金色のコルダ primo passo 海外レビュー

あらすじ

普通科と音楽科が併設された星奏学院(せいそうがくいん)が舞台。高等部の普通科に在籍する主人公は、音楽に関しては素人だった。だが、リリという音楽を司る妖精に選ばれ、学内音楽コンクールに出場することになる。
2006年10月 – 2007年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“金色のコルダ primo passo 海外レビュー” の続きを読む

ギャラクシーエンジェる〜ん 海外レビュー

概要

2006年10月 – 12月放送(一部の局を除く)。全13話。『ギャラクシーエンジェル』の1-4期(以下「前作」)が一話15分(x2で30分)とショート(一部例外あり)なのに対し、本作は一話30分というフォーマットとなった。

タイトルはWebラジオの番組タイトルでもあったが、Webラジオはアニメ放映開始前に「ピャパプピーペンピェぷ〜ん」へとタイトルを変更している。

前作にはほぼ無かった紋章機での戦闘シーンがあり、前作よりはゲーム版に近い内容になっている。但しストーリーは本作も完全オリジナルであり、ゲームとはストーリー上の繋がりはないパラレルワールドが舞台になっている。第7話にムーンエンジェル隊(ミルフィーユのみ第13話にも登場)、第12話、第13話にカズヤが出演はするが、それ以外のキャラは基本的に登場しなかった。ムーンエンジェル隊に関しては第13回の桜葉姉妹を除けば直接の共演はなく、それぞれの回想シーンでの個別共演(例:アニスとミント、ナノナノとヴァニラなど)程度である。なお、エンジェル隊基地も第1話に登場していた。ゲーム版に先行して、ナツメ・イザヨイが登場しているが、前作の烏丸ちとせと同様に、本作中ではエンジェル隊員ではない。
2006年10月1日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ギャラクシーエンジェる〜ん 海外レビュー” の続きを読む

オーバン・スターレーサーズ 海外レビュー

あらすじ

西暦2057年、超光速航法の開発により、地球は未だかつて無い宇宙開拓時代を迎えた。しかし、それによる恵みと同時に人類は攻撃的隣人クロッグと遭遇し奇襲を受けることになる。地球はかろうじてクロッグ侵略軍からの攻撃を凌いできたが、2067年突如訪れたアバターによりクロッグ軍は撤退する。以来、15年間地球の平和は保たれてきたが、2082年、アバターの再来により、平和と引き換えに、1万年に1度開かれるという「オーバン・スターレース」という謎のレースへの参加を余儀なくされる。

そこでは銀河中の優秀なパイロットたちが選ばれ対決するのだという。そして、不参加や敗退は即ち地球の滅亡に繋がることになる。この地球にとって究極の試練ともいえるレースへの招待。そのレースの結果で、この銀河の権力地図が描きかえられると言われているのだが…。地球の命運を背負い、ドン・ウェイ率いるレーシングチームはそのレースに立ち向かう。
2006年9月23日 – 2007年9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“オーバン・スターレーサーズ 海外レビュー” の続きを読む

BLACK BLOOD BROTHERS 海外レビュー

あらすじ

本編のストーリーは、吸血鬼と人間の共存の象徴である都市「特区」を巡る戦いを軸に進行する。九龍王復活を狙う九龍の血統の魔手が特区に迫る中で、ジローとコタロウの兄弟の絆、やがて消滅する宿命を受け入れながら互いに惹かれ合うジローとミミコの絆、カンパニーと協定血族の絆や確執、世界中から忌み嫌われ敵視される九龍の血統の家族としての絆などを通じて、吸血鬼と人間、あるいは吸血鬼同士の絆や吸血鬼の存在意義などについて描いている。一方、短編では調停員として働くミミコの日常を中心に特区の日常を描いており、概ねシリアスな雰囲気で進行する本編とは対照的なコメディタッチのエピソードもある。短編集で書き下ろされた番外編「BLACK BLOOD CHRONICLE」シリーズでは、九龍の血統に染まる以前のカーサがジローやアリスと共に世界中を旅していた頃のエピソードが描かれており、これらは特区だけでなくシンガポールやフランスなどの外国も舞台となる本編後半の伏線にもなっている。
2006年9月8日 – 11月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BLACK BLOOD BROTHERS 海外レビュー” の続きを読む

シュヴァリエ Le Chevalier D’Eon 海外レビュー

概要

実在の外交官であるシュヴァリエ・デオンを主人公に、綿密な時代考証に基づく18世紀ヨーロッパの国際情勢といった歴史的事実と錬金術など体系的なオカルトが交錯する虚実ない交ぜとなった世界観を持つ。

漫画は挿画を夢路キリコが担当して『月刊マガジンZ』で2005年3月号から2009年1月号まで連載された。小説は冲方と「文芸アシスタント」名義の連名で日経BP社から2006年に刊行された。なお、アニメ、漫画、小説はそれぞれ別のストーリーとなっている。

