最終兵器彼女 海外レビュー

あらすじ

北海道のある街で暮らすシュウジとちせ。ちせは以前から好意を抱いていたシュウジに告白、そのぎこちない交際は交換日記から始まり、二人は静かに愛を深めていく。

しかし、ある日、謎の「敵」に街が空襲される。戦火から逃げるシュウジが見たのは、腕を巨大な武器に変え、背から鋼鉄の羽根を生やし「最終兵器」と化して敵と戦うちせの姿であった。

戦争が激化していくにつれ、ちせは力が暴走していき、肉体も精神も人間とはほど遠いものとなっていく。

一方、シュウジの周りでは親友や女友人、先輩たちが次々に戦禍で故人となっていく。

壊れていく世界。壊れていく愛。シュウジはちせを連れて街を出る。

ラストシーンは、原作版・アニメ版・映画版ともに全く違う内容である。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“最終兵器彼女 海外レビュー” の続きを読む

GetBackers-奪還屋- 海外レビュー

あらすじ

仕事が無い奪還屋、美堂蛮と天野銀次は東京新宿にある喫茶店「HONKY TONK」で、今日も仲介屋ヘヴンから、「HONKY TONK」での飲み食いしたツケを払うべく報酬のいい仕事にありつこうとしていた。目があったら、相手に一分間夢を見させることができる美堂蛮。かつて、無限城といわれる場所でVOLTSリーダーだった天野銀次。彼には、四天王といわれる仲間がいたが、ある理由よりVOLTSをでて、美堂蛮と奪還屋を営業する。蛮と銀次はヘヴンからもらったやや強引な仕事を解決しながら、同業者「運び屋」卑弥呼、赤屍らと対決する。一方、無限城では新たにMAKUBEXがリーダーとなった今、新たな変革が訪れ始めていた・・・。
2002年10月5日 – 2003年9月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

745

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“GetBackers-奪還屋- 海外レビュー” の続きを読む

プリンセスチュチュ 海外レビュー

あらすじ

金冠町という町の金冠学園バレエ科の落ちこぼれ生徒・あひるは、憧れの先輩・みゅうとと一緒にパ・ド・ドゥを踊ることが夢。人の心を持たず、いつも寂しげなみゅうとの役に立てればと願うあひるに、謎の老人・ドロッセルマイヤーが力を授け、あひるはプリンセスチュチュに変身して、みゅうとに失った心のかけらを返してあげることができるようになった。

しかし、みゅうとの親友・ふぁきあやガールフレンド・るうは、なぜかみゅうとが次第に心を取り戻してゆくことを拒否し、あひるが心のかけらを集める事を妨害しようとする。謎めいた女性・エデルはあひるに何かを教えてくれるが、あひるには難しすぎてよく分からない。やがてドロッセルマイヤーの眠っていた物語『王子と鴉』が目覚め、彼らは否応なくその物語の渦に巻き込まれてしまう。
卵の章:2002年8月16日 – 11月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プリンセスチュチュ 海外レビュー” の続きを読む

G-onらいだーす 海外レビュー

あらすじ

謎の宇宙人の攻撃にさらされている昭和119年の地球。真田博士は、宇宙人の侵略から地球を守る最後の切り札として、次世代兵器”G-on”(ジオン)を開発した。そのメガネ型の兵器は、思春期の美少女が装着することで、少女が秘めた様々なトキメキを剣の形に具現化するというものだった。G-onに適合した3人の美少女・ユウキ、セーラ、ヤヨイにより結成された”G-onライダース”は、地球の危機を救おうと立ち上がる…。
2002年7月2日 – 10月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“G-onらいだーす 海外レビュー” の続きを読む

あずまんが大王 海外レビュー

あらすじ

舞台は、とある高校。ゆかり先生のクラスに、10歳の天才少女ちよちゃんが飛び級で編入してきた!さらにそのクラスには、個性的なメンツが揃っていた!果たして、彼女たちは、まともな高校生活を送れるのか!?
2002年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“あずまんが大王 海外レビュー” の続きを読む

灰羽連盟 海外レビュー

あらすじ

高い空からまっすぐに落ちていく少女。やがて彼女は水に満たされた繭の中で目を覚ます。古びた建物の一室で彼女を迎えたのは背中に飛べない灰色の羽を持つ、「灰羽」と呼ばれる人物たち。繭の中で見ていた空を落ちる夢から、少女は「ラッカ」と名づけられる。

高い壁に囲まれたグリの街、灰羽たちの暮らすオールドホーム、そこでの仲間たちとの穏やかな日々。戸惑いながらも少しずつその生活に馴染んでいくラッカ。しかしやがて、短い夏の終わりに1つの別れが訪れる……。
2002年10月~12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“灰羽連盟 海外レビュー” の続きを読む

