GTO 海外レビュー

あらすじ

かつて最強の不良「鬼爆」の一人として湘南に君臨した鬼塚英吉は、辻堂高校を中退後、優羅志亜(ユーラシア)大学に替え玉試験で入学した。彼は持ち前の体力と度胸、純粋な一途さと若干の不純な動機で、教師を目指した。

無茶苦茶だが、目先の理屈よりも「ものの道理」を通そうとする鬼塚の行為に東京吉祥学苑理事長の桜井良子が目を付け、ある事情を隠して中等部の教員として採用する。学園内に蔓延する不正義や生徒内に淀むイジメの問題、そして何より体面や体裁に振り回され、臭いものに蓋をして見て見ぬ振りをしてしまう大人たち、それを信じられなくなって屈折してしまった子どもたち。この学園には様々な問題が山積していたのである。

桜井は、鬼塚が問題に真っ向からぶつかり、豪快な力技で解決してくれることに一縷の望みを託したのであった。
1999年6月 – 2000年9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロール、myanimelistからのレビューになります

“GTO 海外レビュー” の続きを読む

メダロット 海外レビュー

あらすじ

お友達ロボット・メダロットが大流行している時代。小学生の天領イッキは、今時メダロットを持っていない珍しいヤツとして見られていた。しかし、川べりで見つけたカブトメダルを拾い、念願のKBT型メダロット・メタビーを手に入れるが、メタビーはマスターの言うことを聞かないという非常に珍しいメダルだった。
破天荒なメタビーに振り回されつつ、イッキは幼なじみのアリカ、良きライバルのコウジ、お嬢様のカリンといった仲間たちとの友情を深めていく。
メダロット魂
コクリュウを社長とする新進企業が生み出した、新しいメダロット「デスメダロット」。メダロット社に対する反発ともいえるデスメダロットは、ただロボトルに勝利することのみを目的とした攻撃的な存在であった。また、デスメダロットには通常のメダロットにあった人間じみた感情が全くなく、イッキとメタビーのような絆など持ち合わせていない。しかし、子供たちはやがてデスメダロットの戦闘力に魅せられていく。
そんな状況でも今までどおりのロボトルを続けるイッキとメタビーだったが、デスメダロットにはメタビーの切り札ともいえるメダフォースが全く効かないという特殊な装甲を装備するなど、兵器同然の恐るべき能力が隠されまるで歯が立たない。
だが、メカニックのナエの協力と彼女がもたらした新型ボディーにより、イッキたちはロボトルを正々堂々と戦うことを決意する。そして謎のメダロッターの登場や、デスメダロットに魅了されたびたびイッキたちとロボトルを繰り広げていたギンカイの改心もあり、デスメダロッターを徐々に追い詰めていく。
1999年7月2日 – 2000年6月30日(第1期)
2000年7月7日 – 2001年3月30日(第2期)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“メダロット 海外レビュー” の続きを読む

地球防衛企業ダイ・ガード 海外レビュー

あらすじ

2018年2月24日、犬吠埼沖に突如出現した謎の破壊物体「ヘテロダイン」。国連安全保障軍(安保軍)による掃討戦も意味を成さず、東京上陸を阻止すべくOE兵器による大規模な破壊攻撃によってヘテロダインは消滅した。安保軍は再来に備えて2023年にスーパーロボット「ダイ・ガード」を建造。「界震災害関連法」に基づき、株式会社21世紀警備保障に移管されるも、無用の長物と化し社のマスコットとして活用されていた。

2030年10月、東伊豆・熱海の海岸で21世紀警備保障のPRイベントの会場に「ヘテロダイン」が12年ぶりに出現。現場に居合わせた企画開発部広報2課社員の赤木・青山・桃井の3人は役員の制止を振り切り、ダイ・ガードでヘテロダインに立ち向かう。
1999年10月5日 – 2000年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“地球防衛企業ダイ・ガード 海外レビュー” の続きを読む

ベターマン 海外レビュー

あらすじ

2006年、世界は集団自殺・殺戮行為を引き起こす「アルジャーノン」と呼ばれる原因不明の奇病に冒されつつあった。

そんな中、ジオフロント型地下遊園地「ボトム・ザ・ワールド」で、開園セレモニーの準備中、謎の大量死亡事故が発生。警察と共に調査に訪れたアルジャーノン調査研究機関「モーディワープ」の都古麻御は、この事故をアルジャーノンが原因であると断定する。同じ頃、蒼斧蛍汰は閉鎖されているはずの「ボトム・ザ・ワールド」に偶然入り込んでしまう。彷徨ううちに巨大な人型メカ(ニューロノイド)「覚醒人1号」と遭遇。その操縦席には、幼い頃に別れた幼馴染の彩火乃紀がヘッドダイバーとして搭乗していた。
1999年4月1日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ベターマン 海外レビュー” の続きを読む

