忍たま乱太郎 海外レビュー

概要

尼子騒兵衛の忍者ギャグ漫画『落第忍者乱太郎』が原作。アニメ化に際し「原作題名の『落第』という言葉が、放送局であるNHKでは放送コードに触れるため、『忍者のたまご』、略して『忍たま』に変更された」という噂が広がっているがソースはなく、サブタイトルに「落第」という単語が入った回があることから放送コードに触れているというのはデマではないかという見解もある。新聞のテレビ欄では「忍たま」または「忍玉」と表記されることがある。

字幕放送を実施。乱太郎の台詞は黄色、きり丸の台詞は水色、しんべヱの台詞は緑色、その他の人物の台詞は白で表示される。字幕は基本的に小学3年生以下で習う漢字は漢字表記(振り仮名付きの場合あり)で、小学4年生以上で習う漢字はひらがなで表記される。2008年3月31日から本格的にハイビジョン制作へ移行した。
1993年4月10日 – 1994年3月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“忍たま乱太郎 海外レビュー” の続きを読む

若草物語 ナンとジョー先生 海外レビュー

あらすじ

ロンドンから、21歳の美しい淑女が、情操教育で有名なプラムフィールドを訪ねて来た。10年前より大規模になっているプラムフィールドをさらに行った丘の上。赤い屋根の一軒家を眺めながら感慨にふけっている。「ちっとも変わってない。昔のままだわ何もかも」、「ただいまジョー先生」。そう言いながら彼女は、10年前の自らの「奇跡の少女時代」を思い出すのだった。
放映期間1993年1月17日から同年12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“若草物語 ナンとジョー先生 海外レビュー” の続きを読む

今日から俺は!! 海外レビュー

概要

増刊少年サンデー(小学館)にて1988年9月号から1990年8月号まで連載、その後掲載誌を週刊少年サンデー(小学館)に移し、1990年40号から1997年47号まで連載。コミックス版全38巻。ワイド版全19巻。コンビニコミック版全14巻(My First WIDE版)。文庫版全18巻。累計発行部数は4000万部にも及ぶ。

2018年10月12日、同年11月24日発売の少年サンデーS2019年1月号(小学館)にて「今日から俺は!! 特別編」連載されることが決定。

舞台は千葉。軟葉高校とその周辺地域を舞台にしたバトル漫画でありギャグ漫画。三橋貴志と伊藤真司が様々な敵と戦ったり珍事に巻き込まれたりする。各サブタイトルは全て「○○編」。

「不良モノ」の漫画には珍しく暴走族構成員が全く登場せず、良が女子を助けた時(3巻)や、三橋の過去(18巻)などにのみ登場している。作中の不良の暴力性も比較的控えめで殺し合いレベルの戦闘はない。「ヤンキーギャグ漫画」でありながら下ネタが非常に少なく、また恋愛関係において奥手で、性描写もない。
アニメOVA:1993年 – 1996年発表期間(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“今日から俺は!! 海外レビュー” の続きを読む

蒼き 伝説シュート! 海外レビュー

あらすじ

物語の前年、1年生ばかりの掛川高校サッカー部は藤田東高校を破り、その中心選手で事実上監督も兼ねていた久保嘉晴はすでに伝説的な扱いを受けていた。

田仲俊彦は久保に憧れて掛川高校へと進学しサッカー部へ入部、時を同じくして遠藤一美はマネージャーとなる。田仲とともに「掛西中トリオ」と呼ばれていた平松和広と白石健二も掛川高校へと進学していたが、それぞれの事情によりサッカー部には入部しなかった。神谷篤司をはじめとする2年生は「1年生は夏のインターハイ予選に出さない」と宣告すると、不公平に感じた1年生は2年生に紅白戦を挑んだ。戦力差は明らかであったが、平松・白石の途中加入により2年生チーム1点リードの接線で終盤を迎える。終了直前に掛西中トリオが必殺の「トリプルカウンターアタック」を仕掛けたが、神谷に防がれてそのまま試合を終えた。この結果により実力を認め、1年生の試合起用を約束する。
1993年11月7日から1994年12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“蒼き 伝説シュート! 海外レビュー” の続きを読む

SLAM DUNK 海外レビュー

あらすじ

神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪(レッドヘアー(英語版))の不良少年・桜木花道は、188㎝の長身と抜群の身体能力を見そめられ、バスケットボール部主将・赤木剛憲の妹である晴子にバスケット部への入部を薦められる。晴子に一目惚れした花道は、バスケットボールの全くの初心者であるにもかかわらず、彼女目当てに入部。その後、地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。湘北バスケ部には、監督である安西光義のもと、主将の赤木剛憲と副主将の木暮公延らに加え、スーパールーキーといわれる流川楓らが加入。さらに、前年度のインターハイ県予選ベスト4である陵南高校との練習試合後には、暴力事件を起こして入院をしていた宮城リョータや、バスケ部から離れていた三井寿も復帰する。
1993年10月16日 – 1996年3月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“SLAM DUNK 海外レビュー” の続きを読む

ジャングルの王者ターちゃん 海外レビュー

あらすじ

アフリカのあるところにジャングルの平和を守るために日々戦い続ける若者がいた。その男、ターちゃんは生まれて間もなくサバンナに捨てられ、チンパンジーに育てられた過去を持つ野生児であり、鍛え抜かれた肉体と平和を愛する正義の心を持つ「ジャングルの王者」であった。ターちゃんは密猟者やハンターたちから自然や動物を守ることを自らの使命とする一方で、私生活では恐妻家として妻・ヂェーンの尻に敷かれており、かわいい女の子やエッチなものに目が無いという一面も持っていた。ターちゃんは様々な敵と戦い、個性豊かな人々との交流や時折エッチなことに精を出しながらもジャングルの平和を守っていく。
1993年10月14日 – 1994年9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)


