ゴルゴ13 海外レビュー

作品内容

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、また麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・領土問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードも稀にある。

作中には、現実に起きた事件に交えて実在の国名・組織・企業・団体そして個人名がしばしば登場する。ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな作風から、巷間ではこの作品で世界情勢を勉強できると言われることもあるが、物語自体はあくまでフィクションである。
2008年4月11日 – 2009年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゴルゴ13 海外レビュー” の続きを読む

カイバ 海外レビュー

あらすじ

記憶のデータ化ができるようになり、肉体の死がもはや死と呼べなくなった世界。記憶はデータバンクに保存され、新しい身体への「乗り換え」や、記憶の売買といったことが可能になり、違法に記憶を改ざん、記憶を盗むことも行われていた。社会は混沌とし、力を失い停滞化していた。そんな世界を主人公カイバは記憶を失ったまま宇宙の星々をめぐり、たくさんの人々と出会い、記憶を取り戻してゆく。
放送期間2008年4月10日 – 7月24日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カイバ 海外レビュー” の続きを読む

スキップ・ビート! 海外レビュー

あらすじ

高校にも行かず日夜バイトに明け暮れる主人公・最上キョーコは、幼馴染であるロックミュージシャン・不破尚と同居し、生活費を一人で賄っていた。歌手志望で家出同然に上京した尚に献身的に尽くす事が無上の喜びだったが、尚がデビューし超人気歌手となった後は次第に距離が開いてきていた。

そしてついにある日、自分が単なる家政婦代わりに上京させられたことを知り、あっさりと別れを告げられる。捨てられてしまったキョーコは失意の中で尚に復讐すべく、芸能界入りに挑戦する決意を燃やす。執念と根性で無理を通し、尚の所属するアカトキと並ぶ大手芸能プロダクションのLMEの新人発掘オーディションに参加し審査員の意表を突き、一次審査を通過するが、続く二次審査で「愛する心」と「愛されたいと思う心」が欠けている事を露呈してしまい、落選してしまう。
2008年10月~2009年3月迄放送(ウィキペディアより引用

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“スキップ・ビート! 海外レビュー” の続きを読む

とらドラ! 海外レビュー

あらすじ

父親譲りの目つきの鋭さのため、ヤンキーに見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。
2008年10月1日 – 2009年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“とらドラ! 海外レビュー” の続きを読む

墓場鬼太郎 海外レビュー

概要

2008年1月11日 – 3月21日にフジテレビ系列の深夜アニメ枠『ノイタミナ』他で放送された。全11話(2007年8月、世界妖怪会議において京極夏彦より発表された)。

少年誌で連載される前の貸本版の『墓場鬼太郎』を原作とし、内容・キャラクターデザイン共に当時のものを踏襲した怪奇漫画風となっている。また、アニメ『ゲゲゲ〜』第1、第2シリーズで鬼太郎・ねずみ男を演じた野沢雅子、大塚周夫が当時と同じ役を演じた。本作を第1・第2シリーズの前史および全鬼太郎アニメシリーズ共通のプロローグ的位置付けを持たせる意味もあった。目玉親父はこれまでのシリーズと同様、田の中勇がつとめている。

登場人物については「墓場鬼太郎の登場人物」を参照
『鬼太郎』シリーズのオープニング主題歌で唯一『ゲゲゲの鬼太郎』が使われていない。それでも本作はアニメ『ゲゲゲ〜』の第5シリーズが放送中ということもあり、深夜アニメとしては非常に好調な視聴率を記録した。

「鬼太郎の両親が血液銀行に血を売った事で、幽霊病の感染者が発生する」という物語の発端となるエピソードが、全く異なる物に変更されたり、10話に登場するチベットの高僧の名前が変更されている等、現在の放送倫理に基づいた改変が行われている部分がある。なお、DVDでは未放映シーンが追加された。

本作のオープニングアニメは、原作漫画をそのまま取り込んだかのような、白黒画面の一部のみに着色して動かす画面構成になっている。また、エンディングのサビ部分では画面左側の小さな画面に次回予告を流している。最終話では全11話のダイジェストだった。さらにエンディング中、背景に表示された文章は次回の脚本の一部である。なお最終回には未映像化の「ないしょの話」の脚本とみられるテキストの一部が流されている。
2008年1月10日 – 3月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“墓場鬼太郎 海外レビュー” の続きを読む

イヴの時間 海外レビュー

あらすじ

「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

アンドロイドはそれと分かるようにリングを頭に表示し、無表情で人間に奉仕する。だが、ロボットが社会の様々な分野に進出して人間から仕事を奪い、アンドロイドに精神依存する「ドリ系」と呼ばれる人々が確実に増え続けており、それを危険視する「倫理委員会」が広報活動に勤しんでいた。また、旧式化したロボットが不法投棄され主を持たない彼らが野良ロボットとして徘徊することが社会問題となっている。
2008年8月1日
(GyaO!:9月7日 – 10月31日)迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからの反応になります