神世紀伝マーズ 海外レビュー

あらすじ

海底火山の噴火によってできた新島「秋の島新島」を取材していた毎朝新聞記者・岩倉は、島の上に立つ全裸の少年を発見する。言葉も話せず、身元も不明なため、医者に引き取られることになった少年だったが、瞬く間に言葉や、様々な事柄を習得していくなど非人間的な能力をのぞかせ始める。実は、彼ははるか太古(古代エジプト文明の時代)に地球に訪れた異星人が地球人の潜在的な進歩の可能性とその残虐な本性の将来を恐れ、宇宙にとって地球人が危険な存在となった場合に地球ごと破壊し人類を抹殺するキーとしてセットされた少年「マーズ」だった。
2002年10月31日 – 2003年2月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神世紀伝マーズ 海外レビュー” の続きを読む

七人のナナ 海外レビュー

あらすじ

少しそそっかしくて優柔不断、成績も平凡な、どこにでもいそうな中学生・鈴木ナナ。彼女は同じクラスの秀才・神近優一に憧れているが、なかなか気持ちを言い出せない。そんなある日、ひょんなことからナナは性格の異なる7人に分かれてしまう。折しも入試まであと1年、ナナは6人の「ナナ」と共に受験を戦う決意をする―「神近くんと同じ高校へ行き、恋心を打ち明ける」ために。

「受験生活」という暗いイメージになりがちなテーマを明るく描いたラブコメディ作品。7人に分かれなかったらきっと告白をする決心がつかず高校も妥当な線で諦めていたであろうナナが、自分の分身である「ナナ」たちと共に苦難に立ち向かう中で様々な経験を積んでいく、成長の物語でもある。
2002年1月10日 – 6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“七人のナナ 海外レビュー” の続きを読む

十二国記 海外レビュー

あらすじ

日本で生まれ育った普通の女子高生・中嶋陽子は寝る度に恐ろしい気配に追われ、日を追う毎にその距離が縮まっていくという異様で怖い夢を見ていた。そんな陽子の前に、突如「ケイキ」と名乗る異装の男が現れる。ケイキは陽子を主と呼んで跪き、一方的に謎の盟約を迫る。突然の出来事に戸惑う陽子を異形の獣が襲撃、それを辛くも退けたケイキは、強引に陽子を月の影の向こうにある地図にない世界へと連れ去った。
2002年4月9日 – 2003年8月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下海外レビューになります

 

“十二国記 海外レビュー” の続きを読む

藍より青し 海外レビュー

あらすじ

明立大学に通う平凡な大学生、花菱薫。実は、花菱財閥総裁花菱優二を父に持ち、花菱財閥次期当主となる人間として生まれてきたのだが、母本条久美と父との間には正式な婚姻関係はなく、非嫡出子だったために自身も母も、周囲からは様々な誹謗中傷を受けて育った。だが薫が5歳のときに父が急死、そこから状況は一変する。跡取り欲しさに花菱家に半ば強引に引き取られたのだが、それからというもの、祖父の花菱源一郎(優二の父)から次期花菱家当主となるべく、虐待同然の「帝王教育」を施されるようになっていた。また、母久美が中学生の時に他界。大事に持っていた母の写真など形見を目の前で祖父に燃やされ、絶対に手放そうとしなかった臍の尾まで渡せと言われた上に、これに怒って抵抗した薫の形相に激怒した祖父に杖で背中を激しく叩かれてしまう。薫はそんな花菱を嫌い、母の死をきっかけに花菱との縁を切り、花菱家を出て行ったのだった。
第1期:2002年4月 – 9月
第2期:2003年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“藍より青し 海外レビュー” の続きを読む

朝霧の巫女 海外レビュー

あらすじ

主人公の少年・天津忠尋は、母親の置き手紙によって、いとこである稗田三姉妹が住む広島県三次市に引っ越して来る。到着早々、正体不明の化物に襲われるが、迎えに来ていた稗田三姉妹によって窮地を救われる。それから毎日、忠尋は化物に襲われる日々を過ごすことになり、やがてこの国の存亡に関わる戦いに巻き込まれていく。

一部登場人物は昭和霊異記3部作(『妖の寄る家』に収録)から登場している。
2002年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“朝霧の巫女 海外レビュー” の続きを読む

アベノ橋魔法☆商店街 海外レビュー

あらすじ

夏休みのある日、大阪の下町、アベノ橋商店街の風呂屋を営んでいたサッシの家は再開発で取り壊され、幼馴染のあるみ一家も北海道に引っ越すことを検討していた。そんな中、二人はお互いの店に商店街の四方を護る四神獣が奉られていることを知ったが、四神獣の最後の1つであるみの店のシンボルだった「ペリカン」が事故で壊れてしまう。いよいよ立ち退きが決まったその夜、奇怪な出来事が起こりはじめた。
2002年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“アベノ橋魔法☆商店街 海外レビュー” の続きを読む