Blue Gender 海外レビュー

あらすじ

現代の医学では治療不可能な病気を未来の医療技術に希望を託したスリーパーと呼ばれる冷凍睡眠患者。その一人、海堂祐司が目覚めたのは巨大な虫を彷彿させる謎の生命体、BLUEによって支配された西暦2031年の荒廃した地球だった。

変わり果てた世界を目の前にただ愕然となる祐司に対し、極東方面スリーパー回収部隊チーム・グランザイルのアーマーシュライクパイロット、マリーン・エンジェルは事の経緯を淡々と説明する。BLUEが出現したのは今から14年前であること。BLUEは鉱物などの無機物までをも喰らって自らの生命エネルギーに変換できる極めて特殊な生物であること。その圧倒的な繁殖力を前に地球を追われた人類はセカンドアースと呼ばれる衛星軌道上のスペースステーションへ移住したこと。長年にわたって反撃の機をうかがっていた人類が遂にその行動を起こしたこと。

1999年10月7日 – 2000年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Blue Gender 海外レビュー” の続きを読む

おジャ魔女どれみ 海外レビュー

あらすじ

ドジで妹の春風ぽっぷからもバカにされる自称「世界一不幸な美少女」の小学3年生・春風どれみ。魔女に憧れ、好きな人に告白する勇気を魔法で手に入れたいと思っていた彼女は、ひょんなことから本物の魔女・マジョリカと出会う。この時マジョリカが魔女であることを、どれみが見破ってしまった[19]為に、マジョリカは魔女ガエルの呪いの力により魔女ガエルとなってしまう(猫に変身していたマジョリカのお付きの妖精ララは正体を隠す必要がなくなったため、元の妖精の姿に戻る)。

魔女ガエルに変えてしまったマジョリカを元の姿に戻すため、どれみは幼なじみの藤原はづき、転校生の妹尾あいこ、後にはどれみの妹春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励んでいく。
1999年2月7日から2000年1月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おジャ魔女どれみ 海外レビュー” の続きを読む

モンスターファーム 〜円盤石の秘密〜 海外レビュー

あらすじ

佐倉ゲンキは、「モンスターファーム」が大好きな小学5年生。ゲンキは「モンスターファーム」のゲーム大会「モンスター甲子園」に出場し優勝する。後日、優勝賞品であるシリーズ最新作「モンスターファーム200X」がゲンキのもとに贈られてきた。ゲンキはさっそくゲームを起動させるが、プレイ中に突然テレビの中に吸い込まれてしまう。

ゲンキが吸い込まれた先には、「モンスターファーム」に登場するホリィとスエゾーがいた。そこはゲンキが大好きな「モンスターファーム」の世界だった。そこに、ゲームに登場するモンスター、ブラックディノが走ってきた。しかし、どこか様子がおかしい。ゲームでは決してブリーダーを襲わないモンスターが、あろうことか人間に牙を向けてきたのだ。

からくもブラックディノをまいたゲンキは、ホリィとスエゾーから衝撃の事実を聞く。悪の魔王「ムー」により、イイモン(善いモンスター)がワルモン(悪いモンスター)に変えられてしまい、この世界はそのワルモンによって支配されていたのだ。しかし、伝説のモンスター「火の鳥」が誕生すれば、すべてのワルモンはイイモンに戻るという。

モンスターを悪用するムーを許すことができないゲンキ。彼はホリィたちと共に、「火の鳥」の円盤石を探す旅に出ることを決意したのだった。途中、ゲンキたちはさまざまな壁にぶつかるが、何事にも屈しない「勇気」、仲間たちとの「友情」、そして「ガッツ」で、数々の試練に敢然と立ち向かっていく。
第1期:1999年4月17日 – 2000年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

“モンスターファーム 〜円盤石の秘密〜 海外レビュー” の続きを読む

ワイルドアームズ トワイライトヴェノム 海外レビュー

あらすじ

一年に一度しか接触することの出来ない空中監獄アルカ・トラス。お宝を探しに潜入したロレッタとミラベルが見つけたのは、捕らわれの科学者キールとアームズ使いを自称する少年シャイアンだった。「俺は25歳だ!」というシャイアンは、どう見ても子供にしか見えない。ロレッタたちに馬鹿にされるシャイアンであったが、自分の本当の身体を探す旅に旅立ったのであった。
1999年10月 – 2000年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ワイルドアームズ トワイライトヴェノム 海外レビュー” の続きを読む