 

“イヴの時間 海外レビュー” の続きを読む

屍姫 赫 海外レビュー

あらすじ

強い未練によって動く死体 – 屍(しかばね) – を狩る屍の少女たち、それが屍姫。彼女たちは「光言宗」の僧侶と契約を結び、屍を殺し続ける。彼女たちが屍を殺す理由、それは「光言宗」と結んだ3つの戒律(ルール)のため。その戒律とは、

108人の屍を殺せば天国へと行ける。
一度選んだら途中退場は出来ない。
たとえ殺されても文句は言わない。
人を殺す屍と、屍を殺す屍姫。両者の戦いは激しさを増していく。そして、屍姫とその契約僧たちの悲恋を描く。
2008年10月2日 – 2008年12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“屍姫 赫 海外レビュー” の続きを読む

カオスヘッド 海外レビュー

あらすじ

現代の東京・渋谷で俗に「ニュージェネレーションの狂気(ニュージェネ)」と呼ばれる不可解で猟奇的な事件が連続して発生する中、渋谷のとあるビルの屋上のコンテナハウスで引きこもり寸前の生活を送っているオタクの高校生・西條拓巳は、インターネットのチャットで「将軍」と名乗る人物が書き込んだリンクで、次のニュージェネの事件を顕示させるような残酷な画像を目撃する。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“カオスヘッド 海外レビュー” の続きを読む

黒執事 海外レビュー

あらすじ

舞台は19世紀末期のイギリスを舞台としたパラレルワールド。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。幼い領主シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。
2008年10月2日 – 2009年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=D3o4yEyhCrQ(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“黒執事 海外レビュー” の続きを読む

タイタニア 海外レビュー

あらすじ

広大な宇宙に進出した人類は多数の星間国家を築いたが、その大半は実質的にタイタニア一族の支配下にあった。星暦446年、宇宙都市国家エウリヤはある権益を巡るトラブルからタイタニアの攻撃を受けるが、タイタニア五家族当主の一人アリアバート公爵率いる強大な宇宙艦隊を、意外にも撃退してしまう。だが、タイタニアを破った司令官ファン・ヒューリックは、タイタニアとの裏交渉を画策していた市長の忌避を買ってエウリヤを追われる。ファン・ヒューリックを迎え入れるか、さもなくば抹殺しようとするタイタニア、反タイタニア勢力の双方による争奪の末、ファン・ヒューリックは宇宙海賊「流星旗軍(ブレイズ・フラッグ)」の一派の中核としてタイタニアと戦うことになる。ファン・ヒューリック一党はタイタニア一族のアルセス伯爵を殺害し、その兄で五家族当主の一人ザーリッシュ公爵の艦隊を惑星バルガシュで壊滅させた上、ザーリッシュその人も殺害する。さらに、アリアバートとの再戦でもこれを討ち破る。
2008年10月より2009年3月まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“タイタニア 海外レビュー” の続きを読む

今日の5の2 海外レビュー

内容

とある小学校のクラスを舞台に、主人公・佐藤リョータとその周囲の男子や女子の学校生活を描く。主人公は女の子のことや性的なことにはまったくと言っていいほど関心がないのだが、毎回何かしらエッチなアクシデントに巻き込まれてしまう。さわやかで可愛らしい絵柄を基調に、シリアスに見える劇画調の絵を時折割り込むのがこの作品の特徴。
2008年10月5日 – 12月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“今日の5の2 海外レビュー” の続きを読む

ONE OUTS 海外レビュー

あらすじ

1999年、プレーオフシーズン。長年に渡ってプロ野球チーム「埼京彩珠リカオンズ」に所属する天才打者・児島弘道は、一度も優勝経験がなく、優勝に必要な何かを探すため沖縄で自主トレーニングに励んでした。そこで児島は、賭野球「ワンナウト」で無敗を誇るピッチャーであり、天才勝負師の渡久地東亜と出会う。1度目は完敗したものの、リベンジのワンナウト勝負の末、捨て身で勝利をもぎ取った児島は渡久地にリカオンズ優勝を要求し、彼は敗者としてこれを引き受ける。
2008年10月7日 – 2009年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ONE OUTS 海外レビュー” の続きを読む

魍魎の匣 海外レビュー

あらすじ

1952年(昭和27年)の8月15日。中央線での人身事故というありふれたシチュエーションを発端としてストーリーが進む。

暗い性格で友達もいなかった楠本頼子は、クラス一の秀才で美少女の柚木加菜子に突然「私たちは互いが互いの生まれ変わりなんだ」と声をかけられる。始めは戸惑う頼子だったが、互いに孤独だった2人は親交を深め、2人で最終電車に乗って湖を見に行こうと約束する。しかし加菜子は中央線武蔵小金井駅の高尾方面ホームから何者かに突き落とされ、列車に轢かれてしまう。
2008年10月7日 – 12月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魍魎の匣 海外レビュー” の続きを読む

