人魚姫 マリーナの冒険 海外レビュー

概要

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『人魚姫』を基にし、その後を描いた作品。

国内では1991年2月2日から同年7月27日までフジテレビにて毎週土曜日に放送された。ただし早朝枠(朝5時~5時30分または5時15分~5時45分)での放送だったゆえ、本放映以降、地上波やBS/CSを問わず一切の放送メディアでの再放映が無いため「幻の名作劇場」となっている。

そのため、後年のサバン・ブランドで知られるサバン・エンターテイメントとサバン・インターナショナル・パリが共同で制作した英語ローカライズ版がフランスを筆頭に欧州各国で人気を集めることになる。メディア媒体化も2010年にフランスで発売されたDVDのみに留っており、日本での発売はない。

脚本はオリジナル、英語版ともジーン・チャロピンが担当。
1991年2月2日 – 1991年7月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“人魚姫 マリーナの冒険 海外レビュー” の続きを読む

DRAGON QUEST ダイの大冒険 海外レビュー

あらすじ

かつて世界と人間は、強力な魔族である魔王ハドラー率いる魔王軍によって征服されようとしていた。しかし、勇者とその仲間たちによってハドラーは倒され、モンスターも魔王の支配から解き放たれ、世界に平和が訪れた。

それから十数年後。モンスターが平和に暮らす怪物の島「デルムリン島」で、勇者に憧れる、唯一モンスターでない少年ダイが、心優しい鬼面道士のブラスに育てられながら、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達のモンスターたちと共に暮らしていた。

時に島に現れた悪い人間を撃退し、時にさらわれたゴメちゃんを助けに島を飛び出したりしながらも平和に暮らしていたが、ある日ゴメちゃんを除いた島のモンスターたちが凶暴化してしまい、ブラスから魔王の復活を聞かされる。狼狽するダイだったが、そこに勇者の家庭教師を名乗る謎の人物アバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、島を結界で覆いモンスターたちを魔王の支配から救うと共に、ダイを弟子にして、秘められた力を開花させていく。
1991年10月17日 – 1992年9月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“DRAGON QUEST ダイの大冒険 海外レビュー” の続きを読む

新世紀GPXサイバーフォーミュラ 海外レビュー

あらすじ

水素エンジンや常温超伝導モーターなどの無公害エンジンとナビゲーション用人工知能を搭載した車による、F1とは別カテゴリーの自動車レース「サイバーフォーミュラ」が人気を集めている近未来、父が開発したサイバーフォーミュラマシン「アスラーダ」に偶発的に操縦者として登録されてしまった主人公風見ハヤトはサイバーフォーミュラに参戦し、挫折と勝利を繰り返しながら成長していく。
1991年3月15日 – 1991年12月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“新世紀GPXサイバーフォーミュラ 海外レビュー” の続きを読む

トラップ一家物語 海外レビュー

あらすじ

幼い頃に両親を亡くし、苦労を重ねてきたマリア。師範学校の卒業旅行の帰りに、ふと思い立って修道女を志すことになり、ザルツブルクへとやってきたマリアは、一番厳しい修道院として教えられたノンベルク修道院を訪れて、志願の結果修道女見習いとして迎え入れられる。しかし、しきたりや規律等に無頓着なマリアは、徐々に修道院では問題のある存在としてみなされていくようになってしまう。ある日マリアは、オーストリアの英雄にして貴族であるトラップ大佐の家に、次女マリアの家庭教師として9ヶ月間派遣されることになった。7人の子どもたちは、当初は心を閉ざし反発していたが、次第に天真爛漫で裏表の無いマリアに心を開いていく。そしてゲオルクも、マリアに惹かれるようになっていく。
1991年1月~1991年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トラップ一家物語 海外レビュー” の続きを読む

横山光輝 三国志 海外レビュー

あらすじ

時は西暦180年、中国では大規模な飢饉や略奪する山賊や堕落した政治家によって混乱の只中にあった。そして、民間宗教太平道の教祖張角、その弟張宝、張梁は後漢打倒を目的とした黄巾の乱を起こした。だが彼らのやっていることは山賊などと全く変わらず、民たちは略奪、虐殺されていた。

それを見かねた劉備玄徳は関羽雲長、張飛翼徳と義兄弟の契りを交わし、義勇軍を結成して黄巾賊を倒すため立ち上がった。最大のライバル曹操、孫堅をはじめとする孫一族、その他群雄割拠の戦国絵巻を交え、物語は壮大なスケールで展開されていく。
1991年10月18日 – 1992年9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“横山光輝 三国志 海外レビュー” の続きを読む

炎の闘球児 ドッジ弾平 海外レビュー

あらすじ

ドッジボールが大好きな一撃弾平は、小学校に入ったら闘球部に入ると決めワクワクしていた。

入学式の朝、かつて伝説的な闘球選手であった弾平の父・弾十郎の墓に渾身のシュートを叩き込むと墓石が倒れ、中にボールが入っていた。このボールを父からの入学祝として携え、寺の小坊主で親友の小仏珍念と一緒に球川小の闘球部に入った弾平であったが、そこには意地の悪い先輩ばかりであった。生意気な性格の弾平は目を付けられ、異例の過酷な入部テストを課せられる。しかしそれを耐えぬいた弾平は、先輩達に実力を認められる。

試合を通じて、終生のライバルとなる二階堂大河や他小のライバルとの出会い、他スポーツとの対決を経験し、過酷な練習や仲間との連携で弾平は強くなっていく。
1991年10月14日 – 1992年9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“炎の闘球児 ドッジ弾平 海外レビュー” の続きを読む