To Heart 海外レビュー

概要

本作は、サウンドノベルの手法を取り入れた「ビジュアルノベル」の『雫』『痕』により、マニアックな支持を集めていたアダルトゲームブランド「Leaf」によるシリーズ第3弾である。シナリオライターの高橋龍也によれば、本作は当時に閉塞感のあったLeafの売り上げに貢献するよう企画されたものとのことで、マニアックな色彩の強い前2作と比較して、より広い客層にアピールする作品となっている。
1999年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“To Heart 海外レビュー” の続きを読む

今、そこにいる僕 海外レビュー

概要

ギャグ作品を得意とする大地丙太郎が(本人曰く「ギャグは渇望しないと生まれないため」)ギャグを一切封じ、アニメで軽く扱われすぎている戦争をきちんと描いてみたいと思い、アフリカの内戦によって生み出された少年兵士を参考に、別世界の闘いが日常になっている状況に飛び込む作品。

世界観

世界観に関する設定や解説などを大幅に簡略化しており、遠い未来の地球のどこかであるという、漠然とした舞台設定(物語の冒頭で「こんなにももろく~百億年の年月だから~」というセリフがあるものの、定かではない)である。荒廃し切った大地、異常発達した動植物、軍事などの一部目的に特化したハイテクノロジーなど、物語の各所で垣間見える要素が、現代とは異なる環境たる所以である。
1999年10月14日 – 2000年1月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“今、そこにいる僕 海外レビュー” の続きを読む

GREGORY HORROR SHOW 海外レビュー

あらすじ

ごく平凡に日常を生きる主人公はある時ふと見知らぬホテルの前に辿り着く。支配人に部屋を宛がわれ、奇妙な宿泊客たちと交流し、理不尽な恐怖とそれに伴う奇妙な居心地のよさに惑いながら、主人公は徐々に自分の真の欲望や、グレゴリーハウスとは一体どんな存在なのかに気付いていく。ホテルから脱出し元いた「現実」に帰還すべく奮闘する主人公。果たして彼らは真実を受け止め、無事に帰ることが出来るのだろうか。
99年10月~00年3月放送(第一期)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“GREGORY HORROR SHOW 海外レビュー” の続きを読む

アレクサンダー戦記 海外レビュー

概要

紀元前4世紀のマケドニアを舞台に、謎の魔術師集団・ピュタゴラス教団と、時の支配者フィリポスII世の王子アレクサンダーが、世界の命運を賭けた戦いを繰り広げる。史実に沿ったストーリーではあるが、衣装・建築物・兵器など当時のものとは懸け離れたデザインがされており、また内容もかなり脚色されている。
1999年9月15日 – 9月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アレクサンダー戦記 海外レビュー” の続きを読む

無限のリヴァイアス 海外レビュー

あらすじ

2137年、大規模な太陽フレアによって出現した高密度のプラズマ雲が、黄道面を境に太陽系の南半分を覆いつくし、地球も南半球が壊滅、17億もの人命が失われる被害を受ける。このフレアは「ゲドゥルト・フェノメーン」、プラズマ雲は「ゲドゥルトの海」と名付けられた。

2225年、地球の衛星軌道にあった航宙士養成所リーベ・デルタは、何者かの襲撃によって制御不能になり、ゲドゥルトの海へ突入してしまう。しかしその時、リーベ・デルタ内部に隠されていた外洋型航宙可潜艦「黒のリヴァイアス」が起動した。

教官たちは全員殉職し、リヴァイアスに避難できたのは少年少女ばかり487人。なぜか彼らは、自分たちを救助してくれるはずの軌道保安庁から攻撃を受け、戸惑い、混乱しつつもこれと戦い続ける。閉鎖された極限状態にある艦内では、艦の指揮権や物資の配給を巡って、少年少女同士が陰惨な争いを繰り広げながら、火星圏から土星圏、天王星圏へと当てのない逃避行を続けていく。
1999年10月6日 – 2000年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“無限のリヴァイアス 海外レビュー” の続きを読む

課長王子 海外レビュー

あらすじ

元ギタリストのしがないサラリーマンが、宇宙戦争で重要な存在になってしまう物語。本筋は夢破れた元ミュージシャンが自信を取り戻すまでを描いたヒューマンドラマである。

なお、ストーリー、設定には没となったものがかなりあり、その様子が『課長王子外伝』の単行本巻末に描かれている。一例を挙げるとレイラらに敵対する組織の名称が有名なヘヴィメタルバンドをもじった「ジューダイス・プリースト」になっていた、など。『外伝』本編のプロローグにもこの名称は使われている。
1999年7月8日 – 10月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“課長王子 海外レビュー” の続きを読む