ぷちぷり*ユーシィ 海外レビュー

あらすじ

主人公のユーシィは、呪い(?)により10歳の頃から身体の成長が止まってしまった。17歳の誕生日、「エターナルティアラ」の発する不思議な光に導かれ宮殿に忍び込んだユーシィは、それを手に入れれば願い事がかなえられることを知る。しかし、エターナルティアラは1000年に一度生まれる「プラチナプリンセス」にのみ身につけることが出来るものだった。ユーシィは人間界のプラチナプリンセス候補となり、魔界・霊界・天界・妖精界の各プラチナプリンセス候補と共にプリンセスアカデミーに通い、様々な課題を乗り越える事により、心の力を養い友情を深めてゆく。
2002年9月30日 – 2003年3月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ぷちぷり*ユーシィ 海外レビュー” の続きを読む

アクエリオンエイジ 海外レビュー

概要

プレイヤーは、人の潜在能力を開花させることのできる特殊能力を持つマインドブレイカーとなり、仲間のキャラクターと共に世界の覇権をかけて戦う。

初期設定ではマインドブレイカーは男性のみ、能力者(超能力や魔力を持つ者)は女性のみとされ、プレイヤーズマニュアルにも、「女性プレイヤーもゲームの中では男性」と書かれていた。が、後に『オリオンの少年』の発売で女性のマインドブレイカーの誕生と同時に男性の能力者も現われたとされた[1]。なお、マインドブレイカーは能力者を操ること(催眠術やマインドコントロールに近いが、小説などの主役陣は本当の信頼関係で結ばれている場合もある)と潜在能力を開花させる以外は一般人と変わらないため、能力者以外には無力。
(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“アクエリオンエイジ 海外レビュー” の続きを読む

円盤皇女ワるきゅーれ UFOプリンセスワルキューレ 海外レビュー

あらすじ

 

地球で宇宙人の存在が珍しくなくなって、数年が経っていた。

ある日、時の湯の清掃をしていた高校生の時野和人はUFO墜落事故に遭遇する。時の湯を直撃したのはヴァルハラ星からやってきた高貴なプリンセス、ワルキューレのUFOだった。ワルキューレは墜落に巻き込まれた和人を救うため自らの魂を分け与えたために幼児化してしまう。

幼児化したワルキューレ(わるきゅーれ)に、幼馴染の七村秋菜、侍女長の真田さんや同じくヴァルハラ星プリンセスのハイドラも加わってのドタバタコメディ。
第1期:2002年7月 – 9月
第2期:2003年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)


✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“円盤皇女ワるきゅーれ UFOプリンセスワルキューレ 海外レビュー” の続きを読む

ハングリーハート WILD STRIKER 海外レビュー

あらすじ

主人公・恭介はサッカーが好きでストライカーとしての天分を持っているのに、敬愛する天才MFの兄・成介が実の兄ではないと知ったショックと、にも関わらず常に兄と比較され貶められるのは自分だというコンプレックスから、サッカーから逃げ荒れた生活を送っていた。が、女子サッカー部の美紀や、男子部マネージャー・森など、サッカーが好きでたまらない人達と出会いを契機にサッカーへの情熱を取り戻す。兄・成介とその恋人・香織、村上監督や養父母らに見守られ、サッカー部の仲間とぶつかり合ったり、美紀と互いに不器用な想いを寄せ合ったりしながら成長していく。
2002年9月11日 – 2003年9月10日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ハングリーハート WILD STRIKER 海外レビュー” の続きを読む

ストラトス・フォー 海外レビュー

 あらすじ

流星群、隕石、彗星の絶え間ない襲来に脅かされる近未来の地球。沖縄県の下地島基地に配属されている国連の対天体災害対策組織『天体危機管理機構(the Cosmic Emergency Management Agency)』の彗星迎撃部隊であるメテオスイーパー(MS)機のパイロット訓練生である本庄美風は、菊原香鈴、中村彩雲、土井静羽ら仲間たちと共に迎撃機TSR-2を駆り、宇宙の脅威から地球を守る任務に就く。
2003年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

a177227

✳以下myanimelistからのレビューになります

Stratos 4は、初めは本庄ミカゼの闘いを中心に楽しんでいたSci-Fiシリーズで、メテオススイーパーチームの他のメンバーと一緒に夢を実現しています。アニメ全体を通して、ユーモアはドラマ、政府の陰謀、豊富なファンサービスだけでなく豊富にあります。技術的な詳細への注意は一流です。航空機と宇宙船の大半は、この世界の新しいハードウェアではなく、冷戦時代のアメリカとソ連の設計を改装したものです。これは実際に現実に起こる可能性のあるものと非常によく似ており、同じ状況に直面していました。 Stratos 4は、深くも分かりにくいとは言えませんが、いくつかの軽いドラマや、テレビシリーズで見たような最高のアートディレクションやアニメーションのおかげで、楽しんでいます。

ヒートガイジェイ 海外レビュー

あらすじ

ジュドの都市安全管理局中央司令部本部長シュン・アウローラは、新たに特務課を設置し、弟のダイスケ・アウローラをそこの準職員に任命した。シュンはアンドロイドのジェイをダイスケの相棒とするが、実はジュドではアンドロイドは禁止されていた。しかし、激増する犯罪に対処するため、シュンは特例としてジェイの製造を命じたのだった。

