げんしけん 海外レビュー

あらすじ

椎応大学サークル棟304号室「現代視覚文化研究会(以下現視研)」。かつてオタク文化の垣根を越えるべく誕生したこのサークルも、今では活動目標と存在価値を失いオタクの溜まり場と化していた。

新歓祭、新入生の隠れオタク・笹原は、「ある種」のサークルに入ろうと意気込む中、見学先の現視研にて2年生会員・斑目と暴力的な1年生・春日部から手痛い「歓迎」を受ける。一旦は距離を置く笹原だったが、新会員・高坂との交友を経て入会。(オタクとして)着々と成長を遂げてゆく。

春日部と高坂の交際を皮切りに、コスプレイヤー(以下レイヤー)・大野とコスチューム(以下コス)職人・田中が意気投合し、笹原の妹・恵子が高坂の横恋慕を企む。更に斑目までが春日部に恋心を抱き、恋愛と無縁だった会員達は悲喜交々の相関関係を繰り広げる。

翌年秋、現視研は不可抗力によるボヤ騒ぎで活動停止となり、当事者の春日部は罰ゲームに応じる形で不祥事の責任をとる。ようやく活動を再開した矢先、新会長の笹原は「コミック・フェスティバル(以下コミフェス)へのサークル参加」を宣言。周囲を唖然とさせるも現視研に久々の目標が誕生する。
2004年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“げんしけん 海外レビュー” の続きを読む

爆裂天使 海外レビュー

あらすじ

20XX年の東京副都心、新宿。料理学校に通う恭平は、いきなり激しい銃撃戦に巻きこまれた。凶悪そうな男にデザートイーグルを乱射する少女の腕には、翼のような刻印が……。後日、コックのバイトに応募した恭平は、巨大トレーラーで4人の少女と出逢う。セイ、メグ、エイミー、そしてジョウ……彼女だけは、どこかで見た気がしてならない。彼女たちこそは華僑組織「白蘭」(バーレン)のスペシャリスト。いま新たな指令がくだる!
2004年4月6日 – 9月14日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“爆裂天使 海外レビュー” の続きを読む

サムライチャンプルー 海外レビュー

あらすじ

現代より遥か昔、侍も平民も太平の世を謳歌していた江戸時代中頃の横浜。天涯孤独の少女・フウは、「向日葵の匂いのする侍」の情報を求めて数多くのバイトをしていた。そんなある日、ふとしたことで知り合った二人の男・ムゲンとジンを用心棒として、彼女は「向日葵の匂いのする侍」を探す旅に出ることを決意する。
2004年5月19日~9月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“サムライチャンプルー 海外レビュー” の続きを読む

モンキーターン 海外レビュー

あらすじ

子供の頃から野球に明け暮れてきた少年・波多野憲二は、高校生活最後の夏の甲子園予選で敗退。その後、競艇ファンの担任と競艇選手のOGに連れられてやってきた競艇場で体験したモーターボートの感触とモンキーターンに魅了され、野球をやめて競艇選手になることを決意する。

必死の勉強と長年培ってきた持ち前の身体能力で、競艇選手の養成所・本栖研修所に合格。やがて、研修所を卒業して競艇選手となり、波瀾万丈の選手生活を開始する。

2004年1月10日 – 12月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

top

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“モンキーターン 海外レビュー” の続きを読む

真ゲッターロボ 海外レビュー

あらすじ

突如、宇宙から巨大な隕石が飛来した。竜馬達はゲッター1やゲッタードラゴンで破壊を試みるが失敗し、隕石は地表へ激突する。その正体はかつて倒したはずの敵、百鬼帝国のブライ大帝であった。

ゲッターチームはブライ大帝に苦戦を強いられるが、早乙女博士が実験中の真ゲッターロボの使用を決断する。その圧倒的な力の前に敗れ去ったブライ大帝は、最後に「自分はゲッターに怨みを持つ何者かによって復活させられた」と言い残す。その後、ゲッタードラゴンの実験中にブライを操っていた敵が正体を現した。「遠い未来からゲッターを破壊しに来たのだ」と言う敵のギィムバグ軍曹によれば、未来の世界は宇宙は進化したゲッター軍団やゲッターの究極進化体ゲッターエンペラーによる、侵略と虐殺が行われているという。
2004年OVA発売(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“真ゲッターロボ 海外レビュー” の続きを読む

雲のむこう、約束の場所 海外レビュー

あらすじ

1996年、日本は南北に分断されていた。世界の半分を覆う共産国家群「ユニオン」は「エゾ」(北海道がモデル)を支配下に置き、島の中央にとほうもなく高い、純白の塔を建造しつつあった。しかしユニオンの意図は誰にもわからない。青森県の津軽半島に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は異国の大地にそびえる塔にあこがれ、飛行機で国境の津軽海峡を越え、塔まで飛んで行く計画を立てていた。
2004年11月20日公開(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“雲のむこう、約束の場所 海外レビュー” の続きを読む

