電脳コイル 海外レビュー

あらすじ

202X年。「電脳メガネ」と呼ばれる眼鏡型のウェアラブルコンピュータが全世界に普及して11年。「電脳」と呼ばれる技術を使ったペットや道具が存在し、インターネットも「電脳メガネ」を使って見る時代。

ヤサコこと小此木優子は、金沢市から大黒市に引っ越してきた。引っ越し早々に、ヤサコは謎の電脳生物イリーガルに遭遇する。電脳ペットのデンスケは、イリーガルからヤサコを守ろうとして古い空間に迷い込んでしまう。それを救ったのが「電脳探偵」を名乗るフミエだった。これをきっかけに、ヤサコは電脳探偵局に入会する。その夜、ヤサコは自分の幼い頃の絵日記に「4423」の文字と鍵穴のような絵を見つける。さらに、夢の中の鳥居が連なる階段で「僕は4423、君の兄だ」という声を聞く。翌日、ヤサコは転入した大黒市第三小学校でフミエと同じクラスになる。ところがその日の放課後、彼女らは市が導入している電脳空間のウイルス駆除ソフト「サッチー」に追われる。そしてそのどさくさのなか、デンスケが謎の少女に誘拐されかける。コイル電脳探偵局の主であるメガばあは、その少女の調査をフミエらに指示する。どのようにして少女を捜し出すか、思案にくれるふたりのまえに、もう1人の転校生として現れる少女。彼女こそが件の謎の少女、イサコこと天沢勇子だった。
2007年5月12日 – 12月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“電脳コイル 海外レビュー” の続きを読む

らき☆すた 海外レビュー

 概要

本作のストーリー構成は、原作の内容を踏襲しながらアニメオリジナルのエピソードを盛り込んだ形となっている。原作が4コママンガのため、1分以内で終わるほどの短い話もあり、本編の息継ぎ的部分に配置されている。時系列も原作では高校1年生から開始しているのがアニメでは高校2年生からに変更され、時事ネタを扱ったものについても放送当時の直近のものに変更されている。
2007年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

1 つっぱしる女
2 努力と結果
3 いろいろな人たち
4 やる気の問題
5 名射手
6 夏の定番
7 イメージ
8 私じゃなくても旺盛
9 そんな感覚
10 願望
11 いろんな聖夜の過ごし方
12 お祭りへいこう
13 おいしい日
14 ひとつ屋根の下
15 いきなりは変われない
16 リング
17 お天道様のもと
18 十人十色
19 二次に本質あり
20 夏の過ごし方
21 パンドラの箱
22 ここにある彼方
23 微妙なライン
24 未定

185008957

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

ポイントを逃すのを止める

これは、食べたり、電話ゲームをしたり、眠くてリラックスしようとするときに見る素晴らしいショーです。人々が過度に深刻な「レビュー」を与えてくれたのは、このようなショーの目的が欠落していることです。

このショーはThe Great British Bake Offです。このショーは「絵の喜び」です。このショーは、それがそこにあるために見るもので、それがそこにある理由です。それはあなたにプロットを与えるためにそこにはない、それは(大)キャラクターの発展のためにそこにはない、時にはギャグのためにそこにさえない。

かわいいライトパレットクレンザーです。ユーモアは性的ではありません。かわいい女の子はかわいいこと100%と何もしていない。

プロットのないモエのショー

このショーは私のものではない極端なモエです。エピソードの半分はどの女の子がどのように食べ物を用意して食べるのか話しました。私は主にアクション、プロットドリブンアニメ、コメディーのロマンスアニメを見ていますが、私のような男のためのフィールドではない女性の視聴者

真のプロットのない最高のストーリー

ラッキースターは私が見てきた最高のショーですが、実際の葛藤はありませんが、同時に日常の小さな喜びを魅了しています。より深く重いストーリーのショーを見た後であなたを元気に戻す良いショー、正直なところ多くは起こらないので、他のショーの間で見る素晴らしいショーです。私は決してあなたの顔の生活の中で感じる全体のキャラクターだけでなく、全体の疲れを感じることはありません。

時間の価値がある古典的なスライス・オブ・ライフ/コメディ

ラッキースターは、スライス・オブ・ライフの古典です。どん欲いのハイ・ジンクス、超現実的な間奏、または神秘的な話す猫は期待しないでください。普通の話題について話しているのは、4人の少女(後で少々追加されます)です。ショーの魅力を説明するのはちょっと難しいですね。普通のように聞こえますか?鈍い、さえ?正直、女の子のキャラクターは本当に深いものではありません。

たぶんそれは最後までに見える真の魅力です。たぶんそれは、それ自体が陽気な素晴らしいオープニングの歌とダンスの数です。たぶん、ショーがどのように普通に楽しまれているのか、また、普通のものでさえも、正しい見通しで楽しいことができるのかを見せてくれるかもしれません。

しかし、1つの注意点…私は各エピソードの終わりにラッキーチャンネルschtickの魅力を理解したことはありません。その2つは誰ですか、なぜ私は気にする必要がありますか?私は、たいていは文字通り同じギャグなので、終わりを過ぎてスキップします。

魔法が何であれ、それがうまくいくのですが、あなたがスライス・オブ・ライフのジャンルのファンであれば、これは間違いなくあなたの必見のリストに入れなければなりません。

今までで最も面白いショーの1つ

これはおそらく私が今まで見てきたライフとコメディーアニメの中でも最も大きなものです。それがアニメの経験と考えを分かち合いたいと思った理由です。

アニメは誰にとっても必ずしもそうではありませんが、明らかにモエとコメディアニメを愛する聴衆を対象としています(基本的には最も笑)

特定の人々や年齢層にとって、これはわかりやすく、それ。これは必ずしもあなたがそれを理解していないという意味ではありません。

それは実際にプロット(おそらく小さなビット)を持っていないので、プロットのために、しかし主にコメディのために見てはならない。

一部の人々は、彼らがアートスタイルを好まないと言う、それは基本的にちょうど古典的なちびスタイルです、

そして、結論として、私は、ほとんどの人がこのアニメに関連していて、それを試してみるべきだと言います。

私の経験では、あなたはこのショーが好きか、あなたはそれを嫌いです。
GL

これまでに作られたオタクに関する最高のコメディアニメ。

主人公は完璧な女の子ではありません、それは楽しい、楽しいと楽しいです。
本当に良くて人気のある番組(イニシャルD、ポケモン、涼宮ハルイなど)の参考になります。
あなたがオープニングを除外し、それに飽きさせないだけの十分なエピソードがあるならば、ファンサーリズムはありません。

私はラッキースターは、あなたが人生のスライスのファンではない(私はどちらかではない)、あなたはかわいい女の子がかわいいものを好きではないとしても、あなたが見なければならないユニークなアニメだと思います…私は主な理由これは他の何よりもコメディアニメだということです。
それは私がまだそれを楽しんでいるので、(私はちょうどデトロイトメタルシティ、もう一つの小さくて楽しいコメディアニメのように)毎回リビューする少数のアニメの一つです。

物質のない綿毛:Azumanga Magicを捕まえられない

この番組が最初に放映されたときに、私はAzumanga Daiohに対する私の愛のために複数の勧告があるため、最初のエピソードをチェックアウトしました。最初のエピソードは私を退屈させ、すぐにシリーズを書きました。

数年後、私はそれを書き留めた後に巨大なファンサイトを開発したので、このシリーズの多くを見てみることにしました。そして、最初のエピソードの後に​​はもっと良くなっていると多くの人が教えてくれました。まあ、私はまだそれがもっと良くなったとは思わなかったし、それはAzumanga Diaohが持っていたその魔法も、Nichijouが後に捕まえた魔法も捕らえたことはなかった。キャラクターはちょうど迷惑をかいていました。私が愛していた古いショーの多くは、古いアニメファンに恋しさを感じさせてくれるような感じがしていました。 (例えば、Seinfeld、または以前に言及したAzumanga Daiohのように)プロットして作業しています。

私はめったにショーのレビューを書いているが、ラッキースターはショーを見ようとしていた最悪の経験でなければならない。決して私は13回のエピソードの周りを回ることを強いられなければならなかった(私は24回のエピソードのすべてを通して得ることができなかった、私がした限りでさえ獲得すべきではない…私はドラえもんのテーマを含むエピソードを参照してください)、私はそれを見て自分の時間を無駄に感じるようなシリーズを持っていることは決してありません。

あなたがこのシリーズが好きなら、それは素晴らしいことです。それは放映されたときに遡って巨大なものを持ち、多くの人々が楽しんだものでした。一方、あなたはこのシリーズのアイデアが好きだけど、私のようにコアに絶対に腐っていると感じました。アズマンガダイオにもニッチョウを与えてください。これらの2つのシリーズはあなたの好みにはるかに多いかもしれません。

生命のアニメのスライスのSeinfeld

時には、異なるジャンルの古典について人々が話すのを聞くこともあります。クラシックカー、クラシックロック、クラシック音楽など…

これは、スライスオブライフのジャンルの少数のアニメの1つです。声の演技は知的で、いくつか陽気な状況での前後の解説に非常に良いです。私は個人的には、それが少し速いペースとユーモアのための頬のほんの少しの舌で、Azumanga Daiohの精神的な後継者だと考える。

Nichijouのようなショーは、これらの初期のショーを通して開発されたファンベースから構築されました。時にはそれは終わりについてではなく、旅を楽しむことであることを示す。

私はあなたが最初の実行中にやったように、このショーを楽しむことを願っています!

ぼくらの 海外レビュー

 あらすじ

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。
2007年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

hqdefault

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

メカパイロットがここに

本当に本当にメカ・パイロットになりたいですか?エイリアンレースが近くのメカを落としてパイロットに頼んだらあなたは?または、あなたがキャッチを聞くまで待っていますか?彼らはビデオゲームのベータテストにサインアップしていると言って、すぐに別のメカとの戦闘にあなたを投げ込んだと言って、あなたを誘惑してからは大したことではありません。戦うか死ぬ?それは公正な質問ですか?敵のメカを操縦している他の人はどうですか?彼らはどのようにこのすべてについて感じますか?あなたは英雄になりたいですか?あなたの友達を救いたいですか?自分を救いたいですか?またはそれらをすべてねじ込むだけですか?

ぼららんへようこそ。この重く心理的なメカシリーズは、あなたの通常のメカアニメとして詰め込まれたアクションではありませんが、素晴らしい時間です。マドカマギカは魔法少女に、ぼくらのはメカに、ぼくらのはマドカマギカに4年先行している。あなたが1つ好きだったら、もう1つは好きかもしれません。

エヴァンゲリオン新劇場版15

このアニメには、エヴァンゲリオンと共通の特徴がたくさんあります。スーパーアクションパックではないので、ガンダムタイプの戦闘は期待しないでください。戦闘はより予約されており、元のEvangelionシリーズと非常に似ています。15人の主人公はシンジにも似ていて、誰もそこにいてほしくない、彼らがうんざりしている、感情的に不安定であるという点で。全体的にアニメはかなり楽しいです。特に、暗いテーマやキャラクターが死んでいるのが好きな人は好きです。

また、これは実際にスポイラーではなく、おそらくエヴァンゲリオンのための小さな欠片です。

・巨大ロボットの脱構築

僕らの能力を超えて、他の世界の渦巻いている小さな個人的な物語のようなものです。

プロットに焦点を当てたアニメを探しているなら、これはあなたのためではないかもしれません。そのキャラクターとプロットにどのように反応するかに焦点が当てられています。
愛らしい人物を探しているなら、いくつかはいますが、多くは可愛くなく好きではありません。世界人口の小さなサンプルのように、すべての性格、彼らの信念、またはアクションを好きでも同意もしません。
派手でエキサイティングなメカバスでアニメを探しているなら、これはあなたのためではないかもしれません。頻繁にバトルがありますが、短くて派手ではない傾向があります。これは単にキャラクターが関与して反応するメカニズムであるためです。
例えばグレンラガンのような大規模で終わるショーを探しているなら、ここでそれを見つけることはできません。僕らは黙って終わります。
あなたが幸せなショーを探しているなら、これはそうではありません。

私は脱構築アニメのファンであることがあります(あなたがこの言葉に精通していなければ、マドカマギカを考えてください)ので、私は数年前にこのアニメの事を聞くと、すぐにこのシリーズを見に来なければならなかった。私は人間の状態を見る心理的なアニメが好きです。私はこのような現実世界の懸念を反映したアニメが好きです。僕らのを見てもらうことを強くお勧めします。

オープニングテーマは3つ星を独占

真剣にも、これは私が数年前に聞いた中で最も美しいオープニングテーマです。

シリーズはかなり上手くジャンプしているので、あなたはキャラクターを知るのに多くの時間を費やすことはありませんが、シリーズの過程でそれぞれのことをよく知ることになります。

巨大なロボット戦闘がありますが、実際には十代のパイロットについての話ではありません。いくつかのエピソードではロボット戦闘はまったくありませんが、それらのすべては、若者の早期発症時にさまざまな場所からのさまざまな人々の非常に重い個人的な問題を扱います。それは絶対に優れています。彼らがかなり腹が立っているので、各エピソードの後に​​少なくとも1時間か2日かかって、それに含まれる問題を噛んだほうがいい。

マドカマギカに対する別の査読者の比較は、正確で洞察に満ちており、私はそれを作って欲しいと思います。

心に響く古典アニメをお見逃しなく!

僕らのは、私が頻繁にアニメを見始めるようになった作品の一つです。確かにグラフィックスは偉大ではありません(2007年基準の場合でも)。しかし、それはぼくらのの話ではありません。それは彼らが直面しなければならないことを知らなかった戦いのために意図せずにサインアップしている十数人の子供たちの話です。キャラクターは本物で、方向性は抜群で、何よりも希望に関する話です。逆境と大きな闘いの中で、人間の精神がどのように選ぶのか、希望と忍耐力はどのようになっていますか?私はこのような信じられないほどのアニメに酔いしれていたいと思っている人のためにこれをお勧めします。

非常に異なる、感情的なメカ/人間のアニメ

プレゼンテーションでは、子供たちがゲームをしたり、他の人たちに対して巨大な黒いロボットを操縦することについての話だったので、私はその話が何であるか疑問に思っていました。メインストーリーは急速に暗く感情的になりましたが、各「パイロット」と家族の内部的な発達は、動いていく動機でした。優れた言葉で涙が私の目に届きましたが、一部の人はあまりにも過酷で、過度に過ぎていました(パイロット/生徒と教師のセックスシーンなど)がありましたが、 Eartnとその家族、特に最悪の子供6月のために戦って成熟した。成人は混乱していた:勇敢な人もいれば、いつものように絶対的な馬鹿だった人もいた。

ほとんどの主人公が家族のメンバーや多くの無実の市民とともに死んでいるので、体数は膨大です。しかし、これらの戦闘の背後にある秘密がエピソードによって明らかにされたとき、死はより意味がある。結末は満足していて、私は悲しいが、よく楽しませた。

あなたが宗教的で、唯一の宇宙と1つの地球を信じているなら、このアニメはあなたを途中で止め、さらにあなたを怒らせます。しかし、あなたの心が開いていれば、私たちの宇宙についての他のアイデアを受け入れて、本当に挑戦的な見方をして、それを完全に見守ることができます。

他の人が投稿したように、メインのオープニングソング「アンインストール」は非常に美しく、忘れられない(意味が最後の近くに現れている)ので、私はそれをオンラインで見つけて、歌と楽器の両方のバージョンをダウンロードした。最後の曲「Vermillion」の第2曲は、最初の「Little Bird」よりも優れています。

私がしたようにこのアニメを楽しんで、それぞれの人生が自分自身、あなたの家族、またはあなたがすべて住んでいる宇宙全体を守るために数え切れないことを忘れないでください。

私がこのジャンルで見たより良いアニメの1つ

私はこのショーを見てからしばらくしていたので、それは本当に激しいこと以外のレビューを賢明に言うことはあまりありません、私はそれをたくさん楽しんで覚えています!私はメカを避ける傾向があるので、私はそれのトンを見ていないが、これは私が見たもののはるかに私のお気に入りです!