父をアンドロイドに殺された過去を持つダイスケは、ジェイになかなか心を開くことが出来なかったが、数々の難事件を解明するうち、次第にジェイをかけがえない相棒と認識するようになる。
2002年10月1日 – 2003年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ヒートガイジェイ 海外レビュー” の続きを読む

Kanon 海外レビュー

あらすじ

家庭の事情により北国(「雪の街」)の叔母の家に居候することになった相沢祐一。7年前まではよく訪れていたにも関わらず、彼には当時のことが思い出せずにいた。そんな中、彼はそこで出会った5人の少女達と交流を深め、幼い頃の大切な記憶を取り戻していく。

まず、両親の海外赴任に伴い、叔母の水瀬家に居候させてもらうことになり、「雪の街」へ7年ぶりに帰ってくる。そこで「水瀬名雪」に再会する所から物語は始まる。

名雪との関わりあいから、他の各ヒロインに出会っていく流れである。また、様々な事情により、水瀬家に居候をするヒロインも存在する。そして、各ヒロインのルートにおけるストーリーへと繋がっていく。
2002年1月30日 – 3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Kanon 海外レビュー” の続きを読む

花田少年史 海外レビュー

あらすじ

近所でも有名な腕白小僧、花田一路は悪戯を叱る母親から逃げようと道路に飛び出し、車にはねられてしまう。後頭部を9針縫いながらも、奇跡的に助かった一路であったが、これ以降なぜか幽霊が見え、会話の出来る「コワい能力」を得てしまった。そして様々なオバケ達が生前の未練や願いを果たして欲しいと、一路の元を訪れて無理難題を押し付けてくるように。未練を果たさないと成仏出来ないと言われ、中には一路にずっと憑りつくと脅かす者も出てきて、一路は懸命にその願いを叶えるため奮闘する。
2002年10月2日 – 2003年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“花田少年史 海外レビュー” の続きを読む

デジモンフロンティア 海外レビュー

あらすじ

西暦2020年、日常生活に退屈していた神原拓也は、弟・信也の誕生日の日に携帯電話から謎のメールを受け取り、その指示に従い同じメールを受け取った謎の少年と共に、渋谷駅の地下へ向かいトレイルモンに乗り込む。そして同乗していた織本泉、柴山純平、氷見友樹とともに未知の世界・デジタルワールドへとたどり着く。

だが到着した場所ではケルベロモンがデジコードを奪って暴れていた。その地に眠っていた炎のスピリットに選ばれ、拓也は炎の闘士・アグニモンへと進化、ケルベロモンを倒し、デジタマへ還した。

そこで出会ったボコモン&ネーモンとトレイルモンに同乗した3人、そして再会した謎の少年・源輝二と共にデジタルワールドを支配するケルビモンを倒すため、拓也達の冒険が始まった。
2002年4月7日 – 2003年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

“デジモンフロンティア 海外レビュー” の続きを読む

キディ・グレイド 海外レビュー

あらすじ

年以上前の記憶を無くした主人公の少女・エクレールは、GOTT.(銀河通商関税機構:Galactic Organization of Trade and Tariffs)に所属する受付嬢兼ESメンバー(Encounter of Shadow-work)である。 パートナーの少女・リュミエールと共に銀河市民の固有財産と権利を守るべく、GOTT局長エクリプスの命令の元、特殊任務を行っていた。

物語が進むに連れ、エクレールは次第に記憶を取り戻すが、それは銀河全体を巻き込む大事件へと繋がっていく。
2002年10月8日 – 2003年3月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SX342_

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キディ・グレイド 海外レビュー” の続きを読む

ガンフロンティア 海外レビュー

あらすじ

ここは大西部のガンフロンティア。トチローとハーロックの男二人組、そして謎の美女シヌノラのいつ果てるとも知れない旅は続く。トチローとハーロックはアメリカに漂着した日本人の子供であり、幼いころに白人によりイエロークリークの集落を追われちりぢりになった同胞を探すために旅を続けていた。方々で日本人にコンタクトを試みるが接触はままならず、様々な妨害を受ける。その一方でシヌノラの真の目的が日本民族の抹殺と知るも、トチロー達は豪放にも3人旅を続けるのだった。そして旅先で出会った日本人孤児たちの死を目の当たりとし、生き残った同胞が日本へ向かったことを知ったトチローは、死をも覚悟の上で日本への渡海を決意する。シヌノラの胎内に己の子を託し、ハーロック達とニコヤカに笑いながら別れ、トチローは単身ガンフロンティアを船出するのだった。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ガンフロンティア 海外レビュー” の続きを読む

