だぁ!だぁ!だぁ! 海外レビュー

あらすじ

中学2年生の少女・光月未夢は、両親が仕事でアメリカの航空宇宙局(NASA)に行くことになったことを機に、母親の知り合いである平尾町の西遠寺に一人預けられることになった。しかも、その西遠寺の住職・西遠寺宝晶もインドに修行に行ってしまい、宝晶の息子で未夢と同い年の少年・西遠寺彷徨とふたりきりで暮らすことになってしまう。
2000年3月28日 – 2002年2月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“だぁ!だぁ!だぁ! 海外レビュー” の続きを読む

マシュランボー 海外レビュー

あらすじ

人類が滅んで300年後の地球は、マトリクサーと呼ばれる新生命体によって支配されていた。その中でコールドスリープから目覚めたヤクモは、生き残っている人間を求め西の地センターへ向かう。偶然通りかかったエテ村の滝で、村人によって罰せられ吊るされていたマシュラを救い、道中で出会ったサーゴ、クータルも同行し旅を続ける。
2000年2月5日 – 9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マシュランボー 海外レビュー” の続きを読む

マイアミ☆ガンズ 海外レビュー

概要

全13話。内容としてはアニメ独自のオリジナルストーリーとなっており、キャラクターそのものは原作とほぼ同一であるが、内容は過激さがさらに強められている。

第4話は『頭文字D』をオマージュした「CGを使ってのクルマ同士のバトル」という話で、その回のアイキャッチにハチロクの模型が使われていた。これは、当初は予算の都合で模型を使ってバトルを表現することが検討されていたが、後に予算増額でバトルシーンでのCG制作が可能となり、模型案は幻に終わったその名残である。

DVD版のCMでは監督・湖山禎崇自身がトレードマークであるタオル巻き姿で登場し、クレクレタコラの着ぐるみ人形も交えたコント形式の内容となっている。
2000年2月5日 – 5月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マイアミ☆ガンズ 海外レビュー” の続きを読む

OH!スーパーミルクチャン 海外レビュー

あらすじ

謎の少女ミルクチャンが、大統領の指令を受けて様々な事件を解決(?)して行く。ポップな絵柄とは裏腹に、実在の有名人や漫画・アニメなどを題材としたパロディや、ブラックネタ、毒満載の不条理な展開が特徴である。
2000年1月27日から4月13日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“OH!スーパーミルクチャン 海外レビュー” の続きを読む

風まかせ月影蘭 海外レビュー

あらすじ

時は、天下泰平の江戸時代。風の向くままに旅をする女素浪人・月影蘭は、ふとしたことから猫拳法のミャオと知り合い、行く先々で騒動に巻き込まれていくが、凄腕の剣術と拳法で悪党と倒していくのであった。
2000年1月26日 – 4月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“風まかせ月影蘭 海外レビュー” の続きを読む

とっとこハム太郎 海外レビュー

概要

2000年7月7日よりテレビ東京系列金曜18:30枠にて放送開始。『とっとこハム太郎』としては2004年3月26日まで放送された。この枠では1995年4月開始の『スレイヤーズ』以降は2クール(6か月)の放送[1]だったが、この時点で本番組はこの枠で最長の放送期間となっていた。

2004年4月2日からは新たな登場キャラクターの追加などにあわせて、副題を付けた『とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ!』というタイトルに変更。2006年3月31日まで放送された。話数のカウントは第1期から通されている。

2006年4月より平日18:30枠がバラエティー枠『スキバラ』(2009年4月からは子供向け帯番組『ピラメキーノ』)になるのと同時に、金曜夕方の30分番組としての放送は終了。『はむはむぱらだいちゅ!』含みこの枠での放送期間は5年9か月に及び、2012年時点においても最長である。ここまでの話数は全296話。
2012年4月7日 – 2013年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“とっとこハム太郎 海外レビュー” の続きを読む

勝負師伝説 哲也 海外レビュー

あらすじ

昭和19年(1944年)、阿佐田哲也15歳。真珠湾攻撃から3年たったこの年、哲也は軍需工場で勤労動員させられていた。ある昼休み仲間と一緒に同僚のおっちゃんに博打を教えてもらっていた。その時、空襲が起きあたり一面が焼け野原になる惨事の中、逃げずに生き延びたおっちゃんから「運の悪い奴が死ぬんだ」と教わる。翌年、戦争に負け日本は貧しい状況にあった。何とか職を得た哲也は、就職先で博打をやっていることを知りその場に赴く。負け続けて土壇場に追い込まれた哲也は勝負師としての才能を開花させた。賭場での印南との出会いを経て横須賀で米兵相手に麻雀をやれば儲かると聞いた哲也は横須賀へ向かう。