暗闇の中への航海の準備

これは素晴らしいアニメシリーズです。巨大なメカのアニメの偉大な解体です。私は実際に元の漫画よりもそれが好きです。私は5つの星を与えたい…しかし、私はできません。実際、私は人々がそれを低い評価にしたい理由を簡単に知ることができます。

ショーは激しく落ち込んでいます(しかし、マンガほど憂鬱ではありません)。芸術はせいぜい平凡なものです。これは非常に混合した反応を起こすために拘束されています。それは、悪夢のような状況に直面している人々、特に子供のキャラクター研究です。巨大なメカを試して世界を救う?それに幸運、子供たち。

私は、ドラマに焦点を当てていることは、楽しさから少し落ち込むと思う。エキサイティングな巨大なメカの戦いを期待している人は、失望することになります。それはちょうどそのような種類のショーではない。それでも、プロットは思慮深いので、見守る価値があると思います。

驚くべき非常に過小評価されたメカ/ドラマアニメ。

Bokurano Oursは驚くべきアニメや漫画で、激しい契約に騙された子供たちのことです。このアニメはメカの脱構築ですので、まどかマギカやエヴァンゲリオンのようなアニメを楽しんだら、私たちは十分に僕らを推薦することはできません。

あなたはこれを見たいと非常に確かめてください…

これは、憂鬱で暴力的な、死に満ちたアニメです。私は5つの星を付けました。しかし、私は本当にあなたがそれを見るのをお勧めしていません。

間違えないでください、それはとてもうまく書かれています!しかし、とても多くの人々が死ぬ。英雄さえも死ぬ。そして、時には彼らは英雄の代わりに悪役です。

私はこのアニメが見つからなかったと思う。私は単純に放棄するのはあまりにも良いことですが、それは私が終了するにはあまりにも憂鬱でした。

モノノ怪 海外レビュー

 あらすじ

「真(まこと)」「理(ことわり)」「形(かたち)」を見極め、モノノ怪を斬ることのできる退魔の剣を持つ、謎の男「薬売り」。真とは事の有様、理とは心の有様。そして、ものの形を為すのは、人の因果と縁(えにし)。剣に導かれてか、己の意思か、薬売りの行く手には必ずモノノ怪が剣が抜き放たれ、あまたの妖異と対峙するとき、浮かぶこの世のはれとは・・・?人の心とアヤカシが生み出す凄絶なる惨劇を、薬売りの悪露子
2007年7月12日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=Asu1ypw3Vvs(公式)

600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

芸術的&思考の挑発

私はもともと、物語シリーズのおしのミームと同じくすりりの声優(櫻井隆宏)のためにこれを見始めた。私は全く失望しておらず、間違いなく超自然の謎は彼のニッチだと思う。

この物語は、日本の民俗学や、鮮やかな色彩や模様を使って超自然を説明するなど、象徴的な洞察を導きます。(そのような模様や色の記号は、モノガタリやマジョカ・マジカなどの他のアニメで繰り返し見ることができます。)

和紙のように全体を見せるという芸術性は、1920年代の日本に浸っています。クリエイターは、衣装の安定化のために人気があったカラーパターンを使用するのに十分なほど思慮深かった。それは本当に感謝して詳細への完全な献身です。

映画演出、物語、芸術、声優(そして目の保養)は、日本のテーマのホラーミステリー物語を素晴らしいものにします。私は将来、このようなより多くの文化的な話を望むことができます。

サイドノート:「モノノケの狩猟理論」は、モダンな発見(形状、真実、理性)の多くの形態に適用することができ、モノノケに苦しんでいなくても現代の生活に翻訳するのは楽しいです。

あなたにガチョウバズを与えるだろう

このショーはすばらしかったです。私はこれを見て多くのガチョウ塊を持っており、ビジュアルはちょうど素晴らしいです。物語はちょうどとても奇妙であり、それはそれをさらに良くする。

私は主人公を大好きでした。彼は本当に不思議で神秘的だったので、自分の話を疑問に思いました。

見なければならない。

興味深い、mushishiに似ています。

芸術作品は、最初はややびっくりしましたが、私はそれが途中で好きになったと感じました。様々な物語はすべて面白いです、彼は本質的に運動精神の周りに行く、それはもう少しアクションで、mushishiのようです。主人公はやや神秘的で、本当にクールです。

本当にクールでトリッピーな

私はいくつかの新しい睡眠薬の上に私が(3-4ヶ月のように)それらを取った全体の時間のために私はこのアニメを見て何も覚えていないが、それは素晴らしかったが、シリーズ全体を見た。シリーズは短いですが、それぞれのエピソードは、プロットやアートがどのように表示されるかによって長く続くようです。芸術は素晴らしく、トリッピーですが、明るい色と芸術のスタイルは、このアニメを非常に視覚的に魅力的でユニークなものにします。

美しい芸術と物語

短く、甘く美しく作られています。エピソードはさまざまな物語であり、彼らの抱く方法も素晴らしいです。将来は間違いなく再ウォッチしています。スタイルは美しく装飾され、華やかで、プロットはよくペーシングされます。すべてのou(若しくは)の大部分がメインキャラクターを愛します。

何か他と違います

私はこのアニメを愛し、誰にでも推薦することはできません。これはユニークで美しいアニメーションスタイルを持ち、古代日本の絵を連想させる。ストーリーラインは不気味で、気分が悪く、時には邪魔です。このアニメを監視する必要があります。

かわいい、面白いコンセプト

異なるストーリーアーチの組み合わせ。ストーリーの話は、エピソードを通して何度も再生されているシーンで少し遅いです。しかし私はそれが芸術的であり、現在の瞬間の現在の感情を強調することを意図していると思う。気まぐれで時には少し恐ろしい。”真実、後悔と形式”について学ぶためのかなり良い時計です。

芸術的、神秘的、そして全くユニークな

私は本当に違うことをしようとするアニメが好きです。モノノケはそれの完璧な例です。このショーは、そのイメージとカラーパレットで非常に巧みで、ビジュアルスタイルは実際にストーリーテリングを補完します。私はこのように見える他のアニメは本当にありません、それは絶対に美しいです。このシリーズは、神秘的な男の周りを回っています。エスコシストのように振る舞い、問題を引き起こす悪魔を明らかにして神秘を解決します。ほとんどの場合、これらの悪魔を明らかにするには、状況に関する何らかの謎を解決する必要があります。私はシリーズ全体を通して創造性と視覚的ストーリーテリングに魅了されました。私の意見では、Mononokeは、それが提供するものでは本当に無敵です。

真面目に驚くばかりか、ただ平らな美しい!

このアニメは全て芸術的なもので、クールなモンスター、素敵なバックストーリー、そしてドラマとアクションが満載です。私はMononokeを見て楽しんでいました。このアニメの色、スタイル、テクスチャの使用は非常にユニークで、これだけに基づいて、見るのは楽しいでしょう!しかし、Mononokeのすべての物語アーチは、お互いに非常に異なって見える異なるキャラクターセットのまわりで発達します。これはクッキーカッターアニメです。誰もが自分のアイデア、欲望、行動を持っており、その人物は思い出に残る非常に人間的なストーリーの基礎を作ります。主人公のメディス・セラー(またはクスリュリ)は、このシリーズの唯一の定数ですが、それに沿って進むにつれて、彼はいくつかの袖を驚かせています。

要約すると、私はこの1つがどれくらいクールであるかを十分に突き出すことはできません!あなたは自分でそれを見て、私が何を意味するか見る必要があります!; D

アニメ界の古典小説

それぞれのストーリーは思考力を高め、視聴者はあなたがエピソードを終えた後ずっと起こったことをまとめようとする。私は、モノノケは、楽しい、YAの物語を読むこととは対照的に、美しい、古典的な小説を読むようなものだと言います。誰かが他の人より優れていると言っているわけではなく、まったく異なるスタイルの物語です。象徴主義と恵みが詰まったこのショーは、同時に混乱し満足するものです。しかし、私が持っていた1つの問題は、主人公、医学の売り手が不安定になる可能性があるということです。あなたは本当に彼の動機を知らないので、決して彼を信用することはありません。

間違いなく、最高のひとつ!

すべてのエピソードは、視覚的なオーガズムと巨大な心の痛みで私を残しました!Kusuriuriのもっと見ることを望み、いつか彼のようなものをいつかxDに会うことを望みます。高画質で払う価値のあるシリーズです。素晴らしい!Ayakashiシリーズと並んで、アニメの様子を感じます。

視覚的に素晴らしい!!!!!

私はこのアニメの視覚的なアプローチが大好きです。それはさわやかです。物語を伝えることは非常に芸術的であり、通常のアニマルを与えられたスプーンより多く参加するように聴衆に挑戦しますが、それがこの特別なアニメをすごくすばらしくするものです!!!! それを後悔しないで試してください。

奇妙なサイケデリックな妖怪アニメ

ここで私は素晴らしい見つけた別のホラーアニメです!私は妖怪のアニメを探していましたが、東映アニメーションのすばらしいアニメシリーズを見つけました。

今はこのシリーズが「Ayakashi:Samurai Horror Tales」という以前のシリーズのスピンオフであるかどうかはわかりませんでした。そのシリーズの最後のストーリーは、このシリーズの主役 – 「モノノケ」と呼ばれる精神を追い出す不思議な「医者の売り手」であるからです。しかしどちらにせよ、私はこのシリーズが本当に好きです。

このアニメシリーズの私の個人的な意見は、私はアニメーションが幻想的だと思っただけでなく、視覚的にも鮮やかでした。とにかく私が言ったように:私は本当にこのシリーズのように、今はToei Animationの別のお気に入りです。私は巨大な東映のファンです。

トワイライトゾーンは日本の民話と出会う

本当に面白いシリーズは、それぞれが2つの30分のエピソードをそれぞれ持続するビネットから構成されています。彼らは非常に興味をそそられています。特に医療ベンダーについてはほとんど分かっていませんが、ショーでは多くの詳細は分かりません。ミステリーの空気が、ショーの周りを包み込み、楽しいウォッチを作ります。Mononokeの私の唯一の苦情はそれ以上のエピソードがないということです!

ファンタスティックウォージングウォッチ

音楽から色とりどりのカラーパレットまですべてが一体となって、これを破壊的に美しいジェットコースターにします。プロットは豊富で、ミステリーはあなたを吸い込み、噛んだり、解き放たれたときにあなたを吐き出します。視聴者は、次のエピソードでびっくりするという考えにびっくりすると同時に、より多くのことを望んでいる。これは、奇妙で、超自然的で恐ろしいものを楽しむ人にとっては必見です。

単純に驚くべきこと、アートとストーリー

驚くばかりの驚くほど激しい物語の芸術作品は、それ自体が信じられないほど複雑で、初めて初めて理解することは困難です。それを数回見直した後も、私はまだ新しいことに気付きます。

非常に複雑で徹底的で美しい。

私が今までに見たベストの一つ

私はいつも本当にアニメのレビューを書くことはありませんが、これはとても驚き、私は自分自身を助けることができませんでした。

最初はオスト、Op、EDは素晴らしいです!あなたは何時間も聞くことができます。
芸術的なスタイルはとてもユニークで、神秘的なMCクスリリをちょっと踏みつぶすだけです。
最初は私が少し躊躇していたので、このアニメを見るのはとても狂っていましたが、私はこのアニメをもっと愛していた各エピソードの背後にある深い意味について考え始めました。
ゴースト、恐怖、深いアニメが好きなら、これはあなたのアニメです。
このアニメはまた、ジゴク少女やムシシを思い起こさせます。それは深くて暗い色調で、本当にあなたに深い印象を与えます。

モノノケ:他とは違う経験

このショーは、独特の、本当に日本の幽霊物語を驚くほどの視覚的な方法で人生にもたらしました。シンプルさは他のほとんどの高度にレンダリングされたアニメよりも大きな影響を与える。

それは経験する必要があります。あなたがアニメアートフォームのファンだと思ったら、これを見てください。

ユニークなシリーズです。

Mononokeに匹敵するものは何もない。このストーリーは、唯一の反復的なキャラクターであり、クスリリ(医者の売り手)、モノノケのエクソシスト(別名、死んだ者の魂を苦しんでいる)である。芸術は息を呑むほど細かく、オーバーレイされたテクスチャとパターンがあります。カラフルな雰囲気は、このシリーズの暗いテーマを損なうものではありません。モノノケは他の賞賛できる超自然の恐怖と同様に、人間の堕落と、苦しんできた人の生活に対する当初の目に見えない結果を探求します。モノノケは伝統的な日本の民俗とスタイルでいっぱいです。あなたが妖怪や妖怪を扱うシリーズを楽しむなら、間違いなくこれを好きになるでしょう。

このシリーズは、Ayakashi:Samurai Horror TalesのBakenekoアーチに由来しています。Mononokeを楽しんでいれば、それも前任者のことを見ることをお勧めします。

すべての時間の最高の1つ!

このショーは素晴らしい種類のすべてです!

まず、芸術性について言及しましょう。アニメーション面での色の踊り方は鮮やかです。それはモンテクリストの伯爵(別の偉大なアニメ)に似ていますが、より明るい方法です。本当に明るい(ほとんどの場面で)色が付いているという事実は、物語の暗い色調を考慮すると興味深い。

第二に、物語。ショーはいくつかのアークで構成されています(ええ、それは私がそれらと呼ぶものです)。それぞれには明確な始まり、真ん中、終わりがあります。キャラクターは間違いなく劇団ですが、ストーリーは基本的なキャラクター化をサポートするのに十分なほど強力です。恐怖の要素は、実際にはほとんど行動が起こらないときに不安感を感じるように見事に実現されます。

本当に芸術作品であり、巧みに実現したこのアニメは見逃せないものです!!

スクールデイズ 海外レビュー

 あらすじ

伊藤 誠(いとう まこと)が“桂 言葉(かつら ことのは)”と出合ったのは榊野学園の入学式のとき。言葉は誠の隣のクラスで、同じ沿線から通っていて、毎日同じ時刻の電車に乗り本を読んでいる。気にはなるけど、遠くから眺めているだけ…。ただ、それだけの存在だった。携帯電話のおまじない…「好きな人の写真を待ち受けにして3週間、誰にもバレなかったら恋が成就する」誠はばかばかしいと思いながらも、電車で出会う言葉の姿を携帯電話の待ち受けにする。だが、そんな誠の待ち受け画面に映った言葉の写真を同じクラスで隣の席の“西園寺世界(さいおんじ せかい)”に見られてしまう。おまじないを始めて1日目ではかなく散ってしまった淡い期待だったが、世界が勝手に誠の待ち受けを見てしまったお詫びにと、誠と言葉の仲を応援したいと二人の間を取り持つ事に…。その日から誠の退屈だった日常が大きく動き始める。
2007年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

LZZZZZZZ

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

・私は嫌いです。

私はショーをそんなに嫌ったことはありません。しかし、それはあなたがそれを嫌い、その中のすべての性格を憎むことを意味するこのショーの目的です。私は一人のキャラクターが私が好きだったとは思えません。結末は私が思っていたほど満足できるものではなく、何とかそれは良いことでした。私はあなたが大嫌い…いい仕事です。

・ハーレムがIRL(現実世界)をうまく動かない理由を示すアニメ

1つの星評価は、あなたがこのアニメをどれだけ嫌うかの警告です。

レビュータイトルはプロットの要約です。

それはうまくいったのですか?- はい
それは意図された点を横切ってしまったのでしょうか?- はい
それはあなたが予想どおりに終わったのですか?- はい
あなたはどうやって望みを終えましたか?- はい(主に)
もう一度見ますか?- いいえ
あなたは友人にそれをお勧めしますか?- いいえ
あなたは敵にそれをお勧めしますか?- いいえ、
あなたが躊躇せずに機会を与えられた場合、あなたが殺す人にそれをお勧めしますか?- はい

このスポイラーは、時系列で発生する重要なイベントの内訳であり、視聴の意思がなく、起こったことの概要をほしいと思った場合にのみ表示されます。このスポイラーには名前は含まれておらず、名前/文字の所有者を置くだけです。

・恐ろしい最初のレビュー

そんなに愛していた何かを憎んだことはありますか?まあ、それはスクールデイズのことです。キャラクターの動機と行動は意味をなさない(特に主人公)アニメの適応の悪い結末を選ぶという考え方は、紙によく聞こえる。スクールデイズは共通のコンセプトを取りますが、ファンにぶつかるもので終わります。あなたがうまくいったものすべてでキャラクターを憎むように作家が計画していれば、彼らは良い仕事をしました。終わりのことを聞くことと、物事を見ることは、このシリーズの主に異なる経験です。キャラクターがもっと感じるならば、このシリーズは「とても悪い」とは見なされずにすばらしいことがありました。

・あなたの典型的なハーレム・アニメではありません。非常に良い時間!

