ガンソード 海外レビュー

あらすじ

それは、宇宙の底にある、おとぎの国・・・。荒野に夢、街に暴力があふれる、ボンクラ達の理想郷・・・。人呼んで、惑星・エンドレス・イリュージョン。流浪の男、その名はヴァン。さらわれた兄を追い求める少女・その名はウエンディ。荒野の果てに、一人は絶望を、一人は希望を見つめ、二人は今、運命の旅へと踏み出すのだった。
2005年7月4日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

ep.I   タキシードは風に舞う
ep.II ファニーストリーム
ep.III 勇者は再び
ep.IV そして、雨は降りゆく
ep.V ツインズ・ガード
ep.VI ハートに火をつけて
ep.VII 復讐するは我にあり
ep.VIII その絆に用がある
ep.IX カルメン 故郷に帰る
ep.X 海よ サンキュー
ep.XI さよならのありか
ep.XII 帰らざる日々…
ep.XIII 夢の途中
ep.XIV スウィフト・ブラウニー
ep.XV ネオ・オリジナル
ep.XVI 輝くは電流火花
ep.XVII 座標Xを追え
ep.XVIII 祈るはサウダーデ
ep.XIX 素懐の果て
ep.XX ワンダフル・ユニバース
ep.XXI 空に願いを 地には平和を
ep.XXII 誰がために
ep.XXIII みんなのうた
ep.XXIV 夢の終わり
ep.XXV バカがヨロイでやってくる
the final タキシードは明日に舞う

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“ガンソード 海外レビュー” の続きを読む

撲殺天使ドクロちゃん 海外レビュー

あらすじ

普通の中学2年生である草壁桜(以降「桜」)の机の引き出しから突然現れた天使・ドクロちゃん。桜を想うがあまり魔法のアイテム「エスカリボルグ」で撲殺してしまい、その度に謎の擬音(魔法?)「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪」によって復活させる愛と涙の血みどろ物語。
第1期:2005年3月25日 – 9月22日
第2期:2007年8月24日 – 11月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“撲殺天使ドクロちゃん 海外レビュー” の続きを読む

苺ましまろ 海外レビュー

概要

主な登場人物は11歳から16歳までの少女5人。一話完結形式で、特になんてことはない普通の日常に見えて実は目一杯シュールな世界を描く。ローティーンの女の子の仕草やファッションなどが詳細に描かれている点が特徴的。作中の小学生はランドセルではなく、ショルダーバッグなど普通のバッグで学校に通っている。キャッチコピーの「かわいいは、正義!」は、英語圏でも文法を逸脱して「Cute is Justice!」と表されることが多い[要出典]。

水野透子の漫画に『苺ましゅまろ』(松文館刊)という題のものがあるが、本作とは無関係である。

バラすぃー氏曰く「美羽の屁は苺ましまろの定番の一つでお風呂でこくのがシュール。でも元々はどこでもこく少女として描いていた。」との事。
2005年7月14日 – 10月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“苺ましまろ 海外レビュー” の続きを読む

ああっ女神さまっ 海外レビュー

あらすじ

某県の猫実(ねこみ)市[注 1]にある猫実工業大学とその周辺が舞台。物語は主人公で(連載開始当初)猫実工大生の森里螢一(もりさとけいいち)が「お助け女神事務所」に間違い電話をかけてしまったことから始まる(螢一は、自分が電話番号を間違えたと思い込んでいるが、実際は螢一を救済するために天上界のシステム「ユグドラシル」の機能が働いたことによる必然である)。

間違い電話に気付いて慌てて電話を切ろうとした螢一だったが、電話先の相手は「今からそちらに伺います」と言い残し、次の瞬間に鏡の中からベルダンディーと名乗る容姿端麗の女神が現れた。いきなりのことだったので螢一は驚きを隠せなかった。女神のベルダンディーは慌てふためく螢一に、如何なるスケールの願いであっても「たった一つだけ」叶えると言う。螢一は、それまで女性と縁が無かったこととベルダンディーの美しさに圧倒され、つい、「君のような女神に、ずっとそばにいてほしい」と言ってしまい、ベルダンディーと共に日常を過ごすことになる。しかし、ベルダンディーと学生寮(男子寮)の同室で暮らすことは学生寮の寮則違反にあたるとされ、2人は寮を追い出されてしまう。
第一期:2005年1月6日 – 7月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ああっ女神さまっ 海外レビュー” の続きを読む

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才~ 海外レビュー

概要

同著者作品『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた作品。他の作品同様、その人気の所以は人間の内面を事細かな心理描写をもって表されているところにあり、福本作品の中で最長連載期間を打ち立てた(単行本数は『賭博黙示録カイジ』シリーズの方が多い)。

心理描写が作品の中心ということだけあって、時に遅々として物語が先に進まないこともある。著者の福本はテレビアニメ版のガイドブック上でのインタビューで「短くしたいと思っている」と語っていたものの、「鷲巣麻雀編」に至っては、作品内の設定では半荘6回の勝負であるが、決着に20年近くを費やした。2013年には決着を思わせる決定的な局面を迎えたものの、舞台は「地獄」に移り、鬼退治編に突入。麻雀は完全に中断され、地獄の屈強な鬼たちと、鷲巣たち亡者とのコミカルな戦いが約1年にわたり描かれ続けた。その後、鷲巣は地獄の幻想から目を覚まし闘牌が再開されたオーラスは約3年を費やした。「近代麻雀」2017年4月1日発売号掲載回にて、序章を含めると20年に渡った「鷲巣麻雀編」が決着した。
2005年10月4日 – 2006年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才~ 海外レビュー” の続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 海外レビュー

