ロミオの青い空 海外レビュー

 あらすじ

スイスの小さな村、ソノーニョ村に少年ロミオ11歳が生活していた。 平和に暮らしていたロミオ一家にある日村にやってきた人身売買人、死神ルイニの魔の手が襲い掛かる。 ロミオの父ロベルトは、頑なに息子ロミオを売り渡す事を拒み続けるが、遂に病に倒れてしまう。 それを見たロミオは医者を呼んで父を救うため、自分の身を売る事を決意する。 こうして、ロミオは煙突掃除夫として、ミラノの街へ旅立つのであった。

旅の途中ロミオは同じく煙突掃除夫になるためミラノに向かう少年アルフレドと出会う。ミラノに着いた後しばらくアルフレドとは分かれ、煙突掃除夫としてつらい日々が続くが、アルフレドと再会を果たし、二人は親友となる。後に他の煙突掃除夫の仲間たちを集め、不良少年ジョバンニ率いる狼団に対抗するため、黒い兄弟という同盟を結成する。
1995年1月15日 – 同年12月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

SID0002363

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロミオの青い空 海外レビュー” の続きを読む

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 海外レビュー

 概要

第1次ミニ四駆ブーム終了から3年ほどたった1994年、再びミニ四駆が売れるようになった。『月刊コロコロコミック』の久保雅一はミニ四駆で仕掛けようと考えた。久保は「ミニ四駆というのは、競争がテーマ」とし、2台のミニ四駆を子供に買ってもらうように考えた結果、「兄弟マシンとして2台のマシンを主人公に据えたマンガ」を発案。同じ『コロコロ』の編集者である佐上靖之とこしたてつひろに依頼して、漫画がスタートした[2]。漫画は『コロコロコミック』にて1994年7月号から1999年10月号まで連載された。

ストーリーは全部で3シリーズある。アニメはテレビ東京系で1996年から1998年までの3年間に渡り、1年に1シリーズずつ放送された。アニメ製作はXEBEC。各51話、計153話。月曜18時のアニメの放送回数は『しましまとらのしまじろう』を上回る。
第1期:1996年1月8日 – 12月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

a131021

✳以下myanimelistからのレビューになります

“爆走兄弟レッツ&ゴー!! 海外レビュー” の続きを読む

怪盗セイント・テール 海外レビュー

 あらすじ

西洋の雰囲気が漂う港町・聖華市のミッションスクール・聖(セント)ポーリア学院に通う羽丘芽美は、マジシャンを父に持つ中学2年生。しかしもう一つの姿は人並み外れた身体能力と華麗なマジックを操り、聖華市を騒がす怪盗セイント・テール。彼女は犯罪被害に遭った「迷える子羊」達の救済のため、学院礼拝堂の見習いシスターにして情報アシスト役のパートナーである親友・深森聖良のサポートのもと、盗品を盗み返して悪人達の罪を暴く怪盗活動に走り回っているのだった。
1995年10月12日 – 1996年9月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

512a-wHbFJL

✳以下myanimelistからのレビューになります

“怪盗セイント・テール 海外レビュー” の続きを読む

神秘の世界エルハザード 海外レビュー

 あらすじ

異世界エルハザードに飛ばされた高校生、水原誠の冒険を描く、林宏樹・月村了衛原案のファンタジーラブコメディ。OVAやテレビアニメ・メディアミックス作品ごとに、それぞれの登場人物やストーリーには様々な設定の違いがある。設定資料巻末のスタッフインタビューによれば、本作品はエドガー・ライス・バローズのSF冒険小説「火星のプリンセス」をモチーフとしている。作中の生体甲冑族のネコ「ウーラ」は同作品の主人公ジョン・カーターの愛獣と同名である。