伯爵と妖精 海外レビュー

あらすじ

物語の舞台は19世紀イギリスヴィクトリア朝の時代。産業革命により飛躍的に経済が発展し、鉄道が街中を走るようになったこの時代、人々は妖精が隣人だった一昔前のことなど忘れ去り、妖精はお伽話の中だけの存在となっていた。

妖精の姿が見え、話ができる少女・リディアは、亡き母の後を継ぎ「妖精博士(フェアリードクター)」としてスコットランドの片田舎に看板を掲げるも、ろくな依頼はなく、町の人々にも変わり者扱いされる日々を過ごしていた。そんなある日、父と共に復活祭(イースター)を過ごそうとロンドンに向かう船の上で、船室に潜んでいた謎の青年・エドガーに連れ出され、フェアリードクターとして彼の依頼を受けたことから、彼に関わる騒動に巻き込まれていくことになる。物語を通して次第に明らかになるエドガーの過去や、彼を狙う組織との戦い、数々の妖精がらみの事件などを通し、二人は少しずつ絆を深めていく。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“伯爵と妖精 海外レビュー” の続きを読む

黒塚 KUROZUKA 海外レビュー

あらすじ

時は鎌倉時代、兄・源頼朝より逃げおおす源義経(源九郎)と武蔵坊弁慶(大和坊)。二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。いつしか九郎と黒蜜は男女の関係になる。その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた。実は黒蜜は不老不死の吸血鬼だったのだ。

追手により瀕死の重傷を受けた九朗は黒蜜により血の儀式を交わし、自らも吸血鬼となった。ここから鎌倉、室町、戦国、江戸、明治、大正、昭和、平成、そして近未来と、2人の果てしない旅が始まった。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“黒塚 KUROZUKA 海外レビュー” の続きを読む

美肌一族 海外レビュー

あらすじ

美肌史上に偉大な足跡を遺し続け、「美肌界」で頂点に君臨しつづける一族があった。その名は「美肌家」。
1998年、美肌家次女・紗羅が伝統と権威あるグローバルコンテスト「美肌世界大会(WBC ワールド・ビハダ・チャレンジ)」グランプリを難なく獲得し栄光の頂点を極めた夜、美肌家に代々伝わる一子相伝の家宝「美肌七宝典」が奪われた!それも美肌家の長女・咲の手によって…。
これを境に美肌家は見る影も無く没落。一方、咲は美肌界の名門である祐天寺家の長男・龍哉の妻となりWBCグランプリを3連覇。美と富を両手に握った咲だが、なおも有形無形の嫌がらせを美肌家に続けていく。
果たして紗羅は咲から「美肌七宝典」を取り戻し、家の栄光と自身の美肌を取り戻せるのであろうか?
2008年10月6日から同年12月22日まで放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“美肌一族 海外レビュー” の続きを読む

ケメコデラックス! 海外レビュー

あらすじ

小林三平太は、10年前に結婚を約束した少女のことを思い出していた。ある朝、目が覚めると、目の前にケメコと名乗るウェディングドレス姿の謎の少女が現れた。彼女は突然、「私がお前のヨメだ」と宣言し結婚を迫る。果たして彼女の正体は……。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ケメコデラックス! 海外レビュー” の続きを読む

ヒャッコ 海外レビュー

あらすじ

九州にある小中高一貫校の私立「上園学園」。入学早々にして衝撃的な出会いを果たした上下山虎子(かげやま とらこ)ら高等部1年の4人の女子を中心となって、個性的なクラスメイトを交えた破天荒な学園生活がコメディチックに描かれていく。
2008年10月1日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=fjM0FypqLAI(公式)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ヒャッコ 海外レビュー” の続きを読む

かんなぎ 海外レビュー

あらすじ

美術部員の高校1年生・御厨仁は霊感が強い少年。彼は地区展に出展するため、切り倒された神木を元に手彫りの精霊像を作っていた。すると地面に置いていた精霊像が砕け、中から「産土神」を自称する少女、ナギが現れた。神木が切り倒されてしまったために仁が住む神薙町には災厄を生むとする「ケガレ」が出現する。それを退治する為に仁とナギの共同生活が始まった。ナギの妹ざんげちゃん、幼馴染のつぐみなどを交え、明るく楽しい日常が繰り広げられるが、ナギが「ケガレ」についての詳細を不自然な程に知らなかったり、時々記憶が途切れたり、人格が変わったりして自我が脆弱であることが判明する。仁は未熟な自分と彼女を重ね合わせ、2人は共に自分探しを始める。

ナギの人格が変わるのを不審に思った仁は思い切ってナギのもう一つの人格(かんなぎ様)に話しかけてみると会話が成立し「ナギの正体を知るとナギが崩壊する」ことを告げられると共に、樹のイメージの夢を見る。謎をはらんだまま夏の合宿へと舞台は移動し、仁たちは他の街を守護する神と出会う。そこで「神」は「分身霊」と呼ばれる複数の人格を持ちそれぞれの自意識は同一である事が判明する。つまりナギは、何故か自意識が上位の人格と同一でない「おかしい」分身霊である事が推察された。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelisからのレビューになります

