名探偵コナン 海外レビュー

あらすじ

高校生探偵・工藤新一は、大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち「日本警察の救世主」とまで言われていた。新一はある日幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行くが、そこで謎の組織の取引現場を目撃する。取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間によって背後から殴り倒され、口封じのために毒薬を飲まされる。だが、組織も知らなかった薬の副作用によって神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生の体となってしまう。

自分が生きていることを組織に知られたら再び命を狙われ、周囲の人間も巻き添えにしてしまうと隣人の阿笠博士から助言を受けた新一は、正体を隠して江戸川コナンと名乗り、蘭の父・毛利小五郎が探偵であり、謎の組織の情報が得られると考え、蘭の家に居候する。

以後、コナンは周囲で次々に起きる事件を持ち前の推理力や、阿笠の開発した万能アイテムを駆使して解決していく。同時に、元の身体を取り戻すために謎に包まれた黒の組織の陰謀を追っていくことになる。
1996年1月8日から放送中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“名探偵コナン 海外レビュー” の続きを読む

機動戦艦ナデシコ 海外レビュー

あらすじ

22世紀末。突如として木星方面より現れた謎の兵器群木星蜥蜴(もくせいとかげ)は、圧倒的な戦闘力で火星、月の裏側を次々に制圧。今や、地球各地にもチューリップと呼ばれる母艦を多数降下させるに至っていた。

2196年。そんな中、木星蜥蜴の支配下に置かれた火星に残された人々を救うべく、民間企業ネルガル重工は「スキャパレリプロジェクト」を計画し、その要となる実験戦艦 ND-001 ナデシコの艤装を終了させていた。クルーには「能力が一流なら性格は問わない」と言う方針の下、一癖も二癖もある人物ばかりが揃えられた。
1996年10月1日 – 1997年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下クランチロールからのレビューになります

“機動戦艦ナデシコ 海外レビュー” の続きを読む

魔法少女プリティサミー 海外レビュー

あらすじ

魔法の国・ジュライヘルムは女王の代替わりの時期を迎えていた。最終選考に残った候補者は二人。

一人は頭の中がどこまでも平和な津名魅。もう一人はジュライヘルムの将来を考え、執政に大いなる意欲を見せる裸魅亜。

そして、最終選考の結果、執政官たちによって時期女王候補として選ばれたのは津名魅であった。そして彼女は自らの資質を執政官たちに示すために女王になるための「最終試練」を受ける事になる。

それは異世界・地球において津名魅と「魂を同じくする少女」に魔法の力を与える事。そして、その少女が魔法によって世界を正しく導く事であった。(ウィキペディアより引用)

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法少女プリティサミー 海外レビュー” の続きを読む

エルフを狩るモノたち 海外レビュー

あらすじ

とある事件で召喚魔法の使い手、セルシア・マリクレールによって現代日本からファンタジー世界へと召喚された龍造寺淳平、小宮山愛理、井上律子の3人だったが、日本に戻るための送還呪文が儀式中の事故によって飛び散ってしまう。若い女性のエルフの肌に模様として張り付いたという5個の呪文のかけらを探すため、世界中のエルフを探し出して脱がしまくる、「エルフを狩るモノたち」の旅が始まった。
第1期:1996年10月3日 – 12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エルフを狩るモノたち 海外レビュー” の続きを読む

赤ちゃんと僕 海外レビュー

あらすじ

後藤正 通称ゴンちゃん。拓也の同級生で親友。明るく楽しいナイス・ガイ。実と年の近い妹がいる。
藤井昭広 拓也の同級生。クール。大家族。実と年の近い弟と妹がいる。本人は6人兄弟の4番目。

榎木拓也は小学5年生。母を交通事故で亡くし、保育園児の弟・実の世話に家事に忙殺される日々。
小学校には実と同じくらいの年の弟や妹を持つ友達もいて何かと力になってくれるけど、人一倍
甘えん坊で泣き虫の実に拓也や父春美(はるみ)も手を焼いている現状だ。
拓也は思う。友達は皆自由に遊んだり習い事をしたりできるのになぜ僕だけこんな窮屈でツライ思いを
しなくちゃいけないんだろう。実は可愛いけど時々疎ましいよ。実は僕の、君主じゃないんだぞ──。
1996年7月11日 – 1997年3月26日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“赤ちゃんと僕 海外レビュー” の続きを読む