最初のOVA版は、1995年から1996年にかけて全7作がパイオニアLDCから発売。OVA版の第2期である『神秘の世界エルハザード2』では、最初のOVAでの最終決戦とラストシーンとの間に起こった出来事が描かれる。
1995年10月6日 – 1996年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

b00005fxd5

✳以下myanimelistからのレビューになります

“神秘の世界エルハザード 海外レビュー” の続きを読む

爆裂ハンター 海外レビュー

 あらすじ

悪しき魔法使い(ソーサラー)によって苦しめられる罪無き人々を救うため、闇の仕置き人(ソーサラーハンター)として活躍するキャロット・グラッセたちの愛と涙とお色気の物語。 前世が破壊神だったキャロット・グラッセ、そして四柱神、実の弟として生まれ変わったマロン・グラッセ、 彼を愛するティラ・ミス&ショコラ・ミス姉妹、マッチョのガトー・モカらの奇妙な物語。
1995年10月3日 – 1996年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

120000317

✳以下myanimelistからのレビューになります

“爆裂ハンター 海外レビュー” の続きを読む

バーチャファイター 海外レビュー

 概要

アニメのメインターゲットは原作ゲーム『バーチャファイター』の購買層である10代後半ではなく、小学生である。これは低年齢層に人気を獲得することによって関連商品の対象の幅を広げようとするのが狙いである[1]。タイトルロゴも原作とは異なり、片仮名表記となっている。時折、千葉繁によるナレーションで作中で披露した技や流派の解説が入る。

ゲーム版で声を担当した声優のうち、主人公アキラ役の三木眞一郎とラウ役の千葉繁がそのまま本作でも同様の役柄を担当した。物語はゲーム第一作以前の話が描かれており、デュラルの開発経緯などの謎も明かされる。クライマックスはゲーム版の最終ボス、デュラルとの決戦が描かれ、そのままゲームの物語へと繋がる終わり方をしている。
1995年10月2日 – 1996年6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

hqdefault

✳以下myanimelistからのレビューになります

“バーチャファイター 海外レビュー” の続きを読む

ご近所物語 海外レビュー

 あらすじ

幸田実果子は、矢澤芸術学院(通称ヤザガク)の服飾デザイン科に通う高校1年生。夢はデザイナーになって自分のブランドの店を持つことで、夢の実現のために頑張っている。同じマンションのお隣さん山口ツトムとの恋愛や、彼女を取り巻く友人・知人たちの人間模様・恋模様を描く。
1995年9月10日 – 1996年9月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

121001783

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ご近所物語 海外レビュー” の続きを読む

ナースエンジェルりりかSOS 海外レビュー

 あらすじ

森谷りりかは、私立白鳩学園に通うどこにでもいる普通の小学4年生の女の子。10歳の誕生日に同学園に転校してきた、別の宇宙にあるもう一つの地球・クイーン=アースの戦士カノン(加納望)から「ナースエンジェル」として地球侵略を企むダークジョーカーと戦い、地球を救う「命の花」を探す使命を託される。りりかはカノンの助けを得ながらダークジョーカーと戦っていくが、カノンは病気や死を撒き散らす黒のワクチンにその身を蝕まれていた。ナースエンジェルの聖なる力の源で残り少ない緑のワクチンを惜しむカノンは治療を拒否し、命を落としてしまう。

カノンの力を譲り受けたりりかの幼馴染・宇崎星夜をパートナーに迎え、戦いと命の花探しは続く。そしてダークジョーカーとして甦ったカノンの裏切りに傷つきながらも、すべて消費してしまった緑のワクチンはダークジョーカーから離反したデューイによって1度は補充され、りりかは星夜やデューイの助力のもとダークジョーカーの親玉であるブロスを倒す。さらにブロスの持つ黒のワクチンの力でダークジョーカーとして復活し、操られていたカノンを救い出すことにも成功した。
1995年7月7日 – 1996年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

145008319

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ナースエンジェルりりかSOS 海外レビュー” の続きを読む

H2 海外レビュー

 あらすじ

大の親友でありそしてライバルでもある国見比呂と橘英雄、比呂の幼馴染であり英雄のガールフレンドでもある雨宮ひかり、比呂が進学先の千川高校で出逢った古賀春華。名前の頭文字に「H」を持つ「2」人の野球少年とヒロインを軸に話が展開する。