あらすじ

14歳のレントンは英雄扱いされる父親にコンプレックスを持ち、勉強が苦手でクラスでも浮いていた。一緒に暮らす頑固者の祖父アクセルは家業の機械整備屋を継げと口うるさい。彼にとってリフが唯一とも言える楽しみで、天才リフボーダー、ホランドに憧れ、懲りずに日々練習を重ねていた。しかし辺境のベルフォレストに良い波が来ることもなく、街で唯一のリフボード屋も街を去り、お気に入りのリフスポットは軍の演習場となり立ち入り禁止になる。
そんな最悪続きのある日の晩、ニルヴァーシュが自宅に墜落しレントンの部屋を半壊させる。ニルヴァーシュの中から神秘的な少女・エウレカが現れた。整備工場を営むアクセルとレントンは機体整備を引き受けるが、突如ミサイルが飛来し工場は大破、エウレカは応戦するためニルヴァーシュに乗り出撃してしまう。
2005年4月17日 – 2006年4月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“交響詩篇エウレカセブン 海外レビュー” の続きを読む

MAJOR 第一期 海外レビュー

あらすじ

幼稚園編
(アニメでは保育園)

主人公・本田吾郎の夢は、おとさん・本田茂治のようなプロ野球選手になること。茂治は横浜マリンスターズ(アニメでは横浜ブルーオーシャンズ)の一軍半のピッチャーだったが、怪我に泣かされ思うような活躍が出来ず引退を考えていた。茂治を信じる吾郎のためチームメイト茂野の助言もあり打者に転向し、代打の切り札とまで言われるようになる。そんな中、メジャーリーグの超大物ピッチャージョー・ギブソンが東京シャイアンズのピッチャーとして来日。茂治はギブソンの160km/h[2]を見事バックスクリーンへと運ぶ。だが次の打席、デッドボール(158km/hの球)が茂治の頭を直撃した。軽傷と思われ試合は続行されたが、翌朝、茂治は自宅で倒れ死亡する。ギブソンは葬式の前に吾郎に会い、茂治を自分と対等の存在と認める。吾郎を保険金目的のため引き取ろうとする伯父夫婦に引き取られようとする中、茂治と婚約していた桃子先生が吾郎を引き取り育てることを決意する。

リトルリーグ編
吾郎は幼稚園の先生で父の婚約者だった桃子と暮らしていた。小学4年生になった吾郎はさっそく三船リトルに入団しようとするが、野球の不人気から人数が足りず解散の危機にあった。吾郎はクラスメートの小森大介を誘い、そこに清水薫、元イジメっ子の沢村涼太も加え9人揃える。解散を目の前にグランド独占を目論む商店街の大人チームに敗北するもののその志を大人たちに認められてチームは存続する。幼稚園の時に野球友達だった佐藤寿也と再会し、かつて父が在籍し寿也が所属する名門・横浜リトルに誘われる。吾郎は仲間を見捨てての移籍は出来ず、三船リトルで横浜リトルを倒すことを決意。それに触発され三船リトルのチームは結束し、素人がほとんどながらもトーナメントを勝ち進む。横浜リトルとの激戦で吾郎は肩の限界を超え故障してしまう。その年の冬、桃子先生は父のチームメイトだった横浜のエース投手、茂野英毅と結婚する。英毅のチーム移籍に伴い、吾郎は三船リトルのチームメイトに黙って福岡に転校した。
1st:2004年11月13日 – 2005年5月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“MAJOR 第一期 海外レビュー” の続きを読む

かりん 海外レビュー

あらすじ

椎八場市に住む女子高生・真紅果林には、人に言えない秘密があった。それは、自分が吸血鬼一家に生まれたことだ。幼い時から吸血鬼の何たるかを教えられて育ったが、なぜか血が増える増血鬼として覚醒してしまう。吸血鬼の弱点すべてが通用しない代わりに特殊能力がまったく使えないため、「落ちこぼれ」として兄や妹に馬鹿にされる憂鬱な日々を送っていた。

ある日、果林が通う学校に雨水健太という少年が転校してきた。健太を一目見た途端、果林の胸が大きく脈打った。
2005年11月4日 – 2006年5月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“かりん 海外レビュー” の続きを読む

Paradise Kiss 海外レビュー

あらすじ

早坂紫は、進学校に通う高校三年生。学校と塾と家を往復する人生に、疑問を感じる日々を送っていた。

そんなある日、紫は「パラダイス・キス」(パラキス)のメンバーからショーのモデルにスカウトされる。パラキスは、矢沢芸術学院の服飾科に在籍する小泉譲二(ジョージ)、櫻田実和子、永瀬嵐、山本大助(イザベラ)で結成されたグループで、学園祭のファッションショーに向けてショーモデルを探していた。それまで勉強しかしてこなかった紫は、当初はパラキスのメンバーに対し「あんた達の遊びにつき合ってる程ヒマじゃない!」と、偏見を抱いていた。しかし、パラキスのメンバーと一緒に行動するうちに、彼らのひたむきに夢を目指す姿勢に惹かれていく。
2005年10月13日 – 12月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Paradise Kiss 海外レビュー” の続きを読む

