百花繚乱 SAMURAI GIRLS 海外レビュー

あらすじ

元号が「平誠」に改まってから20年余を過ぎた21世紀初頭の日本。鎖国は解かれたものの徳川幕府の治世が続き、慶康が第25代将軍の座に就いていた。

霊峰・富士山の麓に築かれた巨大教育機関・武應学園塾では、生徒会執行部が「豊臣狩り」と称して徳川家に対する反乱分子と認定した在校生への弾圧を強め、その横暴に対する不満は強まる一方であった。

父の失踪後、在校生ながら学園併設の柳生道場で師範代を務める柳生宗朗は執行部の豊臣狩りに疑問を抱き、距離を置いていたが突如として生徒会から道場の明け渡しを命じられる。明け渡しの期日が間近に迫ったある日の晩、宗朗がいつものように道場で修練に励んでいると突然、空から天井に穴を空けて大小2振の刀を持った全裸の美少女が降って来た。柳生十兵衛三厳を名乗るその少女は道場を強襲した風紀委員会の服部忍群を華麗な剣術で撃退するが、その後も宗朗の前には次々と歴史上の武人の名を受け継いだ美少女達が現れる。
第1期:2010年10月3日 – 12月18日
第2期:2013年4月5日 – 6月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“百花繚乱 SAMURAI GIRLS 海外レビュー” の続きを読む

Starry☆Sky 海外レビュー

星月学園とは

新潟県の、星がきれいに見える小高い丘の上に立つ、全寮制の高校。星座科・天文科・神話科・西洋占星術科・宇宙科・星詠み科という6つの学科に分かれ、天文や宇宙に関する知識を教育している。科によって学べる専門分野が異なるため、科ごとに定められるカリキュラムにも大きな違いが見られる。一例として宇宙科は宇宙飛行士を目指す者や宇宙工学を学ぶ者が多く集まっていて、各種訓練に差し支えないよう月に1度は健康診断がある、毎日のロードワークが義務付けられているなどカリキュラムも特に厳しい。また、6学科の中でも星詠み科は特殊で、生まれつき「星詠み」の力がないと入学できない。
2010年12月23日 – 2011年6月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Starry☆Sky 海外レビュー” の続きを読む

FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 海外レビュー

あらすじ

海上交通の要である「珠津島」(たまつしま)。そこには、桜の名所・珠津山や枯れない池と伝えられる千年泉がある。

支倉孝平は、父親の海外転勤を機に7年ぶりに珠津島へ戻り、6年制・全寮制の英国パブリックスクール風名門校「修智館学院」(しゅうちかんがくいん)へ転入する。幼馴染みである悠木姉妹との再会、八幡平司という友人を得るなど、順調なスタートに見えた学院生活だったが、悪戯好きの生徒会長・千堂伊織の策略により、妹で副会長である千堂瑛里華が入っている風呂場へ突入することに。一躍有名人となるものの、会長の策略と判明して騒ぎも終結。瑛里華とも仲直りを果たした。
2010年10月8日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 海外レビュー” の続きを読む

おとめ妖怪 ざくろ 海外レビュー

あらすじ

舞台は人間と妖怪が共存する日本。月の満ち欠けとともに営んでいた生活が改暦によって、太陽の巡りとともに生きていくこととなった。しかし、人間側の勝手な改暦に反発した反対派の妖怪たちが、様々な問題を起こすようになってしまう。陸軍と妖怪は妖怪絡みの問題を解決するため、新組織「妖人省」を立ち上げた。

妖人省に招集された半妖のざくろ・薄蛍・雪洞&鬼灯と、陸軍軍人の総角景・芳野葛利剱・花桐丸竜はそれぞれチームを組み、不可思議な事件に立ち向かう。
2010年10月5日 – 12月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おとめ妖怪 ざくろ 海外レビュー” の続きを読む

神のみぞ知るセカイ 海外レビュー

あらすじ

舞島学園高校に通う桂木桂馬は恋愛シミュレーションゲーム、いわゆる「ギャルゲー」が好きな高校生。その腕前から「落とし神」と呼ばれる彼は、ギャルゲーの登場人物である2Dの女をこよなく愛している。

そんなある日、桂馬の元に「攻略してほしい女がいる」というメールが届く。「無理なら絶対に返信しないように」という挑発的な文面に憤慨し何も考えずに返事をした途端、彼の目の前に空から1人の少女が舞い降りる。少女の名はエルシィ。地獄からはるばるやってきた悪魔だという彼女は、桂馬に「駆け魂」の捕獲を依頼する。その方法は、取り憑かれた人間を恋に落とし心のスキマを埋めること。現実の女性とは関わり合いを持ちたくない桂馬は当然断るが、先のメールに返事をしたことで悪魔との契約が成立していること、契約は解除はできず、自分とエルシィの命がかかっていることを知ると渋々承諾する。
第1期:2010年10月6日 – 12月22日
第2期:2011年4月11日 – 6月27日
第3期:2013年7月8日 – 9月23日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神のみぞ知るセカイ 海外レビュー” の続きを読む

おまえ うまそうだな 海外レビュー

概要

「おまえうまそうだな」のタイトルで、2010年10月16日公開。文部科学省選定、全国私立保育園連盟推薦。ティラノサウルスシリーズ『おまえ うまそうだな』『きみはほんとうにステキだね』『あなたをずっとずっとあいしてる』の3冊を原案に映画化。作者の宮西は鉤ヅメ役で、宮西の妻の宮西美奈子もマイアサウラのおばさん役で声優に挑戦している。

キャッチコピーは「最初は、食べるつもりだったのに…」。

2010年10月16,17日初日2日間の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位となり[1]、またぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第1位になるなど高く評価されている。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おまえ うまそうだな 海外レビュー” の続きを読む

海月姫 海外レビュー

あらすじ

イラストレーターを志して上京したクラゲオタクの月海(つきみ)が住むのは、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート「天水館(あまみずかん)」。住人は全員腐女子で、みな実家からの仕送りのみで生計を立てるニートである。天水館に住む資格として「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」などというモットーを立て更には自分達を“尼〜ず”と称し、外部との接触を避けてまったりと楽しいぬるま湯のような日々を送っていた。

ある日、月海は行きつけのペットショップで、誤った飼育方法で死にかけているお気に入りのクラゲを救出すべく、店員に交渉を試みるも、生来の対人下手からうまく説明できずに相手にしてもらえなかった。そこに偶然通りかかった美女が事情を聞き、月海に代わってクラゲを助けてくれた。月海は深く感謝するが、誰が見ても見とれるほどの美貌を備えたその美女は、実は近所に邸宅を構える政治家一族の次男であり蔵之介という名のれっきとした男性だった。
2010年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“海月姫 海外レビュー” の続きを読む

えむえむっ! 海外レビュー

あらすじ

高校生の砂戸太郎は、女性に冷たくされたり暴力を振るわれたりすると、快感を覚えてしまうドMの少年。初恋を機に、このままでは普通の恋愛ができないと考えた太郎は、生徒の願いを叶えてくれるという第二ボランティア部に相談に行く事に決めた。そこにいたのは、神様を自称する部長・石動美緒と、太郎がドMに目覚めた原因を作ったクラスメイト・結野嵐子だった。第二ボランティア部の面々によるドM体質改善作戦で、果たして太郎のドM体質は治るのか!?

2010年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“えむえむっ! 海外レビュー” の続きを読む

スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター 海外レビュー

あらすじ

L5戦役終結から半年後。

世界は各種勢力やDC残党が暗躍する状態にあり、L5戦役によって被った痛手から立ち直るには、まだ時間を要していた。そんな中、ブライアン・ミッドクリッド大統領の発表によって、地球外知的生命体の存在とその脅威についての情報が世界へ公表される。大統領らは対抗策を打ち出さんとするが、真の敵の存在にはまだ気付いていなかった。
2010年10月 – 2011年4月迄放送(ウィキペディアより引用)


✳以下myanimelistからのレビューになります

“スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター 海外レビュー” の続きを読む

バトルスピリッツ ブレイヴ 海外レビュー

あらすじ

異界グラン・ロロでの冒険、そして異界王との激闘の終結から2年。名実ともに最強となったカードバトラー・馬神弾(ばしん ダン)はその強さゆえに数々の大会で優勝を収めて殿堂入りとなり、バトスピ好きな子供たち相手にティーチングする日々を過ごす。しかし、様々な出来事を経験したダンは、そのような生活に満足はできず、グラン・ロロでの強者との命を懸けたカードバトルを再びやりたいと思うほどに心は荒んでいた。そんな中、元ネットアイドルのヴィオレ魔ゐ改め紫乃宮まゐと再会。まゐから「あなたのバトルをみんなが求めている場所がある」と誘われたダンは、迷うことなく彼女が開いたゲートへと共に飛び込んだ。
2010年9月12日 – 2011年9月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“バトルスピリッツ ブレイヴ 海外レビュー” の続きを読む

あそびにいくヨ! 海外レビュー

あらすじ

嘉和騎央は、沖縄に住むごく普通の高校1年生。彼は一族の5番目の長老の初命日で、父とビールを飲んでいる猫耳の少女に出会う。彼女はエリスと名乗って、自分は宇宙人のキャーティア人であり、調べものついでに遊びにきたという。次第に秘密組織・政府・狂信者などが彼女の捕獲・殺害を狙い、騎央は彼女を守るために未知の領域へと足を踏み出す。
2010年7月10日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)


✳以下myanimelistからのレビューになります

“あそびにいくヨ! 海外レビュー” の続きを読む

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 海外レビュー

あらすじ

藤美学園の教室外で授業をサボっていた主人公・小室孝は、校門の前で不審者と教師たちを目撃する。まもなく、不審者に噛まれた教師は他の教師や生徒に噛みつくことで、後に「奴ら」と呼称される生ける屍たちを学園内に増やし始めた。孝は友人・宮本麗と井豪永を連れて校舎屋上へ逃げるが、「奴ら」と化した教師に噛まれた永も「奴ら」と化したため、孝はやむを得ず永を殺害する。その後、麗の父の正へ何とか繋がった電話もすぐに切れたため、孝と麗は複雑な思いを抱えながら学園からの脱出を目指す。

天才自認・高城沙耶、銃器マニア・平野コータ、剣術の達人・毒島冴子、校医・鞠川静香と合流した孝と麗は、職員室で一旦休息を取る。しかし、「奴ら」の件が世界規模のパンデミック状態であることや、それが止まらないであろうと考えた孝たちは、家族の安否確認や救出を決意する。やがて他の生徒たちと教師の紫藤を加えた孝たちは、マイクロバスに乗車して学園から脱出する。
2010年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 海外レビュー” の続きを読む

伝説の勇者の伝説 海外レビュー

あらすじ

ローランド帝国王立特殊学院の学生、ライナ・リュートは、いつも寝てばかりで無気力の劣等生。昼寝だけして過ごすことを望んでいたある日、敵国のエスタブール王国が戦争をしかけてきたことで、ライナたち学生は戦争に送り込まれ、仲間の多くを失ってしまう。
戦後、ライナはローランド帝国国王シオンと共にローランドのために行動を始めるが、大陸を覆う闇はローランドをも蝕み始めていた。
2010年7月1日 – 2010年12月16日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“伝説の勇者の伝説 海外レビュー” の続きを読む

オオカミさんと七人の仲間たち 海外レビュー

あらすじ

私立御伽学園に通う高校1年生の大神涼子と赤井林檎は、涼子に思いを寄せる森野亮士を仲間に加え、彼らの所属する御伽学園学生相互扶助協会(通称:御伽銀行)の面々と協力しながら、今日もやりたい放題世直しのために戦っていく。
2010年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“オオカミさんと七人の仲間たち 海外レビュー” の続きを読む

RAINBOW 二舎六房の七人 海外レビュー

あらすじ

昭和30年(1955年)、罪を犯し「湘南特別少年院」・二舎六房に堕ちた6人の男たちがいた。彼らは同房にいた年上の「アンチャン」の教えを胸に、出所後、望まないのに向かってくる少年院、世間に満ちた苦しみ、不条理などと向き合い、力強くそれぞれの人生を生きていく様を描く。
2010年4月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“RAINBOW 二舎六房の七人 海外レビュー” の続きを読む

WORKING!! 海外レビュー

あらすじ

北海道にあるファミリーレストラン「ワグナリア」。そこで働く種島ぽぷらに誘われて小鳥遊宗太はワグナリアでアルバイトをすることになった。仕事をしない店長白藤杏子、男嫌いの伊波まひる、家出中の山田葵、普通を追い求める松本麻耶、人のことなら何でも知っている相馬博臣、帯刀している轟八千代、そしてヤンキー外見でヘタレな佐藤潤など個性的な同僚たちに囲まれて今日もワグナリアは営業する。
第1期:2010年4月4日 – 6月27日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“WORKING!! 海外レビュー” の続きを読む

薄桜鬼 海外レビュー

あらすじ

幕末、文久三年から物語は始まる。主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。ある日、父との連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、男装をして京の町を訪れる。そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、交わる新撰組の隠された秘密。幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。
2010年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“薄桜鬼 海外レビュー” の続きを読む

閃光のナイトレイド 海外レビュー

あらすじ

1931年(昭和6年)の中国・上海および上海租界では日本陸軍の務機関・桜井機関が特殊能力者を擁して暗躍し、数々の事件の裏で糸を引いていた。そんな中、関東軍から離脱した部隊の指揮官が桜井機関と接触し、その指揮官が行方不明になっていた雪菜の兄・高千穂勲であることが発覚する。高千穂はアジア諸国の独立運動家と連携し、列強諸国に対して不穏な動きを見せていた。高千穂は部下の久世を使い雪菜や葵を仲間に引き込もうとするが拒否され、桜井機関は高千穂たちの行動を調査するようになる。

1932年(昭和7年)に満州国が建国されると、桜井機関は満州に活動拠点を移し、引き続き高千穂たちの監視を行う。高千穂は拉致したリットン調査団や雪菜に特殊能力を使い新型爆弾の幻影を見せて自身の目論見を披露する。同じ頃、葵と葛は傀儡執政の愛新覚羅溥儀と日本の預言者の警護を命じられるが、葵はその預言者が死んだはずの婚約者・遊佐静音だと知り、命令を放棄して静音と共に脱走するが、静音は葵に迷惑をかけることを避けるため一人その場を立ち去る。さらに、高千穂の逮捕を試みた際に、高千穂の理想に賛同した葛が桜井機関を離脱する。高千穂は市ノ瀬と共に新型爆弾の製造を急ぎ、アジア諸国の独立のために新型爆弾を上海租界に投下することを葛に告げる。そこに葵たちが強襲するが、内通者の桜井信一郎から情報を得ていた高千穂は逃亡する。
2010年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“閃光のナイトレイド 海外レビュー” の続きを読む

Kiss×sis 海外レビュー

あらすじ

中学3年生の主人公、住之江圭太には血のつながっていない高校1年生の双子の姉住之江あこと住之江りこがいる。幼いころは何事もなく普通の姉弟として育ったが年を重ねて三人が思春期を迎えるころ、あことりこは圭太に猛アタックをかけ、ついに圭太に告白する。

両親も姉達のどちらかと結婚するのを望んでいたり、圭太の友人達にはやっかみもありドタバタと振り回される毎日を送っている。

すでに高校への推薦入学が決まっていた圭太だったが、あこりこ2人の猛アタックにより姉達と同じ高校を目指すことに。推薦を蹴り圭太は受験生になるが、姉達の過剰なスキンシップより勉強に集中できない日々が続く。
2010年4月5日 – 6月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Kiss×sis 海外レビュー” の続きを読む

いちばんうしろの大魔王 海外レビュー

あらすじ

西暦30世紀の世界。魔法が当然のように存在するこの世界で、100年前に勃発した人類と魔王の大戦争は多くの犠牲を払いながらも人類の勝利で終結し、大きく傷付いた文明の傷も癒えようとしていた。そんな折、1人の魔女が生後間もない乳飲み子を抱えてある街に降り立ち、コ=ロ神教会の前へその新生児を置いて姿を消した。

10年後、教会に引き取られたその子供は「紗伊阿九斗」という名を与えられて孤児院で育てられるが、常に平等と博愛を説き「聖人君子」を地で行く阿九斗の姿は周囲の人々を畏怖かつ困惑させた。しかし、当の阿九斗本人は他人に迷惑をかけないよう慎ましく生きたいと考え、やがて養子縁組の話がもたらされる。
2010年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“いちばんうしろの大魔王 海外レビュー” の続きを読む

