フォーチュン・クエストL 海外レビュー

 概要

1997年10月18日から毎日放送 (MBS) で、1998年6月2日からテレビ東京で放送された。他にも東北放送 (TBC) やテレビユー福島 (TUF) でも放送された。全26話。

MBSとしては、1989年に放送された『小松左京アニメ劇場』に次ぐ深夜アニメである。2011年現在も続いているMBSの深夜アニメ枠『アニメシャワー』(放送当時の名称は「あにめシャワ〜」)で放送された最初の作品の一つでもある(もう1作は『銀河漂流バイファム』の再放送)。
1997年10月18日 – 1998年5月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

fqld3_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“フォーチュン・クエストL 海外レビュー” の続きを読む

マスターモスキートン99 海外レビュー

 あらすじ

祖母からつたわる魔導書をヒントになぞめく秘宝“Oパーツ”をさがす女子高生イナホ・ヒトメボレは、普段は教師に身をやつす吸血鬼アルカード・フォン・モスキートンを“血の契約”によってしたがえていた。おなじ目的をもつ異形の者が続々お宝争奪戦に加わるなか、イナホはモスキートンや彼の使い魔をあごで使いつつ、学園生活と平行して世界各地をかけまわる。
1997年9月30日 – 1998年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

51N94nSME1L

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マスターモスキートン99 海外レビュー” の続きを読む

吸血姫美夕 海外レビュー

 あらすじ

美夕は永遠の14歳の監視者として、全国の学校をたびたび転校しては神魔を見つけ出し、闇の世界に戻していた。神魔もまた、監視者を倒すことで仲間の間での名声を高めようとして美夕に攻撃を仕掛けるなど、美夕の戦いの日々は決して終わることがなかった。

ある日、時輪女子学園に転校した美夕は千里という少女に声を掛けられ、彼女のグループと一緒に休日の街の散策に付き合うことになる。「美夕はいつも一人ぼっちだから声をかけた」と屈託なく話す千里に、美夕も好意を持つ。二人は街の露天商から友情のイコンを買って、永遠の友情を誓い合う。

その間にも、美夕は時輪女子学園周辺に出没する神魔を次々と闇の世界に送り込んでいく。しかし、弱い幼児や心優しい同年代の少女などが神魔の餌食となって運命を狂わされる様子に、美夕は自身の昔の姿を重ね、悲しい表情を浮かべる。
1997年10月6日 – 1998年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

10253_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“吸血姫美夕 海外レビュー” の続きを読む

剣風伝奇ベルセルク 海外レビュー

 あらすじ

身の丈を超える巨大な剣や大砲を仕込んだ義手など様々な武器を手に、ひとりゴッド・ハンドを探し出す旅を続ける「黒い剣士」ガッツ。行き掛かり上共に旅をすることになった妖精パックと共に、各地で人々を脅かしている使徒を追い、狂戦士のような戦いを繰り広げる。本作の序章。
1997年10月7日 – 1998年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

10717_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“剣風伝奇ベルセルク 海外レビュー” の続きを読む

MAZE☆爆熱時空 海外レビュー

 あらすじ

悪夢にうなされ、目を覚ますと少女は見知らぬ異世界に飛ばされていた。さらに彼女は「メイズ」という自分の名前以外の記憶を失っていた。そこへジャイナ聖教団に追われて飛び込んできた王女ミル。

戦いが嫌いなメイズであったが、どうにかミルを追っ手から救うことに成功する。すっかりミルに懐かれてしまい、メイズはそのまま成り行きでドゥルガーという聖甲機(ロムアーマー)に乗って、ジャイナ聖教団と戦う羽目になってしまう。さらにメイズは、どういうわけか夜になると女好きで乱暴な男に変身してしまうという超特異体質。

かくしてメイズたちは、仲間たちとともに自分の正体を知るため、異世界の平和を守るために旅に出る。
1997年4月2日 – 9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

2aca0067a875912595815b4c4a259ab1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“MAZE☆爆熱時空 海外レビュー” の続きを読む