ラムネ 海外レビュー

概要

ストーリーは七海メインを基礎とし、裕美を除く各キャラクターのメインを付け加えている。

本編で、ねこねこファンディスク等に収録されている戦国シミュレーションゲームの「野望」が、健次がプレイするゲームとして登場している(信長、秀吉、黒田官兵衛(宇宙人グレイ)が登場)。七海には「またゲーム! しかもまた日本滅亡してるし」等と言われるが、健次は「これは歴史の勉強だ!」と言い張っている。

DVDは1巻2話ずつの収録で、2006年1月下旬より毎月発売され、2006年6月発売の第6巻で完結した。

アニメ本編には、テレビ未放映の場面が若干追加されている。また、この未放映の場面は別に収録されており、どこが追加されたのかわかるようになっている。
2005年10月から12月に放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ラムネ 海外レビュー” の続きを読む

銀盤カレイドスコープ 海外レビュー

あらすじ

桜野タズサは16歳の現役女子高生にして、日本屈指の実力を持つフィギュアスケート選手で、オリンピック日本代表候補の一人と言われている。だが、優れた素質と美貌だけでなく、高飛車な態度と毒舌家ぶりもまた一流であることから、マスコミでは「氷上の悪夢」と陰口を叩かれていた。

そんな彼女だが、ある日行われた国際大会で惨敗し、意気消沈して帰国する。東京で普段と変わらぬ学園生活を送っていた彼女の耳に突然、どこからともなく一人の少年の声が聞こえてくる。不審に感じ、辺りを見回したタズサであったが、声の主と思しき人物の姿はどこにもない。なんとその声はタズサの頭の中から響いてくるものだった。声の主の名はピート・パンプス、タズサが大会に出場したその日に事故死し、幽霊となって彼女に憑依してしまったカナダ人の少年だった。
2005年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“銀盤カレイドスコープ 海外レビュー” の続きを読む

エルフェンリート 海外レビュー

あらすじ

側頭部の対となる2本の角とベクターと呼ばれる特殊な能力を持つ女性型ミュータント・二觭人(ディクロニウス、觭は「角奇」)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密として隔離され、研究されている。

ある日、偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは、拘束を破って警備員と研究所室長・蔵間の秘書・如月を殺害し、研究所からの脱走を試みる。海に飛び込む直前に頭部を対戦車用徹甲弾で撃たれるも幸い軽傷で済んだルーシーは、そのまま海へ投げ出される。

一方、大学に通うために親戚を頼って鎌倉にやってきた青年・コウタはいとこのユカと共に由比ヶ浜を訪れた際、そこで浜辺に佇む全裸の少女を見つける。その少女は、海へ投げ出された後に由比ヶ浜に流れ着いたルーシーだった。

ルーシーは頭部への銃撃が元で記憶を失った上、人格が分裂して全く別の人格が発現していた。「にゅうにゅう」としかしゃべれなくなった彼女をにゅうと名付けたコウタとユカは、彼女が人類を滅亡させる存在であることを知らないまま、コウタが住むことになる楓荘に連れて行き、一緒に暮らすことになる。

その後、コウタ達は、義父から性的虐待を受けて家出していたマユや、ルーシー捕獲のため送り込まれ不要となったため処分対象となったディクロニウスのナナ、声帯が弱いがオペラ歌手を目指しているノゾミ達と一緒に同居することになる。
2005年4月3日 – 6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=isq7lVuH9tY(公式)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“エルフェンリート 海外レビュー” の続きを読む

BLACK CAT 海外レビュー

あらすじ

「秘密結社クロノス」に暗殺者としての優れた才能を認められ、クロノスの精鋭部隊ナンバーズ特例の13人目として採用された、トレイン=ハートネットは、抹殺者(イレイザー)として暗躍し、裏の世界では、通称「ブラック・キャット」と呼ばれていた。

ある日、彼は掃除屋のミナツキ=サヤと出会い、彼女の影響から組織の暗殺者を辞めて、掃除屋として生活しようとする。しかし、それを快しとしないクロノスでの相棒・クリード=ディスケンスにより、サヤを殺されたトレインは掃除屋として、クリード率いる狂気の革命集団「星の使徒」との壮絶な戦いに身を投じていく。
2005年10月6日 – 2006年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BLACK CAT 海外レビュー” の続きを読む

SoltyRei ソルティレイ 海外レビュー

あらすじ

12年前、ブラストフォールと呼ばれる原因不明の大災厄が発生した。これにより、多くの人々が一瞬にして亡くなった。その災厄以来行方不明になった娘を探し続ける賞金稼ぎの男ロイは、ある日、突然空から落ちてきた機械の少女と出会う。 災厄以降、心を閉ざしていたロイだったが、不本意ながらも少女と同居することになり、それを機にロイは少しずつ心を開いていく。 未登録市民のために盗みを働く義賊のローズや、ハンターズオフィスの所長ミランダとその娘カーシャ、リゼンブルマニアのユート、さらにこの都市の大企業であるR.U.Cを巻き込んで物語は少女と出会ったその日から、今までの生活は大きく揺れる。
2005年10月6日 – 2006年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“SoltyRei ソルティレイ 海外レビュー” の続きを読む

IGPX 海外レビュー

あらすじ

西暦2048年、人々を熱狂的にさせるスポーツがここにあった。その名は「Immortal Grand Prix」(インモータル・グランプリ:通称IGPX)。3対3の対戦が基本のロボットレースで、マシン性能、パイロット、そしてチームワークの3つが秀でていなければ勝てないとされている。

IGPX最高峰リーグとされる「IG-1」にこの年、下位リーグ「IG-2」から新たなチームが昇格した。そのチームの名は「チーム・サトミ」。この作品はチーム・サトミが上位の強豪チーム相手に奮戦する姿を中心に描いていく。
2005年10月 – 2006年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“IGPX 海外レビュー” の続きを読む