ガンバリスト! 駿 海外レビュー

概要

1994年(平成6年)、連載開始当時の日本の体操界は、具志堅幸司・森末慎二の現役引退後の低迷が体操人気にも大きな影響を与え、競技人口が減っていく悪循環に陥っていた。その事態を危惧した森末が、自らの漫画原作を企画し、芸能界の師匠で所属事務所の大先輩である萩本欽一に相談。萩本と親交の深い編集者の島崎保久が元勤務先である小学館へ引き合わせ、「週刊少年サンデー」での連載が決定した。「漫画を読んで育った少年達から将来のメダリストが産まれてくれればいい」という当初の森末の願いはやがて現実のものとなる。
1996年7月1日 – 1997年3月10日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガンバリスト! 駿 海外レビュー” の続きを読む

花より男子 海外レビュー

あらすじ

名門の筋や素封家の子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、娘の玉の輿を願う母親の勧めで入学した一般庶民の牧野つくし。学校は、道明寺財閥の御曹司・司、花沢物産の御曹司・類、日本一の茶道の家元「西門流」の跡取り息子・総二郎、総合商社・美作商事の息子あきらのF4(Flower 4―“花の四人組”)に牛耳られていた。学校は、F4の親から多額の寄付を受けていたため、生徒達はもちろん教師達ですら彼らに逆らう事が出来なかった。つくしは、それに違和感を持ちながらも平凡な高校生活を送ろうとしていた。

ところがある日、つくしはF4に花瓶の水をかけた事が原因でF4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。しかし、正義感の強いつくしは彼らの性根を叩き直さんとばかりに立ち向かって行く。

そんな中、F4のリーダーである道明寺はつくしのことを好きになってしまい、それからは彼女一途でそればかり。いじめられ騙され続けたつくしの人生が、このF4によって変わり始めた。次第に2人の思いは通じ合っていくが、様々な事情(司の母、楓が中心)が彼らの恋路を阻むようになる。
1996年9月8日から1997年8月31日まで放送 (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“花より男子 海外レビュー” の続きを読む

こちら葛飾区亀有公園前派出所 海外レビュー

概要

当初は1996年6月23日に放送開始予定で雑誌にも告知されていたが、放送開始日の2週前の1996年6月2日に前番組『キテレツ大百科』実質の最終制作話「ルルル! 未知からのメッセージ」が予定の変更で制作中止となった影響で、スタッフはそのまま『こち亀』の第1話の制作に移行し、一週間繰り上がり放送開始となった。

前番組『キテレツ大百科』と同じく、特番やプロ野球中継のため放送休止になることがたびたびあり、時にはひと月に一回しか放送しない時期もあった。

8年間の放送の平均視聴率は17%、最高視聴率は第248話「ヨーロッパ横断! 麗子救出大作戦」(2002年1月6日放映)、第300・301話「お雛さんざん誕生日 / 両津と両津!?」(2003年2月23日放映)の19.1%だった。
(ウィキペディアより引用)

原作とアニメとの相違点

本作は多くの点が原作から変更されており、特に暴力シーンや暴言などの過激なシーン[4]はカットされるか、大幅に差し替えられている。また、両津の性格も原作と比べ穏やかとなり、警官として真面目に仕事をする場面が強調されていたり、子供に優しく接するシーンも多い。

原作初期の頃の中川と麗子も両津並みにハチャメチャだったが、アニメでは当初からまともな性格となっている(初登場回のみを除く)など、キャラクターの設定が一部異なっている所があり、単発キャラの設定や性格が原作と異なる時もあった。原作において実物のアニメやゲームなどを扱った話は著作権の関係でアニメ化されず、実在の物や時事について登場人物がうんちくを語る場面は原作と比べて極めて少ない。原作同様、両津が悲惨な目に遭うオチが多いが、原作と違って両津が「○○なんて大嫌いだ」、「もう○○なんて懲り懲りだ」と最後に言って終わることが多々あった[5]。また大原がオチに関わる時は、原作のように過激なお仕置きをしたり両津の悪事後に武装して派出所に乗り込んだりすることは少なく、最後に両津を追い掛け回すか穏やかに叱ることが大半だった。また、原作を再現した場面も両津以外は違う人物に変えてあることが多々あった[6]。