忘却の旋律 海外レビュー

あらすじ

普通の学生であるボッカ・セレナーデは、近所の橋の下に住み着いていたツナギじいさんこと武蔵野三郎の住処で黒船・バラードに出会う。黒船はモンスターのホルを追ってこの街に現れたメロスの戦士であった。また、同じくして黒船を慕って追いかけてきた月之森小夜子とも出会う。一方、街に現れたホルはボッカのガールフレンドであるエルを喰らうために彼女を拉致し、そこで黒船との戦闘となる。そして、そこに居合わせたボッカは、二人の闘いの最中にメロスの戦士として覚醒することになる。

ホルを追い払った後、ボッカはメロスの戦士としてモンスターと戦うことを決意し、とりあえず黒船の後を追うことにして小夜子とともに街を離れる。そして彼らは行く先々でモンスターやモンスターユニオンのエージェント(モンスターに忠誠を誓うことで人々を支配する人間)達との闘いを繰り広げていくことになる。
2004年4月6日 – 9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“忘却の旋律 海外レビュー” の続きを読む

魔法少女リリカルなのは 海外レビュー

あらすじ

自称平凡な小学3年生、高町なのはは助けを求める声に導かれ、不思議なフェレットが負傷し倒れているところを発見、保護する。その夜、再び声が響きフェレットを預かっている動物病院に向かうとそこで異形の怪物がフェレットと対峙する場面に出くわす。彼の正体は異世界ミッドチルダからやってきた少年ユーノ・スクライアだった。

彼がこの世界に来た理由。それは彼が発掘したロストロギア(異世界に存在した高度な魔法技術の遺産)「ジュエルシード」が散らばってしまったためであった。成り行きから事情を知ったなのはは、ユーノと共にジュエルシードを集め、封印する手伝いをすることになる。そして次第になのははユーノだけではなく、自分のために魔法の世界に関わっていく決意を固め、その秘めた力を開花させていく。
2004年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法少女リリカルなのは 海外レビュー” の続きを読む

マリア様がみてる 海外レビュー

あらすじ

ある朝、リリアン女学園の高等部に通う平均的な1年生・福沢祐巳(ふくざわ ゆみ)は、憧れの先輩である「紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)」こと、2年生の小笠原祥子(おがさわら さちこ)に呼び止められ、制服の身だしなみを正される。このことをきっかけに、高等部生徒会「山百合会」の本部である「薔薇の館」を訪れることになる祐巳。本作は、彼女を中心に乙女達の学園生活を描いた作品である。
2004年1月7日 – 3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マリア様がみてる 海外レビュー” の続きを読む

美鳥の日々 海外レビュー

あらすじ

喧嘩に明け暮れる荒んだ日々を送る高校生の沢村正治は、その強さと凶暴さから「悪魔の右手」を持つ「狂犬」とあだ名され、周りから恐れられていた。彼自身は彼女がいるバラ色の高校生活を送ることを夢見ているのだが、その悪評ゆえに女性は皆恐れをなして逃げてしまうため、まともに女性と話すこともできず悶々とした日々を送っていた。

そんなある日正治の右手が突然女の子に変わってしまう。その彼女は春日野美鳥という正治に片思いをしていた女の子だった。内気な彼女は正治と付き合いたいという思いを長い間遂げられないまま過ごしており、そんな自分から逃げるように魂だけ正治の右手に乗り移ってきたのである。

右手の美鳥は、正治への想いを隠すことなく表現するといった、本当の自分とは正反対の明るく積極的な女の子だった。また、この美鳥に最初こそ困惑していた正治も、彼女との生活に安らぎを感じるようになり、次第に彼女を必要不可欠な存在として捉えることになる。

その一方で、正治達は「右手が恋人」という状態で学園生活を送ることになり、そのため色々なトラブルを引き起こしたり巻き込まれたりしてしまう。また、正治は喧嘩早いものの男気のある性格であるため、他の女性達からも次第に好かれるようになっていくが、これも美鳥を含む彼女達と正治とのトラブルの元になっていく。

2004年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“美鳥の日々 海外レビュー” の続きを読む

ローゼンメイデン 海外レビュー

あらすじ

引きこもりの日々を過ごす中学生の少年・桜田ジュン。鬱屈した性格のジュンは、ネット通販で買った商品を期限ギリギリでクーリングオフするスリルを楽しんでいた。

ある日、ジュンは怪しげなダイレクトメールを受け取る。そこに書かれた、「まきますか まきませんか」との問いに、ジュンは軽い気持ちで「まく」ことを選んでしまう。すると翌日、薔薇の装飾金具の付いた重厚な革製の鞄が送り付けられて来た。

ジュンが鞄を開けると、中にはまるで生きているかのように精巧に作られたアンティークドール(少女人形)が収まっていた。興味半分にジュンが螺子を巻くと人形は目覚め、「ローゼンメイデン第5ドール真紅」と名乗り、ジュンに対して、自分と契約して下僕[注 4]となることを要求する。

最初こそ真紅の尊大な態度に反発したジュンだったが突如窓ガラスを割って侵入してきた人形、「ローゼンメイデン第一ドール水銀燈」に命を狙われ、訳も分からぬうちに真紅と止む無く契約を交わしてしまう。こうして真紅に関わることにより「アリスゲーム」と呼ばれる、薔薇乙女達の争いに巻き込まれてしまったジュンは様々なドール達やその関係者達との出会いを通じて、その心を成長させていくことになる。
第1期:2004年10月7日 – 12月23日
第2期:2005年10月20日 – 2006年1月26日
特別編:2006年12月23日・24日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ローゼンメイデン 海外レビュー” の続きを読む

