風の中の少女 金髪のジェニー 海外レビュー

あらすじ

アメリカ音楽の父といわれているスティーブン(作中ではスチーブン)・フォスターと、後に彼の妻となる医師フレデリック・マクダウェルの一人娘ジェニー、マクダウェル家に仕える黒人のビッグジョーの倅であるビルの幼馴染み三人が、郷里のペンシルベニア州・ローレンスヴィルで自然に囲まれて成長し、スティーブンは作曲家、ジェニーは女医になることを決心してニューヨークへ遊学する15歳程度までが描かれている。南北戦争前の時代であり、黒人差別についても取り上げられた。原作は石森史郎がフォスターの人物伝などをモチーフに書き下ろしたフィクションである。本作の題名にもなっている「金髪のジェニー」をはじめ「ケンタッキーのわが家」「夢見る人」などフォスターの曲のアレンジが随所でBGMとして使用されている。
1992年10月15日 – 1993年9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“風の中の少女 金髪のジェニー 海外レビュー” の続きを読む

電影少女 VIDEO GIRL AI 海外レビュー

あらすじ

舞台は武蔵野に位置する東京都三鷹市。冴えないが気持ちの優しい高校生弄内洋太は同級生の美少女早川もえみに密かな恋心を抱いていた。しかし彼女は洋太の親友新舞貴志に憧れ、洋太の恋の行方は雨模様。そんな彼の前にあらわれた不思議なビデオショップ GOKURAKU は、ビデオガール天野あいとの出会いをもたらした。あいと洋太は互いに心惹かれるようになるも、ビデオガールには恋愛禁止の掟が課されており、2人の仲は一度引き裂かれる。その後、洋太は後輩の仁崎伸子と付き合うが、あいやもえみへの想いに悩まされる。
1992年3月27日OVA発売日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

ビデオ女の子愛、

ストーリー:
不可能なことが可能になる別のストーリー、運がないように見える男に希望を与えてくれるこのストーリーラインはかなり元気で、それが進むにつれてあなたを関係に本当に吸います。このアニメの深刻さは、その関係とまったく驚異的です。良いストーリーベースとストーリーは、より良くなり、より良くなります。

アート:
このアニメは、本当に古典的な、素晴らしいです。

音:
サウンドトラックは素晴らしく、キャラクターの声は抜群で、本当にキャラクターに合っています。

キャラクター:
キャラクターは素晴らしいです、そして本当に作物のこのアニメクリームを作る。キャラクターはすべて、よく愛されています。あなたは、厳しい、幸せな時間を通して、彼らのために感じます。

なぜ私はこのアニメが好きでしたか?
私はこのアニメが最高のものだと言うでしょう、それは愛の三角形がこのアニメがすばらしい理由の一つです。アニメは古典的なもので、「ああ、私はこれが私のようなものになってほしい」と感じています。プロットは良好であり、時間の経過とともに強化される関係債券は、見通しに過ぎない。あなたがチャンスを持っている場合は、この短命のアニメのマンガを読んで、あなたがもっと望むようにするだけです。私はまだいくつかのプロダクションクルーがこのアニメを他のマンガプロットライン上に展開することを期待しています。マンガは傑出しているので、確かめてみてください。このアニメは最高のロマンスの一つであり、純粋にクラシックです。

Video Girl Aiはおそらく、私がアニメを見ているときに見たアニメOVAの中で最高のアニメの1つです。キャラクターのデザインは、私が見た中で最も美しいもののいくつかであり、1992年には驚くべきものです。このシリーズは、日本語で見られるように意図されており、ダビングは良いですが、最高です。私はアニメーションが流動的で、よくポップミュージックからなるサウンドトラックでうまく生産されたと思うが、私は満足していた。あなたがそれを見たことがないなら、それは間違いなく価値のある時計です。