最強武将伝 三国演義 海外レビュー

概要

テレビアニメ版『三国演義』は中華人民共和国のアニメ製作会社北京輝煌動画と日本の映像企画制作企業フューチャー・プラネット株式会社(Future Planet Co.)の合作。製作期間に4年を費やし、製作費用は日本円にして約7億円。

各話25分の全52話構成であり、第7話までが中国中央電視台(CCTV)の子供向けチャンネル(中国中央電視台少児頻道)で先行放送され、2009年8月から中国中央電視台のテレビドラマチャンネル(中国中央電視台電視劇頻道)より本格放送開始。中華圏だけでなくアメリカ合衆国や韓国など欧米・アジア諸国の各企業も放送権の取得を希望している。

三国志の映像化作品は赤壁の戦いを一つの区切りとするものが多いが、本作は晋による統一までを描く。そのため例えば第1話では、貂蝉が王允の養子となるまでの経緯を乱世の描写と絡めて丁寧に描く一方で、桃園の誓いから黄巾の乱討伐、張飛の督郵打擲のくだりまでを一気に描くなど、全体にスピードが速い。赤壁の戦いなど数話に渡り描写されるエピソードがある一方、ナレーションで済ませるなど省略・短縮されたエピソードも多くある。日本語吹き替え版では分かりやすさを優先してか、登場人物は劇中でも姓と諱で呼ばれている。
2010年4月4日 – 2011年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“最強武将伝 三国演義 海外レビュー” の続きを読む

リルぷりっ 海外レビュー

あらすじ

おとぎの国でハピネストーンが次々と消え、森の小屋や館、林の中の屋敷、姫の城などが次々と荒れ果て、一部の所では気温が上昇し、おとぎの国の国力は衰えて消滅の危機に陥っていた。女王様は姫達やおとぎの国を消滅から救うのに必要なハピネストーンを増やす為、3匹の魔ペットに3人のプリンセス少女を探し出す事を命じ、人間界へと向けた。

そのころ人間界では、おとぎの国に関する絵本が消えてなくなるなど不可思議な事が起きていた。雪森りんごは本屋に立ち寄り偶然絵本が消えてなくなるのを目撃するが目の錯覚と思い込む。Wishのファンだった雪森りんごはコンサート会場に忍び込み、高城レイラと笹原名月、そして3匹の魔ペットとの運命的な出会いを果たし、更に3人の少女の前におとぎの国の女王様が姿を現し、彼女はおとぎの国の命運を3人の少女らに託す。

3人は魔法の力によってWishのステージの場に立ってしまい、Wishのファンによる騒ぎを鎮める為、Wishの前座として3人の少女らは歌を歌う事を余儀無くされ、謎のアイドルユニット「リトルプリンセス(通称・リルぷりっ)」を結成。実は人を喜ばせて幸せにする事はすなわち人から生まれ出るハピネストーンを見つける事そのものだった。
2010年4月から2011年3月まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“リルぷりっ 海外レビュー” の続きを読む

B型H系 海外レビュー

あらすじ

高校入学を控えた山田は、「夢はセクフレ(アニメ版ではエチトモ)100人」という、エッチへの興味が旺盛な美少女。しかし、男子を選り好みしすぎる性格と妄想癖が徒となってか、実際はキスはおろか恋もろくにしたことがない処女。さっさと処女を捨てて後はヤリまくりたいと考える一方で、相手の男に処女であることを見下されるかもという恐怖心を持っており、最初の一歩を踏み出せずにいる。そのため経験豊富そうなイケメンではなく、まずは凡庸で手頃そうなチェリー君を狙おうと画策する。
2010年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“B型H系 海外レビュー” の続きを読む

ハートキャッチプリキュア 海外レビュー

あらすじ

中学2年生の花咲つぼみは希望ヶ花市に引っ越してくる車中で、こころの大樹が砂漠の使徒に襲われ、キュアムーンライトが敗れゆく夢を見ていた。つぼみは転校を機に内気な自分を変えようと決意したが、強引でマイペースなクラスメイト・来海えりかに振り回されてしまう。新たな環境に戸惑う中、つぼみの前に、夢の中で見たこころの大樹の妖精・シプレとコフレが現れる。シプレとコフレを追ってきた砂漠の使徒の幹部・サソリーナは、居合わせたえりかのこころの花を奪ってしまう。つぼみは妖精にプリキュアになる資格があると聴かされ、彼女を救うため、つぼみはシプレの力を借りてプリキュアに変身することを決意する。キュアブロッサムとなったつぼみに救われたえりかはコフレの力でキュアマリンになり、2人は砂漠の使徒であるサソリーナ、クモジャキー、コブラージャに立ち向かっていく。そしてつぼみとえりかに続いて、生徒会長・明堂院いつきもポプリが現れたことがきっかけでキュアサンシャインに変身し、高等部の月影ゆりもキュアムーンライトに変身する能力も取り戻し、4人でサバーク博士が率いる砂漠の使徒に立ち向かう。だが砂漠の使徒の真の黒幕はサバーク博士ではなく、しかも博士の正体は意外な人物であった。
2010年2月7日 – 2011年1月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ハートキャッチプリキュア 海外レビュー” の続きを読む

刀語 海外レビュー

あらすじ

かつての戦乱の時代…。伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」の作った千本の刀の所持数の多い軍ほど、優勢に戦を進められたという。尾張幕府により国が統一されはしたが、旧将軍は四季崎の刀を恐れ「刀狩」を行い、988本までも収集した。しかし、残り12本こそが、988本を試験台にした完成形変体刀であることが判明する。

…時は流れ、刀を使わない剣術「虚刀流」の七代目当主である鑢七花は、姉の七実と二人きりで、父六枝の流刑地、不承島で暮らしていた。しかしある日、変体刀の収集を幕府から命じられた奇策士とがめが、虚刀流六代目・六枝の力を借りるために訪れる。しかし六枝は既に死亡しており、とがめは現当主である七花に協力を求める。
2010年1月25日 – 12月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“刀語 海外レビュー” の続きを読む

はなまる幼稚園 海外レビュー

概要

主人公の杏(あんず)ははなまる元気な幼稚園児。幼稚園の土田先生(つっちー)のことが大大大好き。大好きなつっちーの為に色々な作戦でつっちーの気を引こうと日々奮闘するほのぼのコメディ作品。

作者の次作である『いろは坂、上がってすぐ。』と世界観がリンクしており、そちらにも土田などが登場している。
2010年1月10日 – 3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はなまる幼稚園 海外レビュー” の続きを読む

デュラララ!! 海外レビュー

 あらすじ

舞台は東京・池袋。都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣に誘われて、来良学園に入学するために上京する。

帝人は上京した初日に、都会で都市伝説と噂される「首なしライダー」を目撃する。帝人は、そこで思いもしない数々の非日常に巻き込まれてゆくと同時に、「首なしライダー」を含む様々な人物が事件に関わっていくことになる。
第1期:2010年1月7日 – 6月25日(ウィキペディアより引用)

image_search_1543422076106

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デュラララ!! 海外レビュー” の続きを読む

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 海外レビュー

 あらすじ

普通の高校生活を送っていた鏑木アキラ。しかし彼には幼い頃に交わした盟約があった。それは夜の眷属の王・ヴァンパイアの女王に仕えるというものだった。アキラが17歳の誕生日を迎えるその日、アキラの前に現れたヴァンパイアの女王ミナ・ツェペッシュ。彼女はアキラに、日本に来た目的は、日本にヴァンパイア専用居住区=ヴァンパイアバンドを作ることだと告げる。ヴァンパイアの実在を知り激震する人間社会。そんな中、ミナ姫とアキラは誤解と齟齬を繰り返しながらも通じ合い、少しずつ心の距離を縮めていく。だがヴァンパイアの存在を忌避する人間社会、公主家の権益を欲する同族、ひいてはミナの婚約者であるヴァンパイア王家の三大公の巡らす陰謀に曝され、その絆を試されることになっていく。
2010年1月7日 – 4月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543420926529

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 海外レビュー” の続きを読む

れでぃ×ばと! 海外レビュー

 あらすじ

小学生の頃、両親が事故死して叔父の家に引き取られた日野秋晴は、ある日テレビで見かけた元女子校で超名門高校・白麗陵学院に新設された従育科コースへの編入を決意、試験に合格して入学を果たす。しかし、目つきの悪さ、左眉の傷跡、逆立てた茶髪、耳の三連ピアス(安全ピン)というヤンキーな外見で、生徒達を怖がらせてしまう。

そんな中、秋晴は小学生の頃の同級生で数々のトラウマを作らせたトラウマメーカーの腹黒娘・彩京朋美と再会する。また、イギリスの名門貴族の直系にあたる美少女・セルニア=伊織=フレイムハートからは、その外見から不審者と誤解され、追われる破目になる。それでも秋晴は少しずつ学校に慣れ、彼を取り巻く人間関係も徐々に変化していく。
2010年1月5日 – 3月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543420317388

✳以下myanimelistからのレビューになります

“れでぃ×ばと! 海外レビュー” の続きを読む

ちゅーぶら!! 海外レビュー

 あらすじ

私立桜南中学校にトップ入学した葉山奈由は入学式当日、転んだ拍子にクラスメートに派手なショーツを披露してしまう。そんな奈由の「援助交際疑惑」の真相を確かめようと彼女に接触した神宮寺弥子と白石遥は3人揃って階段から転げ落ちた際、まくれ上がったスカートから覗く自分たちのショーツに奈由が目を輝かせる姿を見てしまう。その場で遥にアドバイスさえした彼女は実は下着のこととなるとつい夢中になってしまう、ちょっと変わった女の子だった。
2010年1月4日 – 2010年3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543419825674

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちゅーぶら!! 海外レビュー” の続きを読む

生徒会役員共 海外レビュー

 あらすじ

少子化の影響で女子校から共学校となった私立高校・桜才学園。男子新入生の津田タカトシは、なぜか生徒会長・天草シノによって強制的に生徒会副会長に任命されるが、桜才学園の生徒会のメンバーは癖だらけであった。

さらには、生徒会顧問にして年下好きの英語教師横島ナルコ、スクープのためなら脚色上等の新聞部部長畑ランコ、規則に厳格ながら男性恐怖症の風紀委員長五十嵐カエデなど、個性的すぎるメンツに囲まれて、決して退屈することのない学生生活を送ることとなった。
第1期:2010年7月 – 9月
第2期:2014年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

SID0002673

 ✳以下外国人さんのレビューになります

アニメは、成熟したテーマや性的コンテンツの量が多いことから、西洋の視聴者から多くの批判を受けることが多く、一部の点ではこれらの主張を本当に叱責することはできません。過度に巨乳な女性キャラクターから一般的なハーレムジャンルの概念まで、アニメ界には多くの性的コンテンツが存在します。しかし、時にはそれが私たちが通常、この過度性産業を知覚する方法を回避する方法で提示することができます。私たちは私のお気に入りの1つを見ようとしています。

私の名前はAです。これは金沢弘光さんの聖人像についての私のレビューです。

私たちの物語は、臼井高等学院で初年度を始めようとしている津田隆敏という高校生が生まれました。大須さんは最近、女子生徒の学校から共学の学校へと移行しましたが、津田さんはこの事実に心配していませんでした。初日には、彼は尾田生徒会の会長、津田で直ちに新任副社長に就任した篠田暁子氏と出会う。それから、津田さんと学生会の残りの人たちは、彼らがOusaiで必要とされる多くの仕事を遂行するように話をします。

この物語はむしろ平凡で普通ですが、それにはひねりがあります。女性キャストのほとんどは極端に変態しています。私は、このシリーズが「Sex Jokes:The Anime」というニックネームを獲得したと言っても過言ではないことを保証します。それは大量の汚いユーモア、問題を解決し、重大な問題を抱えている」、「ボーイフレンドのc * mを飲むように言わせればどうでしょうか?」、そして私の個人的な好み:「彼女は彼らを拳銃で元気づけました!私はすでに他のアニメに人を惹きつけている多くの微妙な妙薬によく慣れていますが、彼らがSYDでそれほど目立っていないという事実は、本当にこれらの瞬間からもっと多くのユーモアを引き出しました。

私が思っていたのは、それが古くならなかったという事実でしたが、最も驚くべきことでした。これまでのところ、SYD(生徒会役員共)は8つのOVAエピソードによってブリッジされた2つのシーズンで構成されています。最後のエピソードまでは自分の心の中身に笑っていました。セックス・ジョークのほかに、生徒会のメンバーの一人の身長の不足に関するジョークのような、より単純な状況的ユーモアが組み込まれていました。ユーモアが落ち着いて私の頭を傷つけてしまったところがいくつかありましたが、それらの瞬間は他の冗談と補完されていました。

前述のセックスジョークの約80%のセックスジョークやセッティングにもかかわらず、このアニメの物語は実際にはかなり面白いものでした。決してユーモアよりも重要なことではありませんでしたが、それでもSYDに肉を与えて、ジョークに立つための堅実な基盤を与えました。この物語には微妙なロマンス要素が混在していても、必ずしも完全にパンを出すわけではありませんが、それはとても楽しいです。

本シリーズには基本的に4つの主なキャラクターがあり、大量のサポートキャラクターが結合されています。まず、私たちは津田を持っています。津田は少数の男子生徒のうちの1人であり、生徒会の唯一の生徒です。他のキャラクターのほとんどはそんなに変態しているので、彼はしばしば彼らのジョークをバウンスするために真っ直ぐな男を演奏することになります。篠野は責任がありながらも非常に倒錯した大統領を演じているし、実際には彼女と津田の間にいくつかの穏やかな瞬間があります。私たちはまた、志乃よりむしろ変態した空腹の豊かな女の子、Aria Shichijoを持っています。むしろ冗談の中心になってしまう短い女の子の鈴村鈴村と、津田と並んで真っ直ぐな男を演奏することになった。支持鋳造については、

アニメーションはStudio GoHandsによって行われます。スタジオゴーハンドはKプロジェクトでも知られていますが、時にはSYDのアニメーションは驚くほどのものではありません。カラーパレットは多様で活気があり、文字デザインはシンプルでユニークで、景色は落ち着いてゴージャスです。彼らはまた、彼らがパンチラインのいくつかを提供しているときに、擬似的な奇妙な状態に文字デザインを単純化し、それは間違いなく特定の冗談の報酬に多くを加えました。さらに、第1シーズンにはかなり印象的だったが、第2シーズンにはアニメが急上昇したことに留意すべきである。驚いたことに、これは、実際には、このアニメがそれよりも深刻な気持ちになっていたため、最初は私をオフにしました。しかし、いくつかのエピソードの後、シーズン1とOVAsの間に戻ってきました。

このシリーズのダブはありません。私の意見では、実際にはそれを見たいとは思わないでしょう。私はほとんどのジョークが翻訳で失われてしまうことはほぼ完全に肯定的であり、それはこのアニメがそれ自身のために行っている雰囲気全体を完全に殺すだろう。

音楽は森裕也作曲。SYDの前に何かを手がけなかったにもかかわらず、このサウンドトラックは単に驚異的です。信じられないほどの風景のショットと組み合わせられた贅沢な巨大オーケストレーションから、コメディーな瞬間の奇妙な副作用まで、このサウンドトラックは間違いなく私のお気に入りの一つです。今後のプロジェクトでは森を見たいと思っています。

第1シーズン「ヤマトナデシコ教育」のオープニングは、3人の声優に与えられた名前であるトリプルブッキングによって演奏され、明るいJ-Pop作品で私たちを演奏します。終わりの「葵春」はアンジェラが演奏し、私たちを演奏するためのスカイエスケープな番号をくれました。第2シーズンのオープニング「トリプルブッキング」で「花咲☆伝説伝説の日」を演奏し、堅実なJロックトラックで演奏しました。「ミライナイト」はアリアの声優の佐藤里美が演奏し、各エピソードは圧巻のポップロックで終わりました。

全体的に、いくつかのジョークが今ではフラットになってしまっていて、その後、聖闘士悪魔館は、汚いユーモアをまったく違ったレベルに持っている騒々しい陽気なアニメです。私は間違いなくこれから多くのリプレイの価値を得ることを計画しています。もちろん、あなたが汚れたユーモアのファンでなければ、おそらくあなたがこの1つを避けるのが最善でしょう。