2006年8月19日から2007年2月24日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シュヴァリエ Le Chevalier D’Eon 海外レビュー” の続きを読む

HANOKA 葉ノ香 海外レビュー

あらすじ

とある惑星トキネアでは人類と星の民、2つの種族が争いを繰り広げていた。自然の力を操る星の民に対して劣勢を強いられていた人類は「魔神」と呼ばれる決戦兵器を開発し対抗。そしてついに魔人7号にも出撃命令が送られる。戦地で少年兵士ユウリと出会った7号、ユウリと共に戦い初陣を勝利で飾る。しかし次の作戦中に敵の罠に落ち重傷を負ってしまう。意識を失った7号を守るため戦うユウリ。敵の攻勢の前に窮地に陥ったその時、突然7号が目覚めユウリの元へ駆けつける。敵を退け窮地を逃れた2人。ユウリは私に名前はないという7号に対し葉ノ香と名付ける。  (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“HANOKA 葉ノ香 海外レビュー” の続きを読む

ケモノヅメ 海外レビュー

あらすじ

食人鬼を狩るため古より続く戦闘集団「愧封剣」。その師範代である桃田俊彦は、事もあろうに愧封剣館長殺害の疑いをかけられた食人鬼の上月由香と恋に落ち逃亡してしまう。俊彦の弟の桃田一馬は、逃げた二人の追跡と愧封剣の館長職を継いで愧封剣の運営に乗り出す。

元愧封剣メンバーの大葉久太郎の助力を得て組織の近代化を進める一馬だが、最近の食人鬼の激増による連戦で疲労の頂点にある隊員達と、 これを機に影の存在であった愧封剣を社会にアピールしたい一馬の間で亀裂が生じはじめる。

2006年8月5日 – 11月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ケモノヅメ 海外レビュー” の続きを読む

NIGHT HEAD GENESIS 海外レビュー

あらすじ

超能力者の兄弟、霧原直人と直也は、幼い頃から結界の張られた森に建つ研究所に隔離されていた。

15年後、二人は結界の切れた研究所から脱走し、自由な外の世界へ飛び出す。しかし、「二人が外に出ると、マイナスの力を引き寄せてしまう」という言葉が脳裏をよぎる。
2006年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“NIGHT HEAD GENESIS 海外レビュー” の続きを読む

イノセント・ヴィーナス 海外レビュー

あらすじ

西暦2010年に発生した異常気象「ハイパーハリケーン」は地球全土に被害を及ぼし、世界人口は80億から半分以下の30億まで減少した。北に位置する大国の北アメリカやロシア、北ヨーロッパは凍りつき、平野部も海に飲まれ、国家間のパワーバランスは激変した。

日本は、パワーアシスト技術によって奇跡的な復興を遂げるが、それは経済特区と呼ばれる地域に限られ、特区に住まう「ロゴス」を名乗る支配階級と、それ以外に住む貧困層の「レヴィナス」の二極化が進んだ。

さらに、ロゴスはパワーアシスト技術を転用して兵器を開発。それに反発したアジア各国はアジア連合(AU)を結成し日本に侵攻するが、精鋭部隊ファントムが駆る人型兵器グラディエーターの戦闘力を前に敗退。双方の間で不可侵条約が結ばれることとなった。
2006年7月26日 – 10月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“イノセント・ヴィーナス 海外レビュー” の続きを読む

無敵看板娘 海外レビュー

概要

花見町を舞台に、中華料理屋(ラーメン屋)の元気な看板娘にして主人公である鬼丸美輝と商店街の面々や常連客が巻き起こす「無駄に熱いバトル」が展開されるスラップスティックコメディー。各々の登場人物は最初の頃はまだ現実味がある運動能力だが、話が進むにつれて人間離れぶりがエスカレートしていく。主人公自らが平和で人情味溢れる商店街に混乱をまき起こす物語である。

『N』最終巻のコメントによると『N』は当初4話の短期集中連載になるはずだったとのこと。また、『N』のキャラクター紹介も兼ねた見開き扉に描かれながらも、黒服の2人組は未登場に終わった。
2006年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“無敵看板娘 海外レビュー” の続きを読む

ちょこッとSister 海外レビュー

あらすじ

つばき荘というアパートに1人で暮らす大学生の川越はるま。ある年のクリスマスの朝、突然現れたサンタのお姉さんから、クリスマスプレゼントとして大きな袋を渡される。袋を開けると中からはなんと女の子が。それは、子供の頃サンタさんにお願いした「妹」だった。
2006年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちょこッとSister 海外レビュー” の続きを読む