CLUSTER EDGE 海外レビュー

あらすじ

大きな紛争後の世界。名門学校クラスターE.Aにアゲート・フローライトという名の少年が編入してくる。不思議な力を秘めた彼を中心に学園生のベリルやフォンらは次第に影響を受けてゆく。一方、学園の外では戦争中に兵器として使用された感情を殺された人間「人造兵」が既に必要のないものとして処分されつつあった。
2005年10月4日 – 2006年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CLUSTER EDGE 海外レビュー” の続きを読む

Xenosaga THE ANIMATION 海外レビュー

概要

998年にスクウェアから発売されたPlayStation用RPG『ゼノギアス』(現スクウェア・エニックス)と関連のあるSF作品であるが、公式のコメントでは『ゼノギアス』との直接の関係は無いとされている。実際に、『ゼノサーガ』は『ゼノギアス』の構想を発展・拡張したものがベースになっているため、同一の世界線上に連なる物語ではない。あえて初期の構想に当てはめるなら、設定上存在するエピソードIからVIまでの中で『ゼノギアス』の本編であるエピソードVから、劇中時間で約一万年前の、公開されている設定上もっとも古いエピソードIの時代のストーリーに相当する。なお、『ゼノギアス』公式設定資料集のエピソードI時代の年表と『ゼノサーガ』の年表では数年のずれがある。
2005年1月5日〜3月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Xenosaga THE ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

capeta 海外レビュー

あらすじ

幼くして母を失い、父と2人で暮している少年、平勝平太(通称カペタ)。ある日、カペタの父は捨てられていた材料を使って手製のレーシングカートを造り、それをカペタに与えた。これが彼の運命を大きく変えることになる。カペタは仲間たちと「チーム・カペタ」を結成し、ジュニアカートに参戦。そこでライバルかつ目標となる源奈臣と出会う。

中学生になったカペタは、カートレース界の有力選手に成長。3年間使い古したマシンで苦戦しながらも、志波リョウを退けて全日本カート選手権ICAクラスのチャンピオンを獲得する。
2005年10月4日 – 2006年9月26日迄放送 (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“capeta 海外レビュー” の続きを読む

絶対少年 海外レビュー

あらすじ

母親の勧めで、離婚した父親のもとで一夏を過ごす事になった不登校の男子中学生・逢沢歩。やって来た田菜は、何もなさそうな退屈な田舎町だった。だが、不思議な子供わっくんや空飛ぶ謎の発光体たちとの出逢いが、そんな日常をじわじわと変えてゆく。なぜか歩に対して積極的な2人の少女や、発光体を追うTVレポーターら、田菜の人々との触れ合いの中、やがて猫踊りの祭りの夜、常識を超えた大事件が起きる。歩もまた、重大な決断を迫られる。
2005年5月21日 – 11月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“絶対少年 海外レビュー” の続きを読む

エンジェル・ハート 海外レビュー

あらすじ

台湾から来た殺し屋の少女と、新宿のスイーパーとの家族愛の物語。

新宿に現れた史上最強の暗殺者は、美しすぎる人間兵器だった。彼女(香瑩)のコードネームは「グラス・ハート」。完璧を誇る仕事振りに組織からは高い評価を得ていたが、彼女の心は、暗殺という任務を重ねる度に軋み、蝕まれていった。やがて彼女は自ら死を選ぶが、組織の力によって、再び現世に呼び戻された。事故死した冴羽獠の最愛のパートナー、槇村香の心臓を移植されて。

香の心臓を移植したことにより、「グラス・ハート」と呼ばれた彼女の心に変化が起き、感情が生まれた。そして暗殺から手を引き、組織と対立する意思を持つ。香の心臓を持つ事によって無意識の内に獠と接触し、スイーパーとして「シティーハンター」の世界に入っていく。
2005年10月3日 – 2006年9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エンジェル・ハート 海外レビュー” の続きを読む

Canvas2 虹色のスケッチ 海外レビュー

あらすじ

主人公は画家になることを夢見ていたが、とある出来事をきっかけに夢を諦め、撫子学園の美術教師となる。好きな事を好きと素直に思えない苦悩を抱えつつ、どうにもならない現状に流され続けていく毎日。そんな教師2年目となった主人公の元に従兄妹のエリスが特待生として撫子学園に入学、主人公と同居することになった他、様々な才能・苦悩を持つヒロインたちとの出会いが訪れる。
2005年10月 – 2006年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Canvas2 虹色のスケッチ 海外レビュー” の続きを読む

格闘美神 武龍 ファイティングビューティー ウーロン 海外レビュー

あらすじ

街中で一人の女子高生がチンピラを秒殺する。彼女の名は毛蘭(マオ・ラン)。中国の毛家居合拳の継承者である。ランは、祖父・毛混(マオ・フン)の考えにより、総合格闘技「プライムマット」のエース・曹春楊(ツァオ・チュンヤン)にやがて挑戦することになる。そしてランは、暴力団事務所へ殴り込むなど、荒っぽい武者修行を重ねていく。

