青い文学シリーズ 海外レビュー

概要

本作は、太宰治の「人間失格」と「走れメロス」、坂口安吾の「桜の森の満開の下」、夏目漱石の「こゝろ」、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」、「地獄変」の6作品からなる全12話のTVアニメ。ただし物語や設定は大幅に変更・脚色されており、必ずしも原作小説に忠実な内容ではない。
企画の発端は、2007年6月に集英社文庫の「夏の一冊 ナツイチフェア」企画として週刊少年ジャンプで連載する漫画家が、名作の表紙を新たに描きおろしたこと、さらに太宰治生誕100周年という節目の年であるということから始まった。それぞれ、「人間失格」と「こゝろ」を『DEATH NOTE』や『ヒカルの碁』の小畑健、「桜の森の満開の下」「蜘蛛の糸」「地獄変」を『BLEACH』の久保帯人、「走れメロス」を『テニスの王子様』の許斐剛がカバーイラストを担当。アニメ化にあたり、カバーイラストを担当した漫画家がキャラクター原案を担当し、それぞれの作品は、オムニバス形式で放送された。
また本作のナビゲーターを勤めると同時に、6作品それぞれの主人公の声優を俳優の堺雅人が担当する。
「人間失格」全4話を再構成した劇場版が、2009年12月より順次公開となった。上映地域は開始開順に東京(池袋)、大阪(梅田)、宮城(仙台)、京都、広島(福山)などとなっており、テレビシリーズ地上波未放送地域でも上映されている。
2009年10月10日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“青い文学シリーズ 海外レビュー” の続きを読む

怪談レストラン 海外レビュー

概要

心社刊。怪談レストラン編集委員会編、松谷みよ子責任編集。たかいよしかず、かとうくみこ絵。

第1巻は1996年刊行の『幽霊屋敷レストラン』で2007年刊行の『真夜中の学校レストラン』でシリーズ50巻に達した。2009年9月の報道によれば、シリーズ累計販売部数は700万部以上。童心社のサイトでは、「800万部のベストセラー」と紹介されている。
2009年10月13日 – 2010年6月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“怪談レストラン 海外レビュー” の続きを読む

あにゃまる探偵 キルミンずぅ 海外レビュー

あらすじ

豊かな自然に恵まれた神浜市に住む御子神家の双子の姉妹リコとリムはある日、生物の研究をしていた祖父のユウキ博士が残した屋根裏の研究室で、動物に変身できるアイテム「キルミン」を手に入れる。さらに姉のナギサや、クラスメイトの猪俣ケン、木島タマオもキルミンを手に入れることになる。同じころ、東ヨーロッパのヴラドニアより、人間と動物の姿を持ち変身する種族「アニマリアン」の少女、羽鳥カノンがリコたちの通うカトレア学園に転校してくる。その母ミサは、部下の「アニマリアン牙組」を従えて神浜市長に接近し、神浜市で「アニマリアン革命」を起こすべく暗躍すると同時に、協力関係にあるアニマリアンの龍堂パルスに革命の要となる「棺」を探すよう命じる。リコたちはキルミンを使って遊んだり、身の回りの動物がらみの事件に挑むなか、日本にいるはずのない野生動物や、謎の怪人の出現といった奇妙な出来事も目撃する。野生動物の出現は神浜警察署でも認知され、二人の暇な刑事が「アニマル課」に配属される。
2009年10月5日 – 2010年9月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あにゃまる探偵 キルミンずぅ 海外レビュー” の続きを読む

11eyes 海外レビュー

あらすじ

姉を失ってから怠惰な生活を過ごしていた主人公・皐月駆は幼馴染である水奈瀬ゆかと共に突如辺り一面が赤く染まった世界に引き込まれてしまう。
そして、同じくその世界に引き込まれた他の4人の少年少女と出会い、彼らの殲滅を目論む黒騎士たちの存在を知る。生き残るために、「赤い夜」を終わらせるために、そして守りたい「何か」を守るために命をかけた黒騎士たちとの戦いが始まる。
2009年10月6日 – 12月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“11eyes 海外レビュー” の続きを読む

夢色パティシエール 海外レビュー

あらすじ

スイーツが大好きな中学生・天野いちごはひょんなことから一流パティシエのアンリ・リュカスにスカウトされ、製菓専門学校・聖マリー学園へ編入することになる。製菓の腕に関しては未熟ないちごは、失敗を繰り返しながらも、スイーツ精霊のバニラや仲間たちスイーツ王子と共に、一流パティシエールを目指す。 そのなかで「ケーキグランプリ」に出場し、高等部の強敵たちを相手に優勝をつかみパリへ留学するために奮闘する。
2009年10月4日 – 2010年9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夢色パティシエール 海外レビュー” の続きを読む

キディ・ガーランド 海外レビュー

あらすじ

星暦(スターズ・センチュリー)329年。GOTT(銀河通商関税機構)のESメンバーの活躍によって、純潔の地球人「ノーヴルズ」の銀河脱出計画が暴かれ、彼らの権威は失墜した。この「地球人事件」によって、人類が銀河に進出して以来続いていたノーヴルズによる支配体制は終りを告げた。

