サラリーマン金太郎 海外レビュー

あらすじ

暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎は、亡き妻・明美の故郷で忘れ形見の竜太とともに漁師をしていた。ある日、事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社する。金太郎が入社したヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長が専横を極めており、守之助会長や創業時からの叩き上げである黒川専務は退陣を迫られていた。サラリーマンとしての枠に捉われない金太郎の大胆な行動に感銘を受けたヤマト建設の社員達は、守之助会長を退陣から救うために活動を開始する。
2001年2月18日–3月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“サラリーマン金太郎 海外レビュー” の続きを読む

i wish you were here あなたがここにいてほしい 海外レビュー

あらすじ

ある日、宇宙から人間をモンスターに変えるウイルス「M34」が飛来し、国連は対抗組織「CURE」を設立して感染者の駆除にあたっていた。 「CURE」の人体強化兵部隊である「NOA」の田宮ユウジは、ある月夜にアイという少女と出会い、互いに惹かれあう。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“i wish you were here あなたがここにいてほしい 海外レビュー” の続きを読む

Z.O.E Dolores, i ゾーン オブ エンダーズ ドロレス・アイ 海外レビュー

概要

時間軸的にはPlayStation 2用ゲームソフト『ZONE OF THE ENDERS』(以下、『Z.O.E』)の後の話だが、内容的にはアニメ作品『Z.O.E 2167 IDOLO』の続編にあたる。初老の運び屋ジェイムズ・リンクスと、彼を「おじさま」と呼んで慕う巨大ロボットオービタルフレーム(以下OF)のドロレスを中心に、陰謀と戦乱の中での家族を描いた作品。

物語の前半では、無実の罪で指名手配されてしまったジェイムズが、二人の子供やドロレスと逃亡生活を送りながら、一家の大黒柱として冷え切った親子関係を修復しようと奮闘する様子を描き、家族の問題が解決した終盤では、ドロレスを狙う武装組織バフラムとの死闘や軌道エレベータをめぐる攻防を描いている。

東京ゲームショウ2011で、BD-BOXの発売が発表された。2012年10月24日に発売。
2001年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“Z.O.E Dolores, i ゾーン オブ エンダーズ ドロレス・アイ 海外レビュー” の続きを読む

ジャングルはいつもハレのちグゥ 海外レビュー

概要

ジャングルに住む少年「ハレ」が、正体不明の少女「グゥ」や友人・家族たちの奇行に振り回されるギャグ漫画。全体的に明るいノリだが、登場キャラクターたちにはシビアな過去を持つ者もおり、シリアスな展開も多い。

作品の第一部にあたる『ジャングルはいつもハレのちグゥ』はエニックスの漫画雑誌『月刊少年ガンガン』の1997年の第4号から2003年の1月号まで連載された。全100話。単行本は全10巻。2001年にはテレビ東京系列全9局ネットでアニメ化された。OVAも2作作られた(詳細は#アニメを参考)。原作・アニメ共に話数の単位は「illusion」。

直接的な続編にあたる『ハレグゥ』は同雑誌にて2003年2月号から2009年10月号まで連載された。話数の単位は「ACT」。全81話。単行本は全10巻。ここまでの累計発行部数は390万部を数える[1]。「ハレグゥ」に改名した理由としては、作者いわく「ジャングルにこだわる必要がなくなったから」らしい。以後、本記事のコミックス巻数を示す記述で「新○巻」と表記されていた場合、この『ハレグゥ』の巻数を表すとする。

キャラクターの会話に大阪弁が多用されている。
2001年4月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ジャングルはいつもハレのちグゥ 海外レビュー” の続きを読む

グラップラー刃牙 海外レビュー

あらすじ

幼少編
地下闘技場編より以前の時系列である中学生時代の刃牙の戦いを描く。「母」というテーマが大きな核となっており、死に逝く母のために最強の地位を通したい花山薫に、母の愛を求めるために父に勝負を挑む刃牙。父としての範馬勇次郎の人間像や、朱沢江珠の女と母の間での葛藤が描かれた。また、戦いの中で互いの「絆」を見い出し、それを糧として自らを鍛え上げる刃牙の思想も具体的に描かれる。戦いの舞台は、闘技場での試合ではなく屋外。ヤクザ界最強の喧嘩師花山薫や、ガイア率いる軍隊、野生動物の夜叉猿など、より強い者と戦いたいという刃牙の姿勢がうかがえる。
2001年1月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“グラップラー刃牙 海外レビュー” の続きを読む

HELLSING ヘルシング 海外レビュー

あらすじ

20世紀末、英国では不可解な吸血鬼事件が頻発し、インテグラ率いる王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」は、絶大な力を持つ吸血鬼でありながら吸血鬼を狩るアーカードと、新たに吸血鬼となった婦警セラスを使役し、対処にあたっていた。しかし、暗躍する謎の敵組織により、ヘルシング本部が強襲されるなど多大な被害を受ける。

一方、プロテスタントである英国とは犬猿の仲であるヴァチカンおよびその直属機関「イスカリオテ」もまた、カトリック教徒が多い英国スコットランドでの吸血鬼事件に介入し、ヘルシング機関はアーカードに匹敵しうる対化物の切り札・アンデルセン神父と戦闘を繰り広げる。紆余曲折を経てヘルシング機関はイスカリオテと協力関係を持ち、事件の黒幕が南米に逃れたナチス残党による組織「ミレニアム」だと知る。
2001年10月11日 – 2002年1月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

