電脳コイル 海外レビュー

あらすじ

202X年。「電脳メガネ」と呼ばれる眼鏡型のウェアラブルコンピュータが全世界に普及して11年。「電脳」と呼ばれる技術を使ったペットや道具が存在し、インターネットも「電脳メガネ」を使って見る時代。

ヤサコこと小此木優子は、金沢市から大黒市に引っ越してきた。引っ越し早々に、ヤサコは謎の電脳生物イリーガルに遭遇する。電脳ペットのデンスケは、イリーガルからヤサコを守ろうとして古い空間に迷い込んでしまう。それを救ったのが「電脳探偵」を名乗るフミエだった。これをきっかけに、ヤサコは電脳探偵局に入会する。その夜、ヤサコは自分の幼い頃の絵日記に「4423」の文字と鍵穴のような絵を見つける。さらに、夢の中の鳥居が連なる階段で「僕は4423、君の兄だ」という声を聞く。翌日、ヤサコは転入した大黒市第三小学校でフミエと同じクラスになる。ところがその日の放課後、彼女らは市が導入している電脳空間のウイルス駆除ソフト「サッチー」に追われる。そしてそのどさくさのなか、デンスケが謎の少女に誘拐されかける。コイル電脳探偵局の主であるメガばあは、その少女の調査をフミエらに指示する。どのようにして少女を捜し出すか、思案にくれるふたりのまえに、もう1人の転校生として現れる少女。彼女こそが件の謎の少女、イサコこと天沢勇子だった。
2007年5月12日 – 12月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“電脳コイル 海外レビュー” の続きを読む

らき☆すた 海外レビュー

概要

本作のストーリー構成は、原作の内容を踏襲しながらアニメオリジナルのエピソードを盛り込んだ形となっている。原作が4コママンガのため、1分以内で終わるほどの短い話もあり、本編の息継ぎ的部分に配置されている。時系列も原作では高校1年生から開始しているのがアニメでは高校2年生からに変更され、時事ネタを扱ったものについても放送当時の直近のものに変更されている。
2007年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

1 つっぱしる女
2 努力と結果
3 いろいろな人たち
4 やる気の問題
5 名射手
6 夏の定番
7 イメージ
8 私じゃなくても旺盛
9 そんな感覚
10 願望
11 いろんな聖夜の過ごし方
12 お祭りへいこう
13 おいしい日
14 ひとつ屋根の下
15 いきなりは変われない
16 リング
17 お天道様のもと
18 十人十色
19 二次に本質あり
20 夏の過ごし方
21 パンドラの箱
22 ここにある彼方
23 微妙なライン
24 未定

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“らき☆すた 海外レビュー” の続きを読む

ぼくらの 海外レビュー

あらすじ

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。
2007年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“ぼくらの 海外レビュー” の続きを読む

モノノ怪 海外レビュー

あらすじ

「真(まこと)」「理(ことわり)」「形(かたち)」を見極め、モノノ怪を斬ることのできる退魔の剣を持つ、謎の男「薬売り」。真とは事の有様、理とは心の有様。そして、ものの形を為すのは、人の因果と縁(えにし)。剣に導かれてか、己の意思か、薬売りの行く手には必ずモノノ怪が剣が抜き放たれ、あまたの妖異と対峙するとき、浮かぶこの世のはれとは・・・?人の心とアヤカシが生み出す凄絶なる惨劇を、薬売りの悪露子
2007年7月12日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Asu1ypw3Vvs(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“モノノ怪 海外レビュー” の続きを読む

スクールデイズ 海外レビュー

あらすじ

伊藤 誠(いとう まこと)が“桂 言葉(かつら ことのは)”と出合ったのは榊野学園の入学式のとき。言葉は誠の隣のクラスで、同じ沿線から通っていて、毎日同じ時刻の電車に乗り本を読んでいる。気にはなるけど、遠くから眺めているだけ…。ただ、それだけの存在だった。携帯電話のおまじない…「好きな人の写真を待ち受けにして3週間、誰にもバレなかったら恋が成就する」誠はばかばかしいと思いながらも、電車で出会う言葉の姿を携帯電話の待ち受けにする。だが、そんな誠の待ち受け画面に映った言葉の写真を同じクラスで隣の席の“西園寺世界(さいおんじ せかい)”に見られてしまう。おまじないを始めて1日目ではかなく散ってしまった淡い期待だったが、世界が勝手に誠の待ち受けを見てしまったお詫びにと、誠と言葉の仲を応援したいと二人の間を取り持つ事に…。その日から誠の退屈だった日常が大きく動き始める。
2007年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“スクールデイズ 海外レビュー” の続きを読む

もやしもん 海外レビュー

あらすじ

種麹屋の次男坊である沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)は、菌やウイルスを視認し会話ができるという不思議な能力を持っていた。直保は幼馴染の結城蛍とともに、祖父の友人である樹慶蔵が教授を務める「某農業大学」へと入学する。院生の長谷川遥とゼミ生の武藤葵、密造酒の製造に失敗して多額の借金を背負うことになった2年の美里薫と川浜拓馬、偶然ゼミに参加することになった1年の及川葉月を加えた面々は、菌とウイルスに纏わる様々な騒動に巻き込まれてゆく。
第1期:2007年10月11日 – 12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“もやしもん 海外レビュー” の続きを読む