私はレビューのスポイラーをマークしているので、あなたはそれを読むのが安全です。プロットに重要なものは隠されており、それほど重要ではないものが示されています。最終段落は結論です。

私はちょうど学校の日を終えた、そして幸いにも私は何も知らないでそれに入った。
HighSchool DxDのコメントセクションで、このアニメのことを聞いたことは、主人公が嫌なことだと言っていました。
myanimelistのジャンルは言った:エッチ、ハーレム、ロマンス、コメディ;それで私はカジュアルな時間になると思った。

それは非常にうまく始まった、我々は安価なファンサービスが示されていなかった、そして最初のエピソードは、私が主人公のために感じ。

ショーが進行するにつれて、MCはコトノハ(ヒロインの一人)に近づき、セカイ(別のヒロインたち)からのヒントを取るために多くのことを試しています。
その後、彼はKotonohaが彼のためではなく、Sekaiのために落ちるかもしれないことを認識し始めた。

スタッフはセコイのルームメイトと一緒に投げ込まれたコトノハとセカイともっと複雑になっています。

私たちは、セカイがそれが間違っていることを知っているが、まだ主人公と一緒にいることが続いているという罪悪感を感じることができます。

私たちは、彼女の否定をともなう女の子、Kotonohaと彼女の裏切り者であるSekiaの両方の痛みだけを想像することができます。

今度はネタバレフィルターを使って上記を見てみると、ミル愛の三角アニメのかなりの行為のように見えるかもしれません。そして、それはある程度ですが、それ以上にもあります。悪いキャラクター。まったく間違っている。ショーの人たちは悪いですが、それはキャラクターを悪くしません。ライト(デスノートから)は、悪い人であるので、悪いキャラクターです。 (悪い人、しかしすばらしいキャラクター)。このアニメを囲んでいることを憎むことは、人気のある意見を持ち、偏見のない方法でショーを判断するために脳を使わない人のもう一つの例です。

このアニメを非常に高く評価し、他のハーレムのアニメと同じくらい安いファンサービス(多くはない)を使用せず、シンプルだが複雑なプロットされたスムーズに実行され、それはファンサービスまたはいくつかの悪いプロット点のserious(深刻).While(同時に)完全に欠いていない実際には非常に成熟したとして、.Iはハーレムはこのアニメに適したジャンルであるとは思わない、これは非常に良いショーは、反対であります顔の価値がどのように表示されるかを示します。
私はすべてのアニメファンにお勧めします。オープニングマインドで(これは悪いアニメであり、初めからニックピッキングを開始しないようにしてください)これはすべてのアニメや映画、テレビ番組、またはエンターテイメント全般)と最後まで固執すると、失望することはありません。これはエッチ/ハーレムのマスクの後ろに非常に巧妙に隠れる非常に暗いアニメです。

・私はちょうどちょっと見たことがないかわいい子の中で何が!

言葉は私が自己を貫くものを記述することはできませんか?

簡単に説明すると、私は喜んでいました。主人公は彼と一緒にいたいと思っていました。次は私が混乱していたのですが、彼はただの馬主だったのですか?その巨大なカーボールが生殖腺に当たった!

これはロマンスではなかった、これはサディスティックな結末を持つハーレムだった!

・ええ、私はこれを書いている日付の日のように明日の予定の書類を書いていましたが、代わりにこれを見ました。

今日は3時になったので、今日は期限が切れると言いたいのですか?このショーは3つのことで成功しました。
(btw(ところで)私はいくつかの下品な言葉を使用して警告されている)

・1.私は寝るのを妨げる
2.私は私の24分* 12時間の時間を戻すことができるように私は時間に戻って行きたい。
3.そのポイントを横切って、人々はたわごとで、その人生はたわごとです。このショーは、あなた自身が生きているだけでなく、この糞がいかに悲しいかで未誕生になりたいと思うようになります。

正直言って、他のみんなが言っているように、私は 本当にこのショーが嫌いです。それは創造された目的を果たし、軽蔑されることになります。私は警告を読んだが、私は好奇心があったので、彼らに耳を傾けなかった。このショーを見ないでください。ジャガイモのあなたの落ち込んだ袋が既になければ、次に右に行く。

私はなぜそれが実際に何をしようと成功したので、他のように1スターを与えるdidnt理由は唯一のものです。その上、それは本当の色を隠すのにうまくやったし、エピソードの写真とサムネイルを見るだけで、美しさの背後にある狂気(あなたがショーと思う美しさ)をこのカレンダーで伝えることはできません。あなたがエピソードの説明を読んでも、それは十分ではありません。あなたのウェブであなたを捉え、あなたを食べます。卑劣な、卑劣な。これは私が書いた最初のアニメレビューで、私はここで私の話題を書く時間を取るべきかどうかに関して矛盾していました。私は正直言って、私の最初のレビューをここで使うことを望んでいませんでしたが、私はそれがちょうど何かを書く必要があったと思います。

ええ、私は数時間後に起きなければならない前に眠りにつく。

・ハーレムジャンルの猛烈な効果的な風刺

私はなぜ人々が最初からそれを見れば、このショーについてとても怒っているのか分かりません。エピソードだけでは、私たちは略奪的な性的サイコパス、不安定な日和見の女の子がコインジに使用されていること、甘くて不安定な女の子はジェネリック定義だけの「愛の関心」であることを知っています。

男の娼婦は傷ついた甘い女の子を2人使って、文字通り彼らを怒らせる。その間、彼の髪の毛は最終的に、彼が望むものを除いて何も気にしない機会主義者から成っている。

有名なエンディングは、ハレムが実際に起こった場合に起こることです。

このシリーズは、熱狂的な風刺であり、熱狂的な極端な勢いを漂わせます。

私はこれを強くお勧めします。それがそれ以外のものであるとは思わないでください。

・このアニメは反ハーレムです

このアニメのすべての人を憎むように準備してください。

結末は本当にショッキングだった。しかし、再び、私はいくつかのスポイラーを覗いたので、吹き荒れが私のために軽くなった。そして、私は実際には、死んだ人々が彼らにふさわしいものを得たということに幾分満足していました。しかし、他の女の子…私はちょっと彼らを残念に感じる。

私がネタバレを見なかったなら、私はその終わりの笑を見た後に狂っただろう。

・あなたが認めようとする以上に良い

スクールデイズは「傑作」ではありません。なぜこの忌み嫌われたことが生まれたのか、あなたはどうやってuggghhhhすることができたのですか?

スクールデイズにはファンタスティックなファンタジーがあり、新世紀エヴァンゲリオンとは違って、嫌悪者やファンの皆様には、シリーズについてのご意見について極端な感想があります。それは説得力のあるストーリーとしての効果の証です。それが好きかどうかにかかわらず、それはあなたの注意、あなたの意見を必要とします。それは視聴者から肯定的および否定的な感情を引き出す。

私は10と7の間のどこかに挟まれています。また、これは優れた傑作でもなく、最悪のものでもありません。私の意見では、そのメリットはその問題を上回っています。平均レビューはまだ5星中4星です。あなたが望むものすべてを憎むと、誰もがそれを憎んでいると主張する:大多数は彼らがそれを好むと言う。あなたはそれを見て、あなた自身の結論に来るべきです。

私の完全な分析、実際のレビューのため:https://www.youtube.com/watch?v=nNxNZjHUddA

・このトラウマは私を良い方法で傷つけますか?

私はこのアニメを見てから数年経ちましたが、私はまだそれを鮮明に覚えています。そして、それは最悪の場合でも信じられないほどうまくいっていると言わなければなりません。私はこのアニメが私の中で恐怖を解き放つかのいずれかを見ていることに傷つきました。このアニメのキャラクター開発における心理学の使用は、本当に他のアニメとはかなり異なる形でそのキャラクターに対する憎しみを作り出します。他のアニメでは、キャラクターが一般的であるか、物質が不足しているか、過大評価されていることがあるので、キャラクターが嫌いかもしれませんが、就寝日にキャラクターが洗い流され、そのキャラクターが悪いが意図的なので、これらのキャラクターはゴミの人間ですが、そのストーリーに続いて、人間の心が脆弱で、特にサポートが不足しているときや、ガイダンスの手がかりがないときにあなたを援助するために、イベントから傷ついた程度まで精神的な発達が信じられますこのアニメに登場する狂気として知られる暗闇。主人公は、彼の行動に対する反響が遅すぎたので、彼の意思決定がもはや彼の無関心で無帰還の点を彼の周りの人と彼を導いた彼のコントロールできない欲望に渡した彼の終わりまで。

・高い評価に惑わされないでください – 時間の価値はありません

私はランダムなボタンを押した後、これを見始めた。私はそれが他の様々なショーのコメントで参照されているのを見たので、私はそれを撃つと思った。私はまた、潜在的にマークのないスポイラーのコメントを読まないようにしました。いくつかのエピソードを見た後、私は降りることに決めました。

キャラクターが仲良くなると主張する人もいるかもしれないが、好きな人はいないので、それだけでは見るのが難しい。私はさまざまなアニメや映画を見てきましたが、物語が進行しているか話していても、魅力的でないキャラクターを引き出すものがいくつかあります。はい、あなたは列車の難破船がこの中に広がっているのを見て、それはそれに端を発しています – 少なくとも最初はそれがありました。しかし、それが進むにつれて、キャラクターは、実際にどこから彼らの行動を描くのかを理解するための堅実な背景を与えられずに、ばかばかしく畳み込まれてしまいます。その後、視聴者は「ホルモン」や「衝動に敏感な子供たち」に沿って何かを推し進めることを余儀なくされますが、それでもストレッチがありました。文字は実際には悪いものとして作られているかのように、その意味では片面になっています。

このアニメのメーカーが「これは腐った人類がどういうものなのか」、「これは現実なのか」という言葉に何らかの点を付けようとしていたら、彼らは失敗したと思う。適切な特徴付けがなければ、視聴者からそのような感情を呼び起こすことはできません。

・最悪のオーバーヒートアニメ!

あなたが最も空の開発されていないキャラクターのキャストが好きなら、これを見てください。キャラクターの行動や意思決定は、彼らがいる状況には意味をなさないが、彼らが経験する厳しい変化を完全に納得させるものではない。それだけの価値はありません。

・スクールデイズはいいアニメです

私はレビューを残しておきたいので、250文字を#honest #cantlie #donaldtrumpに打つまで入力します。私は2017年に生徒会長のために私の靴下の人形を指名したいと思います。最後の3つのエピソードでは、私にさまざまな感情が与えられました。

・絶対に素晴らしい

それは多くの高校ロマンスがやっているのと同じように始まります。シンプルで無邪気で、経験不足で、それはひどく間違っています。恐ろしいことに、おそらくは控えめな表現です。軽快な喜劇から心理的なスリラーへのテーマ別の移行は、多くの視聴者が好きではないことであることが多い、それ自体を繰り返すジャンルの大きな変化です。一度言ってやったら、あなたは同じアニメの使い捨てポップミュージックをここで得ることはできません。そのジャンルの何か他のものと比較して、それは本当にユニークなものとして際立っています。私があなたについて嫌う10のものがゆっくりと7つに変わったとしたら、あなたがここにいるのです。

・どのように “ハーレム”シナリオが現実になるか

私はこれがおそらく多くの点で5つ星のアニメではないと言って始めます。それは時々憂うつな、暗い、うつ病です。プロットは、最後の2つのエピソードで上に行くと結末は間違いなくオフになっています。あなたは誤った十代の若者として始まり、まったく卑劣な人として終わり、利己的で、無邪気で、性的なもの以外の何ものでもない女性を見ている、多くのキャラクター、特に主人公を憎むでしょう。

他の多くのレビューに関連して、私が同意していないのは、このシリーズがあまり書かれておらず、安価であり、すべての文字が否定的/否定的であるという主張です。このショーでは、エルフェン・リードと同様のテーマをいくつか使用し、今度はセックス、ロマンス、高校の環境との関連で、人間性の最悪の部分を探っています。それは、仲間の圧力、いじめ、そして何よりも先に、感情を扱うことができず、初期の関係(ここでは経験の浅い十代の若者)でお互いを理解することができないという負の影響を示します。

主人公は他の人の気持ちを無視して、自分の気まぐれにしか行動しないので、私は女性キャラクターのほとんどが不安定で悲劇的だと感じます。彼らは誤った判断を下し、自分の信念に反して行動することが多いのですが、主に彼らの感情を扱う方法がわからず、主人公とは違って実際に罪悪感を感じます。たとえ2人のうちの最初の人が罪悪感を持っていなくても、セカイとコトノハはどちらも犠牲者です。彼らは主人との関係に行くときに愚かに行動すると言うことができますが、彼らは基本的に子供であり、それはいつでも信じられないほどです。

私はまた、このアニメをハーレム・フィクションの批判のように見ます。それは、複数の女性との主役の関わりが、心理学的にまたは文字通りそれらを殺すかのいずれかの関係者を破壊する方法を示しています。ここに描かれている行動がどこからでも完全に取り出されるわけではないので、それは実際の生活の中でしばしば終わる方法です。主人公が何の影響も及ぼさずに動く何かを叩くことができるような、非常に多くのキッチュのプロットを見た後、私はそれが嫌悪感を感じる。ここでは、性格の弱さ、他人の気持ちを無視すること、そして本当の関係を作り出すことができないことがどのように深い反響を及ぼしているかが示されています。

私が言ったように、このアニメは5つ星に値しないかもしれません。それは最終的にトップになり、作家は疑わしい決定を下す。しかし、それは達成しようとしていることにも成功します。何が来るのかについて準備ができていなければ、あなたを傷つける恐ろしいダークストーリーを作ります。それは文字のための希望を示していない、ハッピーエンドのようなものを強制しません。しかし、それはまたある意味正直にしています。いくつかとは異なり、私はいくつかの孤立した瞬間を除いて、それを安くも搾取的でもありませんでした。私が見たすべてのことが、少なくともある点まで、実際に起こる可能性があり、恐ろしいかもしれないが、そこにはアニメに頻繁に示されていない真実がある(そして、おそらく示されていないこの高品質の他のどのシリーズでも)。そのために、私は完全な評価と推薦をしています。もしあなたが信じられないほど信じられないほどの痛みを味わうことができれば、好きな人は恐​​ろしい形で自分自身を破壊します。

・奇妙なペーシングと平均的なキャラクター、しかし完全にひどい

このショーは、約11回のエピソードではめったに遅くなく、最後のエピソードで興味深いシーンを詰め込んでいく。私は主人公と恋に落ちるすべての人を軽蔑します、特に彼はとてもひどいですから。おそらく私が見て楽しんでいたのは、二人だけのコトノハと世界。12のエピソードしかないので、時間の無駄ではありませんが、間違いなく最高です。

・磨耗したジャンルの素晴らしいツイスト。

この大胆なロムコムには、お互いの気持ちを表明するのに苦労している2人の女の子と出会う男の子がいます。彼らはすぐにあらゆる種類の不自然で陽気な状況に直面します。少女は誠の戦いで相手の頭を奪うことができますか?真実は本当にあなたの心を吹き飛ばすかもしれないこの(480p)の唯一の古典で見つけ出す気持ちがあります!

・私はどのようにこれを見分けるのですか?