また、マオ・フンとランは曹家八極拳道場に潜入し、チュンヤンの叔父である曹福生(ツァオ・フーシェン)から「チュンヤンを殺してくれ」と頼まれる。彼とマオ・フンはかつて“人を傷つけることなく戦いを終わらせる最強の拳法”を目指した同志であったが、今は瀕死の病人である。 ランとチュンヤンは衝突寸前になるが、そこにチュンヤンの父、曹徳興(ツァオ・ダッヘン)が現れ衝突は回避される。彼はプライムマットのプロデューサーでもある。 その後、ランはナニワ女子プロレスに入団。ヘビー級のユンボや元柔道選手の八木めぐみらとの特訓の日々を迎える。そして、人気レスラーのラッキー下田はランに冷たい態度をとりついに二人は衝突してしまう。
第1期:2005年10月1日 – 2006年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“格闘美神 武龍 ファイティングビューティー ウーロン 海外レビュー” の続きを読む

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU 海外レビュー

あらすじ

中学生の少年ツワブキ・ダイヤは卓越した運動能力を持ちながらも、周りの人たちからは【怪獣小僧】と罵られ変人扱いされていた。5年前、ダイヤは父と小型船で海に出て、洋上に燃え上がる黒い炎を目撃。その中から現れた巨大な怪獣によって父や船員たちは海中に沈められてしまった。ダイヤにも怪獣が迫るが、その時、巨大な機械の竜が出現し、ダイヤを守ってくれた。しかし生還したダイヤのこの話を誰も信じなかった。それでもダイヤは来るべき日に備え、トレーニングを重ねていた。

そして、ついにその時が来た。ダイヤの住む町に、あの時と同じ怪獣が現れた。そしてダイヤを助けた巨大な機械竜も姿を見せる。竜の名は「大空魔竜」。魔竜の頭が飛び出し、それを胴体としてスーパーロボット「ガイキング」が完成。ダイヤは大空魔竜に乗っていた少女「ルル」の導きによってガイキングのパイロットとなり、怪獣を撃破する。大空魔竜の船長「キャプテン・ガリス」から地上世界を狙う勢力「ダリウス軍」の存在を知らされたダイヤは、母と友に別れを告げ、異世界ダリウスへと旅立つ。地上を守るため、そして怪獣に攫われたと思われる父を救うために。
2005年11月12日 – 2006年9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU 海外レビュー” の続きを読む

IDATEN翔 いだてんジャンプ 海外レビュー

あらすじ

ある日、同じ小学校の鮫島兄弟が作ったMTBチーム『シャークトゥース』から死んだ父との思い出の場所「Xゾーン」を賭けたMTBバトルを挑まれた。日曜日、翔とリーダーの牙舞が勝負していると黒い煙があたりを包み込み、不思議な世界にワープしてしまう。戸惑う翔たちの前に、現れる大人のMTBライダー。突然「ここは『Xゾーン』。俺と『韋駄天バトル』で勝負しろ」と告げられる。元の世界にもどるには『韋駄天バトル』に勝ってゴールドエンブレムを10枚集めなくてはいけない。廃墟 雪山 火山…色々なコースで戦う翔。果たして三人は『韋駄天バトル』にかって元の世界に戻れるのか?
2005年10月1日から2006年9月30日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“IDATEN翔 いだてんジャンプ 海外レビュー” の続きを読む

強殖装甲ガイバー 海外レビュー

 あらすじ

遥かな昔、謎の異星人「降臨者」が地球に残した3つの「ユニット」と呼ばれる物体。高校生の深町晶は偶然その1つを手に入れ、殖装体「ガイバー」となってしまい、降臨者の遺したデータを悪用し世界征服を目論む秘密結社「クロノス」に追われることとなる。

「調製」と呼ばれる遺伝子操作により強大な力を持った怪人「獣化兵(ゾアノイド)」達との激闘。クロノス幹部の殖装体「ガイバーII」の襲撃。そして獣化兵を遥かに凌ぐ力を持つ「超獣化兵(ハイパーゾアノイド)」。晶は苦戦しつつもガイバーの能力でこれらの強敵を撃退する。
2005年8月6日 – 2006年2月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“強殖装甲ガイバー 海外レビュー” の続きを読む

ぺとぺとさん 海外レビュー

概要

作品は人間と妖怪が共存する田舎町を舞台に、この住民の日常生活を描く。妹が多いとされ、「女未(にょみ)の里」と呼ばれる鮎川町(あゆかわまち)の中学校「大曲垣峠(おおまがきとうげ)中等教育総合校(通称マガ校)」に転校した女子中学生ぺと子を中心にストーリーを展開する。
2005年7月 – 10月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぺとぺとさん 海外レビュー” の続きを読む

タイドライン・ブルー 海外レビュー

あらすじ

ある日大地と人類を半分以上飲み込んだ天変地異が起きた、人類はそれを“ハンマー・オブ・エデン”と呼んだ、それから14年、運良く生き残った人類はその破壊された地上の混乱と絶望から立ち上がり秩序と平和を取り戻そうと模索しつづけていた。
2005年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“タイドライン・ブルー 海外レビュー” の続きを読む

涼風 海外レビュー

あらすじ

広島県に住む少年・秋月大和は、中学卒業を機に目的もなく東京の高校への進学を決めて単身上京。叔母の営む銭湯付きの女性専用マンションの一室に住みはじめる。入学直前の学校を訪れた大和がそこで出会ったのは、高跳びをする綺麗な女の子だった。
2005年7月6日 – 12月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“涼風 海外レビュー” の続きを読む

あかほり外道アワーらぶげ 海外レビュー

あらすじ

「らぶふぇろもん」は鳴かず飛ばずのお笑いコンビ。知名度を上げるため「絶対正義ラブフェロモン」として「正義の為なら、何事も許される」を信条に悪人に対して鉄槌をくだすが、ついでに町も破壊していってしまう。
2005年7月4日から9月26日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あかほり外道アワーらぶげ 海外レビュー” の続きを読む