ハヤテのごとく! Hayate the Combat Butler! 海外レビュー

あらすじ

主人公である少年・綾崎ハヤテは平凡な公立高校に通う普通の高校1年生であったが、両親が博打や酒が大好きなダメ人間で生活費と学費を稼ぐためアルバイト漬けの毎日を送っていた。しかし作中時間の2004年、ハヤテ・高1の年のクリスマスイブ、両親が1通の置き手紙と1通の借用書を残して失踪。手紙には、両親が博打で作った1億5680万4000円の借金があること、そしてその返済のためハヤテを借金取りである鬼武者ノ小路系ヤクザに売り飛ばしたことが書かれており、ハヤテは愕然とする。
第一期2007年4月 – 3月
第二期2009年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“ハヤテのごとく! Hayate the Combat Butler! 海外レビュー” の続きを読む

CLANNAD 第1話 海外の反応

あらすじ

怪我でバスケットボールを断念し不良となっていた主人公の岡崎朋也は、ある日学園前の坂道で女子生徒の古河渚と出会う。渚は演劇部の復活を目指しており、朋也や朋也が教師幸村俊夫の働きかけで出会った友人の春原陽平、その他ヒロインらが演劇部の再建に協力していく。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

“CLANNAD 第1話 海外の反応” の続きを読む

ef – a tale of memories. 海外レビュー

あらすじ

学生でありながら少女漫画家としての顔を持つ広野紘は忙しい毎日を送っていた。クリスマスの夜、ひったくりを追う宮村みやこと出会う。学校での再会後、紘に興味を持ったみやこは紘に付きまとうことになる。幼馴染であり、紘に好意を寄せていた新藤景はみやこの登場により焦りを感じだし紘をめぐる三角関係へと発展していく。仕事、みやこと景との関係など多くの悩みに対して紘なりの答えを出していく様子が描かれている。
2007年10月 – 12月
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ef – a tale of memories. 海外レビュー” の続きを読む

スカイガールズ 海外レビュー

あらすじ

西暦2074年。3年前に世界を襲った謎の機械細胞群「ワーム」により人類は人口の3分の1を失うものの、人類軍の最終破壊兵器により壊滅した。

それから10年の年月が過ぎた。桜野音羽、園宮可憐、一条瑛花の3人は神奈川県横須賀市追浜[注 1]の基地に集められる。そこで目にしたものは今までの戦闘概念を根本から覆す新兵器、飛行外骨格「ソニックダイバー」であった。ワームとの戦いでの負傷によりパイロットを引退した冬后蒼哉中佐の下、ソニックダイバーパイロット候補生として3人の訓練の日々が始まる。しかし危機は迫っていた。10年の時を経てワームが復活したのである。桜野音羽、園宮可憐、一条瑛花の3人は、人類の未来と希望を乗せ、ソニックダイバーで大空を駆る。
2007年7月5日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スカイガールズ 海外レビュー” の続きを読む

AYAKASHI 海外レビュー

あらすじ

主人公・久坂悠は2年前に幼なじみが死亡して以来、何事にも関心を示さない無気力な学生として暮らしていた。しかし彼の前に謎の少女・夜明エイムが現れたことにより、彼の中で眠っていた何かが目覚めることに……。
2007年12月 – 2008年2月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AYAKASHI 海外レビュー” の続きを読む

神霊狩/GHOST HOUND 海外レビュー

あらすじ

遥か古来より、この世界“現世”は、別の世界“幽世”と重なり合っていた。

日本の原風景の面影を残す地方の小さな町・水天町。この町に住む中学生、 古森太郎と大神信は、それぞれ消し去ることのできない過去を持っていた。町の誰もが忘れられないでいる、11年前に起きた一つの事件。ある日東京から引っ越してきた転校生、中嶋匡幸は2人の過去に触れようとする。3人の出会いによって、各々に背負ってきた過去が絡み合っていく。そして、太郎の持つ力がもうひとりの少女との出会いを導いていく。

O.B.E.、“体外離脱体験”とも呼ばれる“魂抜け”を行えるようになった少年たちは、“幽世”を彷徨うことで不可思議な現象へと誘われ、常識を超えたものへと触れてゆく。死者の目撃。神霊の知覚。“想像”したものの発現。

だが彼らは“幽世”と11年前の事件には関係があるのではないかと気づいてゆく。
2007年10月18日 – 2008年4月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神霊狩/GHOST HOUND 海外レビュー” の続きを読む

しおんの王 海外レビュー

あらすじ

幼い頃に何者かに両親を殺害され、そのショックから事件での記憶と、言葉を失くしてしまった主人公の少女「安岡紫音」。殺害された両親の遺体には、犯人により「将棋の王将」が残されていたが、犯人の意図がつかめぬまま、事件は迷宮入りとなってしまっていた。

さらに、紫音の両親の殺害された翌日、羽仁真(当時八段)は、神園修から、初めてのタイトル「角聖」を奪取。そして同日、羽仁真の実弟・悟の婚約者であった瀬戸一美が心臓発作で死亡した。瀬戸一美は、事件の数日前に安岡家を訪れ、紫音にも会っていた。これらの事件の重なりは、果たして偶然なのか。
2007年10月13日 – 2008年3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“しおんの王 海外レビュー” の続きを読む