このアニメはうまくやっていて、やりたいことが分かっていて、やりました。そういう意味では、それは驚くほど芸術的なものでした…唯一の問題は、私はそれを1分ごとに嫌っていましたが、それを終了するように強制されたので、何が起こったのかを完全に理解するでしょう。私は今この夜のアニメを考えて一晩中座っています。私は2つの部分(前方のスポイラー)を除いてすべてを憎んだ




1.乙女が真実のアパートに来て、馬鹿のことを教えてくれる部分。
2.誠が死に突き刺された部分。

それは文字通り最後のエピソードで素敵なボートがあるという面白いことでした。

・スクールデイズの私の謙虚な考え

私は学校の日々が純粋で病的な好奇心を抱いているのを見て、人々が文字通り最悪のアニメであり、それをコピーすることは犠牲アニメの火の中で焼かれて、そして、正直言って、私は自分自身のためにそれを見てうれしいです。私は学校の日が好きではない、それは “良い”アニメではないことを明確にしましょう。私はもっ​​と興味深い実験だと感じています。私が言うことは、誰もがすでに信じていることから誰かを説得することを妄想しないが、私は2セントを渡したいと思う。私に説明させてください。

スクールデイズはあなたが好きなアニメではありません。これは私が感じるように設計されています。それはひどい列車の難破ですが、それは何であるかを知っていて、愚かなティーンエイジャーによる悪い決定のひどい道をあなたを引きずり出すようにあなたの注意を引くように設計されています。スクールデイズは文字通り最悪のシナリオをとり、それを最後まで続けます。伊藤さんが大人のおもちゃをどう扱っているのか嫌いだと思います。いとうが置かれているあらゆる状況において、彼は最悪の可能な道を選び、観客が彼をさらに憎むようにする。Itouは最終的に嘘(と精液正直)の大規模な網の中に自分自身を見つけるとエスケープを見つけることができません。最終的には、巨大な火の玉の中で電車の爆破が炎に爆発し、その悲劇は終わった。

私が前に言ったように、私はこれがすべて設計によるものだと信じています。私は、クリエイターが高校の愛の三角に関する最悪のシナリオについて、恐ろしい、恐ろしい話を作りたがっていると感じています。あなたは一般的に愛の三角形のパロディーと呼ぶことができます。私は正直に言うと、恐ろしい、嫌な、そして最も重要なことに、観客をボールでつかんで、暴力的で暴力的なストーリーを作ったクリエイターに正直に拍手を送ります。

再び、スクールデイズは誰もが “好き”であるアニメではありません。それは恐ろしい、恐ろしい経験であり、それはそのようになっています。

TL; DR
高校、子供たちの周りで寝ないでください。あなたは死ぬかもしれない。

・思考は完全な時間の無駄でした。

Sooooooooooooooooooooooooooooooooooooooookokooooooooooooooooooooooooo、私は約6つのエピソード……..まあ。私。悲しげな殺人、私はとても怒っていた、マコタは袋です。私は桂が欲し

もやしもん 海外レビュー

 あらすじ

種麹屋の次男坊である沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)は、菌やウイルスを視認し会話ができるという不思議な能力を持っていた。直保は幼馴染の結城蛍とともに、祖父の友人である樹慶蔵が教授を務める「某農業大学」へと入学する。院生の長谷川遥とゼミ生の武藤葵、密造酒の製造に失敗して多額の借金を背負うことになった2年の美里薫と川浜拓馬、偶然ゼミに参加することになった1年の及川葉月を加えた面々は、菌とウイルスに纏わる様々な騒動に巻き込まれてゆく。
第1期:2007年10月11日 – 12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

11192_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

これは、壮大な戦いやSFアニメからの素敵な休憩です。これは、普通の生徒の驚異的な能力を生かした、短くて甘いものです。

強み:
ユニーク。そこにある他のアニメには、微生物を見ることができる農業大学の子供がいますか?
興味深い文字。主人公はすべて面白く偏心していますが、迷惑でも、面倒でも、あまりにも上手すぎるわけでもありません。
3.いい、楽しい、甘い小さな物語。それはそこの最も面白い喜劇ではないが、それはすべてのエピソードをリラックスして楽しい経験にするのに十分な笑いを持っていた。
エッチはエッチではありませんが、エッチは全くありません。あなたは理解するためにそれを見なければなりません。

弱点:
1.マイナープロットポイント。例えば、主人公の親友を含むプロット・ツイストはどこからも出てこなかったし、フィットしていないようだった。また、いくつかの関係には、私が望むほどの時間を開発するのに十分な時間がなかった。
2.短すぎます。私は別の12エピソード程度を見たかったでしょう。

最近、私たちが最近になっているような続編やゲームベースのショーの数を考慮して、日本の映像文化の創造性に対する私の信念を取り戻すアニメが毎回出てきます。モヤシモンはそんなアニメです。

私たちのヒーローが微生物を見て、伝えることができる最初の前提の他に、革張りの実験室助手、咲き誇ったサンパウペ、そして非常に奇妙なコレクションから、楽しいキャラクターのキャストに直面しています。友人や大学生を少し狂った(と私はlecherous)教授を敢えて教えてください。

ショーの最初のカップルは、微生物の世界に掘り下げながら(ちょっとした微生物が強化された食べ物のジョークを利用して)、科学講義に座っているような感覚を少し残しているかもしれません。警告の言葉…これを見て食べない方がいいかもしれない。

キャストが確立されると、それは本格的な笑い声に変わり、重大な笑い声で大声で(おそらくはタブーのような)シーンが出てくる。

最近では最高のおかしなオフ・ザ・ウォール・コメディが出てくることは間違いありません。あなたが何か違うものを探しているなら、これを見るよりはるかに悪いことがあります。

あなたが私と似ているのであれば、奇妙で奇妙で奇妙なアニメを探す傾向があります。そして、喜んで喜んでください。モヤシモンの話です。

石川雅之が制作したオリジナルの漫画は、2004年に講談社のイブニング誌で連載を開始し、2008年には手塚治虫文化大賞、講談社一般漫画賞を受賞しました。2007年10月には、矢野雄一郎監督(指揮)が、

東京の農業大学で行われています。d never 実際には存在することに驚きました)、幼なじみの友人圭介と一緒に大学に通っている沢木宗右衛門一年生の周りを中心にしています。タネコジヤの家族(金型や酵母の生産者)から来たサワキは、大学には本当に興味がありませんし、桂と一緒にタグ付けされています(家族は醸造所を経営しています。沢木一家のお客様です)。

彼らは、非常に偏心した教授達木宗教授と佐脇のおじいちゃんの昔の友人の翼の下に連れて行き、初日に発酵のクラッシュコースが与えられます(最初のエピソードを見たときに分かります)。

これは普通のコメディだと思っていますが、Moyashimonには大きな違いがあります.Sawakiは微生物、細菌、ウイルス、バクテリアなどを見ることができます。少数の人々だけが彼の能力を知っており、誰もが知っている限り、彼はそれを持つ世界で唯一の人です。

フェイナガンをキューに入れる。

このショーでは、キャラクターのデザインはとても良いです。各キャラクターは非常にはっきりと個人ですが、ショーの本当の星は微生物そのものです。彼らのデザインは純粋な天才でした。同時に彼らは(特に彼らの大きなチーズな笑顔で)かわいいと面白いです。背景はきれいに詳しく説明されています。大学周辺では、本物の雰囲気があります。シリーズ全体のアニメーションは非常に滑らかで、CGの使用、特に微生物の使用は、通常のアニメーションとほぼシームレスに結びついています。

私がショーのスタイルについて好きだったことの1つは、特定の場面で過度に劇的になることを恐れていないということでした。これは実際に頻繁に続くコメディーな瞬間を実際に向上させます。

サウンドは、このシリーズの別の良い領域です。エフェクトはよく使用され、さまざまなシーンを強化します。主題歌は素晴らしく奇妙なものであり、このショーが本当に真剣に受け止められないという事実をよく反映しています。イフ・サラサのOP「カリキュラム」は、非常にキャッチーなポップソングであり、非常にうまく振り付けられているので、それに付随するビデオを見るのに飽きることはありません。ED(Polysicsの “Rocket”)は、ちょっとしたものと同じくらい良いですし、ちょっとした挑戦もあります。

声優は、それぞれの役割のために非常によく選ばれています。坂口大輔はさわきの役を非常にうまくこなし、長年に渡って苦しみ、少し退屈な品質をキャラクターにもたらしています。他の俳優もまあまあですが、このショーのためのキャストは、Aria、Genshiken、.HACK //、Negima、Baccanoなど、さまざまなショーで働いていて、最初は非常に才能があります!竹の刃。ほぼすべてのメンバーが人気シリーズで主役を果たしていて、アスペルギルス・オリザエもトゥマユミ(アーメダ様のウードを演じる)によって声をかけられています。

キャラクターはシリーズ全体を通してとても良いです。Sawakiはショーの始めに不信感に慣れているので、他の人たちが自分の能力を認識しているだけでなく、それを受け入れることは彼にショックを与えます。ショーのかなりの部分は、彼がイベントや他の人々によって引きずられているのを見ています。最初は彼が背骨を持っていないように見えますが、人を信じることは非常に困難であることを覚えておいてください。ただ乗りに行くの。Keiは、より根本的な、自分自身の、より根本的な問題に対処するために、ショーが進行するにつれ、Keiはキャラクターとして消えているように見えます(問題の理由が明確になると、それはすべて意味をなさない)。

しかし、最も記憶に残るキャラクターは間違いなく奇妙で神秘的な桂蔵であり、微生物自身(自分の癖や偏見もある)です。

それぞれのキャラクターは非常に現実的な方法で描写されています。私は、彼らが表示する特性の多くが私の手として私に親しみであったことが皮肉であることを発見しました – 彼らは大学に通っていて、 、または少し壁の外に見える教授とのやりとりをしていました。。

これは非常に成熟した視聴者を対象としたコメディ番組であり、私はそれを非常に楽しんだ。若い視聴者は、自分のやり方ではしばしば面白いことですが、ショーで時にはより微妙なユーモアや準教育的姿勢の多くを好まないかもしれません。これは、Sawakiが微生物を見ているだけでなく、私が見た最も現実的な大学のコメディのひとつであり、時には古典的なAnimal Houseに戻っているので、誰もがショーを見ることを断つことはできません。

モヤシモンはいろいろな理由で非常に過小評価されていますが、あなたのものは軽快で面白い(時には超現実的で吐き気のない方法で – ショーを見れば分かります)、そしてノルムあなたはこれを試してみるべきです。

しかし、私はヒポコンドリックと清潔さに執着している人々には明確な助言を与えるでしょう:)

ハヤテのごとく! Hayate the Combat Butler! 海外レビュー

 あらすじ

主人公である少年・綾崎ハヤテは平凡な公立高校に通う普通の高校1年生であったが、両親が博打や酒が大好きなダメ人間で生活費と学費を稼ぐためアルバイト漬けの毎日を送っていた。しかし作中時間の2004年、ハヤテ・高1の年のクリスマスイブ、両親が1通の置き手紙と1通の借用書を残して失踪。手紙には、両親が博打で作った1億5680万4000円の借金があること、そしてその返済のためハヤテを借金取りである鬼武者ノ小路系ヤクザに売り飛ばしたことが書かれており、ハヤテは愕然とする。
第一期2007年4月 – 3月
第二期2009年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

c643f18fac9cc0f220c4cf797ef011981365022455_full

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

あなたの目を離すことはできない:価値のある追加

シリーズの長年のファンとして、私はアニメのこの特定の季節に戻って興奮しました。そして、私は失望していないと言える。

私の目を離すことはできませんあなたは、このショーを構成する幻想的な世界を通して楽しい拍手をしました。とにかく、後の6つのエピソードのための物語は、このショーから期待されるすべての狂気と、触って見て楽しかったです。前の6つのエピソードも楽しいものだったので、ショーの大規模なキャストにいくつかのスクリメージを与えることができました。

もし私がここで批判があれば、中途半端なマークの周りで起こる色調の変化はやや急峻で、少しずつ徐々に変化していると感じています。プロットに焦点を当てたエピソードは優れていましたが、私はちょうどフィラーではなく、より効果的に使用できたような感じでした。(彼らはまだ可愛い、特にヒナのエピソードを応援しています。)

アニメーション賢明、物事はかなり良い、文字の顔やクローズアップに多くの詳細が与えられています。それは距離のショットのいくつかはかなり弱いと言われています、そして、予算が時々どこに行ったかを見るのは簡単です。

音楽はかなり標準的かつまともなものでした。

全体的に、あなたがシリーズのファンなら、これは絶対に価値のある時計です。あなたはそれに新しい場合は、私は前の2つの季節を見て、そしておそらくここに潜入する前に漫画に追いつくことをお勧めしたいと思います。そうでなければ、あなたは混乱しているかもしれません。

まだ私の好きなアニメ

正直なところ、これは私を笑顔にし、笑って、悲鳴を上げさせず、野生の感情を混ぜ合わせることができない唯一のアニメです。私は神がいつ&完璧に完璧なのかを知っているので、これを愛しています。アニメがまだ終わっていないことを願っています。私はこれらの多くを見たいと思っています。

私はまだ、ナギとハヤテが結婚しているOVAエピソードと、「ハヤテのナギのキス・オン・ザ・イージー」の結末を100%受け入れていない 。

全体的に偉大なショー!

私はこれの前にシーズン1とシーズン2を見てきました。そして、もし彼が誰と一緒に行くのか分からなければ、私はおそらく狂ってしまうでしょう。その素晴らしいショーは誰にでもおすすめです!私は彼らがもっと見るのが好きなシリーズを続けることを願っています!! 私と他のファンのためにもっとお作りください!!

本当に有望なスピンオフ!

偉大なアニメシリーズは元のシリーズへの続きとして戻ってくるのではありません。代わりに、それは第2シーズンのキャラクターについての卵のエピソードのようであり、第1シーズンのナギのホロウムウォッチの謎に関するものです。これは本当に面白いシリーズです。誰もオリジナルを見ていて、このスピンオフが面白いキャラクターデザインのより良い磨きと同様です。

オリジナルを好きなら、これを忘れてください。

オリジナルのこのスピンオフは、フラットで、ほとんどインスピレーションを得ず、視聴者はどこに不思議に思っていますか?
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります
から来て、古い支持者がどこに行ったのか(なぜいくつかはぶらぶらしていた)。私は最初の2つの季節の間のギャップとこれがいくつかの非常に興味深い漫画で満たされたと想像しています(私は、残念なことに、そうしませんでした …

キャラクター紹介。

現在、このシリーズはハヤテの五徳の一部となるキャラクターを紹介しています。はい、私たちはこの素晴らしいシリーズを見逃していましたが、今のところシリーズの最初の2シーズンと同じように面白くてコミカルではありません。アニメーションのスタイルは変わってきていて、古いスタイルが好きだったのですが、このシリーズの演奏方法は決まっています。私はすべてがうまくいくことを願っています。それがすべてどのように機能するか見るために見続けるでしょう。

hayateは続行する必要があります

チワス!まず、彼らは間違いなく漫画やアニメを続ける必要があります!それはちょうどあまりにも面白く続けられない。ハヤテの不運な運は、常に厄介な瞬間や良い叩きにつながる新しい問題を生み出す数少ない最高のものの一つです。誰もがそれを見て、愛するべきです。また、このシリーズが私に与えた笑いの量は決して忘れられません。 …

それは終わった、それじゃない?