“かんなぎ 海外レビュー” の続きを読む

マクロスF 海外レビュー

あらすじ

西暦2009年2月。地球人類と異星巨人種族「ゼントラーディ」とのファースト・コンタクトを機に第一次星間大戦が勃発。1年あまりにわたる戦いは、地球を死の星へと変貌させ、そこに住まう生命の大半を死滅に追いやった。アイドル歌手リン・ミンメイの貢献により決戦に勝利した人類は、文化に共鳴する一部のゼントラーディ人とともに新統合政府を樹立し、荒廃した地球環境の再生を目指した。また、星間戦争の再発に備え、全宇宙への種の保存・拡散を目的とした「銀河播種計画」を立案。巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が次々と結成され、人の住める惑星を探して銀河の方々へと旅立っていった。

西暦2059年。旗艦アイランド1を中心に大小数千隻もの宇宙船で構成された第25次新マクロス級移民船団「マクロス・フロンティア」は、1,000万人規模の居住民を乗せて銀河の中心を目指す航海のなかにあった。ある日、近隣宙域を航行中の第21次新マクロス級移民船団「マクロス・ギャラクシー」より、トップシンガー「シェリル・ノーム」がコンサートツアーのためフロンティアに来訪する。美星学園航宙科の高校生「早乙女アルト」はステージ演出のエア・アクロバットに参加し、観客の女子高生「ランカ・リー」と出会う。
2008年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マクロスF 海外レビュー” の続きを読む

鉄のラインバレル 海外レビュー

あらすじ

時は2016年、主人公の少年・早瀬浩一たちが社会科見学で訪れた海上都市建設現場で起きた事故は、その後に人工衛星の落下による事故と発表された。被害者となった浩一は事故から半年後に目を覚ますが、彼の中では何かが変わっていた。

そして2019年、突然窮地に陥った浩一の元へ巨大ロボット・ラインバレルが出現する。この出会いにより、浩一の人生は大きく変わっていく。
2008年10月3日 – 2009年3月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鉄のラインバレル 海外レビュー” の続きを読む

CHAOS;HEAD 海外レビュー

あらすじ

現代の東京・渋谷で俗に「ニュージェネレーションの狂気(ニュージェネ)」と呼ばれる不可解で猟奇的な事件が連続して発生する中、渋谷のとあるビルの屋上のコンテナハウスで引きこもり寸前の生活を送っているオタクの高校生・西條拓巳は、インターネットのチャットで「将軍」と名乗る人物が書き込んだリンクで、次のニュージェネの事件を顕示させるような残酷な画像を目撃する。

翌日、拓巳は「将軍」が示した画像のとおりの凄惨な事件現場に遭遇し、そこで咲畑梨深と出会う。そして後日、拓巳が学校へ行くと教室の隣の席には梨深がいた。梨深は「自分は以前からの友人である」と拓巳に語り、クラスメイトの三住大輔もそれに同意するが、拓巳には覚えがない。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CHAOS;HEAD 海外レビュー” の続きを読む

イナズマイレブン 海外レビュー

あらすじ

弱小チームの雷門中サッカー部。7人しかいない部員は練習をせずサボリ気味だったが、キャプテンの円堂守は中学サッカーの全国大会「フットボールフロンティア」への出場を諦めずに練習を続けていた。そこに伝説のエースストライカー・豪炎寺修也が雷門中に転校してくる。羨望の目でサッカー部に勧誘する円堂に、豪炎寺は「もうサッカーはやめた」と言い放つ。そして時を同じくして、全国大会40年連覇の強豪・帝国学園サッカー部が雷門中サッカー部に練習試合を申請してくるのだが、この試合に勝てなければサッカー部は廃部となることが決定してしまう。
2008年10月5日 – 2011年4月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“イナズマイレブン 海外レビュー” の続きを読む

まかでみ・WAっしょい! 海外レビュー

あらすじ

羽瀬川拓人は普通の高校に通う普通の高校生だが、実は地図には載っていない魔法使いの養成機関<学園>(マジシャンズ・アカデミイ)の生徒で半人前の魔法使い。召喚のテストの際、誤って制御に失敗し、出てきたのは一国を一夜で滅ぼせる力を持つという褐色赤毛の少女だった。このときから彼を巻き込む大騒動が始まる…。
まかでみックス、まかでみ・えくすぺりめんと[注 1]
何の力も持たない高校生、周防千里は家庭内の不和を避けるため、家を出て、最近作られたという「アバロン学園都市」に入学するが、そこで待っていたのは一緒に暮らすというメイドさんや、巨大なゴーレムを操る少女といった、「普通」を標榜する彼からすれば到底受け入れられないものだった。不本意きわまりない状況での周防千里の学園生活は、一体どうなってしまうのか?
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まかでみ・WAっしょい! 海外レビュー” の続きを読む