しかし星暦0354年、高エネルギーの塊である惑星アズランティアを使って、銀河そのものを破壊しようとする者が現れた。後に「時間凍結事件」として歴史から抹消されたこの事件で多くの仲間が死傷し、伝説のESメンバー、エクレールとリュミエールも星の輝きに消えた。
2009年10月 – 2010年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キディ・ガーランド 海外レビュー” の続きを読む

ミラクル☆トレイン 大江戸線へようこそ 海外レビュー

あらすじ

都市伝説『ミラクル☆トレイン』。東京の地下鉄には、出会えた者にきっと幸せが訪れる、奇跡の電車が存在するという。

1人の淑女が改札を通ると、表示されたのは「Welcome to the Miracle☆Train」の文字。気付かずに乗り込むと、そこには他の乗客が存在しない異空間が広がっていた。不思議がる彼女に、話しかける6人の男子達。
2009年10月4日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ミラクル☆トレイン 大江戸線へようこそ 海外レビュー” の続きを読む

テガミバチ 海外レビュー

あらすじ

夜が明けることのない星に、「アンバーグラウンド」という名の地がある。首都を照らす人工太陽の光が届かない、暗く危険な地域を旅する国家公務があった。彼らの仕事はその地で生きる人々の「こころ」が込められた「テガミ」を届けること。命を賭して「こころ」を届ける彼らを人々は「テガミバチ」と呼んだ。

7歳の頃、母親と生き別れた少年・ラグ・シーイングは、郵便物(テガミ)として運ばれることになるが、そんな自分を守り、目的地まで送り届けてくれた、テガミバチのゴーシュ・スエードに憧れを抱き、テガミバチになることを決意。5年後、採用試験に合格したラグは、最高のテガミバチ「ヘッド・ビー」を目指すため、配達作業に奮闘する。
第1期:2009年10月3日 – 2010年3月27日
第2期:2010年10月2日 – 2011年3月26日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“テガミバチ 海外レビュー” の続きを読む

聖剣の刀鍛冶 海外レビュー

あらすじ

元貴族令嬢で騎士団員のセシリー・キャンベルは、父から受け継いだ古い剣を鍛えてくれる鍛冶屋を探していた所、街中で暴れていた男を剣で撃退する青年と出会う。その青年の名は、ルーク・エインズワース。鍛冶屋を営んでいるというその青年と、彼の助手のリサ、そして、訳あって警護をすることすることとなった魔剣「アリア」との出会いによって、セシリーはだんだんと聖剣とヴァルバニルをめぐる争いに巻き込まれていく。そして、自身に課せられた運命に翻弄され、芽生え始めた恋心に戸惑いつつも、三人と絆を深め合い、セシリーは一人の騎士として、また、一人の女性として成長していく…。
2009年10月3日 – 2009年12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“聖剣の刀鍛冶 海外レビュー” の続きを読む

戦う司書 The Book of Bantorra 海外レビュー

あらすじ

図書館の『本』に死者の全てが収められる世界。その世界に生きる、記憶を、思考することを奪われ、胸に爆弾を埋め込まれた少年コリオ=トニスら3人は『本』の鉱山町であるトアットを訪れる。彼は、世界最強の武装司書であるハミュッツ=メセタを殺すことだけを目的に生きていた。しかし彼は、美しい姫の『本』に一目惚れをしてしまう。ハミュッツ=メセタを殺すために潜む暗殺者達とハミュッツ=メセタとの戦いが始まり、恋に落ちてしまったコリオもその渦中へと巻き込まれていく……。
2009年10月2日 – 2010年4月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦う司書 The Book of Bantorra 海外レビュー” の続きを読む

けんぷファー 海外レビュー

あらすじ

ごく普通の男子高生・瀬能ナツルはある朝、突然目が覚めると女になっていた。性転換してしまった事実に愕然とするナツルだが、追い討ちを掛けるように臓物アニマルのハラキリトラから「ケンプファーとして戦え」と告げられる。一切事情が分からないまま、戦いに巻き込まれていくナツルの運命やいかに。
2009年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“けんぷファー 海外レビュー” の続きを読む

バトルスピリッツ 少年激覇ダン 海外レビュー

あらすじ

バトスピ大会での優勝を夢見るカードバトラーの馬神 弾(ばしん ダン)は、ある日チャンピオンシップで出会った不思議な少女、百瀬華実を追いかけ、異界王が支配する異界グラン・ロロ「赤の世界」へ飛ばされてしまう。その世界、グラン・ロロは赤・紫・緑・白・黄・青の6つの世界からなる「バトルスピリッツ」によるカードバトルこそが至高の戦いとされる異世界であった。
2009年9月13日 – 2010年9月5日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“バトルスピリッツ 少年激覇ダン 海外レビュー” の続きを読む

よくわかる現代魔法 海外レビュー

あらすじ

プログラム化された現代の魔法が存在する世界。東京の銀座を中心とした舞台でドジな主人公・森下こよみや、最強の現代魔法使い・姉原美鎖らが繰り広げる物語である。
2009年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“よくわかる現代魔法 海外レビュー” の続きを読む

プリンセスラバー! 海外レビュー

あらすじ

主人公の有馬哲平は、家族旅行の帰りに交通事故に遭い両親を亡くす。そんな哲平の前に現れたのは、日本経済界屈指の実力者であり祖父でもある、有馬一心。「わしの息子になり、有馬グループの後継者となれ!」という一言で、哲平は社交界へデビューすることに。