比呂と英雄はチームメイトの野田敦と共に中学野球で地区大会二連覇を果たすが、その後医師から比呂は肘、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断されてしまい、野球を断念。英雄が野球の名門・明和一高に進んだのに対し、比呂と野田は野球部の無い千川高校に進み、それぞれサッカー、水泳に取り組むことにした。
1995年6月1日 – 1996年3月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

que-10104761675

✳以下myanimelistからのレビューになります

“H2 海外レビュー” の続きを読む

ぼのぼの 海外レビュー

 概要

不条理ギャグと哲学とほのぼのが融合した、独特の作風が特徴。2018年3月時点で第43巻まで発売されており、総発行部数は2007年時点で約900万部。2016年で連載30周年を迎えた。他に、このキャラクターによる絵本、ぼのぼの絵本「かわいそうのこと」「大きいのこと 小さいのこと」「メガネヤマネくんのこと」(いずれも絶版)、「クリスマスのこと」、20周年記念作品の「ツワイオのこと」がある。文庫版は、単行本30巻までを収録した全15巻が刊行されている(2003年から2014年まで刊行されなかったが、2015年発売の11巻より刊行再開)。ボックス仕様でも発売されている。また、廉価版総集編として「シマリスくん大活躍!!号」も刊行された。
1995年4月20日 – 1996年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

hqdefault

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ぼのぼの 海外レビュー” の続きを読む

十二戦支 爆烈エトレンジャー 海外レビュー

 あらすじ

物語の舞台は、ムーゲンというさまざまな動物の精霊達(第一話では「妖精」と称呼)が平和に暮らす異次元の国。人間が作った様々な物語の世界「ノベルワールド(昔話・おとぎ話)」で構成された果てしなく天空に続くノベルポールを存在の柱とする国である。 ところがムーゲンの真下、深海の闇の中にある妖魔城に潜む妖魔王・ニャンマーが、ノベルワールドの破壊を企み、妖魔モンスター達を次々と送り込んで来た。このままではノベルワールドが破壊され、ムーゲンは崩壊してしまう。オーラ姫は、ムーゲンの守護神・「エトレンジャー」を招集、「エトレンジャー」は時空間転移マシーン・キリンダーに乗ってノベルワールドに向かう。妖魔モンスターは侵入したノベルワールドの人物になりすまし、その世界観を狂わせ物語の進行を妨害することによって破壊しようとする。 エトレンジャーは2日以内にノベルワールドに潜む妖魔モンスターを見つけ出し「浄化」しなくてはならない。はたして、エトレンジャーはノベルワールドとムーゲンを救えるのだろうか!そして、妖魔王・ニャンマーの正体は…!?
1995年4月7日 – 1996年1月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SX500_CR60,10,415,420_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“十二戦支 爆烈エトレンジャー 海外レビュー” の続きを読む

ストリートファイターⅡ Ⅴ 海外レビュー

 あらすじ

日本の南西諸島の中にある海宮内(みくない)島できこりの手伝いをして暮らすリュウのもとに、ある日アメリカに住む友人・ケンから「アメリカに来い」とだけ書かれた手紙が届く。リュウは生まれて初めて飛行機に乗り、サンフランシスコでケンと再会する。

二人は力試しに、酒場でアメリカ軍人と戦って勝利するが、新たに現れた軍人・ガイルに敗北を喫してしまう。リュウとケンは自分たちの驕りを反省し、無名でも強い格闘家がいることを知ると、自分たちよりも強い者に会うべく、武者修行の旅に出るのだった。

修行の最初の地、香港ではツアーガイドをしている春麗と出会い、親しくなる。二人は無法地帯と化している九龍城でチャイニーズマフィアを相手に戦ったり、アクションスターのフェイロンと戦うなどして腕を磨いていく。そして偶然出会った老齢の武術家に、武術の才を見出されたリュウは究極の武術「波動拳」の存在を教わる。
1995年4月10日 – 11月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