グリーングリーン 海外レビュー

概要

山奥の全寮制男子校「鐘ノ音(かねのね)学園」の共学化にまつわるドタバタを描いたコメディ作品。ヒロインの他、多くの個性的な男性サブキャラクターが登場する。

作品舞台の「私立鐘ノ音学園」は、プロデューサー・竹内博(bamboo/milktub)の母校だった男子校(現在は廃校)がモデルとなっている。企画当初は男子キャラは(主人公の高崎以外は)天神しか存在していなかったが、舞台が男子校のため多数の男子キャラが必要となり、竹内の高校時代のアルバムの中から作られた。
2002年12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

SID0003331

✳以下myanimelistからのレビューになります

“グリーングリーン 海外レビュー” の続きを読む

パタパタ飛行船の冒険 海外レビュー

あらすじ

名門貴族バクストン家の末娘として生まれたジェーンは、誕生と同時に母を亡くしてしまう。父エドワードはマルグリートと再婚するが、彼女もまた病死してしまった。母親を知らずに育ったジェーンだったが、長兄ジョージや次兄ウィリアム、そして執事のサン・ベランに囲まれ幸せな子供時代を過ごした。

ジョージは「浮遊泉」と呼ばれる空飛ぶ液体の研究をしており、ジェーンはその影響を受け、いつしか「飛行機械を作って大空を自由に飛びたい」と夢見るようになっていった。
2002年1月5日 – 6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“パタパタ飛行船の冒険 海外レビュー” の続きを読む

攻殻機動隊 Stand Alone Complex 海外レビュー

あらすじ

時は21世紀、第3次核大戦とアジアが勝利した第4次非核大戦を経て、世界は「地球統一ブロック」となり、科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。その中でマイクロマシン技術(作中ではマイクロマシニングと表記されている)を使用して脳の神経ネットに素子(デバイス)を直接接続する電脳化技術や、義手・義足にロボット技術を付加した発展系であるサイボーグ(義体化)技術が発展、普及した。結果、多くの人間が電脳によってインターネットに直接アクセスできる時代が到来した。生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイドが混在する社会の中で、テロや暗殺、汚職などの犯罪を事前に察知してその被害を最小限に防ぐ内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活動を描いた物語。作中の年表は別項、攻殻機動隊シリーズの年表を参照。
2002年10月1日 – 2003年11月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

“攻殻機動隊 Stand Alone Complex 海外レビュー” の続きを読む

天使な小生意気 海外レビュー

あらすじ

9歳の少年・天使恵は、幼馴染みの花華院美木と遊んでいる最中、子供たちからいじめられていた魔法使いの格好をした老人を助けたことから、お礼として魔本「天の恵み」をもらう。そして、その本から現れた小悪魔から「ひとつだけどんな願いでも叶えてやる」と言われた恵は「男の中の男にしてくれ」と頼んでしまう。しかし、恵は「男の中の男」ではなく、「女の中の女」にされてしまった。

それから約6年経ち、高校生になった恵と美木は魔本の手がかりを追って剣ヶ峰高校に入学。そこで、蘇我源造や藤木一郎、安田太助、小林一文字ら個性豊かな仲間達と出会う。彼らとの学園生活をテンポの良いコメディタッチで描写しつつ、彼らの前に立ちはだかる様々な障害や事件にまっすぐに立ち向かう様子、そして恵や恵に魅了された男達「めぐ団」の男らしい活躍と個々の人間的な成長を描いてゆく。
2002年4月6日 – 2003年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“天使な小生意気 海外レビュー” の続きを読む

東京ミュウミュウ 海外レビュー

あらすじ

桃宮いちごは同級生の青山君のことが好きな中学生。いちごは念願の青山君とのデート中に遭遇した地震の直後、数人の女の子と光に包まれ、ネコが自分の体に入るかのような感覚に襲われる。それ以降、眠気にいつも襲われたり、体が異様に身軽になったり、魚を見るとくわえてしまうようになってしまったいちご。その不思議さに悩むいちごを心配してくれた青山君に告白しようとしたら、今度は目の前に巨大なネズミが現れて襲い掛かる。そこに突然現れた青年に「たたかえ」と言われたいちごは、「ミュウミュウストロベリー メタモルフォーゼ!」と言って猫耳としっぽをつけた姿に変身してしまった。
2002年4月6日 – 2003年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“東京ミュウミュウ 海外レビュー” の続きを読む

天地無用! GXP 海外レビュー

あらすじ

驚異的な不運を持つ男子高校生・山田西南は、パンクした自転車の修理作業をしているところを、突如現れた美女、雨音・カウナックにGP(ギャラクシー・ポリス)に入らないかと誘われ、その養成機関となる警察学校のGPアカデミーに入学することとなる。GPアカデミーへ向かうシャトルでも持ち前の不運を発揮し、多数の宇宙海賊に狙われてしまう。あわやというところを神木瀬戸樹雷率いる樹雷の艦隊に助けられ、瀬戸にその確率変動の偏りから一目置かれることとなる。
2002年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“天地無用! GXP 海外レビュー” の続きを読む