2000年10月から2001年3月まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“勝負師伝説 哲也 海外レビュー” の続きを読む

女神候補生 海外レビュー

概要

漫画は『月刊COMIC GUM』連載だったが2001年に突如休載して以降、現在も中断中。単行本は5巻まで発売中だが、杉崎本人が連載そのものを放棄している。

アニメはXEBEC(ジーベック)制作で、2000年1月10日から同年3月27日までNHK BS2の毎週月曜日18時の『衛星アニメ劇場』枠で放送された。全12話。

宇宙空間で女神(イングリッド)と呼ばれる巨大人型兵器を駆ってビクティムと呼ばれる巨大生物と戦う主人公達を描いている。ジーベックが得意とする大胆な3DCGの導入で漫画版とは異なる造形の女神が縦横無尽に動いている。
2000年1月10日 – 3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“女神候補生 海外レビュー” の続きを読む

HAND MAID メイ 海外レビュー

あらすじ

ある日、ドラえもんのような「知能を持ったロボット」を生み出すべく下宿先で研究に励んでいた大学生・早乙女和也の元に、とある事情から美少女型メイドロボットのサイバドール・メイが送られてくる。メイはサイズこそ人間の1/6であるものの、高い知能と人間と同様の外観を持っており、住み込みメイドとして和也に尽くすことを絶対任務としていた。

一方、下宿先の大家の娘・谷かすみも和也に恋心を抱いており、メイが和也と同居することで次第に関係が深まっていくことに複雑な思いを抱くようになる。物語が進みメイが等身大サイズとなると、メイ、和也、かすみの関係は本格的な三角関係になる。また、人間とロボットの関係がどうあるべきかということが本作のテーマとされているが、和也は人間とロボットを平等に扱うことを信条としているため、この三角関係も複雑なものとなっていく。
2000年7月26日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“HAND MAID メイ 海外レビュー” の続きを読む

闇の末裔 海外レビュー

あらすじ

冥府にある死者の生前の罪業を裁く機関「十王庁」。その中で閻魔大王自ら指揮をしている閻魔庁の召喚課は、死者に関するトラブルを専門に扱う機関である。そこに所属する職員は「死神」と呼ばれている。召喚課に所属する昼行灯・都筑麻斗は、新パートナーである黒崎密と九州地区を担当していた。都筑を付け狙う外科医・邑輝一貴の起こす数々の事件で、次々と都筑や密の生前のことが明らかになるにつれ、事件の被害者も増えていく。
2000年10月2日 – 12月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“闇の末裔 海外レビュー” の続きを読む

ヴァンドレッド 海外レビュー

あらすじ

太陽系から遠く離れた宙域のとある銀河。そこでは、男性だけの惑星国家「タラーク」と女性だけの船団国家「メジェール」が、互いの存在を嫌悪し激しく憎み合いながら、長年に渡る星間戦争を続けていた。

ある日、タラークは士気の高揚と次の戦闘に備えて移民船「イカヅチ」を宇宙戦艦へ改造し、「九十九式蛮型撲撃機」と呼ばれる新兵器の模擬演習を兼ねて出撃する。タラークの下層階級で虐げられながらも機械工として逞しく生きていた少年ヒビキ・トカイは、仲間の言葉に乗せられ、自分達が製造に関わっている蛮型を強奪すると約束。仲間を見返してやろうとイカヅチに密航したが、即座に発見されて監禁の身となってしまっていた。
2000年10月3日 – 12月26日(第1期)
2001年10月5日 – 12月28日(第2期)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ヴァンドレッド 海外レビュー” の続きを読む

アルジェントソーマ 海外レビュー

あらすじ

2059年、地球はエイリアンの襲来で多大な被害を受けた。人類は軍隊を再編し、対エイリアン特殊部隊「フューネラル」を組織する。大学生のタクト・カネシロは、あるきっかけで恋人マキ・アガタが師事するアーネスト・ノグチ教授のエイリアンの死体をつなぎ合わせた実験複合体フランクの蘇生実験に立ち会うことになる。実験によってフランクは蘇生したが、施設を破壊して逃亡。マキやノグチ教授は死亡し、タクトも重傷を負った。