テイルズ オブ ジ アビス 海外レビュー

あらすじ

キムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国。敵対関係の二大国の危うい均衡状態が続く中、キムラスカ公爵家の一人息子・ルークがマルクトの者に誘拐される。後に救出されたものの、ルークは全ての記憶を失っていた。

それから7年後、自分の屋敷に軟禁されて育ったルークは、師匠・ヴァンとの剣の修行が唯一の趣味となっていた。ある日、ルークはヴァンを殺そうと屋敷に不法侵入してきた少女・ティアと擬似超振動を起こし、彼女とともに見知らぬ場所に瞬間移動する。屋敷に戻るためにティアと行動を開始したルークは、その先の長い旅路で多くの人々と出会い、自分の生まれた意味を知ることとなる。
2008年10月 – 2009年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“テイルズ オブ ジ アビス 海外レビュー” の続きを読む

天体戦士サンレッド 海外レビュー

概要

奈川県川崎市を舞台に、正義の味方サンレッドと世界征服を企む悪の秘密結社フロシャイムの戦いを描くギャグ漫画。サンレッドとフロシャイムの対立構造を主軸として、ヒーローや怪人の極めて庶民的な日常生活、馴れ合い、心温まる友情等を描く。

神奈川県川崎市(主に溝口等の高津区周辺)という極めて現実的かつ限定的な地域を舞台としており、地元色に富んだ設定とネタがふんだんに散りばめられている。作中にはマルイファミリー溝口 (cf.) や武蔵溝ノ口駅前周辺、溝の口駅西口商店街、高津市民館等も登場するが、それらは設定の上で施設名を変えられてはいても、デザイン等の強い相似性から当地域に詳しければ一目で特定できる描かれ方となっている(例えば、作中に登場する「溝の口病院」は、現実世界の帝京大学医学部附属溝口病院がこれに相当する)。
第1期:2008年10月3日 – 2009年3月27日
第2期:2009年10月3日 – 2010年3月27日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“天体戦士サンレッド 海外レビュー” の続きを読む

バトルスピリッツ 少年突破バシン 海外レビュー

あらすじ

通称「バトスピ」と呼ばれるトレーディングカードゲーム「バトルスピリッツ(以下バトスピ)」が世界的に知られ、熱狂的な人気を集める世界。バトスピ全国大会の決勝戦が行われ、天才カードバトラー・Jと素顔を仮面で隠すカードバトラー少女・スイレンとの一騎討ちが行われていた。白熱のバトルはJが勝利を収め、決勝戦は幕を閉じた。

ある日、バトスピ大好き少年馬神トッパ(バシン)は、Jと街で偶然遭遇しバトルを挑む。バシンは敗れるものの二人のこの運命的な出会いがきっかけとなり、バシンが持つペンダント、『輝石』に秘められた不思議な力によって、「イセカイ界」と呼ばれる異世界に行くことができることを知り、「スピリット」たちを実際に召喚してカードバトルができる特別なカードバトラーとしての能力を手に入れた。 その後バシンは、学校で噂になっている伝説のXレアカード(エックスレアカード)が存在することと、それらを全て揃えたとき、伝説の最強王者との戦いが実現することを知った。同じように輝石を持つJ、スイレンなどのカードバトラーたちと、Xレアカードを巡って、激しいカードバトルを繰り広げていく。
2008年9月7日 – 2009年9月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“バトルスピリッツ 少年突破バシン 海外レビュー” の続きを読む

狂乱家族日記 海外レビュー

あらすじ

1000年前に現れた破壊の化身「閻禍」(えんか)は、「1000年後に自分の<<子供>>が世界に絶望をもたらす」という不吉な言葉を残し滅びていった。

それから1000年後、DNA鑑定の結果「閻禍の子供」の可能性のある人間・生物が複数発見された。そのどれが「閻禍の子供」であるかを確かめるため、ある作戦が決行されることになった。それは、「閻禍の子供」の可能性のある者を家族として共同生活させ、どれが子供かを確かめるという通称「なごやか家族作戦」。

対策局対策一課行動部隊長である乱崎凰火は、この任務を遂行するため「父親」として強制参加させられる。家族生活の中で、さまざまな(主に家族によって発生する)問題が襲い掛かるが、家族は力を合わせて乗り越えてゆく。
2008年4月12日 – 10月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“狂乱家族日記 海外レビュー” の続きを読む