哲平に用意されたのはセレブな生活と、日本屈指のセレブな学園と評される私立秀峰学園での学園生活。新米セレブとなった哲平の、試練と挑戦が始まる。
2009年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プリンセスラバー! 海外レビュー” の続きを読む

CANAAN 海外レビュー

あらすじ

渋谷を襲ったウーアウイルス・テロから2年。被害者の一人である大沢マリアは、「ヘヴン出版」の新人カメラマンとして古参のライター御法川実と共に上海を訪れる。そこでマリアは犯罪組織「蛇」をめぐる紛争に巻き込まれ、「鉄の闘争代行人」の異名を持つ友人カナンと再会し助けられる。カナンは「蛇」の首魁である宿縁の相手、アルファルドと戦いを繰り広げ、その彼女をマリア、御法川が追う。「蛇」の陰謀に関わる各国諜報組織も見え隠れし、カナンを中心に人々の運命が動いていく。
2009年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CANAAN 海外レビュー” の続きを読む

エレメントハンター 海外レビュー

あらすじ

地球上の元素が消え始めたのは物語開始の60年前の話、最初に元素が消えたのが2029年地中海での「酸素」。それからは、ほぼ毎年の如く、地球上から元素が次々と消えて行き、それによる地盤陥没などの被害も多発。地球人口は最盛期の10分の1にまで減少。事態を重くみた国際連邦政府は、10年で「スペースコロニー」を建造し、そこで各種元素の保存および元素消失現象の原因究明などを行う。そして、その経緯にて消失した元素は次元を隔てた別次元の地球・「ネガアース」へ流入し、その星の現住生物に取り込まれ「QEX(キューエックス)」と呼ばれる怪物へ変化させていたことが判明。そこで国連はネガアースに乗り込み、QEXを倒して元素を回収する「エレメントハンター」という元素回収チームを発足させる。但し、ネガアースへ赴けるのは、大人より脳の働きが柔軟な13歳以下の少年少女だけ。
2009年7月4日 – 2010年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エレメントハンター 海外レビュー” の続きを読む

こんにちは アン Before Green Gables 海外レビュー

あらすじ

19世紀中盤。カナダ東部の半島・ノヴァスコシア州にある小さな田舎町ボーリングブロークに、6歳のアン・シャーリーがいた。 物心つく前に両親を亡くした彼女は、生家で女中をしていたジョアンナに引き取られ、家事と育児に明け暮れる日々を送っていた。

これは、どんなつらい日々も持ち前の想像力で乗り越えていくひとりの少女の物語である。
2009年4月5日 – 同年12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こんにちは アン Before Green Gables 海外レビュー” の続きを読む

真マジンガー 衝撃! Z編 海外レビュー

概要

永井豪による漫画版『マジンガーZ』(漫画版『Z』)を原作とした上で、アニメ版『マジンガーZ』および『グレートマジンガー』や、『マジン・サーガ』『Zマジンガー』などの関連作品からも設定の一部を転用し、『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』や『機動武闘伝Gガンダム』など、巨大ロボットが肉弾戦を繰り広げるタイプのロボットアニメを多数手がけた今川泰宏が独自のアレンジを施し、「真のマジンガーを産み出す」というコンセプトで製作された。
2009年4月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“真マジンガー 衝撃! Z編 海外レビュー” の続きを読む

NEEDLESS 海外レビュー

あらすじ

2130年の日本。かつて行われた第三次世界大戦により、東京に「BS(ブラックスポット)」と呼ばれる巨大な汚染区域が生み出されていた。廃墟と見なされたBSは長大な壁で隔離されたが、いつの間にかその荒れ果てた大地に住み着く者が現れた。住み着いた者を「街(シティ)」の人々は「不要者(ニードレス)」扱いしたが、その中には不思議な能力を持つ者たちがいた。その能力者たちを街の人たちは畏怖の念を込め、「NEEDLESS(ニードレス)」と呼んだ。
2009年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“NEEDLESS 海外レビュー” の続きを読む

うみねこのなく頃に 海外レビュー

あらすじ

時は、1986年10月4日。舞台となるは、大富豪の右代宮(うしろみや)家が領有する伊豆諸島の六軒島。年に一度の親族会議を行う為に、当家の親族達が集結しつつあった。親族達は一見和やかに、久しぶりの再会を楽しむ。

しかし、島で待っているのは「当主死亡後の財産分割問題」という、親族同士に暗雲を呼び込む議題。かつて当主が、島に隠れ住んでいるとされる魔女ベアトリーチェから、資金調達の担保の為に授けられたとされる10トンの金塊を巡って、大人達は長男の横領を疑う。それに対して、彼らの困窮を見透かすかのように、反撃に出る長男。一方で余命の迫った老当主は、自らの命だけでなく、親族郎党・資産の全てを生贄として捧げ、最愛の魔女ベアトリーチェの復活を願っていた。
2009年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うみねこのなく頃に 海外レビュー” の続きを読む

青い花 海外レビュー

あらすじ

江ノ電沿線の女子高「松岡女子高等学校」に入学した万城目ふみは、入学式の日に同じく江ノ電沿線のお嬢様学校「藤が谷女学院」に入学した幼なじみの奥平あきらと10年ぶりに再会し、2人は一緒に登校するようになる。その頃のふみは交際していた従姉の花城千津が結婚したために沈んでいたが、文芸部の部室で先輩の杉本恭己と出会い、付き合いはじめる。
2009年7月1日 – 9月9日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“青い花 海外レビュー” の続きを読む

