GAD GUARD 海外レビュー

あらすじ

今から数百年後の地球。ユニットブルーと呼ばれる未来の街。そこには夜になると電力を失い暗闇に包まれるナイトタウンと呼ばれる街があった。

そこに住む少年・真田ハジキは学校に通いながら、八須賀運送で運び屋のバイトをしながら日々を暮らしていた。ある日、ハジキはひょんな事から高値で取引されている謎の物質“GAD”に接触する。すると“GAD”は周りのスクラップを巻き込み、巨大な人型メカ“鉄鋼人・ライトニング”へと姿を変えた。その時から、ハジキの周りに鉄鋼人を持つ人が現れて、ハジキは鉄鋼人が起こす事件や戦いに巻き込まれていく。
2003年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“GAD GUARD 海外レビュー” の続きを読む

AVENGER 海外レビュー

あらすじ

時は遥か未来。舞台は赤き大地の広がる星・火星。地球に棄てられた火星は人々がドームの中の都市に住まい、貧しい資源の分配が各ドームの代表闘士による闘いで決められている。また、生まれなくなった子供、月の接近による天変地異など、大きな受難にも見舞われている。人々は無敵の闘士ヴォルクと女神ウェスタの下、子供の代わりとしてアンドロイド・ドールを愛玩し、緩やかな破滅の道を歩んでいた。

そんな時代に現れた1人の美しき女性闘士レイラ・アシュレイは、どの都市にも属さずに大地に生きるバルバロイとして、ドールのネイと共に旅を続けていた。その目的は、オリジナルダズンであるヴォルクへの復讐であった。人類の黄昏の中、レイラとネイの旅の果てに意外な結末が待ち受ける。
2003年10月2日 – 12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AVENGER 海外レビュー” の続きを読む

魔探偵ロキ RAGNAROK 海外レビュー

あらすじ

少年探偵ロキは北欧神話の邪神ロキの化身である。戯れが過ぎたため、最高神オーディンによって神界から人間界に落とされた。主神の命令で人間界の魔を落とし、魔を集めている。魔を集めやすいように燕雀探偵社(えんじゃくたんていしゃ)で探偵をしている。

ロキと闇野竜介(ロキの子であるミドガルズオルム)が住む大屋敷に、ミステリーマニアの大堂寺繭良がロキの助手と自称して入り浸るようになる。ロキを殺すように神界から命じられているが、貧乏なために飯をたかりにロキ宅へやって来る鳴神(雷神トール)などが登場して、様々な事件が巻き起こる。
2003年4月5日 – 2003年9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“魔探偵ロキ RAGNAROK 海外レビュー” の続きを読む

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 海外レビュー

あらすじ

エドワードとその弟アルフォンスは、幼き日に亡くした母親を思うあまり、死んだ人間を蘇らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。しかし錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失う。己の右腕と引き換えに、かろうじて弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功したが、その代償はあまりにも大きすぎるものであった。エドワードはアルフォンスと共に、失った全てを取り戻すため、絶大な力をもつ「賢者の石」を探す旅に出る。右腕と左足を鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」に変えた彼を、人は「鋼の錬金術師」と呼ぶ・・・。
2003年10月4日 – 2004年10月2日
2009年4月5日 – 2010年7月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロール.myanimelistからのレビューになります

 

“鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 海外レビュー” の続きを読む

プラネテス 海外レビュー

あらすじ

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。
2003年10月4日 – 2004年4月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“プラネテス 海外レビュー” の続きを読む

カレイドスター 海外レビュー

あらすじ

「カレイドステージ」。それはサーカスでもない、ミュージカルでもない、マジックでもない世界的に大人気のエンターテイメントショウ。主人公・苗木野そらは16歳の女の子。幼い頃、今は亡き両親と観た想い出の「カレイドステージ」に憧れて、たった一人、オーディションを受けるため義父母の反対を押し切り日本から単身アメリカへやってきた。オーディションに遅刻しながらも特例として入団を認められはしたが周囲の風当たりは冷たい。そんな中、そらは持ち前の、決して諦めない根性と天性の「華」、そして仲間達との友情と確執の中で、ステージの花形「カレイドスター」を目指してあらゆる試練を乗り越えていく。
2003年4月3日 – 9月25日(第1期)
2003年10月4日 – 2004年3月27日(第2期)(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“カレイドスター 海外レビュー” の続きを読む

デ・ジ・キャラットにょ 海外レビュー

あらすじ

でじこはデ・ジ・キャラット星の王女さま。相棒のぷちこやお目付け役のゲマと共にデ・ジ・キャラット星を離れ、地球の日本のとある町「まねきねこ商店街」にやってきた。

でじこはおもちゃ屋「スーパーおもちゃん」、ぷちこは和菓子屋「あんころ堂」に住み込み、プリンセス修業に励む……はずだった。しかし街でたまたま見かけたアイドル「うさだあかり」にあこがれ、大女優を目指すことに方針を変えてしまう。
2003年4月6日 – 2004年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デ・ジ・キャラットにょ 海外レビュー” の続きを読む

LAST EXILE 海外レビュー

あらすじ

物語の舞台は、砂時計型の人工惑星プレステール。世界は「アナトレー」と「デュシス」の二つの大国と、プレステールを管理する「ギルド」の3つの勢力に分かれていた 。しかし、クーデターによってギルドの全権を握ったデルフィーネは世界の管理に興味を示さず、気象制御装置の故障を放置したことにより、両国では気候変動が起こった。寒冷化が始まったデュシスはアナトレーとの戦争を始めるが、それもギルドによって支配される不毛な戦いであり、ごく一部の貴族を除き、両国の平民は一杯の清浄な水にさえ事欠く苦しい生活を強いられていた。

主人公はアナトレーに暮らすパイロットのクラウス。ヒロインは幼馴染でナビゲーター兼メカニックのラヴィ。2人は自分たちの父親が残した小型飛空挺「ヴァンシップ」を駆使して「空の運び屋」を営む傍ら、両国を隔てる大嵐「グランドストリーム」を超えることを夢見て、日々仕事と機体の改造に励んでいた。

ある日、ノルキア杯に出場した2人はギルドの星型ヴァンシップに追われるパイロットのラルフとナビゲーター、そして少女アルヴィス(アル)を目撃する。彼らを救助したクラウスはラルフからアルをシルヴァーナに届ける依頼の引き継ぎを頼まれる。クラウスは不穏な噂の絶えないシルヴァーナと関わりを避けようとするラヴィの反対を押し切り、依頼を引き受ける。
2003年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistクランチロールからのレビューになります

 