りぜるまいん 海外レビュー

あらすじ

中学3年生の少年岩城友紀は、自分の担任の教師に恋人になってもらおうとするが、その先生はすでに婚約していた。そればかりか、友紀を「ダンナさま」と呼ぶ少女(人間ではない)りぜると、国家権力により無理やり結婚させられる。友紀は年下が嫌いであることをりぜるに明かし離れようとするが……。そしてその後のある事件で、忘れ去られていた友紀の幼い頃のりぜるとの本当の最初の出会い、そして過去を友紀は徐々に思い出した。

第1期:2002年4月 – 6月
第2期:2002年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“りぜるまいん 海外レビュー” の続きを読む

SAMURAI DEEPER KYO 海外レビュー

あらすじ

舞台は関ヶ原の戦いから4年後の日本。千人斬りの鬼と呼ばれた鬼眼の狂が様々な目的を持った仲間達と共に旅をし、日本の歴史を影から操ってきた壬生一族と戦いを繰り広げていく。
2002年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“SAMURAI DEEPER KYO 海外レビュー” の続きを読む

Witch Hunter ROBIN 海外レビュー

あらすじ

数千年もの間、ソロモンと呼ばれる組織が「ウィッチ」たち(”witch” とは本来魔女のことだが、本作品では反社会的な超常能力者を指す)から人々を守ってきた。近年、日本でも能力を使って犯罪を行うウィッチが増加、これに対しソロモンの日本支部であるSTNJは、「オルボ」と呼ばれる薬剤を用いてウィッチを無力化・捕獲する戦術で、彼らと拮抗した戦いを演じていたが、主力メンバーの一人が謎の死を遂げ、戦力不足に陥る。代替要員としてソロモンから送られてきたのは、発火能力を持ったクラフト使いである、15歳の少女ロビン。彼女はチームの一員としてウィッチ狩りに力を発揮し始める。
2002年7月2日から同年12月24日まで(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“Witch Hunter ROBIN 海外レビュー” の続きを読む

OVERMANキングゲイナー 海外レビュー

あらすじ

地球環境が悪化し、人類が「ドームポリス」と呼ばれる天蓋都市での生活を余儀なくされた近未来。

シベリアのドームポリス「ウルグスク」に住む少年ゲイナーはドームポリスからの脱出行「エクソダス」に反対していた両親を暗殺されて引き籠もりとなり、自宅でテレビゲームに埋没する孤独な毎日を送っていた。

念願であった「ゲームチャンプ」の称号を獲得したゲイナーだったが、ミィヤの祭りの日を前にして、授業中唐突に現れたシベリア鉄道警備隊のアデットに逮捕されてしまう。罪状は自らの忌み嫌う「エクソダス」への共謀罪だった。無実の身で囚われとなったゲイナーはボロ雑巾のように叩きのめされ地下牢に叩き込まれたゲインという青年と知り合う。ゲインの申し出を受け、脱獄したゲイナーはウルグスクの支配者であるメダイユ公爵の愛娘・アナ姫と出会う。彼女を人質にして逃げる算段をつけたゲインに公爵秘蔵のOVERMANを起動させるよう命じられたゲイナーは白いスーツのOVERMANに「キングゲイナー」と命名。ゲインの目論見をよそにキングゲイナーに乗り込んだゲイナーは追っ手として現れたアデットと戦う羽目に陥る。その混乱に乗じて「ウルグスク」は祖先の地・ヤーパンを目指して「エクソダス」を開始した。
2002年9月7日 – 2003年3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“OVERMANキングゲイナー 海外レビュー” の続きを読む

ドラゴンドライブ 海外レビュー

あらすじ

主人公で中学生の大空レイジは、何をやるにも中途半端で終わる、通称「ハンパーマン」と言われるほどやる気がない性格だった。ある日、幼なじみの雪野麻衣子に誘われたバーチャルゲーム「ドラゴンドライブ」に出会ったことで、様々なライバルとのバトルを通して精神共に成長していく。 同ゲームのトレーニング中に「歌」を聴き、「裏球」へと強制転送。神龍石を巡る戦いに巻き込まれていく。
2002年7月4日 – 2003年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ドラゴンドライブ 海外レビュー” の続きを読む

陸上防衛隊まおちゃん 海外レビュー

概要

まおちゃんこと鬼瓦まお(8歳)たちが、小中高一貫教育の女子校の「聖14学園」で学校生活を送りながら「かわいいエイリアン」と闘う物語。まおちゃんのおじいちゃん(鬼瓦陸士郎)は陸の防衛隊幕僚長である。日本はかわいい宇宙人の侵略に悩まされていたが、まともに闘うのは残酷だから(=世論の支持を失う)とまおちゃんにエイリアンから接収した物質から作った変身用のバッジを与え、防衛を担当させた。

