AKIRA アキラ 海外レビュー

あらすじ

1988年7月、関東地方に投下された「新型爆弾」により、第三次世界大戦が勃発。それから31年後、新首都のネオ東京では反政府ゲリラと軍部との暗闘が続いていた。

タカシとの衝突を機に超能力に覚醒した鉄雄は、軍や暴徒を退けてオリンピック会場のアキラの封印を解くが、そこにあったのは分析のためにバラバラに分解されたホルマリン漬けの臓器だけであった。レーザー銃を手に入れた金田が鉄雄との対決に敗北する一方、大佐がSOLによるレーザー照射を実行。鉄雄はこれによって右腕を失うが、超能力によってSOL自体も無残に破壊した。金田たちはそれに紛れて一時撤退、鉄雄は右腕の肩代わりとして瓦礫の破片を義手にするのだった。
1988年7月16日公開(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

“AKIRA アキラ 海外レビュー” の続きを読む

頭文字D 海外レビュー

あらすじ

藤原拓海(ふじわら たくみ)は一見ごく普通の高校生だが、父が営む「藤原とうふ店」の配送を中学生時代から手伝い、秋名山の峠道で日々AE86型(ハチロク)スプリンタートレノを走らせるうちに、非凡なドライビングテクニックを身に着けていた。ある日、赤城山を本拠地とする走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のNo.2である高橋啓介(たかはし けいすけ)に勝利したことで、「秋名のハチロク」の噂は近隣に広まっていく。当初は状況に流されるままバトルを受ける拓海だったが、手練の走り屋たちの挑戦を経て、次第に自分の才能と夢を見つめなおすようになっていった。
1998年(頭文字D)- 2006年(4th Stage)
2012年11月9日- 2013年5月10日 (5th Stage)
2014年5月16日-6月22日(Final Stage)(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“頭文字D 海外レビュー” の続きを読む

魔法のステージファンシーララ 海外レビュー

あらすじ

主人公・篠原みほは、漫画が好きで少し空想癖のある小学3年生の少女。ある日みほは、異世界「時間(とき)の記憶」にすむ妖精・ピグとモグに出会う。人間の世界に迷い込んでしまったピグとモグは、しばらくの間みほの家に匿われることになり、そのお礼としてみほに魔法のペンとスケッチブックを預ける。魔法の力により15歳くらいの姿に変身したみほは、ファッションモデルにスカウトされ、ファンシーララとしてデビューすることになる。
1998年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法のステージファンシーララ 海外レビュー” の続きを読む

ロスト・ユニバース 海外レビュー

概要

ロストシップ・ソードブレイカーに乗るトラブル・コントラクター(厄介ごと請負人)のケインとミリィが巨大企業ゲイザー・コンツェルンを隠れ蓑にした巨大犯罪組織ナイトメアと戦うスペースオペラ。

1998年には同タイトルでテレビアニメ化されている。原作、アニメ、漫画それぞれで登場人物などの設定や物語の終盤部分が異なっている。
1998年4月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロスト・ユニバース 海外レビュー” の続きを読む

万能文化猫娘 海外レビュー

概要

1990年に『Weekly漫画アクション増刊・増刊王』(双葉社)で連載していたが、同誌の休刊などによってわずか3回の連載で終了してしまった。

アニメは1992年にOVAが発売された(旧OVA版と称する)。後に1998年にテレビ東京系でテレビアニメも放送され(TV版と称する)、これと平行してOVA版の新シリーズ「DASH!」も発売(こちらのOVAシリーズは新OVA版と称する)。

1998年のテレビアニメ化を受ける形で『月刊少年エース』(角川書店)1997年12月号にてメディアミックス戦略のための作者・高田の手による前倒し漫画連載『新万能文化猫娘 誕生編』がスタートしたが、連載は中途立ち消えとなっている。
1998年1月7日 – 3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“万能文化猫娘 海外レビュー” の続きを読む

SHADOW SKILL 影技 海外レビュー

あらすじ

聖王国アシュリアーナという架空世界を舞台に、多くの人々との出会いや別れ、そして数々の闘いを通じて、一人の少年が闘士として成長してゆく様を描いたファンタジー。物語の基礎になったのは、漫画家デビュー前に岡田が描いていた同人誌。岡田の商業誌デビュー作である。