MEZZO -メゾ- 海外レビュー

あらすじ

現代からそう遠くない未来。街には人型のロボットが実用化され、治安は犯罪率の上昇とそれに反比例しての検挙率の低下により混沌とした世の中。そこに、合法非合法を問わず危険な仕事の代行を生業とする危険代行業DSA(DANGER SERVICE AGENCY、略してディーエスエー)の3人、紅一点でカンフーと銃の扱いはピカイチの鈴木海空来、元警察官で麺が大好物の黒川健一、ファンキーな容姿ながら腕の立つエンジニアの原田智久がいる。 彼らは多額の報酬と引き換えに、プロ野球球団・ピーチツイスターズのオーナーで桃井グループのトップ・桃井桃吉の誘拐を引き受けた結果、桃井の跡取り娘で血を見ることと殺人行為が大好きなサイコ女・桃井桃実に追い回される結果となった。(ウィキペディアより引用)
2004年1月 – 3月迄放送

_SY445_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります “MEZZO -メゾ- 海外レビュー” の続きを読む

グレネーダー ほほえみの閃士 海外レビュー

あらすじ

自分の故郷を目指して旅をしているガンマン、天道琉朱菜はその過程で出会った侍の虎島弥次郎、風船使いの紅みかんと共に襲い来る苦難を乗り越えていく。そんなある日、中央天都の天子から琉朱菜に対して賞金首がかけられる。そしてさらに道化師の刺客や十天閃らに命を狙われた琉朱菜は、天子の真意を聞くために中央天都を目指す。

2004年10月14日 – 2005年1月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“グレネーダー ほほえみの閃士 海外レビュー” の続きを読む

ジパング 海外レビュー

あらすじ

西暦200X年の6月。日米新ガイドラインの下での海外派遣によりエクアドルへ向かう海上自衛隊の自衛艦隊のイージス艦みらいはミッドウェー沖合で突如嵐に巻き込まれ落雷を受ける。その直後からレーダーからの僚艦喪失、送受信機の故障ではない衛星通信の不通、突如の降雪という不可思議な現象に直面する。そして戦艦大和以下大日本帝国海軍連合艦隊に遭遇したことによりミッドウェー海戦直前の1942年6月4日の太平洋上にタイムスリップした事が判明する。

異常事態の中、みらい副長 角松洋介は、撃墜され水没しつつある零式水上観測機の後席から自ら救助した帝国海軍通信参謀 草加拓海少佐に未来世界の情報を公開したことから、みらいは徐々に変化してゆく歴史の流れに巻き込まれて行く……。
2004年10月7日 – 2005年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ジパング 海外レビュー” の続きを読む

リングにかけろ1 海外レビュー

あらすじ

主人公の少年・高嶺竜児が姉の菊から学んだボクシングにより、次々と現れる強敵を退けつつ仲間達と友情を深めて成長し、最終的に宿命のライバルであるボクシングの天才児・剣崎順を倒して世界チャンピオンに輝くまでの軌跡を描いている。

第一作:2004年10月6日 – 12月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“リングにかけろ1 海外レビュー” の続きを読む

BECK 海外レビュー

あらすじ

平凡な毎日に不満を持っていた主人公の少年・田中幸雄は、南竜介との偶然の出会いによって、音楽の世界に入り込むことになる。南竜介・田中幸雄を中心に、バンド:BECK(ベック)・英語名:Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド、M.C.S)が結成され、失敗・挫折を繰り返しながらも、音楽への信念を原動力に一歩ずつ前進してゆく様を描く。
2004年10月6日 – 2005年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BECK 海外レビュー” の続きを読む

双恋 海外レビュー

あらすじ

主人公の二見 望は、幼い時に母を亡くしそれ以来父親と二人暮し、その父親が仕事でハワイに転勤することになり、それを機に昔住んでいた街に帰ってきた。街を歩いていたら桜月姉妹と偶然出会い、更に幼馴染みの一条姉妹や、下宿先の雛菊姉妹など会う女の子はみんな双子ばかり。どうもそれには、下宿先である『双林寺』にある『双子塚(アニメオリジナルの設定)』が関係しているらしい。
2004年10月6日 – 2004年12月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“双恋 海外レビュー” の続きを読む

W ウィッシュ 海外レビュー

あらすじ

主人公の遠野潤和は、小さい頃に両親を凄惨な交通事故で亡くし、記憶を失い、双子の妹の遠野泉奈や学園の仲間達と慎ましく暮らしていた。文化祭(桜夏祭)が近づくある日、彼を「お兄ちゃん」と慕う幼馴染の少女、井ノ原春陽が現れる。そのとき、彼の失われた記憶が呼び覚まされることになる……。
2004年10月7日 – 2005年1月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“W ウィッシュ 海外レビュー” の続きを読む