Order:1 The Undead 小中千昭
Order:2 Club-M
Order:3 Sword Dancer
Order:4 Innocent as a Human
Order:5 Brotherhood
Order:6 Dead Zone
Order:7 Duel
Order:8 Kill House
Order:9 Red Rose Vertigo
Order:10 Master of Monster
Order:11 Transcend Force
Order:12 Total Destruction
Order:13 Hellfire

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“HELLSING ヘルシング 海外レビュー” の続きを読む

スクライド 第1話 海外の反応

あらすじ

21世紀初頭の近未来(本編開始より22年前)、神奈川県の一部で突如、横浜を中心に自然現象ではあり得ないほどの原因不明エネルギーを放出して大規模な隆起が発生し、半径約20kmから30km・高さ240メートル以上にも及ぶ「ロストグラウンド」と呼ばれる大地が誕生した。首都圏全域の機能が失われ、政治・経済も長期に渡る停滞を続けることになった。5年後、余力ができ復興した日本政府や国連からの援助によりロストグラウンドは復興するも、復興した市街の住人と崩壊地区の住人「インナー」という特殊な二層社会が形成される。
2001年7月4日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

“スクライド 第1話 海外の反応” の続きを読む

ちっちゃな雪使いシュガー 海外レビュー

あらすじ

架空の街・ミューレンブルク(ドイツのローテンブルク[注 2]をモデルにしている)に住むサガという人間の少女が、妖精の世界から人間界に修業のためにやってきたシュガーという季節使いと出会い、生活を共にしつつ心の交流を育み、成長していくという物語である。また、サガとシュガーだけでなく、多くの登場人物も相互に影響しあって物語を形作っている。なお、季節使い達の成長は“「きらめき」と呼ばれる何か”という形をとって象徴的に描かれており、同時にこの「きらめき」をたくさん見つけることが彼らの修業の目的であるという設定となっている。
2001年10月2日 – 2002年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちっちゃな雪使いシュガー 海外レビュー” の続きを読む

マジンカイザー 海外レビュー

作品解説

1998年に発売されたTVゲームソフト『スーパーロボット大戦F完結編』において、ゲッターロボシリーズでの真ゲッターロボに位置づけられるゲームオリジナルロボットとして初登場した。基本的なデザインは永井豪自身によって提供されており、マジンガーZ・グレートマジンガーを踏襲、発展させたデザインである。

ゲームオリジナルロボットであったが、2001年にOVA『マジンカイザー』全7巻が、2003年には続編『マジンカイザー 死闘! 暗黒大将軍』がリリースされた。また、いくつかテーマソングも作曲されており、過去のマジンガーシリーズと同様に水木一郎が担当。

当初の設定では強力なゲッター線を浴びたことで、マジンガーZがマジンカイザーに進化したことになっていたが、後に発売された『スーパーロボット大戦α』では設定を変更。マジンガーZよりも以前に開発されたプロト・マジンガーZが自己修復と自己進化でマジンカイザーに生まれ変わったとされた。

「カイザー」とはドイツ語で皇帝のことであり、そのために「魔神皇帝」との別名がある。
2001年OVA発売(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マジンカイザー 海外レビュー” の続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 海外レビュー

あらすじ

万博を訪れていた野原一家。到着の遅いひろしを待っていると、万博に突如怪獣が接近。「万博防衛隊」である野原一家はこれに対抗し、戦闘機で万博へ向かっていたひろしは巨大ヒーロー「ひろしSUN」に変身し怪獣に立ち向かう。

…という特撮ビデオを撮影していた野原一家。撮影も終了し「次は私の番」とみさえは胸を躍らせ、「魔法少女みさりん」に扮する。ビデオ撮影は「20世紀博」のアトラクションの一つであり、大人達は、子供の頃を懐かしむため20世紀博を満喫していた。

しかし、しんのすけやかすかべ防衛隊を含む子供達は20世紀博の子供部屋に預けられ、毎日のように会っていた。大人達の異常なハマり方に風間トオルは疑問を抱き、しんのすけやひまわりも不満を漏らしていた。また、20世紀博で昔を懐かしむだけに留まらず、街中では旧車が走り、古い電化製品やファッションが流行するようになって行く。

ある晩「20世紀博からの大事なお知らせ」が放映される。「明日の朝、お迎えにあがります」という内容の短いものだったが、それを見たひろしとみさえはまるで何かに取り憑かれたように夕飯も食べず、しんのすけとひまわりを放置して寝てしまう。朝になっても二人は元に戻らないうえに仕事にも行かず、家で暇をつぶしていた。しんのすけがひろしに話しかけても、子供のような返答しか返ってこない姿に困惑する。見かねたしんのすけ達は幼稚園へ向かおうとするが、バスが来ないので仕方なくひまわりを背負って自力で幼稚園へと向かう。道中、三輪車で幼稚園へ向かうと道端や公園で子供のように遊んでいる大人達を何人も見掛け、幼稚園の先生や近所の知り合い達までもが、ひろしとみさえのように豹変していた。
2001年4月21日公開(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 海外レビュー” の続きを読む