“LAST EXILE 海外レビュー” の続きを読む

東京ゴッドファーザーズ 海外レビュー

あらすじ

自称・元競輪選手のギンちゃん、元ドラァグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキ、三人は新宿の公園でホームレス生活を送っていた。クリスマスの晩、ハナちゃんの提案でゴミ捨て場にクリスマス・プレゼントを探しに出かけた三人は、赤ちゃんを拾う。赤ちゃんに「清子」と名付け、自分で育てると言い張るハナちゃんを説得し、三人は清子の実の親探しに出かけるが、行く先々で騒動が巻き起こる。
2003年11月8日公開(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“東京ゴッドファーザーズ 海外レビュー” の続きを読む

TEXHNOLYZE テクノライズ 海外レビュー

あらすじ

舞台は、絶望と暴力に支配され荒廃した都市・流9洲(ルクス)。老朽化したこの街は現在、外界からのネットワークから外されて孤立しており、街から他の都市へ行くことは困難だが、逆に行き場を失くした者達が流れ着く、吹き溜まりの場所と化していた。 生きるために賭けボクシングで生計を立てる少年・櫟士、近い未来を見ることの出来る少女・蘭、街の声を聞くことの出来るオルガノの長・大西京呉、そして未来の義肢である「テクノライズ」の技術に魅せられクラースから降りてきた科学者・ドク。 ある日、この地に一人の男が外界から降りてきた。男の名は、吉井一穂。ある野望を遂行すべく降り立ったこの男の来訪により、流9洲に様々な事件が発生し、やがて街全体を巻き込む事態へと発展していく。
2003年4月16日 – 9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

DnZoY3SVAAASdzG

✳以下myanimelistからのレビューになります

“TEXHNOLYZE テクノライズ 海外レビュー” の続きを読む

DEAR BOYS 海外レビュー

あらすじ

過去に起きた暴力事件によってほとんどの部員が去り、4人しか残らなかったことでチームが組めず、休部状態になっていた瑞穂高校男子バスケットボール部。部員の藤原達が2年生の秋、元天童寺高校バスケットボール部キャプテン・哀川和彦の転入、突然の入部により、部員達の心にくすぶっていた「全国制覇」の夢を目指していく。
2003年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

51M6HFA0S0L

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“DEAR BOYS 海外レビュー” の続きを読む

京極夏彦 巷説百物語 海外レビュー

概要

舞台は江戸時代末期の天保年間。晴らせぬ恨み、あちら立てればこちらの立たぬ困難な問題を金で請け負い、妖怪になぞらえて解決する小悪党たちの活躍を描く。同じ作者の百鬼夜行シリーズが、妖怪の仕業に見える不思議な事件を科学的・論理的に解明して解決するのに対し、本シリーズは逆に人の心の綾を妖怪の仕業に仕立てることで解決するところに特徴があるといえる。
2003年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

SID0002191

✳以下myanimelistからのレビューになります

“京極夏彦 巷説百物語 海外レビュー” の続きを読む

ダイバージェンス・イヴ 海外レビュー

あらすじ

西暦2317年、地球から10パーセク離れた宇宙ステーション「ウォッチャーズ・ネスト」に駐留する特殊部隊「セラフィム」に、紅葉みさき、スサーナ・ブースタイン、ルクサンドラ・フレイル、キリ・マリアレーテの4人の候補生が配属された。たった1名のセラフィム隊員を目指し、仲間として、ときにはライバルとして訓練に励む候補生達。しかし、彼女らは本当の任務を知らされてはいなかった。ウォッチャーズ・ネストに幾度も襲来する人類の脅威とも言える存在・グール──それが自分達が戦う真の敵であることを…。そしてある日、グールは容赦なくみさき達に襲い掛かる。初めて本当の任務を知らされ、宇宙の深淵より迫り来る恐怖からもはや逃れることはできないことを悟るみさき達。さらに彼女たちの前に、ウォッチャーズ・ネストの隠された過去が、人類とグールとの接触に秘められた謎が、次々と明らかになっていく。しかし、それはまだ、ある意思が仕組んだプロジェクト…人類を「新たなる進化の分岐点」すなわち「“ダイバージェンス・イヴ”の誕生」へと導こうとする、巨大な策謀のほんの始まりに過ぎなかった。紅葉みさきは、己の遺伝子に記された運命を知らずに背負ったまま、“監視者の巣(ウォッチャーズ・ネスト)”に囚われていく。
第1期:2003年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

185012353

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ダイバージェンス・イヴ 海外レビュー” の続きを読む

PEACE MAKER鐵 海外レビュー

あらすじ

物語は元治元年(1864年)3月の京都から始まる。両親を長州藩士に殺された市村鉄之助は、強くなりたい一心で兄・辰之助に付いて新撰組の門を叩く。しかし見た目と態度の悪さから“チビ”とあしらわれ、中々入れてもらえない。そんな折ひょんなことから出会った新撰組隊士の一人・沖田総司の仲立ちでなんとか入隊許可が降りた。土方の小姓となるも、当初の目的である修行のイメージとは異なる自分の立場に不満を感じ葛藤する。

そんな中で新撰組局長・近藤勇や副長・土方歳三らと出会い、徐々に鉄之助も組に慣れていった。そんなある日、新撰組の敵役である尊皇攘夷派の長州藩士・吉田稔麿が京の町々に放火する騒動を起こす。その最中に鉄之助は一人の少年と町で大喧嘩をしてしまう。少年の名は北村鈴。鈴は吉田に仕える小姓だった。また花街島原で、鉄之助は以前町で絡まれている所を助けた禿・沙夜と淡い恋に落ちる。さらに鉄之助はそこで偶然にも鈴と再会し、2人はすぐ友達になるが、廓を訪れた吉田のために再び会えなくなってしまう。
2003年10月 – 2004年3月まで放送(ウィキペディアより引用)

10387_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“PEACE MAKER鐵 海外レビュー” の続きを読む

瓶詰妖精 海外レビュー

概要

タイトルの由来は、妖精たちが人間の世界へやって来る時にボトルメールを真似て瓶の中に入って来た、という設定から来ている。連載当初はくるる・さらら・ちりりの3人だけだったが、後にほろろ・れれの2人が追加されている。

ストーリーは、立派な人間さんになるべく、妖精たちが人間の制度・風習などを勉強したり疑似体験したりとがんばるお話。「マジキュー」誌上では、妖精たちの行動を読者が投稿することによって、妖精の”成長度”に反映するようになっている。