あかね色に染まる坂 海外レビュー

あらすじ

私立アミティーエ学園に通う主人公・長瀬準一は高台にある夕陽丘公園から見える綺麗な夕焼けと、夕焼けに染まる街並みを見るのが大好きだった。ある日、準一はその公園で口論をする少女とその父親らしき男に出会う。その少女・片桐優姫は突然準一の腕を掴むと見ず知らずの準一のことを恋人だと言い、婚約の解消を父親に訴えた。訝しんだ父親は、「本当の恋人ならばキスくらいできるだろう」と切り出してくる。戸惑う優姫をよそに、空気を無駄に読んだ準一は優姫に唇を重ねるが、その考えは甘く、父親から聞かされた「その、長瀬準一君こそが、優姫の婚約者その人だぞ」という言葉に驚愕する。
知らない間に進められていた縁談。しかもその当人にはキスのせいで嫌われる始末。それにもかかわらず準一の父親の「学年が変わるまで共に過ごし、それでも恋愛感情が芽生えなければ婚約の解消を認める」という強引な提案をなりゆきで承諾させられ、微妙な関係のまま準一と妹・湊の暮らす家に優姫も同居することになる。
2学期の始業式の日。それまで穏やかだった準一の生活は、この日を境に大きな変化を迎えることになった。
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あかね色に染まる坂 海外レビュー” の続きを読む

乃木坂春香の秘密 海外レビュー

あらすじ

白城学園に通う綾瀬裕人はごく普通の男子高校生であり、平凡な日々を過ごしていた。一方、同じクラスメイトである乃木坂春香は容姿端麗・才色兼備な深窓の令嬢であり、学園のアイドルであった。特に接点があるわけではない二人であったが、ある日、裕人が親友の朝倉信長の代わりに図書室に本を返却しに行った際に春香がアキバ系であることを知ってしまう。

この一件から、裕人は自分の秘密を周囲に知られることを極端に恐れる春香をフォローすることになり、春香の妹の美夏やメイド隊を始めとする乃木坂家とも交流を深めていく。そんなある日、春香は自分のドジで自分の趣味を衆目に晒してしまう。裕人のフォローにより事なきを得るものの、春香はショックのあまり学校を休んで家に閉じこもってしまう。春香が中学時代に同様のミスを犯したことで周囲から孤立してしまい、それが深いトラウマになっていることを知った裕人は、これからも彼女を支えていくことを心に決める。
第1期:2008年7月 – 9月(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“乃木坂春香の秘密 海外レビュー” の続きを読む

無限の住人 海外レビュー

あらすじ

剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)に両親を殺され、実家の剣術道場を潰された少女・浅野凜(あさの りん)は仇討ちを遂げるため、不老不死の肉体を持つ男・万次(まんじ)に用心棒を依頼する。依頼を受けた万次は、凜と共に逸刀流との戦いに身を投じることになる。
2008年7月13日 – 12月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“無限の住人 海外レビュー” の続きを読む

恋姫†無双 海外レビュー

概要

上述の通り、『恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜』を原作としたアニメのシリーズ1作目として、『恋姫†無双』(こいひめむそう)のタイトルで、2008年7月から9月まで放送された。全12話。ゲーム版の主人公の北郷一刀は登場せず、愛紗が事実上の主人公となっている。また、一部のキャラクターの生い立ち等が変更されるなど、アニメオリジナルの人物や設定も散見される。作中、キャラのSD化、パロディー、百合要素が随所に盛り込まれ、明るい作風と遊び心満載の描写が多いのも特徴である。SD化については、等身大に差し替えたバージョンがDVDに特典として収録されており、選択が可能。
2008年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“恋姫†無双 海外レビュー” の続きを読む

喰霊-零- garei zero 海外レビュー

あらすじ

弐村剣輔は霊が視えること以外は普通の男子高校生だったが、ある日巨大な霊獣を使役して悪霊を屠る少女・土宮神楽と出会ったことから機密機関「対策室」に入り、妖怪や悪霊と奮闘することになる。
2008年10月~12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“喰霊-零- garei zero 海外レビュー” の続きを読む

ワールド・デストラクション 世界撲滅 海外レビュー

 あらすじ

世界の多くが砂海に飲み込まれ、獣人が人間を虐げる世界。

今ある世界を破滅させようとする「世界撲滅委員会」のメンバーの1人・モルテ・アーシェラは、世界を一瞬で破滅させる球体「デストラクトコード」により、世界を正そうとしていた。獣人を中心とした「世界救済委員会」は世界滅亡を阻止しようと、次々と追っ手を差し向けていた。
2008年7月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ワールド・デストラクション 世界撲滅 海外レビュー” の続きを読む

Mission‐E 海外レビュー

あらすじ

CODE-Eの5年後[2]の2022年。千波美は麻織とともに「OZ」のエージェントとして、TYPE-Eを敵視する「ファウンデーション」からTYPE-E能力を持つ人々を守る日々を送っていた。特殊能力を活かし、同じ力を持つ人と持たない人との共存を目指して戦う2人のヒロイン。5年前の事件を巡る因縁と誤解、力を持つ者を排除しようとする組織との戦いを描いたサイバーアクションストーリーである。
2008年7月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Mission‐E 海外レビュー” の続きを読む