1992年に竹書房の『コミックガンマ』で連載が開始されたが、1996年6月号をもって同誌が休刊となったのち、富士見書房の『月刊ドラゴンジュニア』で連載。休載の後、講談社のアフタヌーン増刊で連載。同誌の廃刊にともない、『月刊アフタヌーン』に移動するが2006年2月号にて一時休載、2009年9月号より連載再開(事実上の不定期連載となっていた)。このように何度かの出版社の移籍と掲載誌の変更・休載を経て、『アフタヌーン』2014年5月号まで足掛け22年にわたって連載された。長期連載のため初期と現在の絵柄がかなり違っている。物語は完結を迎えたが、未回収の伏線が多々ある。
1998年7月2日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“SHADOW SKILL 影技 海外レビュー” の続きを読む

ロードス島戦記 英雄騎士伝 海外レビュー

あらすじ

ロードス島全土を揺るがした戦乱、英雄戦争から5年。マーモ帝国の黒衣の騎士・アシュラムは、ロードス島北東部にあるマーファ大神殿を訪れていた。手に入れればロードスを制することができると伝えられる「支配の王錫」を巡り、パーンとディードリット、フレイム王カシューらが、魔竜・シューティングスターの棲む「火竜山」でアシュラムらと争う(第8話まで)。

それから約10年後。パーンに憧れていた少年・スパークは、フレイム王国の騎士見習いとして成長していた。あるとき、スパークは王城の宝物庫にマーモ帝国のダークエルフが盗賊として侵入している場面に出くわし、彼らを取り逃がしてしまう。彼は仲間たちとともに盗まれた宝玉「魂の水晶球」を取り戻すため、ダークエルフたちを追う旅に出る。途中で、自らの運命に導かれる少女・ニースと出会い、神聖王国ヴァリスを目指す。この旅がロードス島の命運をかけた試練になるとも知らずに(第9話以降)。
1998年4月1日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロードス島戦記 英雄騎士伝 海外レビュー” の続きを読む

LEGEND OF BASARA 海外レビュー

あらすじ

20世紀末。ある大予言者の予言通り、地球は滅亡の危機を迎えた。文明は滅び、国は暴君が支配し、人々は圧政に苦しんでいた。

それから300年後の日本。山陰地方の白虎の村に、運命の子供が誕生した。その名は「タタラ」。日本を救う革命家として、白虎の刀を携え、残りの朱雀・青龍・玄武の刀の継承者を探す旅に出る。
1998年4月2日 – 6月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“LEGEND OF BASARA 海外レビュー” の続きを読む

魔術士オーフェン 海外レビュー

あらすじ

もぐりの金貸しオーフェンは、キエサルヒマ大陸でも有名な牙の塔出身の黒魔術士。彼には、天才魔術士と謳われ姉と慕っていたアザリーという女性がいたが、5年前に魔法に失敗し姿を消してしまった。彼女をつかまえて元に戻すため、オーフェンはトトカンタで知り合ったクリーオウやマジク達と旅を続ける。
1998年10月3日 – 1999年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

概要

シリーズ発行部数は1,000万部を超える。1994年に書き下ろし作品シリーズの『魔術士オーフェンはぐれ旅』と、『月刊ドラゴンマガジン』連載の1話または2話読み切りの『魔術士オーフェン・無謀編』の2シリーズが開始され、それぞれ2003年に完結した。

タイトルおよび主人公の名前である「オーフェン」は孤児(orphan)という設定に由来している。そのため企画当初は「オーファン」だったが、編集者との話し合いの結果「オーフェン」に変更したことがファンブックにて語られている。また、「魔術師」に間違えられることが多い「魔術士」は、秋田が『機動戦士ガンダム』の「士」をもじってつけたものであり、黒ずくめの主人公も「連邦の白い奴(ガンダム)」へのオマージュである。そのほか、用語や作中の挿話の多くは北欧神話をモチーフとしている。

2000年に行われた(月刊ドラゴンマガジン2001年1月号掲載)読者人気投票「ベスト・オブ・ドラゴンマガジン」では、オーフェンが男性キャラクター部門で1位を獲得した。また2001年2月には、神坂一とのコラボレーション作品『スレイヤーズVSオーフェン』を発表した。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔術士オーフェン 海外レビュー” の続きを読む