連載終了後、本作品の妖精たちは同じ作者による「本気求道」(まじきゅうどう)に登場している。
2003年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

a182066

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“瓶詰妖精 海外レビュー” の続きを読む

真月譚 月姫 しんげつたんつきひめ 海外レビュー

概要

2002年9月22日に開催された『RONDO ROBE MAIDEN FLIGHT』で初めて発表されたアニメ『真月譚 月姫』は、同人ゲームとしては異例の大ヒットとなった『月姫』の映像化ということで、多くの注目を集めていた。一方漫画版『真月譚 月姫』は『月刊コミック電撃大王』で2003年10月号から連載が開始された。

『月姫』というタイトルにせず、『真月譚 月姫』にしたのは「月姫」の商標がすでに使われていたためである。
2003年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

geki

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“真月譚 月姫 しんげつたんつきひめ 海外レビュー” の続きを読む

おねがい☆ツインズ 海外レビュー

あらすじ

軽井沢での正体不明のUFO騒ぎで、偶然テレビに写った1軒の家を目にしたのは、1人の少年と2人の少女にとって大きな転機となった。3人がそれぞれ持っていた写真の、幼い男の子と女の子が2人で遊ぶ背景には、その家が写っていた。

それから2年後。その1人、高校1年生の神城 麻郁は、幼い自分と一緒に写真に写るその家を借りて、フリーランスの在宅プログラマーとして一人暮らしをしていた。両親を知らず施設で育った彼は、自分の出生を調べていたが、なにも手がかりはなかった。そんな彼の下に、彼と同じ瞳の色をした2人の女の子、宮藤 深衣奈と小野寺 樺恋が訪ねてくる。2人とも例の写真を持っていて、自分が麻郁と血の繋がりをもつ双子の兄弟だと名乗る。

どちらが双子なのか判明しないまま奇妙な共同生活を始め、さらに同じ高校に通う事になる3人。やがて深衣奈と樺恋は、ぶっきら棒だが優しい麻郁に恋心を抱くようになる。肉親でなければ、その家にいられない。肉親であれば、恋人になれない。葛藤する2人は、「恋愛同盟」を結成して、互いの恋愛を応援しあうようになるのであった。
2003年7月 – 2003年10月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おねがい☆ツインズ 海外レビュー” の続きを読む

LAST EXILE 海外レビュー

あらすじ

物語の舞台は、砂時計型の人工惑星プレステール。世界は「アナトレー」と「デュシス」の二つの大国と、プレステールを管理する「ギルド」の3つの勢力に分かれていた 。しかし、クーデターによってギルドの全権を握ったデルフィーネは世界の管理に興味を示さず、気象制御装置の故障を放置したことにより、両国では気候変動が起こった。寒冷化が始まったデュシスはアナトレーとの戦争を始めるが、それもギルドによって支配される不毛な戦いであり、ごく一部の貴族を除き、両国の平民は一杯の清浄な水にさえ事欠く苦しい生活を強いられていた。2003年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

bf6fd4e417a7284ee5a7be4fe10ee2e9

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“LAST EXILE 海外レビュー” の続きを読む

ガングレイウ゛ 海外レビュー

概要

キャラクターデザイン及び原作を内藤泰弘、メカデザインの原案に藤島康介、デザインイラストに松原秀典がそれぞれ参加している。

2003年 – 2004年には同名のテレビアニメが放送された。同年3月4日には続編の『ガングレイヴO.D.』が発売された。『O.D.』の意味は過剰服薬を意味する「Over Dose」であり、海外では『Gungrave: Overdose』のタイトルで発売されている。

2006年9月21日にアイディアファクトリーから発売されたクロスオーバー作品『カオスウォーズ』には、登場キャラクター7人が参戦している。
2003年10月6日 – 2004年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

o0300042710454156382

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガングレイウ゛ 海外レビュー” の続きを読む

宇宙のステルヴィア 海外レビュー

あらすじ

西暦2167年、地球はみずへび座ベータ星の超新星爆発によって引き起こされた強力な電磁パルスと放射線(ガンマ線バースト的現象・オルドビス紀末の大量絶滅参照)によって壊滅的な打撃を受けた。だが、人類はそこから見違えるほどの復興を遂げた。そして、かつての災厄より189年後に訪れるとわかっていた第2の災厄、すなわち超新星よりの衝撃波の到来に対し、全人類を挙げての防御体制を築き上げていったのである。
2003年4月2日 – 9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“宇宙のステルヴィア 海外レビュー” の続きを読む

住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー 海外レビュー

あらすじ

神奈川県中空町にある専門学校に通うごく普通の青年・桜咲鈴雄は故郷である静岡から戻ってきたある日、株式会社オタンコナスの社員・タンポポと名乗る少女から自社のパワードスーツ・ドッコイダーのモニターになってくれと依頼される。初めは断った鈴雄だが、アルバイト探しに苦難していたため承諾することに。しかしそれは、銀河連邦警察がドッコイダーとそのライバルであるネルロイドガール、どちらのパワードスーツを採用するかのテストでもあったのだ。その正体がばれたら失格。一方A級宇宙犯罪人として銀河連邦警察に囚われていた、Dr.マロンフラワー、ヒヤシンス、エーデルワイスの3人はドッコイダー、ネルロイドガールの正体を暴けば無罪放免になると言う条件でドッコイダー達と戦う。しかもドッコイダー、ネルロイドガール、A級宇宙犯罪人達は、お互いの正体に気づかぬまま地球にあるアパート「コスモス荘」に住むことになるのだった。
2003年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

10687_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー 海外レビュー” の続きを読む

一騎当千 海外レビュー

概要

いわゆる「現代版三国志漫画」の1つであり、『三国志』を題材とした作品では珍しく呉(に当たる場所)を主な舞台とする格闘漫画である。

『三国志』の英雄たちの魂が封じ込められた勾玉を持ち、彼らの宿命を受け継いだ現代の高校生たち(作中では「闘士」と呼称される)が、激闘を繰り広げる。主人公である17歳の女子高生・孫策伯符をはじめとする闘士たちの名前は、『三国志』や『三国志演義』の登場人物から採られている。また、闘士たちの性別は英雄たちの性別とは完全一致しておらず、大半は女性となっている。
2003年7月30日 – 10月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