ファイト一発!充電ちゃん!! 海外レビュー

あらすじ

現実世界とは異なる「平行世界(ライフ・コア)」に存在する会社・ネオジム綜合充電社に勤める、ドジOLのぷらぐ・クライオスタットが、同期のアレスタや人間世界(パラレル)の近江閃登らの協力者を得て、生命深度の著しく低い人々に「充電」作業を行い、魂の回復を促しながら、自らに隠された意味に立ち向かう物語。話数はチャージ○○(おまけ話は○○.5〜)で表現され、第31話からサマコバ社編となっている。
2009年6月25日 – 9月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ファイト一発!充電ちゃん!! 海外レビュー” の続きを読む

うみものがたり あなたがいてくれたコト 海外レビュー

あらすじ

マリンとウリンは、海底で人間の姿をした少女「海人」として生活していた。ある日、海の上から美しい指輪が落ちてくるのを見たマリンは、空の世界へ指輪を返そうと考える。ウリンは空の世界(人間の世界)への恐怖から反対するが、マリンに押されて一緒に空の世界へ旅立つ。空の世界で指輪の持ち主である宮守夏音を見つけるが、その指輪は別れた彼氏から貰ったものであったため、再び今度は山の方へ投げ捨ててしまう。
2009年6月24日 – 9月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うみものがたり あなたがいてくれたコト 海外レビュー” の続きを読む

メタルファイト ベイブレード 海外レビュー

あらすじ

敵が強ければ強いほど燃える熱血ブレーダー銀河。ベイバトルが大好きで、より強くなることを目標に、強敵を求めて武者修行をしている彼はキョウヤ率いる悪のグループ首狩団(フェイスハンターズ)と無謀なベイバトルをすることになる。勝負がつくまで決してくじけない強い心を持ち、バトル以外では友達思いの、どこにでもいる少年、銀河。新たなライバルとの出会い、友情、別れ…。様々なベイバトルを通して彼らは成長していく。
2009年4月5日 – 2010年3月28日(第1シーズン)
2010年4月4日 – 2011年3月27日(第2シーズン)
2011年4月3日 – 2012年4月1日(第3シーズン)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“メタルファイト ベイブレード 海外レビュー” の続きを読む

ヴァイス・サヴァイブ 海外レビュー

あらすじ

とある嵐の夜のこと。主人公タケシと幼馴染のミチは、テスト勉強をするため学校にある誰も使っていない図書館に訪れた。そこでふと、タケシは『ヴァイスシュヴァルツ』というカードを見つける。なんでもミチのカードらしい。

そして、図書館にも異変が起ころうとしていた。それは少年少女の命をかけた戦いへの合図であった。

タケシとミチの運命は。そしてヴァイスシュヴァルツとは何であるのだろうか。
2009年12月4日 – 2010年3月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヴァイス・サヴァイブ 海外レビュー” の続きを読む

初恋限定。 海外レビュー

概要

週刊少年ジャンプ(集英社)にて、2007年(平成19年)44号から2008年(平成20年)26号まで連載された。単行本の累計発行部数は約85万部。連載終了後にメディアミックス企画が発表され、2009年(平成21年)2月にドラマCD化、同年4月にはテレビアニメ化された。

中学・高校の主として8人の女子の初恋にまつわる物語が展開される、オムニバス形式の作品。河下水希の作品が『週刊少年ジャンプ』に連載されたのは『いちご100%』以来である。連載期間が約半年間足らずという事実上の打ち切り作品であるにも関わらず、ドラマCD化やアニメ化が決まった非常に珍しいケース。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“初恋限定。 海外レビュー” の続きを読む

07‐GHOST 海外レビュー

あらすじ

かつて人間世界にフェアローレンと名乗る死神が現れ、世界に災厄を振りまいた。しかし天界の長が遣わした07-GHOSTという7人の死神によってフェアローレンは封印され、世界は平穏を取り戻した。

時は過ぎ、物語の舞台・バルスブルク七大陸はラグス王国とバルスブルク帝国という2つの超大国によって治められていた。ラグス王国はミカエルの瞳、バルスブルク帝国はラファエルの瞳という魔石によって守護されており、両国は不可侵条約を結び、平和を維持していた。しかし、あるときラグス王国が教会からパンドラの箱を奪い、更にラファエルの瞳をも得ようとしてバルスブルク帝国と戦争になった。この戦争はラグス戦争と呼ばれ、戦争の結果ラグス王国は滅亡し、王族も断絶したとされた。
2009年4月6日 – 2009年9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“07‐GHOST 海外レビュー” の続きを読む

バスカッシュ! 海外レビュー

あらすじ

舞台は惑星・アースダッシュ。バスケットボールによって世界が創造されたという創造神話が信じられているこの世界では、「ビッグフット」なる大型の人型マシンが活躍し、競技用のビッグフットを駆ってバスケを行う「ビッグフットバスケ(BFB)」なるスポーツが熱烈な人気を集めていた[18]。