すもももももも 地上最強のヨメ 海外レビュー

あらすじ

犬塚孝士は、とある武術家の家系の後継者としてこの世に生まれたが、幼い頃の事件により暴力恐怖症になり、武術をやめ検事を目指していた。ところが高校生となった孝士の元に、同じく武術家の後継者である九頭竜もも子が、孝士と結婚し地上最強の子孫を作る為に押しかけてきた。その上孝士・もも子の結婚によって十二神将戦争を終結される事を恐れた刺客が、犬塚孝士暗殺を達成し第7次十二神将戦争を起こすべく、犬塚孝士の命を狙い次々と襲い掛かってくる。
2006年10月5日 – 2007年3月15日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“すもももももも 地上最強のヨメ 海外レビュー” の続きを読む

となグラ! 海外レビュー

あらすじ

有坂香月は幼い頃、隣近所だった神楽勇治とよく一緒に遊んでいた。勇治に恋に近い感情を抱いていた香月だったが、神楽家は急用で引っ越してしまう。

それから10年後、勇治は再び香月の隣の家に引っ越してきた。再会を楽しみにしていた香月だったが、10年振りに再会した勇治は、とてつもないHな男に変貌していた。Hなことが嫌いな香月だが、勇治のことは嫌いになれない。こうして、また香月と勇治の「隣り暮らし」が始まった。
2006年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“となグラ! 海外レビュー” の続きを読む

はぴねす! 海外レビュー

あらすじ

魔法にゆかりのある瑞穂坂で、幼い頃以来魔法と関わらずに生きてきた主人公の小日向雄真。ある事情から養母となった「かーさん」小日向音羽、その娘であるすももと平凡な暮らしをしていた。

しかしバレンタイン前日、悪友の買い物に引き回された帰りに、自分の通う学園の生徒神坂春姫が魔法を使う場面に遭遇し、思わず見とれる。また翌日には成り行きで彼女からバレンタインチョコをもらってしまう。

一方その夜、学園で何者かが魔法で戦闘を行ったために校舎が崩壊するという事件が起こり、そして普通科と魔法科が一時合同になるという知らせが入った。
2006年10月5日 – 12月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はぴねす! 海外レビュー” の続きを読む

僕等がいた 海外レビュー

あらすじ

釧路市の高校に入学したばかりの高橋七美は、新しい環境に胸を膨らませていた。友達もでき、順調な高校生活がスタートしたように思われたが、中学ではクラスの3分の2の女子に好かれていたという人気男子矢野元晴との出会いは、七美にとってあまりよい印象のものではなかった。クラスメイトとして共に過ごすうち、徐々に矢野に惹かれていく七美。だが、矢野は恋人との死別という暗い過去を引きずっている。

紆余曲折を経て大好きな矢野と両想いになり付き合い始めた七美だが、彼が上京し遠距離恋愛に。再会を約束した翌年、七美が上京すると矢野は消息不明になっていた。待ち続け苦しむ日々が続いた末、ようやく七美が再会できた矢野はまるで別人だった。
2006年7月5日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“僕等がいた 海外レビュー” の続きを読む

Gift eternal rainbow 海外レビュー

あらすじ

小さな海岸沿いの観光地楢崎町。この街では2つの超常現象が起こっている。1つは1年中消えることなく架かっている「虹」。そしてもう一つは、この街に生まれ住む人が誰かにたった一度だけ願いを叶える贈り物を贈れる「Gift」という不思議な魔法。主人公は楢崎町に住む志摩野学園の2年生。そんな主人公にかつて一緒に暮らしていたが、ある事情で別れなければならなかった義妹の莉子が戻ってくる事になった。再会した義妹、いつも一緒の幼馴染、そして新しい出会い。動き始めたヒロイン達の物語に主人公はたった一つの「Gift」を探していく。
2006年10月 – 2006年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Gift eternal rainbow 海外レビュー” の続きを読む

Project BLUE 地球SOS 海外レビュー

あらすじ

西暦2000年、人類は公害を出すことのない究極のエネルギー発生装置・G反応機関を利用した爆発的な技術進歩と調和の時代を迎えていた。

そんな折、地球首都・メトロポリタンとニューヨークをわずか1時間半で繋ぐ超弾丸列車・イナズマ号が開通式当日に謎の光に包まれ、文字通り“消失”するという奇怪な事件が発生した。

偶然消失の場に居合わせた2人の天才少年(ビリー・キムラ、ペニー・カーター)は事件を調査するうちに、世界各地で同じような事件が続発しているという事実を知る。

そして2人は国連が秘密裏に設立した地球防衛組織・迷宮機関と関わりを持ち、事件の背後に潜む、恐るべき地球外生命体の陰謀から地球を守るために彼らの頭脳と、そこから生み出される数々の英知を駆使して戦いを挑んでいくのだった。
2006年7月2日 – 12月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Project BLUE 地球SOS 海外レビュー” の続きを読む

まもって!ロリポップ 海外レビュー

あらすじ

「強くてやさしくてカッコよくてあたしを守ってくれる男のコ」を夢見る主人公の山田二菜(ニナ)は、魔法使い試験の課題で使われる硝子真珠(クリスタルパール)を飴と間違えてうっかり飲み込んでしまったことが原因で、試験期間の半年間、見習い魔法使い達から狙われるハメになった。