私は聖闘士悪魔道徳を8/10とし、このアニメを購入することをお勧めします。残念ながら、まだこのシリーズのどの部分も西洋でライセンスされていないので、あなたがこれを所有したいなら、あなたはいくつかの日本の輸入品に手を差し伸べる必要があります。ストリーミングに関しては、2番目の秒はCrunchyrollで見つけることができます。

さらなる推奨事項については、まず私の好きな喜劇の1つに向けて指摘します:バカテス。陽気なハーレム・コメディ、「はがない」。

まじっく快斗 海外レビュー

 あらすじ

マジック好きの高校生・黒羽快斗はある日、自室に隠し扉があることを発見する。それは、8年前にマジックショーの最中に事故死した世界的マジシャンの父・黒羽盗一が仕掛けた最後のマジックだった。そこにあったのは世界的な大泥棒・怪盗キッドの衣装。キッドは8年前から姿を消していたが、最近になって復活していた。快斗は衣装を纏い、キッドに会いに行った。そこで出会ったのはかつて父の付き人をしていた、寺井黄之助だった。快斗は父が怪盗キッドであり、事故死ではなく殺されたのだと知らされる。快斗は父を殺した人物を探すべく、自らが怪盗キッドとなる。
2010年4月17日 – 2012年12月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543480782870

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まじっく快斗 海外レビュー” の続きを読む

迷い猫オーバーラン! 海外レビュー

 あらすじ

都築巧は血の繋がらない姉・都築乙女がオーナーの潰れかけの洋菓子店(パティスリー)「ストレイキャッツ」を、幼馴染であるアルバイトの芹沢文乃と3人で営んでいた。

物語は、人助けが趣味である都築乙女が、猫真似が得意な謎の美少女・霧谷希を拾って来るところから始まる。
2010年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543479582171

✳以下myanimelistからのレビューになります

“迷い猫オーバーラン! 海外レビュー” の続きを読む

怪盗レーニャ 海外レビュー

 概要

ニング娘。の田中れいなをモチーフにしたコメディ。

『週刊ザテレビジョン』、『月刊ザテレビジョン』、『月刊ニュータイプ』、『コンプティーク』、『月刊少年エース』の5誌に広告として4コマ漫画を掲載していた。(ウィキペディアより引用)

image_search_1543422593924

✳以下myanimelistからのレビューになります

“怪盗レーニャ 海外レビュー” の続きを読む

ヨスガノソラ 海外レビュー

 あらすじ

不慮の事故で両親を亡くした双子の兄妹の春日野 悠と春日野 穹は、それまで住んでいた都会から離れた山里にある奥木染町(おくこそめちょう)へ移り住み、かつてその地で医者を営んでいた亡き父方の祖父母の家で、兄妹2人の生活を始めることとなった。

頼れるお姉さん依媛 奈緒や天真爛漫天女目 瑛との再会、深窓の令嬢渚 一葉と謎のメイド乃木坂 初佳との出逢い、思春期全開中里 亮平と奥手な委員長倉永 梢との交流、更には駄菓子屋の妖艶店主伊福部 やひろとも接触する。

悠は手探りながらも恋愛に目覚めていく。
2010年10月4日 – 12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

yosuganosora

✳以下myanimelistからのレビューになります

何が正義か間違っていますか?とにかく誰がこれを決めますか?時間が来たら、あなたが正しいと思うこと、あるいは他の人が言うことに基づいて何かをしますか?

私が最初にこれを見始めたとき、それはちょうど別の開発されていない恋人(または私がそれを呼ぶのに使用したように半分の恋人)になると思っていた間に、 “有罪の喜び”の決定のいくつかの形式でした。私はとてもうれしく驚いていました。
私を信じて、これは変態ではありません。はい、主人公はシリーズの過程で複数の女の子とセックスしますが、これらのシーンは意味を持ちます。もっと重要なのは 、セックスをする行為だけでなく、それぞれの女の子の背後にある物語である。

これは視覚小説の後に行われたので、すべての少女がストーリーを取得することは合理的です。それでも、このアニメでは、物語はお互いから分離され、最後の弧の中でのみ、他の要素からの要素の一部が一緒に来ます。すべての物語が互いに関連して変化するのは明らかですが、本当に変わったのは、主人公だけだと言う方が正しいと思います。

私がこのアニメを見始めた主な理由の1つは、アートでした。すべてが流動的で鮮明に行われました。私は同じように自然と環境を見て楽しんだ、そして、うーん…身体の部分。(笑)人々は現実のように見え、女の子は異なって作られている(私は本当にそれがアニメでは、すべての女の子が同じに見える)それを嫌う。各エピソードのエンディングは、ちびアートを使用して作成され、通常のエキュジシーンでのみ使用されます。私はAkiraの熱狂的なちび頭が陽気だったと思っていましたが、xD

Soundも声優でも音楽でも素晴らしいですが。バックグラウンドミュージックはうまくやっていて、どんな部分でも気にならなかった。

初めに、キャラクターはチクチクして退屈なように見える:ツンデレの女の子、メガネコの女装、厄介なクラスの社長、幼稚な/成熟した女の子のコンボ…しかし、最後にはほとんどすべてのキャラクターが深みを持っています。
さまざまなタイムラインの中で、遥の個性が少し変わると、少女の性格も少し変わります。たぶん嫉妬から、主人以外の女の子は、人格が信じられているようにされているにもかかわらず、彼ら自身の弧よりもはるかに好まれなくなります。彼らは本質を変えませんでした。

はるかは、はじまりからの真実の主人公です。彼は典型的な男性のハーレムリードの1人ではないが、彼はちょっと完璧すぎるようだ。素敵で魅力的なので、すべての女の子が彼を愛しています。しかし、彼は表面上だけに “魅力的な王子様”です。時が来ると、彼は不定期で弱くなります。acrsの上で変わることは彼が好きな女の子だけでなく、彼の性格も同じです。結局のところ、彼はいつも同じままです。

ソラは困った女の子なので、試しても実際に彼女を憎むことはできません。彼女は不器用で、気分が悪く、不誠実で、不安定で、たぶん人形のような繊細な病院で過ごした時間のために。しかし、春とは違って、彼女は自分が望むものを正確に知っていて、他の人がそれについて考えるのは気にしない。そしてそれは、春と一緒にいることです。

メインアークとは別に、他のタイムラインのヒロインも好きでした。最初は、ナオはなんらかの理由で迷惑に見えましたが、必要なときはいつでも、彼女はある姉のように助けてくれるでしょう。Akiraは、笑顔だけを持っている巨大なマスクを思い出させます。状況にかかわらず、彼女はすべてを笑顔で隠すでしょう。カズハは本当の優しい性格にもかかわらず、厳しい姉のようにしようとします。

アークの順番は、私の楽しみの後ろ向きなものでした。私は一人一人カズハが好きで、もう少し明るい人が好きだった。結末の元気のキビも陽気だった。

安全でない場合は、最善の決定を可能にしてください。結局、少なくとも1人は傷つけなければなりません。それは物事の自然な流れです。誰かを愛しているときは、他の人が何を思っているのか気にしてはいけません。それは私が思うものです、少なくとも!

これまで私が思っていたよりもはるかにこの “半分の恋人”を楽しんだ。:)

まず第一に、物事を明確にする。このシリーズ内にはセックスシーンがあります!! このコンポーネントは、通常、人々にこのシリーズを単に恋人として見たいと思うようにします。あなたがそうすることを計画しているなら、それらの場面は短くてエキサイティングではないので、あなたはHORRIBLEのヘ​​ンタイで素晴らしいアニメを取引するでしょう。代わりに、セックスシーンはストーリー展開のためのユニークな気分を作り出します。

ストーリー9/10ヨスガノソラはもともとはPCの視覚小説であり、これはストーリーがコンテンツを欠いている可能性がないことを意味します。物語は非常にユニーク百万人もの女の子が同じよう主人公を好むのではなく 一般芸術(キャラクターの見方)8/10 です。何あるヒロインに少数のエピソードで焦点を合わせ、「セーブポイント」に戻り、次のエピソードで新しい物語を開始します。

私はアート部分を2つに分けなければならない。 ムードアート(現在の状況やストーリーをより面白くするもの)10/10このアニメの芸術は、キャラクターの気持ちを完全に表現することができます。芸術家は単に文字を鮮やかにし、目や眉を変えてキャラクターの感情を表現するのではない。代わりに、アーティストはキャラクターのボディーランゲージを使用します。(文字が立っている、座っている、横たわっている、f ** kedになっている) 背景音楽と音は一般に良好でした。(バックグラウンドミュージックとサウンドの素晴らしいシーンがいくつかあります)オープニングは私の好きなアニメのオープニングのひとつです。opの歌は、このアニメの一般的な感情を美しく表現しています。

サウンド9/10ほとんどのキャラクターに作用する声は非常に満足です。

キャラクター10/10一般的に(私は自分の意見でレビューを洪水させ、私はあまりにも多くのことを言っているので品質を低下させるかもしれないから)キャラクターの描写は部分的に芸術のおかげで素晴らしいです;各キャラクターは非常にユニークで魅力的な個性を持っていますそれはキャラクターの個性を非常に強くし

てくれます。楽しさ9/10このシリーズを楽しむために10分の1を与えることから戻ってきたのは、激しい紛争であり、1つのエピソードは非常に長く見えて、このアニメが楽しいという理由もあります。

全体的に9/10

私はこのシリーズをみんな、特に興味深い紛争やロマンスが好きな人にお勧めします。

PS:ビジュアル小説はまだずっと優れているので、あなたがVNにいる間にVNにチャンスを与えてみませんか?芸術と音楽の両方が素晴らしいですし、物語はVNでさらに発展しています:D

四畳半神話大系 The Tatami Galaxy 海外レビュー

 あらすじ

京都の大学に通う、誇り高き三回生の「私」。薔薇色のキャンパスライフを夢見ながらも現実はほど遠く、実り少ない二年間が過ぎようとしていた。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの一回生に戻って大学生活をやり直したい!もし、あの運命の時計台前で、ほかの道を選んでいれば——迷い込んだ不思議な並行世界で繰り広げられる、不毛と愚行の青春奇譚。
2010年4月 – 7月迄放送(ウィキペディアより)

yojyohanshinwatai

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

素晴らしい作品

このショーは、今日の私の好きなショーの一つであるFooly Coolyと結びついています。アジアン・カンフー・ジェネレーションのアルバムアートから知られている中村裕介氏のユニークなアートは、どこにも見られないユニークな表情をしてくれます。それはあなたが見つける最高のキャラクター研究の一つを保持しています。ショー全体を通して、サイド・キャラクターのさまざまな側面を見ることができます。それは、多くの人々が彼らに良い側と悪い側を持っていることを示す驚くべき仕事をして、それはあなたがそれらを知っている場所に依存します。結末はまた幻想的にカルト的です。私はこのショーを十分にプッシュできません。

あなた自身に恩恵を与え、これを見てください

全11回にわたる絶対的なスリル満点。それは速いナレーションと混乱する少数のエピソードのために続くのは少し難しいかもしれませんが、作品が一緒になってくると、最後のいくつかのエピソードでは本当に素晴らしいクライマックスになる信じられないほど美しい物語です。

それは楽しい、狂った、目を開く。このショーは、潜在的にあなたの人生やあなたが物事を見る方法を変えることができ、それは絶対に美しいものです。

私の好きなアニメ – すべての季節に1つ

このレビューは難しいです。プロットの説明は他の場所にあるほうが良いでしょう。キャラクターは、シリーズ全体での相互作用を引き裂くことによって、よりよく理解されます。中央の前提でさえ、最初の数年を大学で覚えていても、ここで意味のあるものには本当に翻訳されません。

しかし、もしあなたがその手足に乗ってペースが速いナレーションを続け、これに少し時間を投資すれば、芸術のスタイルがあなたのものになるかもしれません。フレーミング装置は、良いものから悪いものへとあなたのために素晴らしいものになるかもしれません。間違いなくそれにショットを与えて、間違いなくいくつかのエピソードを突きつけてください。

2010年ベストアニメ

バラ色のキャンパスライフを追求する際に取ることのできるさまざまなミスについてのクリエイティブなコメディーです。

PROS
美しいアニメーション
独特なデザイン
素晴らしい執筆

CONS
スピードリーディングスキル、従事!
少し反復

これはカウボーイビバップのような不朽の名作です。占い師キャラクターが抱いているように、この機会はあなたの目の前でぶら下がります。

アニメ卓越性のジャックポット

私は手足の外に出て、あなたが「畳の銀河を得る」と言っているか、そうではないと言います。「畳の銀河」はすべて標準的なアニメ運賃ではありません。芸術、キャラクターデザイン、キャラクター、対話、音楽、すべては普通のアニメボックスの外です。見ている間は、一時停止ボタンを指で押さえてサブを捕まえるか、バックアップして部分をリウォッチします。これに追いつくには少しの努力が必要です。それは価値があります。それは、奇抜ではあるがカラフルな世界の中で、非常に異国的なサポートキャラクターを持つちょっとした話だ。
あなたが視聴者に挑戦する典型的なショーを楽しむならば、バターカップをバックルアップしてください。なぜなら、これは一番の理由だからです。

傑作。(スゴイ!)

私はこれに遭遇し、タイトルのアートワークによって好奇心を得ました…最初は私はあまり確かではなく、それを私の列に残しました。しかし数日後、私はそれを試してみる気がした。
私が最初に私は “うわー、これはちょっと変わった”のように感じるのを見始めたように。と “うそう – スピードリーディングコースのように感じる”。しかし、私はますます4.5宇宙に沈んでしまった…そしてゆっくりと私はこのショーがいかにうまくいくのか気づいた。私は本当にユニークなビジュアルスタイルとストーリーテリングの方法が好きになった…

TL; DR:
非常に速いペースで行われた字幕、ちょっと不気味なスタート、いくつかのわずかな繰り返しの瞬間を…あなたは非常にユニークな報酬が与えられますほとんどあらゆる方法で – ショー…

このような素晴らしい作品

私はこれを見直さなければならなかった。 スポイラーなしでこれをやろうとしましょう。

私の友人は、あなたが畳の銀河に着手しようとしているときに、良いことを言っている人々を見るでしょうが、あなたが見始めるとすぐに、テキストを読むために頻繁に休止する必要があるでしょう。一分。あなたがその挑戦を通して天候を上げることができるなら、あなたはこのショーを大いに感謝します。私は心からあなたが欲求不満と終わらないことを願っています。

そのショーでは、このショーは、日々の生活の中で価値と喜びを見出し、非現実的な期待を築くことではなく、一種のラブストーリー。私たちの仲間は、 “バラ色の”キャンパスライフを探していて、自分の最悪の敵になります。あなたのアニメの深さが好きな人は、掘り起こしてより多くのことを掘り起こし、人生の闘いを親切にして旅に出るようにしてください。そして、あなたが紆余曲折して陰謀を好むなら、これはあなたのアニメです。私は本当にそれほど多くを得ることができないすべての偽善を取得しないので、私はそれを残します。しかし、実際、これは間違いなく価値のある時計です。それは光ではない。あなたは考える必要があります。再ウォッチが必要な場合もあります。しかし、それを続けてください。それは楽しいショーです。

好きで個人的な “見なければならない”

タタミ・ギャラクシーはユニークなアニメです。私はしばしばアニメの舞台挨拶の日として他の人たちに説明しました。有名なBill Murrayの映画によく似ていますが、物語のフレーミング・デバイスは、過去の出来事を繰り返し覚えていることです。より良い人間になる。畳の銀河は本当に素晴らしいストーリーです。私は熱心な言葉を推薦するだけです。数年経っていますが、それはあなたがしばらく見ている新鮮な物語の1つであることを保証します。

ステラシリーズ!それに固執してください!