アースダッシュにある都市ローリングタウンに住む少年のダンは、溺愛する妹からバスケ選手としての将来を奪った事故をきっかけに、ビッグフットが行う鈍重で退屈なバスケに対して鬱屈した想いを抱えていた。ダンは幼馴染から新型のビッグフットを借り受けたことをきっかけに、ビッグフットバスケをぶち壊しにするため公式試合に文字通りの殴り込みをかけ、ボールを武器に破壊行為の限りを尽くす。しかしこの試合はダンの意図に反して伝説となり、後に「バスカッシュ」と呼ばれることになる、従来のビッグフットバスケとは異なるスポーツを生み出していく。生きる伝説として周囲からも注目される存在となったダンは、スポーツで大成することによって医学の進んだ月面都市・ムーニーズへ行き、そこで妹の足を治療するという目標を得て、新たに得た仲間やライバルと共にバスカッシュのプレイヤーとして活躍していく。
2009年4月2日 – 10月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“バスカッシュ! 海外レビュー” の続きを読む

シャングリ・ラ 海外レビュー

あらすじ

「地球温暖化」の影響で近未来の「東京」は熱帯都市へと変貌した!一面の森となった東京で、特権市民はタワー状の積層都市アトラスに住み、庶民は地上でスコールと地盤沈下の脅威におびえ生活していた。危険なジャングルと化した森で武装ゲリラを率いる18歳の主人公、北条國子は、誰もが幸せに暮らせる未来を手に入れるため、カーボンファイバーでできた巨大ブーメランを手に、庶民を置き去りにした一方的な“森林化”を進める政府軍に対して真っ向から戦いを挑む!
2009年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“シャングリ・ラ 海外レビュー” の続きを読む

空中ブランコ 海外レビュー

あらすじ

サーカスの花形、「空中ブランコ」のエースフライヤーとして飛び続けてきた山下公平。しかしいつの頃からか、キャッチャーの内田と息が合わずに落下を繰り返すようになってしまう。

徐々に情緒が不安定になる公平を見ていた妻・エリは、病院で診察を受けることをすすめる。訪れた伊良部総合病院の精神科で、公平の担当医になったのは同病院の御曹司・伊良部一郎。場違いに明るい声で公平を診察室に迎え入れると、問診もせずに看護師のマユミに注射を指示する。

戸惑う公平をよそにサーカスに興味津々の一郎は、次回からは往診すると興奮気味。やがて、ずっと閉ざされていたサーカス団の空間は土足で踏み入る一郎とマユミの存在によって脆くなっていた団員たちの絆、その団員達が持つ心の闇、さらにはサーカス団全体が抱える病を露呈していくのだった。
2009年10月~12月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=zMI23phBgJo(公式)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“空中ブランコ 海外レビュー” の続きを読む

クイーンズブレイド 流浪の戦士 海外レビュー

あらすじ

4年に1度開かれる闘技会『クイーンズブレイド』。建国から続く伝統に従い、優勝者は、この国の女王に選ばれる。12歳以上の知能を持った生物の女性であれば、誰でも参加が出来る。戦いのルールは、一切無用の殺し合いで、宮廷魔術師の魔法で、全国土の水晶球に中継され、民衆はその戦いを熱狂的に観戦する。プレイヤーは、闘技会に参加する女闘士となり、優勝を目指す。
2009年9月24日 – 12月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“クイーンズブレイド 流浪の戦士 海外レビュー” の続きを読む

リストランテ・パラディーゾ 海外レビュー

あらすじ

舞台はイタリア。田舎からローマに出てきたニコレッタは、リストランテ『カゼッタ・デッロルソ』を訪れる。それと言うのも、幼くして両親が離婚し、母親が再婚する為に祖父母に預けられたニコレッタは、自らの再婚の為、成人するまで娘を置き去りにした母を恨み、彼女の再婚相手がオーナーを勤めるリストランテにやってきた。娘がいることを知らない母の再婚相手に、全てを話そうと機会を窺っていた。

そこで、ニコレッタは何とかオーナーの店『カゼッタ・デッロルソ』の見習いとして働き始めたが、そこは従業員全員が、老眼鏡着用が必須の紳士という店だった。老眼鏡紳士が目当ての女性客で連日予約でいっぱいのリストランテだが、ニコレッタもサント・クラウディオ・パラディーゾが気になり始める。
2009年4月8日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“リストランテ・パラディーゾ 海外レビュー” の続きを読む

花咲ける青少年 海外レビュー

あらすじ

序章

1939年ニューヨーク。万国博覧会と同時に開催された植民地会議に出席するために訪米中のラギネイ王国皇太子マハティは、現地のクラブ歌手キャスリーンと出会い、互いに惹かれ合う。マハティはキャスリーンに「必ず迎えに来る」と約束してアメリカを去るが、キャスリーンはマハティの立場を思い姿を消した。その後、彼女は男児を出産。産まれた子供はハリー・バーンズワースと名付けられた。