51vxg7mMrwL

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“一騎当千 海外レビュー” の続きを読む

探偵学園Q 海外レビュー

概要

本作は『金田一少年の事件簿』と同作者陣による半年ぶりの完全新作として『週刊少年マガジン』(講談社)2001年25号から2005年34号まで連載された。ただし2004年37・38合併号から44号までの間は『金田一』の新作連載のため一時中断している。単行本は『講談社コミックス』より全22巻が発売され、2007年から2008年にかけて文庫版が全12巻発売された。2007年の連続ドラマ放送に合わせて『週刊少年マガジン』2007年30号から38号に最終回から数年後を描いたストーリーが連載され、こちらは「探偵学園Q プレミアム」として単行本化された。また、『金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件』では、Qクラスのメンバーを始めとする一部の登場人物が序盤に登場しており、この事からも、本作と金田一少年の事件簿が同じ世界観である事が明らかとなっている。
2003年4月15日 – 2004年3月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

21352_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“探偵学園Q 海外レビュー” の続きを読む

魔法遣いに大切なこと 海外レビュー

 世界観

魔法が幻想でなく当たり前に存在し、一種の特殊技能として認知されている世界の現代日本を舞台としている。魔法能力者は内閣府(設立当時総理府)の外局である魔法労務統括局(通称魔法局)により管理されており、規定の研修を受け魔法士(正式な魔法遣い)の認可を受けなければならない。また、魔法局が正式に受け付けた依頼に対してしか魔法能力を使用してはならないなど、厳しく制限されている。(ウィキペディアより引用)
2003年1月9日 – 3月27日迄放送

_SX328_BO1,204,203,200_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法遣いに大切なこと 海外レビュー” の続きを読む

WOLF’S RAIN 海外レビュー

あらすじ

200年以上も昔に絶滅したと言われる伝説の獣・狼。しかし、実は狼は時折その姿を人へと変え、人間たちの目を騙しながら、密かに生き延びていた。

そんな狼の若者の1人であるキバは、狼を狼だけに許された世界・“楽園”へと導くという“月の花”の匂いを追い求めていた。

そんな中で、ツメ、ヒゲ、トオボエら狼の仲間達、そして楽園一面に咲き乱れると言われる“月の花”より貴族が作り出した“花の少女・チェザ”と出会い、キバは彼らと共に荒廃した世界を舞台へと、長く過酷な旅に出る。

一方、チェザの研究に没頭する余り私生活を捨て夫の元を去るシェール。それを追う元夫のハブ。かつて家族を惨殺された記憶を持ち狼に復讐を誓うクエント元保安官。そして、チェザを執拗に付け狙い”楽園”への鍵を渇望する謎の貴族ダルシア三世。(ウィキペディアより引用)
2003年1月 – 7月迄放送

blog1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“WOLF’S RAIN 海外レビュー” の続きを読む

MOUSE 海外レビュー

あらすじ

私立山之上学園に勤務する非常勤講師・無音宙太。だが、その正体は狙った獲物は必ず盗み出す、天下の大泥棒・マウスだった。マウスは今日も3人の押しかけ奴隷を引き連れて「芸術的な盗み」に挑み続ける。
2003年1月5日 – 3月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

dvd-4216

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“MOUSE 海外レビュー” の続きを読む

なるたる 海外レビュー

あらすじ

小学6年生の玉依シイナは小学校最後の夏休みに祖父母の住む島に行き、海で溺れかけたところを星の形をした変わった生き物『ホシ丸』に助けられる。ホシ丸は少年少女の意識とリンクし、変幻自在の能力を発揮する「竜の子」の一体であった。他の「竜の子」の持ち主(リンク者)との出会いのエピソードを挟みながら、シイナは「竜の子」を用いて世界をリセットしようとするリンク者たちの戦いに巻き込まれていく。リンク者たちの中心人物である直角と鶴丸はそれぞれ世界の破壊と存続をかけて戦っており、その戦いのキーパーソンが地球そのものを形作る二匹の龍とリンクする涅とシイナであることが判明する。 シイナは世界の存続のために戦ったにも関わらずあらゆる人から世界を混乱に陥れた元凶として攻撃されすべての肉親と友人を殺される。世界に絶望したシイナを見て涅は世界を破壊するが、シイナと涅はそれぞれ子供を身篭ってたため、涅の息子とシイナの娘による世界の再創造が始まる。
2003年7月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“なるたる 海外レビュー” の続きを読む

冒険遊記プラスターワールド 海外レビュー

あらすじ

人間と合体する「プラストオン」という能力を持つ「プラスター」というモンスター種族が生息する異世界・プラスターワールド。かつて、そこでは長らく平和が続いていた。しかし、邪悪なモンスター種族である「マイナスター」が侵攻し、プラスターワールドは未曽有の危機に陥る。そんな折、選ばれし勇者の証であるプラスターマークを持ったプラスターが人間とプラストオンし、死闘の末にマイナスターを撃退。その支配者を封印し、プラスターワールドに再び平穏が戻った。
2003年4月3日 – 2004年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

82e2cddbe6b81f312890292fd6e244d6

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“冒険遊記プラスターワールド 海外レビュー” の続きを読む

明日のナージャ 海外レビュー

あらすじ

イギリスの首都、ロンドン近郊のアップルフィールド孤児院で育った少女ナージャは、13歳の誕生日を迎えようとする頃に亡くなったと思われていた母親が実は生きていることを知らされ、母が初めての舞踏会で身に着けたドレスと母の日記帳を譲り受ける。孤児院を飛び出したナージャは、踊り子として旅芸人のダンデライオン一座に加わる。旅の途中でナージャはそのブローチを付け狙う2人組の探偵ロッソとビアンコ、ナージャが「星の瞳のナイト」と名付けたハーコート侯爵家の令息フランシス、そして世間を騒がせている仮面の怪盗黒バラと遭遇する。
2003年2月2日 – 2004年1月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

a048207

✳以下myanimelistからのレビューになります

“明日のナージャ 海外レビュー” の続きを読む

エアマスター 海外レビュー

あらすじ

「エアマスター」と呼ばれる連戦連勝、無敵のストリートファイター。その正体は、相川摩季という女子高校生だった。格闘家の父と体操選手の母から才能を引き継いだ彼女は、華麗な空中殺法の使い手へと成長し、ある種の伝説を作る存在にまでなっていた。

本作品では個性的な仲間たちとの友情、次々と現れる極めて個性的なライバルたちとの出会い・戦いの遍歴が描かれる。

ストーリーは導入となる「ストリートファイト四天王編」、北海道からやってきた不良集団とのバトルを描く「黒正義誠意連合編」、摩季がプロレスの舞台で戦う「女子プロレス編」、路上格闘家のランキングをめぐる「深道ランキング編」と展開し、最後にそれまでに登場した人物の多くが参加するバトルロイヤルが展開され、そこで終幕となった。
2003年4月1日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エアマスター 海外レビュー” の続きを読む