奥さまは魔法少女 海外レビュー

あらすじ

古い街並みと、多くの自然の残る地方都市。実は、この街(ワンダーランド)を維持しているのは、魔法世界リルムから来ている管理者である「魔法少女」であった。「管理者」である魔法少女の特権は、新しい世界を作り出せること。しかし、今の管理者である魔法少女アニエス・ベル(浅羽嬉子)は、それを良しとせず、母から受け継いだ「古い世界」を維持していたのだった。

魔法少女は、人を好きになり「キス」をすることで、魔法の力を失ってしまう。嬉子は、27歳という年齢でありながら魔法少女であり続けるために、結婚した夫・浅羽保とのキスを拒んだため、そこから生じたすれ違いが原因で別居しているのだった。
2005年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“奥さまは魔法少女 海外レビュー” の続きを読む

おくさまは女子高生 海外レビュー

あらすじ

とある高校に通う女子高生・小野原麻美と、物理教師・市丸恭介は、実は夫婦の関係にあるが、このことは2人だけの秘密。他人に言えない秘密を持つ夫婦の日常生活を中心にコミカルなストーリーを展開する。
2005年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おくさまは女子高生 海外レビュー” の続きを読む

機動新撰組 萌えよ剣 海外レビュー

あらすじ

明治維新後の京都が舞台。人と妖怪が共存し、何気ない日々を送っている街に役所からの許可を得ていない無許可妖怪が街の治安を乱していた。それらを捕らえ京都の治安を守るために機動新撰組が設立される。しかし、多大な借金のために経営危機にたたされる。そんな新撰組のテコ入れのために坂本竜馬の息子である坂本竜之介が上海から帰国するが、個性豊かな新撰組メンバー達によりあれこれ振り回されていく。原作の広井王子はTV版の作風方針から、タイトルの「機動」という言葉を削除することを提案したと語っている。最終的にスタッフの意見からタイトルの変更は行われなかった。没案として「明治(維新)新撰組」が確認されている高橋留美子のデザインを活かし、るーみっくわーるどにふさわしいコメディにこだわった作品として制作された
2005年7月から9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機動新撰組 萌えよ剣 海外レビュー” の続きを読む

シュガシュガルーン 海外レビュー

あらすじ

魔界に住む2人の少女、ショコラとバニラ。親友でもあり、魔界の次期女王(クイーン)候補のライバルの関係にある2人は人間のハート( = 自分への想いの結晶)をより多く集めるという、クイーンになる試験のため人間界へやってくる。

しかし人間界に行ってみると、魔界ではバニラよりモテたショコラがバニラに逆転された上に、謎の少年ピエールに一目惚れ。奪われたら死を意味する唯一無二の魔女のハート。ショコラはそれを守ることができるのか? そしてクイーン試験の結末は……?
2005年7月2日 – 2006年6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シュガシュガルーン 海外レビュー” の続きを読む

あまえないでよっ!! 海外レビュー

あらすじ

里中逸剛は、普通の高校1年生の少年。しかし、その春に両親から「僧として一人前になるために」と半ば厄介払いで祖母・浄徳と6人の尼僧達のいる尼寺「賽円寺」に出されてしまう。そしてこの日から逸剛自身が持つ「特殊な霊力」の解放を防ぐ為、厳しい修行と怪しい霊祓稼業、そして尼僧達からの横暴な振る舞いに耐える日々を送ることになるが、この「特殊な霊力」を巡り碩清流と争いの日々と化してしまう。
放送期間 第1期:2005年7月1日 – 9月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あまえないでよっ!! 海外レビュー” の続きを読む

雪の女王 海外レビュー

概要

ストーリーは『雪の女王』をベースとしながら、アンデルセン童話と比較してゲルダの年齢が高めに設定されていたり、ゲルダが自分の明確な意志でカイを探し求める旅に出る、雪の女王を善意の人として描いている、などの改変がある。

また、ゲルダと旅をする吟遊詩人のラギは、アニメオリジナルのキャラクターである。

内容的には『ガンバの冒険』、『白鯨伝説』、『宝島』などの過去の出崎作品同様ロードムービー的な要素が強く、メルヘン色は薄い。終盤では「復活する魔王との戦い」をメインとしたヒロイックなストーリーも展開された。
2005年5月22日 – 2006年2月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“雪の女王 海外レビュー” の続きを読む

トリニティ・ブラッド 海外レビュー

あらすじ

世界すべてを巻き込み核兵器、細菌兵器などが飛び交った大災厄(アルマゲドン)の後、人類の文明はほぼ破壊され、人類の生存圏はヨーロッパ周辺にまで狭められ、文化・生活水準は中世まで後退した。更に追い討ちを掛けるように現れた吸血鬼(ヴァンパイア)との戦いに、人類は教皇庁を中心として辛うじて勝利した。しかし、彼らを完全に滅ぼした訳ではなく、ヴァンパイア達は真人類帝国を築き小競り合いを続けていた。

そして長い時の後、教皇庁と帝国の境、イシュトヴァーンに一人の巡回神父が降り立った時、時流は再び流れ出した。人類の遥か未来を描く遠未来黙示録。
2005年4月28日 – 10月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トリニティ・ブラッド 海外レビュー” の続きを読む