遥かなる時空の中で 八葉抄 海外レビュー

あらすじ

遙かなる時空の中、四神に守られし霊地、平安なる京。無数の桜の花びらが舞う中、異世界・京に「龍神の神子」として召喚された少女あかねは、京の危機を救ってほしいと請われる。神子に仕える八葉との交流、そして、京を支配せんとする鬼の一族との攻防を経て、次第に神子として成長していくあかね。果たしてあかねは鬼の手から無事京を守れるのか――!?(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“遥かなる時空の中で 八葉抄 海外レビュー” の続きを読む

tactics 海外レビュー

あらすじ

時代はハイカラと呼ばれる明治後期の日本。幼い頃から妖怪が見える主人公一ノ宮勘太郎は、民俗学者兼霊力を生かし妖怪退治屋をしており、働き者の妖狐のヨーコにお世話になりながら一緒に暮らしている。

勘太郎は幼い頃からずっと「伝説の鬼喰い天狗と友達になりたい」と憧れており、長年の探索の末、遂に場所を探し当て封印を解く事に成功。鬼喰い天狗の名は「鬼より遥かに強い」という由来から春華と名付けられた。
2004年10月5日 – 2005年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“tactics 海外レビュー” の続きを読む

スクールランブル 海外レビュー

概要

同級生の烏丸大路に片思いするごく普通の女子高校生・塚本天満、その天満に片思いする不良高校生・播磨拳児、この2人の主人公が恋に悪戦苦闘するさまを中心として、多くのキャラクターが絡み合う高校生活を描いたラブコメディ漫画である。講談社『週刊少年マガジン』にて2002年47号から2008年34号まで連載された。

天満を「主人公」、播磨を「もう1人の主人公」として始まった。コミックスでは「天満ちゃん(恋する少女)が烏丸君(好きな人)を前に日々是、苦戦のラブコメディ♡」、『少年マガジン』本誌では「天満ちゃんと烏丸君の日々是、苦戦ラブコメディ♡」と紹介されているが、間もなく播磨が物語の中心となり、烏丸の出番は減っていき、増刊号の主人公であった塚本八雲や、元々は脇役だった沢近愛理がヒロイン的なポジションにつくようになる。ただし、作者がヒロインとして公認するキャラクターは存在しない。
2004年10月5日 – 2005年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スクールランブル 海外レビュー” の続きを読む

ファンタジックチルドレン 海外レビュー

あらすじ

時は2012年、南の島・パパン島で両親と暮らす少年・トーマは、ある日島の遺跡でヘルガという少女と出会う。無口で、どことも知れぬ場所の絵を描いては、そこに行きたいと言う彼女の願いに、トーマはヘルガを慕う少年・チットと共に、ヘルガを“行きたい場所”へ連れていこうとする。

何十年かおきに現れる、謎の黒衣の子供たち。“ベフォールの子供たち”と呼ばれる彼らは、長い長い年月をかけ、ある一人の人物を追いかけ続けていた。繰り返される年月に疲弊し、謎の少年・デュマの妨害によって仲間を減らしながらも、彼らはただ、ひたすらに“彼女”を追い求め続ける。

2004年10月4日 – 2005年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ファンタジックチルドレン 海外レビュー” の続きを読む

砂ぼうず 海外レビュー

あらすじ

舞台は、関東大砂漠。数百年前に文明が滅び去ってもなお懲りずに、人間は人間同士で弱肉強食の争いを繰り返していた。そんな中、最近名をあげてきた便利屋、人呼んで砂漠の妖怪・砂ぼうず。金と名誉とボインのためなら、その抜群にキレる頭と腕前をいかして、卑怯・陰湿お構いなしに何でもやる……過酷なサバイバルを強いられる砂漠にまさに最適な男である。そして、関東一の凄腕美人を目指して彼に弟子入りした少女・通称:小砂。ある時は女に騙され命を危うくし、またある時は多額の借金を背負わされながら、二人の戦いの日々は続いていく。
2004年10月 – 2005年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“砂ぼうず 海外レビュー” の続きを読む

サムライガン 海外レビュー

あらすじ

幕末を迎えようとする1800年代の日本のような世界。この荒んだ時勢に暗躍する謎の義賊の姿があった。見たこともない連発銃などの最新武器を装備し、黒い仮面に鉄兜の如き装束を纏い、常人とはかけ離れた身体能力で、次々に悪を屠るその名はサムライガン。「光の下 影のもと その悪を討て」という使命を受けて暗躍する彼らは、幕府より「黒い逆賊」と呼ばれ恐れられていた。

サムライガン六号丸・捨吉、二号丸・強太と彼らの相棒である松崎の活躍を描いた読本を紐解く形で始まった物語は、やがて実在のサムライガンである七号丸・市松の戦いを描写するようになる。

代門、紅という仲間たちと任務を黙々と遂行する市松は、評議会という組織で育成された超人的な諜報員だった。人殺しを厭いながらも暗殺に従事する市松は、かつて姉を惨殺した烈界という男を殺すためだけにサムライガンを続けていた。対サ特捜の話頭と日夜繰り広げられる過酷な戦いの日々、その中で市松はお花という娼婦と惹かれ合っていく。

一方、評議会の中でも不穏な動きがあり、その過激な暴力性を危険視された二号丸・強太は、自らが粛清対象となったことで組織を離反する。そしてお花を人質にとって市松を呼び出した強太は、初期型のサムライガンは何らかの洗脳処置を受けていること、評議会に反乱を起こすことを提案するが、市松もろともに行われた評議会の攻撃で惨死する。市松は朦朧とする意識の中、自分を助けるサムライガンの姿を見た。