ななか6/17 海外レビュー

概要

階段からの転落事故によって精神だけが6歳の「きりさとななか」に逆戻りした17歳の女子高生、霧里七華とその幼なじみでクラスメイトの不良少年、凪原稔二を中心に、彼らの送る日常を笑いあり涙ありで描いたハートフルコメディ。少年漫画にしては、やや恋愛要素を多く語られているのが特徴。

原作にはパイロット版が存在する。『週刊少年チャンピオン』にて本作の読みきり(前編・後編の二話)を発表したところ好評だったため、読みきりとは設定を若干変更して定期連載化された。このパイロット版は後に短編集『ななか6/17+』( – プラス)に収録されている。(ウィキペディアより引用)
2003年1月8日 – 3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

41YZPCMPMVL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ななか6/17 海外レビュー” の続きを読む

ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜 海外レビュー

あらすじ

1999年7月7日、熊本県八代地区に出現した幻獣の一群を迎え撃った5121部隊。PBE攻撃に巻き込まれかけた速水厚志らは謎のHWTに助けられる。そのHWTのパイロットこそ、芝村グループ会長の娘、芝村舞であった。

芝村はその翌日、5121部隊に配属される。生真面目な芝村は、一見浮かれている人間が多い5121部隊になじむことが出来ず、一部メンバーとは度々衝突もするが、メンバーたちはそんな芝村を温かく迎え、芝村も次第に5121部隊に慣れ親しむようになっていった。

やがて、芝村は複座型HWTのパイロットに任命され、速水とコンビを組むこととなる。最初は息の合わなかった二人だが、五木村への出動で幻獣の群れに包囲された時、互いの境遇について初めてじっくりと話し合い、わだかまりをなくしていく。速水の機転によって無事帰還し、これを期に二人の仲は急接近していった。相思相愛ながら、互いに思いを告白できない二人をじれったく思った5121部隊の他のメンバーはその仲を一気に進展させようとする。(ウィキペディアより引用)
2003年2月 – 4月迄放送

hqdefault

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜 海外レビュー” の続きを読む

神魂合体ゴーダンナー!! 海外レビュー

あらすじ

西暦2042年。地球上では、突如現れた未知の巨大生物「擬態獣」と、世界各国で開発されていた巨大ロボット達との戦いが繰り広げられていた。

日本のスーパーロボット「ゴーダンナー」のパイロット・猿渡ゴオは後に「巨神戦争」と呼ばれるボス擬態獣との決戦において、パートナーであり恋人でもあったミラ・アッカーマンを失ってしまう。だが、ゴオはそれと引き換えに1人の少女の命を救っていた。その少女の名は葵杏奈。

辛くも人類は戦いに勝利し、5年の歳月が流れた。しかし、世界各地では未だ擬態獣の亜種が生き残っており、スーパーロボット達との戦いは続いていた。17歳の高校生になった杏奈はゴオと再会して恋に落ち、いつしか2人は結婚を決意する。だが結婚式当日、日本に擬態獣が出現。ゴオは式を途中で中断し、ゴーダンナーで出撃する。

杏奈もゴーダンナーのパートナーロボット「ネオオクサー」に乗り込み、自身も擬態獣との戦いに身を投じる
第1期:2003年10月1日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

10043_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神魂合体ゴーダンナー!! 海外レビュー” の続きを読む

シンデレラボーイ 海外レビュー

あらすじ

世界一の犯罪都市・麒麟タウン(キリングタウン)で、「R&R探偵事務所」を営む乱馬とレラは、ひょんなことから、とある組織に追われる途中、工事中の高速道路から車ごと転落。車は爆発して、炎上した。奇跡的に一命は取り留めたが、それ以来、乱馬とレラは24時間おきに変身する身体となったのだ。その理由は2人の意識がない時に何者かに手術されたのである。
2003年6月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シンデレラボーイ 海外レビュー” の続きを読む

ウルトラマニアック 海外レビュー

あらすじ

中学生の立石亜由は、クールで後輩の女子生徒に大人気だが、本当は憧れの架地哲士に気に入られたくて、彼好みの女性を演じているだけだった。そんな彼女のクラスに、佐倉仁菜が転校してくるが、実は彼女はマジックキングダムからやって来た魔女っ子だったのだ。ひょんな事から、亜由は仁菜の秘密を知るも、2人は仲良くなる。仁菜は亜由を手助けしようと、魔法を使うが、いつもドジばかりで、亜由は仁菜に翻弄されっ放し。物語は、亜由と仁菜を中心としたマジカル学園コメディ。
2003年5月20日 – 11月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

4988003964290_1L

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ウルトラマニアック 海外レビュー” の続きを読む

ギルガメッシュ 海外レビュー

あらすじ

197X年、円竜也とその姉・紀代子はおじの研究所に呼び出される。そこにはクローン技術により作り出された10人の擬瑠亀主(ギルガメッシュ)がいた。彼らは悪魔族の一味である円盤族(UFO族)に科学技術で対抗するべく、研究に研究を重ねていた。

研究所の場所を知った円盤族らは研究所を襲い、竜也やギルガメッシュを殺そうとするが、竜也はその祖父にあたる円鬼堂(エンキドゥ)に救われる。鬼堂は円竜也ら円家と、ギルガメッシュたちは同じ祖先、宇宙人である事実を打ち明ける。円竜也ら超能力を使える者達とギルガメッシュたちは一致団結して円盤族に対抗していく。
2003年10月 – 2004年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

o0388019313811872608

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ギルガメッシュ 海外レビュー” の続きを読む

GUNSLINGER GIRL ガンスリンガーガール 海外レビュー

あらすじ

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」

物語の舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力が絶えなかった。イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い、反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規的活動を行わせる闇の面を持った組織だった。少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなく銃を手に戦う運命を背負わされた。
2003年10月8日 – 2004年2月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

“GUNSLINGER GIRL ガンスリンガーガール 海外レビュー” の続きを読む

ヤミと帽子と本の旅人 海外レビュー

あらすじ

いくつものパラレルワールドを「本」として保管している「図書館の世界」へ紛れ込んだ主人公は、行方不明になった義姉の初美を探して様々な本の世界を旅する。
2003年10月 – 2004年1月迄放送(ウィキペディアより引用)

51K50HCJB4L

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります
“ヤミと帽子と本の旅人 海外レビュー” の続きを読む

ぽぽたん 海外レビュー

概要

ぽぽたんはPCゲームとして2002年12月13日に発売され、その後角川書店(WellMADEブランド)より2004年3月11日に『おしえて!ぽぽたん』としてPlayStation 2に移植された(CERO:18歳以上対象→後に「D 17歳以上対象」へ変更)。また、PC版に追加要素を加えたDVD版『ぽぽたんPo!』も発売された。ファンディスクとして、『ぽぽたんファンディスク いっしょにA・SO・BO』がある。