畳の銀河は、それを示すだけで、可能な限り恒星を可能な限り上演する作品の一つです。

シリーズが登場するスタイルが誰にとってもないかもしれないと私が理解していると言いますと、私を信頼してください。私も最初の数回のエピソードでは、ユニークなアートワークと素晴らしいアウトロの外で、多くの魅力を見つけるのに苦労しました。しかし、私はそれがとても高く評価されているのを見て、そして私の人格によって私はほとんどすべての方法で少しでも面白いと感じるシリーズを終了するように強制したので、私は続けることに決めました。あなたが実際にそのシリーズにいくつかの時間を与えて、それから私を信頼すれば、あなたは失望しません。

物語は、最近の入学した大学生で、理想的な “バラの色をした”大学生活を次の日に彩ることを夢見ている、とのことです。この目標を念頭に置いて、彼はキャンパス内のクラブの1つに頭を浮かべて、彼が3年間の出席を無駄にしたと感じていることを知るだけです。彼は2人の「友人」を作りました。大津は親しい友人や横顔と明石、まだまだ若干離れた下級生との境界にあるねじれたキャラクターです。愛人の生活や成果が得られなくなったとき、Watashiは別のショットを望んで自分自身を見つけます。他の世界的なパワーが彼の入り口に時計を巻き戻してより良いものにするチャンスを与えた時…

ショーの前提はむしろ独創的でないと思われますが、実行は実際には素晴らしいです。それぞれのキャラクターは、私の意見では、明石から離れて最初は迷惑に感じますが、シリーズが進行するにつれて、日々の生活の中の微妙なものを楽しんでいる魔法が実際にどれだけ楽しめるかを知ることができます。私が前に述べたように、あなたが最初に部分的に興味があっても、このショーに時間を与えてください。それはあなたを頻繁に挫折させ、ある時点でキャラクターのすべてではないにしてもほとんどを憎むでしょうが、それにもかかわらず、彼らは最後に完全なサークルになります。

アートワーク、声優、プロット、素晴らしいサウンドトラック。このショーはそれらすべてを持っています。それは本当に注目に値するアニメであり、それが受け取った賞賛の価値があるのは間違いありません。それは間違いなく、アニメファンが単にその外観または “過大評価”のために光沢を帯びる古典的なシリーズです。

masaaki yuasaの素晴らしいシリーズ

あなたがシリーズを開始している場合は、字幕が遅くなると文字が設定されても心配しないでください。また、私の意見では最高のエピソードは最後の2ですが、それを完全に楽しむには前のものの文脈が必要です。これは潜在能力を最大限に引き出すマサキユアサです。

可能性についてはあまり考えないでください

大学のオリエンテーションでは、私たちが行う決断と私たちが参加することを決めたクラブは、私たちの大学生の経験の残りの部分を永久に固めるでしょう。しかし、名前がなくても常に存在する「畳の銀河」の非常に冗長な語り手は、「ローズ色のキャンパスライフ」よりも楽観的ではない。彼の選択が彼をとても幸せにして時計が戻ってくるようになると思ったことの無念を非難することを意味する。

ナレーターはボキャブラリーや速いスピードで語りかけるのですが、中村裕介の作品にインスパイアされた非常にシンプルで効果的なアニメーションです。スピードリーダーの初心者でも簡単です気分や調子を設定するほとんどの単色の配色に頼っているすべてのシーンに従ってください。他のシリーズよりペースを上げる必要があるかもしれませんが、決して情報に圧倒されることはありません。

これは間違いなく私の好きなアニメです。

愚かで深い

このアニメはまったく意味がありません。それはあなたが画面から遠ざかり、 “私はそれを手に入れることができません!”

真剣に、それは本当に速い対話(あなたが下敷きを見ればゆっくり読者のためではない)と全体を通して織り込まれた興味深い超自然的要素を持つ美しいショーです。

しかし、ええ、エピソード11は、すべての時間の私の好きな抽象的なアニメを示しています。

鮮やかで野生で、最終的には希望のアニメの旅

これは私の10の好きなアニメシリーズの一つです。

唯一の問題は字幕付きで、対話はアンフェタミンのペースで行われることです。しかし、あなたはそれに慣れます。

「グラウンドホッグデー」のようなものでよく知られている物語のパターンを使って、私たちは学生スラムの中に住んでいて、寂しくて寂しい貧しい大学生の実在的な冒険に従います。彼は、彼がそれにうまくいないが、彼は愛で人々のチャンスを台無しにしようとしていると、大津と呼ばれる一見痴呆の友人を持っています。彼は素晴らしい女性、彼が必要とする幸福をもたらすことができる仲間の大学生、また恐れや避け方について考えないようにします。結婚の神、巨大な顎を持つ変わった男は、彼が忘れることはありません。彼は、生きる価値のある真実を見つけるまで、生きることを余儀なくされた同じ日の異なるバージョンで、知り合っている数多くの知り合いを混ぜ合わせています。

陽気で、魅惑的で、驚くべき、動いている、困惑している、時には恐ろしいものです。しかし、最終的には、実際に私たちが生きているように、特に他の人と一緒に生きることを選んだとき、それは単に万華鏡で描かれたものです。そして、それは愛の贖いの力の深遠で珍しい探検です。

アニメーション、芸術、文章、声優、音楽、編集…すべてが恒星です。ジャンプして、ホールドして、それにとどまる。メリーゴーラウンドを離れて、はるかに豊かな場所に登ることを誰にも約束します。

おまもりひまり 海外レビュー

 あらすじ

主人公・天河優人は、ごく普通の高校生。7年前に両親を亡くし、天涯孤独となってしまった。幼なじみの凜子の家族に世話になっているが、それ以外はどこにでもいるような少年であった。

そんな優人が16歳の誕生日を迎えた朝、謎の美少女「緋鞠」が突然現れた。そして、優人の祖父との約束でこれから優人を「護る」ため、ずっと優人のそばに付き従うと言う。しかし、その正体は……。
2010年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

COCC-16345

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

ここに隠されたアニメの宝石の一つ

このアニメはあまりにもスリリングではないと言わざるを得ないが、アニメ全体とその全体的なユーモアと、その主な焦点がどのくらいエッチではなく、もっとロマンス、アクション、ファンタジーアニメのようなものだったのかが大好きだった。全体的にアニメはしっかりしています私は壮大なストーリーを持つすべてのシリーズのすべての抜け穴を見つけませんでした。あなたが多くの女の子を引き付けるリードキャラクターが好きで、彼が使用することを学ぶ特別な力を持っているなら、これは多くの時計です!

モンスターガール・ハーレム・ショーはほぼ完璧でした。

あなたがモンスターの女の子、ハーレムショー、ファンサービスを好きなら、それはあなたの路地の右です。生き物の範囲は印象的で、ショーを通してかなり面白いものがいくつかあります。アレンジされたパートナーとの関係は実際には意味があり、このタイプのショーではまれです。ハレムの大部分でさえ、勇敢には勇敢にはそこにいませんでしたが、自分の必要に基づいて彼に関わっていました。

私の問題は勇人です。私は彼が信じられないほど大量の社会的プレッシャーを受けているので、彼は欲張りな欲望とは言いませんが、彼はとてもパッシブでショーを引きます。ペーシングは本当に最後の3つのエピソードのために引き出されているようだと私は自分が怒りを避けるためにシーンにいたときに前方にスキップしていた。

過度のファンサービス

私は彼らが通常持っているコメディのための「ハーレム・アニメ」が好きですが、この面で欠けているだけでなく、「ファン・サービス」を提供することにあまりにも集中し、全体的にストーリーを評価しました。私はそれが始まったときに終わっただけであると私の意見では、悪い終わりを始めるいくつかのショーがうまくいくので、それを見ました:不均衡と不快です。

しかし、あなたはまともな話を気にせず、ただ多くのファンサービスを望むなら、それ以上は見ないでください。そのような視聴者の私の意見は、このショーの私の意見と同程度に低いので、それは確かに良いフィット感です。

アニメを愛する人を見守る必要がある

これは、アニメを愛する人のための必見です。まあ、マンガにはうまくプロットされていますが、偉大な行動と多くのファンサービスがあります。プラス主なヒロインは一部の猫です。誰がそれを好きではない?キャラクターの育成に関しては、巨額ではないものもありますが、結末は愚かですが、何度も何度も見直す価値があります。

それが何であるかわかりました。

私はこの番組をあきらめる前に、エピソード5で制作しました。それは私にそれを撃つように促した噴出した光っているレビューをたくさん得ていました、そして、私は今、人々がこのアニメに見るものを疑問に思っています。後半には何か驚くべきことが起こっていますか?疑わしい。

私は間違ってはいけない…それは保守的なショーだ。基本的には、才能あふれるアニマル/幸福の幻想が有能に行われています。しかし、それは文字通り私がそれを賞賛することができるすべての賞賛です。

私は3人のスターを与えることができます。でも、catgirlsとecchi fanserviceでさえ、私が最初の数回のエピソードを過ぎて興味を持てないようにしていました。ショーを「驚くべき」と評価する必要がある場合、または少なくとも私のものよりもあなたの注意を長くする必要がある場合は、別の星を追加することができます。

そこには最高のハーレムアニメの一つ

このアニメの最高の部分は、5点を5点獲得したストーリーであり、アートアニメーションのテクニックでした。私はそれがすべての一緒に4.5星を取得するが、私は5つの星を与えるために十分だった十分にこのアニメに値する

ハーレム?悪魔の猫の女の子?サイコ・マンティス?

ああ…オマモリひまり

私がタイトルを見てすぐ、私の中で何かが起きました。興奮。青春の爆発。
私の過去の中の何か、私が長い間見たことのない幼年期の友人のように、覚えておくのを待っています。
その時代の人生はシンプルで、どのハレームのアニメを選んだかは、私の選択の

これはハーレムクラシックとも呼ばれるかもしれません。プロット?キャラクター?進行?開発?これらは存在しません。重要な要素は、オパイと猫の女の子だけです。

ANIMEを見なければならない!!!!

このアニメは絶対に人生を変えていた。カウボーイビバップ、キミノナワ、サイレントボイス、エロマンガ先生のような傑作があります。このショーはそれが放映されて以来、私はそれを見て停止していないような壮大なショーでした。私は自分の仕事から解雇され、私の家を排除して、私のCrunchyroll購読料を支払うために人々のアイデンティティを盗みました。私は続編を待つことができません。私が家を出るとこれは間違いなくコスプレされます。

私は再見たことが大好きなアニメ

私はこのアニメがショーの更新セクションに登場するのが好きだった。私はこのアニメを数年前に見ていました。そして私はそれが何であるかを知っていた前に私のwaifuhimari。ショーは主にコメディーですが、まともなアクションが投げ込まれています。私は楽しい瞬間と思い出深いものがたくさんあります。私がしたのと同じくらいあなたが好きだと願っています。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 海外レビュー

 あらすじ

遙か未来、大断絶と呼ばれる戦争によって大地は荒廃し、海からは魚が消え、幾つもの国と言語が消滅した。そして、現代世界が半ばおとぎ話となり、世界の様相も国も人種も、今とは全く異なる状況になった世界。

空深カナタは幼少のころ、廃墟で迷子になっていたところをトランペットを手にしていた女性兵士に救われる。ラッパ手に興味を抱き、軍に入隊すればトランペットを吹けると勘違いして軍への入隊を決心したカナタは成長し、トロワ州セーズの街の駐留部隊であるヘルベチア共和国陸軍第1121小隊に配属される。
2010年1月4日~3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=UnfeeRnGjQA(公式)

第1話 響ク音・払暁ノ街
第2話 初陣・椅子ノ話
第3話 隊ノ一日・梨旺走ル
第4話 梅雨ノ空・玻璃ノ虹
第5話 山踏ミ・世界ノ果テ
第6話 彼方ノ休日・髪結イ
第7話 蝉時雨・精霊流シ
第7.5話 饗宴・砦ノ戦争
第8話 電話番・緊急事態ヲ宣言ス
第9話 台風一過・虚像ト実像
第10話 旅立チ・初雪ノ頃
第11話 来訪者・燃ユル雪原
第12話 蒼穹ニ響ケ

wall02_1024

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

不注意に見ていると欺く

真剣に、あなたが注意を払わなければ、それは何かのプロットで単なるスライス・ライフだと決めるでしょう。あなたもそれを考えて許されるでしょう。最初の3つまたはそれ以上のエピソードは、そのような感じをあたえます。彼らは物語とは何の関係もないようです。それは長期的な導入のように感じる。

しかし、あなたが注意を払うならば。エピソード1からの世界の建物があり、最初の数分間の予兆があります。慎重な注意を払うと、おそらくエピソード5で最後に結びついているプロットラインを推測することができます。それはあまりにも明白ではありません(それを見逃した他のレビューを見てください)。正直なところ、この物語の織り交ぜは、多くの人々の後ろにsoooooを残す。それは…私は繰り返します:カジュアルな視聴者のためではありません。

キャラクターは一次元のように見えますが、あなたが注意を払うと正直言って、それ以上です。彼らの裏話を学ぶと、以前からの多くの行動が意味を成しています。ノエルは良い例です。彼女はステレオタイプの作品のように本当に難しい、何も言わずに、いつも眠りにつく。まあ、ある意味で、彼女はそうです。しかし、オハイオ州の少年は、彼女はずっと多くです。(理由は、スポイラーを引き起こす理由を言うつもりはない)。

サウンドトラックは他のSoLで聞くことよりも優れています。オープニング・ソングからアメージング・グレースまで、それは本当に頭に釘を打つ。それが可能なら、音楽は本当にこのアニメを6スターにします。

設定と世界はとても素晴らしいです。すべてのエピソードには微妙な世界観があります。それはあなたが望むほどにそれを構築していますか?いいえ。しかし、それはそれを傷つけるのだろうか?あなたが利己的で、あなたが欲しいものを今すぐ欲しいのであれば!正直なところ、私はそれが正しい量を持っていたと思う。あまりにもあなたが “オッケー!そして、あなたがそこに座っていたことはあまりありませんでした。「彼らがどんな惑星であるかはわかりません。本当にリアルで没入感がありました。

K-Onの軍事ショーと呼ばれるレビューに騙されてはいけません。それはずっと多くのことです。また、単純なスライスオブライフアニメと呼ばれるレビューには騙されてはいけません。それらの人々は注意を払っていませんでした。あなたが気軽にそれを見るなら、それらのレビューは正しいです。あなたが座ってソラノワトの世界に身を浸すと、そんなに多くなることがわかります。

私のすべての時間お気に入りの一つ

このアニメはゆっくりと始まるかもしれませんが、私はこのアニメを絶対に愛しています。それは私のすべての時間のお気に入りの一つです。私の好きなエピソードは、おそらく最後のもので、かなが自分のトランペットを独奏する時です。いくつかのユーモア、深刻な瞬間、さらには素晴らしい生涯レッスンがあります。オープニングのテーマは、何度も聞いたことがあり、それでも楽しみ続けているテーマです。

Kオンではない!しかし、それについての非常に良いショーは、よく研究され、独創的である。

K-Onを彷彿とさせるキャラクターデザインのため、この番組は出てくるとラップが悪くなりました!しかし、それは類似点が終わる部分です。それはかわいく始まりますが、注意を払うとたくさんのプロットがあり、多くの作業がアートと設定に入りました。あなたの笑顔を遅くしてくれるショーで、ペースを拾うエンディングがあります。それを見て、それは短いです。私は非常にそれをお勧めします。

Shukoはあなたを見ています

私は今までこのアニメについて聞いたことがないと信じられない!サウンドオブザスカイは、戦時中に両親を失った少女カナタソラミの絶対的に美しい物語を示しており、ヘルベティアのトランペット奏者が音楽を学ぶために軍に参加することからインスパイアされています。シーアウの町のClocktower Fortressにある1121th小隊に割り当てられた後、Kanataは彼女が正直で精神的な性質を満たしている人たちと素早く仲良くなります。Kanataと彼女のチームに続き、Clocktower Fortressを確保しながら町人を助けてください!

このアニメを撃つ

私はショーの視聴を無作為化し、あいまいなショーを見るのが好きです。しかし、私はこれにチャンスを与えてうれしいです。それに入るには少し時間がかかりますが、確かに待つ価値があります。かわいいキャラクターやばかげたおどけ。すべて一緒に来て、最後にあなたのために汗をかく。このショーを見ると、この人生に失望することはありません。

あなたを引き付ける夢のような経験

あなたはこれを見たいと思う。サウンドオブザスカイあなたが今から何年も覚えている貴重なシリーズの一つです。ストーリーは、20世紀初頭と(明らかに)21世紀後半のテクノロジーが混在した、終末論的なヨーロッパ風の世界に設定されています。ストーリーは、前哨基地に住む十代少女兵士と、日常的ではない戦闘活動を中心としています。女の子のバックストーリーとキャラクター開発は、ストーリーを推進するものです。プロットはスローペースですが、環境とストーリーの全体が浸透するため、私はそれに慣れていました。アートワークとアニメーションは非常に良好で、素朴で魅力的です。あなたは深みの感覚を得るが、私は3Dを意味するわけではない、私は視覚的には安く感じないということを意味する。声の演技は音の効果と同じように一貫して良好でした。開幕テーマ音楽「ひかりの旋律」単に美しいですし、閉鎖のテーマは最も明るいです。執筆と指示も非常にうまくいって動いていた。物語にはドラマがあり、あなたの感情は喜び、不思議、光のコメディーから嫌悪と絶望に至るまで続く。私は非常に感銘を受け、繰り返しシリーズを見て特権を感じた。1シーズンの長さが適切です。エピソードはストーリーをうまく構築し、最後の特別なエピソードはエピローグとしても役立ちます。スタジオはこのシリーズで素晴らしい仕事をしました。私は評価しています 1シーズンの長さが適切です。エピソードはストーリーをうまく構築し、最後の特別なエピソードはエピローグとしても役立ちます。スタジオはこのシリーズで素晴らしい仕事をしました。私は評価しています 1シーズンの長さが適切です。エピソードはストーリーをうまく構築し、最後の特別なエピソードはエピローグとしても役立ちます。スタジオはこのシリーズで素晴らしい仕事をしました。私は評価していますサウンドオブザスカイ 4+の星があり、+がその生産の全体的な堅牢性のために授与されています。すべてのアーティストと技術者の誇り。

この宝石は間違いなく貴重な時間です!