メイプルストーリー 海外レビュー

概要

2006年11月9日、ネクソンジャパン(日本法人)は、マッドハウスの協力のもとで「メイプルストーリー」をアニメーション化することを発表した。 メイプルストーリーを展開している各国に放送することを目的とし、ゲームユーザー以外の人々にも幅広く認知されることも製作の視野に入れている。テレビアニメは2007年10月7日から2008年3月30日まで、テレビ東京系列にて日曜 8:30 – 9:00に放送された(全25話)。ハイビジョン制作(アナログ放送は16:9レターボックスで放送)、字幕放送。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“メイプルストーリー 海外レビュー” の続きを読む

こどものじかん 海外レビュー

概要

この作品はあくまで一般向けの作品であり、作者自身は(エロで)「一般誌の限界に挑戦」しつつ「エロ漫画ではない」と語っている。

漫画、アニメとも話数は学校の時間割になぞらえて「○時間目」とカウントされる。作中の時間経過により、連載当初は小学3年生だったりん達は順に進級し、最終回前半までは小学6年生である。

掲載誌と内容の変遷について 編集
『COMIC HIGH』(双葉社)で2004年3月創刊号に読み切り作品として掲載され、第5号から正式に連載されるが、同誌が6号で一旦休刊したのに伴い連載終了。その後、2005年4月に新装刊した『コミックハイ!』VOL.1(漫画アクション増刊・2005年5月22日号)より旧『COMIC HIGH』時代の設定を全てリセットした上で連載を開始、2013年4月発売のVOL.97まで連載された。
2007年10月11日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こどものじかん 海外レビュー” の続きを読む

おおきく振りかぶって 海外レビュー

あらすじ

埼玉県の公立高校・西浦高校へと進学した三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。三橋が隣県の西浦高校へと進学したのは、その暗い思い出を拭うためだった。

西浦高校には、発足したての野球部(正確には軟式野球部が硬式野球部になった)があり、部員は新入生ばかり10人。しかも監督は、若い女性という部活だった。部員不足の野球部で、はからずも三橋はまたもエースを任せられてしまう。

三橋とバッテリーを組む、リードの得意な捕手・阿部 隆也(あべ たかや)は、三橋の独特の球筋と尋常でない制球力に気づき、当初は三橋を自分の言いなりに投げさせればいいと考える。しかし野球部の初試合となった因縁の三星学園との練習試合をきっかけに、阿部やチームメイトは本当のエースとしての三橋の成長を望むようになっていく。
第1期:2007年4月12日 – 9月27日
第2期:2010年4月1日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おおきく振りかぶって 海外レビュー” の続きを読む

レンタルマギカ 海外レビュー

あらすじ

人が思うより少しだけ世界には魔法が多く、人が思うより少しだけ世界には神秘が多い。

臆病で弱気な高校生・伊庭いつきが父の失踪を機に継ぐこととなった魔法使い派遣会社「アストラル」。慣れない経営に悪戦苦闘するいつきが、個性的な従業員たちと共に迫りくる敵と戦う異種魔法戦闘ファンタジー。
2007年10月 – 2008年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“レンタルマギカ 海外レビュー” の続きを読む

PRISM ARK 海外レビュー

概要

PRISM ARK』(プリズム・アーク)のタイトルで、2007年10月より独立UHF局系にて放送された。全12話。

主要スタッフは原作のオープニングムービー制作スタッフとほぼ同じだが、声優陣は原作やドラマCDからヒロインとキザーロフ以外の全員が変更となった。また、主人公もハヤウェイからプリーシアへ変更。そのため、原作でハヤウェイに起きたイベントがプリーシアで起きることが多い。

なお、監督の大張正己が本作の前に手掛けた『獣装機攻ダンクーガノヴァ』と同じく、本作にも過去の大張作品からのパロディが散見される。また大森英敏が参加した話では、『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』のようなカットイン演出が散見される。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“PRISM ARK 海外レビュー” の続きを読む

紅 kurenai 海外レビュー

あらすじ

五月雨荘に住む駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎の元へ、恩人であり尊敬する大先輩・柔沢紅香が1人の少女を連れて来た。世界屈指の大財閥の御令嬢、九鳳院紫の護衛を依頼したいと言う。世間知らずだが好奇心旺盛な紫との共同生活に慣れた頃、彼女を狙う人物が2人を襲う。依頼の裏に隠された彼女の真相を知ったとき、真九郎が選んだ行動は……。
2008年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“紅 kurenai 海外レビュー” の続きを読む

キスダム ENGAGE planet 海外レビュー

あらすじ

時にA.D.2031年。繁栄を続ける人類の前に、「ハーディアン」と呼ばれる未知の変異生物が確認された。それから20年。人類は、その言いし得ぬ脅威に対し結成された、国際防衛組織「N.I.D.F.」(Neo International Defence Force)の総司令、燻 京香を中心に持てる科学力を結集させ、戦闘機NES-1ヴァイパー&NES-2ドルフィンなどの開発をはじめ、人類の英知を結集させた数々の兵器を拡充し、来るべき“その時”に備えていた。