主人公を守るゼロ&イチイの二人を始め、サン&フォルテ、ゴウ&ロッカ、七瀬&八雲、クク&トトら、試験に挑む個性豊かな魔法使いコンビ達が次々と登場して物語を盛り上げる。また、魔法試験終了後も、主人公と硝子真珠との奇縁は続き、キング、ハート、ダイヤ、クローバー、スペードの魔法盗賊団とも関わっていくことになる。
2006年7月1日 – 9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まもって!ロリポップ 海外レビュー” の続きを読む

あさっての方向。 海外レビュー

あらすじ

小学6年生の少女五百川からだは、両親が他界してからは兄の尋と二人暮らしをしている。からだは尋を楽にしてあげたいと早く大人になることを夢見ていた。ところがある日突然、からだは尋の元恋人・野上椒子と年齢が入れ替わる形で大人になる。それは、からだが願いをかけた願い石の魔力なのか…?
2006年10月5日 – 12月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あさっての方向。 海外レビュー” の続きを読む

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 海外レビュー

あらすじ

大昔に月に渡った人々が作ったスフィア王国(月王国)。だが、500年から660年前頃に起こった第1次〜第4次オイディプス戦争以降、地球との関係は冷え切った状態が続いており、地球における唯一の窓口である「満弦ヶ崎中央連絡港市」に王国の大使館、月人居住区画、王立月博物館などが設置されているものの、一般市民の月との往還はほとんどなくなっていた。そんな満弦ヶ崎中央連絡港市に住む朝霧家に、月王国の王女がホームステイすることになった。

以下、注釈なき場合はPCはMoonlight Cradleを、PS2は移植PC版をそれぞれ含む。
2006年10月 – 2006年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 海外レビュー” の続きを読む

ネギま!? 海外レビュー

内容

春版

夜遅くに魔法の勉強をするネギに早く寝るよう注意する明日菜。しかし厄介者扱いした上に魔法で明日菜の服を吹き飛ばしてしまい明日菜の怒りを買ってしまう。必死に謝っても許してもらえず落ち込むネギを、励ますという理由で2人っきりで孤島へ行こうとしていたあやかだったが、計画が朝倉にバレてしまい結局クラス全員で行くことになってしまう。
大まかな内容は原作の第60 – 62話が元になっている。

夏版

魔法の修行をする夕映とのどか。魔法がうまく使えないのどかは夕映に魔術書に書いてある「運命の赤い糸を出現させる魔法」を使えるようになるのが夢だと語る。試してみようと言う夕映に賛同したのどかはネギを思う。魔法は成功し見事ネギと赤い糸で結ばれるのどかだったが実は思った相手と糸で結ばれるという魔法であることが判明。しかし、この糸が鋏などで切れないため、しかたなく糸が消滅するまでおとなしくしているはずだったが、スパリゾートに誘われ、糸で繋がったまま赴くことになる。
2006年10月4日 – 2007年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ネギま!? 海外レビュー” の続きを読む

少年陰陽師 海外レビュー

あらすじ

時は平安。安倍昌浩は、稀代の大陰陽師安倍晴明(じい様)の末の孫で、陰陽師。といってもまだまだ半人前。よき(?)相棒の物の怪(愛称もっくん)と、じい様におちょくられながら、修行に励む日々。ある時は、異邦の大妖怪を倒し、またある時は、黄泉の屍鬼の大群から都を救う。そんな中、またもや昌浩の周りで奇怪なことが起こる。
2006年10月3日 – 2007年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“少年陰陽師 海外レビュー” の続きを読む

つよきす Cool×Sweet 海外レビュー

あらすじ

私立竜鳴館に近衛素奈緒が転校してくる。
演劇が好きな近衛は、竜鳴館に演劇部を創設しようと生徒会へと赴き、
生徒会長の霧夜エリカは近衛の劇を見て自分が感動すれば創部を認める発言をする。
その日の放課後に近衛は一人で演劇を行う。
しかし、その場に偶然現れた対馬レオの影響で素奈緒の劇は失敗に終わる。
2006年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“つよきす Cool×Sweet 海外レビュー” の続きを読む

ヤマトナデシコ七変化 海外レビュー

概要

高野恭平、織田武長、遠山雪之丞、森井蘭丸はそれぞれの事情で洋館に下宿しながら高校へ通っていた。そんなとき、家主(オバちゃん)は仕事のため家を出て行ったが、引っ越してくる姪の女の子を立派なレディーにしてくれたら3年間家賃ゼロという条件を提示する。ところがやってきたのは陰気、根暗、不気味、おまけにホラー大好きの中原スナコだった。