手塚治虫の旧約聖書物語 海外レビュー

 あらすじ

企画の発端は、日本テレビのプロデューサー岡田晋吉が当時来日していたイタリアの国営放送協会RAIの幹部に天正遣欧少年使節の伝記を大林宣彦監督で映画化する企画の共同製作を打診したところ、逆にRAIから旧約聖書の世界を手塚治虫によるアニメで表現するという企画を持ちかけられたことに始まる。RAIは日本テレビの24時間テレビアニメの輸入放映の実績があり、手塚アニメの認知度はイタリアでも高かった。最初手塚は日本のクリスチャンでもない自分が聖書をアニメ化して問題ないのかと躊躇したが、RAI側が手塚のアニメ技術を信頼しているので個人の思想による自由な解釈で構わないとしたことで、手塚も快諾した。RAIと日本テレビ放送網との共同製作となり、手塚は全体の構成と製作総指揮のスタッフに就任し、1984年11月16日に製作発表がなされ、実際のアニメ制作は手塚プロダクションが担当する形でスタートした。

キリスト教の入門の役割を担い、全世界での放映を前提に製作が進められた。1985年には手塚治虫のマンガ家生活40周年記念事業の一環として、『火の鳥』ミュージカル化や『ファウスト』の劇場版アニメ映画化とともに打ち出された。1987年時点の手塚治虫は、翌年秋から欧米で放送されるだろうと見通しを語っていた。日本とイタリアとの共同製作ということもあり、世界放映を目指して入念なチェックがなされ、国の違いによる時代考証の問題や解釈の違いもあって製作は難航。聖書という素材のため資金が集まらない日本側の事情からも製作は遅延して、パイロットフィルムの完成までに2年。全26話の完成までに9年の時間を要した。その間の1989年に手塚は死去。生前に完成したフィルムは第4話までで、そのうち第3話はパイロットフィルムの流用である、手塚の死去後は出崎統が引き継いで完成させた。初号は英語版のため日本語版を製作するのにさらに数年を要している。

日本の通常のテレビアニメの倍以上のセル画枚数となる1万枚が使われ、RAIとともに作品の全権利を取得した日本テレビは通常のアニメの4倍から5倍の出資をした。RAI側がヨーロッパでの権利を、日本テレビ側がそれ以外の地域での権利を握って番組販売していくこととなり、1996年時点でアメリカへビデオ化権が売れたという。しかしキリスト教になじみの薄い日本では、ビデオ販売こそそこそこと健闘したものの、製作した当の日本テレビでは放送を見送って、1997年にWOWOWで放送される形で苦戦した。自身がキリスト教徒というプロデューサーの岡田晋吉は、続く新約聖書のアニメ化への意欲を示していた手塚の遺志を継ぎたいと語っている。
1997年4月1日 – 5月9日迄放送(ウィキペディアより引用)

928053662

✳以下myanimelistからのレビューになります

“手塚治虫の旧約聖書物語 海外レビュー” の続きを読む

みすて・ないでデイジー 海外レビュー

 あらすじ

核シェルターの中で育った歩野零二郎は、地球を脱出して愚かな人類の自滅していく様を観察して楽しもうと考えていたが、松沢ひとみに出会い計画を変える。
1997年7月2日 – 9月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

8139367i

✳以下myanimelistからのレビューになります

“みすて・ないでデイジー 海外レビュー” の続きを読む

HAUNTEDじゃんくしょん 海外レビュー

 あらすじ

s東高等学校(アニメでは私立斉東高等学校)は、その立地と由来の故から数多くの学校に関わる精霊や幽霊(学校霊)が集うことで知られている。その学校の中で生徒会の役員を務める北城遥都(生徒会長、教会の息子)、朝比奈睦月(副会長会計、神社の娘)、龍堂和御(副会長書記、寺の息子)の3人は「S東高聖徒会」として学校霊と生徒たちとの仲立ちを行い「霊と人間の理想郷」をこの世に顕現するために奮闘するのである(アニメ版ではここまで)。

ところがある日、全国の学校霊たちから聖徒会に救難を求める声が殺到する。学校霊の存在を否定して全国の学園を支配しようというミッション系学園「光宮」が「光の父(神)」の名の下に自分たちに逆らう全国の学校霊の浄化( = 洗脳および抹殺)に乗り出したのだ。聖徒会はこれを阻み理想郷となるS東を守るため、光宮征徒会に戦いを挑むことになる。
1997年4月2日 – 6月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