本編

時は流れ現代、成長をしたハリー・バーンズワースは、一代でバーンズワース財閥を築き上げ世界的大企業に発展させるなど事業家として大成していた。ハリーの一人娘にして、2歳から12年間カリブの離島で幽閉同然に育った花鹿(かじか)は、14歳になったある日、父ハリーから「夫捜しゲーム」を持ちかけられる。それは、これから花鹿が出会うであろうハリーの選んだ3人の男の中から、花鹿のことを生涯守ってくれる伴侶を選べというものだった。唐突な話に訝る花鹿にハリーは、ゲーム終了の暁には「花鹿が生まれながらに背負っている重い宿命」について話してやろうと告げる。さらにハリーは花鹿と兄妹のように育ってきた華僑財閥「倣家の若き総帥」倣立人(ファン・リーレン)に対して「花鹿が夫として誰を選ぶのか、その相手が夫として相応しいかを見届けて欲しい」と依頼。花鹿に密かに想いを寄せていた立人は複雑な感情を抱きつつもこれを承諾する。
2009年4月5日 – 2010年2月14日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“花咲ける青少年 海外レビュー” の続きを読む

夏のあらし! 海外レビュー

あらすじ

夏休みを利用して横浜の祖父の家に泊まりに来た八坂一。彼はたまたま涼みに入った喫茶店の従業員・嵐山小夜子に一目惚れをしてしまう。とあるきっかけで小夜子が一に触れた瞬間、2人の間に雷のような衝撃が走る。あらしは「通じた!」と声を漏らすと、驚いた一を外へ連れ出す。そのまま2人で裏山を駆け抜けると、目の前には現代の日本だとは思えない風景が広がっていた……。
第1期: 2009年4月5日 – 6月28日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夏のあらし! 海外レビュー” の続きを読む

ティーアーズ・トゥ・ティアラ 海外レビュー

概要

ファンタジー世界を舞台とし、剣と魔法を駆使しストーリーを進める「シミュレーションRPG」。

LeafよりPC用(Windows用)として発売された『Tears to Tiara』のリメイク作品で、ストーリーの主軸と登場人物が一致している他は、キャラクターデザイン・シナリオ・システム・声優など、大幅に一新された作品となっている。

2008年発売のPS3版ではゲーム中にフリーズする不具合が確認され、回避方法が提示されるとともに、同年10月3日にはVer1.01へのアップデートが公開されている。 PS3版の廉価版(AQUAPRICE2800)では修正済みとなっており、セーブデータとゲームデータが異なる。
2009年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ティーアーズ・トゥ・ティアラ 海外レビュー” の続きを読む

蒼天航路 海外レビュー

概要

中国の後漢末期から三国時代の英雄曹操を「最も人に興味を示した英雄」として主人公に据え、新しい解釈のもとで三国志の世界を描いた長編大作である。

キャッチコピーは「衝撃のネオ三国志」。三国志の正史と『三国志演義』のエピソードへの独自のアレンジと、臨場感溢れる豪快な迫力や作者が「その人物に与えるコマにおいては全員主役」と語る[1]という緻密なキャラクター描写が特長。

王欣太が当時の編集長に「ブロードウェイのミュージカルのように三国志を描いてみないか?」と言われたことをきっかけに連載が決まった。王欣太は連載前は『中国仁侠伝』を愛読し、古代中国に親しんでいながらも、三国志の知識は全く無く、曹操や劉備の名前も知らず、孔明に聞き覚えがある程度だった。
2009年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“蒼天航路 海外レビュー” の続きを読む

タユタマ Kiss on my Deity 海外レビュー

あらすじ

広大な敷地を有し、明治時代から続く伝統ある名門校「創聖女学院」の流れを組んだ全寮制の女子学部「フローレス」と、近年創設された男女共学の一般学部「スライトリー」の2つの学部がある「創聖学院」。その創聖学院のスライトリーに通う青年「泉戸裕理」は「八衢(やちまた)神社」の一人息子。

友人の「河合アメリ」や「要三九郎」と共に学園生活を送っていた彼が三年生に上がる前の春休みのこと、拡張工事が行われていた学院のグラウンドで奇妙な文様が描かれた遺跡が発掘される。その文様は裕理の実家である「八衢神社」に伝わる神「太転依(たゆたい)」を表すものだった。遺跡を粗末に扱えば災いが訪れるのではないかと危惧した裕理であったが科学鑑定の結果、遺跡に学術的価値はないと判断され、工事はそのまま続行されることとなる。
2009年4月5日 – 6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“タユタマ Kiss on my Deity 海外レビュー” の続きを読む

ジュエルペット 海外レビュー

あらすじ

魔法の国ジュエルランドでは瞳に宝石を持つ動物、ジュエルペットが日夜魔法を学んでいた。ある日、ジュエルランドの大掃除のため、ジュエルペットはラクマージョによって宝石化されて森の中で待つことになった。ジュエルペットの一匹、ルビーは森で隠れるのが嫌で黙って浜辺へ遊びに行ってしまう。しかしその間に、強風でジュエルペットたちは人間界へ飛ばされてしまった。浜辺から帰ったルビーはジュエルランドの異変に気づき王宮へ向かい、そこでラクマージョたちからジュエルペットたちを探すために人間界へ渡るよう命ぜられる。そのころ、人間界の宝ヶ石市では、中学生の紅玉りんこが入学式の祝辞を任されて途方に暮れていた。その夜、どのようにすればいいか悩んでいた彼女の前に流れ星が落ちる。その流れ星はルビーそのものだった。
2009年4月5日 – 2010年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ジュエルペット 海外レビュー” の続きを読む