2004年10月4日から12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“サムライガン 海外レビュー” の続きを読む

ゾイドフューザーズ 海外レビュー

あらすじ

ZAC2230年。東方大陸に位置する近代都市・ブルーシティ。ゾイドバトルチーム・マッハストームに所属する少年RD(アールディー)は、父親が遺したライガーゼロを愛機に、何でも屋をしながら、Ziファイターとしてゾイドバトルへの出場を目指していた。
そんなある日、エキシビジョンマッチにおいてゾイド同士の合体によりその能力を飛躍的に向上させる「Ziユニゾン(ユニゾン)」の存在が知れ渡り、Ziファイター達は自分のゾイドとユニゾンできるゾイド・Ziパートナーを捜し求めるようになる。
そしてRDのライガーゼロにも、ファイヤーフェニックスとのユニゾン能力が明らかになる。
2004年10月3日 – 2005年4月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゾイドフューザーズ 海外レビュー” の続きを読む

Φなる・あぷろーち Final Approach 海外レビュー

あらすじ

あるバレンタインデーの日、水原涼の家に1人の少女が訪ねて来た。彼女の名は益田西守歌。彼女は1包みのチョコと共に指輪を取り出し、強引に涼の指にはめる。それも、無理に外そうとしたら爆発するという言葉と共に。西守歌は更に、自分が涼の許嫁だと語る。こうして涼の、波乱に満ちた結婚相手選びが始まるのであった。
2004年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Φなる・あぷろーち Final Approach 海外レビュー” の続きを読む

ゆめりあ 海外レビュー

あらすじ

主人公の少年・三栗智和がモエラと呼ばれる夢の世界で出会った少女・モネやクラスメートの吾妻みづきらとともに、夢世界を侵略してくる敵と戦うことになる。また、その戦いや彼女らと過ごす生活の中で主人公は少女達との関係を深めていく。
2004年(平成16年)1月8日から同年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

anime_wp

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゆめりあ 海外レビュー” の続きを読む

月詠 MOON PHASE 海外レビュー

あらすじ

なぜか心霊写真ばかりを撮ってしまうカメラマンの森丘耕平は、取材に行ったドイツの古城で、ヴァンパイアの少女である葉月と出会った。その城に幽閉されていた葉月は、耕平の血を吸って僕(しもべ)として城から脱出しようと考えて血を吸うも、全く効果が現れなかった。だが、耕平が城の封印装置を壊したことにより葉月は城から脱出し、そしてあろうことか、生き別れの母の行方を求めて、耕平と共に(別行動だが)日本へ向かった。
2004年10月4日 – 2005年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“月詠 MOON PHASE 海外レビュー” の続きを読む

うた∽かた 海外レビュー

あらすじ

神奈川県の鎌倉に住む中学2年生の少女・橘一夏は1学期の最後の日、学校の大掃除中、双子の家庭教師の藤堂誓唯と藤堂繪委から貰ったお守りのついた携帯電話を落としてしまう。下校途中にそれに気づいた一夏は夕暮れの学校へ戻るが、不思議なことに携帯は鏡の中へ入り込んでしまっていた。そこに不思議な少女・黒城舞夏が現れ、携帯を返す条件として、神精霊(ジン)の力を使い、その感想文を代わりに書くことを要求してきた。戸惑いながらも了承した一夏は、舞夏を自宅に下宿させながら、神精霊の感想文も含めての夏休みを始めた。
2004年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うた∽かた 海外レビュー” の続きを読む

DearS 海外レビュー

あらすじ

宇宙からUFOが不時着した日本。故郷に帰ることができなくなった宇宙人たちを「ディアーズ」と呼んで、彼らをホームステイで迎えいれるようになる。しかし本来ディアーズは他者に依存することで種族の保存を図ってきた者たちであった…。
それから1年後、1人暮らしを満喫していた高校生の幾原武哉はある日、ディアーズの少女と出会う。地球の言語を話せず行き倒れていた少女を放っておけず彼は少女を自室に連れて帰りレンと名付けてしばらく面倒を見ることになる。すると彼女は武哉を「ご主人様」と呼び、そのまま彼の家に居候してしまう。その上、手違いで彼と共に小春高校に通うこととなり、それいらい彼の生活は一変する。レンをライバル視するディアーズの正規留学生・ミゥも現れ、常に騒動の日々を送る羽目になる。
2004年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“DearS 海外レビュー” の続きを読む

舞-HiME 海外レビュー

あらすじ

奨学金を得て、風華学園に転入することになった鴇羽舞衣は弟の巧海とともに、フェリーで風華学園に向かう途中、漂流していた美袋命を助けたことが縁で、楯祐一・宗像詩帆とも知り合う。楽しい船旅はやがて、玖我なつきの襲撃で終わりを告げる。なつきの目的は美袋命だったが、場に居合わせた舞衣はHiMEとしての能力が発現し、なつきの攻撃を防御してしまう。舞衣の覚醒を目の当たりにしたなつきは、舞衣に学園に来ないよう忠告する。
2004年9月30日 – 2005年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“舞-HiME 海外レビュー” の続きを読む