11040_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“HAUNTEDじゃんくしょん 海外レビュー” の続きを読む

はいぱーぽりす 海外レビュー

 概要

人類が衰退し、人と妖魔が共存するようになった世界で凶悪な犯罪者と戦うバウンティハンター(賞金稼ぎ)にして警官である獣人(人と妖魔の混血)達の活躍を描いた作品である。作中では聖暦という架空の紀年法を用いており、物語開始時点で聖暦22年とされている。

原作は1992年から2004年まで『月刊ドラゴンマガジン』・『月刊コミックドラゴン』(共に富士見書房発行、角川書店発売)に連載された。全10巻。

アニメは1997年4月3日から9月25日までテレビ東京で放送。全25話。

小説は富士見ファンタジア文庫から発売。小説のあとがきによると、ネタに困っていたMEEくんが、友人に喫茶店でコーヒー1杯をおごったところ、この企画を貰ったそうである。ちなみにこの作品を書くまで構想10年をかけている。

『月刊コミックドラゴン』掲載時、第一話は『有限ポリスカンパニー』というタイトルだったが、第二話で『はいぱーぽりす』に変更された。
1997年4月3日 – 9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

146001001

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はいぱーぽりす 海外レビュー” の続きを読む

CLAMP学園探偵団 海外レビュー

 あらすじ

生徒会役員の優秀な少年らが探偵を結成し、学園内のトラブルを解決するというコメディ作品。 妹之山財閥が私財を投じて作った巨大学園都市CLAMP学園。その妹之山財閥の末息子である妹之山残率いる初等部学生会が、世のすべての女性の力となるためCLAMP学園探偵団を結成した。
1997年5月3日 – 10月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

VICL-60060

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CLAMP学園探偵団 海外レビュー” の続きを読む

EAT-MAN 海外レビュー

 概要

1997年1月から3月にかけてテレビ東京、1999年1月から3月にかけてテレビ大阪、テレビ愛知にて放送された。全12話。

コンセプトは「SFネオロマンティックアクション」。沈まない難破飛空船「ラヴィオン」を中心とした、原作にはない全編オリジナルストーリーの構成。ボルト・クランクのトレードマークであるサングラスが原作では「緑色」だが本作では「赤色」になっている。

また、ボルトが食したものを再生するエフェクトが「生える」ではなく「グローブの掌にある宝石のようなもので転送」のように変更されている。

東芝デジタルフロンティア(現:博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)よりDVD全3巻が発売され、これをまとめたDVD-BOX版も2001年に限定発売された。(ウィキペディアより引用)

_SY300_QL70_

✳以下myanimelistからのレビューになります

遅いペースが好きな人のための良いショー。芸術は平均より少し上ですが、主人公以外のキャラクターデザインは欠けています。音は非常に良いと考えています。主人公が女性バウンティハンターと2度の競争を繰り広げている最初のエピソードでは、良い瞬間がたっぷりあります。各エピソードは異なるテーマのようです。ストーリーとキャラクターは、同じレーティングが賢明です。
いくつかのエピソードは調子が変化しています。
YKとキノのファンのための良いしかしあまり素晴らしいショー。
ほとんどのプロットに対して多くの答え/説明を期待しないでください。その大部分は推測です。
ジャンル/表紙 かなり誤解を招き、アクションがほとんどなく、超大国がそこにあるが目的を果たすだけである。叙事詩のスーパーマンの戦いを期待していない。
それにかかわらず、間違いなく、このショーに入るのが最善ではない/期待していること。
間違いなくあなたが興味のあるものがあれば、それを一撃してください。

“EAT-MAN 海外レビュー” の続きを読む

烈火の炎 海外レビュー

 あらすじ

忍者にあこがれる主人公・花菱烈火は、炎を生みだす不思議な力を持っていた。烈火はある日、治癒の力を持つ少女・佐古下柳と出会い、お互いの力を打ち明けたことで友人となり、烈火は柳を守ることを誓う。