夏目友人帳 海外レビュー

あらすじ

夏目貴志は幼少期に母、続いて父と死別し、父方の親戚をたらい回しにされてきた。普通の人には見えない妖怪が見え、妖怪によるトラブルに巻き込まれることも多かったことが災いし、「虚言癖のある薄気味悪い子供」と看做され、忌み嫌われてきた。葬儀の席で貴志の不遇を見かねた藤原滋は妻の塔子と相談し、貴志を引き取ることにする。子供の居なかった藤原夫妻は貴志を実子のように大切にする。貴志はようやく落ち着いた暮らしを送れるようになり、高校に北本や西村という友人が出来た。
第1期:2008年7月7日 – 9月29日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夏目友人帳 海外レビュー” の続きを読む

薬師寺涼子の怪奇事件簿 海外レビュー

概要

東大卒の警視庁キャリア官僚、加えて絶世の美女だが性格は最悪の主人公・薬師寺涼子が、部下を引っ張り回して怪奇事件を解決していくというストーリー。部下である苦労人の泉田準一郎による一人称視点で語られる。

作者自身が「ストレス発散のために書いた」と公言している通り、荒唐無稽な展開と設定が特徴である。作品が生まれたきっかけとしては「田中先生と当時の担当者との間で『近頃の作品の名探偵は皆悪びれているタイプばかりなので、そうではない、犯人に対して情け容赦ない探偵役を主人公にした話を。人間相手では加減してしまうから、魑魅魍魎を相手にしよう』という話がなされたと聞いている」との趣旨で『魔境の女王陛下』の編集担当者がインタビューに答えている。
2008年7月から9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“薬師寺涼子の怪奇事件簿 海外レビュー” の続きを読む

鉄腕バーディーDECODE 海外レビュー

あらすじ

謎の古代兵器「リュンカ」の強奪犯を追って未開の惑星、地球にやってきた連邦警察のアルタ人女性捜査官バーディー・シフォン=アルティラは、犯人を探し出すためグラビアアイドル有田しおんとして活動していた。そしてついに犯人を探し出すが、追いつめる中で誤って地球人の高校生千川つとむを殺してしまう。地球よりも進んだ連邦の技術を使ってつとむの体は修復されることとなるが修復には時間が必要であり、その間の措置としてつとむの意識はバーディーの体に移され、バーディーとつとむは1つの体に2人の意識が存在する「二心同体」となる。その後なんとか犯人を倒したバーディーであったが、その代償として長年のバディ(相棒)であったロボットのテュートを失い、リュンカの手がかりも失う。

つとむは、クラスメートで世界的企業の会長家令嬢・中杉小夜香と親交を深めていく。小夜香は通院先からの帰路、乗った車が大破する交通事故に遭ったものの奇跡的に傷一つ負わず、翌日には退院した。その後は病弱であった体も丈夫になり、嗜好も変わるなど人が変わったようになった。それは瀕死の重傷であった小夜香に、カペラがリュンカを寄生させたためであった。
2008年7月4日 – 9月26日(第1期)
2009年1月9日 – 3月27日(第2期)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鉄腕バーディーDECODE 海外レビュー” の続きを読む

西洋骨董洋菓子店 海外レビュー

あらすじ

橘圭一郎はあるきっかけで会社を辞め、洋菓子店を開く。そこで父親が橘のために選び抜いたベテランパティシエの小野裕介は、偶然にも高校時代の同級生のゲイであり、告白されてこっぴどく振った相手でもあった。

そこに元ボクサーで超甘党の神田エイジ、橘の幼馴染である小早川千影も加わり、一風変わった洋菓子店の営業が始まる。
2008年7月3日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“西洋骨董洋菓子店 海外レビュー” の続きを読む

RD 潜脳調査室 海外レビュー

あらすじ

2012年、フリーダイバーの波留真理は、建設中の人工島沖合で観測実験の最中、「海が燃える」現象に遭遇し、49年間も昏睡状態に陥った。2061年、長い眠りから覚醒した波留は81歳の老人となり、車椅子生活を送らざるを得なくなった。そんな中、波留は旧友・久島永一郎によって、メタリアル・ネットワーク(通称:メタル)の情報を調査する、電理研外部委託調査員に任命される。メタルは、安全で人々の欲望を満たす一方、現実世界(リアル)の世界に歪みが生じたからだ。こうして、波留は蒼井ミナモとバディ(英語で『相棒』の意)を組み、メタルとリアルの間で起きる事件や謎を追うことになる。
2008年4月8日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“RD 潜脳調査室 海外レビュー” の続きを読む

セキレイ 海外レビュー

あらすじ

2020年、新東帝都にそびえ立つ超巨大企業M・B・Iのビル頂上で1人の男が高らかに「鶺鴒(せきれい)計画」の発動を宣言した。放たれた108羽の「セキレイ」と呼ばれる戦士は、葦牙(あしかび)と共に最後の生き残りを掛けて闘い合うのだという。主人公・佐橋皆人は2浪決定の日、セキレイの1人・結と出会う。この出会いが、平凡で冴えない皆人の運命を大きく変えていくことになる。
第1期:2008年7月2日 – 9月17日
第2期:2010年7月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“セキレイ 海外レビュー” の続きを読む