GIRLSブラボー 海外レビュー

あらすじ

幼い頃から童顔で背が低いことから女子に苛められたことが元で、極度の女性恐怖症となり、女性に触れると蕁麻疹ができるアレルギー体質になってしまった少年・佐々木雪成は、ある日、お風呂場から異世界・セーレンに飛ばされてしまう。そこで彼は、女性アレルギーが出ない少女 ・ミハル・セナ・カナカに出会う。これを機に、地球にセーレンの美少女たちがやって来て、雪成は様々な女難に遭う破目になる。
第1期:2004年7月6日 – 9月27日
第2期:2005年1月27日 – 4月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“GIRLSブラボー 海外レビュー” の続きを読む

神無月の巫女 海外レビュー

あらすじ

まほろばの村に住む高校生の来栖川姫子と姫宮千歌音の16歳の誕生日の日、不気味な日食が世界を覆った。それは太古の時代、剣神アメノムラクモと2人の巫女の手で封印された邪神ヤマタノオロチの復活を意味しており、オロチと配下のオロチ衆は世界滅亡の為、最大の障害である巫女たちの生まれ変わりの姫子と千歌音の命を狙い始めた。姫子の幼なじみの大神ソウマもオロチに覚醒させられるが、姫子の巫女の力でオロチの意思に抗えたソウマは、想い人である姫子を守る為、巫女側に就き、オロチ衆との戦いを始める。

オロチ衆との戦いの中で姫子とソウマは惹かれ合い、姫子への愛情を内に秘めた千歌音は2人の関係に苦悩する。そんな中、千歌音は、オロチにより滅んだ地球を再生させる儀式のため、前世の自身が姫子を殺害したことを思い出す。今度は姫子に自身を殺害させるため、復活したオロチの力で世界を滅ぼすことで姫子に敵意を向けさせ、自身が儀式の犠牲になるよう仕向けるのだった。オロチは復活したムラクモとソウマの犠牲により倒され、千歌音は人柱となるが、姫子は真に愛する人である千歌音と共に、永遠にオロチを封印し続ける道を選んだ。

世界は再生され、ソウマを初めとしたオロチたちも、オロチではなくなっており、平穏な日々を過ごしていた。その世界で姫子と千歌音の存在は消えてしまっていたが、2人は月の社で永遠の夢を見るのだった。
2004年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神無月の巫女 海外レビュー” の続きを読む

お伽草子 海外レビュー

あらすじ

時は平安時代中期。飢饉と疫病が蔓延し、都はすっかり荒廃していた。しかしそんな状況に際してもなお、武士と陰陽師は未だ覇権争いの手を休める事はなく、下につく民に手を回すことは殆どなかった。
そんな状況を見かねた朝廷は、弓の名手である源頼光に、都に平安をもたらす不思議な霊力を持つという伝説の勾玉を探し献上するように命じる。しかし頼光は疫病に倒れてしまい、源家の末娘、光の君が正体を隠して、兄に代わり男装の令嬢として勾玉を探す旅に出ることになる。旅の共として光が信を置く渡辺綱を従え、2人はかつて都より土蜘蛛族に奪われた勾玉を取りかえすために常陸国という地を訪れる。
2004年7月6日 – 2005年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“お伽草子 海外レビュー” の続きを読む

冒険王ビィト 海外レビュー

あらすじ

突如地上に現れた魔人(ヴァンデル)が魔物(モンスター)を操り、人々を苦しめ続ける「暗黒の世紀」と呼ばれる時代。辺境の地アンクルスの里で育った正義を信じる少年ビィトは、魔人を退治する職業「ヴァンデルバスター(バスター)」の中でも大陸最強といわれる「ゼノン戦士団」に入ることを夢見て、周囲の反対も聞かず勝手にバスターの契約を済ませる。それからほどなくして、より人間を苦しめた魔人に与えられる「星」ひとつが懸けられたゼノン戦士団の首を狙い、五ッ星の強豪魔人ベルトーゼが姿を現す。両者の戦いを目撃したビィトは優勢の戦士団リーダー、ゼノンに声援を送るが、そのためにベルトーゼに捕まって致命傷を負わされ、ビィトを救うために陣形を崩した戦士団の5人も攻撃を受け壊滅状態となる。5人は、バスターの力の源である天力を極めた末に生成できる究極の武器「才牙(サイガ)」に残りわずかの生命力を込めてビィトに託すと、ゼノンがビィトの実兄であることを明かし、最後の力でベルトーゼに立ち向かう。ゼノンたちは戦いの果てに行方不明となり、ビィトは自分の無力さに打ちひしがれて号泣し、強くなって自らの手で暗黒の世紀を終わらせる決意を固める。それから3年後、修行の末にたくましく成長したビィトの冒険が始まる。
第1期:2004年9月30日 – 2005年9月29日
第2期:2005年10月6日 – 2006年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“冒険王ビィト 海外レビュー” の続きを読む

月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜 海外レビュー

あらすじ

幼馴染の藤枝保奈美、従妹の渋垣茉理と共に蓮美台(はすみだい)学園に通う主人公、久住直樹。彼は両親を事故で喪い、叔父夫妻の渋垣家で世話になっている。

ありふれた日々が続いていたが、ある日突然、学園の屋上で昼寝をしていた直樹の上に空から女の子が落ちてきた。その女の子、天ヶ崎美琴は翌日から直樹のクラスメートとなり、直樹と同じ天文部に所属することとなる。