私は本当にこのアニメを楽しんだ。

最初から最後まで、すべてのエピソードの終わりまでにあなたに深遠な感情を残す方法がありました。私は最近まで、この宝石について何も集めていなかったとは信じられません。私はあなたにそれを強く勧めます。13のエピソードしかありませんが、私の友人は皆あなたの時間の価値があります。私はそれをあなたに保証します!

[3 PROS] –
充実したキャラクター、&開発。
– 美しい芸術、&アニメーション。(ジブリがKオンに出会うように感じた) –
各エピソードで学ぶべきこと。このアニメはあなたに影響を与えるかもしれません。

[3 CONS] –
該当なし。

このアニメはよく丸められており、素晴らしいです。私はより多くのために私の指が交差している!

かわいい、楽しい、深く、驚くほど優雅。

これは私の好きなアニメの一つです。モダンでポストモダンで、未来的で小規模なヨーロッパの環境では、あまりにも頻繁にアニメのセットには見られない精神的なテーマがあります。説明するのは本当に難しいですが、効果はかなり美しいです。芸術は素晴らしいです。キャラクターは馬鹿で、短い12話のシリーズには多くのテーマがあります。私はそれが長く続いたことを望んだが、それはちょうど良いことだから一時的な経験に値する。

Haibane Renmeiクローン – 良い方法で!

私はこのシリーズが大好きです。信じられないほどの得点、芸術、アニメーション、キャラクターデザイン。間違いなく完全な感じ。コメディのダッシュは、この成人向けの物語を推進するのに役立ちます。そして、本当に彼女は、彼女が何をしたいのかを知るように、私たちがカナタを感じるのを助けます。この設定は、私が簡単にアニメーションの世界に脱出することができた音楽と青々とした背景と非常にバランスが取れていました。生産費を節約!

シリーズとして、それはちょうどあらゆる方法でHaibane Renmeiの大いに私を思い出させる。若くて素朴で新人女性のグループに表示されます。1人は堕落した先輩、1人はかわい子、1人は静かな隠居者、もう1人は母親の女性で、彼女は公正な分担を見ました。彼らはどちらも自分の方法で素晴らしいです。あなたが似たようなものを探しているなら、私はそれを選ぶことをお勧めします。KanataはRakkaのほぼ完璧なクローンであり、RioはRekiの鏡像です。

オール・イン・オール、私はこのシリーズが提供するものに満足しています。私はもっ​​と完全に探検するストーリーアークがあると思うし、彼らはこれをFlame Maidensの進行中の冒険に容易に分けることができます。しかし、それは私がしばらく見てきたシリーズのための最高のエンディングの1つを持っているので、そのルートに行く必要はありません。私は本当に彼らが聴衆をどのように去ったか、まあまあ、比較的短い実行に感謝しています。五つ星。

素晴らしい人生の断片。

私はこのアニメを見始めたのは、私がサウンドトラックに出会ったからです。そらのおとしものはあなたが期待しているもの、萌えのアニメです。このレビューは、moeが独自のジャンルであるという前提に基づいています。
宇宙の建物は恐ろしいです、私はあなたに語っています。それは終末論的な世界ですが、主なテーマは、それがまだ目に見えているにもかかわらず、生存のために人類が苦労しているのではなく、そういうものです。調子は軽いですが、いくつかの点では暗く砂漠化し、核戦争の残忍さを実感させます。
文字は一般的ですが、楽しいです。私は特にノエル、非常に暗い過去を持つ恥ずかしがりの女の子。メインキャラクターはかわいい、愚かで、いつも私の顔に笑顔を入れます。
アニメにはアクションがあります。はい、最後に向かって戦っているいくつかのメカを持つ人生の一部です。
全体的に、これはこれまで私が見たライフ・アニメの最高のスライスです。本当にそれをお勧めします。

侵略!イカ娘 海外レビュー

 あらすじ

イカ娘は、海洋汚染を続けてきた人類を懲らしめるべく、地上世界を侵略するために陸上へとやってきた。しかし、最初の侵略拠点として目をつけた海の家「れもん」すら制圧できず、しまいには壁を壊した修理代代わりにそこで働かされるはめに。果たして、イカ娘が人類侵略を達成する日は来るのだろうか。
第1期:2010年10月4日 – 12月20日
第2期:2011年9月26日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

ikamusume1

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

かわいい、おかしい、面白い

一年前に初めてこのシリーズを試みたとき、私はそれがどれだけ好きか分からなかった。私はちょうどその時の愚かさのための気分ではなかったが、今それをもう一度見た….私はそれが大好き!私はそれが実際に入るために私はカップルのエピソードを取ったと言うでしょうが、私はそうした。

私はすべてだった。しかし、私は全体的な終了状況のために星をドッキングしてしまった。私は彼らがシーズン3の深いストーリーラインや、実際にこれを包み込んだいくつかの映画を期待してこれをやめたような気がします。

マンガは2016年に終わったので、これはまだ起こるかもしれませんか?そう思う。もしそうなら、これを編集して4つ星から5つ星の評価に変更する良い機会があります。

かわいい、軽快で驚くほどしっかりした

アニメのコメディにはそれほど大したものではありませんが、このシリーズは確かに肯定的な驚きでした。前提は不条理ですが、主人公はかなりうまく融合しており、ユーモアは独創性をもって驚きます。コメディーのタイトルがたくさんあると私はうんざりしますが、これは絶対に魅力的であることが証明され、真剣にすべての欠陥と特質を持つキャストが好きになりました。

私はイカの女の子が特にあなたが何かをリラックスするために/何かあなたを応援するために何かを探すとき、それはほとんど常に陽性で満ちていると良いと思う。私はそれに近づくことに疑念を抱いていて、シリーズを終えた後に少し軽度の不平を感じましたが(特にキャラクター開発の連続性の欠如 – 時にはイカガールの行動が奇妙に矛盾しています)、私はそれをかなり多くの人に全面的に勧めています。それは傑作ではないかもしれませんが、例外的に目的を果たします。

かなり楽しく、あらゆる年齢に適しています

イカの女の子は、人間の世界である外界を征服するために出てきた海の少女の物語です。それは彼女が2人の姉妹とその弟の出会いをするときです。(あなたは、彼女が触手で作った奇妙なトリックの後でさえ、あまり気にしないような事実を愛していなければなりません。)

これはユーモアが混在するショーのスライスタイプです。シンプルで面白いものを探しているなら、これが選択肢になります。私は純粋な危険によってこのショーを見つけました。私はそれを見つけて非常に満足していました!

私にとっては、このアニメが目指していたタイプのショーの5つ星評価です

時間を過ごすのに良い

私は若い頃、このショーが本当に好きでしたが、それを再ウォッチすると、これは物語の基本がどのようなものか気づくことができません。それはSgtのようなものです。カエルは小さいキャストと少ない紛争で。キャラクターはすべてかなり基本的です。アニメーションは同時に全面的に行われますが、全体的にはあまり効果がありません。
私はこれに1つの星評価を与えましたが、私は人々がこのレビューのタイトルを見て、私が皮肉っていると思うようにはしません。私はあなたがダム、シンプルなショーを望むなら、これは素晴らしいことだと思います。あなたがもっと何も期待していないことを確認してください。

面白い、魅力的なショー

このショーが大好き。それは信じられないほどかわいいと魅力的ですが、本当に時々笑い声で大声で面白いです。入ってきて、私は真剣にイカをテーマにした言葉遣いが古くて疲れてくると期待していましたが、正直言って彼らはあなたに成長しています。5/5がお勧めします。

イカの女の子は、

私はイカの女の子が大好き!彼女は悪い日に私を鼓舞し、私にかなりのワークアウトを与える。私はイカを愛しています(マリンバイオナード; P)ので、私はちょうどこれを見なければなりませんでした。私は正しい決断を下したと信じています。また、私はイカのインクで麺を試してみたいと思っています…そしておそらく生きたイカを食べるかもしれませんが、ねえ!このアニメはかわいい、おかしい、そしてああそう(ときに)教育的な

最高の時間と最高の一人!!!!!

それはちょうどそれを今すぐ最高の時計です、すべてのものをドロップし、1000/10が再び見ることを見てください。アニメは面白いですが、リレーはかわいいです。これがどれほど良いかを表す言葉はありません。第3シーズンだけがこのショーの正義を行うだろう。それは今最高の時計です!!!!!! それよりも死後の東京ゴッホとタイタンを襲った!!!!!!!

ファンタスティックなシリーズだがなぜ3番目のOVAはない?

これは素晴らしいシリーズで、落ち着きたいときに最適ですが、myanimelist.netとwikipediaの両方が示唆している欠けている第3のOVAはどこにありますか?私はミニ・イカのスペシャル・ロゴXDを見つけるだけでなく、自分の目標に合わせてそれを完全に完了しなければなりません。その理由は、その ‘素晴らしいグラフィックスと楽しいプロットでも、星が欠けている

誰もが楽しめるアニメ!

私はこのアニメが大好き!それは完全なプロットを持っていませんが、それはそれがどんな種類のアニメであるか、各エピソードは何かについてですが、各エピソードはまだアニメの主な側面を保っています。私は誰もがこのアニメを楽しむことができる、それはユーモアでいっぱいであり、エピソードがたくさんあると言う!

さらい屋 五葉 海外レビュー

 あらすじ

田舎から江戸に出てきた侍・秋津政之助は、ひょんなことから誘拐組織「五葉」の頭目・弥一の用心棒をしてしまう。弥一に剣の腕を見込まれた政之助は、自らの意向とは逆に五葉の一味にされる。
2010年4月15日~2010年7月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

603a2468

大気と魅力的な

これはアクションショーではありません。文字は複雑で欠陥があります。芸術と音楽は微妙にロマンチックなトーンを加えています。これは魅力的な人々のショーです。一度にすべてを見ることを期待してください。キャラクターの発展によって動く物語を愛する人にとって、これは勝者です。

本当の宝石、美しく爽やかです。

House of Five Leavesは、視覚的に見事なショーで、通常のアニメ・オファーとは異なり、美学以外にも様々な形で存在します。その柔らかく大胆なクラシックなスタイルを補完するために、それは著しくよく書かれています。中央のプロットはゆっくりと12のエピソードにわたって展開され、より多くのことを望む方法で主要キャラクターの個性と動機を明らかにします。開発と役割の逆転は完全に行われていますが、これは十分に推奨できません。私がコメントできる唯一の欠陥は技術的なものです。字幕はあまりにも速く消えてしまう傾向がありますが、実際にはそれほど悪くはありません。

5つの葉の家は、美しく爽やかな真の宝石です。もしあなたがいつもの魔法のようなものに疲れているなら、ドラマ、過度の暴力、露骨な性的欲求、そしてそれが本当に自分のアイデンティティを持っているすべての共通の問題について、あなたが世界とその謎に吸収されるときに座ってくつろいでください。あなたはそれを後悔しません。

本当に奇妙なショー – クラシックのような感じ

それはあまりにもアクション満載ではありませんが、本当に面白いです。本当にこのショーを分けています。文字は本当によく開発され、思い出深いです。私は歴史的な設定が大好きです。最初は芸術のスタイルが不明でしたが、本当に素早く成長しました。

エレガントで興味深いキャラクターでいっぱい

私は寝る前にこれを見守っています。それが映画だったら私は本当によく撃たれたと言います。時には人々が話していて、出入り口のコーナーや燃えている石炭を見ていることがあります。それは愚かに聞こえるが、江戸の鮮やかな肖像画を描くことに終わる。

このショーは素晴らしいワインのようなものです。

あなたは何も起こっていないように感じるでしょう

このショーはMushishiの思い出を作りますが、楽しい要素はありません。これはキャラクターが主導するショーだが、実際には非常にスローなスペースと全くアクションがない(武士とのアニメにとっては変だ)。私が完全に見ることを誓った唯一の凶悪犯は、それが12のエピソードのショーだからです。もしそれ以上のことがあれば、私は7または8回のエピソードの後に​​停止するでしょう。それほど進んでいるわけではありません。芸術は異なっています(私にとっては醜いですが)、多くのキャラクターは同じように見えます。あなたは今あなたの画面にいますか?いつかショーは時を経て戻ってきます。あなたが現在でも過去にいても、必ずしも確実ではありません。もう一つは、私はショーの主人公が好きではなかった。そのショーは、彼よりも少なく、白髪の男のほうがよくて良かったでしょう。

ユニークで優れた

このアニメは、単純に言えば、絶対に素晴らしいです。私は完全に芸術のスタイルに慣れたことはありませんが、それはアニメ自体のペーシング、テーマ、音楽と非常によく機能します。

それはペースが遅く、狂ったスーパーパワーを持つ人は誰もいません。アニメでよく見かけるトップのものの上のものはありません。そこにあるものは、欠陥のあるキャラクターとバックストーリーを徐々に明らかにすることに焦点を当てた強力なストーリーラインです。

このアニメはすべて個人的な成長です。いくつかの短い瞬間がありますが、ほとんどの場合、それぞれのキャラクターについてもっと学びたいと思っています。

残念ながら、私たちは誰の話も完全に学ぶことはありませんが、これはショーのテーマに合っていると思います。私たちは本当に他人の話を完全に学ぶことはできません。我々’

あなたが強いストーリーテリングで本当の歴史的な小説を望むなら、これは完璧なアニメです。

どのような優れた予期しないアニメを見つけた

絶対に素晴らしい。このシリーズは信じられないほどうまくいっています。私はそれを見つけてとてもうれしいです!