激闘!クラッシュギアTURBO 海外レビュー

あらすじ

クラッシュギアと呼ばれるバトルマシンが熱狂的な人気を集める架空の世界。

ギアファイターの真理野コウヤは、四年前に不慮の事故に遭って亡くなった真理野ユウヤの弟だったが、天才ギアファイターだった兄とは正反対に落ちこぼれだった。

兄が所属していた強豪「トビタクラブ」に自分も所属していたものの、兄の死後主要メンバーが抜けたクラブは弱体化が著しく、兄のチームメイトであった万願寺タケシは、メンバーの大半を率いてトビタクラブを脱退し「マンガンジクラブ」を設立。コウヤの前に立ち塞がってきた。

コウヤは、兄の遺産ガルダイーグルや仲間達と共にクラッシュギアで世界一を目指す。

2001年10月7日から2003年1月26日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

まほろまてぃっく 海外レビュー

あらすじ

地球へ来訪した友好的な異星人『セイント』と、人類の歴史を影から操ってきた組織『管理者』が敵対し、極秘裏に戦争を繰り広げている世界。

両者の関係を取り持とうとする組織『ヴェスパー』に所属する史上最強の戦闘用アンドロイド・まほろは、残り稼働日数が398日に達した事を機に引退を許可される。人間として暮らし始めた彼女の望みは、かつて自らが命を奪った上司の遺児・美里優の下に住み込みのメイドとして派遣される事だった。父親の死の真相を知らされていない優は、突然明かされた異星人や戦闘用アンドロイドの存在に戸惑うが、まほろの人間と全く変わらない姿や心に触れて彼女の雇用を決意、二人は共同生活を始める。
第1期:2001年10月5日 – 12月28日
第2期:2002年9月26日 – 2003年1月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まほろまてぃっく 海外レビュー” の続きを読む

ヒカルの碁 海外レビュー

あらすじ

運動好きで頭を使うことが嫌いなごく普通の小学校6年生である進藤ヒカルは、祖父の家で古い碁盤を見つける。碁盤の血痕に気づいたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊に取り憑かれる。非業の死を遂げたという佐為はかつて棋聖・本因坊秀策にも取り憑いていたという。囲碁のルールも歴史も知らないヒカルであったが、「神の一手を極める」という佐為にせがまれて碁を打ち始める。以降、佐為はヒカル以外には姿も見えず会話もできず、物を動かすことすら出来ない存在であることを前提に物語は進む。
2001年10月10日 – 2003年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヒカルの碁 海外レビュー” の続きを読む

ギャラクシーエンジェル 海外レビュー

あらすじ

はるか昔……突如襲った時空震(クロノクェイク)により、人類は宇宙への進出手段を喪った。

約200年後。惑星トランスバールの衛星軌道上に現れた「白き月」は、この惑星に住む人類に「恩恵(ギフト)」を授け、再び宇宙に向かう道を与えた。以後400年にわたり、トランスバールはその版図を広げ、128の惑星を治める「トランスバール皇国」へと発展していった。

トランスバール歴412年。突如現れた大艦隊は瞬く間に首都惑星トランスバールを陥し、皇王ジェラールら皇族を弑逆した。艦隊を率いていたのは、その5年前、ジェラールによって皇国から放逐されていた皇子エオニアだった。
第1期:2001年4月8日 – 9月
第2期:2002年2月3日 – 3月31日
第3期:2002年10月6日 – 2003年3月30日
第3期SP:2003年12月21日
第4期:2004年7月8日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ギャラクシーエンジェル 海外レビュー” の続きを読む

ノワール NOIR 海外レビュー

あらすじ

パリで暗殺代行業を営む一匹狼の女性、ミレイユ・ブーケには、幼少の頃に家族を殺害された過去がある。ある日、夕叢霧香と名乗る日本の女子高生から「Make a Pilgrimage for the Past, with me」(あなた〈ミレイユ〉と私〈霧香〉の過去への巡礼)という文面に顔写真が添付された不思議なメールを受け取る。ばかばかしいと思い、削除しようとした矢先、メールから流れたオルゴールの音楽を耳にしたミレイユは、驚愕する。その奏でられるメロディこそ、かつてブーケ一家が惨殺された日、殺害現場で両親が所有する懐中時計(オートマタ機能)から流れていたメロディそのものだった。

ミレイユは霧香が一家惨殺の真相に関与していると踏み、オルゴールの曲について尋ねるためにも日本へと飛ぶが、霧香は過去の記憶を失っていた。そしてミレイユは、霧香が記憶を失いながらも、類まれなる戦闘能力を有していることを目の当たりにする。ミレイユは「一家の復讐を遂げる」、霧香は「失われた自己を取り戻す」という互いの目的から一緒にパリへと赴き、2人で暗殺ユニット「ノワール」を結成する。当初こそ2人の関係は噛み合わなかったが、さまざまな依頼をこなすうちに2人は利害を超えた真のパートナーとしての絆に目覚めていく。
2001年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ノワール NOIR 海外レビュー” の続きを読む