私はアニメを見て以来、私はハヤテの五徳のファンでした。最初の2シーズンは、フレア、キャラクター、カリスマ、陽気なオタクのパンチライン、そしてあなたの平均的なハーレムが1つのショーに詰めるよりも多くの品質を持っていました。これらの最初の2つの季節についての事は、マンガが従う元のストーリーラインに従ったという事実です。いいえと一緒につながれたいくつかの側面の話ではなかった …

CTMEOYに関する個人的な印象とコメント

私は人気のアクション(Action)を見ているよりも多くいたにハヤテのごとくの忠実なファンとしての私の3年半で、私は、第三シーズンは、あなたが私の目を取ることができないことを言わなければならないseryeをしかし保持しますそのコメディの行為といくつかの生活の詳細の細部。

ストーリー:7/10
全体として、羽生先生が作った元の話は、2011年には第2シーズンよりも「天国は地球上の場所です」との続きであり、黒部バキの所在、ゆかりこさんの夫になり、同時に渚の父も私を懐かしく、とても感動させました。魔法の懐中時計(そして驚いたことに、渚の「妹」!)で、彼女の隠れたアジェンダと謎の姿が描かれています。また、CTMEOYは、最初のアニメシーズンとして、スエレンジールカとつぐりの浦をマークしています(最初はHIAPOEに登場しましたが)。さらにOMG!シス・ソフィアは、エピソード6で一生涯の出演を得ています…シラヌイ、フミ、多摩、シャルナ、他はそれぞれ3つのセグメントで独自のカメオを作っています…
ハヤテが亡くなってしまったとき、最後の3話は衝撃を受けましたが、彼がクロツバキの中にいたことを知らなかったので、新は彼の体に持ち込まれました。ハヤテとナギが雨が降っていて、雨が降っているニアエンド部分!物語はとても良いと言えるかもしれませんが、物語では見たり言及できなかった部分があります。

音楽:8/10
オープニング「HTCBと葉先生のオープニング曲の中で最短(1つのスタン、1つの控えとコーラス)フルオーディオが歌詞を演奏しました!私はそのタイトルの曲だけでなく、シーズンへのつながりについて何かが欠けていると思う。
しかし、Rukaの「Koi no Wana」と最後のエピソードの終わりである「ここ、私たちはハヤテとナギのここにいる」は非常にノスタルジックであり、良い意味を持っています。
第4シーズンが登場するまでには、第4壁に入るべきであるため、BGMはさらに改善が必要です。

アート:6/10
ハヤテは第2シーズンやHIAPOEに比べてハンサムで涼しかったが、彼はビショネンのタイプフェイスに似ていると思うし、同時にコートは全黒になったと思うが、事実!しかし、他の文字は、自分の髪の色とデザイン(すなわち、咲夜の濃い灰色の毛またはSis Sofiaの薄い紫色の髪)を変える。

全体:8/10
CTMEOYはすべてオリジナルです(技術的には第3シーズン)ではなく、第1シーズン、第2シーズン、そしてHIAPOEへの正式な続編も、ハヤテのアニーム・フランチャイズの最短エピソード数は12である。第12シーズンは、シーズン3が日本で放送された年(2012)同時に、3年目(2009年)の第2シーズンのフィナーレの後、ハヤテのもう一つのシーズンを作ることを完全に待っていることを表す3番。プロットは非常に良いですが、2つの季節ほど大きくはありませんが、ほとんどのエピソードのシーンはまだマンガから適応されていますが。確かにあまりにも多くのドラマは、まだコメディアン(それは本当にナギと彼の恋人の過去に焦点を当てている)がありますが、それは私がHTCBから見た最高の季節/分割払いの一つだと思います。

シーズン3ではない、ウォッチャーは注意してください

さて、これはシーズン3ではないことを知る必要があります。…..シーズン2の終了後少なくとも3つのストーリーアークをスキップするので、シーズン6ともっと似ています。

実際には、マンガのイベントをスキップしますまだ出版されていない(しかし、来るべきことのヒントを見て)、マンガに追いつかない人は信じられないほど混乱します。

あなたが知る必要があることについては何が起こったのか(ショートバージョン):
いつかシーズン2の後、ナギは彼女の怠惰な生活様を追いかけるために、彼女がアパートを借りて、ヒナギク、千春、Ayumuと、このショーでいくつかの告白を行う熱心な天才アイドル/アマチュアマンガカルカを含む2人の新しいキャラクター。

これは、Nagi、Maria、およびHayateがマンションに戻って生きているように、マンガの現在の出来事の後に設定されているようです。

今、あなたが何が起こったのか知っていれば、その物語はかなりいいですし、従いやすいです。アクションは過度に行われていない、面白いです….おかしい。
これはシーズン3ではなく、現在マンガの後に設定されたシーズン(2013年1月現在)に設定されています。
もっと少なく
この口コミは役に立ちました:はい / いいえ スパムとして報告する
1人中1人がこのレビューを利用しています。
ようこそハヤテのトクク
uaexrock の 2013年2月2日 – uaexrockによってすべてのレビューを見ます
そのアニメが本当に最高だと私はそれが決して素晴らしい作品を停止し、かなり良い物語はこのショーが決して停止しないことを望む…

そして、今はまったく別のもののために!(まあ、そうではありません)

ハヤテのごとく!私の目を離すことはできませんあなたは 技術的にハヤテの戦闘執事の第3シーズンは決して最初の2つのシリーズへの直接フ​​ォローアップではありません。しかし、もう一度、それはある意味、オタクのひきこもりのナギと彼女の執事であるハヤテと、彼らの裕福な支持者のキャストである少年の少女の物語の続きです。しかし、シーズン2とこの新シリーズの間には、漫画を読んでのみ記入することができます(「ひなぎくくん、あゆむなどはすべて、同じマンション内で一緒に住んでいます」など)第2シーズンはJCスタッフによって行われましたが、第2シーズンはアニメーションスタジオSynergySPによって行われました。第1シーズンのキャラクターデザインには真実でしたが、ラインははるかに大胆で色ははるかに明るかったです。”私の目を離せません”というのは、もう一つのスタジオであるManglobeによって行われ、そのアニメーションのスタイルは非常に緩やかで流動的です。瞬間、そのキャラクターは以前のデザインにも当てはまりますが、ほとんどのキャラクターは歪んだ似顔絵のように見えます。必ずしも悪いわけではありませんが、私はその変更がやや不快であることを発見しました。ストーリーラインは、スラップスティックのコメディーと、以前の2シーズンが満ちていた他のアニメへの言及が残っていたが、今度は強烈な強さを与えられている。生と死の状況と海と国境を越える冒険と、時間と空間を越えて到達する超自然と愛の物語の弧は、あなたの関心を引くストーリーにします。

私は新しい芸術のスタイルを気にしなかったので、全体的に私は5つの星のうち4つを出しました。そして、私はストーリーラインの穴が混乱しているのを発見しました。そうでなければ私は強くお勧めします

ハヤテのごとく!私の目を離すことはできません

今年私がクリスマスに欲しいものを知っていますか?執事。しかし、私のために役立つ個人的な執事であり、いつでも、そして私が何を望むものであれ、私のすべての命令に従います。まあ、それは私がシリーズを見始める前に私が最初に得た感じです。私はオリジナルのHayate the Combat Butlerフランチャイズのファンでした。カタ・ケンジロの作品や作品は、物語を伝えるという点では最高のものではありませんが、特に悪い一日を過ごしているときには、楽しい時計になることがあります。その後、羽田健次郎が元ハヤテの別シリーズを書くことになったときに、そのニュースが流れました。今、ここには…

ハヤテのごとく!私の目を離すことはできません(ハヤテのごとく戦闘機とも呼ばれます)は、漫画家の一人である金田賢次郎自身が独自に書いた独立したハヤテフランチャイズシリーズです。さて、これは良いことでも悪いことでもあります。おそらく、マンガの読者なら、あなたは彼の作品に精通しているでしょう。しかし、あなたがアニメーション製品にもっと興味を持っているなら、あなた自身を支えてください。これは、さまざまな理由から目を離したくないかもしれません。

このシリーズは喜怒哀楽の音色を保っています。ナギとハヤテの星は、主人公の一人として、彼らの仲間のそばに並んでいます。うん、ギャングはメイドとバトラーの楽しみのために一緒に戻ってきた。シリーズはかなり遅く始まり、ナギはこれまでどおり怠惰です。彼女はいつも怠け者だが、ビデオゲームや好きなことをやり続けている。くそー、怠惰な甘やかされたばかであることについて話してください。実際には、新しい学期が始まろうとしていて、彼女はまだ自分のソファーに横たわっています。とにかく光り輝く鎧(ハヤテ)の彼女の騎士が彼女の嫌悪感を味わうようになると、ものすごくペースアップします。

このシリーズの最初のエピソードはシリーズのタイトルにもかかわらず独立しているようです。それはある種の慢性的に線形なストーリーを期待するかもしれないので、「第1夜、第2夜、第3夜」として誤解を招くようなものです。しかし、前半のほとんどはあまりつながっていないようだ。さらに、ナギの妹であるという主張の下に登場する新しいキャラクターを紹介します。彼女の個性を真剣に受け止めるのは難しいです。実際、このシリーズをテーマ、決まり文句、ギャグなどで真剣に受け止めるのは難しいです。それは元のシリーズからいくつかのノスタロジアを取り戻しますが、特にシーズン1のハードファンのためのタッチを失い始めています。間に少数の小さなフィラーがあるという事実は助けになりません。痛みを伴うように見えるかもしれませんが、そこにあります。

しかし、良いニュースがあります。あるイチョウ色の髪型審議会の大統領は、アイドル状態の女性や夢のような夢のような曲の入り口を含む、有望な他のキャラクターと一緒に、このシリーズで彼女を戻します。他のキャラクターも登場するが、すべてがバックグラウンドにあるようだ。元のシリーズのマリアでさえ、あまり重要な役割を果たしていないようです。私は思考が私の頭の中に浮かぶので、私はこれを考える度に何度か頭を何度も傷つけます:スター役の執事がいます、メイドはどうですか?

このシリーズのアートワークは冗談です。いいえ、間違った方法で冗談として描かれているので、それはパロディでもありません。

「あなたから目を離すことはできないのですか?」私はこのシリーズのキャラクターのデザインの一部をほとんど見ないことができます。ハヤテは、彼よりもはるかに美人のようです。地獄、彼は今トラップのようなものです。キャラクターのデザインの残りの部分もあまり違いはありません。彼らはすべて、彼らの体に付着した異なる色の髪と同じ頭を持っています。言い換えれば、それは正しく機能しません。背景色のほとんどは非常に一般的で弱いです。アートワークの改善のビットは正直である方がはるかに良いでしょう。

幸いにも、シリーズのサウンドトラックは私の視点からうまく機能します。何も特別なことはありませんが、まぶたの “あなたの目を離せません”というのは、ハヤテのような心地よいノスタロジのような感じです。シリーズのOSTはちょうど平均ですが、あるアイドルからの挿入歌が物事を揺るがします。EDの曲「山崎はるかの恋のワナ」は同じ女の子から演奏され、変身する芸術とスタイルの形で非常によく表現されています。

究極的に、ハヤテのゴトクを見て!私の目を離すことはできませんあなたは新しい学校のスポーツチームに挑戦するようなものです。あなたはすべてがあなたの道を行くかもしれないと思っていますが、そうでなければ出るかもしれません 結果があなたを喜ばせるかどうかは、誰にとっても違うでしょう。他の人たちが躊躇しないでドロップボタンを押す間、あなたの中にはシリーズから目を離す人もいるかもしれません。私は一種の中間です。時々、私はスヌーズし、シリーズを楽しむという考えを失います。他の時に、私はそれを見て楽しい気持ちを取得します。しかし、全体的に、この決定は、あなたがハヤテフランチャイズのこの最新かつ最新のインストールを楽しむかどうかを決めるまであなた次第です。私は、あなたがこのシリーズか何かを見たいと思うようなものではないということです!

そのすばらしい私は本当にそれを愛していた!

本当にかわいいおかしい!! ストーリーラインはうまく演奏されます。アニメーションは完璧です!いくつかの戦闘シーン。また、これは私が見たベストアニメだと思います!私が言わなければならないのは、….それを見て!^ _ ^それはかなりです。

少し失望しているが、その名前に生きる
_
私は最初から今シーズン11のエピソード3まで、シリーズ全体を見てきました。私がマンガを読んだことは一度もなく、プロットがどのように回転するのか分かりませんが、それは私の理解です今シーズンは決して漫画には関係しませんが、私はこの事実を免除するつもりです。また、私はこのスペースを使って3つのシーズンすべてをレビューし、いくつかの音符を取りますが、ほとんどは3番目の音符を取ります。

最初のシーズン(52話)では、愛とドラマ(ハヤテの費用はもちろん)のビットで楽しく楽しいものになっていた。それが、そのシリーズが人気を博した理由だろう。多くの思い出深い時があり、アニメは、シーズンが終わったときに視聴者をもっと欲しがるようにしていました。シーズン2が始まり、最初はまったくうまくいきませんでしたが、最終的には受け入れられ、好きになるように成長しました。ナギとハヤテ以外のキャラクターの育成も好評だった。

シーズン1と2の動画そのものに注目するもう1つの点は、過去の季節にこのサイトにたくさんの動画オーバーレイがあり、Crunchyrollを使用してウェブサイト、PS3、モバイルアプリで視聴している場合ですいくつかのシーンを適切に見ることができなくて、日本語がやや理解できない場合は、重要でもある対話が欠落しています。

私はシーズン2では非常に混乱していることを指摘するつもりです。シーズン1で起こったある種の出来事は存在しなくなり、シーズン1の終わり近くによく知っているにもかかわらず、ヒナギクとアユムのようないくつかのエピソードが混乱していました。 Ayumuは、ナギがAyumuの所に滞在していた時に、Hayateに怒っていて、豊かにならないようなことを学んでいる間に、シーズン1で友好的でした。もう一つの衝突事件は、ナギの最初の公道列車で、シーズン1ではハヤテとマリアで行われたが、シーズン2ではアユムと繰り返された。これは2つのストーリーラインの中で最も明らかな問題である。これは私に、シーズン2の大半がシーズン1の時間枠に沿って起こったと信じさせました。

シーズン3は非常に急激に始まり、ナギは砂漠で失われ、絶え間ない不幸を経験しています。シーンは悪化しています。なぜなら、最初のエピソードで説明されると誤解して考えられていたほぼ10のエピソード全体について、暗闇の中に残っているからです。それを除いて、通常のランダム性がたくさんあります
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります

前の段落でシーズン1と2の間の移行について言及したように、この新しいシーズンのアートスタイルの変化は大きな変化であり、私自身はファンではありません。文字はより明確に定義され、私にとっては魅力的ではありません。私は彼らがなぜこのスタイルを選んだのか分かりませんが、それは昨シーズン以来ずっと長いですが、私はそれに賛成ではありません。私がバットからすぐに気づいたのは、彼らの邸宅がまったく違って改装されていて、日本にいなくなったと思ったからです。これとは別のもう一つのことは、文字は、以前と基本的に同じですが、通常よりも劇的に見えることです。特にNagi。これは私の個人的な意見です。プロットに沿って、私はThe Black Camelliaに続く開発を楽しんでおり、彼らはその物語に興味をそそられていると思う。

さらに、私はこのRukaが誰であったか、そしてNagiと他の人たちとの関係を理解できませんでした。彼らは知り合いに見えましたが、今シーズンは説明されていないので、漫画を読んだりオンラインで研究したりすることなく、彼女について何も知ることができません。

また、Black Camelliaが多くの「利便性」をもたらし、同じ場所のすべてのキャラクターで終わったように見えます。これは、作家が視聴者を悩ますことなく実際にどのくらい操作できるかを実際に伸ばしていることです。

要約:

音楽/オーディオ:4.5
本当に耳に喜ばれます。ルカをあまり知らないにもかかわらず、彼女の演奏はインサート・ソングとエンド・クレジットによく加わった。音楽の選択肢は(おそらく他のいくつかの側面よりも)よく考えられ、各状況にほぼ完全に適合していました。

キャラクター:4
もうひとつうまくいっているが、ほとんどの場合ナギとハヤテだけに焦点を当て、少数のシーンを除き、1〜2つのエピソードに集中しているようだ。すべての登場人物は、彼らの声優をそのまま残していた。

プロット:4
マンガを読んだ人には、このスコアはやや高いかもしれませんが、アニメに続く人には理解できるだけです。現在のストーリーアークは、以前の季節のイベント(私が知る限り)と矛盾するものではなく、間違いなく興味深いものです。

アニメ/スタイル:3
このアニメの中で、私が本当に軽蔑したのはデザインでした。環境の風景や細部は上質で質の高いものです。しかし、キャラクターのアニメーションは本当に私を悩ます。彼らの顔は特にはるかに詳細であり、キャラクターのほとんどがより暗く見え、すでにあまり深刻ではないアニメにもっと深刻なトーンを加える。

全体的なスコア:4/5

全体的に悪くはないが、前の季節と比較して、私はそれがどれほど異なるかに少し失望している。あなたがシリーズのファンであれば、それはイベントを展開するのを見るためにこれを見ることは間違いなく価値があります。

注:Xiroはアニメの初心者の査読者であり、あなたは彼の得点に同意できない権利があります

ハヤテは戻ってきて、まだそれを愛している

シーズン3をやってもらえなかったことを聞いたときに私に来た最初の考えは、今年の最高のものの一つになるはずです。後でこれがシーズン2の続きではなく、まったく異なるストーリーラインを持つことが特定されたとき、私はハートを知っていませんでした。過去に私を失望させることは決してありませんでした。また、将来私を失望させません。必要だった。