11406_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ストリートファイターⅡ Ⅴ 海外レビュー” の続きを読む

スレイヤーズ 海外レビュー

 世界観

『スレイヤーズ』の世界は、ヨーロッパを基調としており、人間以外にドラゴンやエルフ、ゴブリンなども存在する。典型的なファンタジー世界となっている。魔法も日常に当然に存在し、その発生メカニズムや個々の術の作用も、断片的ながら系統立てて語られている。

リナたちのいる世界の構造は、「『混沌の海』に立てられた杖の上に平面世界が皿のように乗っている構造となっており、この世界以外にもいくつかの他世界が存在する。それぞれの世界では、『魔王』と『神』が互いに勢力を争って抗争している。魔王はこの世界を支える杖を欲して世界を滅ぼそうとしている」という世界観が通説となっている(『杖の上の平面世界』という点に関してはリナは疑問視しているようだが)。リナたちの世界でも、「赤眼の魔王(ルビーアイ)」シャブラニグドゥと「赤の竜神(フレアドラゴン)」スィーフィードという、赤を象徴する魔王と神が争い、約5000年前に赤眼の魔王は七つに分けられて封印され、赤の竜神は分身を四体残して滅びている。宗教はスィーフィードとその分身を信仰の対象にしているのが一般的だが、魔王を信仰する邪教集団も存在する。

なお、他世界の様子の一部は、同原作者のSF小説『ロスト・ユニバース』中にて描写されている。
1995年4月7日 – 1995年9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

169400

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スレイヤーズ 海外レビュー” の続きを読む

ふしぎ遊戯 海外レビュー

 あらすじ

高校受験を間近に控えた中学3年生の夕城 美朱(ゆうき みあか)と親友の本郷 唯(ほんごう ゆい)は『読み終えた者は主人公と同様の力を得、望みがかなう。』という序文に釣られ、図書館の立ち入り禁止区域で見付けた四神天地書という書物を開いて、中に吸い込まれてしまう。そこに待っていたのは、古代中国に似た異世界―四正国の紅南国と、額に鬼の字を持つ青年―鬼宿(たまほめ)との出会いだった。すぐに現実世界に戻れた2人だったが、帰宅後に母親と口論になり飛び出した美朱は再び本の世界へ入ったまま、現実世界へ帰れなくなってしまう。かくして美朱は、軍事大国―倶東国の前に苦境に立たされていた、若き皇帝にして朱雀七星士―星宿(ほとほり)の紅南国を守るため、現実世界への戻り方を知るために、朱雀の巫女となった。やがて美朱は、各地に点在する七星士を探す方法や戻り方を求め訪れた太極山で、仙人―太一君(たいいつくん)の助言と美朱の行方不明を聞き付けた唯の助けで、なんとか現実世界に帰還する。が、入れ替わりに唯が吸い込まれてしまったことからそれを助けるため、また七星士の一人であった鬼宿と強く惹かれ合うようになっていたこともあって紅南国を平和に導くために、決意新たに美朱は兄―奎介(けいすけ)の制止を振り切って本に戻ってしまう。
1995年4月6日 – 1996年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

7d1b0a6dc2c3595b44f8698e89b2860b3bfa73cc

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ふしぎ遊戯 海外レビュー” の続きを読む

行け!稲中卓球部 海外レビュー

 あらすじ

稲豊市(いなほうし)の、稲豊市立稲豊中学校が舞台。稲中の男子卓球部には6人の部員がいる。部員数は少ないが、卓球の大会で優勝したこともあり(連載前の読みきりで優勝した。稲中厳選集「稲作」収録)、その存在感は大きいのだ。下品な行為で皆から馬鹿だと非難されている主人公・前野。その前野と行動を共にする盟友・井沢ひろみ。口数が少なく、かつとんでもない卑劣漢の田中。一見まともに見える田辺も、実態はワキガの激しい「毒ガス王子」。