RAVE 海外レビュー

あらすじ

光の聖石レイヴと闇の魔石ダークブリングの戦争により、当時世界の10分の1を破壊したと言われるオーバードライブが起こってから50年後の世界。ガラージュ島に暮らす少年ハル・グローリーは、老人シバと出会う。レイヴの使い手である初代レイヴマスターのシバからレイヴを受け継ぎ、二代目レイヴマスターとなったハルは世界を救う旅に出ることになる。旅の先々での人々との出会い、別れを経て辿り着くのは世界の真実。ハル達の選ぶ答えとは。
2001年10月13日 – 2002年9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“RAVE 海外レビュー” の続きを読む

テニスの王子様 海外レビュー

あらすじ

アメリカ各州のJr大会で4連続優勝の経歴を持つ天才テニス少年、越前リョーマ。
アメリカから帰国したリョーマは、テニスの名門「青春学園中等部」に入学する。全国制覇を目指す青学テニス部に入部し、1年生にしてレギュラーとなったリョーマが、様々な対戦校やライバル、時に仲間との試合を経て成長していく物語。
2001年10月10日 – 2005年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“テニスの王子様 海外レビュー” の続きを読む

格闘料理伝説ビストロレシピ 海外レビュー

概要

格闘料理伝説ビストロレシピ(かくとうりょうりでんせつビストロレシピ)は、1999年にバンプレストから発売されたゲームソフト。同年に『コミックボンボン』で漫画化され、2001年からはアニメ化された。

ビストラーと呼ばれる料理人が、作った料理にレシピカードと呼ばれるカードを乗せることによりモンスターを登場させ、そのモンスターで対決をする。料理に失敗すると、マックロンと呼ばれる弱いモンスターが生まれてしまう。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“格闘料理伝説ビストロレシピ 海外レビュー” の続きを読む

R.O.D -READ OR DIE- 海外レビュー

あらすじ

読子・リードマンは、神田神保町で非常勤講師の仕事をしながら読書三昧の自堕落な生活を送っている活字中毒のビブリオマニア(蔵書狂)であるが、同時に大英図書館特殊工作部に所属し「ザ・ペーパー」と言うコードネームを持つエージェントである。

ある日、アメリカ議会図書館が何者かに襲撃され、大量の稀覯本が盗まれる事件が発生した。犯人が「偉人」と名乗る正体不明の異能者であるという事態を重く見た大英図書館特殊工作部は、読子に稀覯本奪回作戦を命令する。ナンシー・幕張とドレイク・アンダーソンの支援により、偉人たちの追跡を試みるが、ナンシーの思わぬ行動により事態は急展開する。
(OVA)2001年5月23日 – 2002年2月6日話数全3話(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“R.O.D -READ OR DIE- 海外レビュー” の続きを読む

鋼鉄天使くるみ 海外レビュー

あらすじ

当初の舞台は大正時代中期。陰陽家の少年・神維仲人が秘密の研究所に迷い込み、その中で眠っていた少女くるみと偶然キスをしたことがきっかけで、くるみが目覚め、以降仲人をご主人様と慕うようになる。くるみは帝国陸軍が秘密裏に進めていた「鋼鉄兵士計画」に基づき、軍の協力者・綾小路鉄男博士が開発した絶対永久自動人形「鋼鉄天使」の壱号機であった。そしてくるみは人間の少女と変わりのない外見にもかかわらず、陸軍の最新鋭戦車「金剛」をたやすく退けるほどの絶大な力を持っていた。
2001年4月12日 – 6月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

 

“鋼鉄天使くるみ 海外レビュー” の続きを読む

シャーマンキング 海外レビュー

あらすじ

森羅学園中等部に通う少年・小山田まん太は、ある日の帰宅途中、墓場で幽霊と戯れる少年と出会う。少年の名は麻倉葉。彼は霊と様々な交流ができる者、シャーマンと呼ばれる者達の一人だった。彼は500年に一度行われるシャーマン同士の戦い「シャーマンファイト」に参加するために上京してきていた。シャーマンファイト、それは全世界のシャーマンを統べる「シャーマンキング」を決める戦いである。葉と友人になったまん太は、彼を通じて様々なシャーマンたちと出会い、その戦いを目撃していく。
2001年7月4日 – 2002年9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“シャーマンキング 海外レビュー” の続きを読む

ナジカ電撃作戦 海外レビュー

あらすじ

柊七虹香は「CRIコスメチック」で働いている美女香料デザイナーで、好評の「デイシリーズ」を作っている。これは曜日ごとに異なる香りを提供するもので、七虹香は6種類の開発をすでに終え、最後となる「日曜日の香り」へと取り掛かっていた。しかし彼女にはもう一つ、CRIの極秘情報部のエージェントという顔があり、数々の困難なミッションをクリアしているトップエージェントでもあった。

あるミッションで七虹香はリラと言う女の子を助けるが、実はその子は人間ではなくてヒューマリット(人造人間)であった。知能の上では未だ子供だが、驚異的な身体能力を持っているリラは、それ以降一匹狼だった七虹香のパートナーとなった。ヒューマリットはリラだけではないことを知ったCRIは、七虹香にヒューマリット回収役として、さらなるミッションを与える。
2001年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

