BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール 海外レビュー

概要

ツッパリ留年高校生コンビのヒロシとトオルがケンカや恋に明け暮れる姿を描く。主人公2人はケンカにめっぽう強いものの、必ずしも無敵の存在ではない点や、不良高校生の日常風景をリアルに伝える初期の描写が人気を博した。20巻位までは登場人物達の恋愛話や他校との抗争などがメインだったが、20巻台以降は小咄的なギャグ短編が多くなった。きうちによれば、ケンカの話を進めていくと最終的には日本一、ひいては世界一・宇宙一強い不良との対決を描かざるを得ない事になり、そうした展開にはしたくなかったからと話している。

本作は当初『少年ジェッツ』にて連載をする方向で進められていたが、編集からのタイトル変更、およびパンチラなどの要求をきうちが拒否、結果『少年ジェッツ』からは原稿を引き上げ、講談社のちばてつや賞に投稿されたという経緯がある。

1988年度(昭和63年)、第12回講談社漫画賞一般部門受賞。

当時の中高生を中心に作品は大ヒットし、コミックス8巻は初版発行部数227万部(236万7000部とする文献もある)を記録した。これは講談社の漫画本としては2014年に『進撃の巨人』13巻が初版275万部を発行するまで破られなかった。
アニメ1990年〜1998年にかけてOVAが発売(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“BE-BOP-HIGHSCHOOL ビー・バップ・ハイスクール 海外レビュー” の続きを読む

ちびまる子ちゃん 海外レビュー

概要

本作品は、1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いたコメディ漫画。アニメでもテレビスペシャルなどによっては時代設定が放送当時に合わされている場合があるが、基本的には先述の時代設定が一貫されている。
第1期:1990年1月7日 – 1992年9月27日
第2期:1995年1月8日 – 継続中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちびまる子ちゃん 海外レビュー” の続きを読む

キャッ党忍伝てやんでえ 海外レビュー

あらすじ

幕府転覆を企む老中コーン守は、幻ナリ斎率いるカラカラ一族と密かに手を組み、様々なロボットでエドロポリスを混乱に陥れようとする。コーン守は、街に度重なる混乱を引き起こし、町人の将軍に対する信頼を落とすことでその野望を達成しようとしていた。

そして、これに対抗するヤッ太郎、スカシー、プルルンの3人からなる秘密忍者隊ニャンキーもまた、かねてからコーン守の動きを察知していた大目付ワンコー守により密かに組織されたものであった。ニャンキーはピザ屋「ピザキャット」の店員として働きつつ、エドロポリスの正義と平和を守るべく、奮闘する日々を送る。
1990年2月1日 – 1991年2月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キャッ党忍伝てやんでえ 海外レビュー” の続きを読む

ロビンフッドの大冒険 海外レビュー

あらすじ

12世紀のイングランド・ノッチンガム州は、領主・アルウィン男爵の圧政によって支配されていた。ハンティングドン家は、その男爵に反抗したことから、館を焼き討ちに遭い、ロバート・ハンティングドン(通称:ロビン・フッド)と、その従兄弟達は、王領・シャーウッドの森に逃げ込んだ。ロビンは父の形見である弓を武器に、男爵に立ち向かうことを決意する。
1990年7月29日から1991年6月30日
1992年10月12日から同年10月28日に放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ロビンフッドの大冒険 海外レビュー” の続きを読む

勇者エクスカイザー 海外レビュー

あらすじ

西暦2001年。無数の星々を荒らし回った「宇宙海賊ガイスター」は新たな宝を狙い、地球へ侵入した。彼らを追って地球へやって来たのは「宇宙警察カイザーズ」のリーダー「エクスカイザー」とその仲間たち。

エクスカイザーと仲間たちは地球の乗り物と融合し、巨大ロボへと変化する力を持っている。そんな中、小学3年生の少年・星川コウタは、父のカメラを持ち出して出かけている時に、そのカメラを「宝」と認識したガイスターに襲われてしまう。だが、自宅の車に融合していたエクスカイザーが駆けつけたことでコウタは難を逃れた。この事件を機にコウタとエクスカイザーは2人だけの秘密の友達として友情を深め、ガイスターの野望に立ち向かっていく。
1990年2月3日 – 1991年1月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“勇者エクスカイザー 海外レビュー” の続きを読む

ふしぎの海のナディア 海外レビュー

あらすじ

西暦1889年、世界中の海で謎の怪獣による船舶遭難事故が相次いで起こった。その事件によって父親が行方不明になった発明好きの少年ジャン・ロック・ラルティーグは、飛行機コンテストに参加するため、パリ万国博覧会にやってきた。セーヌ川の岸辺で叔父と共にコンテストに向けて機体を整備していた時、上の道を自転車で走り去る少女、ナディアを見かけ一目惚れする。ジャンは後を追って行きエッフェル塔の展望台で友達になろうとするが、そこにナディアの持つ宝石・ブルーウォーターを狙うグランディス一味が現れる。その場から逃げ去ったナディアだが、その身のこなしとライオンのキングの存在で行き場所はサーカスと察したグランディス一味によって連れ去られかける。だが同じくナディアの公演を目当てにサーカスを見に来ていたジャンによって助けられジャンの家で夜を明かす。そこに再び万能戦車グラタンに乗ったグランディス一味が現れジャンが発明した飛行機に乗って逃げることにする。
1990年4月13日 – 1991年4月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ふしぎの海のナディア 海外レビュー” の続きを読む

雲のように風のように 海外レビュー

あらすじ

物語は広大な大草原から、そしてその中の廃都からはじまる。そこはかつて、素乾国の都であった……。

その素乾国の皇帝が急死した。次に玉座が埋まるまで、宮廷内は官吏や皇太后の陰謀がいよいよ渦巻く。亡き先帝の后・琴皇太后は私欲のため皇太子の暗殺を企て、宦官たちは私利のため新皇帝の後宮(花嫁)を用意しようと宮女狩りを決定した。

宮女狩りとは、宦官が全国各地に赴き、花嫁候補となる妙齢の娘を宮廷に連れ帰ること。緒陀県(おだけん)という地方にも、宮女募集のお触れが立った。陶器職人の一人娘・銀河は、町で噂となっていた宮女の待遇が『三食昼寝付き』で学問もできることに惹かれ、都に行くことを決意する。そして、銀河を逸材と感じた宦官の真野に連れられ、故郷を後にした。
1990年3月21日放送開始(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“雲のように風のように 海外レビュー” の続きを読む