豪華な洋館で始まった、美少年4人と根暗少女の奇妙な共同生活。そこに様々なキャラクターたちが絡んでくる。少女漫画としては恋愛絡みの話が少なく、主人公と4人の男子たちの関係は男女というよりは家族に近い。主にスナコと絡むのは恭平で、他の3人はそれぞれ意中の女性があり、複数の男がスナコを取り合うというような展開が存在しないのも特徴である。
2006年10月3日 – 2007年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヤマトナデシコ七変化 海外レビュー” の続きを読む

D.Gray-man 海外レビュー

あらすじ

「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。AKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「千年伯爵」。

そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。主人公・「アレン・ウォーカー」もその一人であった。

アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく。
2006年10月3日 – 2008年9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“D.Gray-man 海外レビュー” の続きを読む

ゴーストハント 海外レビュー

概要

普通の女子高校生・谷山麻衣が、ナルシスト美少年の渋谷一也(ナル)をはじめ、変人揃いの霊能者たちと怪事件に挑むシリーズ。少女小説家としてデビューした小野不由美の出世作である。当時のティーンズハート文庫は、「主人公の一人称で書かなければならない」「主人公は普通の女の子でなければならない」「恋愛小説でなければならない」という暗黙の了解があったが、小野不由美はそのハンデを逆手に取り、三人称では書くことのできないミステリを、ホラーをベースに描き出した。続編では文章が三人称に変化している。
2006年10月3日 – 2007年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゴーストハント 海外レビュー” の続きを読む

らぶドル Lovely Idol 海外レビュー

概要

「マジキュー・プレミアム」創刊号より連載された読者参加企画が原作。2005年4月にはプリンセスソフトよりゲームが発売され、2006年秋に第2部『らぶドル -NewLyrics-』を原作にアニメ化された。第2部『らぶドル -NewLyrics-』からは、Navelと株式会社(元有限会社)オメガビジョンの関連商品となっている。メンバーは、美少女キャラの雑誌企画でも多い18人まで増えている。
2006年10月2日 – 12月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“らぶドル Lovely Idol 海外レビュー” の続きを読む

RAY THE ANIMATION 海外レビュー

あらすじ

闇の臓器密売組織に自らの両眼を奪われた主人公の少女・春日野零(かすがの れい)は、謎の男“B.J.”の手によって“物質を透視できる眼”(透視眼)を移植される。後に成長した零は医師となって透視眼の力を使い、常人には不可能な数々の難手術をこなす表の顔を持ちながら、闇の組織との暗闘を繰り広げる。
2006年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“RAY THE ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

妖逆門 海外レビュー

概要

冒険好きの少年・多聞三志郎は謎の男・フエに「逆日本」という日本にそっくりな所に導かれる。そこで44年に一度行われる、妖怪・逆門が主催する壮大で奇妙なげえむ「妖逆門」が今始まる。
2006年4月3日 – 2007年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“妖逆門 海外レビュー” の続きを読む

おとぎ銃士 赤ずきん 海外レビュー

あらすじ

中学生の鈴風草太は、幼い頃に母から聞いたあるおとぎ話の手掛かりを探し求めていた。

ある日、草太はその話を語る謎の声を耳にし、声に誘われるがままに秋葉原の裏通りへと行き着く。そこで草太のことを「エルデの鍵」と呼ぶ一人の男と出会うが、その男は突然異形の魔物・ナイトメアリアンに変身し草太に襲い掛かって来た。その瞬間、上空から赤いヘルメットを被った謎の少女が現れ、ナイトメアリアンを撃退する。

その少女は、「エルデの世界」の侵略を目論む魔女・サンドリヨンの魔手から草太を護るため異世界「ファンダヴェーレ」からやってきた、四ツ葉騎士団三銃士の一人・赤ずきんだった。
2006年7月1日 – 2007年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おとぎ銃士 赤ずきん 海外レビュー” の続きを読む

ラブゲッCHU ミラクル声優白書 海外レビュー

あらすじ

声優業に就き、憧れの声優と共演することを夢見ている主人公・苺原桃子は、業界屈指の声優事務所「ラムダ・エイト」の養成所オーディションを受けるため、京都からはるばる東京へやって来た。

オーディションに見事合格し、晴れて養成所の一員となるも、実際にプロの声優になるためのレッスンが開始されるとその厳しさに桃子は驚く。そして養成所で桃子は同年代の4人の女性声優志望者たちと知り合う。変わった前歴を持つ者や個性的なポリシーを持つ者などクセ者揃いだが、彼女たちも皆桃子と同様、それぞれの思いを胸に声優を目指している。

そんな彼女たちが共に厳しいレッスンや幾多の試練を乗り越え、一人前の声優を目指してゆく。
2006年4月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ラブゲッCHU ミラクル声優白書 海外レビュー” の続きを読む