逃亡したフランクはある森でハリエットという少女と出会い、その場に襲来したエイリアンから彼女を守る。フューネラルに捕獲されたフランクとともに、ハリエットはフューネラルの管理下に置かれることとなる。
2000年10月5日 – 2001年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“アルジェントソーマ 海外レビュー” の続きを読む

ストレンジドーン 海外レビュー

あらすじ

広大な荒地をあても無く歩き続ける2人の女子高生。そこへ弓を持つ小人が襲い掛かってくる。

しかし、危機一髪のところで別の小人に助けられ、村へと案内される。小人たちが言うには、2人は国々の戦乱を治めるために召喚された魔人様であると聞かされる。

意味のわからない状況に取り乱すが、元の世界に戻る旅の中で心境が変化していく。
2000年7月11日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ストレンジドーン 海外レビュー” の続きを読む

BRIGADOON まりんとメラン 海外レビュー

あらすじ

時は1969年(昭和44年)。大阪万博の開催まで一年をきったある日、東京下町の長屋に住む平凡な少女浅葱まりんは突如空に現われた異世界「ブリガドーン」からやってきた謎の生体兵器(モノマキア)に襲われる。

その時、根津神社に御神体として祭られていたアンプルの中から別のモノマキアが現れ、まりんを救う。彼の名はメラン・ブルー。まりんを守るのが任務だという。二つの世界の運命をかけた戦いが始まる
2000年7月21日 – 2001年2月9日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“BRIGADOON まりんとメラン 海外レビュー” の続きを読む

サクラ大戦 海外レビュー

概要

ゲーム版『サクラ大戦』のストーリーを元に、アニメ独自の脚本や演出を加え再構成した作品。真宮寺さくらの帝国華撃団への加入から始まり、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。本作のストーリーの中心はさくらを中心とした帝国華撃団の結束であり、ゲームでの大きな要素でもある大神一郎とヒロインとの恋愛は描かれておらず、全般的にシリアスな内容になっているのが特徴である。
2000年4月8日 – 9月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“サクラ大戦 海外レビュー” の続きを読む

妖しのセレス 海外レビュー

あらすじ

御景妖は、大財閥である御景家に連なるものの、両親と双子の兄―明と共に、ごく一般的な家庭で普通の女子高生として暮らしていた。が、16歳の誕生日に御景一族の慣例に従い、家族4人で本家の呼び出しに出向いた時から、人生が一変する。一族が揃う中、ミイラの手首を見た途端に妖は変身、明は全身に切り傷が現れたことで、自らが御景家の祖先であり、一族の災いの元になるといわれる天女の力を最も強く引き継ぐ生まれ変わりであると知らされる。災いを恐れる親族一同に、その場で殺されそうになった妖を助けたのは、危機を察した天女の血を引くという女性―梧納涼だった。納涼とその義弟―雄飛に保護された妖は梧家に居候しながら、徐々に自らの先祖である天女―セレスに目覚めていく。やがてセレスと対話するようになった妖は、セレスが追い求める羽衣を探す旅に出発し、同じく天女の子孫である来間千鳥(パラス)や司珠呂(ジュノー)との出会いで、御景一族によるC計画で、各地の天女の子孫達が次々に悲惨な状況に追いやられている現実を知る。
放送期間2000年4月20日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“妖しのセレス 海外レビュー” の続きを読む

幻想魔伝 最遊記 海外レビュー

あらすじ

物語の舞台は桃源郷。そこはかつて、人間と妖怪とが共存する平和な世界だった。しかし、500年前に闘神・哪吒(なたく)太子によって、天竺国・吠登城に葬られた大妖怪「牛魔王」を、禁忌とされている「化学と妖術の合成」によって復活を目論む者が現れた。その影響で、「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始めた。
混沌と化す桃源郷、この事態を重く見た観世音菩薩は三仏神を通じ、玄奘三蔵に孫悟空、沙悟浄、猪八戒らを連れて西へ行くように命じる。こうして4人はジープに乗り、西を目指す旅が始まる。全ては「牛魔王」蘇生実験の阻止のために。
2000年4月4日 – 2001年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“幻想魔伝 最遊記 海外レビュー” の続きを読む