キャシャーン Sins 海外レビュー

あらすじ

荒廃した世界にて、長い眠りから目覚めるもそれ以前の記憶を失っていたキャシャーンは、なぜか襲い掛かってくる敵と戦いながら自らの記憶を取り戻さんとする。

荒野をさすらうキャシャーンは、やがて様々なロボットや人間と出会い、自身の背負った “罪” を知ることになるのだった。
2008年10月 – 2009年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キャシャーン Sins 海外レビュー” の続きを読む

ウルトラヴァイオレット:コード044 海外レビュー

あらすじ

イルスを使った遺伝子操作によって、優れた戦闘力と引き換えに余命僅かとなった最強の女戦士・044(フォーティーフォー)は、政府から吸血鬼軍団・ファージとその首領・キングを殲滅する任務を引き受ける。しかし、044はその戦いの中で若いファージ戦士・ルカと出会うが、044は何故か彼を殺せなかった。その結果、政府のリーダー・ダクサス・ジュニアに裏切り者と見なされてしまい、ファージと政府の両方から命を狙われる。そして、044は傷ついたルカと共に逃走する。
2008年7月から9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ウルトラヴァイオレット:コード044 海外レビュー” の続きを読む

テレパシー少女 蘭 海外レビュー

あらすじ

至って普通の中学生・磯崎蘭は超能力を持っているが本人にその自覚は無かった。しかし、転校生・名波翠にテレパシーで話しかけられたことで自分が超能力者だと気づく。それ以来、彼女の周りで奇妙な事件が起こり始める。

蘭は翠や幼馴染の綾瀬留衣と共に調査に乗り出す。
2008年6月21日 – 12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“テレパシー少女 蘭 海外レビュー” の続きを読む

純情ロマンチカ 海外レビュー

概要

002年よりCIEL TresTresにて掲載され、2014年8月より新季刊雑誌「Emerald」に移籍し、連載中。

主題が「純情○○」形式のシリーズ作品であり、2017年12月現在、単行本は22巻まで刊行されている。

また、藤崎都と中村春菊との合作小説「純愛○○」シリーズが角川ルビー文庫より刊行中。
第1期:2008年4月 – 6月
第2期:2008年10月 – 12月
第3期:2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“純情ロマンチカ 海外レビュー” の続きを読む

秘密 トップ・シークレット 海外レビュー

あらすじ

舞台は西暦2060年の日本、「科学警察研究所 法医第九研究室」、通称「第九」。そこで行われる「MRI捜査」では、死者の脳から記憶を映像として再現する事が出来るが、解明不能な事件の真相にさえ繋がる有効な捜査手段でありながら、世間から強い偏見と反発に晒されていた。捜査を担当する職員たちも、凶悪犯罪に関わる凄惨な映像と日々向き合うことで苦悩し、心を病む者も多い。
新人の 青木 一行 は最先端捜査を担う「第九」に強い憧れを持って配属される。だが、死者の脳から記憶を辿り、被害者と加害者の「秘密」を暴きだすその仕事は、想像を絶する凄惨なものだった。事件の捜査を通じ、青木は尊敬する第九室長 薪 剛 が抱え持つ「秘密」とも向き合うことになる。
2008年4月8日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“秘密 トップ・シークレット 海外レビュー” の続きを読む

クリスタル ブレイズ 海外レビュー

あらすじ

近未来のアジア市外。表では経済が発展し自由と平等を享受している世界であるが、裏では人生に挫折し片隅─落伍者たちが集う、「はきだめの街」ラグス・タウンと呼ばれるスラム同然の街があった。この背徳の街でS&A探偵事務所というなんでも屋を経営している青年・シュウ。シュウは心の傷を負いながらも気ままな暮らしを謳歌していた。

そんな中、記憶喪失の少女・サラと出遭ったことから事態は急変。探偵見習いのアヤカやマナミたちとともに、ラグス・タウンを揺るがす事件に立ち向かって行く。これから彼の運命が大きく変わってゆくことになるなど、彼は当然知るよしもない……。
2008年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クリスタル ブレイズ 海外レビュー” の続きを読む

モノクローム・ファクター 海外レビュー

あらすじ

主人公昶(アキラ)は学校をサボり帰路につく途中、全身黒ずくめの怪しい人物に出会う。自らを「人型をした影」と話すその男、白銀(シロガネ)は「ずっとキミを探していた」という。あまりの白銀の怪しさに全く信用しようとしない昶に対し、白銀は「今日の夜10時にキミの学校に来てくれれば、影というモノがどういうものか見せる」という。
2008年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“モノクローム・ファクター 海外レビュー” の続きを読む