“ナジカ電撃作戦 海外レビュー” の続きを読む

PROJECT ARMS 海外レビュー

あらすじ

主人公の高槻涼は、普通の高校生として幼馴染みの赤木カツミと共に平和な日常を送っていた。しかし、転校生・新宮隼人の出現により、その日常は崩れ去る。隼人の左腕には「ARMS」という兵器が移植されており、それは涼の右腕にも移植されていたのだった。ARMSを巡り、謎の秘密結社「エグリゴリ」が暗躍を始める。同じく両足にARMSが移植された巴武士と、エグリゴリを裏切った天才少年のアルも加え、ARMSの手がかりを探るべく、エグリゴリによって滅ぼされた隼人の故郷・鐙沢村へと向かう。そしてそこには彼らの出生にまつわる驚愕の真実が隠されていた。
2001年4月7日 – 2002年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“PROJECT ARMS 海外レビュー” の続きを読む

電脳冒険記ウェブダイバー 海外レビュー

あらすじ

西暦2100年、世界はコンピューターネットワーク「ワールドリンク」によって結ばれていた。ワールドリンク上で世界中の子供達が交流できる仮想体験世界「マジカルゲート」に、悪性の自立コンピューターシステムデリトロスが出現。機能の殆どを侵蝕し、ワールドリンク全体、ひいては人間世界をも消滅させようと企む。

マジカルゲートを守る防衛プログラム「ウェブナイト」の1人であるグラディオンは自身とシンクロできる少年、「ウェブダイバー」結城ケントと出会う。最高のパートナーであり親友ともなる彼と共に、洗脳されデリトロスの手先となったウェブナイトと戦い、捕らわれたケントの弟の結城カイト、ライバルの浅羽ナオキ、年上の倉知ショウの3人を始めとするケントのクラスメイトと世界中の子供たちを救い、マジカルゲートの平和を取り戻すために戦うのだった。
2001年4月6日 – 2002年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“電脳冒険記ウェブダイバー 海外レビュー” の続きを読む

破邪巨星Gダンガイオー 海外レビュー

あらすじ

ある日、九州近海に浮かぶ「双神島」に、宇宙から謎の物体が飛来。凄まじい衝撃と爆風を発生させ、島を壊滅状態に陥れた。

その惨劇から十数年。双神島に白き要塞が建造されていた。その名は「新未来創世機関アヴァルダ」。宇宙からの侵略者に対抗するために、謎の「財団」が創りあげた超科学研究組織である。そして、アヴァルダが完成させた巨大ロボット「ダンガイオー(弾劾凰)」こそ、地球防衛の最大の切り札であった。

宇宙からもたらされた超科学によって無敵の強さを発揮するダンガイオー。しかし、その敵は宇宙からの侵略者だけではない。超科学の秘密を欲する大国、さらには、かつて財団から離反し超科学を悪用する者たちまでもが、アヴァルダに牙をむいて襲いかかる。四方八方の侵略者から地球を守るため、ダンガイオーはいつ果てるとも知れぬ戦いへとその身を投じるのだった。
2001年4月5日 – 7月5日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“破邪巨星Gダンガイオー 海外レビュー” の続きを読む

ジーンシャフト 海外レビュー

概要

23世紀、自らの遺伝子を高度に調整し、受精時点で人生のほとんどが決定される男女比1:9の人類社会において主人公の成長を描く。極端にソフトウェアに依存した兵器「シャフト」の設定となっている。

3DオブジェクトのCG描画はサテライトの手によるものである。用語の多くはイタリアサッカーから取られている。また一部の登場人物の名前、サブタイトルなどは有名なSF作品から取られている。
2001年4月5日 – 6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ジーンシャフト 海外レビュー” の続きを読む

新白雪姫伝説プリーティア 海外レビュー

あらすじ

元気で前向きな女子高生・淡雪姫乃は、小説家の父・薫と貧乏暮らしをしていたが、父の作品のファンで富豪の未亡人・夏江が父と再婚したことにより生活が一転、メイドたちに傅かれる日々が始まる。不慣れな豪邸暮らしに加え、夏江の連れ子・繭根と真綿も心を開いてくれず、シンデレラさながらの日々を過ごす。そんなある日、姫乃の前にリーフェナイツと名乗る7人の美少年が現れる。「災妃(さいひ)」のために世界が危機に陥っており、姫乃こそが世界を救う伝説の戦士「プリーティア」であると言う彼らに協力を求められた姫乃は、戸惑いながらも、戦いに足を踏み入れていく。
2001年4月4日 – 6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“新白雪姫伝説プリーティア 海外レビュー” の続きを読む

ココロ図書館 海外レビュー

あらすじ

人里離れた山奥にある小さな図書館。そこには、穏やかで優しい「いいな」、しっかり者の「あると」、そして図書館と同じ名前の「こころ」が司書として働いている。この司書三姉妹と、それを取り巻く人々とが織成す心温まるほのぼの物語。
2001年10月11日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ココロ図書館 海外レビュー” の続きを読む

こげぱん 海外レビュー

設定

元々は十勝平野原産の最高級小豆を原料にしたあんこを中身にしたエリートあんパンで、北海道にあるパン屋で1日限定20個で売り出されるはずだった。

しかし、パン屋の居眠りによりパン焼き釜から出される時に1個だけが鉄板から釜の中に落ちてしまう。パン屋が気付いた頃には既に焦げてしまっており、その時のショックで白目になり、投げやりで後ろ向きな性格となった。また、こげぱん達はパンなので年齢や性別の概念が存在しない。パン達は基本的に一人称は自分の名前である。