ストーリーのタイプは各キャラクター専用のシナリオへ分岐するマルチエンドタイプ。

また上記のとおりアニメ版が制作され、2003年7月17日から同年10月2日まで12回にわたりBS-iで連続アニメ番組として放送された。なお、このアニメ版は「ぽぽたん」という題名、キャラクターの見た目と名前こそ原作と同じであるがゲームでのプレイヤーである主人公となる男性キャラクターもいないなど、キャラクターの性格や人間関係などの基本設定から世界観に到るまでのほぼ全ての内容が完全に別物のロード・ムービーである。
2003年7月17日 – 10月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

100030992_24L

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぽぽたん 海外レビュー” の続きを読む

金色のガッシュ!! 海外レビュー

あらすじ

モチノキ第二中学校の中学2年生・高嶺清麿は、MIT(マサチューセッツ工科大学)の論文さえもたやすく理解するほどの凄まじい頭脳の持ち主だった。しかし、その頭脳が周囲からの嫉妬を生んでクラスに馴染めず、不登校を繰り返す鬱屈した日々を送っていた。

そんなある日、清麿のもとに謎の少年・ガッシュ・ベルが現れた。彼はイギリスで清麿の父・清太郎に助けられ、恩返しとして日本までやってきた。ガッシュは過去の記憶を失っており、唯一の所持品は謎の言語で記された赤い本だけだった。本に記された呪文を読むと電撃を発する力を持つガッシュを危険視する清磨だが、協力して銀行強盗を撃退したことで打ち解ける。このことを切っ掛けに清磨とクラスメートの関係も改善されるなど、ガッシュの来訪によって清磨の生活は変わり始めた。

やがて清麿とガッシュの前に、ガッシュの赤い本と似た本を携えた敵が次々と現れる。実はガッシュは、千年に一度行われる魔界の王を決める戦いに参加させられた100人の魔物の子の1人だった。戦いが激化する中、ガッシュは、戦いを強要されていた魔物の少女・コルルとの出会いを機に、「やさしい王様」になることを決意。清麿とともに、王の座を目指していく。
2003年4月6日 – 2006年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロール、myanimelistからのレビューになります

“金色のガッシュ!! 海外レビュー” の続きを読む

クロノクルセイド 海外レビュー

あらすじ

第一次世界大戦終結後の1920年代。それはまだ現代よりも夜の闇が濃かった時代。アメリカ合衆国は大戦による軍需景気に湧き、同国に生きる人間たちはその繁栄を謳歌しながら、自らの持つ「心の闇」に捕らわれていた。好景気と投資によるにわか成金。マフィア・カジノ・禁酒法……。その光と闇に狭間に乗じて、ヒトの心の弱さを突き、暗躍する者たちがいた。悪魔と呼ばれる人外たちである。
2003年11月24日 – 2004年6月9日迄放送(ウィキペディアより引用)

10024_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クロノクルセイド 海外レビュー” の続きを読む

君が望む永遠 海外レビュー

あらすじ

白陵大付属柊学園に通う鳴海孝之は、3年生になっても進路を決められずにいた。目標に向かって頑張る親友の平慎二と速瀬水月を見て焦りを感じつつはあるが、周囲に流されダラダラと日々を過ごしていた。

ある日、本屋に立ち寄った孝之は同級生の内気な女の子と出会う。その数日後、夏祭りに誘われた孝之と慎二の前に現れたのは、本屋で出会った女の子、水月の親友である涼宮遙であった。それ以降、水月は必死に遙を3人の輪の中に加えようとするが、自分を避けようとする遙の仕草に孝之は苛立ちを募らせていく。そんなある日、水月に呼び出され学園裏の丘に向かった孝之だが、待っていたのは水月ではなく遙だった。そこで孝之は突然、遙に好きだと告白される。ただ彼女を傷つけることを恐れた孝之は、その告白を受けてしまう。

流されるままに交際を始め、それゆえに危機を迎えつつも、それを乗り越えて遙との絆を深めた孝之はその関係に落ち着きかける。しかし、その平穏は長く続かなかった。遙は孝之とのデートの約束をしていたある日、交通事故に巻き込まれ、それきり意識が戻らない状態になってしまう‥‥。
2003年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“君が望む永遠 海外レビュー” の続きを読む

スクラップド・プリンセス 海外レビュー

あらすじ

かつて、ラインヴァン王国の王妃から「双子の兄妹」が生まれた。しかし、その双子のうち妹の姫君は、驚異的な的中率を誇っている予言「聖グレンデルの託宣」により「世界を滅ぼす猛毒」とされ、秘密裏に殺害された。人々は殺された姫君を「廃棄皇女」と罵り、やがて噂にもされなくなっていった。実は、赤子の姫君は王妃の手の者によって逃され、保護先のカスール家の養女として密かに匿われていた。

それから15年後、パシフィカと名付けられた廃棄皇女が生存していることが王家に知られてしまう。家族四人で温かく暮らしていたカスール家は王家が放った暗殺者に襲われ、パシフィカの義父は殺害され、パシフィカも刺客に狙われる身となってしまった。剣の達人である義兄シャノンと、高等魔法の使い手である義姉ラクウェルは、世界の滅亡よりも妹パシフィカを守ることを誓い、命を狙われるラインヴァン王国から脱出するべく、荷馬車で旅に出る。

そんな中、神にも等しい想像を絶する力を持つ4人の秩序守護者「ピースメーカー」が、廃棄皇女の抹殺のため行動を開始する。パシフィカを自ら殺害することが出来ないピースメーカー達は、人々を操る力「律法」によって、パシフィカを排除しようとする。パシフィカには世界で唯一人、律法を打ち破る力があり、その力は周囲の人々に伝染するため、ピースメーカー達にとって脅威とされていたのだ。

大切な義妹を守るためシャノンは、古の人類が作った超兵器「竜機神」であると言う謎の少女ゼフィリスの力を借りて、圧倒的な力を持つドラグーンの姿となり、果敢にピースメーカーに立ち向かう。
2003年4月8日 – 10月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スクラップド・プリンセス 海外レビュー” の続きを読む

成恵の世界 海外レビュー

あらすじ

ある雨の日のこと。飯塚和人は捨て子犬を前に「犬を助ける優しい少年に惚れる女の子が現れる」妄想をしていた。そんな自分を気恥ずかしく思いながらも結局、犬を助けようとする和人。ところがいきなり後ろから現れた女の子が金属バットを振り上げて子犬を叩きのめしてしまう。子犬はある勢力が地球に送り込んだ生物兵器だったのだ。