ときめきメモリアル Only Love 海外レビュー

あらすじ

私立「つむぎの高校」に転校してきた、高校2年生の少年「青葉陸」。転校初日から、つむぎの高校の自由で個性的な校風にペースを乱され、振り回されるのであった。

そんな彼が転校先で出会ったのは、学園一のアイドル「天宮小百合」、運命の出会いに憧れる「春日つかさ」、自分に自信が持てない「弥生水奈」。この作品は、主人公・陸と彼女たち3人の美少女の青春を描いた学園ラブコメディである。
2006年10月2日 – 2007年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ときめきメモリアル Only Love 海外レビュー” の続きを読む

貧乏姉妹物語 海外レビュー

概要

東京都東京区という架空の下町が舞台。

主人公は山田きょう・あす姉妹。母(佳子)は、きょうの妹・あすを産んですぐに他界、父は膨大な借金を抱えて失踪してしまい、築40年のアパート(風呂なし1K・家賃2万6千円/月額)に2人きりで暮らしている。姉・きょうは新聞配達のアルバイトをしながら生計を立て、妹・あすは小学3年生ながら大人顔負けに家事をこなす。貧しいながらも周囲の人々に支えられながら強く、明るく生きる姉妹の姿を描く。

原作第2話では20XX年とされ数年前から法律が変わり、中学生(満13歳)から大人と同等に働けるという設定になっているため、そう遠くない近未来という設定であると考えられる[独自研究?]が、作品中においてそうした解説がなされているわけではない。現行法でも早朝の新聞配達や牛乳配達といった軽作業等は例外として認められている。
2006年6月29日 – 9月14日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“貧乏姉妹物語 海外レビュー” の続きを読む

プリンセス・プリンセス 海外レビュー

あらすじ

近隣では名門と名を馳せる男子校―私立藤森学園の高等部には、ある特殊な制度―“姫”制度が存在していた。何も知らずに転校してきた主人公―河野亨は、その端麗な容姿から“姫”に選ばれてしまう。内面に様々な思いと悩みを抱える亨が、同じく姫を務める四方谷裕史郎や豊実琴、坂本秋良を始めとする姫制度を支える仲間達と共に行動していく中で、独自に自分らしさを獲得していく。
2006年4月5日 – 6月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プリンセス・プリンセス 海外レビュー” の続きを読む

神様家族 海外レビュー

あらすじ

神山佐間太郎は神様の息子である。人間のことをよく知って立派な神様になるため、神様である父・治(パパさん)、女神の母・ビーナス(ママさん)、女神候補の姉・美佐と妹・メメ、お目付け役天使のテンコたちと、東京都の世田谷区にある築25年の一軒家で暮らしている。

過保護なパパさんの神の奇跡のおかげで、幼い頃から欲しいと心の中で願ったものはすぐ手に入る生活を送っている佐間太郎は、自己中心的で無気力な性格になり、家族から干渉される毎日に嫌気がさしている。そんな様子を心配するテンコとは、神様とお目付け役天使という関係からいつも言い合いになるが、一方でお互いがお互いを心の支えに感じている。
2006年5月18日 – 8月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神様家族 海外レビュー” の続きを読む

NANA 海外レビュー

あらすじ

東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々、ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ、出身地は異なるが同い年の2人のNANAは新幹線の中で出会った。その後、ひょんなことから奈々とナナは同居することとなる。さらに、ナナの所属するBLACK STONESとナナの恋人の本城蓮が所属するTRAPNEST、2つのバンドのメンバーたちを交え物語は進んでいく。
2006年4月5日 – 2007年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“NANA 海外レビュー” の続きを読む

TOKKO 特公 海外レビュー

あらすじ

突如町田に出現した穴。そこから現れた怪物、ファントムによって、町田の住民が惨殺された。その事件の生き残りである申道蘭丸は、殺された両親の仇を討つために警察官となる。そこで彼は特殊公安部(特公)の存在を知る。
2006年4月15日からWOWOWにて放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“TOKKO 特公 海外レビュー” の続きを読む

.hack//Roots 海外レビュー

あらすじ

西暦2017年、世界最大の大規模オンラインゲームとして栄華を誇る『The World R:2』(ザ ワールド リビジョンツー)。そのネットワークが放つ力場に引き寄せられた17歳のある高校生は“ハセヲ”という名のキャラクターを作り、その世界にログインする。しかし、友人から聞いた話と違い、そこはPK行為が認められた殺伐とした雰囲気に満ちていた。ハセヲはすぐにPK行為に遭い、ロスト(ゲーム内での死)してしまう。

ハセヲを蘇生させたのは“オーヴァン”という名のPC(プレイヤーキャラクター)だった。PKに遭った事でこのゲームに不快感を示すハセヲにオーヴァンは「君には“資質”がある」と語る。不可解に感じ、その場を離れるハセヲ。だが、この時からハセヲの前には『The World』での有名プレーヤーが接触してくる様になる。
2006年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“.hack//Roots 海外レビュー” の続きを読む