一癖も二癖もある彼らに、部長・竹田、副部長・木之下、顧問の教諭・柴崎は毎日振り回されていた。こうして稲中卓球部と言う奇妙な集合体は形成されていたのだ。

こんな彼等の周辺には、いつも破天荒な事件が巻き起こる。女子卓球部顧問・立川盛夫が、部員が増加して練習場所が足りないことを理由に男卓の部室を侵略すれば、それに激しく抗戦する。夏休みの間に、学校の鶏小屋にホームレスが住み着けば、井沢は見事に飼い慣らす。

もちろん事件だけではなく、卓球のほうも文字通りの全力投球。某短期大学のテニスサークルに卓球を破廉恥指導し、強烈な個性のおばさんグループと練習試合する。地区大会では、優勝候補の岸毛中学校をあの手この手を使い初戦で破り準優勝するという、相当のねじ曲がった実力を持っている。

どんな事件や強敵や荒波や逆風が待ち受けようとも、彼らは必ず行くのだ。
1995年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445__SY445_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“行け!稲中卓球部 海外レビュー” の続きを読む

愛天使伝説ウェディングピーチ 海外レビュー

 あらすじ

聖花園学園中等部に通う花咲ももこは新聞部に在籍する夢見る中学生。同じく新聞部に在籍する谷間ゆりと珠野ひなぎくの2人と共に部活動の一環としてサッカー部の試合を見に行き、憧れの柳葉和也先輩の取材を行おうとしたが、同学年の補欠キーパー・風摩ようすけに対個人取材についてダメ出しをされ、仕方なく試合会場を後にした。

その帰り道、三人はプリュイと名乗る怪しい男に襲われる。プリュイは使い魔のじゃ魔ピーを気絶したひなぎくとゆりに取り憑かせ、ももこを襲わせる。プリュイの狙いはももこがいつも指にはめている、母の形見の指輪だった。ももこは窮地に陥ったが、天空より現れた天使リモーネによって助けられる。リモーネから聖手鏡(セント・ミロワール)なるミラーコンパクトを渡されて開くとそこには天使たちの長たる女神・アフロディーテの姿が現れる。ももこは「愛天使ウェディングピーチ」に変身して友を救うようにと促され、導きに従い愛天使に変身して敵を撃退した。ももこの指輪は天使界を支える聖なるアイテムである「セント・サムシング・フォー」の1つだった。悪魔たちの狙いは「セント・サムシング・フォー」の破壊であり、これが成されれば、あらゆる世界から愛が失われ、全てが憎しみと破壊の闇に閉ざされるという。
1995年4月5日 – 1996年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

994603842

✳以下myanimelistからのレビューになります

“愛天使伝説ウェディングピーチ 海外レビュー” の続きを読む

獣戦士ガルキーバ 海外レビュー

 概要

昔話の「桃太郎」や「金太郎」をモチーフとしてメインキャラクターを設定し、「戦士」として定め付けられた少年の葛藤や「戦争」という状況下での人々の心情などを描いている。

完全版DVDボックスのブックレットに掲載されている監督・日高政光のコメントによると、企画当初は全4クールの放送予定で玩具も発売されるということで、基本的に子供向けの番組にする方向性であった[1]。しかし、玩具の発売は中止となり、総本数も2クール分のみということで決定したため、ハイティーン向けのシリアスなハード路線に転向し、最終的に現在の「ガルキーバ」の形になった。予定では、3クール目は桃矢たちをエターナリアへ行かせ、当地で苦しむ人々との触れ合いからさらなるドラマの広がりを求め、獣人たちのドラマも展開させていくつもりであった。4クール目では桃矢に、作品のテーマに大きく関わる「究極の選択」ともいえる事を選ばせる予定だったが、番組は予定の半分の2クールで打ち切りとなっている。
1995年4月4日 – 同年9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