銀装騎攻オーディアン 海外レビュー

あらすじ

高校を中退し、暴力に明け暮れる日々を過ごす主人公「哉生優」はある日、先輩の「橘了」から沖縄にある兵士養成機関「IMO」への入隊を誘われる。IMOに見学に訪れた優はそこで幼なじみの「藍原ナンナ」と再会、さらに初めて乗ったはずの人型機動兵器「リムヒューガン」を自在に乗りこなして見せる。IMOへ入ることを決意した優はチームメイトとなる「ウォルフ・エリクマイヤー」、自分と同姓の上官「哉生香織」、そして、謎の少女「ネル・マクマハウゼン」などとの出会いを経て、数奇な運命に巻き込まれていく。
2000年4月4日 – 9月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“銀装騎攻オーディアン 海外レビュー” の続きを読む

FLCL フリクリ 海外レビュー

あらすじ

地方都市、疎瀬(まばせ)。大人びた言動をとりたがる小学6年生のナオ太は、女子高生のマミ美と、けだるい日常を送っていた。だが、自称宇宙人の謎の女・ハル子の乗ったベスパにはねられてから、すべてが変わった。ハル子はナオ太の家に強引に居座り、彼の日常をかき回す。殴られた頭からツノが生え、そこからロボットが出現したり。あるいはナオ太が街を救う事になったり。そんな中、ナオ太はハル子に惹かれていくのだったが。
発表期間2000年4月26日 – 2001年3月16日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“FLCL フリクリ 海外レビュー” の続きを読む

はじめの一歩 海外レビュー

あらすじ

ストーリーは一歩が日本チャンピオンとなるまでを描く。

第一期2000年10月 – 2002年3月迄放送 (ウィキペディアより引用)

Round1 THE FIRST STEP
Round2 努力の成果
Round3 うれし涙
Round4 シャドーボクシング
Round5 カウンターへの3ヶ月
Round6 再戦のゴング
Round7 1CMの破壊力
Round8 再会の約束
Round9 C級ライセンス
Round10 デビュー戦!
Round11 勝利への執念
Round12 手荒なダチ宣言
Round13 開幕、東日本新人王戦
Round14 強腕!フックVSアッパー!
Round15 我慢くらべ
Round16 激戦の予感
Round17 イッポ・オン・ザ・ビーチ
Round18 クリンチ
Round19 KOの夢
Round20 ショットガンの脅威
Round21 天才攻略の道
Round22 前へ!前へ!!
Round23 もう一つの準決勝
Round24 約束の場所へ…
Round25 それぞれの想い
Round26 距離の攻防
Round27 死闘
Round28 勝敗
Round29 浪速のロッキー
Round30 敵地へ
Round31 激闘の足跡
Round32 右を打て!
Round33 スマッシュの威圧
Round34 新人王
Round35 さらなる旅立ち
Round36 王者との出会い
Round37 目指すもの
Round38 二人の新人王
Round39 異国での挑戦
Round40 カウンターを超えたカウンター
Round41 ゲロ道の戦い
Round42 夢への共感
Round43 THE SPEED STAR
Round44 リングの死角
Round45 狼の白い牙
Round46 かもしかになれ!
Round47 秘められた闘志
Round48 赤い狼
Round49 信頼する勇気
Round50 伝えたいこと
Round51 合コン
Round52 挑戦者
Round53 俺が俺であるために
Round54 王者の拳
Round55 日本フェザー級タイトルマッチ
Round56 立ちはだかる力
Round57 決着
Round58 傷心
Round59 決意のまなざし
Round60 ライバル
Round61 再起への不安
Round62 復活
Round63 炎の青春
Round64 熱中時代
Round65 鴨川軍団の夏
Round66 鷹村さんの涙
Round67 動き出す鴨川ジム
Round68 会長の危機
Round69 サウスポーの罠
Round70 ごんたくれ
Round71 決戦の刻
Round72 LALLAPALLOOZA
Round73 あの時を超えろ
Round74 ミックスアップ
Round75 さらなる、一歩を
Round76 ボクサーの拳