ある日TV Tropesをクリックしている間にVideo Girl Aiに遭遇してしまって、面白かったので、「ちょっと6つのエピソードしかないので、なぜ私はそれを試さないの?そして、私は本当にうれしく思います。これは評価の高い宝石です。それはecchiとして記載されているにもかかわらず、fanserviceは実際にはかなり洗練されており、はるかにfanserviceよりもプロットに焦点を当てています。だから、エッチのタイトルが一般的にあなたのものではない場合でも、あなたはまだこれにチャンスを与えるべきです。
物語は、それに対するわずかな超自然的な要素を持つロマンスです。その中心に、Youta(主人公)、Aiのビデオ女の子、Moemi、Youtaの親友の間の愛三角形(まあ、もっと愛の広場です)です。全体としてはちょっとチーズがかっていて、80年代の映画のような雰囲気の映画がありました(技術的には、1992年にOVAが出ましたが、90年代初頭は80年代でした)。私は軽いチーズにもかかわらず、それを愛していました。それは心が痛いですが、ちょうどいい量の怒りを持っていました。音楽は楽しく、芸術はとても印象的でした。すべてのアニメーションは非常に流動的で、その時間よりもはるかに早いようでした(オープニングにはCGIが少しあります)。話はちょっと古い(VCRから出てくる女の子についてのことですが)、それは芸術の質の大部分のおかげです。私の唯一の不満は、2人のサイドキャラクター、Moemi(Youta’s crush)とTakashiはなんだか不自由なものだったということでしょう。しかし、アイは両者にとって十分なスパンキーな性格を持っていました。
全体的に見れば、それは短かったので、ピックアップが容易な堅実なショーでした。長さにもかかわらず、それはまだ満足することを管理します。私はあなたが古いショー、ロマンス、またはあなたが偉大な物語に付属してfanserviceが好きな場合は、間違いなくそれをショットを与えるだろう。

ツヨシしっかりしなさい 海外レビュー

あらすじ

優秀な美人姉妹がいると近所で評判の井川家。しかしその実態は母と姉妹は家事がまったくできず、単身赴任中の父に代わって一人息子のツヨシがすべて行っていた。

そんな彼の苦労や博覧強記な知識量、実行力に富んだオールマイティーな行動力は誰にも知られることはなく、家の外では美人の姉に甘えるダメな末っ子と誤解され、家では理不尽な母のビンタや姉の叱責にさらされる日々。しかし、そんな中でもツヨシは毎日を気楽に生きているのであった。

こうした主人公の能力と周囲の評価の激しいギャップ、身近な人々に知られざるスーパーマン的活躍を主人公の呑気なパーソナリティーによって喜劇として描きながら物語が進行する。
1992年10月4日 – 1994年12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ツヨシしっかりしなさい 海外レビュー” の続きを読む

おやゆび姫物語 海外レビュー

あらすじ

マーヤは、いたずら好きで乱暴者、男の子も泣かせてしまう女の子。マーヤのいたずら好きに手を焼いたママは、ある日、魔法使いのおばあさんに魔法でその癖を治してほしいと相談をする。すると、おばあさんは古い「親指姫」の絵本をママに渡し、これを読ませれば眠っている間によい子になる、と答える。

ママは、マーヤに絵本を読みきかせる。マーヤはそのうちにうとうとし、ついに眠ってしまう。続きが気になって絵本をみるマーヤ。そのとたんに体が小さくなってしまい、絵本の世界に入ってしまう。
1992年9月30日 – 1993年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“おやゆび姫物語 海外レビュー” の続きを読む

あしたへフリーキック 海外レビュー

あらすじ

ビジネスを学ぶため、ゴダイリゾートに親友で又従弟のロベルト・バゼッティーニと一緒にやってきた伍代隼は、リゾート内を見学中に乗っていた車がガス欠になり立ち往生する。 そこに来合わせた、ゴダイユースメンバー達に誘われた隼は立ち寄ったユースの室内練習場で天才サッカープレーヤー、フリッツ・ベッケンのプレイを目にする。

ユースたちと別れた後、隼はそこにあったサッカーボールでベッケンのプレイをまねしていたがそれを見つけたサポーターのみづほたちにサッカーの才能があるとゴダイユースに誘われるが断る。

実は曽祖父であるカルロ・フェリーニが大のサッカー嫌いであるため、彼の機嫌を損ねたくない隼は断わらざるを得なかったのだ。しかし内心では隼のサッカーへの興味は強くなっていくのだった。
1992年4月14日 – 1993年4月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“あしたへフリーキック 海外レビュー” の続きを読む

美少女戦士セーラームーン 海外レビュー

海外の反響

北米のほか中南米、アジアなどの世界各国で放送され、現在でもヨーロッパなどで絶大な人気を誇る。

作中の同性愛表現の他に類を見ない多さ(レズビアン、ホモセクシャル、トランスジェンダーが明確に存在する)から、海外で「テレビ史上最もゲイなアニメ作品」として注目を集め、性的マイノリティーが当たり前のように受け入れられる世界観から、LGBT層に絶大な支持を得ている。ただし、アメリカのフェミニストの間では「女性差別的な価値観に基づくもの」という否定的な意見と「女性の権利向上のシンボルである」という肯定的な意見の2つに分かれた、という資料もある。

『パワーレンジャーシリーズ』の大ヒットを受けたサバン・エンターテイメントは、実写パートとアニメパートとで構成した本作品のリメイクを企画し、パイロット版を公開したが、観客の反応は散々なもので、そのまま頓挫してしまった。