このショーのペーシングは素晴らしく、キャラクターとバックストーリーの開発が遅れていることは非常にうまくいきます。あなたの顔の表情では、これは速いペースではありません。それは本当に思慮深く雄弁です。すべての感情はそれの終わりまでにうまくいきます。

寛容と哲学の芸術

当初、私はこのアニメの唯一の本当の欠陥を言及し、それはアートスタイルです。スケッチブックの感覚は、最初はやっていくのが少し難しいですが、キャラクターと世界に集中すれば、スタイルをパスするのはかなり簡単です。

物語は基本的に、仕事を抱えている不器用で優しいローザンの正之介と、彼の中に何かを見ているので彼と友好するヤイチの周りを回っている。これらの2つのキャラクターは、今のところ立っているような極端なものですが、過去の類似点はかなり複雑です。

マサノスケの不器用で楽な性格によって、彼は何年も前に逃げた過去に直面しなければならない。そして、何かを台無しにすることなく、私はちょうどそれが、

より顕著なキャラクターのそれぞれについて十分な知識を身につけて投資し、最初の紹介から彼らを見て楽しむことができます。これはあなたのいつものサムライアニメですか?程遠い。これは、償還と受け入れのアニメーションの古い学校の武家の物語です。

聡明で、インテリジェントで、周りにはもう少し露出が必要です。

リラックスしたユニークな短いシリーズ

このアニメを愛することはたくさんありましたが、私の経験に線形性を残しましょう。
最初から芸術はびっくりしていて、すべての人物はちょっと人間じゃないようです。平らな魚の目と細い、長い口。彼らは飢えているという気持ちと、時には存在しない小さな眉毛。どの音が、まあ、ひどく不快な音です。しかし、どういうわけか私は本当にアートを感謝するようになった。このシリーズでは、大気のためにうまくいきました。私がこのスタイルに精通するにつれて、細かいディテールがより多く現れたようです。私は大人のキャラクターの目にはあまりにも稀少な光の小さな点を愛しに来ました。または、柔らかい色と昼から夜への流体の移行、またはその逆。すべてが手を引くように見えました。これは素晴らしい錯覚でした。

音楽私は裂けた。アニメを見ているうちに、サウンドトラックは完璧にフィットし、私はそれほど微妙な音を立てない。しかし、opとed?テリブル。始めから終わりまで、私は決してopまたはedを楽しまなかった。時代のドラマ/ソルでビジネスを持たなかったリトル・ポップ・ディティーズ。私は数秒も聞く必要があったたびに泣きました。正直なところ、私は幾分騙されているように感じます。opとedは、より柔らかく、キャラクター、プロット、私はほとんど琵琶や三味線、木のフルートの息を聞くことができる設定を考えている必要があります。あなたがシリーズを見て、あなたがバックグラウンドで聞いた音楽のようなもの。代わりに私の耳を襲った格子トゥイーンポップではない。

物語。それは非常に低いキードラマであり、ほとんど怠惰な人生です。それは決して否定的な側面ではない。マサの日常生活に焦点を当てていたようだ。彼の友人と過去のサブプロットを見て、プレゼントしている。しかしシリーズは、それが暴れているようには感じられなかったし、観客に何を見せようとしているのか忘れてしまったこともなかった。私は、それが私に見せてくれるほどのものがあったような感情を終えました。キャラクター・ストーリーは決して終わったわけではありませんが、私は誰にも感謝していないと感じません。私は私が与えられたことにとても満足していました。私はほとんどの視聴者が同意すると思います。(つまり、これはおそらく漫画か小説だったと思う、もしそうなら、私はもっと読むことを喜んでいるだろう)。

私は入りたくない キャラクター私はストーリーと視聴経験がキャラクターに非常に頼り、ゆっくりと知り合っていると感じているからです。彼らの人格に行くことは、どうやらスポイラーのように感じる。私が言うことは、彼らが私が期待したものと同時に完全な驚きであるということです。私は本当に各1つを評価しましたが、もちろんMasaは個人的なお気に入りです。私は彼がもっと成長するのを見たいと思ったので、私は彼を最も恋しく思うだろうと思う。

私はMasaを適切な剣で見たことができたらいいなあと思っていますが、私は驚くべき一見がシリーズにもう少しフィットしていると思います。

私は4.5の星を与えることができたらいいと思っていますが、私は全体的に4を与える必要はありません。それは素敵なシリーズであり、とても楽しかったです。

アニメ形式の歴史的な社会的解説よりも楽しいものは何でしょうか?

あなたが社会化や性格の欠陥に関する大気のアニメを望むなら、これは素晴らしいものです。ストーリーは非常にリラックスしていますが、それでもあなたはいつでもあなたの座席の端にいます。私はHouse of Five Leavesを本当に楽しんでいました。絶対にお勧めします

バクマン。 海外レビュー

あらすじ

2008年、舞台は埼玉県谷草市。中学3年生の真城最高(サイコー)は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。

ある日サイコーは些細な出来事を切っ掛けに、秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めはその誘いを断っていたが、声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束した事から漫画家への道を志す事になる。

サイコーは祖父から叔父が使用していた仕事場を譲り受け、シュージンと共にそこに籠って処女作の執筆に専念する。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代である事を知りライバル視する。やがて二人三脚で苦労しながらも完成した初作品をジャンプ編集部に持ち込んだ二人は敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。
第1期:2010年10月2日 – 2011年4月2日
第2期:2011年10月1日 – 2012年3月24日
第3期:2012年10月6日 – 2013年3月30日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“バクマン。 海外レビュー” の続きを読む

アマガミSS 海外レビュー

 あらすじ

高校2年生の主人公・橘純一(デフォルト名。以下、「純一」と表記する)は、憧れの先輩・森島はるかを遠目に眺めつつ、彼女のいない寂しい学園生活を送っている。純一は過去のとある経験から、恋愛とクリスマスに苦手意識を持っていた。

吐く息も白くなり始めた初冬のある日、はるかの卒業が迫りつつあることに気付き、2つの苦手意識を克服しようと心に決めた純一は、さまざまな女の子と出会い、行動を選んで付き合いを深めた末、クリスマスを迎えることとなる。

なお、以下の各ルートのあらすじは、原則として「デアイ→アコガレ→スキBEST」ルートのものである。
2010年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543481361644

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アマガミSS 海外レビュー” の続きを読む

屍鬼 shiki 海外レビュー

 あらすじ

人口1300人の小さな村、外場村。外部からは1本の国道しか繋がっておらず、周囲から隔離され、土葬の習慣も未だ残っている。そんなある日、山入地区で3人の村人の死体が発見された。村で唯一の医者・尾崎敏夫は、このことに不信感を持つが、村人達の判断で事件性は無いとされ、通常の死として扱われた。しかし、その後も村人が次々と死んでいき、異変は加速していった。
2010年7月~12月迄放送(ウィキペディアより引用)

第遺血(いち)話
第腐堕(ふた)話
第惨(さん)話
第死(し)話
第偽(いつ)話
第髏苦(ろく)話
第弑魑(しち)話
第夜(や)話
第柩(きゅう)話
第悼(とう)話
第悼と悲屠(ひと)話
第悼と腐汰(ふた)話
第悼と惨(さん)話
第悼と死(し)話
第悼と偽(いつ)話
第悼と髏苦(ろく)話
第悼と弑魑(しち)話
第悼と夜(や)話
第悼と柩(きゅう)話
第腐汰悼(ふたとう)話
第腐汰悼と犯(はん)話
(TV未放送)
第腐汰悼と悲屠(ひと)話
第腐汰悼遺血と犯(はん)話
(TV未放送)
蔡蒐(さいしゅう)話

510000006

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

志木はもっと私たちを欲しがった!

少年、このアニメはいいよ!アニメ文化クラブのメンバーは、それを十分に得ることができませんでした!私たちはいくつかのメンバーにCrunchyrollのアカウントを取得させるために家に帰ることを教えてくれました。私たちはエピソード3についてしか知りませんでしたが、それを見た人は本当に恐ろしいものでした。

髪型はちょっと奇妙かもしれないが、目よりも奇妙なものはない…

正直、優美

私は、多くの人が芸術に嫌われていることを知っていますが、ストーリーは正直に驚くべきものです。あなたはとても素早くスタイルに慣れています。shizは文字通り最初のエピソードから最後まで起こるので、強烈なアニメのためにバックルを下ろす。間違いなく時計の価値がある。

これは真の傑作です

まれにそのような暗い主題をカバーするアニメが非常に繊細であることが分かりました。同じように完全な経験を提供するためにストーリーテリングのあらゆる糸を巧みに使用するアニメを見たことはまれです。それは退屈なことなしに徹底的で、迷惑にならずにサスペンスしていました。予想していなかったように私に衝撃を与え、残酷に単純で道徳的にも複雑でした。

驚異的な楽譜で素晴らしい魅力的な物語

優秀なキャラクター、いくつかのゴアと素晴らしいスコア。このショーは、古いスリラーの伝統の中で、小さな町のメンタリティーに属し、所属していないことに非常に不満を抱いています。アニメーションは美しく表現され、視聴者には日本の丘の小さな町の感覚を与えます。

どこから始めるの?

さて、ジャンルから始めましょう、志木は恐怖/悲劇です。そして、あなたがもっと欲しいあなたの座席に抱きついてくれることを喜ばしく思います。私はそれがすべてそれに収まることができた私を驚かせている小さな町で起こったことを意味し、よく作り上げられた背景を持っているのを見て驚いた。最後に、哲学と狂気を楽しむ人にはこの番組をお勧めします。

素晴らしいホラーアニメ、驚くほどの物語と私の古いお気に入りの一つ、非常にお勧め

私はこのアニメを数年前に見ていましたが、今でも私はまだそれを愛しています。私はクランチロールに乗っていることを知ってとても嬉しかったので、このストーリーを再び見直すことができます。シキはホラーアニメで美しい物語を伝えています。それは1つか2つのキャラクターだけでなく、街全体を回り、異なるキャラクターの間を行き来します。インタラクション、キャラクターとの間の息をのむような対話シーン、優秀な病的な雰囲気を作り上げたサウンドトラック、シキはまだ私のお気に入りの一つであり、ホラー/心理アニメを好きな人にはお勧めです。言葉は、私がクランチロールの利便性でこの物語を高品質で再び覚えることがどれほど喜んでいるのかを記述することはできません。

ちょうど驚くべき—背中を取った。

私はこのアニメを絶対に愛しました。初めて見て、私は徹底的に見ていた。アニメは、非常に小さな村で非常に不思議でメロディックなものになります。私はその内容を台無しにしたくはありませんが、人生の中の人文問題に疑問を投げかけてきました。このアニメは、人間性と非人間性のラインに沿って本当に踊ります。いくつかの行動が正当なものであるかどうかは、視聴者の判断によるものである。架空のことに、椎名は素晴らしく書かれていて、感情的に付き合っていない人物のために私の心の鼓動を引っ張っていました。私はホラー、アクション、ドラマ、ミステリー、そしてオハイオ州の愛するサスペンスの愛を持つ人にこれをお勧めします。

あなたが最初から最後まで夢中になる物語!

このアニメは、それぞれのキャラクターの視点を見せてくれる素晴らしい仕事をして、本当にあなたが正しい人、間違った人、さらに重要な人物に疑問を呈しています。キャラクターのストーリーと十分なバックストーリーは、すべて非常に深いもので、最初から最後まで私を引きつけてくれました。これは間違いなくビンゴウォッチングの価値があるアニメです。これはこれの私の2回目の腕時計であり、私は初めてそれを見たときと同じように物語に浸っていました。私は本当にこれと同じような傾向に続き、より多くのアニメシリーズが出てくるのを見たいと思っています。

最後のエピソードまで私の席の端に私を持っていた

私は正直なところ、このショーを選んだときに何を期待するか分からなかった。私はそれが何であったのか分かりませんでした。私はちょうどすぐに飛び込んできました。私はショー5スターを与えた最後の時間を思い出すことができないが、このショーは本当にそれに値する。プロット、キャラクター開発、ライティング。それはすべてとてもよかった。私はあなたのためにそれを台無しにするつもりはないので、それを腕時計を与える!どちらも悪い結末ではありません!

面白くて不気味なアニメ。

芸術的なスタイルは、おそらく2000年代の/ 90年代後半のアニメを思い出させるように見えます。Yu-Gi-Yoのデザインのようなもの。

アニメ自体は本当に不気味で、面白いです。それは小さな村で、どのように日付が付けられているか、皆が誰を知っているかを考えれば非常に明確です。キャラクターはすべて自分の個人的な問題とさまざまなゴールを持っています。ミステリーとホラーはかなり気になります。

ホラーや謎を好む人には5/5がおすすめです。

これは、道徳的パニックに関する素晴らしい瞑想であり、それがどのように正常な人々を堕落に導くことができるかです。

私はこれを数年前に見ました。私はキャラクターデザインについて最初は個人的に野生ではありませんでしたが、物語は本当に吸い込まれました。これはモンスターの孤独な町のショーでは別のものだったかもしれませんが、はるかになり、瞑想になります表向きにまともな民間人が暴動に陥る道徳的パニックであり、結局のところ白黒ではないものはない。吸血鬼として …。

全体的に素晴らしいショー。プロットはオリジナルですが、ほとんどがサスペンスですが、最高の種類です

私はこれを全員にお勧めします、今ここにそれを見て驚いています。私は吸血鬼のアニメのアイデアが嫌いでしたが、それは何年も前から私のお気に入りのものであることが判明しました。最初はショーは遅いか退屈なプロットの進行が見えるかもしれませんが、プロットが展開し、悪役がヒーローと出会うとすぐに良くなります。ショーの多くの悪戯キャラクター、そして予期せぬ紆余曲折。

世紀末オカルト学院 海外レビュー

 あらすじ

時はまさに世紀末の1999年。長野市松代の皆神山頂にある私立ヴァルトシュタイン学院では、学長や生徒が日夜オカルト研究に明け暮れており、敷地内では怪奇現象もしばしば起こるため、周辺の人々は「オカルト学院」と呼んでいた。
2010年7月5日~9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

1_1

 ✳以下myanimelist.クランチロールからのレビューになります。

あなたは何かを見つけなければならない時を知っていますし、そうすることが最優先事項です。まあ、13のエピソードのためのオカルトアカデミーは何かを探していますが、それは最優先事項ではありません。タイムトラベラーふみあき「文明」とプリンシナル・カマシロ・マヤは1999年に世界が終わるのを防ぐために、幻想的な「ノストラダムスの鍵」を探しています。

アニメのちからは「オリジナル」のアニメシリーズを制作するプロジェクトです。彼らはやっても問題ありません。これらのシリーズの大きな欠点は、クライマックスまでのすべてが実際のストーリーとはまったく無関係であることです。Soraの例を挙げると 私の意見では、アニメのChikaraのプロジェクトの最高の(それはK-ONであったからではなく、銃で)。しかし、それはこの同じ試練を抱えていましたが、以前のエピソードではいつも境界を越えて戦争の脅威が迫っていました。ほとんどの人は、あまりにもかわいすぎて気が散っています。しかし、オカルトアカデミーはこの問題から大きく苦しんでいます。

ショーはひどくはない、楽しいです。しかし、他のショーはオカルトのアイデアをより良くし、このショーだけが触れるものを拡張しました。私は人々がいつも私のレビューを見るとき、ショーは通常ひどいことを知っています。しかし、このショーでは、ストーリーの演出方法にもいくつかの常識は欠けています。

良い点に。オカルトアカデミーの芸術は、私が大好きなものです。これは本当にオリジナルですが、この素晴らしい、鮮明で洗練されたスタイルです。それは本当にすべてのキャラクターの特性にマッチします。

私はキャラクターに私を導く。キャラクターの特性は、スクリーンに来る瞬間にあなたに爆発しているだけです。私がオカルトアカデミーを考えているとき、マヤのキャラクターは私に本当に飛び出す唯一のキャラクターです。他のキャラクターはすべて楽しいものですが、私はもう少し期待しています。いくつかのキャラクターは、乗り物と戦うためにちょうど種類があります。どちらが「大丈夫ですか」と思います。

音楽。音楽は時にはオカルトなものですが、時にはそうではありません。あなたが「オカルト」と思うようになるためには、何か嫌なことや何か暗くなったり、気にならない時に、この素​​晴らしい伝統的な民族があなたをあらゆるオカルトから離れさせます。すべてがオカルトだったら私はこのショーを扱うことができませんでした。それは過負荷です。

ストーリーがどのように再生されるかにはいくつかの問題があります。導入とビルドの10回のエピソードがあり、それは約5秒ですべて速やかに説明されますか?ああ。バマーのようなもの、私はそれが大きな障害を抱えていることを望んでいました。

ほとんどのことを気にする最も重要なことは、Key自体の検索です。MayaとBunmeiは意図的にそれを探し求めています。キャラクターが知らないものを見てみましょう。彼らはキーが何であるかを知らない。彼らは、鍵がどこに置かれるかを知らない。彼らはそれを見つけたときにキーで何が起こるかを知らない。彼らはこれを知らない。しかし、彼らは世界が終わる2〜3週間前にそれを握っています。あなたは物事を解決するためにそれを置くことはできません。理解できません。彼らは、このシリーズをキーを見つけるのに長い冒険にさせてしまったかもしれない。代わりにこれを手に入れますか?それは一種の失望です。ストーリーテリングは大丈夫でしたが、それは非常に大きな可能性を秘めていました。

マヤの呪文本は私を苦しめる。あるエピソードでは、ブンメイはいつも彼女の父の綴り本を自分の人に持っていると言っています。それが事実なら、なぜ彼女はそれを使っていないのですか?それは呪文でいっぱいの本で、2度使用します。彼女の父は、彼女を邪悪から守り、悪に対抗するために綴り本を残しました。彼女が邪悪に対して使用するもののほとんどは石弓です。呪文本を使って何かを描くことはしません。彼女の父親について学ぶ。正しく使用された方が良いと思われた重要な事柄。多分、マヤは戦いの最中に舌を結ぶのを恐れていたかもしれません。それは視聴者に恥ずかしいでしょう。

また、他の人間がアカリと同じ状況にあるかもしれないという事実を無視する。彼らは捕らえられたかもしれない他の誰かを探すことはありません。ちょうど “あなたの友人をつかんで走ってください”という取引。骨や繭などがあるので時には明白です。うん、それはちょっとばかげたことですよね?