後輩であるキレイパン達の世話を焼いたり、たまに前向きになったりする憎めないキャラである。

ミルクを飲むと酔っ払ってしまう。

また、こげ仲間と呼ばれる、同様に焦げてしまった個性的な仲間や、彼らの後輩的な存在であるキレイパン達も多く存在している。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“こげぱん 海外レビュー” の続きを読む

シスター・プリンセス 海外レビュー

概要

12人の妹たちが、遠く離れて暮らす兄を思慕する様子を描いたものである。キャラクター設定および文は公野櫻子が、挿絵は天広直人が担当した。

シスター・プリンセスの起源は、『電撃G’sマガジン』1999年3月号に初掲載された誌上ゲーム『シスター・プリンセス 〜お兄ちゃん大好き♥〜』にまで遡る。この企画が同誌の読者に人気を博したため、後に誌上連載イラストストーリーも同時掲載されるようになった。また、同作品を元にした恋愛アドベンチャーゲームやテレビアニメ、ラジオ番組なども次々と企画され、一大メディアミックスへと発展していった。これらは、電撃G’sマガジン本誌掲載の誌上ゲームや誌上連載イラストストーリー(以下原作)の掲載時期にならい、時期ごとに「第1期」「第2期」「第3期」「第4期」と大別される。例えば、2001年4月からテレビ東京系列局などで放送されたテレビアニメ第1作目の『シスター♥プリンセス』は、時期的には第3期の作品である。
2001年4月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“シスター・プリンセス 海外レビュー” の続きを読む

The Soul Taker 〜魂狩〜 海外レビュー

あらすじ

ある雪の降る夕刻の教会。伊達京介は、何者かに襲われ息を引き取ろうとしている母の手で刺された――それが全ての始まりだった。

誤って埋葬された京介は、岬真夜と名乗る美少女の手で墓の中から救い出されたが、真夜は世界的な科学力を持つ巨大多国籍企業・桐原グループに誘拐され、彼は謎のミュータント組織「病院(ホスピタル) 」の刺客・ドクトル凶也に襲われる。窮地に陥った彼の前に現れた謎の男・壬生シローは京介に生き別れの双子の妹の存在とその分身「フリッカー」の存在、そして真夜がフリッカーであるという事実を教える。不可解な母の死の真相と妹の謎、京介の脳裏に浮かぶさまざまな疑問。彼は真夜を救出するために、シローと桐原の海上施設に乗り込む。
2001年4月4日 – 7月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“The Soul Taker 〜魂狩〜 海外レビュー” の続きを読む

魔法戦士リウイ 海外レビュー

あらすじ

舞台は、英雄王・リジャールが治める、剣の国・オーファン。そこに暮らす青年・リウイは、魔術師見習いを卒業したばかりの魔術師だが、酒と女が大好きで、喧嘩は日常茶飯事。そんな生活を送る一方、心にわだかまりを抱える曖昧な日々を過ごしていた。そんなある日、リウイは、ミレル、ジーニ、メリッサから冒険者の誘いを受け、魔法戦士となる。これをきっかけに、リウイ達の壮大な冒険が始まった。
2001年4月3日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“魔法戦士リウイ 海外レビュー” の続きを読む

スターオーシャンEX 海外レビュー

あらすじ

父親の指揮する戦艦カルナスに乗船し、惑星調査に同行していた少年のクロードは、謎の時空転送装置により、未開惑星「エクスペル」へと飛ばされてしまう。エクスペルには、巨大隕石ソーサリーグローブの飛来から異形の魔物たちが現れるようになっていた。そこで魔物に襲われていた少女のレナを助けたことから、元の世界へ戻るための旅が始まる。
2001年4月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“スターオーシャンEX 海外レビュー” の続きを読む

こみっくパーティー 海外レビュー

概要

アニメ版『こみっくパーティー』は、2001年4月2日から同年6月25日まで全13話のUHFアニメとして、独立UHF局を中心に放送された。また、テレビ北海道、テレビ愛知、TVQ九州放送(TXN系)や青森放送、広島ホームテレビでも同時期に放送され、後にキッズステーションで放送された。

アニメ化に際してはまず、千堂和樹、九品仏大志、高瀬瑞希、猪名川由宇の4人はゲームでの大学生から高校生かつ同級生で、塚本千紗もその高校に通っている下級生へ。立川郁美に至っては小学生であり、和樹へはメールではなく手紙を送る…など、原作設定からの大幅な変更が行われた。また、キャラクターデザインが原作のような繊細な絵柄ではなく、極めてアニメ作劇向けに簡素化された絵柄となった。大志のメガネの弦の部分などがその影響を受けており、原作では独特のギザギザ形状だったものが、アニメ版では普通にまっすぐとなっている。
2001年4月2日から6月25日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“こみっくパーティー 海外レビュー” の続きを読む