NES機パイロット候補生の哀羽シュウ達は、日々その目撃数が増す変異種の調査、そしてその出現に何らかの関係を持つという遺物「死者の書」の調査を進めていた。そして、科学主任・流姫那由乃の手によって死者の書は発見される。由乃が死者の書を持ち帰還する途中、ついにハーディアンが世界中に出現。東京を始めとした全世界の都市では人類による迎撃が為されていたが、ハーディアンの圧倒的な攻撃力を前に全く歯が立たない状態にあった。そんな中、由乃は自分を救うために傷付いた哀羽に伝承の遺物「死者の書」の力を与えてしまい、伝承者・哀羽シュウが誕生する。しかし人類を裏切った総司令の京香によって、科学主任の由乃は行方不明となってしまうのであった。

こうして由乃を探すため、かつての仲間達と関わりながら哀羽シュウの長く辛い戦いの旅が始まった。
2007年4月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キスダム ENGAGE planet 海外レビュー” の続きを読む

獣神演武 HERO TALES 海外レビュー

経緯

1998年頃、武侠ファンのサイトでオリジナル小説「獅子獣神演武」を書いていた大原信弥が、『三国志』同人つながりから、デビュー前の荒川弘に挿絵を依頼したことが始まり。

大原信弥は当時、スタジオフラッグに所属しており、そのスタジオフラッグの当時の社長・早坂哲也とともに最初のアニメ化を試みたが、荒川弘のデビューなどで企画は一旦消えた。

2005年より、ジェンコのプロデュースにより再びアニメ企画が動き出し、2006年10月より先行して漫画連載が開始。「最初はアニメ版キャラ設定だけだと思っていたのに、いつの間にか漫画版を描くことになってしまって」(荒川弘)。シナリオライター社綾が、アニメ用シナリオから漫画用に、「台詞の細かいところまでちゃんと書いてある」シナリオを書き起こし、荒川弘が作画。
2007年10月7日 – 2008年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣神演武 HERO TALES 海外レビュー” の続きを読む

しゅごキャラ! 海外レビュー

あらすじ

クール&スパイシーと評判の小学生・日奈森あむは、通っている聖夜学園の児童だけではなく、他校生からも尊敬されたり恐れられたりしているが、実際は意地っ張りで口下手で恥ずかしがり屋なごく普通の少女である。ある日、彼女は「どうかあたしに、なりたい自分に生まれ変わるための勇気をください」と願うと、翌朝彼女のベッドの中にチェック柄の3つのたまごが現れ、中からラン、ミキ、スゥの3人のしゅごキャラが生まれた。3人はともに彼女の「なりたい自分」が形になったものだった。

しゅごキャラが生まれたことで、あむは彼女と同じくしゅごキャラの持ち主の子供たちのみで構成された聖夜学園の組織・ガーディアンから、×たま(ばつたま)を浄化する特別役職・ジョーカーに任命される。さらには何でも願いを叶えてくれるという真っ白な卵・エンブリオを狙うイースター社との戦いに巻き込まれていく。彼女は×たま浄化を通じてイースター社側の人間をも改心させ、また彼女自身も成長していくこととなる。
2007年10月6日 – 2008年9月27日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“しゅごキャラ! 海外レビュー” の続きを読む

キミキス pure rouge 海外レビュー

あらすじ

主人公(デフォルト名は相原光一)は高校2年生の少年。今日から新学期。まだキスどころか恋愛の経験もなく、高校生活も残り半分過ぎてしまったことに気付く。このままではいけないと思った彼は、積極的に行動を起こそうと誓う。少年は様々な女の子と出会い、一つ一つの行動を選んで付き合いを深めた末に、勇気を出せば、きっと想いが通じるはず……。
2007年10月 – 2008年3月迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キミキス pure rouge 海外レビュー” の続きを読む

ef – a fairy tale of the two. 海外レビュー

あらすじ

雨宮優子と火村夕がクリスマスの教会で再会するところから物語が始まる。2人は過去の記憶を思い出し、再会を懐かしむ。そして1年前のクリスマスから今日までに起こった物語を優子が語りだす。

第一章 Chapter1: Miyako Miyamura “I’m here now.”
学生でありながら少女漫画家としての顔を持つ広野紘は忙しい毎日を送っていた。クリスマスの夜、ひったくりを追う宮村みやこと出会う。学校での再会後、紘に興味を持ったみやこは紘に付きまとうことになる。幼馴染であり、紘に好意を寄せていた新藤景はみやこの登場により焦りを感じだし紘をめぐる三角関係へと発展していく。仕事、みやこと景との関係など多くの悩みに対して紘なりの答えを出していく様子が描かれている。

転章
話は再び序章の続きへと戻る。優子は一章の内容にあたる物語を一通り語り終え、火村はその話の中で登場した人物に覚えがあり優子に問いかけるが答えられず、優子の失ったものについての謎が提示される。火村は優子の話の終わりから現在までの時間にあったことを問いかけ、それに答える形で優子の口からもう一つの物語が語られる。
2007年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ef – a fairy tale of the two. 海外レビュー” の続きを読む