オカルトのものが好きなら、これを試してみてください。それはきちんとした概念です。それはちょうど平均です。

アニメの最大の問題の1つは、あなたが見ているものがあまりにも頻繁にマークに当たっていないということです。概念的には素晴らしいショーが数多くありますが、実行にあたっては単にその可能性を果たさないだけです。これは、プロットの過度の単純化、興味深いストーリーライン、鈍いまたは非常にステレオタイプの文、キャラクターまたは単にライター(または完全に何か)の部分の純粋な怠惰さに起因する可能性があります。場合によっては、そこにはあまりにも多くのアニメがあるだけで、彼ら は彼らが持っているもので十分でないので、マスタードをカットしないでください 。

そして、「聖松松神学園」(世紀神話学園の終わり)のようなショーがあります。

もともとアニプレックスと共同でテレビ東京のアニメ部門が運営する「アニメのちから」の一環として開発されたものの、前回のソラノワトと戦国時代の襲撃から3度目のリリースであり、伊藤友彦の全監督デビュー。

長野県松代にある水上山の上に架かる架空のヴァルトシュタインアカデミーには、馬車から始まるママ熊代郎が始まります。彼女は、アカデミーの創業者である熊代淳一郎の娘であり、亡くなった父親の葬儀に出席するために町に戻ってきた。途中、彼女のタクシー運転手は、アカデミーを取り巻く奇妙な噂のいくつかについて、彼女に、超自然的なものすべてに焦点を当てているために伝えます。

サーキットでは、セキマツオカルトアカデミーはかなり合理的な設定をしています。プロットは、当初は非常にまっすぐだったし、最初のエピソードのある時点ではインテリジェントなストーリーのいくつかの兆候があるようだ。残念なことに、その約束のすべては、残りのシリーズの間にすぐに窓から出る。

何らかの理由で、作家は超自然に焦点を当てたアカデミーでは十分ではないと思ったので、他のものを追加することにしました。ある意味で、オカルトアカデミーには、幽霊や魔女から時間旅行者や外来人まで、涼宮ハルヒが望んでいたものがほとんどあります。

問題は、シリーズが扱うのは簡単すぎるということです。

オカルト・アカデミーは合理的にうまく始まりますが、すでに急増しているプロットに非常に多くのスレッドを素早く追加することで、シリーズのフォーカスが低下し、新人シリーズ監督にとってはあまりにも多すぎたようです。ストーリーの数多くの異質な側面はすべて、シリーズの終わりに向かって集まっていきますが、ストーリーはあまりにも多くを足してしまうような固有の予測可能性を持っています。

すべての正直なところ、シリーズが1つまたは2つ以上の超自然的側面を追加した場合、それは自重で崩壊した可能性があります。アニメーションの情報量のためにプロットにはある程度の脆弱性があるため、ストーリーを真剣に取り上げることが難しくなります(特に、コメディーの場面ではぴったりです)。それは、マヤとその乗組員を囲む奇妙さのために、ショーが楽しいと感じる人がいるかもしれないということです。

奇妙なことに言えば、シリーズ全体がかなり良いように見えますが、ショーのデザインのいくつかを驚かせることはできません。A-1ピクチャーズとXebecは、ほとんどの場合、オカルトアカデミーの外観がかなり良く見えるようにしましたが、ルックスは肌の深いところにあります。キャラクターは合理的にうまく設計されており、独自の属性を持っていますが、この部門では一定のステレオタイプがあります。短い髪の女の子はジョック、メガネの女の子はオタクなどです。クリエイターが個人的にキャラクターデザインに考えを入れたら、最終的にはそれらのステレオタイプのいくつかを見たいと思うといいですね。もう1つの問題は、実際には必要ないので、ショーに参加したファンサービスのレベルであり、ターゲットオーディエンスが誰であると想定されているのかを正確に知ることができません。

それは、表情は通常かなりよく実現されている(ただし、時にはマヤが緊張しているのか、便秘しているのかを知ることは難しい)。

デザインに加えて、キャラクターの動きが奇妙に見える場合を除いて、アニメーションはかなりまともな基準です。ありがたいことに、これらの機会はかなり少なく、遠いですが、発生時には目立つようになります。彼女が子供のころにフラッシュバックしている間にまったく同じデザインのものを持っているので、Mayaは一般的に身に着けている短いドレスが好きかどうか疑問に思う。

奇妙なショーのもう一つの側面は、演技です。宇宙飛行士と水島隆弘は、MayaとFumiaki(またはBunmei、あなたが彼のことを好んで好む名前)のようにかなり良いです。残りのキャストは、まったくまともなパフォーマンスを提供します。でも、奇妙なのは、まともな演技でもキャラクターはうまく動作しないようです。聴衆は共感したり共感したりする人はいませんが、実際には貧しい人の脚本に頼っている人もいます。

音質はシリーズ全体でまともですが、オカルトアカデミーの問題の1つは、音楽、またはむしろ振り付けです。提供されているトラックはうまく選択されていますが、画面上のアクションに絡み合っていないようなシーンがいくつかあります。これに加えて、中川和子の「フライングヒューマノイド」と呼ばれるかなり典型的なJロックトラックであるOPはオープニングテーマとしてはうまくいきますが、オープニングシークエンスそのものは音楽ではうまくいかないようです。EDについては、高木綾子の「Kimi ga Iru Basho」もまともな歌ですが、最後のシーケンスは意味をなさない(女の子と草の根の男の子のイメージがあなたのものでない限り)。

音楽そのものが悪いのではなく、むしろその実装がちょっと変わっています。

私が前に言及したように、演技はまともですが、キャラクターはシリーズ全体の真の深さに欠けています。オカルトアカデミーの最大の問題の1つは、いつでもあまりにも多くのことが起こっていることです。そのために、キャラクターはプロットの副産物のように見えるだけです。あまり複雑なストーリーラインは、特にMayaとFumiakiのための実際の成長やキャラクタリゼーションを排除します。実際に開発が始まる数少ないエピソードまではありません。それでもストーリーラインが途切れることはありませんが、一部のキャラクター、特にフミアキーには面白い歴史があります。

セキマツオカルト学園はおもしろいアイデアでおもちゃを買うほどのシリーズですが、それ以上のことはありません。問題は、そのストーリーがそれ自身の利益のためにはあまりにも複雑すぎることであり、このためショーの他のすべてがコースから投げ出されたように見える。それは紙の上に良いアイデアのように思えるかもしれませんが、そのような多くの他のもののように、結果は実体のないまともなアニメであるだけです。

それにもかかわらず、いくつかの面白い点がありますが、それでも私は気が散っていると感じましたが、シリーズ全体とそのすべてのキャラクターの重みをサポートするには十分ではありません。ハルヒの妄想のひとつからプロットが一緒に叩かれたように思われる視聴者がいるかもしれないが、オカルトアカデミーで起こっている事柄の正当性はほとんどないので、それだけでは十分ではなかった。

本当に残念ですが、Anime no Chikaraからのリリースの質は度によって落ちているようですが、Sora no Wotoは今までのところ安定したタイトルとして残っています。

それは大丈夫だと思いますが、それにはたくさんのプロットの穴があります

時間旅行の話にはプロットの穴があります。完璧ではない時間旅行を処理するストーリーを立てることができない人々の一員であれば、気分が悪くなるように準備してください。

ストーリー – 3/5 – 私が言ったように、このプロットは時間旅行プロットであり、あなたは時間旅行プロットで良い物語を書くことができるようにスマートライターが必要です。このアニメはおそらくスマートな作家を持っていなかったかもしれませんが、それはOKプロットをもたらしたまともな試みでした。

浸水 – 2/5 – 幽霊や悪魔のような迷信のようなものがあります。そしてランダムなアニメの魔法がミックスに投げ込まれます。実際には何も説明されていないので、現実からアニメの現実まではまだ大きなギャップがあります。

キャラクター – 2/5 – レンチのようなキャラクターもあります。なぜ彼は物語に書き込まれたのか分かりません。彼がしているのは、巨大なレンチを使ったものです。キャラクターのバックグラウンドはなく、彼と特別な話はありません。彼は全く無意味です。
主なひよこは私のタイプの女性、外見上の賢さです。それは実際に私がこのアニメを見たいと思った理由です。しかし、私のように、このアニメを単独で見ることはしないでください。そうすれば、あなたはおそらく失望します…

ユーモア – 2/5 – このアニメは試みますが、私は最初のエピソードで大声で笑ってしまいました。それ以降のすべてのエピソードでは、たとえそれが試みられたとしても、まったく良いユーモアを特色にしていました。

気分 – 3/5 – 私は涙に動かされませんでしたが、まれな時がありました。

幸福 – 3/5 – (私はこの奇妙なスケールを含んでいます。なぜなら、Netsuzou Trapを見ると、あなたはその理由を理解するからです)

奇妙なペースは、全体的に良い

Ep 1-2はゲートから完全に出てきますが、エピソードはかなり遅くなっています。最後は、すべてのことを詰め込んだナッツだけです。アニメーションのスタイルは興味深いですが、内容はうまくいきます。ツイストはまともですが、一種のものを早期に販売しています。

驚くほどやや面白い

私のレビューのタイトルで「多少」に惑わされてはいけません。私は本当にこのアニメを愛し、楽しんだ。私は前提、主人公、そしてその大部分を愛していました!
なぜ私はそれを3/5にしていますか?まあ、約8回のエピソードの後、それはちょうどそう繰り返しましたが、私はまだ興味があったので、私は最後の3つのエピソードまでスキップしました。それが何であるかを知るために、このショーのすべてのエピソードを見る必要はありません。あなたは何も起こっていない4つのエピソードを見たいのでなければ、エピソード1から7を見てから11にスキップしてください。エピソード7では、全体のプロットが明らかになり、キャラクターの開発が行われます。
このアニメは、私が今までに見たアニメエンディングの私の好きな、そしておそらく最もクールなコンセプトの一つであった素晴らしい結末を持っていました。私はそれを台無しにしませんが、結末は100%価値があります。

それは非常に面白い短いアニメだが、エピソードはプロットを開発しないときに繰り返し得る。

基本的には、エピソード7-11で何が起こるのですか(スポイラーは心配しません)。彼らは何かを探していて、ファンサービスとランダムコンテンツのランダムな行為に巻き込まれています。基本的にはフィラーです

潜在力はあるが、より良い開発が必要

オカルトのテーマは非常に興味深いですが、私の好みでは、このアニメはそれほど深刻ではないように、非常に多くのオカルトトピックを含めるようにしています。ゴースト、タイムトラベル、エイリアンなどはアニメをあまり深刻にしません。あなたは成分を感じることができません。これは、コメディという面白い、深刻でサスペンスなトピックを扱うので、これは失望の主なポイントです。興奮するのではなく、あなた自身が笑っていることがわかります。もちろん、コメディの瞬間はユニークで、オカルトの話題はまだ興味深いです。私は主なプロットが13エピソードだけで構成されることに大きなものだと思う。私はそれが好きでしたが、それ以上のことを望んでいました。

ほぼ完璧で、私はたくさんの気持ちを持っていました。

私は好奇心からこれを見始めた、私はそれが好きと期待していなかった、私はそれを見てそれを十分に許容していたので、私は今見るために他に何もないが、私はそれを愛した。私は通常、物事が実際にどのように終わるかを予測することができますが、私は「WTF」、「いいえ」、そして「あなたは私を冗談していますか」と何度も何度も繰り返し続けています。私がオカルトアカデミーの背後にある心であれば、私が別にしたことがいくつかありますが、私はそうではありません。そしてそれは美しく、私はそれに対する私の執着のあらゆる分を楽しんだ。私はちょうどそれがもう少し主流だったので、私は商売のhahaを買うことができたと思う。

よく作られたソリッドシリーズ

このシリーズはあなたの注意を素早く掴み、ほとんど行かない。それは素晴らしい話で、すばらしいペースで語られ、最後までうまくいっています。アクション、ミステリー、SF、コメディ、ロマンス、そしてスライス・オブ・ライフの要素があれば、楽しむのは難しいでしょう。

ストーリー – 8/10
アニメーション – 6/10
サウンドトラック – 5/10
総合 – Good Series、Worth Watching

文字の償還の大いなるストーリーと討論を終わらせる

私はこのアニメを徹底的に楽しんだ。主人公は、興味深い話題に貢献した深いバックストーリーを持っていました。私は個人的にこのスタイルのアニメーションが大好きです。ショーはアクションとコメディのユニークなブレンドです。

最後のいくつかのエピソードは、彼らが急いでしまったように感じる。エピソード10周りには正常に始まり、次に完全なスロットルが終わりに達する。あなたが想像したと思ったときに、それはあなたに別の曲線を投げます。特定のキャラクターに焦点を当てることができたかもしれないと思うが、主人公を助けるためにそこにあったものに焦点を当てた。結末は急に感じられ、ショーのシナジーを傷つけるようなものだ。まだ楽しい。

ストーリーとエンディングの性質のために、エンディングやタイム理論、スプリットディメンションなどを議論することに専念する理論とフォーラムの無限の供給があります。なぜこれがエンディングが好きなのかの一部です。それはそれに償還の品質と、ハッピーエンドが、解釈のためのいくつかの余地を残しています。人々はアニメについて話しています。これは良い成果です。

私は約二日間でシリーズを見た。それを見守ることができず、失望しました。

次の恐ろしいオカルトアカデミー

これは私が見たことがあるかもしれないし、見ていないかもしれないが、私はプレイステーション4でクラッカーを持っているからである。私は、アプリ上でアニメのいくつかを試してみることに意味があると決めた。このアプリは、私が以前に見たアニメのほとんどの古いアニメを持っているので、これを見つけることは本当に面白かったです。私はこれが13のエピソードであるという事実が好きです。なぜなら彼らはシリーズを実際と同じように小さくしているのではなく、シリーズが実際に終了したからです。私はそれが本当に良い話で、紆余曲折しているのが好きです。それは不思議な物語だけでなく、アニメに十分でない冒険物語です。私はこれが誇大妄想のショーを見ている誰かのために偉大な話だと思うので、それをチェックしてください。

オカルトを叫んだ女の子

一見すると、これはかなり気味悪い雰囲気と深刻なプロットを伴う深刻なアニメだと私は信じていましたが、最初のエピソードから、これはまったく当てはまらないことがわかりました。主人公は何よりもオカルトを嫌う。(それで私のレビューのタイトル)。彼女の父親は死にました。彼女は葬儀に行く必要があります。彼はそれが奇妙なものに関わっていることで知られているアカデミーのプリンシパルでした。
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります

娘は、学校を閉鎖することを希望して、新しい校長になる予定です。これは、かわいい素敵なキャラクターがいる不気味で奇妙な冒険の始まりです。私は間違ったことをしないでください、私はこのアニメを愛していましたが、それはそれがより深刻だと思った。コメディーには何も間違っていませんが、それは私が期待していたものではありませんでした。しかし、エピソードの最後のカップルはかなり早く気分を変え、それらにはあまり笑いはありません。

あなたが笑いが必要な場合はこれを見て、興味深いキャラクターを愛し、超自然を楽しんで、時間旅行について混乱しないでください。

それほど素晴らしいことではありませんが、どちらかといえばひどい

それは全体的に良いアニメです。

プロはここにあります:
プロットはあなたを関わり続けるのに十分興味深いです。
アニメは、ユーモアの公正なシェアを持っています。

これは短所だ:
多くの人々が言っ​​ているように、これは犬のないスクービードゥーのグーフィーアニメ版のようなものだ。
時間旅行に関わり、時間旅行に関わるものはすべて奇妙です。

文字の開発の一部は少し急いでいるようだ。たとえば、ブンメイとマヤの間のロマンスはまったく出てこなかった。それをもう少し発展させるのはいいことでした。

シリーズは、良い、しっかりしたエンディングに向かっていたが、作家はアニメの最後の7分で本当に奇妙なプロットのひねりを入れることに決めた。

総合評価/ TL; DR:
あなたが現時点で見ることが他に何もない場合は、まともなアニメ。

聖痕のクェイサー 海外レビュー

 あらすじ

ハリストス(キリスト)の『正当なる教え』を守り受け継いできた正教会。彼らによって密かに育てられてきた、女性の聖乳(ソーマ)を生体エネルギーとし元素を操る錬金士のことを「クェイサー(震わせし者)」と呼ぶ。