トライガン 海外レビュー

あらすじ

砂だらけの荒涼たる大地。ここはホーム(地球)より遥かに巨大な大きさを持つ5つの月と砂漠の星。二重恒星と高重力の劣悪な世界。人々はこの荒れた大地にしがみつき、血と汗で大地を湿らせながら細々と生きている。そのささやかな暮らしも、荒くれどもが銃をぶっ放して台無しにすることもある……ここはそんな世界。

その過酷な世界に1人、赤いコートにトンガった金髪の、トラブルメーカーがいた。名をヴァッシュ・ザ・スタンピードという。彼は荒涼としたこの世界を放浪しながら、何かを探している。分かっているのは彼が凄腕のガンマンで、とてつもなくタフで、そして、筋金入りの平和主義者だということ。気のいい青年だがあまりの傍迷惑ぶりに、付いた渾名が「人間台風(ヒューマノイド・タイフーン)」。とうとう局地災害指定を受ける羽目になった彼には、保険会社からお目付け役が派遣される始末。

しかし、彼にはいくつもの秘密と、胸に秘めた決意があった。
1998年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トライガン 海外レビュー” の続きを読む

カウボーイビバップ 海外レビュー

あらすじ

時は2071年。宇宙開拓時代を迎えた人類は太陽系内に生活圏を広げており、悪化する治安への対策として、指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎ、いわゆる「カウボーイ」たちが活躍している。カウボーイ稼業を営むスパイク・スピーゲルと相棒のジェット・ブラックは、古い漁船を改造したオンボロ宇宙船「ビバップ号」に乗り込んで宇宙を駆け巡っている。大物の賞金首を捕まえることもある一方、その荒っぽいやり方に巻き込んだ一般市民からの損害賠償請求も多い彼らに金銭的余裕はない。

そんなビパップ号に奔放な美女フェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエド、犬のアインが転がり込む。おのおの何かしらの事情を抱えながらも、一同はビパップ号で緩やかな絆を育み、行く先々で様々な騒動に巻き込まれる。
1998年4月3日 – 6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カウボーイビバップ 海外レビュー” の続きを読む

彼氏彼女の事情 海外レビュー

あらすじ

県内随一の進学校である県立北栄高校1年A組のクラス委員、宮沢雪野は幼少時代から自他共に認める成績優秀・スポーツ万能・容姿端麗な優等生。しかし彼女の本性は虚栄心の塊で、他人からの賞賛や注目を浴びたいがために日々たゆまぬ努力を行い品行方正な人物を演じていたのだった。ところが同じ1年A組クラス委員の有馬総一郎は、雪野の念願だった新入生総代をさらったうえに美形で運動神経に優れて性格も人当たりもよい、本物の優等生だった。自分以上の注目を集める総一郎に(うわべでは優しく接しつつも)激しい対抗心を燃やす雪野は、猛勉強でテスト学年1位を奪取し、総一郎からの告白もあっさり断るが、ある日わずかな油断から自分の本性を総一郎に知られてしまう。
1998年10月2日 – 1999年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“彼氏彼女の事情 海外レビュー” の続きを読む

Masterキートン 海外レビュー

 あらすじ

日本人の父親と英国人の母親を持つ主人公平賀=キートン・太一は三つの顔を持つ男。一つ目は名門オックスフォード大学を卒業し、本人のたっての夢である考古学で自説の論文を発表するため、日本の胡桃沢大学に籍を置く「大学講師」。二つ目は元SASのサバイバル教官でフォークランド紛争や、在英イラン大使館人質事件では下士官として活躍したとされる「伝説的マスター」。三つ目が大手保険会社ロイズの下請け「保険調査員」(オプ、つまり探偵)。激しい恋愛の末に学生結婚した妻との間に一人娘である百合子をもうけるも離婚。その痛手から厳しい環境に身を置こうとした結果、大学を休学し英国軍人となった。だが、高い評価や名声とは裏腹に軍隊の現実に耐えられず名誉除隊。その後、相棒のダニエル・オコンネルと知り合い、生活のためロイズの下請け調査員として生計を立てる身となった。大学講師としての評判は芳しくなく、無気力で不真面目な学生たちの前に情熱は空回りし、度々「休講」を重ねる身。日本特有の学閥もあって正当な評価をされない一方、探偵業は順風満帆で次から次へと依頼が舞い込む。その傍らで、英軍の実情を知る「信用の置ける外部の人間」として原隊復帰を求められたり、英軍内における裏事情(主にスキャンダル)の調査依頼を受けるという多忙な日々。
1998年10月5日 – 1999年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Masterキートン 海外レビュー” の続きを読む