スケッチブック full color’s 海外レビュー

概要

高校に入学した梶原空はどのクラブに入るか迷っていたが、見学に行った美術部に半ば無理やり入部させられてしまう。大宰府市を舞台に、個性的な美術部員たちの時にまったり、時にドタバタする日常を描いている。何本かの4コマにわたって展開されるストーリーもあるものの、基本的に1本の4コマ内で完結する。また、本作ではネコなど、数多くの動物が登場し、コマ割漫画ではこのネコ達をメインキャラクターとしたエピソードも存在する。

原作者の小箱が実際に体験した出来事をもとにしたネタも多い。
2007年10月1日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スケッチブック full color’s 海外レビュー” の続きを読む

ドラゴノーツ ザ・レゾナンス 海外レビュー

あらすじ

2年前の飛行機事故で家族を失い、唯一生還した少年カミシナ・ジン。事故機のパイロットがジンの父であったこともあり、ジンは周囲から非難と好奇の眼差しを受け、孤独な生活を送っていた。そんなある日、ジンは宇宙開発機関「ISDA」に呼び出され、ドラゴンの秘密を明かされた上で組織への協力を求められる。飛行機事故の事実を公表しないISDAに反感を抱き、組織への協力を拒否するジンだったが、トアという謎の美少女に危機を救われたことをきっかけに、次第にDプロジェクトに巻き込まれてゆく。
2007年10月3日 – 2008年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドラゴノーツ ザ・レゾナンス 海外レビュー” の続きを読む

CLANNAD 海外レビュー

あらすじ

怪我でバスケットボールを断念し不良となっていた主人公の岡崎朋也は、ある日学園前の坂道で女子生徒の古河渚と出会う。渚は演劇部の復活を目指しており、朋也や朋也が教師幸村俊夫の働きかけで出会った友人の春原陽平、その他ヒロインらが演劇部の再建に協力していく。
第1期: 2007年10月 – 2008年3月
第2期: 2008年10月 – 2009年3月 迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CLANNAD 海外レビュー” の続きを読む

ご愁傷さま二ノ宮くん 海外レビュー

あらすじ

世界各国を飛び回っている両親と放浪癖のある姉。4人家族なのに、なぜか丘にある大きな一軒家で一人暮らしをする高校生・二ノ宮峻護の元にとある兄妹が押しかけて来る。しかし、この2人には重大な秘密があった。兄・月村美樹彦はインキュバス、妹・月村真由はサキュバスと、他者から精気を得なければ生活出来ないという、とてつもなくやっかいな体質を持っていた。兄妹は峻護の姉・二ノ宮涼子と美樹彦が旧知の仲であったため、一人暮らしをする峻護の意見を軽く無視して、共同生活を開始する。さらに真由にはサキュバスの他にサキュバスとしては考えられない男性恐怖症といった体質も持っているため、これまた涼子と美樹彦は峻護の意見を完全に無視して、真由の男性恐怖症克服のためのパートナーとして彼を抜擢する。
2007年10月3日 – 12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ご愁傷さま二ノ宮くん 海外レビュー” の続きを読む

もっけ 海外レビュー

あらすじ

勿怪が見える姉・檜原静流(ひばらしずる)と、勿怪に憑かれやすい妹・檜原瑞生(ひばらみずき)。姉妹2人は、特異な体質から勿怪とともに呼び寄せてしまう様々な事件を、拝み屋を副業にしている祖父の助力と助言で乗り越えながら、少しずつ成長していく。
2007年10月2日 – 2008年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“もっけ 海外レビュー” の続きを読む

魔人探偵脳噛ネウロ 海外レビュー

あらすじ

謎を食糧とする突然変異種の魔人脳噛ネウロ。魔界の「謎」全てを喰らい尽くしてしまったネウロは、自らの脳髄の空腹を満たせる「究極の謎」を求め、人間界へと赴く。

人間界へと降り立ったネウロが最初に見つけた謎は、女子高生桂木弥子の父親・桂木誠一が殺された事件。警察の捜査が難航する中、ネウロは弥子に接触し自らの協力者(奴隷人形)として探偵を演じることを強要する。魔人の力をもって脅迫され、弥子は嫌々ながらもそれを引き受ける。前菜として近場の喫茶店で起きた事件を『魔界777ツ能力(どうぐ)』を駆使して解決し、そして桂木家の謎もあっさりと解いてしまう。
2007年10月2日 – 2008年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔人探偵脳噛ネウロ 海外レビュー” の続きを読む

ひとひら 海外レビュー

あらすじ

麻井麦は、一ノ瀬野乃の強引な勧誘により演劇研究会に入ってしまった。窮屈な部室で活動している演劇研究会は演劇部と対立しており、互いの存続を賭けて演劇公演での対決を控えていた。極度のあがり症から何度となく挫折しそうになるが、先輩たちや中学以来の親友である遠山佳代、高校で親しくなった神奈ちとせや西田甲斐らの支えもあって、麦は大きな成長を遂げていく。

野乃達は卒業し、佳代は留学。大きく環境が変わり2年生となった麻井麦は、演劇部に入部することを決意する。裏方を希望するも、「違う自分になる」という演劇の楽しさに触れ、役者として活動していく。
2007年3月28日 – 6月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ひとひら 海外レビュー” の続きを読む