いきなり現れて子犬を叩きのめし、自分を心配してくれながらも多くを語らず去っていく少女に、和人は興味を覚え、心を奪われた。翌日、彼女がその場に残した金属バットを見せて友人の丸尾にそのことを相談する。丸尾は学校の名簿から彼女の身元を割り出してくれた。彼女は隣のクラスの七瀬成恵だった。

バットを返しに行った和人は成恵を誘うが、微妙に会話が噛み合わない。成恵は距離を置こうとして自分の様々な「欠点」を並べたてるが、和人はその全てを全く気にしないと豪語した。成恵は自分と父が宇宙人であることも告白するが、和人は勢いでそれすらも受け入れると返事をしてしまう。

和人の新鮮な対応に成恵は気を良くし、彼を「お付き合いの相手」として自宅へと招待する。かくして和人の「成恵の世界」を巡る超体験の日々が始まるのであった。
2003年4月 – 2003年6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“成恵の世界 海外レビュー” の続きを読む

魁!!クロマティ高校 海外レビュー

あらすじ

東京都立クロマティ高校、そこは選りすぐりの不良達が揃う、「ワルのメジャーリーグ」とも言われるほど恐れられている高校である(そして驚くほどのバカぞろいでもある)。

主人公・神山高志は優等生ながらも、中学時代に助けてもらった親友と同じ高校に行くため「引き算ができれば入学できる(しかも面接がない)」というクロマティ高校を受験したのであったが、なんとその親友は不合格となってしまったため、結局神山1人が入学してしまう。それでも挫けず通っている内に、究極のバカ林田慎二郎や影の薄い前田彰、茶筒型のロボット番長メカ沢新一や、高校生なのか日本語が通じるのかすらわからないフレディ、それどころか明らかに本物のゴリラであるゴリラ(豪ヒロミ)、喧嘩は強いが乗り物に弱い竹之内豊、大財閥の息子・北斗武士と名前を名乗ろうにも必ず妨害が入るため名前を名乗れない子分など、クセの強い友人や仲間が増えてゆき、この異常な学校にも馴染んでいった。彼らと共に学校生活を送るうち、神山の校内における立場も向上していく。

そんな中で、クロ高と敵対するバース高校の不良に捕らえられた前田を救出に向かったり、修学旅行の飛行機をハイジャックされてしまったり、唐突に野球部を結成してみたり、林田が謎の地底帝国で迷ったり、相撲部に参加したりなど、奇抜な高校生活をそれぞれ満喫するようになっていく。
2003年10月2日 – 2004年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魁!!クロマティ高校 海外レビュー” の続きを読む

ふたつのスピカ 海外レビュー

あらすじ

2010年、日本初の有人宇宙探査ロケット「獅子号」が打ち上げられた。しかし、上昇中に補助ブースターが爆発、飛行停止システムも作動せず、獅子号は鴨川アスミの住む唯ヶ浜市街地に墜落する。搭乗員は全員死亡、民間人にも多数の死傷者を出す大惨事を引き起こした。これにより、日本の宇宙開発は大きく遅れる事になった。

数年後、この事故で寝たきりとなっていた母親を亡くしたアスミの前に、獅子号の搭乗員だった高野の幽霊であるライオンさんが現れる。ライオンの被り物をした彼の姿は、不思議な事にアスミにしか見えなかった。彼は独りぼっちだったアスミに、自らが果たせなかった宇宙への夢を語った。その話を聞いてライオンさんと「ある約束」をしたアスミは、大きくなったらロケットの運転手になる、と心に誓う。
2003年11月1日 – 2004年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ふたつのスピカ 海外レビュー” の続きを読む

フルメタルパニック?ふもっふ 海外レビュー

2003年8月 – 11月迄放送(ウィキペディアより引用)

軍事コメディーリリーフ

それは最高の時間だった。シーズン1があまりにも深刻でドラマが好きすぎると、今シーズンはどこからも出てこなかったし、すばらしかったし、私は膝を叩きながらほとんどの時間を笑っていた。これは、ハードコアのオリジナルシリーズからの素晴らしいディストラクション(気を紛らわすもの)です。

あなたはなぜクマが重要なのかを学びます。

奇妙な状況に陥ったサガラの無作為な状況を、状況の悪いコメディと組み合わせて見てみることは面白い。チードリが毎日扱っていることを見るのはほとんど疲れているが、サガラがとても熱心だから(そして非常に危険な)サガラを責めるのは難しい。あなたがオリジナルのショー、Full Metal Panic!を楽しんだら、このコメディを中心にしたシリーズが絶対好きになるはずです。もちろんユーモアのセンスにもよりますが。

PSエピソード4は私の決定的なお気に入りでした!私は11の終わりを楽しんだ – かわいいだった。

今まで私のお気に入りの1つ

今日のスタンダードのコメディーでさえ、このショーはとても面白くて創造的です。
それぞれの短編小説に含まれるスタイルとユーモアは時代を超越しています。
それぞれのユーモアには、キャラクターの反対側も見えます。今シーズンは本編とは関係がないと多くの人が考えるかもしれません。それはプロットの発展の点では真実かもしれませんが、私はこのシリーズが主弧とのあなたの視聴体験を高める文字の開発に多くを追加すると思います。

いずれかに強くお勧めします。

<<フルメタル・コメディ>>

ショーの前提は十分に簡単です。いくつかのアルファベットのスープ政府/メガコープの軍事エースは高校に行く。彼はまだ彼が戦争ゾーンの一種であると考えており、比較的平和な近代国家では彼を認識しません。残念なことに、このショーでは、男性の暴力と主人公の愚かさに女性の束が苦しんでいますが、それ以外にも多くの償還資質があります。あなたが上記を許すことができれば、このショーを行ってください。それ以外の場合は、それを見逃してください。3/5 IMO(私の意見では)。

陽気な側面の弧は良いシリーズに

キャラクター、世界、そして相互作用が大好きです。これははるかに深刻なメインシリーズを軽く心がけ、すべてのエピソードは喜びでした。このシリーズの継続を待っていて、またこれを望んでいる(特に主なシリーズ)。これは、話を終わらせる価値のある犯罪的に評価されていないシリーズだからです。

一番楽しい!