スパイダーライダーズ オラクルの勇者たち 海外レビュー

あらすじ

冒険家を目指す少年、ハンター・スティールは祖父の日記から人類が未だ足を踏み入れたことの無い未知の地下世界「インナーワールド」の存在を知り、その世界への入口があると言われる南米風ピラミッドへ赴く。

そこで不思議な声に導かれるかのようにインナーワールドへとたどり着いたハンターは、そこで直立し人語を話す謎の昆虫軍団「インセクター」が起こす騒乱に巻き込まれる。この世界ではインセクターが世界制覇の野望を抱き、日々その勢力を広げていたのだ。
(オラクル-)2006年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スパイダーライダーズ オラクルの勇者たち 海外レビュー” の続きを読む

獣王星 海外レビュー

あらすじ

西暦2436年、地球から150光年の距離にあるバルカン星系に移民していた人類は太陽系から独立し、独自の政府を築いていた。バルカン星系の首都であるコロニー「ユノ」に住む双子の兄弟、トールとラーイは政治家でかつ科学者の両親を持つエリートの出自。11歳の彼らもエリートへの道を歩む日々を過ごしていたが、ある日両親が殺され、トールとラーイの二人も今まで存在さえ知らずにいた、死罪のものが送られるという死刑惑星「キマエラ」に落とされる。厳しい環境で想像を絶する生態系をもつキマエラは獣王と呼ばれる王が支配する弱肉強食の世界。最先端の設備に囲まれ環境も整備されたコロニーで育ったトールとラーイにとっては生きることさえ困難な星だが、生命力に溢れるトールは惰弱な弟ラーイを連れ、生き延びるために戦っていく。高い適応力を見せ短い期間でキマエラに順応していくトール。やがて、獣王になればキマエラの外に出られることを知ったトールは、両親の殺害と自分達がキマエラに落とされた理由を知るために獣王になることを目指す。
2006年4月13日 – 同年6月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣王星 海外レビュー” の続きを読む

錬金3級 まじかる?ぽか〜ん 海外レビュー

あらすじ

訳アリで魔界から人間界にやってきた4人のプリンセス・「魔法使いのゆうま」、「ヴァンパイアのパキラ」、「オオカミ少女のりる」、「人造人間の鉄子」が繰り広げるドタバタコメディー。

2006年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“錬金3級 まじかる?ぽか〜ん 海外レビュー” の続きを読む

砂沙美☆魔法少女クラブ 海外レビュー

あらすじ

砂沙美は、魔法が使えるいわゆる魔法少女だが、父親との約束でそのことは隠している。ある日、砂沙美は、転校生で未だクラスに馴染めない美紗緒を料理クラブに誘うのだが、ひょんなことから、異空間へと飛ばされてしまう。そこで、美紗緒の過去が映し出された。彼女は、前の学校で魔法が使えることから虐められていたのだ。それを見た砂沙美は、父親との約束を破り、彼女の前で魔法を使って見せた。

2006年4月13日 – 7月13日(シーズン1)
2006年10月3日 – 2007年1月11日(シーズン2)迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“砂沙美☆魔法少女クラブ 海外レビュー” の続きを読む

魔界戦記ディスガイア 海外レビュー

あらすじ

いつからか天界と魔界の交流は途絶え、天界では悪魔に対する偏見が広まっていた。中でも天使長ブルカノは特に悪魔を嫌っていた。そんな状況を憂えた大天使ラミントンは、友人である中ボスと協力して、天界と魔界の隔たりをなくす計画を立てる。そして天使見習いフロンに魔界へ行くよう命じる。ラミントンの考えに賛同できないブルカノは、フロンの後を付ける。
2006年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔界戦記ディスガイア 海外レビュー” の続きを読む

ガラスの艦隊 海外レビュー

あらすじ

遙かな未来。人類は大多数の者が信仰する宗教、十字星教の教義に従い惑星から離れ、コロニー化した宇宙戦艦を領土と見なして閉塞された宇宙空間を征く、中世ヨーロッパ風の貴族主義が横行する戦乱の時代を生きていた。

その世界に於いて近年、勢力を拡大し、旧勢力たる貴族連合を討ち倒した貴族ヴェッティは自らを神聖帝国初代皇帝(神聖皇帝)と名乗り、新たな統一国家である神聖帝国を樹立する。そして更なる支配を求め、人民に圧制を強いた。この事態を憂いた若き斜陽貴族の当主ミシェルは人民解放を掲げて人民軍を結成。しかし圧倒的な戦力を誇る神聖皇帝軍の前には歯が立たず、ついに追撃艦隊の前に敗北を迎えようとしていた。
2006年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガラスの艦隊 海外レビュー” の続きを読む