クロスゲーム 海外レビュー

あらすじ

主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの一人息子である樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家(父親と長女・一葉、次女・若葉、三女・青葉、四女・紅葉)とは家族ぐるみの付き合いであり、同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面1歳年下の青葉とは犬猿の仲だった。

初めは野球に興味がなかったコウだが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングを始める。そして小5の夏、若葉が突然の事故で亡くなる。

中学生になったコウは、野球部にこそ所属していなかったがトレーニングは続けていた。そして、小学生の頃から付き合いがあった中西、赤石と共に星秀学園高等部野球部に入部したが、星秀では校長が病に倒れ、校長代理となった教頭が野球部の甲子園出場を掲げ、新たに外部から名監督との呼び声高い大門監督を招聘し、超高校級との呼び声高い東や高い野球センスを持つ三木など、有望な野球留学生を集めるようになっていた。そして、野球部は野球留学生及び選抜テストに合格した部員が「一軍」とされ、以前からの監督である前野と、選抜テスト不合格もしくは受けなかった部員は「二軍」に追いやられる(「プレハブ組」)。大門の下で野球をすることを嫌がったコウたちは、選抜テストを受けなかったためプレハブ組に配属され、前野と共に打倒・大門と甲子園出場を目指して練習を積むが、1年夏の地区予選前の一軍対二軍の試合で惜敗する。
2009年4月5日 – 2010年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クロスゲーム 海外レビュー” の続きを読む

生徒会の一存 海外レビュー

あらすじ

私立碧陽学園の生徒会役員は、一風変わった方法で選ばれる。それは純然たる人気投票。なので外見が美しいものが選ばれることとなる。男子は他の男子からの反感があるため、必然的に美少女の集まりの場となる。結果として生徒会長・桜野くりむを始めとする役員は美少女だらけ。しかし例外として学年一位の者が役員となれる「優良枠」というものが存在していた。猛勉強の末その座を獲得した男子生徒・杉崎鍵は唯一の男子として役委員入りを果たし、生徒会を自らのハーレムと公言する。本作は、彼ら碧陽学園生徒会の日常を綴った記録である。2009年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

“生徒会の一存 海外レビュー” の続きを読む

戦場のヴァルキュリア 海外レビュー

あらすじ

ガリア公国義勇軍第3中隊第7小隊がマクシミリアンを打ち倒すまでを描いている。

征暦1935年。専制君主国家・東ヨーロッパ帝国連合(通称「帝国」)と共和制連邦国家・大西洋連邦機構(通称「連邦」)との間に第二次ヨーロッパ大戦が勃発。そして、両国に挟まれた武装中立国である小国・ガリア公国も戦禍に巻き込まれていく。ガリア公国は燃料や兵器、治療目的で使われる鉱物資源・ラグナイトを豊富に産出するため、連邦との戦争を優位に進めることを目論む帝国に侵攻される事となり、後にガリア戦線と呼ばれる戦いが幕を上げる。

ガリア公国に住む大学生ウェルキン・ギュンターは、故郷ブルールに帰郷した際、自警団をしている町娘アリシア・メルキオットと出会う。そして彼らは、偶発的にブルールで起きた帝国との戦闘に参加したことをきっかけに、自らも戦争へ参加することになる。武装中立国のガリア公国には国民皆兵制度という一種の徴兵制があり、有事の際にはガリアの15歳以上の民間人は必要に応じ徴兵され義勇軍が組織される。ブルールが帝国に占拠され、故郷からの脱出を与儀なくされたウェルキンは、アリシアと共にこの義勇軍に参加し、義勇軍第3中隊第7小隊長として、亡き父が遺した戦車・エーデルワイス号を駆り、祖国を守る戦いへと臨んでいく。
2009年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦場のヴァルキュリア 海外レビュー” の続きを読む

極上!!めちゃモテ委員長 海外レビュー

概要

「ちゃお」(小学館)2006年1月号から2014年1月号まで連載された。全3回か全6回、あるいは6話まとめのシリーズものしか連載経験のなかった作者にとって初のロングラン連載となった。ただし、タイトルは5回以上で一区切りした上で、一部を変えている。また、2006年12月号、2008年3月号、2011年10 – 11月号、2012年6 – 7月号・12月号 – 2013年1月号・8月号 – 9月号は休載した。なお、『ちゃお』の増刊『ちゃおデラックス』(同)にも1話完結の番外編を発表している。

作中には「めちゃモテ講座」というファッションやメイク、エチケットや礼儀作法等を啓蒙するコーナーがある。
放送期間2009年4月4日 – 2011年4月10日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“極上!!めちゃモテ委員長 海外レビュー” の続きを読む

けいおん! 海外レビュー

概要

部員0で廃部寸前の私立桜が丘女子高等学校(桜が丘高校)軽音部。唯、律、澪、紬の4人の生徒がバンドを組み、ゼロから部活動を行っていく。途中からは新入生の梓も加わり、5人となる。軽音部の結成から卒業までの3年間を描く。
第1期:2009年4月2日 – 6月25日
第2期:2010年4月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“けいおん! 海外レビュー” の続きを読む

Phantom Requiem for the Phantom 海外レビュー

あらすじ

犯罪組織・インフェルノの暗殺者・ツヴァイは、ファントムの称号を持つインフェルノ最高の暗殺者・アインと共に、与えられたミッションをこなす日々を送っていた。実はツヴァイは平凡な日本人旅行者だったが、インフェルノの幹部・サイス=マスターに暗殺者としての才能を見出されて記憶を消去され、インフェルノに取り込まれていたのである。