ストーリー——- 4.5 / 5
とにかく駄目なことはありませんでしたが、この場合、私の側からは確かに最初からストーリーの進歩を見ることになります。実際に元の著者秦健次郎は、物語はマンガには決してしなかったいくつかのアイデアに基づいています。そのプロットがその本質に真実でないという心配はありません。

アート——— 3/5
アートはおそらくアニメの中で最も弱いところです。キャラクターはこの中で少し変わって見えますが、表現はまったく同様に描かれていることを心配する必要はありません。

音楽—— 3.5 / 5
オープニングとエンディングは良いです。彼らは私に素晴らしい印象を残すことはありませんでしたが、それはまだある程度は良い印象です。

キャラクター—— 5/5
ハヤテのやつ子に登場するキャラクターたちは、今までと同じくらい愛らしい。
スポイラー警告!クリックすると表示または非表示になります
以前に述べたように、古いキャラクターは
今までと同じように面白く楽しいものです。

楽しさ—- 5/5
私の側から、ハヤテのごランドのすべてのエピソードを撮りなさい!あなたの楽しい瞬間があります。前の季節に比べて少しコメディが不足しているかもしれませんが、ちょっとストーリーラインとそのウィットのキャラクターは、あなたが最後までシリーズに接着されることを確信しています。

全体—— 4/5

あなたが見つけた最高のコメディアニメの1つ

あなたが第1シーズンと第2シーズンを見て楽しんでいれば、これも楽しめます。私は前シーズンのプロットからアニメのプロットの間に少し混乱があることを知っていますが、私はそれを説明します。

このアニメを見ている間、あなたはそれがいくつかのアクションを伴うコメディロマンスアニメであることに気付くでしょう。それにも魅力的な素晴らしいストーリーがあります。アニメの混乱については…あなたは、いくつかのものが外れていることと外れていることを理解するでしょう。それはあなたがこのアニメがいつ出てくるのか分からない限り、あなたが信じるものです。言い換えれば、あなたはマンガを読んでいます。

漫画では、ナギに起こったことの全シナリオと、なぜ彼女が現在、類似のキャラクターが生息する不動産の所有者であるのかを知ることができます。ハヤテの過去に起こった重要なことについても学びます。マンガはまだ読んでいなければ多くのギャップを埋めていますし、少なくともチャプター177以降を読むことを強くお勧めします。この時点で、追いつくために200章以上読む必要がありますが、その価値はあります)。

アニメに戻って、それはあなたに興味を持ち、より多くのことを望む楽しいアニメです。このサイド・ストーリーでは、忘れられないキャラクターや新しいキャラクターを見ることができます。アニメーションははるかに改善され、あなたを少し捨ててしまうかもしれませんが、慣れ親しんで慣れるのは簡単です。アニメはランダムなユーモアを使っていますが、それは実際に面白くて受け入れやすいTeekyu OVAに比べて無作為で、愚かさの2分ごとにあなたにWTFを考えさせてくれます(それを見てください)。

このアニメは全体的には素晴らしいですが、マンガフォーム177を読んでいない人にとってはやや混乱し、第1シーズンと第2シーズンは見られませんでした。また、白いドレスの青い髪の詩的な女の子が、間奏とクレジットがエピソードの末尾にあるように、頻繁に登場するのは誰ですか?

100%は!!!!!!!!!!!のように

私はこれだけ言うことができます: 私はそれが好きです!アニメーションは本当に素晴らしいですし、私は物語のプロットが好きです。私は渚が妹(FAKE)を持っていることを知り、驚きました。私は新しいエピソードが来ることを願っています!ああ!シラヌイはどこですか?ナギの猫!彼はDEADですか?

これがどういったものかを見てみましょう…

さて、あなたが見守っているのを見ているなら、はやての五徳:あなたは私の目を離すことはできません。あなたはすでにプロットに精通しているはずですが、中途半端で飛び降りることを決めた人のために、主人公のハヤテ・アヤサキは、両親に捨てられ、ヤクザに1億5,000万円の借金を残し、融資を惜しみなく払いのけようとしている男の子で、麻生十三シリーズの主人公を誘拐しようとしている彼の誘拐犯罪は、愛の告白として捉えられています!それが起こると、彼女は信じられないほど裕福になって、ハヤテの負債を払い、その過程で彼女を執事として雇い、毎日の生活の中でシリーズを進めます。ハヤテはナギオジョサマを敵の脅威から保護します。オタクのライフスタイル。

今、私たちはすべて逮捕されているので、「あなたが私の目を離すことはできません」は、現在の漫画の漫画の漫画の後に起こっているように見えるので、表示されているエピソードはMangakaがどのようにこれを書くかを決める方法に依存して、キャノンのストーリーラインは今までとは異なるかもしれません。

レビューに!

ストーリーライン – 3.5 – 今のところ2つのエピソードしかないので、これは大幅に変更されることがありますが、私は今それを見るとバランスの取れた感じがします。あなたが私のような純粋主義者であれば、飲み込むためのちょっとした難しい丸薬です。特に新しく登場したキャラクターは、彼女がただ空気から引き出されたように感じます。それは事実ですが、ほとんどのキャラクターはストーリーシリーズのために薄い空気から引き出されていますが、これらのキャラクターは最初から行われていたので、キャラクターを築く時間であることを知っていたので、つぐみ瑠璃はどこからも引き出され、愛する主人公の侵入者のように感じられる。しかし問題が新しいキャラクターの紹介にすぎないのであれば、
もう一度、2つのエピソードしかないので、これは変更されることがあります。

ハーフウェイポイントレビュー!

今は7つのエピソードがあり、今は確実に言うことができます。これは前の季節のはやての五徳とはまったく違っていますが、以前はこれまで以上に深刻で暗いです。悪いことではなく、私は今、私が最初に見始めたときに感じていたことを言葉に入れることができます。これは私の期待を満たすものではありません。これまでの「はやての五徳」はとても楽しく、楽しく明るいものでしたが、今シーズンは気分が良くなりました。うつ病は正しい言葉ではありません。しかし、私が一番気にしていたのは、それが欲しかったことが分からなかったことです。一つは、マンガの中のいくつかの章に似ていて、もう一つは、真実がちょっとわかりにくいと感じたら、私はコメディーポイントで笑って、もっと劇的で深刻な点で集中して見ていたのですが、コメディーで少し散っているように感じました。カラフルなクリスマスコマーシャルがテレビで再生される真剣な映画の真ん中に表示されるのと同じ方法です。それはまだ私の注意を維持することができたが、私はハヤテの五輪の新しいエピソードを見ようとしているちょっとした雑用のような自分自身を感じる:私の目を取ることができないので、私はスコアを改訂する しかし、彼らはすべて、テレビでプレーする真面目な映画の真ん中にカラフルなクリスマスの商業が見られるのと同じように、堅実な話が途切れているような気がして、コメディにちょっと散らばっているように感じました。それはまだ私の注意を維持することができたが、私はハヤテの五輪の新しいエピソードを見ようとしているちょっとした雑用のような自分自身を感じる:私の目を取ることができないので、私はスコアを改訂する しかし、彼らはすべて、テレビでプレーする真面目な映画の真ん中にカラフルなクリスマスの商業が見られるのと同じように、堅実な話が途切れているような気がして、コメディにちょっと散らばっているように感じました。それはまだ私の注意を維持することができたが、私はハヤテの五輪の新しいエピソードを見ようとしているちょっとした雑用のような自分自身を感じる:私の目を取ることができないので、私はスコアを改訂する
NEW STORY SCORE:3

Music – 4 – 初めと終わりのテーマはとてもうまくやっていて美しい曲で、特にルカを歌手に描いたのが好きで、イントロとアウトロは前の季節とは異なるスタイルですが、まだ非常に美しくよく書かれていて、エクセキュートされていました。アニメBGMそのものもうまくいきますが、ビデオゲームのRPGのように感じることが多いようですが実際には実際の事実よりも個人的な見通しが多いので、あなたの走行距離は変わるかもしれませんが、確かめてください最初の2シーズンでBGMが同じではないように見えることに注意してください。

キャラクター – 4 – すべてのキャラクターは基本的に同じですが、アニメはハヤテとナギに以前よりもはるかに重点を置いているように見えますが、少しずつ悲しい気持ちになります。それが本当かどうかを早期に知っているので、私はそれを残しておきます。ほとんどの部分のキャラクターは同じですが、私は渚が前の季節よりも「アニメーション」されていないことに気付きました。彼女の色合いは深刻です。悪いことではないが、私は前の季節に見たことが大好きなNagi-oujousama、これはまだ個人的な取引の多くですので、塩の粒でそれを取る。

ハーフウェイポイントレビュー!

私たちはハヤテの五徳の他のキャラクターの多くに紹介されていますが、彼らは以前のような話にはまったく不可欠ではなく、代わりにキャラクターを持つために投げ込まれたエクストラを感じます。ヒナギクとハヤテが「デート」に行くエピソードを除いて、これらのキャラクターにはほとんど焦点を当てていないが、ハヤテとナギに焦点が当てられている。それは悪いことではありませんが、最も愛されているキャラクターをもっと頻繁に使わないのは無駄です。エピソード7の終わりには、いすみがイントロでより大きな役割を果たすかもしれません。選択肢の数が多すぎるにもかかわらず、このカテゴリのスコアは低くなります。主人公と主人公であるにもかかわらず、もはやハヤテとナギの後ろにある人物にはそれほど重要ではないようで、ハヤテは今ではただのものであるという事実だけでなく、ナギはちょうど「退屈なオタク」です。
NEW CHARACTER SCORE:3.5

アニメーション – 3 – 今私はあなたが “WTF A 3!”と思っていることを知っていますか?あなたは気にしません!あなたが正しいと思うように、かなり細部があり、アニメーションはもっと流動的になりましたが、ここで私の反論があります。これは今までのシリーズの中で最も悩まされているものです。STYLEはハヤテの五徳には合わない。今あなたは世界の何を意味するのだろうか、それは私にそれをこのように置くことができますか、信じられないほどのディテールで満たされたこの新しい表情は、ドラマや学校のタイプのアニメ、ストーリーラインに深刻なトーンを持つもの、 「ハヤテのごたえこ」は本質的にギャグ/ライフ/コメディ/アクションアニメ/マンガの一種で、バイクを使ったときのようにはるかに効果的な、前回のシーズンでは、彼の動きは爆発的だったし、アニメーションで動きがあまりにも流動的にならなかったので信じられないほど速かった。一方、彼がバイクに乗っていたこの新しいシーズンの最初のepでは、彼が追いかけていた車のようにもっと遅くなっていた。もう一つ気になっているのは、新シーズンの色合いが、はやっての五輪がいつも「楽しい」ものであると感じていたような、やわらかい感じであるということです。しかし、新しいシーズンになると、色はより柔らかい色になり、よりブレンドされた色になり、以前よりもやや固さを感じさせます。しかし、私がアニメーションに持っているこれらの問題は非常に主観的です。私は新しいアニメーションが悪いと言っているわけではありません。ちょうどハヤテの五輪のようなアニメには合っていない、この新しいアニメのスタイルは悪いことではありません。キャラクターのデザインは、彼らが「アップグレード」され、まだまだハヤテのやりとりの漫画性を時折引き出すことができるようになりました。本当に時間が分かります。

チルト – 3 – 前に言ったように、私はそれがアニメとそれが基づいているマンガになると、純粋な一種だから、私はs3が私の好きなアニメの1つに登場したことを歓迎しているにもかかわらず、漫画の一部ではなかった、それは私の精神を少し弱めた(私は本当にアテナを楽しみにしていた)。だから、私は確かに高い期待を持っていなかったことを考慮すれば、この4つ星を与えているという事実は、このアニメはすべてで、あなたはおそらくそれを楽しむでしょう。

ハーフウェイポイントレビュー!

今私たちはショーにもう少し深みがあるようになったので、少なくとも個人的に、ショーは…私が期待していたものではなく、残念ながら私が望んでいたものではないと言うことができます。私の元のレーティングを4から3に変更するのは本当に苦しいですが、HNGの今シーズンは、おそらくあまりにも根本的に前任者とは違っていて、もしかすると、もしかしたら、マンガのアテーナのストーリーライン違いは温かい部屋で冷たいプールに飛び乗るようなものだが、その差はあまりにも早すぎるので、私はちょっと気分が悪くなった。ああ、私はこの新しいシーズンが悪いとは言えません。実際、それは非常によく、優れているかもしれませんが、私は自分が持っていたものとはまったく異なるものを期待していたので、私の声を聞かないでくださいこれはその核心ですが、

CLANNAD 第1話 海外の反応

 あらすじ

怪我でバスケットボールを断念し不良となっていた主人公の岡崎朋也は、ある日学園前の坂道で女子生徒の古河渚と出会う。渚は演劇部の復活を目指しており、朋也や朋也が教師幸村俊夫の働きかけで出会った友人の春原陽平、その他ヒロインらが演劇部の再建に協力していく。(ウィキペディアより引用)

SID0002554

✳以下myanimelistからの反応になります

“CLANNAD 第1話 海外の反応” の続きを読む

ef – a tale of memories. 海外レビュー

 あらすじ

学生でありながら少女漫画家としての顔を持つ広野紘は忙しい毎日を送っていた。クリスマスの夜、ひったくりを追う宮村みやこと出会う。学校での再会後、紘に興味を持ったみやこは紘に付きまとうことになる。幼馴染であり、紘に好意を寄せていた新藤景はみやこの登場により焦りを感じだし紘をめぐる三角関係へと発展していく。仕事、みやこと景との関係など多くの悩みに対して紘なりの答えを出していく様子が描かれている。
2007年10月 – 12月
2008年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

89cc1d607f042abb426f7e5fa602d6a0

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ef – a tale of memories. 海外レビュー” の続きを読む

スカイガールズ 海外レビュー

 あらすじ

西暦2074年。3年前に世界を襲った謎の機械細胞群「ワーム」により人類は人口の3分の1を失うものの、人類軍の最終破壊兵器により壊滅した。

それから10年の年月が過ぎた。桜野音羽、園宮可憐、一条瑛花の3人は神奈川県横須賀市追浜[注 1]の基地に集められる。そこで目にしたものは今までの戦闘概念を根本から覆す新兵器、飛行外骨格「ソニックダイバー」であった。ワームとの戦いでの負傷によりパイロットを引退した冬后蒼哉中佐の下、ソニックダイバーパイロット候補生として3人の訓練の日々が始まる。しかし危機は迫っていた。10年の時を経てワームが復活したのである。桜野音羽、園宮可憐、一条瑛花の3人は、人類の未来と希望を乗せ、ソニックダイバーで大空を駆る。
2007年7月5日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

basic

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スカイガールズ 海外レビュー” の続きを読む

AYAKASHI 海外レビュー

 あらすじ

主人公・久坂悠は2年前に幼なじみが死亡して以来、何事にも関心を示さない無気力な学生として暮らしていた。しかし彼の前に謎の少女・夜明エイムが現れたことにより、彼の中で眠っていた何かが目覚めることに……。
2007年12月 – 2008年2月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543173926900

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AYAKASHI 海外レビュー” の続きを読む

神霊狩/GHOST HOUND 海外レビュー

 あらすじ

遥か古来より、この世界“現世”は、別の世界“幽世”と重なり合っていた。

日本の原風景の面影を残す地方の小さな町・水天町。この町に住む中学生、 古森太郎と大神信は、それぞれ消し去ることのできない過去を持っていた。町の誰もが忘れられないでいる、11年前に起きた一つの事件。ある日東京から引っ越してきた転校生、中嶋匡幸は2人の過去に触れようとする。3人の出会いによって、各々に背負ってきた過去が絡み合っていく。そして、太郎の持つ力がもうひとりの少女との出会いを導いていく。

O.B.E.、“体外離脱体験”とも呼ばれる“魂抜け”を行えるようになった少年たちは、“幽世”を彷徨うことで不可思議な現象へと誘われ、常識を超えたものへと触れてゆく。死者の目撃。神霊の知覚。“想像”したものの発現。

だが彼らは“幽世”と11年前の事件には関係があるのではないかと気づいてゆく。
2007年10月18日 – 2008年4月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543173440400

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神霊狩/GHOST HOUND 海外レビュー” の続きを読む