Myself ; Yourself 海外レビュー

あらすじ

W県の南端に位置し、太平洋に面した人口5000人ほどの閑静な田舎町「桜乃杜町」に生まれ育った少年「佐菜」は、幼馴染の少女「菜々香」や従姉の「麻緒衣」、男友達の「修輔」、その姉「朱里」らと共に毎日楽しく暮らしていた。

小学5年の時に両親の仕事の都合で東京へと移り住んでいた佐菜は、5年後単身で再び故郷へ戻ってくる。そこで彼は初恋の相手だった菜々香との再会を果たしたが、彼女は5年前のような優しい笑顔を佐菜に向けることはなく、それどころか彼に平手打ちを浴びせたのだった。

今も変わらぬ思い出と、様変わりしてしまった風景。この物語では、彼ら若者達の青春時代を佐菜とその親友である修輔の2人の視点から描いてゆく。
2007年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Myself ; Yourself 海外レビュー” の続きを読む

ナイトウィザード The ANIMATION 海外レビュー

 概要

2007年10月より『ナイトウィザード The ANIMATION』のタイトルで独立UHF局、同年11月よりキッズステーションにて放送された。

ストーリーはオリジナルだが、雑誌に連載されたリプレイからのキャラクター・エピソード・設定を含んでおり、それらの後に起きた物語という設定になっている。また、主に前述されている『マジカル・ウォーフェア』の完結編として制作されているため、『ナイトウィザード The 2nd Edition』においては本作品を踏襲したシナリオが存在、登場人物の幾らかはNPC登録されている。そのため、リプレイと『ナイトウィザード The 2nd Edition』をあわせるとキャラクターの繋がりや話の構成の全貌が見え、より一層楽しめるようになっている。

なお、放送時間帯に流れたTRPG・書籍などのCMは、アニメ本編の1シーンの台詞を入れ替えたパロディになっていた。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ナイトウィザード The ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

素敵探偵☆ラビリンス 海外レビュー

あらすじ

首都機能をすべて新都に移され忘れられた街となった旧都・東京。一部の人々は未だ住み続けているが、街は荒廃し続け「迷宮〜ラビリンス〜」と呼ぶに相応しい状況と化していた。そこでは「幻夢事件」と呼ばれる怪事件・難事件が次々と起きており、その事件の裏には悪しき意思が蠢いていた。その事件に挑むのは不思議な力「神智」を使う少年探偵・日向繭樹。
2007年10月2日 – 2008年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“素敵探偵☆ラビリンス 海外レビュー” の続きを読む

BAMBOO BLADE バンブーブレード 海外レビュー

あらすじ

室江高校の剣道部顧問、「コジロー」こと石田虎侍は、愛車購入のためにかけたローンの支払いで、その日の食事にも困る貧乏生活の日々を送っていた。そんなある日、高校時代の先輩であり、同様に剣道の指導者となっていた石橋賢三郎から「自分が顧問を務めている町戸高校の剣道部に勝てたら、実家の寿司屋で1年間食べ放題」という条件で、女子剣道部の対外試合を持ちかけられる。条件に目がくらみ即諾したコジローだが、現在ほとんどの部員が受験引退もしくは幽霊部員と化している室江高校剣道部は、事実上の部員が部長の千葉紀梨乃ただ1人という有様で、5対5の練習試合をするには頭数がまったく足りなかった。
2007年10月1日 – 2008年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BAMBOO BLADE バンブーブレード 海外レビュー” の続きを読む

さよなら絶望先生 海外レビュー

概要

週刊少年マガジン』連載の漫画『さよなら絶望先生』を原作としたアニメシリーズ。コンセプトとしては「学園ブラックコメディー」と称されている。アニメーション制作はシャフトが担当し、2007年にテレビシリーズ第1作がアニメ化されてから現在までの時点でテレビシリーズが3作、OVAが2作製作されている。

テレビシリーズはチバテレビなどの独立U局などで放映された。OVAは受注限定生産方式のDVDで講談社によりOAD(オリジナル・アニメーション・DVD)という呼称がつけられ、OVA第1作の中巻以外はいずれも原作単行本の初回限定版に付属となっている。
2007年7月 – 9月(第一期)
2008年1月 – 3月(第二期)
2009年7月 – 9月(第三期)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“さよなら絶望先生 海外レビュー” の続きを読む

もえたん 海外レビュー

概要

初代もえたんを原作とし、担当声優はリスニングCDの声優をそのまま引き継いでいる。ネット体制、映像フォーマット、製作委員会の一部組み合わせなどは前番組『sola』より引き継ぐ形となる。

毎回の番組の最後に「もえたんコーナー」で英文を紹介し、また本編中でも数本の英文が会話の中に出てくる。しかし、出演声優の英語の発音は必ずしも良いものではなく、また英文も原作通りに難解あるいは実用度の低いものが多いので、原作以上に英語の勉強には適さない。また、DVDでは本編中の英文の字幕をオフにする機能があり、解説書には本編のシーンを使った英会話文が収録されている。