ブレンパワード 海外レビュー

あらすじ

自然災害で荒廃した近未来の地球。海底で発見された謎の巨大遺跡オルファンを巡って、世界は混乱と争いに見舞われていた。オルファンを浮上させて宇宙への進出を目論むリクレイマーは、オルファンに呼応して世界各地に出現したプレートをリバイバルさせることで巨大人型兵器グランチャーを産み出し、戦力の拡大を図っていた。リクレイマーを指導する伊佐未ファミリーの一人伊佐未勇は同僚のカナン・ギモスと共にプレート回収の任に当たっていた。その際、プレートのリバイバルが始まり、グランチャーの宿敵ブレンパワードが産み出される。たまたまそこに居合わせた孤児の少女宇都宮比瑪がブレンパワード(ヒメブレン)と心を通わせる様子を見て、勇はある決意を固める。
1998年4月8日 – 11月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ブレンパワード 海外レビュー” の続きを読む

デビルマンレディー 海外レビュー

あらすじ

高校教師の不動ジュンは水泳の元オリンピック選手でテニス部顧問。日頃から「戦いたい」という体の疼きにさいなまれている。ある日、合宿中にビースト化した大学生に襲われ、生徒たちが次々とビーストの餌食になっていく。とうとうジュンも襲われて死を覚悟した瞬間「デビルマンレディー」として覚醒、ビーストを皆殺しにする。この事件はアスカ蘭がジュンをデビルマンレディとして覚醒させるため裏で仕かけたものであり、ジュンはアスカに反発しつつも自らの「戦いたいという欲望」を満たすため、ビーストとの戦いを続ける。
1998年10月10日 – 1999年5月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デビルマンレディー 海外レビュー” の続きを読む

サイレントメビウス 海外レビュー

あらすじ

人口は増加の一途をたどり、環境破壊による酸性雨が降りしきる近未来のTOKYO。2000年を過ぎた頃から、人知を越えた不可思議な事件が起きるようになっていた。3rd-AT(サード・アトラクション)と呼ばれ一般人に秘匿されていたそれらの事件は、妖魔(ルシファーホーク)と呼ばれる異世界(ネメシス)の住人たちが引き起こす事件であった(連載当初は妖魔が直接関与しない3rd-ATも発生しており、妖魔は「何でもあり」な3rd-ATの一部でしかなかった)。

妖魔は異なる秩序が支配する宇宙に存在する「邪界(ネメシス)」から来ており、自分の世界の秩序に従った魔法を使えるが、こちらの宇宙に来るには、こちらの宇宙の秩序に合わせ、自分の姿を人間に近づける必要がある。妖魔は、2000年以前にも稀に来ており、妖魔とかかわりを持った者(とその子孫)も異世界の秩序=魔法が使える。ギゲルフ・リキュール(香津美の父)もそうした者の一人であり、香津美に邪界との扉を開く「鍵」としての能力を与えたとされる。

1998年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“サイレントメビウス 海外レビュー” の続きを読む

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 海外レビュー

概要

刊少年ジャンプ(集英社)において、1995年から1997年まで連載された。全79話。単行本は全7巻で累計700万部以上が売れた。後述のように1998年にはTBS深夜枠ワンダフル内でアニメ化もされるなど、作者の連載デビュー作であり、代表作である。

わかめ高校空手部に謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手として現れた主人公・花中島マサルと、奇妙で癖のあるセクシーコマンドー部のメンバーを中心に展開されるシュールなギャグ漫画。本伝がないのにも関わらずいきなり「セクシーコマンドー外伝」というタイトルで、独特の視点からの支離滅裂なギャグを展開していく。

連載話数の単位は「コマンドー○○」。サブタイトルは、当初「マサルと○○」という形だったが、第33話の「マサルの放課後個人授業」、第40話の「フーミンとネコの達人」で崩れ始め、その直後の第41話以降は、「マサルと○○」というフォーマットに当てはまらないタイトルが多くなっている。

一応は全2部構成となっているが、第二部「地獄校長編」は最終回のみのたった1話で完結している。これらの点は、漫画においての定番的な流れを破壊することで、ギャグ性を生じさせた。

2008年1月から同年5月にかけて、ウ元ハ王版(完全版)が全5巻で刊行され、新たに第三部の書き下ろしがされた。詳細は後述。
1998年1月5日 – 4月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 海外レビュー” の続きを読む