謎の女性、影法師の出現により、烈火達は魔力を持つ道具、“魔導具”の存在を知ることとなる。

ある日、何者かにさらわれてしまった柳を取り戻すため、烈火は友人の霧沢風子や石島土門と共に、影法師から教えられた館に向かう。館では魔導具を持つ敵達が待ち構えていたものの、仲間達や、以前烈火と戦った水鏡凍季也の協力により最後の部屋へとたどり着き、烈火と同じ炎を生みだす力を持つ紅麗と対決する。しかし、紅麗の炎、“紅”の力の前に烈火達は歯が立たない。窮地に陥った烈火は、影法師の助言により自身の炎を抑える手甲を外す賭けにでる。手甲を外した事により、烈火の中に眠る炎、“八竜”が目覚めた。烈火は八竜の力によりなんとか紅麗を退け、柳を救い出すことに成功する。

その後、烈火は影法師から自分と紅麗の過去を知り、決着をつけるため、仲間達と“裏武闘殺陣”へ出場する。

裏武闘殺陣で紅麗との死闘を終え、平穏な暮らしを送っていた烈火たちだったが何者かに襲撃される。彼らは、森光蘭率いる、“裏麗”だった。森光蘭の狙いが、危険な魔導具・“天堂地獄”にあることを知った烈火達は天堂地獄の破壊に向かうのだった。
1997年7月19日 – 1998年7月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

35

✳以下myanimelistからのレビューになります

“烈火の炎 海外レビュー” の続きを読む

金田一少年の事件簿 海外レビュー

 概要

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生・金田一一(きんだいち はじめ)が、幼馴染・七瀬美雪(ななせ みゆき)や親友・剣持勇警部、ライバル・明智健悟警視らと共に、遭遇する難事件を、祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決していく物語。

本格的なミステリーを題材とした漫画であり、推理漫画ブームの先駆けとなった作品である。特徴としては多くの事件が連続殺人であり、プロローグからエピローグまでを数ヵ月かけて連載し、いわゆるクローズド・サークルと呼ばれる「絶海の孤島」や「吹雪の山荘」などでの隔絶された状況下での事件が多い。また、主人公である一は推理力こそ優れているものの、それ以外の点では一般人と変わりないため、調査上の専門的知識には乏しく、警察関係者等から聞かされたりして初めて知ることになる場合がほとんどである。
1997年4月7日 – 2000年9月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

11238_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“金田一少年の事件簿 海外レビュー” の続きを読む

中華一番! 海外レビュー

 あらすじ

舞台は中国。時代は清朝末期の動乱の最中にある19世紀。四川省の少年、劉昴星(リュウ・マオシン)が特級厨師(中国料理界の最高位)になるために広東省の広州にある陽泉酒家へ修行に赴き、それから様々な料理人と出逢い、成長していく。
真・中華一番!
創設800年の歴史を持ち、中国料理界に暗躍する「裏料理界」と、千年前に隕鉄から作られたと伝わる伝説の厨具をめぐってマオと仲間たちが冒険を繰り広げるストーリー。
1997年4月27日 – 1998年9月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

11527_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“中華一番! 海外レビュー” の続きを読む

少女革命ウテナ 海外レビュー

 あらすじ

幼い頃に自分を助けてくれた王子様に憧れ、自分も王子様になりたいと願うようになった少女・天上ウテナは、入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会う。エンゲージした者に「永遠」に至る「世界を革命する力」を与えるという「薔薇の花嫁」をかけて戦い続ける生徒会役員(デュエリスト)たちは、ウテナがかつて王子様から貰った指輪と同じ「薔薇の刻印」と呼ばれる指輪を持っていた。ウテナもまたこの決闘ゲームに巻き込まれ、その背後にある「世界の果て」へと迫っていく…。
1997年4月2日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

main

✳以下myanimelistからのレビューになります

“少女革命ウテナ 海外レビュー” の続きを読む

超魔神英雄伝ワタル 海外レビュー

 あらすじ

救世主・戦部ワタルが神部界の創界山と星界山を救ってからしばらくたったある日の夜。魔界の手の者によって自宅で就寝中のワタルは「良き心」を奪われ、正義の心と救世主としての記憶を失ってしまう。翌朝、人が変わったかのようにワタルは学校をサボって喧嘩や悪事に手を染め始める。現生界へとやってきたヒミコとシバラクによって正気は取り戻すものの、記憶と心の一部は無いままだった。ほんの少しだけ良き心を取り戻し、そして再度危機に見舞われた創界山を救うため、救世主ワタルのいま一度の戦いが始まる。
1997年10月2日 – 1998年9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