120013728

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣戦士ガルキーバ 海外レビュー” の続きを読む

黄金勇者ゴルドラン 海外レビュー

 あらすじ

小学校6年生のタクヤ・カズキ・ダイは、元気がよすぎるイタズラ好きのワンパク3人組。

ある日3人は、不思議な宝石パワーストーンを手に入れその中には「勇者」と呼ばれるロボット・ドランが眠っており、同時にこの石が黄金郷・レジェンドラへ行くための鍵になるという。しかし、パワーストーンを狙って、ワルザック共和帝国の第1王子・ワルターが襲い掛かってくる。

復活の呪文によって甦ったドランとともに、世界中に散らばる8つのパワーストーンを探すレジェンドラへの冒険が始まった。
1995年2月4日 – 1996年1月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

418M49DJT1L

✳以下myanimelistからのレビューになります

“黄金勇者ゴルドラン 海外レビュー” の続きを読む

NINKU 忍空 海外レビュー

 あらすじ

忍空組の活躍により戦乱の世も治まったかに見えたEDO暦3年、風助は旅の中で忍空組の残党が悪事を働いているのを目にする。そんな折、共に忍空を修行した橙次が残党の過激派に囚われたとの報に接する。彼らは「忍空狼」と名乗り、1人1人が隊長顔負けの実力を持つ刺客を干支忍達に放っていた。かくして干支忍と忍空狼による忍空戦争が勃発した。
1995年1月14日 – 1996年2月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

main97

✳以下myanimelistからのレビューになります

“NINKU 忍空 海外レビュー” の続きを読む

GOLDEN BOY ゴールデンボーイ 海外レビュー

あらすじ

主人公・大江錦太郎は、東京大学に入学するも、机の上だけの勉強では本当の勉強にはならないと、大学を自主退学。その後は真の「お勉強」をする為に自転車で日本中を旅し、その先々で知り合った人達と触れ合い、時に騙され、罵倒されながらも彼らを軽蔑することなく、救済の手を差し伸べていく。そして学んだことを「お勉強ノート」に事細かに記していく。

ところが、ある街でおでんの屋台を営んでいる時に知り合った青年、正彦の悩みを聞いた事で、ある組織の陰謀に巻き込まれていくこととなる。その組織のトップはかつての大学時代のクラスメイト、金剛寺正宗であった。
(1995年から1996年にかけて『GOLDEN BOY さすらいのお勉強野郎』の名前でOVA発売)ウィキペディアより引用


✳以下myanimelistからのレビューになります

“GOLDEN BOY ゴールデンボーイ 海外レビュー” の続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン 海外レビュー

 あらすじ

物語の舞台は西暦2000年9月13日に起きた大災害セカンドインパクトによって世界人口の半数が失われた世界。その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京市に呼び出され、巨大な汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロットとなって第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」と戦うことを命じられる。
1995年10月4日 – 1996年3月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

img_0

 ✳以下myanimelistからのレビューになります

大変実験的で素晴らしくユニークなエヴァンゲリオンは盛大な成功です。

シンジという14歳の男の子は、父親碇ゲンドウ、NERV(人類を絶滅から守ることを義務づけられた団体)に呼び出されています。彼の父親の最初の言葉は、巨大なロボットマシン、象徴的なエヴァンゲリオンを操縦し、NERVの本拠地である東京3を攻撃しているモンスターと戦うための命令です。これらの幻想的な「モンスター」は使徒と呼ばれ、一見無敵です。伝統的な武器は、2015年であっても、その影響を最小限に抑えます。特定の選択された14歳の子供のみが操縦できるエヴァンゲリオンだけが、それらを止めることができます。これはシリーズの基本的な初期の前提です。それが進むにつれて、すべてがもっと複​​雑になります。エヴァンゲリオンのプロットには数千トンのミステリー、サスペンス、紆余曲折があり、日常的に思考を刺激し、非常に興味深いものです。