カードキャプターさくら クロウカード編 海外レビュー

あらすじ

木之本桜(以下、「さくら」)は、友枝小学校に通う小学4年生。父・藤隆と兄・桃矢と3人暮らしで、兄の親友・雪兎に憧れている。ある日、藤隆の書庫で不思議な本を発見する。すると、その本から封印の獣ケルベロス(ケロちゃん)が現れた。その本は、魔術師クロウ・リードが作った魔法のカード「クロウ・カード」が入っていた。全てのカードがさくらの住む町にばらまかれてしまい、封印が解かれるとこの世に「災い」が訪れるというクロウカードを回収するため、さくらはケルベロスによって「カードキャプター」にされ、ケルベロスや親友・大道寺知世、クロウの血縁の少年・李小狼(リ・シャオラン)と共に、クロウカードの起こした事件を解決しながら、カード集めに奮闘する。
1998年4月7日 – 1999年6月22日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カードキャプターさくら クロウカード編 海外レビュー” の続きを読む

ヴァイスクロイツ 海外レビュー

あらすじ

様々な手段を使い、法の手から逃れる犯罪者を独断で処刑する闇の組織「Weiß(ヴァイス)」。そこに所属する4人の男達。彼らは皆、過去に大きな傷を負っていた。自分の過去と向き合い、そして「人殺し」としての運命に翻弄されながら、やがて彼らはエスツェットとよばれる組織との戦いに巻き込まれていくのだった。
1998年4月 – 9月(1期)(ウィキペディアより引用)

608914225

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヴァイスクロイツ 海外レビュー” の続きを読む

Serial experiments lain 海外レビュー

あらすじ

コミュニケーション用コンピュータネットワーク端末「NAVI」(ナビ)が普及した現代、中学生の岩倉玲音は、死んだはずの四方田千砂からのメールを受け取る。

その日以来、玲音は見えないはずのものを見るようになる。四方田千砂のメールの言葉に興味を持ち、大型の「NAVI」を手に入れるが、それ以来さらに奇怪な事件に巻き込まれていく。

物理世界(リアルワールド)と電脳世界(ワイヤード)、二つの世界・二人の玲音(lain)が混濁し錯綜する果てにあるものは?-人は誰しも“繋がれて”いる-・-私は遍在する-
1998年7月6日 – 9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistクランチロールからのレビューになります

 

“Serial experiments lain 海外レビュー” の続きを読む

快傑蒸気探偵団 海外レビュー

あらすじ

スチームパンクの世界にある街「蒸気都市(スチームシティ)」を舞台に、少年探偵の鳴滝と自立メガマトンの強力、看護婦の鈴々が難事件を解決していく。

この世界では、燃料となる物質が石炭しか採掘されなかったため、蒸気機関が異常に発達している。「オートマトン」と呼ばれる蒸気機関で動く自律型人型ロボットや、「メガマトン」と呼ばれる巨大ロボットが存在する。
1998年10月7日 – 1999年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“快傑蒸気探偵団 海外レビュー” の続きを読む

夢で逢えたら 海外レビュー

あらすじ

生まれてから24年間彼女のいない主人公・フグ野マスオは、占い師に「一生、恋人も結婚もできない」と言われ、その運命を打破すべく入ったお見合いパブで出合った女性・潮崎渚に一目惚れする。しかし、渚は極度の男性恐怖症だった。内気で自分に自信の持てないマスオは、精一杯の努力で渚に想いを伝えようと奮闘し、渚もその誠実な人柄に少しずつ惹かれていく。そんな2人に、渚に思いを寄せるクジラや貝塚も加わることになる。
1998年11月30日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夢で逢えたら 海外レビュー” の続きを読む

超速スピナー 海外レビュー

概要

バンダイから発売されているハイパーヨーヨーを題材に、少年達の熱いハイパーヨーヨーバトルを描く。1998年にはテレビ東京系の『おはスタ』枠にてテレビアニメ化された。また、ハドソンからゲームボーイ版も発売されている。

連載に先駆け、プロトタイプとして『月刊コロコロコミック』1997年7月号から「燃えろ! スピナー」という作品が2話連載された。この作品では、本作のキャラクターでもある中村謙一となるみ屋がすでに登場していた。なお、この作品は本作のコミックス第1巻巻末および『ハイパーヨーヨーテクニックス』(ワンダーライフスペシャル)に収録されている。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超速スピナー 海外レビュー” の続きを読む