魔法使いTai! 海外レビュー

あらすじ

ある日、謎の巨大物体ツリガネが地球に飛来、各国の軍隊が攻撃を加えるも効果は無く、ツリガネは何をするわけでもなく地球に居座ることに。そこで都立北野橋高校の高倉武男が率いる魔法クラブが立ち上がった。
1999年7月7日 – 10月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法使いTai! 海外レビュー” の続きを読む

A.D.POLICE 海外レビュー

あらすじ

西暦2027年、メガTOKYO。ブーマの氾濫に対し、軍隊並の武装を持った特殊警察機構AD.ポリスが設立された。新人のAD.ポリス隊員であるレオンは、連日ブーマ狩りやテロ鎮圧に出動していた。
1999年4月7日 – 6月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“A.D.POLICE 海外レビュー” の続きを読む

コレクター・ユイ 海外レビュー

あらすじ

時は(1999年現在)近未来の西暦20XX年。コムネットと呼ばれる仮想空間を舞台に、様々なトラブルを春日結が「コレクター・ユイ」に変身して解決していく。第1期は世界支配をもくろむグロッサーを封じるためにコレクターズを集結させ戦う。第2期はグロッサーを元の状態に戻した数か月後の話で、新型の強力コンピュータウイルス、バグルスの発生原因を探る。

第1期:1999年4月9日 – 10月15日
第2期:2000年4月14日 – 10月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“コレクター・ユイ 海外レビュー” の続きを読む

下級生 海外レビュー

概要

TVアニメ版『下級生』はUHFアニメとして、1999年7月1日から9月23日まで全13話を放送(日付はサンテレビの場合で、放送局により異なる)。OVA版の続編ではない。シナリオをリセットして3年生の4月から物語を再び始めることで、OVA版で十分に描き切れなかったヒロインとの関係を描いた。また、主人公のキャラクターはOVA版の主人公と重ならないように変更されている。主人公の山口剛とヒロインの南里愛と飯島美雪の関係を描くほか、持田真歩子、加納涼子、神山みこ、新藤麗子達とのエピソードも交えて話が展開する。TVアニメ版では主人公よりも年下の南里愛、飯島美雪、持田真歩子の登場回数が多く、その点では真の「下級生」となっていた。

TV放送のためにOVA版よりも露出は控えめだったが、セルDVD/VHS版では本放送時にはなかったサービスカットが追加されている。そのほか、本放送時とセルDVD/VHS版との違いとしては、EDテーマを歌うあっぷ^2が出演する「下級生エンドコーナー」(メインスタッフへのインタビューや製作現場の映像も放送されていたが、セルDVD/VHS版には未収録)、あっぷ^2の実写映像が流れていたED(セルDVD/VHS版ではアニメに差し替え・DMM.comなどのバンダイチャンネルの配信ではあっぷ^2の実写映像が採用された。)などがある。
1999年7月1日から9月23日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“下級生 海外レビュー” の続きを読む

魔装機神サイバスター 海外レビュー

あらすじ

西暦2040年。大地震による被害、自然環境の破壊で東京は壊滅状態となっていた。

主人公・安藤ケンは、地球環境調査研究所「D.C.」(デバイン・クルセイダーズ)への入隊を目指していたが落第。失意に沈むケンであったが、そんな時に新宿上空で謎の大爆発が発生し、正体不明の巨大ロボット(サイバスター)が現れた。D.C.の新入隊員が次々とやられる中、ケンは機転を利かせて巨大ロボットを退ける。その活躍が認められたケンは、戦闘で欠員の出たD.C.に入隊を許される。夢が叶って喜ぶケンだが、その日を境に武装化を始めたD.C.には不穏な空気が流れ始めていた。
1999年5月3日 – 10月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔装機神サイバスター 海外レビュー” の続きを読む

天使になるもんっ! 海外レビュー

あらすじ

家族と別居し、一人暮らしの男子高校生・鴨下祐介の前に突然天使のような風貌の少女・ノエルが現れる。アクシデントのキスによりノエルの家族に婿として迎え入れられ、同居するはめに。その上祐介は思いを寄せていた鈴原夏海に、誤解が重なり完全に嫌われてしまう。