当初は陸しかなかったが、かわいい宇宙人が海に落ちるなど陸だけでは対処できず、空の防衛隊・築島みそら、海の防衛隊・丸山シルヴィアと共に総合防衛隊を結成し、3人で防衛結界を作って宇宙人と闘うことになる。空の防衛幕僚長・海の防衛幕僚長の陸の防衛幕僚長への対抗心もあり誕生することとなった。
2002年7月3日 – 2002年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのになります

 

“陸上防衛隊まおちゃん 海外レビュー” の続きを読む

スパイラル 〜推理の絆〜 海外レビュー

あらすじ

月臣学園1年生の鳴海歩は、ある日、校舎の屋上から一人の少女が転落するのを目にする。その事件をきっかけに、歩は同じ学園の先輩である結崎ひよのとともに、「ブレード・チルドレン」と呼ばれる特殊な境遇の少年・少女たちの謎を追うこととなった。その過程で、歩は失踪した兄・鳴海清隆に対する複雑な感情と向き合うことになる。
2002年10月1日 – 2003年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“スパイラル 〜推理の絆〜 海外レビュー” の続きを読む

超重神グラヴィオン 海外レビュー

あらすじ

西暦2041年。突如現れた、正体不明の敵「ゼラバイア」が地球に迫っていた。ゼラバイアの地球侵攻を予見し、密かに対準備を進めていた謎の大富豪、クライン・サンドマンは武装戦隊「アース・ガルツ」を率いて、ゼラバイアに立ち向かう。アースガルツが所有する人型メカ「グランカイザー」に4台の戦闘機「グランディーヴァ」が合体することで巨大ロボット「ゴッドグラヴィオン」が誕生する。ゴッドグラヴィオンは、その強大な力でゼラバイアを撃退する。

第1期:2002年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

185010469

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超重神グラヴィオン 海外レビュー” の続きを読む

魔王ダンテ 海外レビュー

あらすじ

高校生・宇津木涼は登山中、氷に閉じ込められていた巨大な悪魔・魔王ダンテを復活させるが、その餌食とされる。しかしそれに対する涼の怒りは凄まじく、逆にダンテの体を乗っ取ってしまう。平凡な生活に戻り、自身の存在に悩む涼だが、現代社会に隠れ住む悪魔を虐げる、神の教えを守る者たちへ疑問を持つようになる。

そして悪魔メドッサによって、悪魔と呼ばれるものたちの事実を知らされる。超古代、恐竜の生息する地球で平和に繁栄していた先住人類の街ソドム(ソドムとゴモラに由来)に、宇宙から「神」と名乗る不定形エネルギー生命体が飛来、自分たちの入れ物としての人間の肉体を要求した。そしてそれを断った先住人類に対し、「神」はその分身である牛頭馬頭などに人間の五体をバラバラにして生かす等活地獄など、あらゆる地獄を発生させて人類を殺戮する。それに対抗した科学者・ダンテは自分が発明した飛行兵器で神に挑もうとするが、「神」の分身、そして偶然居合わせた翼竜、ティラノサウルスに襲われ、死にかかるが「神」を倒すまでは死ねないという怒りが、兵器、「神」、翼竜・ティラノサウルスなどと合体し巨大な悪魔「ダンテ」が誕生する。そして同様の合体現象が次々と起こり、悪魔が続々と誕生。神は方法を変え、ゴモラを洪水で滅ぼし、世界各地に棲息していた類人猿に分散寄生し、彼らを現在の人類として進化させ、「神」の敵として「悪魔」を殺し続けてきたのだ。
2002年8月31日 – 11月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“魔王ダンテ 海外レビュー” の続きを読む

王ドロボウJING 海外レビュー

概要

本作は“王ドロボウ”であるジンとその相棒キールが、目的のモノを盗むための冒険を描いた物語。「ドロボウの都編」「第七監獄編」といったように、数話ごとに構成される独立した物語の連続となっている。

物語の舞台は各エピソードごとに、「世界中からドロボウが集まっている」「時間に支配されている」など全く異なる世界観を持つ。そこでジンは、ボンドガールのように毎回「ジンガール」と呼ばれる、舞台や盗む対象と何らかの関わりを持つヒロインと出会い、目的のものを盗むべく一緒に行動する形でストーリーが進む。

綿密に描き込まれた独特な世界観と洒落たセリフ回しが特徴。幼年・児童誌としては特殊な傾向があったコミックボンボンの中で、連載当初は少年漫画風だったが、話が進むにつれて重厚な雰囲気や舞台を備えた作風へと変化し、絵柄もさながら絵画のような表現を用いたものになる。
2002年5月 – 8月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“王ドロボウJING 海外レビュー” の続きを読む

東京アンダーグラウンド 海外レビュー

あらすじ

無敵のケンカ王と呼ばれる高校生、浅葱留美奈(あさぎ るみな)はある日、「公司(カンパニー)」と呼ばれる地下社会から脱走し地上にやってきた2人の少女、「生命の巫女」であるルリ・サラサと、その護衛役チェルシー・ローレックを匿う。ルリに一目惚れし、知られざる地下世界の存在と彼女らの事情を聞いた留美奈は、逃亡中に傷つき疲労した2人を助けるために公司からの追手と戦おうとするが、呆気なく命を落としてしまう。しかしルリの不思議な能力によって蘇生し、その結果として風を操る能力を手に入れる。
2002年4月2日 – 9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“東京アンダーグラウンド 海外レビュー” の続きを読む