超GALS!寿蘭 海外レビュー

あらすじ

渋谷最強のカリスマ女子高生・寿蘭とその友人・星野綾と山咲美由の友情を描いた物語。初めは3人とも、相手をよく思っていなかったが、様々な出来事を共に経験するうちに、心を開いてゆく。途中友情関係がぎこちなくなったり、恋愛がうまくいかずに悩んだりしたが、最終的には3人が共に「最高の友達」と呼び合える関係になっていく。
2001年4月1日 – 2002年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“超GALS!寿蘭 海外レビュー” の続きを読む

Dr.リンにきいてみて! 海外レビュー

あらすじ

3歳で風水に目覚めた少女・神崎明鈴には天性の力があった。中学2年生になった明鈴は幼馴染み・結城飛鳥を運命の人と信じ、両想いになろうと努力していた。ある時、明鈴は龍神を呼び出す力に目覚め、その力を狙う「闇」が次々と魔の手を伸ばし始める。明鈴は様々な出来事を風水の力、そして己に秘められた龍の力で解決していく。

やがて、事件の背後で暗躍していた闇の世界を統べる「闇の王」の一派がその姿を現す。「光の巫女」の生まれ変わりである明鈴は「四神」の生まれ変わりである仲間たちと共に、闇との壮絶な決戦に臨むのだった。
2001年3月5日 – 2002年2月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“Dr.リンにきいてみて! 海外レビュー” の続きを読む

RUN=DIM 海外レビュー

あらすじ

日本の民間軍事組織「ジーザス」と海外の複合企業「グリーンフロンティア」は宇宙開発事業の覇権争いから、国家を巻き込んだ戦闘状態に突入してしまう。使用される兵器はRBと呼ばれるロボットで、その操縦は人工的に能力強化された少年・少女が行っていた。主人公「森口和人」はジーザスでRBを操り戦闘を繰り返すが、自分を捨て駒にした上層部に失望し、敵対組織「グリーンフロンティア」に亡命。物語後半からは、かつての仲間たちと敵味方として対峙することになる。
2001年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“RUN=DIM 海外レビュー” の続きを読む

Cosmic Baton Girl コメットさん☆ 海外レビュー

あらすじ

トライアングル星雲にある三つの星国(ほしくに)が集う、お披露目ダンスパーティから逃亡したタンバリン星国の王子を捜すため、ハモニカ星国の王女コメットとカスタネット星国の王女メテオは遙か彼方の星である地球に向かった。王子を探し出す手掛かりは、「瞳に輝きを持つ者」ということだけ。コメットは慣れない地球で初めて出会った藤吉家のお手伝いさんとして地球に居候し、王子を探すこととなる。しかし、実は王子探しは地球に行く口実で、過去に母や叔母も行ったという地球に自分も行ってみたかったというのが本音であった。

果たしてコメットが降り立った地球には、コメットがまだ知らなかったさまざまな輝きをもつ者に満ち溢れていた。それは、夢の世界が身近に存在する子供たち、夢や希望に向かって努力する若者たち、自らの夢を見つけ、夢や希望に向かう子供や若者を時には支え、時に厳しく鍛える大人たち、そして昔の夢を大切にしている老人たち、それぞれが放つ輝きだった。コメットはそんな者たちの悩みや願いを、星力を使って解決し、あるいは後押しする。コメット自身もまた、ライフガードを目指す三島佳佑(ケースケ)、ストリートミュージシャンからスターダムに駆けあがった今川瞬(イマシュン)との出会いを経て、夢を追う一人の少女としてときめき、悩む日々の中で輝きを放つ。
2001年4月1日 – 2002年1月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“Cosmic Baton Girl コメットさん☆ 海外レビュー” の続きを読む

機動天使エンジェリックレイヤー 海外レビュー

あらすじ

エンジェリックレイヤーとは、「天使」(エンジェル)と呼ばれる人形を卵状の入れ物から孵し、それを自分なりの天使に育てて戦う新感覚の格闘ゲーム。天使は、特殊な回路を利用してプレイヤー「操縦者」(デウス)のイメージしたものを受け取り、その通りに動く。開発者は三原一郎。

鈴原みさきは中学進学のために上京、その時偶然見かけたエンジェリックレイヤーに魅了される。開発者でもあるいっちゃんに導かれ即天使の卵を購入すると、生まれた天使にヒカルと名づけ、公式トーナメントに参戦する。みさきは生まれながらの才能を開花させ、初出場ながら次々と相手を倒していく。
2001年4月1日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“機動天使エンジェリックレイヤー 海外レビュー” の続きを読む

破壊魔定光 海外レビュー

あらすじ

埼玉県川口市に住む不良高校生の椿定光は、先輩を助けるためヤクザの事務所に殴り込みをかけた。その際、随行体(ずいこうたい)と称する”ポンコツ”ヘルメットを拾う。随行体「ポンコツ」は、流刑体を管理するため宇宙に漂っていたデータ生命体で、地球人の頭部に装着可能なヘルメットの形態をしていた。「ポンコツ」は定光に流刑体回収の手伝いを求める。清く正しく仁義に生きる不良高校生定光は先輩を助けてくれた恩として手伝うことにしたが、彼の人生はこれから混乱を極めてゆくことになる。
2001年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“破壊魔定光 海外レビュー” の続きを読む