作中で使われている英文だけでなく、アニメ自体にも川口敬一郎監督が手がけた作品に関連する作品をはじめ、各種作品のパロディが多数見受けられる。
2007年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“もえたん 海外レビュー” の続きを読む

シグルイ 海外レビュー

あらすじ

寛永6年9月24日、駿府城内で御前試合が行われることとなった。御前試合は、慣例として木剣を使用することになっているが、周囲が諌めたにもかかわらず、駿河大納言・徳川忠長の命により、今回は真剣を用いることが決定され、剣士達による凄惨な殺し合いが幕を開ける。その第一試合、隻腕の剣士・藤木源之助の前に現れた相手は、盲目・跛足の剣士、伊良子清玄だった。まともな試合ができるかどうか危ぶむ周囲の心配をよそに、伊良子は奇妙な構えを取る。刀を杖のように地面に突き刺して足の指で挟み、体を横に大きくのけ反らせるように捻るという構えに群衆が唖然とする中、対する藤木はまったく動じることなく刀を抜き放ち大きく構える。両剣士には浅からぬ因縁があった。
2007年7月19日 – 10月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シグルイ 海外レビュー” の続きを読む

ぽてまよ 海外レビュー

あらすじ

ある日、森山素直が学校に連れて来た不思議な女の子「ぽてまよ」。言葉はほとんど話せないが、そのかわいさで一躍クラスの人気者に。しかし、人の心が読めるぽてまよは、密かに素直に憧れているクラスメート・夏みかんには気を許さない。

そんなある日、ぽてまよと同じく不思議な女の子が現れる。巨大な鎌を持ち、無言で何でもぶった斬る恐い子だが、素直たちのクラスメート・高見盛京の作る「ぐちゅ玉」になついてしまったことから「ぐちゅ子」と名付けられる。
2007年7月6日 – 9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぽてまよ 海外レビュー” の続きを読む

ムシウタ 海外レビュー

あらすじ

希望や願望や欲望が飽和しやすく、時に彼らが生きる目的そのものともなる、さまざまな「夢」を抱いて生きる少年少女達。

その夢が自らの器から漏れ出すほど大きく、抑えきれなくなった時、いずこからか現れて夢を食らい様々な物を奪っていく代わりに、望みもしない強大な力を与える昆虫に似た超常の存在「虫」。

“虫”に寄生された者たちは「虫憑き」と呼ばれ、公には存在しないとされているにも拘らず、もはやその単語を知らない者はいない。目撃証言や虫憑きのものと思われる異常現象は年々増加し、噂の範疇から抜け出ていないにもかかわらず人々の間で差別と恐怖の対象になっていた。
2007年7月5日 – 10月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ムシウタ 海外レビュー” の続きを読む

ドージンワーク 海外レビュー

概要

ある日長菜なじみは、友人でクラスメイトの露理に誘われて同人誌即売会の売り子に行くことになる。そこで幼馴染のジャスティスと出会い、露理とジャスティスの二人が膨大な部数を売り上げていることを知り、自分も同人活動を始めることを決意した。

本作は、同人誌の制作現場、即売会での頒布模様、日常生活の主に3つの舞台で繰り広げられるコメディである。一部に不条理ギャグが含まれ、スラップスティック感は余りない。下ネタが非常に多いが、アニメ版では多少緩和されている。4コマ漫画では多用されるキャラクターのデフォルメや低頭身化をあえて行っていないのも特徴で、キャラクター達が時折見せるリアルな表情がギャグとして定番化している。
2007年7月3日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドージンワーク 海外レビュー” の続きを読む

ZOMBIE-LOAN 海外レビュー

あらすじ

死神の目を持つ女子高生・紀多みちるはある日、半年前の陸橋陥没事故から奇跡の生還を果たしたことで有名なクラスメイト・赤月知佳と橘思徒の首に死を予兆する黒い輪(リング)を見つける。実は、2人は一度死亡するもローンを組んでゾンビとして生還していたのだった。みちるは、自分の能力「死神の目」に目を付けた2人の借金返済のためにゾンビ狩りに協力することになる。少女と2人の少年が紡ぐ、死と再生……魂の物語。
2007年7月3日 – 9月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ZOMBIE-LOAN 海外レビュー” の続きを読む

CODE-E 海外レビュー

あらすじ

電磁波事件多発! 疑わしきは転校生?
舞台は隕石が落下してから20年後の2017年。
吉祥寺にある高校に転校することになった海老原千波美は、感情が高ぶると周囲の電子機器を狂わせる能力『TYPE-E』の持ち主だった。本人の意志に関係なく発動する特殊能力のため、否応なくトラブル(電化製品にノイズを発生させたり、壊したりしてしまう)を引き起こしてしまう。ヒロインと科学バカの男子生徒とのドタバタラブコメである。
2007年7月3日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CODE-E 海外レビュー” の続きを読む

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 海外レビュー

あらすじ

海猫市緒ノ島(おのしま)[1]の海岸に、家つきイカダに乗った父娘がやって来た。少女の名は蜷川あむろ。「県立海猫商業高等学校」(通称「海商」「ウミショー」)[2]に転校する為、はるばる沖縄から航海してきたという。