アニメオリジナルのキャラクターも多い。中でも「両津と対立する婦警のリーダー格」という設定のキャラクターが「早乙女リカ」から「小町」と「奈緒子」のコンビに変更され、その対立も原作ほど過激かつ陰湿なものではなくなっており、共闘するエピソードも作られている。寺井や本田、尾崎模型店の主人など原作より出番が増えた人物も多いが、逆に早乙女リカや御所河原のように原作より出番が減ったか、アニメ放送時までの原作では登場したがアニメでは登場しなかった人物も何人かいる
1996年6月16日 – 2004年12月19日(レギュラー放送)
2005年1月2日 – 2008年11月2日(不定期放送)
2016年9月18日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こちら葛飾区亀有公園前派出所 海外レビュー” の続きを読む

こどものおもちゃ 海外レビュー

あらすじ

倉田紗南は私立神保小学校6年3組の女の子。小さいころに入った劇団こまわりにてデビューし、映画やドラマの出演も果たしている。彼女がレギュラーであるバラエティー番組「こどものおもちゃ」では司会の明石家よんま(アニメではぜんじろう)とともに、他の出演者の子供たちと楽しく遊んだりしていた。母、美紗子は作家で、かつての恋人である鹿島良助との恋愛をモデルにした「ヒモと私」であおき賞をとったこともある人気作家。家は豪邸で、紗南は何不自由ない生活をしていたが、神保小学校6年3組は羽山秋人によってクラス内の男子が暴れ、授業のできない日々を送っていた。紗南は羽山の不良の原因を突き止めようと、調査を開始。その原因は兄弟と親子の仲の確執だった。紗南は親子の仲を改善させようと色々手を打とうとするが…。
1996年4月5日 – 1998年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“こどものおもちゃ 海外レビュー” の続きを読む

快傑ゾロ 海外レビュー

あらすじ

アメリカのカリフォルニアがスペインの領土だった頃の18世紀末。カリフォルニアに属するサンタスコのベガ家の御曹司・ディエゴは、スペイン留学中に届いた父親の手紙から、故郷・サンタスコの人々がレイモン司令官率いるスペイン軍の悪政に苦しめられていると知り帰国を決意する。将来を渇望されたディエゴが戻って来る知らせを受けて喜ぶサンタスコの人々だが、帰国したディエゴはぐうたらで意気地なしの怠け者になっていた。

時を同じくして、軍の魔の手から人々を救う正体不明の黒い仮面を纏った正義の剣士・ゾロが現れ、救世主と称賛される。実はゾロの正体はディエゴその人であり、周囲を欺くためにどうしようもないボンクラのふりをしていたのだった。ゾロの正体がディエゴだと見抜いた弟分の少年・ベルナルドもゾロの相棒リトル・ゾロとして仲間に加わり、ゾロと軍の戦いは続くのだった。
1996年4月5日 – 1997年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“快傑ゾロ 海外レビュー” の続きを読む

水色時代 海外レビュー

あらすじ

優子の真っ白な「子供時代」と青春の「青」の中間の「水色の時」の物語。

水色時代 小学校編
河合優子は12歳になったばかりの小学6年生の女の子。小学校では一番大人だけど、中学生とかと比べると、まだまだ子供。最近、優子のクラスでは、女子の間でブラジャーや生理が「まだ」か「もう」かの噂がうるさくて…。
優子が小学6年生の冬を迎えた時に起きた3つの出来事がオムニバス形式で描かれる。
1996年4月4日 – 1997年2月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“水色時代 海外レビュー” の続きを読む

シンデレラ物語 海外レビュー

あらすじ

父と継母、そして義姉2人と幸せに暮らしていたシンデレラ。しかし、父が仕事で遠地に赴任した途端、継母と義姉は豹変。召使いの扱いを受ける毎日だが、シンデレラは健気に頑張っていた。そんな生活の中で身分を隠している王子シャルルやたくさんの人々と出会い、ザラール侯爵の陰謀に巻き込まれてゆく。
1996年4月4日 – 10月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シンデレラ物語 海外レビュー” の続きを読む

