、かつて友好関係にあった隣国ガレット獅子団領国との「戦」で敗戦を重ね、窮地に瀕していた。武勇に優れるガレットの戦姫レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ率いる軍勢がビスコッティの城へ迫ろうというその時、ミルヒオーレは国の窮状を打破する切り札として、異世界からの「勇者召喚」を決意し、地球の現代日本に住む少年シンク・イズミを召喚する。
第1期:2011年4月2日 – 6月25日
第2期:2012年7月7日 – 9月29日
第3期:2015年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“DOG DAYS 海外レビュー” の続きを読む

HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 海外レビュー

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森で巨獣に襲われている所をハンターの青年・カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親・ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。ハンターという職業に憧れを抱くようになったゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親・ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。
2011年10月2日 – 2014年9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 海外レビュー” の続きを読む

フラクタル FRACTALE 海外レビュー

あらすじ

22世紀に確立された世界を管理する「フラクタルシステム」。それはネットワーク化された数兆の計算機の総体で、人体に「フラクタルターミナル」を埋め込みライフログを定期的に高々度浮遊サーバに送信することで全ての人が基礎所得を受け取ることができるシステムである。これによって、働く必要も争う必要もなくなり、人類は楽園のような生活を手に入れた。そして、「ドッペル」と呼ばれるアバターを使うことによって、どこでも好きな場所から自由にコミュニケーションを取れるようになって以来、多くの人は定住せずに悠々自適に暮らす個人主義の社会が形成されていた。

しかし、システムの恩恵が得られてから1000年が経過し、電波を中継する「バルーン」の殆どが故障し、システムは崩壊の危機にあった。だがもはやシステムを管理する「僧院」ですらシステムを修復する術を忘れてしまい、残された手段は再起動だけだった。

この世界で珍しく家を構えドッペルも持たない少年クレインは、ある日システム再起動の鍵となる僧院の少女・フリュネと出会う。クレインは、フラクタルシステムを否定する「ロストミレニアム」の一派「グラニッツ一家」に追われていた彼女を保護するが、翌日彼女はブローチを置いて消えてしまう。残されたブローチを解析すると、中からネッサと名乗る少女のドッペルが現る。
2011年1月13日 – 3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Eh5tDuW25e8(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“フラクタル FRACTALE 海外レビュー” の続きを読む

キルミーベイベー 海外レビュー

作品概要

カヅホのデビュー作品。最初はデビュー作品の練習用プロットの1つであったが、そのままネームを仕上げたものが『まんがタイムきららキャラット』に読み切り作品として掲載されることとなり、「不定期連載」の状態が半年ほど続いたのち、正式連載となった。

ごく普通に学校に通う「殺し屋」の少女・ソーニャとその友人・折部やすなが繰り広げる、コミカルで少しバイオレンスな日常を描く。キャラクター数は4人と非常に少なく、基本的に主人公のやすなとソーニャの掛け合いだけで話が展開される(カヅホは本作を「漫才コント漫画」と称している)。カヅホいわく、「当初は『まんがタイムきららキャラット』に溶け込めるよう日常系漫画を目指していたが、何か変なことをしないと生き残れないと思って、思い切ってギャグ漫画にしたところ好評だったため、ギャグ路線の芸風になった」という。

2011年7月28日発売の『まんがタイムきららキャラット』同年9月号表紙でテレビアニメ化が発表され、2012年1月から同年3月まで一部TBS系列で放送された。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“キルミーベイベー 海外レビュー” の続きを読む

神様ドォルズ 海外レビュー

あらすじ

閉鎖的な故郷・空守村を離れて東京での一人暮らしを始めた大学生・枸雅匡平の元に、空守村で神と崇められる「案山子」を操る「隻」の資格を持つ妹・詩緒が訪れる。それは、かつて村で惨劇を起こして幽閉された匡平の幼馴染・阿幾が脱走したことを伝えるためだった。匡平と阿幾の因縁の背景には、かつて村において新任の女性教師瀬能千波野がレイプされた上で殺害された事件があった。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=-LWNPKrMqjI(公式)

第一話 神はきたりて
第二話 神様の特訓
第三話 攻め来たるは…
第四話 ヘルマ
第五話 故郷へ…
第六話 空守村
第七話 追憶の肖像
第八話 神様の役割
第九話 因縁の渦
第十話 美姫、繚乱
第十一話 囚われの日々乃
第十二話 暴走
第十三話 隻・枸雅匡平

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“神様ドォルズ 海外レビュー” の続きを読む

魔法少女まどか☆マギカ 海外レビュー

あらすじ

鹿目まどかは見滝原中学校の2年生として平凡に過ごしていたが、ある夜に見た夢の中で、巨大な怪物に破壊された市街地で傷つきながら応戦する少女を目撃し、ネコ・またはウサギにも似た白い生き物から「僕と契約して、魔法少女になってほしい」と告げられる。翌朝、その夢で見た少女・暁美ほむらが見滝原中学へ転校してくる。ほむらはなぜかまどかのことをよく知っており、「今とは違う自分になろうだなんて思わないことね」と、謎めいた警告を残す。
2011年1月7日 – 4月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=ks8WPvlQpbg(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“魔法少女まどか☆マギカ 海外レビュー” の続きを読む