✳以下myanimelistからのレビューになります

“ジャングルの王者ターちゃん 海外レビュー” の続きを読む

無責任艦長タイラー 海外レビュー

あらすじ

時は未来、地球と惑星ラアルゴンとの戦争のさなか、主人公の放浪者ジャスティー・ウエキ・タイラーは楽な仕事がしたい!と、地球軍に入隊してしまい、あれよあれよという間にオンボロ駆逐艦「そよかぜ」の艦長にまで出世してしまう。

その後も持ち前の強運で数々の難事件を乗り切り、気づけばラアルゴン帝国の大艦隊を「そよかぜ」1隻で撃退するまでになる。そして、ラアルゴン帝国の皇帝ゴザ16世のアザリンはタイラーに興味を持ち始める。
1993年1月25日 – 7月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“無責任艦長タイラー 海外レビュー” の続きを読む

GS美神 極楽大作戦!! 海外レビュー

世界観

主人公やその周辺人物だけが霊能力や幽霊、妖怪といったものを認知している一般的な霊能フィクションとは違い、そういった超常的な現象やそれらを鎮めたり除霊したりする霊能者の存在が世界で広く認知されている世界観となっている。また一部の妖怪等は人間と共存し、社会の中で受け容れられている。一方で、社会の基盤はあくまで科学であり、科学を基に幽霊や妖怪等の定義付けを行う事が難しい面もあって、その信憑性を問う声も存在している。 国際機関や各国家は上記の存在を認めており、国家によっては政治に大きな影響を及ぼしている。また除霊を行う霊能者はゴーストスイーパーと呼ばれ、国家資格制度が設けられ管理されている。

人間が暮らす人間界のほかに、神族などが住む天界(神界)や魔族などが住む魔界が存在しており、天界と魔界を合わせて冥界と呼んでいる。

神族と魔族の上層部は、ハルマゲドンを回避するためデタント状態にあり、最高神と魔王も親睦が深い様子。 しかし、世界を維持するために魔族は基本的に悪として神族や人間に負け続けなければならない役割を強制されているため、魔族の中には自分達が虐げられ続けなければならない状態に多かれ少なかれ疑念を持っている者も多く、中盤以降の物語の根幹に関わる問題となる。
1993年4月11日 – 1994年3月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“GS美神 極楽大作戦!! 海外レビュー” の続きを読む

ミラクル☆ガールズ 海外レビュー

 概要

「なかよし」(講談社)に第1部1990年11月号 – 1991年6月号、第2部1991年9月号 – 1992年8月号、第3部1992年9月号 – 1994年3月号および別冊付録まで連載。単行本(講談社コミックスなかよし)全9巻。2015年、なかよし60周年記念で復刻された。

超能力を持った双子の姉妹を中心とした話。

連載当時の「なかよし」本誌では『美少女戦士セーラームーン』と2大連載の扱いであり、連載最終話となった号の別冊付録は『セーラームーン』の特別編との2冊だった。

日本テレビ系列で1993年に連続テレビアニメ番組として同年1月8日 – 12月24日夕方5時(一部ネット局は1994年まで)に放送した。全51回。

※ テレビアニメ版については本項#テレビアニメの節で詳説。「登場人物」の節においてキャラクター名の下に記載した「声 – (名前)」は、テレビアニメにおける声の演者。ウィキペディアより引用
1993年1月8日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ミラクル☆ガールズ 海外レビュー” の続きを読む

剣勇伝説YAIBA 海外レビュー

あらすじ

ジャングル育ちの少年・鉄刃は、修行中に父の剣十郎と共に偶然が重なって(アニメでは意図的に)日本にたどり着いてしまい、剣十郎の親友の峰家に居候することになる。 峰家の娘のさやかと通う中学校には剣の実力者であるの鬼丸猛がおり、刃と鬼丸は反りが合わずにたびたび衝突を起こし騒動をひきおこす日々が始まる。

ある日の夜、鬼丸は実家の道場の地下より先祖から伝わる風神剣を手にし、その力に溺れ鬼に変貌してしまう。鬼となり世界を支配する野望に憑りつかれた鬼丸、「天下一の侍」を目指し強者との戦いを求める刃。 二人の因縁に起因した歴史上の強者・月からの来訪者。そして刃自らの血に起因する壮大な戦いを経て、刃は「真の侍」がどのような存在であるかを見極め、体得していく。
1993年4月9日 – 1994年4月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“剣勇伝説YAIBA 海外レビュー” の続きを読む

獣兵衛忍風帖 海外レビュー

あらすじ

仕えるべき主をもたぬ「はぐれ忍び」牙神獣兵衛は、望月藩お抱えの甲賀組忍びでくノ一の陽炎を偶然助ける。彼女は、下田村に広まった疫病の原因を解明するために仲間たちと一緒に潜入したところを、謎の忍び軍団・鬼門八人衆に襲われたのだ。仲間はすべて殺され、生き残ったのは彼女のみ。陽炎を助けたために、鬼門八人衆に狙われることになった獣兵衛は、その最中、公儀隠密・濁庵の罠にはめられ、敵の陰謀を探る羽目になる。その中で獣兵衛は、みずからがはぐれ忍びとなった過去の因縁と向き合っていく。
1993年6月5日公開(ウィキペディアより引用)

062f54e02dc7c8e695bf0785f56c5f69

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣兵衛忍風帖 海外レビュー” の続きを読む