それでも告白する祐介だが、ラブレターに書いた「僕の天使」の部分には「天使なんているわけないじゃない!」と異様な剣幕で否定され落ち込む祐介。そんな姿を見たノエルは破られたラブレターを渡し、「私、ユウスケの天使になる!」と約束する。
1999年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“天使になるもんっ! 海外レビュー” の続きを読む

D4プリンセス 海外レビュー

あらすじ

螺旋皇国第三皇女、瑠璃堂どりすは国のしきたりに従い、皇女としての資格を審査する「審判の日々」を過ごすため自治都市「東方帝都」に留学してきた。どりすが留学先を東方帝都に選んだのは、大罪を犯し失踪した長姉どりなを探すためであった。数々のパンツァー達とのバトルを経てどりすは成長し、またどりなの失踪とどりす自身の秘密にまつわる謎がやがて明かされていく。
1999年4月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“D4プリンセス 海外レビュー” の続きを読む

仙界伝 封神演義 海外レビュー

あらすじ

今から3000年前の古代中国、殷の王朝時代。第30代皇帝紂王は文武共に優れた名君であった。しかし邪心を持つ仙女の妲己を皇后に迎えて以来、彼女の怪しい術に惑わされ、かつての賢君は見る影も無い抜け殻になった。悪政を続ける紂王と妲己によって国は乱れに乱れた。そこで仙人界崑崙山の教主元始天尊は悪の仙道を神界に封じ込め、革命による新たな王朝を作る計画「封神計画」を弟子の太公望に実行させる。

太公望は妲己という強大な敵に立ち向かうため、持ち前の頭脳と人を惹き付ける人格で仲間達を集め、宝貝という仙界の道具を使い、共に封神計画を進めていく。そして紆余曲折ありながらも順調に進む封神計画の中、新たな事実が次々と判明していく。
1999年7月3日 – 12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“仙界伝 封神演義 海外レビュー” の続きを読む

星方天使エンジェルリンクス 海外レビュー

あらすじ

16歳の巨乳美少女、李美鳳(リ・メイフォン)は、財閥「天環(リンクス)グループ」の創始者だった祖父の遺言に基づきグループ総帥に就任、無償の宇宙綜合警備事業「エンジェルリンクス」を開始する。高武装な宇宙戦艦も新造し、選りすぐりの精鋭と輸送船の警備や海賊退治を行う。
1999年4月7日 – 6月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“星方天使エンジェルリンクス 海外レビュー” の続きを読む

ヱデンズボゥイ 海外レビュー

あらすじ

天上都市(エデン)の落とし子ヨルンは、いつか天上都市へ昇り母と再会することを夢見て地上で暮らしていた。ある日、ヨルンは空から降ってきた少女エリシスと出会う。時を同じくして、天上都市の一つで神殺しの秘密を求めるユルガハが送り込んだ刺客も現れ、ヨルンは戦いに巻き込まれていく。
1999年4月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヱデンズボゥイ 海外レビュー” の続きを読む

快感・フレーズ 海外レビュー

あらすじ

国語が得意な事だけが取柄の女子高生・雪村愛音は、作詞オーディション応募用の作品[6]を無くして困っている最中に、謎の男性から楽屋パスを渡される。軽い気持ちで足を運んだ愛音は、そのコンサート会場・東京ドームのステージで驚くべき光景を目にする。なんと先程会った男性が、自分が書いた詞に曲をつけて歌っていたのだ。実は先程会った男性は、超人気ビジュアル系ロックバンド・Λuciferのボーカル・大河内咲也だった。彼は愛音の才能を見込み、彼女をΛucifer専属の作詞家にする事を決めるのであった。
1999年4月20日 – 2000年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“快感・フレーズ 海外レビュー” の続きを読む

アークザラッド 海外レビュー

概要

『アークザラッド』のタイトルで、1999年4月5日から同年10月11日にかけてWOWOW(ノンスクランブル放送)にて放送。1話から13話(白い家編)までは原作をベースとしているが、14話以降(聖柩編)は完全にアニメオリジナルストーリーである。

本作にはサニアやちょこなど一部のキャラクターは登場しない代わりにアニメオリジナルキャラクターが多く存在する。また、リーザを始め主要キャラクターの声優が一部変更されている。
1999年4月5日から同年10月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アークザラッド 海外レビュー” の続きを読む

パワーストーン 海外レビュー

概要

『パワーストーン』(POWER STONE) は、1999年にカプコンが発売した3D対戦アクションゲーム。2000年に続編として『パワーストーン2』が発売されている。アーケードのシステム基板は第1作目、『2』ともNAOMIで、両作品ともドリームキャスト版も発売された。なお、2006年にPlayStation Portable版も発売された。
1999年4月3日から同年9月25日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パワーストーン 海外レビュー” の続きを読む