11623_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超魔神英雄伝ワタル 海外レビュー” の続きを読む

ガラスの仮面 海外レビュー

 あらすじ

かつて、一世を風靡した劇作家・尾崎一蓮作の舞台『紅天女』で主役を演じ、大女優と謳われた月影千草も今は芸能界を引退し、横浜で静かな生活を送っていた。大都の社長令息・速水真澄と演出家の小野寺一は、『紅天女』の上演権を持つ月影から上演許可を得て、女優’姫川歌子’主演で『紅天女』の上演を目論むが、月影は、『紅天女』の主演は自分もしくは自分が育てた女優にしか演じることはできないと言い、彼らの申し出を拒絶する。そして、10年待って自分が育てた女優が大成しなければ、上演権を譲ると言い放つのだった。

そんな矢先、月影は貧しい家庭で育った少女の北島マヤと出会う。マヤは一見「何の取り柄もない」平凡な少女だったが、一度見た芝居や映画のセリフや役者の動作を正確に記憶するという特技、本能的に役を理解し、役に憑かれたかの如く演じるという、底知れぬ才能があった。そんなマヤの資質を月影は見抜き、マヤもまた、次第に演劇の面白さに目覚めていく。そして、演劇を本格的に勉強しようと、マヤは「劇団オンディーヌ」の入団試験を受けに行く。授業料の高さに入団を諦めたマヤだったが、ふとしたことから、パントマイムの試験を受けることになる。そこに居合わせた姫川歌子の娘・姫川亜弓は、マヤの演技に衝撃を受ける。父は有名映画監督、母は大女優という両親の一粒種である亜弓は、美貌と才能と卓越した演技力で、芸能界においてサラブレッドと謳われており、それまで脅威を感じる相手に出会ったことはなかった。
第1期:1997年7月7日 – 9月15日
第2期:1998年4月13日 – 6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

main_image

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガラスの仮面 海外レビュー” の続きを読む

勇者王ガオガイガー 海外レビュー

 あらすじ

1997年の冬の日、天海夫妻の目の前に宇宙より黄金に輝くメカライオンギャレオンが飛来。夫妻に一人の赤子を託す。その赤子は、夫妻によって育てられることになった。

2003年、宇宙飛行士獅子王 凱が乗るスペースシャトルスピリッツ号は宇宙空間で謎の機械生命体(EI-01)と衝突。瀕死の重傷を負った凱は、ギャレオンに助け出され地球に不時着する。その手には緑色の宝石Gストーンが握られていた。そこから得られた技術によって、凱はサイボーグとして復活。

2年後の2005年。機界生命体ゾンダーが地球侵攻を始めたその時、地球防衛勇者隊GGG(ガッツィー・ジオイド・ガード)の鉄の巨神ガオガイガーが姿を現す。その圧倒的なパワーで敵を破壊、敵の核を壊そうとしたガオガイガーの前に、羽を持った緑の髪の少年が現れ、核を元の人間へと戻す。彼こそが、天海夫妻の手で育てられた赤ん坊が成長した姿、天海護であった。浄解能力を持つ護をGGG特別隊員に加え、GGGは地球防衛の戦いを続けていく。

ゾンダーとの戦いは熾烈を極め、ついにはゾンダーの本体とも言うべき存在機界31原種が姿を現す。かつては機界四天王であったピッツァもその本来の姿、赤い星の戦士ソルダートJの記憶と使命を取り戻し、白き方舟ジェイアークで原種に立ち向かう。やがて決戦の舞台は木星へと移る。
1997年2月1日 – 1998年1月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

a300839

✳以下myanimelistからのレビューになります

“勇者王ガオガイガー 海外レビュー” の続きを読む