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はじめの一歩 海外レビュー” の続きを読む

星界の戦旗2 海外レビュー

あらすじ

「アーヴによる人類帝国」と「3ヵ国連合」との戦争は、当初こそ連合側に帝都ラクファカール目前まで攻め込まれたものの、時間をかけて既知人類史上最大の艦隊を整備した帝国側に有利に展開していた。
第1期:2000年4月14日 – 7月14日
第2期:2001年7月11日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“星界の戦旗2 海外レビュー” の続きを読む

GEAR戦士電童 海外レビュー

あらすじ

ある日光る何かが宇宙より墜落し炎上、そこから6色の光が何処かへと飛び去った。その対岸の砂浜によろめきながら歩く蒼い髪の少女がいた。力尽き倒れたその傍らには2つの携帯端末が、そこへ助け寄る人影があった。

その17年後のある日、人類の抹殺を目論む機械生命体ガルファの巨大要塞・螺旋城が月へと飛来した。要塞からは配下のロボット「機獣」が地球へと進軍を開始する。星見町へ引越しして来た少年・草薙北斗は、小学校の校庭で拳法の練習をする少年・出雲銀河と出会う。その直後、迎撃衛星を取り込んだ何機もの機獣が飛来し、町への攻撃を始めるのだった。家族が心配になった2人は帰宅を急ぐが、途中で泣いている迷子の少女を見つけ、それを救おうとした。機獣が彼らに狙いを定め攻撃するその刹那、同時に床を割って巨大な青いロボットが現れ、驚く2人を自ら胸部のコクピットへと迎え入れた。それこそ人類の希望『GEAR戦士電童』である。
2000年10月4日から2001年6月27日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“GEAR戦士電童 海外レビュー” の続きを読む

Sci-Fi HARRY 海外レビュー

あらすじ

ハリーは内気でいじめられっ子の高校生だが、ある時を境に超能力に目覚めてしまう。時を同じくして町で起こり始める謎の怪死事件。

ハリーの超能力はスプーンを曲げる程度のものであったが、それをキャサリンに見せてしまった彼はキャサリンの勧めでスプーン曲げの練習をし、彼女の売込みでついにテレビ出演するに至る。

ハリーのすごい所を皆が知れば彼はもう誰にもいじめられない。そんなキャサリンの願いは、彼女や一部スタッフ・観客を除くテレビ局のスタジオの大半の人間が不可解な力により首をへし折られて殺されてしまうという大惨事によって無残にも打ち砕かれてしまう。

そこに現れたアキューザーと名乗る謎の組織に拉致されてしまったハリー。彼の運命はもはや後戻りできないところにまで来ていた。
2000年10月 – 2001年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“Sci-Fi HARRY 海外レビュー” の続きを読む

BOYS BE… 海外レビュー

あらすじ

基本的に登場人物や舞台(学校)がエピソード毎に変動し完結するオムニバス方式の作品であり、主にへたれな男子高校生・中学生の主人公が日常生活においてクラスメイトや幼馴染など身近にいる女性を恋愛対象と意識するようになり、痴話喧嘩やすれ違いを経て恋仲として親交を深めていく様を、女性の心理描写を交えながら主人公の目線で繰り広げるストーリーとなっている。殆どのエピソードがハッピーエンドとなっているが、これは連載初期にバッドエンドのストーリーを混ぜたところ、読者アンケートの得票数が下がったため、基本的にハッピーエンドとする方針になったことによる。しかしながら現実には作中のように上手く恋愛成就しないとの評も1997年に発行された公式ガイドブックやマガジンCDブックのライナーノーツで触れられている。
2000年4月 – 7月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BOYS BE… 海外レビュー” の続きを読む

ラブひな 海外レビュー

あらすじ

浦島景太郎は幼い頃に女の子と交わした約束を果たそうと、東京大学の入学を目指す19歳。しかし、彼はすでに2浪の身。家を追い出され、祖母が経営する東京近郊の温泉旅館を頼るのだが、そこは彼の知る昔の姿とはまるで違っていた。唐突に「女子寮」の管理人となってしまった景太郎は、ドタバタに翻弄されながらも、東大入学、そして「約束」に近づこうと奮戦していく。
2000年4月19日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“ラブひな 海外レビュー” の続きを読む

犬夜叉 海外レビュー

あらすじ

戦国時代の日本、あらゆる願いを叶えるという宝玉・四魂の玉を巡り人間と妖怪の争いが続いていた。四魂の玉を守る巫女・桔梗は、半妖・犬夜叉と心を通わし愛し合っていた。しかし、罠にはまり、お互いに裏切る。桔梗は玉を奪った犬夜叉を最後の力で封印し、自分もまた力尽きる。遺言により、四魂の玉は桔梗の亡骸と共に燃やされ、四魂の玉はこの世から一度は消え去った。