神風怪盗ジャンヌ 海外レビュー

あらすじ

日下部まろんは一見普通の高校生。だが実は巷を騒がす怪盗ジャンヌの正体・そしてジャンヌ・ダルクの生まれ変わりである。準天使フィン・フィッシュに導かれ、神の娘として美術品に憑依した悪魔を回収し、失われつつある神の力を取り戻すという使命を信じチェックメイトを続けているのだ。警察や警官を父に持つ親友の東大寺都に追いかけられながらも、着実に使命をこなしていたある晩、彼女の前に謎の怪盗シンドバッドが現れ、「君に怪盗をやめさせたい」と宣戦布告する。

後日、まろんは同じマンションに住む都と共に登校しようとして、引っ越してきたばかりだという名古屋稚空と出会う。彼はなんとまろんの隣の部屋に入居したばかりか同じ高校へ編入してきた。昼間はプレイボーイの気がある稚空に、夜は怪盗シンドバッドに振り回されるまろん。しかし、ひょんなことからシンドバッドの正体が稚空であることが発覚。まろんは次第に彼に惹かれていくが「シンドバッドは敵」という認識は捨てられず、それでも時と場合によっては共闘することも選択肢に加えるようになった。
1999年2月13日 – 2000年1月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神風怪盗ジャンヌ 海外レビュー” の続きを読む

イケてる二人 海外レビュー

あらすじ

佐次京介は小泉明にゾッコンな高校生。かつては高嶺の花だった小泉明と初体験で結ばれ、その後はカップルになったはずだが、小泉は未だに邪険にしたまま。そんな2人の周囲を囲む、恋愛と友情の物語。
1999年2月2日 – 2月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“イケてる二人 海外レビュー” の続きを読む

火魅子伝 海外レビュー

あらすじ

現代の高校生である九峪雅比古は、ガールフレンドである姫島日魅子と共に、日魅子の祖父である姫島教授が発掘作業を行っている九州佐賀県、耶牟原遺跡に来ていた。
そこに、珍しい銅鏡が発見された。発掘現場は沸き立ち、日魅子も同じ様子だった。
夜を迎え、辺りが静けさに満たされたころ、日魅子が銅鏡の元へ行こうとした所を九峪が発見。そのまま銅鏡の元へ二人で訪れたが、鏡から尋常ならざる気配がし、日魅子が光の柱に包まれてしまった。このままではまずいと直感した九峪は、日魅子を光の柱から押し出すことに成功。しかし、鏡の光は九峪を包みこんでしまった。
九峪が気づくとそこには、あの発掘された銅鏡、「天魔鏡」の精なるキョウが待ち構えていた。此処は別次元(パラレルワールド)の、九洲なる場所ということを聞かされた九峪は、現代に帰る方法をキョウに問い詰める。キョウの話によると、狗根国に支配されてしまった耶馬台国を復活させ火魅子なる女王を誕生させねばならないらしい。
九峪は、キョウの提案で「神の遣い」を名乗り、旧邪馬台国の人間と共に、耶馬台国復活のため、戦いに身を投じていく。
1999年1月6日 – 3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“火魅子伝 海外レビュー” の続きを読む

宇宙海賊ミトの大冒険 海外レビュー

あらすじ

天野原町に住む中学生の少年・光国葵は、母・美都と1年ぶりに父親の墓参りに行く。ところが、その最中に銀河パトロール局員の年賀睦月・正月の姉弟が乱入して美都に襲い掛かる。なんとか年賀姉弟を退けるが、美都の身体の中から小学生くらいの少女が現れる。実は彼女は、宇宙を股にかける海賊のキャプテン・ミトだったのだ。
1999年1月4日 – 3月29日(第1期)
1999年7月12日 – 10月4日(第2期)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“宇宙海賊ミトの大冒険 海外レビュー” の続きを読む

ゴクドーくん漫遊記 海外レビュー

概要

その名の通り自分勝手で極道な性格の冒険者「ゴクドー・ユーコット・キカンスキー」と、彼を取り巻く個性豊かなキャラクターが繰り広げる冒険活劇で、寓話的要素も見られる。当初、原作におけるタイトルは『極道くん漫遊記』だったが、テレビアニメ版は『ゴクドーくん漫遊記』と改題した上で放送され、原作もアニメ化以後の版では同様のタイトルに改められた。