地球防衛家族 海外レビュー

あらすじ

千葉県船橋市に暮らす大地家。家庭崩壊の危機を迎えていた一家に宇宙人から地球を守る任務が与えられた。果たして侵略者から地球を守り抜けるのか。
2001年1月9日 – 3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“地球防衛家族 海外レビュー” の続きを読む

地球少女アルジェナ 海外レビュー

あらすじ

ヒロインの有吉 樹奈(ありよし じゅな)は神戸に住む高校生。両親が離婚した日、恋人の大島 時夫(おおしま ときお)と共にバイクでツーリングをしていた樹奈は事故に遭い、臨死の状態になる。心臓の鼓動が止まり、彼女がまさに「無」になろうとした時、クリスと名乗る少年の意識体が彼女の前に現れ、「もしお前がラージャと戦い、清めるならもう一度命を与えよう」と告げる。

樹奈はクリスの言葉を承諾し生き返るが、そこにクリスの仲間が来て強制的に樹奈を連れ去り、怪物ラージャが出現して暴れている原子力発電所に置き去りにする。最初は混乱した樹奈だったが弓を取り戦おうと決意した時、再びクリスが現れ言う。「何故 戦う 何故 殺す」 樹奈は言う。「だってあいつがみんなを殺そうとしてるから」 クリスは言う。「そんなことの為に殺すのか」

戦いが始まり、樹奈はラージャを殺す。それを見てクリスは寂しそうに言う。「お前は汚れている、汚れは祓わなくてはならない」 その言葉に最初は訳も分からず怒りを覚える樹奈だったが、やがてその言葉の「本当の意味」を知ることになる。
2001年1月9日 – 3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“地球少女アルジェナ 海外レビュー” の続きを読む

爆転シュート ベイブレード 海外レビュー

概要

タカラより発売された玩具ベイブレードを基に、ベイブレードバトルで世界一を目指す少年たちの物語を描いたテレビアニメ作品である。2002年には映画化もされた。

2001年1月8日より、テレビ東京系列の各局にて放送開始し、2003年12月29日までの約3年間放送された。また、テレビ東京系列のない一部の地方局でも遅れネットで放送された。

当初は原作を基にした展開だったが、第1期の第8話以降はすべてアニメオリジナルストーリーとなっている。また、キャラクターの性格、デザインなどにおいても原作と異なる部分が多い。
第1期:2001年1月8日 – 12月24日
第2期:2002年1月7日 – 12月30日
第3期:2003年1月6日 – 12月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“爆転シュート ベイブレード 海外レビュー” の続きを読む

テイルズ オブ エターニア THE ANIMATION 海外レビュー

あらすじ

グランドフォールを止めるため、セレスティアへの入り口「光の橋」があるファロース山を目指す旅の途中、一行はリッドの剣の腕に惚れ込んだ賞金稼ぎのマローネに出会う。無理矢理彼女の相棒にされたリッドは、彼女の飛竜に乗せられ、海上都市ベルカーニュへ連れ去られる。ファラ達3人もそれを追い、ベルカーニュへ向かう。
2001年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“テイルズ オブ エターニア THE ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

スクライド 海外レビュー

あらすじ

21世紀初頭の近未来(本編開始より22年前)、神奈川県の一部で突如、横浜を中心に自然現象ではあり得ないほどの原因不明エネルギーを放出して大規模な隆起が発生し、半径約20kmから30km・高さ240メートル以上にも及ぶ「ロストグラウンド」と呼ばれる大地が誕生した。首都圏全域の機能が失われ、政治・経済も長期に渡る停滞を続けることになった。5年後、余力ができ復興した日本政府や国連からの援助によりロストグラウンドは復興するも、復興した市街の住人と崩壊地区の住人「インナー」という特殊な二層社会が形成される。
2001年7月4日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スクライド 海外レビュー” の続きを読む

学園戦記ムリョウ 海外レビュー

あらすじ

時は2070年、日本に侵略兵器と思しき謎の巨大物体が出現するが、それをまた別の巨人が追い払った。その事件直後、天網(てんもう)市の御統(みすまる)中学に、統原無量(スバル・ムリョウ)が転校してくる。不思議な雰囲気の彼と知り合ったことから、普通の男子中学生、村田始は宇宙規模の大事件に巻き込まれていく。
2001年5月8日 – 12月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

 

“学園戦記ムリョウ 海外レビュー” の続きを読む

SAMURAI GIRL リアルバウトハイスクール  海外レビュー

あらすじ

時は1996年。海外で流浪の旅を続けていた南雲慶一郎は、母校・大門高校の恩師である藤堂からの依頼で教師として日本に帰ることになった。日本に帰国直後、ソルバニアの巫女・レイハに呼ばれて封魔獣を倒し、再び元の世界に戻った直後の現場を偶然通りすがった御剣涼子に見られて一悶着を起こす。

かつて世話になった鬼塚家で再び居候をすることになった慶一郎は大門高校の2年B組の担任に就任。そのクラスには涼子の他にも、学校一の問題児であり、藤堂が認める格闘センスを持つ男・草彅静馬がいた。
2001年7月30日 – 10月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

120007196

 

 

 

 

 

 

 

“SAMURAI GIRL リアルバウトハイスクール  海外レビュー” の続きを読む