そして500年後の現代、神社の娘・日暮かごめは15歳の誕生日に、神社の祠にある古びた井戸から戦国時代へとタイムスリップする。そこは犬夜叉と桔梗の争いから50年が経過した時代であった。桔梗の生まれ変わりであるかごめの体内から再び四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇る。そして玉を巡って妖怪たちが動き出す。
2000年10月16日 – 2004年9月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“犬夜叉 海外レビュー” の続きを読む

サイバーシックス 海外レビュー

あらすじ

悪を愛する科学者・フォン・リヒター博士によって作られたサイバーシックスは、人間の心を持ったバイオロイド(人造人間)。彼女は愛する人々と街を守るため、リヒターの放つ怪物と戦いを繰り広げる。
2000年10月16日 – 2001年1月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“サイバーシックス 海外レビュー” の続きを読む

学校の怪談 海外レビュー

あらすじ

母を亡くして父と共に引っ越してきた小学5年生の宮ノ下さつきと弟の宮ノ下敬一郎は、両親も通ったという天の川小学校に転入してきた。宮ノ下さつきたちは学校の旧校舎に迷い込み、そこで妖怪たちに襲われてしまう。旧校舎のなかでさつきの母親が遺した「オバケ日記」を発見し、それに記された方法に従って妖怪を撃退する。

そのとき、妖怪「天の邪鬼」をペットの猫「カーヤ」の中に誤って封印してしまう。カーヤの中から天の邪鬼を追い出すためには旧校舎内の他の妖怪を退治しなければならない事がわかり、さつきたちは「オバケ日記」の情報をたよりに、他の妖怪たちを退治していく。

2000年10月22日から2001年3月25日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“学校の怪談 海外レビュー” の続きを読む

グラビテーション 海外レビュー

あらすじ

主人公の新堂愁一は「BAD LUCK」のヴォーカリスト。愁一は夜の公園で、超美形人気小説家の由貴瑛里と運命的な出会いをする。由貴に一目ぼれした愁一の猛烈なアタックの末に、愁一は由貴から「恋人にしてやる」と告げられる。しかし由貴には暗く衝撃的な過去があり、その過去にまつわる忘れられない人物がいた。少年時代に負った深い心の傷により、複雑に歪んだ由貴の人格。愁一の一途な想いは由貴に届くのか。そしてBAD LUCKとして、ヴォーカリストとして、愁一はどう成長していくのだろうか。ハイテンション・デンジャラスラブストーリーである。
2000年10月4日 – 2001年1月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“グラビテーション 海外レビュー” の続きを読む

ゲートキーパーズ 海外レビュー

概要

高度経済成長期の日本を舞台にインベーダーと呼ばれる謎の生命体と戦う少年少女を描く。

ゲームは、ヒロイン達との会話や恋愛を楽しむ「アドベンチャーモード」とインベーターと戦うシミュレーションRPG風の「バトルモード」に別れて構成される。

登場人物や設定はゲーム版とアニメ・ライトノベル版では大きく異なっている。

2000年4月3日 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゲートキーパーズ 海外レビュー” の続きを読む

NieA_7 海外レビュー

あらすじ

地方の高校を卒業したまゆ子は、予備校に通うために上京した。しかし、下宿先の銭湯の自分の部屋には、すでに先客が待っていた。異星人の少女のニアである。まゆ子はこの異星人との共同生活を、不本意ながら開始する。

苦学生のまゆ子は身勝手な同居人の存在に苛立ちつつも、何とか2人の生活を必死で維持しようとする。優しい地球人や、決して悪者ではないが一癖ある破天荒な異星人達に囲まれて、2人の日々はいつも賑やかに騒々しく過ぎて行く。

ある日、ニアは突如まゆ子の元から消える。悪友を失ったまゆ子は困惑を隠せない。しばらくしてニアは帰って来る。異星人の宇宙船から電波が発信されて、それに呼び出されたらしいが、真相はよく分からない。行く場所は結局どこにも無かった。
2000年4月26日 – 7月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“NieA_7 海外レビュー” の続きを読む