小説版は角川スニーカー文庫で全13巻が刊行。その後はメディアワークスの電撃文庫で『ゴクドーくん漫遊記外伝』が刊行されていたが、第10巻「地獄に堕ちた亡者ども 上」を最後に執筆が止まっており、本編と共に絶版となっていて続編発表の動きは無い。
1999年4月2日 – 9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ゴクドーくん漫遊記 海外レビュー” の続きを読む

THE ビッグオー 海外レビュー

あらすじ

今から100年後、かつてマンハッタンと呼ばれていた「記憶喪失の街」パラダイムシティ。この街の住人は、40年前に起きた“何か”によって、パラダイムシティを残し他全ては死滅、そしてそれまでの記憶(メモリー)を「その“何か”に関する事も含めて」全て失っていた。主人公のロジャー・スミスは、凄腕のネゴシエイターとしてパラダイムシティで仕事をしている。だがしかし、そんな街において交渉だけで事が済む場合は少なく、荒っぽい暴力に訴えてくる相手も多い。そんな時、彼はメガデウス・ビッグオーを持ち出し、力に力で対抗する。
第1期1999年10月13日 – 2000年1月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

3ff48d2b

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

“THE ビッグオー 海外レビュー” の続きを読む

十兵衛ちゃん ラブリー眼帯の秘密 海外レビュー

あらすじ

今から約300年前、江戸時代初期の剣豪、柳生十兵衛は今際の際に、弟子の小田豪鯉之助に「ラブリー眼帯」を授け、2代目柳生十兵衛を探し出せと言い残して死去する。2代目の条件は――「ぽちゃぽちゃのぷりんぷりんのぼんぼーん」。 300年後の現代。2代目にいきなり指名されてしまった中学2年の少女・菜ノ花自由。彼女は「ぽちゃぽちゃのぷりんぷりんのぼんぼーん」であるため、その名を継ぐ資格があると鯉之助はいう。彼は300年間気力だけで生きながらえてきたのだ。見事認められた自由はいやいやながらも眼帯をつけたとたん、天下無双の剣の達人「十兵衛ちゃん」へと変身、柳生に代々深い恨みを持つ「竜乗寺家」からの挑戦を受けざるを得なくなったが、実は2代目柳生十兵衛の剣には秘密の力があった。
1999年4月5日 – 6月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“十兵衛ちゃん ラブリー眼帯の秘密 海外レビュー” の続きを読む

人形草紙あやつり左近 海外レビュー

概要

『人形草紙あやつり左近』(からくりぞうし あやつりさこん)は、『週刊少年ジャンプ』で、1995年23号から1996年1号まで、連載された写楽麿原作、小畑健作画による漫画、及び、それを原作としたアニメ作品。コミックス全4巻、文庫版全3巻。

人間国宝の文楽人形師・橘左衛門の孫で人形遣いの「橘左近」が、自分の操る童人形「右近」を相棒に遭遇する様々な事件を解決していくサスペンスストーリー。

『週刊少年マガジン』の『金田一少年の事件簿』が大ヒットし、他の週刊少年漫画誌も推理漫画を連載し始めていた頃に連載が開始された。結局、本作は短期の連載で終わったが、その後の小畑氏の活躍もあって再注目され、打ち切り作品でありながらアニメ化され文庫化されたほか、2005年にはコンビニコミックスとしても刊行されている。
1999年10月8日 – 2000年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“人形草紙あやつり左近 海外レビュー” の続きを読む

へっぽこ実験アニメーション エクセル♥サーガ  海外レビュー

概要

テレビ東京で1999年10月7日から2000年3月30日まで木曜25時15分から25時45分に全25話が放送された。テレビ東京公式サイトの番組表では「エクセル・サーガ」と表記されていたが、正式名称は『へっぽこ実験アニメーション エクセル♥サーガ』である。

「へっぽこ実験アニメーション」という副題が示す通り、毎回「実験」と称しては特定のお題に沿ったへっぽこな物語を展開。極端なパロディに特化した内容になっており、さらに作者の六道神士や監督のワタナベシンイチ(作中ではナベシン)が事あるごとに作中に登場するなど荒唐無稽でメタフィクション的なギャグアニメとなっている。冒頭では毎回原作者名義で「実験」を許可する旨の宣誓が行われる。脚本は奇数回を倉田英之が、偶数回を黒田洋介が担当した。

なお、VHS版およびDVD版にはテレビ放送されなかった第26話「やりすぎ」が収録されており、これには18禁版と性描写が隠された通常版がある。
1999年10月7日から2000年3月30日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“へっぽこ実験アニメーション エクセル♥サーガ  海外レビュー” の続きを読む