ベン・トー 海外レビュー

あらすじ

寮暮らしをするビンボーな高校1年生・佐藤洋はある日晩ご飯を買いにふらりと立ち寄ったスーパーで半額シールを貼られた弁当に手を伸ばす。しかし直後に意識を失い、目を覚ましたとき彼は精肉コーナーの前で倒れていた。既に半額弁当は消えており、残っていた惣菜もその場にいた他の人に買われていく。仕方なく売れ残った梅おにぎりを手に取ろうとした際、同じ学校であるメガネをかけた少女・白粉花と出会い、またその様子を眺める1人の女生徒に目を奪われる。

このスーパーで一体何が行われているのか確かめるため、翌日からスーパーに通い詰めた佐藤は《氷結の魔女》と呼ばれるその女生徒・槍水仙から狼と呼ばれる者達の争い《半額弁当争奪戦》について説明され、自らもこの戦場へと足を踏み入れることとなる。
2011年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ベン・トー 海外レビュー” の続きを読む

セイクリッドセブン 海外レビュー

あらすじ

17年前に地球に飛来した特殊な力を持った7種類の石「セイクリッドセブン」。それは触れた者を特殊な能力者「セイクリッドテイカー」へと変える力を持っていた。そして、その力を発動させる者は「悪石(アシ)」と呼ばれ、対してその力をコントロールする者は「善石(ヨシ)」と呼ばれる。

セイクリッドテイカーの少年・丹童子アルマは、過去に力を暴走させて大勢に怪我を負わせて以来人を遠ざけていたが、彼の前に藍羽ルリと名乗る少女が現れ、セイクリッドセブンの力を「悪石」と戦うため貸して欲しいと申し出る。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=0NqXqqAYbyc(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=HE-G_t0fUHQ(公式)

#01 イシの目覚め
#02 ルリ色の絆
#03 クレイジーナイト
#04 学園祭のオニ
#05 心のカガミ
#06 ワンモアナイト
#07 真実のヨシアシ
#08 マゴコロを込めて
#09 転石するイシ
#10 アオイ記憶
#11 研がれたヤイバ
#12 セイクリッドセブン

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“セイクリッドセブン 海外レビュー” の続きを読む

これはゾンビですか? 海外レビュー

あらすじ

シリーズ累計120万部突破!今、一番話題のライトノベルが、待望のアニメ化!ライトノベルの名門・第20回ファンタジア大賞の佳作を受賞。ファンタジア文庫から刊行されるやいなや、次々と繰り出されるギャグと、闇鍋をつつく様なカオスな展開で大人気となった《ド変態ライトノベル》『これはゾンビですか?』が、ついにアニメ化!
第1期:2011年1月 – 3月
第2期:2012年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=S6T61Kwbrck(公式)

第1期
第1話 はい、魔装少女です
第2話 いえ、吸血忍者です
第3話 そう、髪型はツインテールに
第4話 ちょ、俺輝いてる?
第5話 ええ、京豆腐どすえ〜
第6話 そう、私は死を呼ぶもの
第7話 おい、お前どこ中だよ?
第8話 えへ、学園妻です
第9話 はい、脱ぐと凄いんです
第10話 いえ、それは爆発します
第11話 ああ、オレの所にいろ!
第12話 はい、まだ続きます

これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第2期)
第1話 はい、今再びの魔装変身!
第2話 嗚呼、さようなら俺
第3話 Yo! それはYou! 情!
第4話 いや、帰れご主人様
第5話 はい、毎年流行ってます
第6話 ちゃうねん、勝てててん
第7話 うん、先生が最強だよ!
第8話 フー、京子ちゃん合コンだゼッ!
第9話 ああ、マイダーリンはロクデナシ
第10話 だけど、それがいい
第11話(TV未放送) はい、身の丈に合ってます

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“これはゾンビですか? 海外レビュー” の続きを読む

ましろ色 シンフォニー 海外レビュー

あらすじ

10月、秋から冬へとうつろう季節。瓜生新吾は新しい生活へ一歩を踏み出そうとしていた。自分の通う学校が同じ街の名門女子校≪結姫女子学園≫と統合するにあたって、仮統合の期間、試験的に女子校へ通うことになったのだ。新しい環境に戸惑いながらも、持ち前の前向きさと気配りで次第に信頼を得ていく新吾。そして、そんな彼と出逢う個性豊かな美少女たち。学園が変わることに反対する“理事長の娘”、兄を支え励ます“妹”、お仕えする旦那様を探す“野良メイド”、動物好きの“優しい先輩”、素直になれない“クラスメイト”…。雨が雪へと変わる頃、それぞれの想いは形となって…。恋する少年少女に贈るピュアラブストーリー。
2011年10月5日 – 12月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“ましろ色 シンフォニー 海外レビュー” の続きを読む

花咲くいろは 海外レビュー

あらすじ

突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ――。今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となりました。私、松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすのです。大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘(きっすいそう)。そこで出会う人たち。花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、私も、今までとはまったく違う、新しい生活を始めます。それは辛いことかもしれません。でも、めげても、くじけても、泣きじゃくっても明日は来るんです。だからこそ私は頑張りたいんです、そして輝きたいんです。太陽に導かれるよう咲く花のようにいつか大輪の花を咲かせられるように……。
2011年4月3日 – 9月25迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=8GMrg7d7AQk(公式)


✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“花咲くいろは 海外レビュー” の続きを読む

異国迷路のクロワーゼ 海外レビュー

あらすじ

19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に単身でフランスへ渡った日本の少女・湯音(ユネ)は、パリの下町アーケード商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)」の一画にある鉄工芸店「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」で働くことになった。ユネは若き店主・クロードとの文化・価値観・思想の違いに戸惑い、葛藤しつつも成長していく。
2011年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“異国迷路のクロワーゼ 海外レビュー” の続きを読む