その不思議な泳力を買われ水泳部入りするあむろ。ドタバタの騒動を引き起こしつつもウミショーの人気者になってゆく彼女に最も心惹かれたのはマネージャーの沖浦 要だった。
2007年7月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 海外レビュー” の続きを読む

ななついろ★ドロップス 海外レビュー

あらすじ

主人公・石蕗正晴は、根は優しいけど人付き合いが苦手な、少し不器用な少年。そのため、新しいクラスになかなか馴染めない日々を過ごしていた。

そんなある日の放課後、正晴はふとしたことでクラスメイトの秋姫すももと八重野撫子と共に園芸部の手伝いをすることになる。仕事を進め、一段落したところで休憩のついでにジュースを買いに行く正晴。しかしその帰り、怪しい男とぶつかり自分の買ったジュースと怪しい男が持っていたジュースが入れ替わってしまう。そうとは気づかず、そのジュースを飲んでしまった正晴は羊のぬいぐるみの姿になってしまった。ぬいぐるみとなって動けなくなった正晴は、彼を探しに来たすももに拾われ教室に運ばれる。そこへ通りかかった学園の教師・如月ナツメに助けられ、ぬいぐるみの状態でも話し、動くことができるようにしてもらう。
2007年7月 – 9月迄放送  (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ななついろ★ドロップス 海外レビュー” の続きを読む

鉄子の旅 海外レビュー

概要

旅の案内人として横見浩彦が同行する鉄道紀行漫画。コンセプトは、鉄道にまったく興味のない作者が鉄道好きのトラベルライターの横見に嫌々日本全国の鉄道に連れ回されるというもの。通常、旅をするメンバーはキクチ(作者)、横見、編集者で、時折ゲストが随行する場合もある。

略称は鉄子(てつこ)で、主要な登場人物たちも使用している。

足掛け5年にわたり連載が続いたが、菊池の体力の限界を理由に2006年12月号の第48旅をもって終了した(連載漫画の単行本としては全6巻)。2007年6月よりファミリー劇場にて放送されたアニメの宣伝のため2008年3月号までコラムが掲載、2007年4月号、7月号、8月号に読み切りが掲載された。アニメ終了後もカラー特別版や日本縦断弁当が販売されるなど企画が行われた。連載終了後のコラムと読み切りにその後の企画についての書き下ろしを加えて「プラス」を刊行。

番外編として、明知鉄道を舞台に矢野直美を旅の案内人として小学館の月刊誌『ラピタ』2005年3月号に掲載、矢野の『おんなひとりの鉄道旅』文庫版西日本編に収録。
2007年6月24日 – 2007年9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鉄子の旅 海外レビュー” の続きを読む

湾岸ミッドナイト 海外レビュー

概要

主人公・朝倉アキオが駆る「悪魔のZ」こと初代フェアレディZ(S30型)と、それを取り巻く人間模様、そして主に首都高において公道バトルを繰り返す自分たちが狂っていると自覚しながらも「悪魔のZ」に挑んでは消えていく数多くの挑戦者達の様子を描いている。ストーリー構成は「悪魔のZ復活編」(悪魔のZ編)から始まり、「イシダ編」(悪魔のZ編並びにイシダ編)→「平本編」(とびっきりのGT-R編)→「マサキ編」(赤坂ストレート編)→「圭一郎編」(モンスターマシン編)→「黒木編」(R200CLUB編)→「エイジ編」(阪神高速環状編)→「城島編」(幻のFC編)→「友也編」(ガレージACE編)→「マコト編」(幻のF1タービン編)→「ユウジ編」(地上のゼロ編)→「荻島編」(FDマスター編)と、おおまかに分類することができる(なお、この分類は解説のための便宜的なもので作中での名称および区分ではない)。
2007年6月15日 – 2008年9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“湾岸ミッドナイト 海外レビュー” の続きを読む

デビルメイクライ 海外レビュー

概要

007年6月14日より9月6日まで、WOWOWにて毎週木曜23時00分から23時30分(JST)に放送。原作のキャラクターと設定を用いてアニメオリジナルのストーリーを描く。全12話。少しひねくれた色男・ダンテ達と彼等を取り巻く登場人物達とのエピソードをほぼ1話完結で放映している。後にドラマCDも発売した。

原作であるゲームシリーズを繋ぐ重要な物語であり、ほとんど語られる事のない事務所「Devil May Cry」での日常などが描かれている。

ゲームと異なり、音声は日本語となっている。なお海外版の音声は、一部ゲームと同様のキャスティングがなされている。

この作品を収録したDVD&Blu-ray版が発売されている。バンダイチャンネルでも配信されている。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デビルメイクライ 海外レビュー” の続きを読む

アフロサムライ 海外レビュー

あらすじ

「一番」のハチマキを持つ者は世界を制する力を得る。「一番」に挑戦できるのは「二番」のハチマキを持つ者のみ。だが「二番」に対しては誰でも挑戦でき、ハチマキを狙う者達から常に襲われ続けることになる。かつて「一番」を持つ父を殺されたアフロは復讐のため「二番」を手に入れ、終わることのない戦いに身を投じる。
2007年5月3日放送開始(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アフロサムライ 海外レビュー” の続きを読む