2004年6月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“月は東に日は西に 〜Operation Sanctuary〜 海外レビュー” の続きを読む

陰陽大戦記 海外レビュー

あらすじ

古来、伏魔殿を守護する天流と魑魅魍魎を討伐する地流の2流派が存在した。両派は互いに協力し合っていたが、約1000年前、地流が天流を襲ったことで両派は完全に決裂。そして現代。天流は流派としての機能を消失、地流は新総帥「ミカヅチ」の元で再興し、表舞台に勢力を伸ばしていた。

中学に入学したての「太刀花リク」は、地流闘神士である少年ヤマセの襲撃を契機に封印されていた神操機(ドライブ)を手にし、式神「白虎のコゲンタ」と契約。時間が経つにつれてコゲンタとの絆は深まり、次々と襲いかかってくる地流闘神士の刺客を迎え撃つ。
2004年9月30日 – 2005年9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“陰陽大戦記 海外レビュー” の続きを読む

ニニンがシノブ伝 海外レビュー

概要

ドジで天然ボケな見習い忍者・シノブと正体不明の生物・音速丸が起こす騒動をユーモラスに描いたギャグ漫画。ストーリーテリングよりも1コマ毎のコアでマニアックな小ネタの情報量で読ませるタイプ。百合的な雰囲気になる美少女・謎の生物・漫画やアニメなどに関するオタク的な会話・色っぽいお母さんなど、古賀亮一の漫画の特徴ともいえる設定が随所に盛り込まれており、そういった要素は2004年7月にテレビアニメ化された際も多分に反映された。
2004年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ニニンがシノブ伝 海外レビュー” の続きを読む

スウィート・ヴァレリアン 海外レビュー

概要

元々はCLAMPのホームページ上にあったオリジナルキャラクターであったが、監督である桜井弘明の目に止まり、アニメ化されることになった。わずか3分30秒のため全体的にセリフや展開のスピードが速い。スタッフも『デ・ジ・キャラット』が放送された当時の面々である。ちなみに「ヴァレリアン」とは、カノコソウ(を原料とする鎮静剤)のことである。放送は毎日放送で2004年8月1日7時00分〜(『ブリンぶりん家』枠内)、2004年10月xx日7時00分〜(『フューチャービーンズ〜みらい豆』枠内)。全26話。(テレビ放送は全18話)。
2004年8月1日 – 12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スウィート・ヴァレリアン 海外レビュー” の続きを読む

風人物語 海外レビュー

あらすじ

デジカメ部部長の中学2年生・ナオ。いつものように屋上で空の写真を撮っていると、空を飛ぶ猫たちを目撃する。驚いたナオは屋上から落ちてしまうが、突如巻き起こった風によってふわりと浮き、怪我は免れる。実は、ナオを助けたのは風の里出身の大気先生であり、彼は猫に空の飛び方を教えたらしい。ナオは、大気先生に会って風の使い方を教わりに行く。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“風人物語 海外レビュー” の続きを読む

焼きたて!!ジャぱん 海外レビュー

あらすじ

太陽の手」と呼ばれるパンの発酵に適した温かい手を持つ少年、東 和馬は、幼少の頃、姉・稲穂に連れられて行ったパン屋St.Pierre(サンピエール)の主人から、「日本人にとっての『ごはん』より美味い日本独自のパン『ジャぱん』を創りたい」という夢を聞かされ、自らも「ジャぱん」を生み出すべく、独学でパンづくりを覚えていく。

中学校を卒業した和馬は、大手ベーカリー・チェーンの「パンタジア」東京本店の採用試験を受ける。和馬は河内 恭介、梓川 月乃、諏訪原 戒と共に最終選考に残るが、オーナーの孫娘で有力な新人を発掘するために採用試験に参加していた月乃は最終選考を辞退する。一方、河内は大げさな身の上話で和馬の同情を買い、最終選考課題の「クロワッサン」をルール違反をして二人で作ることになる。和馬は「324層クロワッサン(ジャぱん43号)」の生地を完成させるが、河内の話を真に受け、勝ちを譲るために採用試験を辞退してしまう。最終選考に受かった河内だったが、和馬が辞退した理由を月乃から聞かされると、その優しさに心打たれ、本店採用を辞退する。二人は月乃に拾われ、彼女が店長代理を務めるパンタジア・南東京支店に勤務することになる。
2004年10月12日 – 2006年3月14日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“焼きたて!!ジャぱん 海外レビュー” の続きを読む

GANTZ 海外レビュー

あらすじ

ある日、玄野計は地下鉄のホームで小学生時代の親友だった加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は線路上に落ちた酔っ払いを助けようとするが1人では抱え上げられず玄野に手伝いを求める。2人はホームに戻り損ね、線路に進入してきた電車に轢かれて死んでしまう。次の瞬間、彼らはマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められていた。部屋の中央にある謎の大きな黒い球。彼らは、その「ガンツ」と呼ばれる球に、理由もわからないまま星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと強制的に転送されていく。
第1期:2004年4月10日 – 6月22日
第2期:2004年8月26日 – 11月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“GANTZ 海外レビュー” の続きを読む