セラフィムコール 海外レビュー

概要

1999年10月から同年12月まで、同企画を元にしたテレビアニメ『セラフィムコール』が三大都市圏のテレビ東京系列局3局にて放送された。全12話。

この作品は、ヒロイン11人が2010年に体験した出来事をオムニバス形式で紹介するという内容になっており、最終話ではヒロインたちが一堂に会する。過去に同枠で放送されていた『センチメンタルジャーニー』と同様に、サンライズが製作を担当。

『センチメンタルジャーニー』に『12都市12少女物語』の副題が付いていたように、この作品にも『2010年11少女物語』の副題が与えられていたが、ヒロインたちには同年代の男性との恋愛要素がほとんどない。また、ヒロインたちの年齢層は中学1年生の少女から26歳の女性教師までと幅広い。

各話には、実験的な要素が多く盛り込まれ、SF風、アドベンチャーテイスト、少女アニメ風などさまざまな物語が語られる。
1999年10月から同年12月まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“セラフィムコール 海外レビュー” の続きを読む

ジバクくん 海外レビュー

あらすじ

物語の舞台は、時計回りに12の世界に分かれた「ツェルブワールド」。それぞれの世界には、人々を襲う「トラブルモンスター」に対処するため、聖霊を操って戦う選ばれた子供、通称・グレートチャイルド (GC) が各世界に1人ずつ存在する。

1の世界「ファスタ」に住む主人公・爆は、トラブルモンスターに襲われたところを当時のGC・炎に助けてもらったのを機に、GCの称号とそれに伴う聖霊や道具を譲渡されることになる。そして「世界制覇」という壮大な夢を掲げる爆に、炎は「全世界イチのGCになれ」と言って去って行った。
放送期間1999年10月5日 – 2000年3月28日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ジバクくん 海外レビュー” の続きを読む

臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ 海外レビュー

概要

全13話(Stage1 – Stage13)。3巻構成だが、2巻は別の作品である「ナースちぇいさー」3話分が収録されている。

アニメは、1999年10月5日から2000年4月4日にかけて、WOWOWの『アニメコンプレックス2』枠で放送された。1話約12分番組で全24話。

中学生の桂木萌と、桂木家にやってきた死神のリスキー、天使のセフティによるほのぼのアニメで、昔話の世界で宇宙戦争が始まったり、セリフの無いサイレントの話があったりするという、実際はなんでもあり。アニメ版の各話サブタイトルには、ほかの作品の題名のもじりが含まれている。なお、脇役代表の安達さんとラニーは「おねがい☆ティーチャー」にもセリフで登場する。
1999年10月5日 – 2000年4月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ 海外レビュー” の続きを読む

イッパツ危機娘 海外レビュー

あらすじ

中国からの留学生・クーニャンは容姿端麗、スポーツ万能、学業優秀なスーパーガール。だが完璧すぎる彼女にも致命的な弱点があった。それは「どんな状況でも命懸けの事態に巻き込まれる」こと。人呼んで“イッパツ危機娘”のクーニャンは、今日もどこかで危機的状況に巻き込まれている。

アニメ版ではクーニャンが酩酊した後危機的状況に気付くという設定がない。また、二代目危機娘である相沢まどかのエピソードもクーニャンが主役になっている。
1999年10月4日から10月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“イッパツ危機娘 海外レビュー” の続きを読む

デュアル!ぱられルンルン物語 海外レビュー

あらすじ

高校生の四加一樹は、周りには見えないロボットの幻影が見えるようになり変人扱いされていた。それを知った科学者の真田博士は、四加を研究室に連れてくるように娘の三月に頼む。博士はパラレルワールドを証明しようとしており、怪しげな装置に四加を座らせるが、三月の手違い(椅子違い?)により別世界へと転送してしまう。

平行世界に飛ばされた四加は、特定の人間しか操縦できないコアロボット1号機“ハルツィーネン”を巧みに操縦して敵を撃破する。これを知ったこの世界の真田司令長官は四加を呼び出す。四加は元の世界に返して欲しいと頼むが、侵略者との戦争が原因で理論は完成していなかった。

戦争を終わらせて早く帰るため、一緒に平行世界に飛ばされた三月と真田家に居候しつつ、ハルツィーネンを操縦して侵略者と戦うことになるのだが、それはそれとしてドタバタな日常生活が始まる。
1999年4月8日 – 7月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デュアル!ぱられルンルン物語 海外レビュー” の続きを読む