これはそこで一番面白いアニメの一つです。エピソードのレイアウト、様々な種類のユーモア、コメディックのタイミング、そしてキャラクター – すべてがコメディのためにうまく機能します。そして、時折軽いダンスのロマンスも役立ちます。

PSスーパーは「フルメタル・パニック!目に見えない勝利!2018年春(レビュー時のリリース日)!!

フルメタルパニック?Fumoffu – オリジナルのKoyoto Ani Rom / Comパロディーショー。

皆さんの多くはおそらく、完全な金属パニックの驚くべき最初のシーズンを見終わったでしょう!(もしあなたがそれをやっていなければ!)、おそらくこのショーが何であるか不思議に思っています。私が最初にこのショーに出席したときに、FMPの第2シーズンだと思ったのを覚えていますが、私はその前提でかなり間違っていました。Fumoffuは基本的にFMPの仲間のシーズンであり、FMPのキャラクター、設定、アイデアを受け取り、それらを直接パロディーします。

FMPの最初のシーズンはもともとはGonzoによって作成され、制作されました。京都アニメーションと呼ばれるこの小さな不明のスタジオは、Fumoffuを含むシリーズの残りの部分を支配しました。私は、ハルヒ、クラナド、Kオン!、ドラゴンメイド(他の多くのアーティスト)など、他の番組から京都アニメーションを知っている人が多いと思います。フモフは京都初のリアルアニメでしたが、まだかなり印象的なアニメーションや方向性があり、象徴的な京都アニメ要素のほとんどがどこから来ているのかを実際に見ることができます。

最初のシーズンとは対照的に、フモフのアニメーションスタイルはやや荒く、少し粘着性があります。これは、FMPの最初のシーズンが当時のアニメーションが悪かったことを示すものではなく、FumoffuとFMPの次の季節にちょっとだけ気をつけました。キャラクターは、萌え感がやや強く(京都アニメショーでは通常通り)、CGIの要素はかなりよく調和しています。

ショーの実際の内容はFMPの最初のシーズンから劇的に出発する。FumoffuとFMPの間にプロットがあり、最初のシーズンを見ずに簡単にこのショーを見ることができる限り、ほとんど連続性はありません。エピソードのほとんどは、元々短編小説として書かれていたため、スタンドアロンのストーリーとしても機能します。実際の言葉「ふもふ」は、小さな魔術師のキャラクターが作った音から来ています.Amagi Brilliant公園のMoffleのようなキャラクターです。もちろん、FMPとAmagiは同じ著者によって書かれています)。

このレビューを終える前に、このショーのためにダブキャスティングについて具体的に話す時間が必要だと思った。通常、私はDubsについて本当に気にしません。そして、私はほとんどが日本語でアニメを見る(私は言語を話す)。しかし、フモフを演奏したダブラインナップはかなり伝説的だ。その大半は「ゴーストストーリーズ」ダブの一部でもあったからだ。Fumoffuの英語のキャストは、 “Ghost Stories”のようにこのアニメの創作ライセンスはあまりありませんでしたが、西洋の聴衆にはもっと “日本的”なジョークの一部をローカライズするのにかなり驚いた仕事をしました。典型的にはダブを避ける多くの人々は、このダビングを常に最高のものとみなしています。

その説明の後に、あなたはおそらくこの番組を日本語または英語で見るべきかどうか疑問に思っています。正直なところ、それは本当に個人的な好みになります。これは、英語のダブキャストが元の日本のダブキャストと同じくらい良いところで、ショーの両方のバージョンがかなり面白く、自分の理由で見て価値がある数回のうちの1つです。

とにかく、英語や日本語、かなり古典的なコメディアニメの気分になっている場合は、必ずこのショーを見る必要があります。元のFMPを楽しんでいなくても、このショーにチャンスを与える価値があります。

フルメタルパニック!シーズン1.5、全ユーモア版

フモフはフルメタル・パニックの特別シーズンです!定期的な第1シーズンと第2シーズンとの間に時間的に適合する。はるかに重大ではありませんが、はるかにユーモアと状況ギャグでいっぱいです。あなたにそれをさせてはいけません。それはそれ自体が素晴らしいショーであり、確かに見る価値があります。

フルメタル・パニックの最初のシーズンを見て楽しんでいたら、サスケと千鳥のユーモラスなハイ・ジンクスを望んでいたら、あなたの希望は認められました!

まぶらほ 海外レビュー

あらすじ

舞台は、魔法が存在する現代日本というパラレルワールド。エリート魔術師養成学校・葵学園に通う、式森和樹は、成績・運動・魔法回数ともにイマイチの劣等生。ある日、そんな彼の前に3人の美少女・宮間夕菜、風椿玖里子、神城凜が突如現れる。彼女達の目的はなんと彼の遺伝子(要は体)。実は、彼の先祖には偉大な魔術師が多数存在しており、彼との間に生まれた子供は驚異的な魔力を持つ可能性が高いという。大した魔力も無い彼がこの学園に入れた理由も、この遺伝子のおかげ。こうして、和樹の平凡な日常は一変し、波乱の学園生活が始まるのであった。
2003年10月14日 – 2004年4月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まぶらほ 海外レビュー” の続きを読む

F-ZERO ファルコン伝説 海外レビュー

あらすじ

2051年、リュウ スザクは凶悪犯罪者ゾーダを追っていた際に事故で重傷を負い、150年間コールドスリープされていた。2201年に目覚めたリュウは、時を同じくしてゾーダがダークミリオンの元で目覚めたことを知り、因縁に決着を付けるため高機動小隊に参加し、ダークミリオンとの戦いに身を投じる…。
2003年10月7日 – 2004年9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“F-ZERO ファルコン伝説 海外レビュー” の続きを読む

E’S OTHERWISE 海外レビュー

あらすじ

三度目の世界大戦である「第三次世界大戦」が「国家」という枠組みを解体し、「企業」に人々が帰属する時代。精神力を物理的な力へと変換させる「能力者」達が生まれ始め、人々は彼等をE’S(エス)と呼び、恐怖と憎悪の対象としていた。

「アシュラム」と呼ばれる能力者部隊に所属していた少年・戒は、遺棄された巨大人工都市「ガルド」に存在するゲリラへの攻撃中、同じアシュラムのメンバーであり戒の存在を疎んでいる少年・神龍によって攻撃され、負傷しガルドに住む明日香=篤川に助けられる。

その後、アシュラムに帰還しようとするが、アシュラムの放ったイエーガーによる虐殺現場を目撃、アシュラムの行いに疑問を感じアシュラムに戻ることを拒み、襲ってきたイエーガーを撃破した後ガルドにとどまる。
2003年4月1日 – 9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“E’S OTHERWISE 海外レビュー” の続きを読む