キャラクターは優れています。これは、シリーズが使徒やNERVよりもそれらについてより重要な点です。イカリ・シンジは、アニメの中で今まで考えられていた、真に共感できるキャラクターです。シンジは、あまりにも感情的で面倒であると不平を言う人もいますが。しかし、実際に誰もシンジが「ハリウッドのヒーロー」になって、その人の顔に笑顔で救うことは望んでいません。そのような人間は本当に存在することはありませんし、スタジオのGainaxはこれを理解してシリーズに完全に適用します。シンジの精神的な闘いは、複雑な独白と大成功を収めた実験的な映画技術の使用を通して、庵野秀明によって効果的に処理されています。アスカとレイは、他の選ばれた子どもたちは、極端な対話と独創的なキャラクターです。どちらもシリーズ全体を通して非常に興味深い方法で大きく発展しており、このキャラクターの探査と成長はエヴァンゲリオンの中心です。

エヴァンゲリオンはすばらしくカラフルで、使徒は東京3の超高層ビルを席巻する多くの人に注目を集め、思い出深いものです。使徒たちはいろいろな形で登場しています(1人の使徒は巨大な青いダイヤモンドの形をしていますが、もう1つは肉眼で見るには小さすぎ、NERVのコンピュータシステムを壊してしまう有機的なウイルスの役目を果たします)モンスター・オブ・ザ・ウィーク “形式で、シリーズのアクション面を常にフレッシュで楽しいものにしています。ユダヤ教 – キリスト教の言及はエヴァンゲリオンで有名です(あるいはむしろ悪名高い)が、広範な非難にもかかわらず、私は象徴主義は決して不快ではなく、いつも刺激的で視覚的に衝撃的であると確信しています。これらの参考文献は通常かなり浅いですが、あなたは座ってシリーズ全体のより深い意味に気付くようにします。私が目にしたプラチナの再マスタリングには、アニメーションが鮮明で明瞭です。このリマスタリングは、購入する価値のあるエヴァの唯一のバージョンだと付け加えます。ビジュアルは定期的に素晴らしいとこのシリーズのシーンは確かにあなたと一緒に永遠に滞在します。定期的な挑発的なイメージは、しばしば衝撃的で時には畏敬の念を起こすものです。出血し、最初のエピソードで包帯で覆われた不自由なレイのイメージは、シリーズの最初の本当のショックを提供します。そのようなイメージは、現存する視覚的なギャグと対照的です。エピソード2のシンジの地獄の領域が、最も記憶に残るものの1つであることを隠す爪楊枝の容器です。

音楽は、エヴァの残りの部分とよく似ていて、思い出深いものです。アスカとシンジの戦闘成功の印象を与えるインスピレーショナルなトランペットと、レイの性格を伝える反射的なチューンを使って、気分や色調を調整するのに優れています。 OPは私のお気に入りの中にあり、あなたはシリーズの26のエピソードを通してそれを聞いて疲れません。

最後の2つのエピソードはどちらも実験的なエヴァのピークであるため、議論の余地があります。私は確かにそれらを「悪い」と呼んでいませんが、彼らはイライラして終わりとして満足していません。ありがたいことに、「エヴァンゲリオンの終わり」と題された次の映画のリリースは、これを暴力的な暴力と是正します。 EoE – 本質的にepsで何が起こるかの話を伝えます。今度はシンジの心の外にあり、本当に華麗で、確かにそのシリーズの空の高い基準にぴったりと暮らし、おそらくそれを超えている。これまでに作られた偉大なアニメ映画の一つであるだけでなく、EoEはこのシリーズに特別な結論を与えます。

英語吹き替え、ペーシング、効果音については言及していませんが、すべてが素晴らしい基準です。全体として、私はこのシリーズが象徴的な地位に値すると考えています。これは、今まで見たことのない絶対的なベストテレビシリーズ(アニメなど)です。毎回のエピソードは、傑作であり、見るべき喜びです。私は全力を尽くして新世紀エヴァンゲリオンをオススメします!