その内『アデプト』を名乗る異端のクェイサー達は、キリストが行った奇蹟の秘密や死後の復活の秘法が秘めていると云われる聖像『サルイ・スーの生神女』を探し求めていた。そして、ロマノフ王朝の遺児アナスタシア皇女が日本へと持ち込み隠したという情報を掴んだ彼らは、国内へと潜り込んでいた。
2010年1月 – 6月(第1期)(ウィキペディアより引用)

image_search_1543422950507

✳以下myanimelistからのレビューになります

“聖痕のクェイサー 海外レビュー” の続きを読む

HEROMAN 海外レビュー

 あらすじ

センターシティに住む少年ジョーイは捨てられたロボット型の玩具を修理して「ヒーローマン」と名付ける。そのヒーローマンに雷が直撃したとき、ヒーローマンは超人的なロボットにへと進化した。ジョーイはヒーローマンと心通わせ、様々な事件に立ち向かっていく。
2010年4月1日 – 2010年9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

a300738

✳以下myanimelistからのレビューになります

“HEROMAN 海外レビュー” の続きを読む

祝福のカンパネラ 海外レビュー

 あらすじ

物語の舞台はエルタリアと呼ばれる貿易都市国家である。エルタリアに住む主人公のレスター・メイクラフトはアイテム技師であり、「Oasis」という冒険者クランに所属している。物語が始まる年は「エール」というエネルギーが満ちる年であり、近々流星群が訪れると予測されている。レスターはエルタリアの公女であり幼なじみのカリーナ・ベルリッティや、人形師であるアニエス・ブーランジュ、神殿騎士のチェルシー・アーコット達と共に流星群を見に行くことになる。流星群が降る夜、観察していたレスターの近くに星が落ちてくる。星の落下地点に訪れたレスター達はそこで、オートマタの少女・ミネットと出会う。新しい出会いの後にレスターは新たな騒動に巻き込まれていく。
2010年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

rec_campanella

✳以下myanimelistからのレビューになります

私はこのアニメから始まることはあまり期待していませんでした。たぶん少しユーモア、いくつかのfanservice、および人格の少なくとも小さなビットを持つキャラクター。残念ながら、このような低い期待でも私はまだ失望していました。

プロットの点ではあまりありませんでした(オートマトンのコアについてはちょっとした問題がありましたが、そのような問題を修正する必要がありました)。プロットの開発には数回のエピソードしかなかったので、ほとんど何もなかったのです。

ビジュアルはかなり良いものでしたが、実際には シリーズ。彼らは良い映像を持っている場合、私はある程度のほとんどのアニメに余裕をもたせることができますが、これは本当にそれ以外には何も起こっていません。女性のキャラクターは良いデザインで、アートやアニメーションは一般的にいいですが、男性キャラクターが好きではありませんでした。彼らのデザインはとてもガーリーでした。また、配色はすべてカラフルでフルーティーで、男性性の痕跡を殺しました。必ずしも悪いことではありませんが、男性キャラクターを切り離す方が良いでしょう(最初は偉大ではなかったようです)。それはそれほど助けにはなりませんでしたが、何か改善があったでしょう(シリーズ終了後に入浴している女の子の3D OVAを作成しました。

私は通常、それが本当に良い場合を除いて、音に注意を払っていませんが、私はこの部分の音に気づいていませんでした(EDとOPはかなり穏やかでしたので、私はいつもそれらをスキップしました)。声優はOKだった。この部門ではあまり言いたくないことです。

今重要な部分のために:文字。主人公とギルドの他の男は驚くほど女性らしい。彼が女の子だったら主役はおそらくもっと面白かっただろうし、率直に言って、それを達成するために胸を加える必要があるだろう。他の男、ニックは、私が推測する厳しい男であるはずですが、全く説得力がありません。彼らはさらに彼に斧を与えたが、それはかなりの媒体でBA武器になっていたが、彼の外見はおもちゃのようだった。このショーのテストステロンは、男性の主人公を抱えているにもかかわらず、事実上存在しませんでした。通常、男性の主人公は、視聴者に関係する人を与えるためにのみ使用されます(私はそのようなものを使用しませんが、それは不十分なものを持っているよりもはるかに注意を払いません)。しかし、私は主人公が非常に関係がある平均的な男に、

女性キャラクターはうまく設計されていて、男性キャラクターは少なくとも女の子であるという事実のためだけに興味深いものでした。彼らのデザインは優れていて、少なくとも主人公よりも個性がありました。彼らは紹介されたときに女性の主役たちに個性を与えようとしましたが、少しのユーモアがありました。その後、個性は消えて、それはショーの残りの部分でミュートまたはボーカル・ロボティックでした。これは他のキャラクターにも起こります。そのドラゴンの女の子のように私は(私は名前には恐ろしい)名前を覚えていません。彼女は重要なエピソードの1つだったし、突然すべてが画面時間がほとんどなくなり、何とかギルドの一部になってしまった(私はその部分を示していることを思い出さない。たぶん私はそれが起こったときに間隔を置いてその部分の間にちょうど退屈だった)。ちょうどそこにいるメイド(?)もいます。彼女はおそらくショー全体を3行持っていたでしょう。話している猫もいました。話をするたびに私は驚いていました。双子の姉妹は、おそらく最も興味深い(面白い)キャラクターでしたが、このシリーズを手助けするには十分ではありませんでした。それがすべて周りを回っていれば、このアニメはおそらくもっと良くなっていたでしょう。サイドキャラクターが「重要」なキャラクターよりも面白いときは悲しい。話すことはできません。双子の姉妹は、おそらく最も興味深い(面白い)キャラクターでしたが、このシリーズを手助けするには十分ではありませんでした。それがすべて周りを回っていれば、このアニメはおそらくもっと良くなっていたでしょう。サイドキャラクターが「重要」なキャラクターよりも面白いときは悲しい。話すことはできません。双子の姉妹は、おそらく最も興味深い(面白い)キャラクターでしたが、このシリーズを手助けするには十分ではありませんでした。それがすべて周りを回っていれば、このアニメはおそらくもっと良くなっていたでしょう。サイドキャラクターが「重要」なキャラクターよりも面白いときは悲しい。

全体的に、楽しむことはあまりありませんでした。私は行動を期待していましたが、そこにある唯一のビットは言及する価値がありません。これはクリスタルモンスターについてどのくらい話しましたか、どのように武装したギルドメンバーであったかを考えれば奇妙です。そのうちの1人は騎士だった。時にはコメディーがあったが、このアニメがコメディーとみなされるにはあまりにも希薄だった。それはロマンスでもあるはずでしたが、それはかなり片側でした(ええ、私はそれがアニメではかなり普通だと知っていますが、主人は彼のハーレムには普通よりもはるかに興味がありませんでした)。人生のスライスは、おそらくあなたがそれを呼び出すことができる最も近いものですが、私は人生のスライスが好きです。これはちょうど退屈だった。本当に、それが偽りであると主張したすべて、それは完全には失敗しました。ああ、それはあまりにもecchiになっていた。ショーは十分に退屈だったので、それがそこにあったときに本当に注意を払うので、私はそこに何かがあるのを忘れていた。私はそれをもう一度見て、エッチシーンにはショーの中で最高の芸術がいくつかあったことがわかりました。それはまるで驚きですが、混乱しました(とにかく本当に良い場所はありませんでした)。

このアニメは時々本当に退屈になる。それは良く見えましたが、一般的に他のすべてで失敗しました。実際には言いたいことはそれほどありません。私はそれを見てはお勧めしません、そして、実際には私はそれがエピソードが出てきたときに見ていた10の新しいアニメと混ざり合っているので、それだけを見ました。私はちょうどそれを落としたくないので、私はそれが改善するかどうかを見守って続けた。それはしませんでした。

私は通常、完全なアニメを見ている前にレビューを書くことはありませんが、このアニメの唯一のレビューがとても悪いことを見て、私は私の意見を与えると思った。
執筆時点では、公開されたエピソードは1つしかないので、私は1つしか見たことがありません。

ストーリー; 6/10
まだストーリーはありませんが、潜在的可能性があると思います。彼らが適切にそれを動作させる場合、これは非常に良い話かもしれません。

アート:10/10
私はアートが大好きです。芸術が私がこのアニメを見始めた理由であり、それは私に不満を与えていない。それはきれいで明るくてかわいかった。

サウンド:9/10
シユウのすべての 文字が非常にうまくいきます。これは良いことです。また、音楽はとてもいいです。

キャラクター:8/10
キャラクターは興味深いですが、まだうまくいきません(しかし、それは最初のepですので、何が起こるかを知っています)

楽しさ:8/10
私のストリーミングは非常に遅かったので、これはこのスコアに影響を与えたかもしれません。エピソードそのものはかなり遅かったが、それ以外は良い。

全体として:8/10
私はこのシリーズは確かに潜在的可能性があり、非常に大きくなる可能性があると思います。私はそれが願っています!

おおかみかくし 海外レビュー

 あらすじ

山間にあるニュータウン「嫦娥町(じょうがまち)」は、河川によって旧市街と新市街に分かれていて、地元では八朔の名産地として知られている。

1983年(昭和58年)の夏、この街にやってきた転校生・九澄博士は新たな環境に戸惑いつつも、日々を楽しく過ごしていた。

そんな中、博士にクラス委員の櫛名田眠が忠告する。「旧市街には近づくな」と。
2010年1月7日 – 3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=OWeC0Dfm-s0(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=P1Iv_0YBqFk(公式)

10728_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

Ryukishi07の作品(ひぐらしのなく頃子、うみねこのなく子こいの子)の仲間のファンとして、私はおおかみかくしのリリースに興奮しました。もう一つの心理的スリラーとエキサイティングな謎にはまっていたと思ったが、残念ながら、大気かくしはそうではなかった。私は間違った種類の期待を持ってショーに参加しましたが、私のレビューはそれを反映しています。しかし、私はまだ私が提供するいくつかの良い点があると思う。

ストーリー

ショーの元の前提は十分に面白いと聞こえましたが、ストーリーがうまく実行されなかった理由は

次のとおりです。 シリーズは発展していない。私たちの主人公、浩志は、父と妹と一緒に新しい町に入り、学校に通って、新しい人と会う。しかし、何かがまったく正しいと感じることはありません。彼の女性の同級生は彼に非常に付き合い、神秘的な少女は彼を無視し、いくつかのクラスメートは他人の予告なしに消え始める。各エピソードの終わりに、私たちは、その人の人生の後にある、超自然的な、マスクされた存在のグループから逃げる恐ろしい人の小さな垣間見ることをキャッチします。あなたが何かを知っている間に、あなたが好奇心を持っている間に、主に目にするのは、普通のスライスライフ活動に参加し、キャラクターの小さなキャストと対話することです。ヒロシに出くわすいくつかの変わった出来事を除けば、それほど変化はありません。

後半は最終的にマスクされた存在の背後にある謎を探っていますが、そのような短いシリーズではまだまだゆっくりと動きます。あなたが次に持っているのは、予測可能なイベント、偶然偶然、そしてあなたにすべての情報を単に与えることに専念する一連のエピソードです。クライマックスがヒットする頃には、それは失望しています。アニメの頭を水面の上に保つために大胆なプロット・ツイストやエキサイティングなことはありません。フィナーレは冗談です。

文字

キャラクタは1次元と感じます。彼らにはほとんど開発がありません。終わりに向かってのみ、キャラクターは彼らとは違った側面を見せ始めますが、そのピーク展開はまだそれほど印象的ではありません。彼らはちょうど前のやり方に戻り、動的であることが非常に不足しています。

彼らはまた、紹介を超えてショーの任意の時点で面白くないです。Hiroshiはいつも緊張している恥ずかしがりと厄介な子供ですが、彼は彼の中のどこかで正義感を持っています。彼の趣味は、他の人物を見つめ、絶対に何もしないことです。Hiroshiの妹、Manaは車椅子に縛られているので、なぜその理由を知ることはできません。Nemuru、彼を無視した彼の不思議な同級生は、シリーズの前半についてのみそれを行います。Asagiriは歩行百科事典であり、いつもHiroshiを手助けしようと努力している別の同級生です。そして、すぐに彼に付随するIsuzu、彼の隣人がいます。彼女はちょうど彼女の周りを跳躍し、彼の腕にしがみついて、素早く迷惑キャラクターとして擦り切って過ごす。最後に、主要な悪役は典型的な、復讐の馬鹿型は予測可能な結果を​​もたらし、特別なことは何もない。あなたはこれらの文字が何度も何度も使われているのを見てきました。大人もショーの役割を担っていますが、子供よりもダラーなキャラクターでもあります。

登場人物のなかには、ショーの最後の半分でさえ、印象的で強く、あるいは思い出深いものとして目立つものはありません。最低でも、キャラクターの背景は、最初の行動が正当な理由があるため、幾分掘り下げられています。彼らははるかに深いしかし、持っていた可能性があります。

サウンド

私はかなり良いであることのためFictionJunctionによるOP曲「土岐なしの向こう幻の空」のための信用を与える必要があります。しかし、残りの音についてはあまり言い表せません。彼らは気分に貢献しますが、彼らは平均的な面で多かれ少なかれです。OokamiのOSTは、私が欲しいと思っているものではありません。

アニメーション

アニメーションは弱くはありませんが、壮大ではありません。おそらく、アートワークの最も顕著な側面は、マスクされた存在に衣装がどれほど美しいかということです。色と照明の効果は、特定のシーンでもよく使用され、キャラクターの目に実際の奥行きを表示します。全体的にはキャラクターのデザインは平均的なものであり、バックグラウンドの風景にはあまり変化はありません。

全体的に、

私はあまりにも遅れて学んだことは、おおかみくんは、深く、プロットツイストのミステリーシリーズではないことを学んだ。それは、キャラクターの関係、ドラマ、気分、サスペンス、そして遅い蓄積に関するものです。しかし、それを念頭に置いても、キャラクターの小さなキャストはほとんど変わらず、鈍いです。このアニメは平凡で簡単に忘れられないものです。

おおかみかくしはRyukishi07によって書かれました。ひぐらしのなく頃に最もよく知られています。おおかみかくしは、かなり優秀な祖先の明白で恥知らずのクローンであるため、それはあなたに何を期待するかを教えてくれるはずです。

前提は次のとおりです。相性のない、紡ぎではない巨石である葛史博士は、オカルトの狂気の父親と厄介なツンデレの妹と一緒に、「ジョウガ」と呼ばれる町に移動します。彼らが仲間入りしている間に、このシリーズのRena Ryuuguuであると考えられているTsumuhana Isuzuの愛の関心を満たしている ひぐらしのキャラクターが持つユーモア。奇妙な理由のために、いすゞはヒロに夢中になり、残りのヒロシの新クラスはスーツに従います。しかし、それらのうちの1つは、あまりにも添付されているように見え、不思議な行動を開始…その後、私たちは彼が鎌を持つ少女に殺されているシーンを参照してください。翌朝、鎌を持つ女の子のようにひどく見える少女は、授業に「移籍」したことを伝えます。この町に暗い秘密があるのだろうか?

もしあなたのお馴染みのものがあれば、ひぐらしを見たことがあるかもしれません。ひぐらしが絶対にカットされたものです。ひぐらしが私たちに与えた観客の心配は、ひぐらしの視覚スタイルを完全に誤解しています。すべての間違った環境ですべての不気味な効果を使用しています。ここにあるほとんどすべてのキャラクターは完全に相性が悪く、性格、バックストーリー、カリスマ性はほとんど与えられていません。後者の特性を持つ悪役だけがやや好きです。それでも彼のモチベーションは非常に一般的であり、彼の計画は意味をなさないという事実によって妨げられています。

その上に、Higurashiはゆるやかな終わりを縛るのをうまくやったが(両方のマンガ/ VNsにあった、そして全体のプロットに対して比較的重要でない2つの細部だけが残されていた)、Ookami Kakushiはいくつかの緩い例えば、車椅子を用いた前述のもの、および決して解明されていない何らかの病気を有することを示唆されている人物である。

このショーを実際に償還する唯一のものは、前述のアンタゴニスト、比較的まともなサウンドトラック、第12話です。プロットがすべて完了した後に行われるランダムな自己パロディースペシャルです。それは栄誉あるBLAMのエピソードとして外に出るが、それはこの非常にサブパールシリーズの残りの部分よりもかなり楽しい。

最終的な言葉:ひぐらしの恥知らずなリップオフ。

アニメ/グラフィックス:4/10
ストーリー/プロット:1/10
音楽/背景:7/10

全体:2/10

ファンのために:ひぐらしのなく頃に、うみねこのなく頃に