北米版の権利はDICエンターテイメントが獲得し、オープニングにはオリジナルに敬意を表して「ムーンライト伝説」のアレンジ版が使用された。それ以外は独自のBGMに差し替えられ、暴力シーンや同性愛に関わる設定が大幅に検閲されている(ダーク・キングダムのゾイサイトとアマゾン・トリオのフィッシュ・アイが女性に変更され、天王はるかと海王みちるは従姉妹同士になるなど)。特に、はるかとみちるを従姉妹に改変した点は海外のアニメファンに有名であった。また、アメリカのアニメ雑誌のインタビューで、はるか役の緒方恵美が「同性愛者を演じて宗教的に糾弾されなかったのか」と訊かれたという。

1992年3月7日 – 1993年2月27日(無印)
1993年3月6日 – 1994年3月12日(R)
1994年3月19日 – 1995年2月25日(S)
1995年3月4日 – 1996年3月2日(SuperS)
1996年3月9日 – 1997年2月8日(セーラースターズ)ウィキペディアより引用

✳以下myanimelistからのレビューになります

“美少女戦士セーラームーン 海外レビュー” の続きを読む

伝説の勇者ダ・ガーン 海外レビュー

あらすじ

ひょんなことから地球の分身である宝珠「オーリン」を手にした小学生高杉星史は、地球が産み出した8体の勇者たちの隊長に選ばれる。勇者は世界各地で宝珠の姿で眠っているが、現代人の作ったメカと一体化することで変形ロボットとなり星史の指示に従い戦う。

地球の運命をかけた伝説の勇者ロボと侵略者レッドロンとの戦いが始まった。惑星上に5箇所存在する「開放点」を突き止められた惑星は、プラネットエナジーを抜き取られ炎の珠となって生命は全て死滅してしまうという。はたして星史とダ・ガーンたちは地球を救うことができるのか。
1992年2月8日 – 1993年1月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“伝説の勇者ダ・ガーン 海外レビュー” の続きを読む

クレヨンしんちゃん 海外レビュー

概要

1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。 2018年現在は金曜19:30から放送中。当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという。放送初回は4.0%と低視聴率だったが、同年5月25日には10%を超え、翌年の1月11日には20%を超えた。歴代平均最高視聴率は1993年7月12日に記録された28.2%。同月、4歳 – 12歳の個人視聴率が67.6%に達した(視聴率データはすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。1993年に製作された映画第一作『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』は、22.2億円の興行収入を記録した。作品は急速に人気を獲得し、現在は国民的な人気を得ている。

基本は一話完結型だが、まれに2話以上にわたって展開する話もあり、アパート編、むさえ居候編など長期に渡って展開する話もある。
放送期間1992年4月13日から放送中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“クレヨンしんちゃん 海外レビュー” の続きを読む

元気爆発ガンバルガー 海外レビュー

  •  あらすじ

    平和な町・青空町の忍者屋敷に住む青空小学校4年1組の霧隠虎太郎は400年以上続く霧隠流忍者の跡取り息子で、今日も修行を抜け出して遊びに行こうと父親の藤兵衛と親子喧嘩に発展。ところが、爆弾を投げた藤兵衛が誤って全宇宙の支配を目論む大魔界の暗黒魔王ゴクアークが封印された大岩を壊してしまう。蘇ったゴクアークは人間界を大魔界に変えようとするが、地球を守る光の戦士エルドランが身を挺してゴクアークを再封印する。しかし、ゴクアークは封印される一瞬の隙を見て闇の魔導士・ヤミノリウスIII世を人間界に遣わした。

    学校帰りに偶然巨大ロボット・ガンバルガーを見つけた虎太郎と友達の風祭鷹介、流崎力哉の三人はエルドランの願いにより、ガンバースーツで超能力を身に着けたスーパーヒーロー・「ミラクル忍者・ガンバーチーム」となり、否応なしにヤミノリウスが大魔界から召喚する魔界の生物・魔界獣と戦うことになるが、ヤミノリウスに「誰かに正体がバレると犬になる呪い」をかけられてしまった。
    1992年4月1日 – 1993年2月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