しおんの王 海外レビュー

 あらすじ

幼い頃に何者かに両親を殺害され、そのショックから事件での記憶と、言葉を失くしてしまった主人公の少女「安岡紫音」。殺害された両親の遺体には、犯人により「将棋の王将」が残されていたが、犯人の意図がつかめぬまま、事件は迷宮入りとなってしまっていた。

さらに、紫音の両親の殺害された翌日、羽仁真(当時八段)は、神園修から、初めてのタイトル「角聖」を奪取。そして同日、羽仁真の実弟・悟の婚約者であった瀬戸一美が心臓発作で死亡した。瀬戸一美は、事件の数日前に安岡家を訪れ、紫音にも会っていた。これらの事件の重なりは、果たして偶然なのか。
2007年10月13日 – 2008年3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543172812894

✳以下myanimelistからのレビューになります

“しおんの王 海外レビュー” の続きを読む

メイプルストーリー 海外レビュー

 概要

2006年11月9日、ネクソンジャパン(日本法人)は、マッドハウスの協力のもとで「メイプルストーリー」をアニメーション化することを発表した。 メイプルストーリーを展開している各国に放送することを目的とし、ゲームユーザー以外の人々にも幅広く認知されることも製作の視野に入れている。テレビアニメは2007年10月7日から2008年3月30日まで、テレビ東京系列にて日曜 8:30 – 9:00に放送された(全25話)。ハイビジョン制作(アナログ放送は16:9レターボックスで放送)、字幕放送。(ウィキペディアより引用)

image_search_1543171879069

✳以下myanimelistからのレビューになります

“メイプルストーリー 海外レビュー” の続きを読む

こどものじかん 海外レビュー

 概要

この作品はあくまで一般向けの作品であり、作者自身は(エロで)「一般誌の限界に挑戦」しつつ「エロ漫画ではない」と語っている。

漫画、アニメとも話数は学校の時間割になぞらえて「○時間目」とカウントされる。作中の時間経過により、連載当初は小学3年生だったりん達は順に進級し、最終回前半までは小学6年生である。

掲載誌と内容の変遷について 編集
『COMIC HIGH』(双葉社)で2004年3月創刊号に読み切り作品として掲載され、第5号から正式に連載されるが、同誌が6号で一旦休刊したのに伴い連載終了。その後、2005年4月に新装刊した『コミックハイ!』VOL.1(漫画アクション増刊・2005年5月22日号)より旧『COMIC HIGH』時代の設定を全てリセットした上で連載を開始、2013年4月発売のVOL.97まで連載された。
2007年10月11日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543171677140

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こどものじかん 海外レビュー” の続きを読む

おおきく振りかぶって 海外レビュー

 あらすじ

埼玉県の公立高校・西浦高校へと進学した三橋 廉(みはし れん)は中学時代、祖父の経営する群馬県の三星学園野球部でエース投手だったが、チームメイトからは「『ヒイキ』でエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け、極端に自虐的な暗い性格になってしまう。三橋が隣県の西浦高校へと進学したのは、その暗い思い出を拭うためだった。

西浦高校には、発足したての野球部(正確には軟式野球部が硬式野球部になった)があり、部員は新入生ばかり10人。しかも監督は、若い女性という部活だった。部員不足の野球部で、はからずも三橋はまたもエースを任せられてしまう。

三橋とバッテリーを組む、リードの得意な捕手・阿部 隆也(あべ たかや)は、三橋の独特の球筋と尋常でない制球力に気づき、当初は三橋を自分の言いなりに投げさせればいいと考える。しかし野球部の初試合となった因縁の三星学園との練習試合をきっかけに、阿部やチームメイトは本当のエースとしての三橋の成長を望むようになっていく。
第1期:2007年4月12日 – 9月27日
第2期:2010年4月1日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

oofuri

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おおきく振りかぶって 海外レビュー” の続きを読む

レンタルマギカ 海外レビュー

 あらすじ

人が思うより少しだけ世界には魔法が多く、人が思うより少しだけ世界には神秘が多い。

臆病で弱気な高校生・伊庭いつきが父の失踪を機に継ぐこととなった魔法使い派遣会社「アストラル」。慣れない経営に悪戦苦闘するいつきが、個性的な従業員たちと共に迫りくる敵と戦う異種魔法戦闘ファンタジー。
2007年10月 – 2008年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543171119565

✳以下myanimelistからのレビューになります

“レンタルマギカ 海外レビュー” の続きを読む

PRISM ARK 海外レビュー

 概要

PRISM ARK』(プリズム・アーク)のタイトルで、2007年10月より独立UHF局系にて放送された。全12話。

主要スタッフは原作のオープニングムービー制作スタッフとほぼ同じだが、声優陣は原作やドラマCDからヒロインとキザーロフ以外の全員が変更となった。また、主人公もハヤウェイからプリーシアへ変更。そのため、原作でハヤウェイに起きたイベントがプリーシアで起きることが多い。

なお、監督の大張正己が本作の前に手掛けた『獣装機攻ダンクーガノヴァ』と同じく、本作にも過去の大張作品からのパロディが散見される。また大森英敏が参加した話では、『内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎』のようなカットイン演出が散見される。(ウィキペディアより引用)

image_search_1543146873908

✳以下myanimelistからのレビューになります

“PRISM ARK 海外レビュー” の続きを読む

紅 kurenai 海外レビュー

 あらすじ

五月雨荘に住む駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎の元へ、恩人であり尊敬する大先輩・柔沢紅香が1人の少女を連れて来た。世界屈指の大財閥の御令嬢、九鳳院紫の護衛を依頼したいと言う。世間知らずだが好奇心旺盛な紫との共同生活に慣れた頃、彼女を狙う人物が2人を襲う。依頼の裏に隠された彼女の真相を知ったとき、真九郎が選んだ行動は……。
2008年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543169738920

✳以下myanimelistからのレビューになります

“紅 kurenai 海外レビュー” の続きを読む

キスダム ENGAGE planet 海外レビュー

 あらすじ

時にA.D.2031年。繁栄を続ける人類の前に、「ハーディアン」と呼ばれる未知の変異生物が確認された。それから20年。人類は、その言いし得ぬ脅威に対し結成された、国際防衛組織「N.I.D.F.」(Neo International Defence Force)の総司令、燻 京香を中心に持てる科学力を結集させ、戦闘機NES-1ヴァイパー&NES-2ドルフィンなどの開発をはじめ、人類の英知を結集させた数々の兵器を拡充し、来るべき“その時”に備えていた。

NES機パイロット候補生の哀羽シュウ達は、日々その目撃数が増す変異種の調査、そしてその出現に何らかの関係を持つという遺物「死者の書」の調査を進めていた。そして、科学主任・流姫那由乃の手によって死者の書は発見される。由乃が死者の書を持ち帰還する途中、ついにハーディアンが世界中に出現。東京を始めとした全世界の都市では人類による迎撃が為されていたが、ハーディアンの圧倒的な攻撃力を前に全く歯が立たない状態にあった。そんな中、由乃は自分を救うために傷付いた哀羽に伝承の遺物「死者の書」の力を与えてしまい、伝承者・哀羽シュウが誕生する。しかし人類を裏切った総司令の京香によって、科学主任の由乃は行方不明となってしまうのであった。

こうして由乃を探すため、かつての仲間達と関わりながら哀羽シュウの長く辛い戦いの旅が始まった。
2007年4月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

top_03

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キスダム ENGAGE planet 海外レビュー” の続きを読む

獣神演武 HERO TALES 海外レビュー

 経緯

1998年頃、武侠ファンのサイトでオリジナル小説「獅子獣神演武」を書いていた大原信弥が、『三国志』同人つながりから、デビュー前の荒川弘に挿絵を依頼したことが始まり。

大原信弥は当時、スタジオフラッグに所属しており、そのスタジオフラッグの当時の社長・早坂哲也とともに最初のアニメ化を試みたが、荒川弘のデビューなどで企画は一旦消えた。

2005年より、ジェンコのプロデュースにより再びアニメ企画が動き出し、2006年10月より先行して漫画連載が開始。「最初はアニメ版キャラ設定だけだと思っていたのに、いつの間にか漫画版を描くことになってしまって」(荒川弘)。シナリオライター社綾が、アニメ用シナリオから漫画用に、「台詞の細かいところまでちゃんと書いてある」シナリオを書き起こし、荒川弘が作画。
2007年10月7日 – 2008年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543146043551

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣神演武 HERO TALES 海外レビュー” の続きを読む

しゅごキャラ! 海外レビュー

 あらすじ

クール&スパイシーと評判の小学生・日奈森あむは、通っている聖夜学園の児童だけではなく、他校生からも尊敬されたり恐れられたりしているが、実際は意地っ張りで口下手で恥ずかしがり屋なごく普通の少女である。ある日、彼女は「どうかあたしに、なりたい自分に生まれ変わるための勇気をください」と願うと、翌朝彼女のベッドの中にチェック柄の3つのたまごが現れ、中からラン、ミキ、スゥの3人のしゅごキャラが生まれた。3人はともに彼女の「なりたい自分」が形になったものだった。

しゅごキャラが生まれたことで、あむは彼女と同じくしゅごキャラの持ち主の子供たちのみで構成された聖夜学園の組織・ガーディアンから、×たま(ばつたま)を浄化する特別役職・ジョーカーに任命される。さらには何でも願いを叶えてくれるという真っ白な卵・エンブリオを狙うイースター社との戦いに巻き込まれていく。彼女は×たま浄化を通じてイースター社側の人間をも改心させ、また彼女自身も成長していくこととなる。
2007年10月6日 – 2008年9月27日迄放送

image_search_1543145053987

✳以下myanimelistからのレビューになります

“しゅごキャラ! 海外レビュー” の続きを読む

キミキス pure rouge 海外レビュー

 あらすじ

主人公(デフォルト名は相原光一)は高校2年生の少年。今日から新学期。まだキスどころか恋愛の経験もなく、高校生活も残り半分過ぎてしまったことに気付く。このままではいけないと思った彼は、積極的に行動を起こそうと誓う。少年は様々な女の子と出会い、一つ一つの行動を選んで付き合いを深めた末に、勇気を出せば、きっと想いが通じるはず……。
2007年10月 – 2008年3月迄放送

image_search_1543141411765

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キミキス pure rouge 海外レビュー” の続きを読む

ef – a fairy tale of the two. 海外レビュー

 あらすじ

雨宮優子と火村夕がクリスマスの教会で再会するところから物語が始まる。2人は過去の記憶を思い出し、再会を懐かしむ。そして1年前のクリスマスから今日までに起こった物語を優子が語りだす。

第一章 Chapter1: Miyako Miyamura “I’m here now.”
学生でありながら少女漫画家としての顔を持つ広野紘は忙しい毎日を送っていた。クリスマスの夜、ひったくりを追う宮村みやこと出会う。学校での再会後、紘に興味を持ったみやこは紘に付きまとうことになる。幼馴染であり、紘に好意を寄せていた新藤景はみやこの登場により焦りを感じだし紘をめぐる三角関係へと発展していく。仕事、みやこと景との関係など多くの悩みに対して紘なりの答えを出していく様子が描かれている。

転章
話は再び序章の続きへと戻る。優子は一章の内容にあたる物語を一通り語り終え、火村はその話の中で登場した人物に覚えがあり優子に問いかけるが答えられず、優子の失ったものについての謎が提示される。火村は優子の話の終わりから現在までの時間にあったことを問いかけ、それに答える形で優子の口からもう一つの物語が語られる。
2007年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543141046082

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ef – a fairy tale of the two. 海外レビュー” の続きを読む

スケッチブック full color’s 海外レビュー

 概要

高校に入学した梶原空はどのクラブに入るか迷っていたが、見学に行った美術部に半ば無理やり入部させられてしまう。大宰府市を舞台に、個性的な美術部員たちの時にまったり、時にドタバタする日常を描いている。何本かの4コマにわたって展開されるストーリーもあるものの、基本的に1本の4コマ内で完結する。また、本作ではネコなど、数多くの動物が登場し、コマ割漫画ではこのネコ達をメインキャラクターとしたエピソードも存在する。

原作者の小箱が実際に体験した出来事をもとにしたネタも多い。
2007年10月1日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543140459625

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スケッチブック full color’s 海外レビュー” の続きを読む

ドラゴノーツ ザ・レゾナンス 海外レビュー

 あらすじ

2年前の飛行機事故で家族を失い、唯一生還した少年カミシナ・ジン。事故機のパイロットがジンの父であったこともあり、ジンは周囲から非難と好奇の眼差しを受け、孤独な生活を送っていた。そんなある日、ジンは宇宙開発機関「ISDA」に呼び出され、ドラゴンの秘密を明かされた上で組織への協力を求められる。飛行機事故の事実を公表しないISDAに反感を抱き、組織への協力を拒否するジンだったが、トアという謎の美少女に危機を救われたことをきっかけに、次第にDプロジェクトに巻き込まれてゆく。
2007年10月3日 – 2008年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543139977210

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドラゴノーツ ザ・レゾナンス 海外レビュー” の続きを読む

CLANNAD 海外レビュー

 あらすじ

怪我でバスケットボールを断念し不良となっていた主人公の岡崎朋也は、ある日学園前の坂道で女子生徒の古河渚と出会う。渚は演劇部の復活を目指しており、朋也や朋也が教師幸村俊夫の働きかけで出会った友人の春原陽平、その他ヒロインらが演劇部の再建に協力していく。
第1期: 2007年10月 – 2008年3月
第2期: 2008年10月 – 2009年3月 迄放送(ウィキペディアより引用)

SID0002554

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CLANNAD 海外レビュー” の続きを読む

ご愁傷さま二ノ宮くん 海外レビュー

 あらすじ

世界各国を飛び回っている両親と放浪癖のある姉。4人家族なのに、なぜか丘にある大きな一軒家で一人暮らしをする高校生・二ノ宮峻護の元にとある兄妹が押しかけて来る。しかし、この2人には重大な秘密があった。兄・月村美樹彦はインキュバス、妹・月村真由はサキュバスと、他者から精気を得なければ生活出来ないという、とてつもなくやっかいな体質を持っていた。兄妹は峻護の姉・二ノ宮涼子と美樹彦が旧知の仲であったため、一人暮らしをする峻護の意見を軽く無視して、共同生活を開始する。さらに真由にはサキュバスの他にサキュバスとしては考えられない男性恐怖症といった体質も持っているため、これまた涼子と美樹彦は峻護の意見を完全に無視して、真由の男性恐怖症克服のためのパートナーとして彼を抜擢する。
2007年10月3日 – 12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543139447367

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ご愁傷さま二ノ宮くん 海外レビュー” の続きを読む

もっけ 海外レビュー

 あらすじ

勿怪が見える姉・檜原静流(ひばらしずる)と、勿怪に憑かれやすい妹・檜原瑞生(ひばらみずき)。姉妹2人は、特異な体質から勿怪とともに呼び寄せてしまう様々な事件を、拝み屋を副業にしている祖父の助力と助言で乗り越えながら、少しずつ成長していく。
2007年10月2日 – 2008年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543139043137

✳以下myanimelistからのレビューになります

“もっけ 海外レビュー” の続きを読む

魔人探偵脳噛ネウロ 海外レビュー

 あらすじ

謎を食糧とする突然変異種の魔人脳噛ネウロ。魔界の「謎」全てを喰らい尽くしてしまったネウロは、自らの脳髄の空腹を満たせる「究極の謎」を求め、人間界へと赴く。

人間界へと降り立ったネウロが最初に見つけた謎は、女子高生桂木弥子の父親・桂木誠一が殺された事件。警察の捜査が難航する中、ネウロは弥子に接触し自らの協力者(奴隷人形)として探偵を演じることを強要する。魔人の力をもって脅迫され、弥子は嫌々ながらもそれを引き受ける。前菜として近場の喫茶店で起きた事件を『魔界777ツ能力(どうぐ)』を駆使して解決し、そして桂木家の謎もあっさりと解いてしまう。
2007年10月2日 – 2008年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543138539618

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔人探偵脳噛ネウロ 海外レビュー” の続きを読む

ひとひら 海外レビュー

 あらすじ

麻井麦は、一ノ瀬野乃の強引な勧誘により演劇研究会に入ってしまった。窮屈な部室で活動している演劇研究会は演劇部と対立しており、互いの存続を賭けて演劇公演での対決を控えていた。極度のあがり症から何度となく挫折しそうになるが、先輩たちや中学以来の親友である遠山佳代、高校で親しくなった神奈ちとせや西田甲斐らの支えもあって、麦は大きな成長を遂げていく。