ザ・サード 蒼い瞳の少女 海外レビュー

あらすじ

大戦という大きな戦争の代償として、世界の多くが砂漠化してしまった惑星。天宙眼(てんちゅうがん)と呼ばれる紅い第三の瞳を額に宿す人類「ザ・サード」が、大戦の再来を防ぐために現生人類の技術的進化を管理・抑制している混迷の時代。刀使い(ソードダンサー)という二つ名の所以である一振りの刀を手に、相棒である機械知性体のボギーとなんでも屋として砂漠を駆け回る少女・火乃香(ほのか)。ある日、砂漠の真っ只中での野営中に戦車のレーダーが反応。示された場所には鮮やかな金髪と透き通るような緑の瞳を持つ青年・イクスがいた。彼との出会いにより、火乃香は運命とでもいうべき時代の大きな奔流に巻きこまれていく。
2006年4月13日 – 10月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ザ・サード 蒼い瞳の少女 海外レビュー” の続きを読む

シムーン 海外レビュー

あらすじ

舞台は大空陸(だいくうりく)という名の世界。ここでは人類は全て女性として生まれ、17歳になった時、自らの意思で性別を選んで成人する。

大空陸にある宗教国家・シムラークルム宮国には、人々の信仰の対象である神テンプスパティウムに仕える巫女達がいた。彼女達はテンプスパティウムの加護を受けた聖なる遺物ヘリカル・モートリスを搭載した飛行艇・シムーンに2人1組で乗り込み、空に紋章(リ・マージョン)を描き、神に供えるのだ。

ある時代、シムラークルム宮国に隣国が攻め入る。彼らはシムーンとそれに搭載される神秘のエンジン、ヘリカル・モートリスの力の秘密を欲し、手中に収めようとしているのだ。宮国は火急の危機に際して苦渋の決断をする。それはシムーンを戦うための戦闘兵器として利用すること……。
2006年4月3日 – 2006年9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シムーン 海外レビュー” の続きを読む

姫様ご用心 海外レビュー

あらすじ

ごく普通の高校生・椿姫子はある日、ふとした事から謎の「王冠」を被ってしまう。すると王冠の力によって、姫子はこの国の「女王」となり、周囲の人々から崇拝されるようになってしまった。そして姫子は、この不思議な「王冠」をめぐって起こる騒動に巻き込まれていく。
2006年4月12日 – 7月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“姫様ご用心 海外レビュー” の続きを読む

牙 KIBA 海外レビュー

あらすじ

無機質で閉鎖的な世界「カーム」に住む少年、ゼッドは、「扉や門を壊せば違う世界に行ける気がする」という思いにとらわれて街を破壊して回り、学校や警察から追われていた。親友のノアは彼を心配するが、彼の事情を知っているだけに何も言えない。ゼッドの母であるサラは精神を病んでおり、病室で日々を過ごしていた。

そんなとき、ゼッドを追って来た教師が突如豹変し、狂人となってゼッドに襲い掛かる。それに呼応するように廃人だったはずのサラは正気を取り戻し、得体の知れない力を使って教師と戦う、何が何だか解らないまま、必死で警察から逃げ回るゼッド。追い詰められたとき、彼のもとに現れたのは、巨大な光の渦だった。無我夢中で渦の中に飛び込むゼッド。やがてたどり着いたのは、「シャード」の力を使う能力者「シャードキャスター」が戦う、戦乱の異世界だった……。
2006年4月2日 – 2007年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“牙 KIBA 海外レビュー” の続きを読む

吉永さん家のガーゴイル 海外レビュー

あらすじ

御色町(ごしきちょう)という平和な街に、一風変わった個性派揃いの家族・吉永家が住んでいる。

ある日のこと、吉永家の長女・双葉が商店街の福引で三等賞を引き当てた。その賞品は、喋る犬の石像。その日を境に、吉永家と周囲の生活は一変する。その石像は自らを門番と名乗り、頼まれもしないのに吉永家の門柱の上に陣取って訪問者に誰何し、時に問答無用で新聞配達や近所の者に攻撃を仕掛けだす。近所迷惑な石造の行動に双葉は激怒。何とかして石像を排除しようと動き出す。しかし石像は、そんな双葉を始めとする吉永家の人々との触れ合いの中から、自らの行動の善悪や判別・程度を学び、少しずつ町の人々の理解を得て、やがては御色町の守護者として信頼を勝ち得ていく。
2006年4月1日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“吉永さん家のガーゴイル 海外レビュー” の続きを読む

夢使い 海外レビュー

あらすじ

名門女子校・葩坂(はなびらざか)女学院で数ヶ月の間に女生徒が次々と妊娠するという事件が起こる。しかし彼女らのお腹に胎児の姿は認められず、その全てが想像妊娠だと判明する。彼女らと同級生の中島蕙の依頼を受け調査にのりだした夢使い・三島燐子は、彼女たちのかつてのクラスメート見上漾子の死との関係を疑い、やがて学院で女生徒と死んだはずの彼女の奇妙な行為を目撃する。
2006年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夢使い 海外レビュー” の続きを読む