ARIA The NATURAL 海外レビュー

あらすじ

惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」。その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、水無灯里を主人公に優しくてちょっぴり切ない物語が広がります。
第1期: 2005年10月5日 – 12月28日
第2期: 2006年4月2日 – 9月24日
第3期: 2008年1月7日 – 3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下redditからのレビューになります

“ARIA The NATURAL 海外レビュー” の続きを読む

ツバサ・クロニクル 海外レビュー

 あらすじ

考古学者の卵・小狼と玖楼国の姫・サクラは幼馴染。2人は身分に関係なく、互いに惹かれ合っていた。ある日、サクラに秘められた力を手に入れようとする飛王・リードの陰謀により、サクラの記憶は無数の羽根と化して異世界へ飛び散る。瀕死に陥ったサクラを救い記憶を取り戻すには、飛び散った羽根をサクラの体に戻すしかない。しかし異世界へ移動する力を何度も使えるのは、唯一、異世界にいる次元の魔女と呼ばれる人物のみだった。
第1期:2005年4月9日 – 10月15日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ツバサ・クロニクル 海外レビュー” の続きを読む

これが私の御主人様 海外レビュー

あらすじ

本作は作中人物の言葉を借りると、「親の遺産を受け継いで一人暮しをしている思春期真っ只中の少年が、世間の目が届かないのをいいことに広大な屋敷にいたいけな少女を囲って、欲望の赴くままに自分の趣味の世界を作って奉仕させる」という物語である。

バイト先を求めてさまよっていた家出中の姉妹、沢渡いずみ・沢渡みつきが辿り着いたのは、両親の死により莫大な資産を相続した中学生・中林義貴の屋敷だった。たまたまメイドを募集中だった義貴は、みつきのペットである凶暴なワニ・ポチが壊した家財の弁償することになった沢渡姉妹に、借金のカタをつけるという名目で「メイドとして働かせる」ことにしてしまう。
2005年4月7日 – 6月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“これが私の御主人様 海外レビュー” の続きを読む

LOVELESS 海外レビュー

あらすじ

小学6年生の少年、青柳立夏は2年前、記憶喪失となり以後2年間分の記憶しか持っていない。2年前とは別人格のようになった立夏には、唯一の理解者となった兄の清明がいた。だが清明は何者かに殺害されたとされ、立夏の側から姿を消した。その事件を契機に転校した日、立夏のとなりに来た「戦闘機」我妻草灯と出会う。清明を殺したと言う組織「ななつの月」の正体と、清明の死の真相を確かめるべく、立夏は草灯の「サクリファイス」となり、共に「スペルバトル」(言語による闘争)を駆使して真実に迫ってゆく。
2005年4月6日 – 6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“LOVELESS 海外レビュー” の続きを読む

フタコイ オルタナティブ 海外レビュー

あらすじ

日本のどこかにある普通の下町「二子魂川」の一角で、死亡した父親の跡をなんとなく継いだ私立探偵・双葉恋太郎。

彼の下に、謎めいた双子・白鐘姉妹が現れ、成り行きのまま奇妙な同居生活が始まる。

犬猫探しぐらいしかない探偵稼業、個性豊かな住民たちとの触れ合い、時折騒動が起きつつも平和な日常は、いつまでも続くようだった。

しかし、数年前にニコタマを混乱へ陥れた組織の魔手が、恋太郎と白鐘姉妹の“3人でいる日々”を破壊しようと、再度ニコタマへ迫っていた。
2005年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“フタコイ オルタナティブ 海外レビュー” の続きを読む

極上生徒会 海外レビュー

あらすじ

宮神学園には、同学園理事長兼学生・神宮司奏を会長とする「宮神学園極大権限保有最上級生徒会」(略称:極上生徒会)と呼ばれる組織があり、教職員より強い権限を有している。極上生徒会メンバーには冷暖房・娯楽施設・食事完備の生徒会専用寮「極上寮」の一室を無償提供され、学費も全額免除されるという特権が与えられる。そのメンバーになるには特別な才能が必要と言われており、学園内には極上生徒会入りを目指して日々努力している生徒も多い。しかしその実体は、生徒会というよりは奏の「親衛隊」といった色合いが強い。「宮神学園を生徒達にとっての楽園にする」という奏の理想を実現させるために、身を賭す集団である。
2005年4月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“極上生徒会 海外レビュー” の続きを読む

アイシールド21 海外レビュー

あらすじ

私立泥門(でいもん)高等学校に通う気弱な高校生、小早川瀬那は入学早々ひょんなことから泥門高校アメフト部「泥門デビルバッツ」に主務として入ることになった。その帰り道、彼をパシリにしていた不良たちに絡まれ、逃れるために泥門駅まで爆走して駆け込み乗車をした。それを目撃したアメフト部主将 ヒル魔に翌日強制的に選手にされ、唯一の取り柄である俊足で選手登録名「アイシールド21」として春大会を戦うことになる。
2005年4月6日 – 2008年3月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アイシールド21 海外レビュー” の続きを読む

甲虫王者ムシキング 森の民の伝説 海外レビュー

あらすじ

森の民の少年ポポは、平和な森に異変が起きた原因を調べるため旅立った父ペレの帰りを待ちわびていた。しかし森の異変は、ポポの母ピアまで変えてしまう。父ならば、母を助ける手がかりが分かるかもしれない。ポポは父に託されたドングリ型のペンダント「守護者の証」を胸に、父を追って旅立つ。

旅の途中、ポポが持つ「守護者の証」を狙って、森の破滅を願うアダーと手下たちが、赤い目の甲虫を操りポポを襲撃するが、そのたびに何処からともなく巨大なカブトムシ「ムシキング」が現れポポを護る。
2005年4月6日から2006年3月29日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“甲虫王者ムシキング 森の民の伝説 海外レビュー” の続きを読む