レジェンズ 甦る竜王伝説 海外レビュー

概要

基本は米国のカートゥーンのようなドタバタ劇で、大地丙太郎のスピード感に富んだギャグセンスが遺憾なく発揮されている。が、物語が進むにつれレジェンズたちの戦いに巻き込まれる子供たちを中心として、その親や友人、そしてレジェンズの心理描写は極めてリアルに描かれており、キャラクターデザインとのギャップが激しい。また、BGMも軽快なジャズ音楽と、アニメでは珍しいものもある。ちなみにこのBGMは大地監督の要望で、ニューヨークのマンハッタン・クインテット・ジャズで収録したものである。
2004年4月4日 – 2005年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“レジェンズ 甦る竜王伝説 海外レビュー” の続きを読む

パンダーゼット 海外レビュー

概要

パンダーゼットのキャラクターはイラストレーターの押田秀一が考案した。

アニメでは珍しく全く声が入っておらず、字幕で台詞を表現している。マジンガーZのコンセプトをダイナミック企画許諾の下で取り入れた、ある意味マジンガーZの公認パロディとなっている。内容は、毒が入ったシュールな展開が中心。

メガハウスが2004年2月に発売した「パンダーゼットミニフィギュアコレクション」シリーズは同年9月までに130万個という大ヒットとなった。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パンダーゼット 海外レビュー” の続きを読む

RAGNAROK THE ANIMATION 海外レビュー

あらすじ

これはゲームのラグナロクオンラインの世界ではなく、別の世界にあるルーンミッドガッツ王国で起こった物語である。

ロアンとユーファは幼馴染の冒険者。ユーファの兄のキーオとその親友であるイルガの4人でモンスターと戦っていたが、ある日、イルガの反対を押し切って4人でグラストヘイム城へ乗り込み、窮地に陥る。キーオが身を挺して3人を逃がそうとし、閉まる扉の向こうで、現れた深淵の騎士に串刺しにされる。

月日は経ち、ユーファがプロンテラにあるキーオの墓参りをする所から物語は始まる。見え隠れする闇の王のダークロード、その部下のキーオにそっくりな騎士であるヘイズ、半魔族のジルタス、真理を追求する狂魔術師のゼフェル。そしてダークロードと相容れぬ隻眼のバフォメットが立ちふさがる。道中、マーヤとポイポイ、タキウス / キャスリン、ジュディアとイルガが加わり、冒険、さまざまな陰謀との戦い、出会いと別れを繰り返し、ルーンミッドガッツ王国を旅していくのだった。
2004年4月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“RAGNAROK THE ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

KURAU Phantom Memory 海外レビュー

あらすじ

西暦2100年。世界は生活圏としての都市「メトロポリス」とライフラインとしての生産層「エコロジア」に区別されていた。そこでは戦争や貧困をもはや過去のものとしており、地上400mを誇る超高層ビル群と重力制御によるエアカーを主流とした交通などが存在する社会を実現していた。その一方で、エネルギーへの欲望はとどまることを知らず、知的生命体であるリナクスを閉じ込めエネルギー源として利用するまでに至っている。宇宙に進出した人類は、月面に都市を建設したうえに、外宇宙進出を計画しており、人類はさらに広い世界へ出ようとしていた。
2004年6月24日 – 12月15日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“KURAU Phantom Memory 海外レビュー” の続きを読む

この醜くも美しい世界 海外レビュー

あらすじ

親から離れ、西野家に下宿する少年タケルは、高校に通いながら西野家のバイク便を手伝い暮らしていた。

ある日の配達の帰り、タケルはバイクに便乗していた親友のリョウとともに不可思議な光を目撃した。双筋に分かれた光跡を追って林に入ると、1本の樹に宿った光の中から、ひとりの女の子が姿を現した。彼女はタケルが考える「理想の女の子」に瓜二つだったのだ。タケルは常識から考えられない現象に戸惑いながらも、人間としての記憶を持たないらしいその少女にヒカリと名づける。
2004年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“この醜くも美しい世界 海外レビュー” の続きを読む

せんせいのお時間 DOKI DOKI SCHOOL HOURS 海外レビュー

概要

さな女性高校教師・鈴木みかを主人公に、彼女が勤める高校の個性豊かな先生と生徒が繰り広げる、にぎやかな日常を描いた学園コメディ作品。『まんがライフオリジナル』で1997年3月号から連載されていたが、2003年6月号をもって同誌での連載を終了。新創刊された『まんがライフMOMO』の看板作品として、創刊号である2003年8月号から2013年6月号まで連載された。2006年4月号より7月号まではももせが産休に入ったため、「特別補習授業!!」として傑作選を掲載した。
2004年4月4日 – 6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“せんせいのお時間 DOKI DOKI SCHOOL HOURS 海外レビュー” の続きを読む

妄想代理人 海外レビュー

あらすじ

疲れた現代社会を癒す人気マスコットキャラクター「マロミ」をデザインした鷺月子は心の闇を持っていた。そして、月子に感化された人々が次々に通り魔「少年バット」に襲われ、市井の人々を恐怖へと陥れていく。しかし、幾人も被害者が出て、多くの目撃者がいるにもかかわらず、少年バットは一向に捕まりそうになかった。

少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で、被害者の持つ『不思議な共通項』に辿り着く。
2004年2月2日 – 5月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“妄想代理人 海外レビュー” の続きを読む