野乃達は卒業し、佳代は留学。大きく環境が変わり2年生となった麻井麦は、演劇部に入部することを決意する。裏方を希望するも、「違う自分になる」という演劇の楽しさに触れ、役者として活動していく。
2007年3月28日 – 6月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

20161217024800

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ひとひら 海外レビュー” の続きを読む

Myself ; Yourself 海外レビュー

 あらすじ

W県の南端に位置し、太平洋に面した人口5000人ほどの閑静な田舎町「桜乃杜町」に生まれ育った少年「佐菜」は、幼馴染の少女「菜々香」や従姉の「麻緒衣」、男友達の「修輔」、その姉「朱里」らと共に毎日楽しく暮らしていた。

小学5年の時に両親の仕事の都合で東京へと移り住んでいた佐菜は、5年後単身で再び故郷へ戻ってくる。そこで彼は初恋の相手だった菜々香との再会を果たしたが、彼女は5年前のような優しい笑顔を佐菜に向けることはなく、それどころか彼に平手打ちを浴びせたのだった。

今も変わらぬ思い出と、様変わりしてしまった風景。この物語では、彼ら若者達の青春時代を佐菜とその親友である修輔の2人の視点から描いてゆく。
2007年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543137904451

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Myself ; Yourself 海外レビュー” の続きを読む

ナイトウィザード The ANIMATION 海外レビュー

 概要

2007年10月より『ナイトウィザード The ANIMATION』のタイトルで独立UHF局、同年11月よりキッズステーションにて放送された。

ストーリーはオリジナルだが、雑誌に連載されたリプレイからのキャラクター・エピソード・設定を含んでおり、それらの後に起きた物語という設定になっている。また、主に前述されている『マジカル・ウォーフェア』の完結編として制作されているため、『ナイトウィザード The 2nd Edition』においては本作品を踏襲したシナリオが存在、登場人物の幾らかはNPC登録されている。そのため、リプレイと『ナイトウィザード The 2nd Edition』をあわせるとキャラクターの繋がりや話の構成の全貌が見え、より一層楽しめるようになっている。

なお、放送時間帯に流れたTRPG・書籍などのCMは、アニメ本編の1シーンの台詞を入れ替えたパロディになっていた。(ウィキペディアより引用)

image_search_1543128768184

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ナイトウィザード The ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

素敵探偵☆ラビリンス 海外レビュー

 あらすじ

首都機能をすべて新都に移され忘れられた街となった旧都・東京。一部の人々は未だ住み続けているが、街は荒廃し続け「迷宮〜ラビリンス〜」と呼ぶに相応しい状況と化していた。そこでは「幻夢事件」と呼ばれる怪事件・難事件が次々と起きており、その事件の裏には悪しき意思が蠢いていた。その事件に挑むのは不思議な力「神智」を使う少年探偵・日向繭樹。
2007年10月2日 – 2008年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543128419845

✳以下myanimelistからのレビューになります

“素敵探偵☆ラビリンス 海外レビュー” の続きを読む

BAMBOO BLADE バンブーブレード 海外レビュー

 あらすじ

室江高校の剣道部顧問、「コジロー」こと石田虎侍は、愛車購入のためにかけたローンの支払いで、その日の食事にも困る貧乏生活の日々を送っていた。そんなある日、高校時代の先輩であり、同様に剣道の指導者となっていた石橋賢三郎から「自分が顧問を務めている町戸高校の剣道部に勝てたら、実家の寿司屋で1年間食べ放題」という条件で、女子剣道部の対外試合を持ちかけられる。条件に目がくらみ即諾したコジローだが、現在ほとんどの部員が受験引退もしくは幽霊部員と化している室江高校剣道部は、事実上の部員が部長の千葉紀梨乃ただ1人という有様で、5対5の練習試合をするには頭数がまったく足りなかった。
2007年10月1日 – 2008年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543127894293

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BAMBOO BLADE バンブーブレード 海外レビュー” の続きを読む

さよなら絶望先生 海外レビュー

 概要

週刊少年マガジン』連載の漫画『さよなら絶望先生』を原作としたアニメシリーズ。コンセプトとしては「学園ブラックコメディー」と称されている。アニメーション制作はシャフトが担当し、2007年にテレビシリーズ第1作がアニメ化されてから現在までの時点でテレビシリーズが3作、OVAが2作製作されている。

テレビシリーズはチバテレビなどの独立U局などで放映された。OVAは受注限定生産方式のDVDで講談社によりOAD(オリジナル・アニメーション・DVD)という呼称がつけられ、OVA第1作の中巻以外はいずれも原作単行本の初回限定版に付属となっている。
2007年7月 – 9月(第一期)
2008年1月 – 3月(第二期)
2009年7月 – 9月(第三期)(ウィキペディアより引用)

image_search_1543126126500

✳以下myanimelistからのレビューになります

“さよなら絶望先生 海外レビュー” の続きを読む

もえたん 海外レビュー

 概要

初代もえたんを原作とし、担当声優はリスニングCDの声優をそのまま引き継いでいる。ネット体制、映像フォーマット、製作委員会の一部組み合わせなどは前番組『sola』より引き継ぐ形となる。

毎回の番組の最後に「もえたんコーナー」で英文を紹介し、また本編中でも数本の英文が会話の中に出てくる。しかし、出演声優の英語の発音は必ずしも良いものではなく、また英文も原作通りに難解あるいは実用度の低いものが多いので、原作以上に英語の勉強には適さない。また、DVDでは本編中の英文の字幕をオフにする機能があり、解説書には本編のシーンを使った英会話文が収録されている。

作中で使われている英文だけでなく、アニメ自体にも川口敬一郎監督が手がけた作品に関連する作品をはじめ、各種作品のパロディが多数見受けられる。
2007年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543126720763

✳以下myanimelistからのレビューになります

“もえたん 海外レビュー” の続きを読む

シグルイ 海外レビュー

 あらすじ

寛永6年9月24日、駿府城内で御前試合が行われることとなった。御前試合は、慣例として木剣を使用することになっているが、周囲が諌めたにもかかわらず、駿河大納言・徳川忠長の命により、今回は真剣を用いることが決定され、剣士達による凄惨な殺し合いが幕を開ける。その第一試合、隻腕の剣士・藤木源之助の前に現れた相手は、盲目・跛足の剣士、伊良子清玄だった。まともな試合ができるかどうか危ぶむ周囲の心配をよそに、伊良子は奇妙な構えを取る。刀を杖のように地面に突き刺して足の指で挟み、体を横に大きくのけ反らせるように捻るという構えに群衆が唖然とする中、対する藤木はまったく動じることなく刀を抜き放ち大きく構える。両剣士には浅からぬ因縁があった。
2007年7月19日 – 10月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543127208349

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シグルイ 海外レビュー” の続きを読む

ぽてまよ 海外レビュー

 あらすじ

ある日、森山素直が学校に連れて来た不思議な女の子「ぽてまよ」。言葉はほとんど話せないが、そのかわいさで一躍クラスの人気者に。しかし、人の心が読めるぽてまよは、密かに素直に憧れているクラスメート・夏みかんには気を許さない。

そんなある日、ぽてまよと同じく不思議な女の子が現れる。巨大な鎌を持ち、無言で何でもぶった斬る恐い子だが、素直たちのクラスメート・高見盛京の作る「ぐちゅ玉」になついてしまったことから「ぐちゅ子」と名付けられる。
2007年7月6日 – 9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543125695827

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぽてまよ 海外レビュー” の続きを読む

ムシウタ 海外レビュー

 あらすじ

希望や願望や欲望が飽和しやすく、時に彼らが生きる目的そのものともなる、さまざまな「夢」を抱いて生きる少年少女達。

その夢が自らの器から漏れ出すほど大きく、抑えきれなくなった時、いずこからか現れて夢を食らい様々な物を奪っていく代わりに、望みもしない強大な力を与える昆虫に似た超常の存在「虫」。

“虫”に寄生された者たちは「虫憑き」と呼ばれ、公には存在しないとされているにも拘らず、もはやその単語を知らない者はいない。目撃証言や虫憑きのものと思われる異常現象は年々増加し、噂の範疇から抜け出ていないにもかかわらず人々の間で差別と恐怖の対象になっていた。
2007年7月5日 – 10月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543125147038

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ムシウタ 海外レビュー” の続きを読む

ドージンワーク 海外レビュー

 概要

ある日長菜なじみは、友人でクラスメイトの露理に誘われて同人誌即売会の売り子に行くことになる。そこで幼馴染のジャスティスと出会い、露理とジャスティスの二人が膨大な部数を売り上げていることを知り、自分も同人活動を始めることを決意した。

本作は、同人誌の制作現場、即売会での頒布模様、日常生活の主に3つの舞台で繰り広げられるコメディである。一部に不条理ギャグが含まれ、スラップスティック感は余りない。下ネタが非常に多いが、アニメ版では多少緩和されている。4コマ漫画では多用されるキャラクターのデフォルメや低頭身化をあえて行っていないのも特徴で、キャラクター達が時折見せるリアルな表情がギャグとして定番化している。
2007年7月3日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543120773027

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドージンワーク 海外レビュー” の続きを読む

ZOMBIE-LOAN 海外レビュー

 あらすじ

死神の目を持つ女子高生・紀多みちるはある日、半年前の陸橋陥没事故から奇跡の生還を果たしたことで有名なクラスメイト・赤月知佳と橘思徒の首に死を予兆する黒い輪(リング)を見つける。実は、2人は一度死亡するもローンを組んでゾンビとして生還していたのだった。みちるは、自分の能力「死神の目」に目を付けた2人の借金返済のためにゾンビ狩りに協力することになる。少女と2人の少年が紡ぐ、死と再生……魂の物語。
2007年7月3日 – 9月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543120195846

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ZOMBIE-LOAN 海外レビュー” の続きを読む

CODE-E 海外レビュー

 あらすじ

電磁波事件多発! 疑わしきは転校生?
舞台は隕石が落下してから20年後の2017年。
吉祥寺にある高校に転校することになった海老原千波美は、感情が高ぶると周囲の電子機器を狂わせる能力『TYPE-E』の持ち主だった。本人の意志に関係なく発動する特殊能力のため、否応なくトラブル(電化製品にノイズを発生させたり、壊したりしてしまう)を引き起こしてしまう。ヒロインと科学バカの男子生徒とのドタバタラブコメである。
2007年7月3日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543119748276

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CODE-E 海外レビュー” の続きを読む

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 海外レビュー

 あらすじ

海猫市緒ノ島(おのしま)[1]の海岸に、家つきイカダに乗った父娘がやって来た。少女の名は蜷川あむろ。「県立海猫商業高等学校」(通称「海商」「ウミショー」)[2]に転校する為、はるばる沖縄から航海してきたという。

その不思議な泳力を買われ水泳部入りするあむろ。ドタバタの騒動を引き起こしつつもウミショーの人気者になってゆく彼女に最も心惹かれたのはマネージャーの沖浦 要だった。
2007年7月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543119334003

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 海外レビュー” の続きを読む

ななついろ★ドロップス 海外レビュー

 あらすじ

主人公・石蕗正晴は、根は優しいけど人付き合いが苦手な、少し不器用な少年。そのため、新しいクラスになかなか馴染めない日々を過ごしていた。

そんなある日の放課後、正晴はふとしたことでクラスメイトの秋姫すももと八重野撫子と共に園芸部の手伝いをすることになる。仕事を進め、一段落したところで休憩のついでにジュースを買いに行く正晴。しかしその帰り、怪しい男とぶつかり自分の買ったジュースと怪しい男が持っていたジュースが入れ替わってしまう。そうとは気づかず、そのジュースを飲んでしまった正晴は羊のぬいぐるみの姿になってしまった。ぬいぐるみとなって動けなくなった正晴は、彼を探しに来たすももに拾われ教室に運ばれる。そこへ通りかかった学園の教師・如月ナツメに助けられ、ぬいぐるみの状態でも話し、動くことができるようにしてもらう。
2007年7月 – 9月迄放送  (ウィキペディアより引用)

image_search_1543118860943

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ななついろ★ドロップス 海外レビュー” の続きを読む

鉄子の旅 海外レビュー

 概要

旅の案内人として横見浩彦が同行する鉄道紀行漫画。コンセプトは、鉄道にまったく興味のない作者が鉄道好きのトラベルライターの横見に嫌々日本全国の鉄道に連れ回されるというもの。通常、旅をするメンバーはキクチ(作者)、横見、編集者で、時折ゲストが随行する場合もある。

略称は鉄子(てつこ)で、主要な登場人物たちも使用している。

足掛け5年にわたり連載が続いたが、菊池の体力の限界を理由に2006年12月号の第48旅をもって終了した(連載漫画の単行本としては全6巻)。2007年6月よりファミリー劇場にて放送されたアニメの宣伝のため2008年3月号までコラムが掲載、2007年4月号、7月号、8月号に読み切りが掲載された。アニメ終了後もカラー特別版や日本縦断弁当が販売されるなど企画が行われた。連載終了後のコラムと読み切りにその後の企画についての書き下ろしを加えて「プラス」を刊行。

番外編として、明知鉄道を舞台に矢野直美を旅の案内人として小学館の月刊誌『ラピタ』2005年3月号に掲載、矢野の『おんなひとりの鉄道旅』文庫版西日本編に収録。
2007年6月24日 – 2007年9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543118625625

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鉄子の旅 海外レビュー” の続きを読む

湾岸ミッドナイト 海外レビュー

 概要

主人公・朝倉アキオが駆る「悪魔のZ」こと初代フェアレディZ(S30型)と、それを取り巻く人間模様、そして主に首都高において公道バトルを繰り返す自分たちが狂っていると自覚しながらも「悪魔のZ」に挑んでは消えていく数多くの挑戦者達の様子を描いている。ストーリー構成は「悪魔のZ復活編」(悪魔のZ編)から始まり、「イシダ編」(悪魔のZ編並びにイシダ編)→「平本編」(とびっきりのGT-R編)→「マサキ編」(赤坂ストレート編)→「圭一郎編」(モンスターマシン編)→「黒木編」(R200CLUB編)→「エイジ編」(阪神高速環状編)→「城島編」(幻のFC編)→「友也編」(ガレージACE編)→「マコト編」(幻のF1タービン編)→「ユウジ編」(地上のゼロ編)→「荻島編」(FDマスター編)と、おおまかに分類することができる(なお、この分類は解説のための便宜的なもので作中での名称および区分ではない)。
2007年6月15日 – 2008年9月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543118115567

✳以下myanimelistからのレビューになります

“湾岸ミッドナイト 海外レビュー” の続きを読む

デビルメイクライ 海外レビュー

 概要

007年6月14日より9月6日まで、WOWOWにて毎週木曜23時00分から23時30分(JST)に放送。原作のキャラクターと設定を用いてアニメオリジナルのストーリーを描く。全12話。少しひねくれた色男・ダンテ達と彼等を取り巻く登場人物達とのエピソードをほぼ1話完結で放映している。後にドラマCDも発売した。

原作であるゲームシリーズを繋ぐ重要な物語であり、ほとんど語られる事のない事務所「Devil May Cry」での日常などが描かれている。

ゲームと異なり、音声は日本語となっている。なお海外版の音声は、一部ゲームと同様のキャスティングがなされている。

この作品を収録したDVD&Blu-ray版が発売されている。バンダイチャンネルでも配信されている。
(ウィキペディアより引用)

image_search_1543117458580

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デビルメイクライ 海外レビュー” の続きを読む

アフロサムライ 海外レビュー

 あらすじ

「一番」のハチマキを持つ者は世界を制する力を得る。「一番」に挑戦できるのは「二番」のハチマキを持つ者のみ。だが「二番」に対しては誰でも挑戦でき、ハチマキを狙う者達から常に襲われ続けることになる。かつて「一番」を持つ父を殺されたアフロは復讐のため「二番」を手に入れ、終わることのない戦いに身を投じる。
2007年5月3日放送開始(ウィキペディアより引用)

image_search_1543116971746

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アフロサムライ 海外レビュー” の続きを読む