みどりのマキバオー 海外レビュー

あらすじ

主人公であるミドリマキバオー(うんこたれ蔵)が、北海道勇払郡鵡川町の「みどり牧場」にて生まれるところから物語は始まる。母のミドリコが借金のカタに堀江牧場(通称・ひげ牧場)に売られたため、たれ蔵は母親に会いたい一心で、みどり牧場から脱出する。道中、とある森の中で後の親分肌となるネズミのチュウ兵衛と出会い、さまざまな困難を経て、母親と再会を果たす。その後、カスケードらライバルとの出会い、競走などによって、たれ蔵は競走馬「ミドリマキバオー」として成長していく。
1996年3月2日 – 1997年7月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“みどりのマキバオー 海外レビュー” の続きを読む

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 海外レビュー

あらすじ

幕末、薩長同盟の締結場所・鈴屋に「人斬り厳達」と呼ばれる剣客ら数人が襲撃してきた。護衛に当たっていた緋村抜刀斎は「人斬り厳達」と斬り合い、葬ることに成功する。その後、同盟は成立、そして時世は新時代と突入するのだった。

時は過ぎて明治11年。新しく建設された洋館を見物するため、陸蒸気で横浜に向かった剣心たち一行。その帰路、酔った外国水兵が迷惑行為を働いている現場に遭遇する。直後、一人の女性が水兵に悪行三昧を止めるように説得するが彼らの矛先は彼女に向かってしまう。そこに時雨滝魅という男が現れ剣心と共に水兵に立ち向かう。時雨はその剣腕で水兵の持つ武器を一瞬で破壊するが遅れてやって来た警官隊から身を隠すため、剣心とある寺に向かう。そこで互いを認め合い後日、再会を期して別れるが剣心は時雨には近づくなという忠告を斎藤一から受ける。薫達と合流した剣心は英国公館前でさっきの女性は会津出身で高槻朱鷺という名であることを知る。剣心はその名を聞いて幕末に高槻厳達という剣客と戦ったことを思い出す。その時、英国公館で爆音が響き、戦闘が起こる。剣心たちも現場に向かうが、陸軍の到着で敵は退却した。
1996年1月10日 – 1998年9月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 海外レビュー” の続きを読む

天空のエスカフローネ 海外レビュー

あらすじ

高校1年生の占い好きな少女、神崎ひとみは突然地球から異世界ガイアに飛ばされてしまう。月と地球を天空に抱くその世界では人の“想い”が世界を変える力となる。その地で、彼女は自国(ファーネリア)を滅ぼされた若き王、バァンと、彼の乗る人型機械(ガイメレフ)「エスカフローネ」、陰のある騎士アレンたちと共にガイア全土を取り巻く戦いへと巻き込まれていく。
1996年4月2日 – 1996年9月24日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“天空のエスカフローネ 海外レビュー” の続きを読む

家なき子 レミ 海外レビュー

あらすじ

レミ・バルブランは貧しいながらも母親アンヌと妹ナナとともに幸福に暮らしていた。しかしパリまで出稼ぎに行っていた父親が大怪我をしてレミたち家族の元へ帰ってくると、レミは自分が捨て子だったという出生の秘密を知らされる。そして愛する者、親しんだ土地から離れなければならなくなった。
1996年9月1日 – 1997年3月23日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“家なき子 レミ 海外レビュー” の続きを読む

地獄先生ぬ〜べ〜 海外レビュー

概要

「鬼の手」を持つ霊能小学校教師の「ぬ〜べ〜」こと鵺野鳴介が児童を守る為に、妖怪や悪霊を退治する学園コメディーアクション。

集英社『週刊少年ジャンプ』にて1993年38号-1999年24号まで連載された。友情、努力、勝利というジャンプ従来のコンセプトに加え、ホラー、都市伝説、怪談、ラブコメディ、教育、博学、お色気など様々な要素を採り入れ、バリエーションに富んだ展開と個性豊かなキャラクターが繰り広げるストーリーで非常に幅広い年代から老若男女問わず多くの支持を受け、1990年代後半のジャンプ人気に陰りが出始めた頃、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』などとともにジャンプの一翼を担う大ヒット作となった。メディアミックスも果たし、テレビ朝日系でテレビアニメ化(1996年4月-1997年6月、1998年8月・全49話)やアニメ映画化(3作)、OVA化(3作)、PSゲーム化などが実現している。 総発行部数は、コミックス版全31巻、販売実績では2000万部。また、2006年には全20巻の文庫版が発売された。
1996年4月13日 – 1997年6月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“地獄先生ぬ〜べ〜 海外レビュー” の続きを読む