ぴたテン 海外レビュー

概要

中学受験を控えた、ちょっぴりクールな小学6年生「樋口湖太郎」が、天界から彼の元にやって来た見習い天使「美紗」や、突然どこかから現れた謎の女性「紫亜」、同級生のテンちゃん、小星達と共に悩み、成長して行く物語。

アニメ化されて幅広い年齢層に関心が持たれたことなどから、7巻や8巻は、一部コミックスランキングでは、台頭する週刊少年誌系の単行本と順位を争う場面も見られた。

原作は序盤はコメディを基調としていたが、中盤には登場人物の抱える悩みがクローズアップされていき、終盤は湖太郎の家系をめぐる謎がストーリーの軸となっている。アニメ版では原作とは違いコメディ色が強く、結末も全く異なる。
2002年4月7日 – 9月29日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ぴたテン 海外レビュー” の続きを読む

満月を探して 海外レビュー

あらすじ

主人公・神山満月は、最愛の人・桜井英知との約束で歌手を目指している12歳の少女。ところが喉の病気が原因で、思い切り歌うことが出来ない身体であった。

そして彼女の前に「タクト」と「めろこ」という、彼女の死を予定通りに迎えさせる役目を仰せつかっている2人組の死神が現れる。

自らの余命を知った満月はタクトの能力を借りて16歳の少女の姿に変身し、音楽事務所のオーディションを受ける。これに見事合格した満月は、「フルムーン」として芸能界に鮮烈デビューを果たす。
2002年4月6日 – 2003年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“満月を探して 海外レビュー” の続きを読む

シスター・プリンセス RePure 海外レビュー

あらすじ

翼多(つばた)市と呼ばれる海に面したトラムの走る街で、家庭の事情により兄と離れて暮らす12人の妹たちの日常のエピソードを、街の広場にある古びた時計台の謎を織り交ぜながら描いている。ストーリー上では前作との関連性は無いように見受けられるが、登場人物の一部の再登場や天使のオルゴール、2度目のクリスマスなど非常に微妙な形ではあるが、設定的なリンクが一部されている。前作『シスター♥プリンセス』では12人全員に最低でも1話はスポットが当たっていたのに対し、本作では花穂をメインに据えたエピソードと咲耶をメインに据えたエピソードが多くなっている。

ストーリーズパートの主題歌はオープニング・エンディングともにcan/gooが、作中で流れるBGMはI’veが担当した。しかし、BGMの多くはI’veの外注スタッフであるwataが手掛けたものである。
2002年10月2日 – 12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

smile

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シスター・プリンセス RePure 海外レビュー” の続きを読む

幻魔大戦 神話前夜の章 海外レビュー

あらすじ

舞台は、月を落とされ壊滅した後の地球。文明を失ったヒトは原始的な生活を送り、その管理は知性を持つ獣人が行っていた。幻魔司政官は、己の血を受け継いだ子をヒト類に生ませるという不可解な行動を続けていた。

ノンは、マ王との間に生まれた双子ルーフとジンを連れ、幻魔宮から逃げるが、ヌーにルーフを奪い返されてしまう。ルーフとジンは、互いを知らぬまま様々な経験を重ね、運命が2人を引き合わせると、やがて倒すべき父親の幻魔に戦いを挑む。
2002年2月2日から5月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

10280_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“幻魔大戦 神話前夜の章 海外レビュー” の続きを読む

ロックマンエグゼ 海外レビュー

あらすじ

高度に電子化された近未来の世界。全ての人々がPET(PErsonal Terminal)と呼ばれる携帯情報端末を持ち、そこに組み込まれた擬似人格型プログラム「ネットナビ」のサポートによって日常生活を送っていた。しかし、ネットワークの高度化によってネット犯罪も増加し、ネット犯罪集団のばらまいたウイルスによる被害が身近なものとなっていた。

主人公の光熱斗は、父より贈られたネットナビ「ロックマン」と共に、ウイルス退治(ウイルスバスティング)を行い、ネット犯罪集団に立ち向かっていく。

物語の前半(1-25話)は、ゲーム第1作目『バトルネットワーク ロックマンエグゼ』に登場する組織、WWW(ワールドスリー)の対決を、後半(26話-56話)は第2作『バトルネットワーク ロックマンエグゼ2』に登場する組織、ゴスペルとの対決を描く。このシリーズのみストーリーの前半と後半がそれぞれ「ファーストエリア」「セカンドエリア」と呼び分けられている。(ウィキペディアより引用)
放送期間:2002年3月4日 – 2003年3月31日

5156NATV3YL

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロックマンエグゼ 海外レビュー” の続きを読む