    ✳以下myanimelistからのレビューになります

“元気爆発ガンバルガー 海外レビュー” の続きを読む

ママは小学4年生 海外レビュー

あらすじ

1992年、水木なつみは夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。両親の都合でロンドンに引っ越すことになったが、急な都合で両親は先にロンドンに向かわなくてはならなくなり、なつみは1人で夜を過ごすことになる。雷が鳴る嵐の夜の中、震えながらリビングでテレビを見ていると、突然の激しい落雷とともにテレビの画面から赤ちゃんが現れる。慌て驚いているところに、一緒に現れたコンパクトから母親らしき人からの声がする。翌日再び聞こえてきたその声の話によると、何と彼女は15年後の2007年のなつみ自身であり、赤ちゃんは未来の自分が産んだ娘だというのだ。不思議な出来事だが、なつみは赤ちゃんに「みらい」と名付け、無事に未来に帰れる日まで、日本に残って育てることを決心する。こうして赤ちゃんと小さなママの成長ストーリーが始まった。

みらいちゃんが起こす騒動に振り回されるなつみだが、喧嘩仲間の山口大介や親友の森タマエと立花えり子、未来から来た育児アイテム、文句を言いながらも根は優しい島村いづみおばさんなどの助けもあって、経験のない育児の中でいろいろなことを学んでいく。
1992年1月10日 – 12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ママは小学4年生 海外レビュー” の続きを読む

幽☆遊☆白書 海外レビュー

あらすじ

主人公の浦飯幽助は、車に轢かれそうになっていた子供を助けたが、死んでしまう。しかし、幽助の死は霊界にとって予想外の出来事であったため、幽助は生き返るための試練を受けることになり、霊界案内人のぼたんと共に霊体として幾つかの事件を解決する。
1992年10月10日 – 1995年1月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“幽☆遊☆白書 海外レビュー” の続きを読む

宇宙の騎士テッカマンブレード 海外レビュー

あらすじ

連合地球暦192年、謎の宇宙生命体「ラダム」が突如として地球に来襲。

人類の宇宙進出の夢を懸けて作られた軌道エレベータ基地・オービタルリングを瞬く間に占拠し、地球侵略を開始した。地球製兵器では傷つけることすらできない強靭無比のラダム獣と、ラダム獣を遥かに凌ぐ戦闘力を持つ、謎の仮面の「超人」…。唯一対抗し得る兵器であるオービタルリングのレーザー砲を奪われ、全ての宇宙船が破壊されてしまった人類にはそれらに対抗する術がなく、その侵攻をただ黙って耐える事しかなかった…。

そんなある日、地球上のラダム獣やそれらが変態し地上に根付いたラダム樹の調査・分析をしていた、外宇宙開発機構クルーのアキとノアルの前に、正体不明・記憶喪失の青年が天から墜ちてくる。アキ達に保護された青年は、目覚めるなり宇宙に飛び立てるスペース・シップを要求し、止めようとするアキ達を乗せたまま、地球に残された最後の宇宙船「ブルーアース号」を無断で操縦し、ラダムが跋扈する宇宙へ飛び立ってしまう。
1992年2月18日 – 1993年2月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“宇宙の騎士テッカマンブレード 海外レビュー” の続きを読む

姫ちゃんのリボン 海外レビュー

あらすじ

お転婆な中学1年生・野々原姫子の前に、ある夜、姫子と瓜二つの顔をした魔法の国の王女・エリカが現れる。エリカは王家を継ぐための修行として、姫子の日常を水晶玉を通して1年間観察し、日記をつけさせてもらう代わりに、他人に変身できる「魔法のリボン」を貸してくれると言う。また、姫子がリボンをつけている間は、お目付役として姫子のぬいぐるみ・ポコ太が喋って動けるようになる。こうして、姫子とポコ太の少し不思議な日々が始まった。

姫子はリボンの力を使って様々な騒動を起こしたり解決したりしていたが、同級生の男子・小林大地がリボンの能力に気付きはじめる。さらに姫子は、大地の弟・森太郎を誘拐犯から救い出すため、大地の目の前で森太郎に変身してしまう。魔法の国の掟ではリボンの力を他人に知られた時点で観察日記の修行は中止・姫子を含む全ての関係者から魔法に関する記憶を剥奪することになっていたが、エリカの父である王様は何故か修行の続行を決定し、大地がリボンの秘密を知ったことも不問とした。

その理由は、魔法の国の名家の少年セイ・アレイが人間界に修行に出たとの報告を受けたからであった。セイは転校生・有坂静として姫子に近づき、姫子のリボンを奪おうと画策するが、最終的に失敗して魔法の国の住人であることを明かし帰っていった。…かに思われたが、一連の騒動を重く見たセイの実家が彼を勘当したため翌日には人間界に戻ってきた。セイはその後もリボンに興味を示し、同級生の日比野ひかるを巻き込んだため、ひかるも姫子のリボンを疑うようになる。
1992年10月2日 – 1993年12月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“姫ちゃんのリボン 海外レビュー” の続きを読む