ツヴァイを暗殺者として養成する際、サイスは思考能力が失われるほどの激しい訓練をツヴァイに課し、彼を完全な組織の奴隷として育て上げようと目論んでいた。しかし、サイスの知らないところで、ツヴァイは運命の力に負けない意志を取り戻す。サイスの目を盗み、彼の上司であるクロウディア・マッキェネンがツヴァイの耳元で「君は組織の奴隷と思ってはいけない」とささやき、自由な生き方が残されている可能性を示唆していたのだ。自分が本当は何者なのかも思い出せないながら、ツヴァイは心の奥底で組織の奴隷ではない生き方を模索し始めた。
2009年4月2日 – 9月24迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Phantom Requiem for the Phantom 海外レビュー” の続きを読む

戦国BASARA 海外レビュー

概要

日本の戦国時代を舞台とした、三人称視点3Dの一騎当千型スタイリッシュ英雄 (HERO) アクションゲーム。

プロデューサーは小林裕幸、キャラクターデザインは土林誠と『デビルメイクライ』と同じスタッフが製作に参加している。

各種舞台・人物設定などは、伊達政宗が英語を操り6振りの刀で戦う、本多忠勝がロボットのような武将になっている、史実では最年長の毛利元就が青年として描写されるなど、実際の歴史にはまるで囚われない大胆かつ荒唐無稽なアレンジが施されている。主人公である伊達政宗と真田幸村は、同社のゲームである『ストリートファイター』シリーズにおける、リュウとケンのようなポジションにある[2]という。カプコンのアクションゲームは難易度の高い作品が多いが、本シリーズは「豪快感」をテーマに初心者でも遊びやすいように控えめな難易度に調整されている。
2009年4月1日 – 6月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦国BASARA 海外レビュー” の続きを読む

フレッシュプリキュア 海外レビュー

あらすじ

数多くあるパラレルワールド(並行世界)の1つで、妖精たちが住むスウィーツ王国。そこの長老ティラミスが何らかの邪悪な気配を察知する。そして、ティラミスはその阻止を「伝説の戦士」プリキュアに託すことを考え、プリキュアの森へ赴き祈りを捧げ、プリキュアに変身する力を与える妖精ピックルンの封印を解く。目覚めた4体のピックルン(ピルン・ブルン・キルン・アカルン)は、プリキュアを探し求め次元を越え四つ葉町へと飛び立つ。さらにティラミスはプリキュアに覚醒した人物をさがすため、同国の王子タルトと妖精の赤ちゃんシフォンも四つ葉町へと向かわせる。

ティラミスの予想は的中し、国民が国によって管理された夢も希望もないもう1つのパラレルワールド・管理国家ラビリンス。そこの総統メビウスが全パラレルワールドの征服を目論んでいた。そして、メビウスはそれに必要なインフィニティと呼ばれる無限メモリーの入手をイース、ウエスター、サウラーの三幹部に命じる。3人は四つ葉町郊外にある森の中に占い館と称する洋館をアジトに構え、さらに偽名(イース→東せつな・ウエスター→西隼人・サウラー→南瞬)を使い不幸のゲージに不幸の液を集める行動を始める。
2009年2月1日 – 2010年1月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“フレッシュプリキュア 海外レビュー” の続きを読む

源氏物語千年紀 Genji 海外レビュー

あらすじ

時は平安時代。桐壷帝とその寵愛を受けた桐壷の更衣の間に、光り輝くように美しい皇子が誕生した。「光る君」と呼ばれる彼は、幼い頃から類稀なる美貌と才能に恵まれていた。やがて光る君は、病で亡くなった母に生き写しという父帝の妃・藤壺に出会い、彼女を慕うようになる。その気持ちはいつしか恋に変わるが、元服した光る君は藤壺と会うことはできなくなってしまう。満たされぬ恋慕の気持ちを埋めるように、彼は数多の女性達と契りを結んでいくようになる。
2009年1月15日 – 3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“源氏物語千年紀 Genji 海外レビュー” の続きを読む

空を見上げる少女の瞳に映る世界 海外レビュー

あらすじ

他の人とは違う空が見える中学生ユメミのもとに、天上世界の魔導王を名乗るムントという男が現れ、2つの世界を救えと言われる。
2009年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“空を見上げる少女の瞳に映る世界 海外レビュー” の続きを読む

君に届け 海外レビュー

あらすじ

陰気な容姿のせいで霊感があると恐れられ、「貞子」というあだながついてしまっていた爽子は、わけへだてなく接してくれる風早翔太に憧れている。自分を変えたいという爽子の背中を押してくれる風早や、矢野あやね、吉田千鶴、真田龍といったクラスメイトたちとの関わりの中で、爽子は少しずつだが自分の殻を破っていく。ピュアな爽子が友情や恋、ライバルや友達の失恋などいろんな「初めて」を知っていく過程を、丁寧に描いていく学園青春ストーリー。
第1期:2009年10月6日 – 2010年3月30日
第2期:2011年1月4日 – 3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=xEmZCdre77U(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“君に届け 海外レビュー” の続きを読む