よいこ 海外レビュー

あらすじ

大阪のある家、小林家に親戚が仕事の都合で娘を半ば強制的に預けられた。その子は小学5年生であるにも関わらず、体格だけは異常に成長し、子供服を無理やり着る、もしくは成人サイズの服、下着をつけており見た目だけは立派な大人であった。
1998年11月6日 – 1999年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“よいこ 海外レビュー” の続きを読む

まもって守護月天! 海外レビュー

あらすじ

一人暮らしの中学2年生の少年七梨太助のもとに、中国を旅している父親から手紙と一緒に支天輪(してんりん)という八角の輪が送られてきた。その支天輪から現れた、月をつかさどり不幸から主を守る精霊守護月天 小璘(シャオリン)と同居する。その後、同じく父親から送られてきた黒天筒からは慶幸日天 汝昂が、短天扇からは万難地天 紀柳が現れ、彼女たちとも同居する。シャオと太助は次第に惹かれあい、シャオの守護月天としての封印は自然にとけてゆくことになる。
1998年10月17日 – 1999年4月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まもって守護月天! 海外レビュー” の続きを読む

ジェネレイターガウル 海外レビュー

あらすじ

時は2007年。研究学園都市・皇樹学園に22世紀の未来から来た3人の少年・ガウル・コウジ・リョウがやってきた。

目的は未来世界を支配する圧制の超国家「クヴェレ」の打倒であり、クヴェレ発足の引き鉄となる第三次世界大戦の阻止、そしてその遠因となる超技術「インクルード・セル」の研究開発の妨害だった。

だが、彼らを追って未来から送り込まれた刺客・生物兵器「ジェネレイター」の襲撃、学園を支配するクヴェレの尖兵・斉藤リュウコの策謀により、ガウル達の使命の達成は困難に追い込まれる。
1998年10月6日 – 12月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ジェネレイターガウル 海外レビュー” の続きを読む

LET’S ぬぷぬぷっ 海外レビュー

概要

毎回、数本のシリーズネタを掲載するオムニバス形式のショートギャグ作品。

一部のキャラクターは作者の次回作『わんるーむ』でも登場しているほか、続編として『Let’s ぬぷぬぷっ スーパーアダルト』がDokiっ!(竹書房)で連載されている。
1998年10月6日 – 11月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“LET’S ぬぷぬぷっ 海外レビュー” の続きを読む

鉄コミュニケイション 海外レビュー

あらすじ

文明崩壊後の地球。5体のロボットのグループは、コールドスリープされていた人間の少女を発見する。人類最後の生き残りかもしれない少女・ハルカは、クレリック、スパイク、リーブス、トリガー、アンジェラの5体のロボットと暮らしている。
1998年10月5日から1999年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鉄コミュニケイション 海外レビュー” の続きを読む

聖ルミナス女学院 海外レビュー

あらすじ

17歳の高校生・木島海平は亡き祖父木島綿平の遺言で聖ルミナス女学院の新理事長を引き受けることになった。

その頃学院では、メリナ・スカフィシがシャワー室から失踪するという事件が発生していた。海平は友人の龍三、従妹の糊湖、その友人の良子らと共に学院中を探し回るが、そんな彼らを嘲笑うかの如く次々と学院内の少女達が消失する事件が発生する。さらに海平の前に謎の少年と老婆(鈴吉萌絵)が現れ、海平に渡された祖父の遺品のポケットベルには謎めいた不可解なメッセージが送られる。そして彼の与り知らない所で密かにある計画が進められていた。
1998年10月5日 – 12月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“聖ルミナス女学院 海外レビュー” の続きを読む

スーパードール★リカちゃん 海外レビュー

あらすじ

大司浦町に住む普通の小学3年生・香山リカ。ある日、リカは博物館見学へ行く際に祖母の七重から『コーリングリング』というお守りを手渡された。そしてその日から、リカや友人の高林ダイたちの周りで不審な事件が起こり出す。実はリカは異次元の世界『ドールランド』の未来の女王。悪魔デヴォールが七重の双子の姉・八重を操ってドールランドを氷漬けの世界にしようと企み、八重の部下・ドクタースケアクロウ一派を遣わして次期女王であるリカを狙っていたのだ。
1998年10月6日 – 1999年9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スーパードール★リカちゃん 海外レビュー” の続きを読む