地獄少女 海外レビュー

あらすじ

世間では、ある都市伝説めいた噂が流れていた。「午前零時にだけアクセス出来るウェブサイト『地獄通信』に晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に流してくれる」。しかし、その噂は真実だった。

怨みを持った者が「地獄通信」に書き込んだ直後、依頼者の前にセーラー服を着た長い黒髪に赤い瞳をした地獄少女・閻魔あいが現れる。あいは依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「人形の首にかかる赤い糸を解けば、契約は成立し、憎い相手は地獄へ流される」という。ただし、「その代償として自分自身も、死後は地獄で永遠に苦しむことになる」と告げるのであった。
(第1期)2005年10月4日 – 2006年4月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“地獄少女 海外レビュー” の続きを読む

エレメンタル ジェレイド 海外レビュー

あらすじ

天空に浮かぶ島々を巡り、空賊と呼ばれる空の盗賊達が飛び交う世界・ガーディア。

風の空賊団「紅山猫」(レッドリンクス)に身を置くお調子者の少年クーはある日盗んだ財宝の中から古びた大きな柩を見つける。彼が柩を開けると中には一人の少女が横たわっていた。彼は偶然少女を封印からとき、目覚めさせた。ちょうどその頃、「エディルレイド完全保護協会・アークエイル」を名乗る、シスカ、ローウェン、キーアという3人がクーの前に現れた。聞けば、クーが目覚めさせた少女を引き渡してほしいのだという。少女の名はレン。彼女は人間ではなく、人の姿をした生きた武器「エディルレイド」であり、その中で最強の力を持つ七煌宝樹の一人だったのだ。人間に利用されることを恐れるレンを守り、また、彼女が行きたいと望む場所へ連れて行くことを決意したクーはレンと共に、そしてなぜか同行することとなったアークエイルの3人とも一緒にエディルガーデンの地を目指すのだった。
2005年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エレメンタル ジェレイド 海外レビュー” の続きを読む

いちご100% 海外レビュー

あらすじ

中学3年生の真中淳平はある日の放課後、校舎の屋上に出ようと扉をあけると、頭上からいきなり目の前に女の子が飛び降りてきた。着地に失敗して倒れ込んだ女の子のスカートは捲れあがり「いちごのパンツ」が露出。慌てて起きあがった女の子は夕日に映える美貌の持ち主で、真中は一瞬で心を奪われる。制服を着用していることから同校の生徒である確証はあるのだが、驚いて逃げるように立ち去ってしまった美少女に心当たりはない。唯一の手掛かりは屋上に落ちていた東城綾と名前の書かれた一冊のノート。
翌日、東城を訪ねたが、おさげ髪に黒縁メガネ、野暮ったいほど地味な印象だったため、いちごパンツの美少女ではないと思いこんでしまう。真中の悪友らは美少女は学年のアイドル的存在の西野つかさに違いないと真中を煽り、真中本人もその気になってしまい、勢いで西野に交際を申し込む。その告白を受け入れる返事をした西野の背後を走り去っていく「いちごパンツ」の美少女の姿があった。
その後、西野と付き合うことになったものの、次第に東城に惹かれていく真中。そんな真中の様子に気付いた西野は真中への想いを胸に秘めたまま、彼らとは別の高校へ進学する。
2005年4月6日 – 6月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“いちご100% 海外レビュー” の続きを読む

MÄR メルヘヴン 海外レビュー

あらすじ

メルヘンの国に憧れていた普通の中学2年生・虎水ギンタは、「門番ピエロ」と呼ばれるÄRMの力で異世界、メルヘヴンへ召喚された。この世界では、ÄRMという魔法のアクセサリーが存在し、それを使用することによって、使用者に力を与えることができる。メルヘヴンに来たギンタは「バッボ」という生きたÄRMと出会い、仲間たちと出会い、共に戦闘集団「チェスの兵隊(コマ)」に立ち向かう。
2005年4月3日 – 2007年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“MÄR メルヘヴン 海外レビュー” の続きを読む

おねがいマイメロディー 海外レビュー

あらすじ

悪さが過ぎて反省室(牢獄)送りとなったマリーランドのいたずらコンビ、クロミとバク。ある日ふとした事からダークパワーの結晶・黒音符を生み出す魔法道具メロディ・ボウを手にした二人はメロディ・ボウの取り扱い説明書にある「悪夢魔法を使って人間から黒音符を100個集めれば何でも願いがかなう」との記述に従い、まんまと脱獄に成功し人間界へと向かう。

その現場にたまたま居合わせたマイメロディ(以下マイメロ)は二人を人間界に脱走させる手助けをしたと誤解されてしまう。王様から罪を許してもらう代わりに「クロミとバクを捕まえ、ダークパワーから人間の夢を守れ」と命じられたマイメロは、その意味を良く判って無いまま人間界に遣わされた。
2005年4月3日 – 2006年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おねがいマイメロディー 海外レビュー” の続きを読む

こいこい7 海外レビュー

あらすじ

五光学園所属の美少女戦隊6人組「こいこい7」は、地球の平和と未来、そしてダメ高校生の田中哲朗を守るため、日夜戦い続ける。

そして、「こいこい7」の生みの親でもある哲朗の父・田中翔との世界の命運をかけた戦いが始まる。
2005年4月1日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こいこい7 海外レビュー” の続きを読む