DTエイトロン 海外レビュー

あらすじ

2187年、強い紫外線が降り注ぎ荒廃した地上。ドーム都市データニアでは、子供達が感情を制御され巨大建造物「パイル」での作業に従事させられていた。

そのうちの一人、主人公の少年シュウは海への憧れから脱走し、アンドロイド「エイトロン」をあやつる少年たちと出会う。彼らは、データニアの子供たちを解放しようとするレジスタンス、「リターナー」だった。シュウは彼らとともに、ユートピアといわれるもうひとつのドーム都市「アモーロート」を探して旅発つ。

一方、シュウたちが高い環境適応能力を持つ「DT(データトランスフォーム)保有者」であることを知ったデータニアは、捕獲のための部隊を送り出す。
1998年4月18日 – 11月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“DTエイトロン 海外レビュー” の続きを読む

南海奇皇 ネオランガ 海外レビュー

あらすじ

舞台となるのは現代の東京武蔵野。貧しくもたくましく生きる島原三姉妹の元に10年以上行方不明だった兄、勝流からの手紙が届いた。手紙を持ってきた来た少年に導かれ、三姉妹は南の島バロウ王国へと旅立つ。そこで兄は島の姫と結婚したが2か月前に死に、姫も後を追うように死んだため、彼女らが新しい国王なのだと伝えられる。同時に島の人々が崇める神、ネオランガを託される。
第1期:1998年4月6日 – 9月28日
第2期:1999年4月6日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“南海奇皇 ネオランガ 海外レビュー” の続きを読む

プリンセスナイン 如月女子高野球部 海外レビュー

あらすじ

早川涼は天性の野球の才能を買われ、名門お嬢様学校「如月女子高校」に特待生として入学する。理事長・氷室桂子は女子だけの野球部を創設し、男子と対等に甲子園で闘うことを狙っていた。しかし、足りない部員、野球部創設を快く思わない人々、大会参加に女子を認めない高校野球協会、涼や周囲に降りかかるトラブルなど、様々な困難が野球部の前に立ちふさがっていた。涼は大酒飲みの監督・木戸と共に、まず部員集めから始めていく。
1998年4月8日 – 10月14日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“プリンセスナイン 如月女子高野球部 海外レビュー” の続きを読む

時空転抄ナスカ 海外レビュー

あらすじ

剣道部所属の男子高校生・三浦恭資は、顧問の師匠・舘正成の試合観戦に行くが、決勝戦の相手を前に、舘は様子がおかしくなったかと思いきや、抜き胴で相手を倒すも、肋骨骨折の負傷に追い込んだとして問題になり、全国大会進出出場を辞退。その後、行方不明となった。恭資は、舘の婚約者・桐竹由花と共に、舘を捜しにペルーへと旅に出る。
1998年4月6日 – 6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“時空転抄ナスカ 海外レビュー” の続きを読む

アキハバラ電脳組 海外レビュー

あらすじ

2010年、主人公である花小金井ひばりは小学校を卒業、晴れて中学1年生となる。ひばりは夢の中の王子様に恋をする心惹かれる明るく元気な少女であり巷で流行りの電脳ペットパタPiに夢中であったが、進学した秋葉原第三中学はパタPi持ち込み禁止であると知り入学早々にして幼馴染である桜上水すずめに慰められるほど落ち込んでしまう。そんなひばりは中学校の入学式の帰り、夢の中の王子様に出逢いパタPiをもらう。ひばりはデンスケと名付け学校に連れていくが、謎の巨乳美女ブラッドファルコンに襲撃されたことでデンスケは白い翼を持つディーヴァ「アフロディーテ」を召喚、ひばりはまだ全貌が見えぬ敵との戦いに巻き込まれていく。
1998年4月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アキハバラ電脳組 海外レビュー” の続きを読む

アンドロイドアナ MAICO2010 海外レビュー

あらすじ

2010年、第3次メディアミックスと呼ばれるメディアの変化にさらされていたニッポン放送は社運をかけた世界初のアンドロイドアナウンサー「MAICO」を製作。MAICOを中心とした、架空の未来のニッポン放送社員たちとの話。
1998年4月6日 – 同年9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アンドロイドアナ MAICO2010 海外レビュー” の続きを読む