機動警察パトレイバー 海外レビュー

あらすじ

ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー(Labor)」は急速に発展・普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。特に東京を含む首都圏には、地球温暖化による海面上昇への備えとして大堤防を東京湾の川崎~木更津の間に築くことと、1995年に発生した東京南沖大地震によるガレキの処分を兼ねて堤防の内側を埋め立てることで首都圏の土地不足を解消するという、一石三鳥を狙った国家事業「バビロンプロジェクト」のため、日本国内のレイバーの大半が集中していた。だがその結果、レイバーによる事故はもちろん、レイバーを使用した様々な犯罪行為(酔っ払いの乱闘騒ぎや窃盗から、バビロンプロジェクトに反対するエコテロリストによるテロ活動まで)が多発して社会問題となった。

この「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁は警備部内の特機部隊にレイバーを導入し、その任にあたらせた。しかし発足当初のそれらは旧式の作業用レイバーの装甲を強化しただけのもので、日進月歩でレイバーが性能を向上させている状況にあっては、優秀な人材を集めた特機部隊といえどもレイバー犯罪に対応し切れなかった。そして1998年、警視庁は警備部内に専門部署として新たに「特科車両二課中隊」、通称「特車二課」を設けた。これがパトロールレイバー、通称「パトレイバー」の誕生である。
1989年10月11日 – 1990年9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機動警察パトレイバー 海外レビュー” の続きを読む

YAWARA! 海外レビュー

あらすじ

スポーツ新聞記者・松田耕作とカメラマン・鴨田は、ある日ひったくりの逃走現場に出くわし、華奢で可憐な女子高生が見事な巴投げでひったくりを投げ飛ばす様を目撃する。ひったくりを投げ飛ばした少女の名は猪熊柔。世界的に著名な柔道家・猪熊滋悟郎の孫娘で、祖父から英才教育を受けた天才柔道家だったが、彼女を「センセーショナルにデビューさせたい」滋悟郎の意向で公式試合はおろか、柔道をしていることすら隠していた。

「柔のことをスポーツ新聞記者に知られた」ため、滋悟郎は柔を公式デビューさせることにするが、当の柔は父・猪熊虎滋郎が失踪したのは柔道のせいだと思っており、柔道を止めたいと思っていた。しかし柔も根は柔道家であり、決して勝負に手を抜くことはなく、本当に強い相手と対戦する時には純粋に柔道を楽んでいた。そして日本選手権の覇者・藤堂由貴や、スポーツの天才少女として鳴り物入りで柔道デビューした本阿弥さやかを難なく破り、一躍世界中の女子柔道家から注目を集める存在となる。中でも単身カナダから来日したジョディ・ロックウェルは、しばらく猪熊家に居候することになり、滋悟郎の指導で柔道家として成長すると共に、柔とも友情を温めあう。
1989年10月16日 – 1992年9月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“YAWARA! 海外レビュー” の続きを読む

獣神ライガー 海外レビュー

あらすじ

遥か神話の時代より繰り広げられた、善と悪の戦い。善神アーガマの血を受け継ぐ大牙剣は、現代に復活した邪神ドラゴの末裔・女帝ザーラ率いるドラゴ帝国から世界を救うため、バイオアーマー・獣神ライガーと一体化して戦う。
1989年3月11日 – 1990年1月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣神ライガー 海外レビュー” の続きを読む

笑うセールスマン 海外レビュー

あらすじ

老若男女、この世は心の寂しい人ばかり。そんな心の隙間を埋め、あらゆる細やかな願いごとをボランティアでかなえるセールスマンがいた。その名は喪黒福造。黒ずくめで常に笑みを浮かべる不気味な雰囲気を醸し出し、「お客様」に該当する人物を見つけると、その「ココロのスキマ」を埋めるためのサービスを提供し、それに伴う「約束事」を厳守するように促す。提供されたサービスを実行し、その「ココロのスキマ」が埋まると、「お客様の満足」となって喪黒の報酬となるのであった。しかし、約束を破ったり、欲張って更なるサービスを要求してきた、などの「お客様」に対しては「契約違反」とみなし、ペナルティとして人差し指で「お客様」に向かって指を差し、「ドーン!!!!」と叫び、破滅に追いやるのであった。
1989年10月10日 – 1992年9月29日第一期
2017年4月3日 – 6月19日第二期(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“笑うセールスマン 海外レビュー” の続きを読む

ドラゴンボールZ 海外レビュー

概要

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』其之百九十五のサイヤ人編から最終話までをアニメ化。前作『ドラゴンボール』(以下、『元祖』)からタイトルを変更し、新番組として制作された。

『ドラゴンボール』のアニメ化作品では最も長い、約6年10ヶ月ものロングランとなるなど、人気面で絶頂を迎えた作品である。これは東映および東映アニメーションが製作したアニメ作品としては、2007年に『ONE PIECE』に記録を塗り替えられるまで、最長の年数であった。

日本のみならず世界40カ国以上で放映された。フジテレビは子供達の楽しみも考え、水曜日のプロ野球中継を減らしていた。特に人造人間編の頃には、優勝決定などの重要な試合以外は本作を通常放送し、番組終了後の19時30分から野球中継する場合もあった。初代オープニングテーマ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』も170万枚[2]のヒットとなった他、本放送中に劇場公開版アニメが断続的に制作され、本放送中の春と夏に東映系の映画館にて公開された。

平均視聴率は、20.5%(関東地区)、最高視聴率は、関東で、27.5%(1994年2月23日放送。第218話「バレちゃった!! サイヤマンは孫悟飯」。関東地区)関西地区は、34.1%(1991年11月13日放送。第116話「悟飯に一瞬の勝機!! あの魔凶星を撃て…」)。
1989年4月26日 – 1996年1月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドラゴンボールZ 海外レビュー” の続きを読む

小さなアヒルの大きな愛の物語 あひるのクワック 海外レビュー

概要

アルフレッド・ヨードカス・クワックという名のアヒルが主人公。他の子供向けテレビシリーズに比べて、本作では非常に成熟した、しばしば悲劇的テーマが扱われている。第2話ではアルフレッドの誕生直後に家族全員が車に轢かれて死亡する。その後アルフレッドはモグラのハンクによって育てられる。

政治的テーマも作中で言及されている。アルフレッドはファシズムの独裁者と対決し、(白いガチョウと黒いアヒルが暮らす)アパルトヘイト政策下の国から亡命してきた者たちの力になり、漁師から鯨を救い、自分の国が絶対君主制から立憲君主制に転換する様を見届ける。このようなテーマは典型的な子供向けアニメーションからは遠く、本作の魅力の大きな部分を形成する。他のエピソードでは、日本人のゴルフ好きを風刺し、南北問題を起こす国々を批判している。
1989年4月3日 – 1990年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“小さなアヒルの大きな愛の物語 あひるのクワック 海外レビュー” の続きを読む

アイドル伝説えり子 海外レビュー

あらすじ

芸能プロダクション・タムラプロ社長の娘として幸せに暮らしていた中学3年生の少女・田村えり子は、両親の突然の事故で過酷な運命の渦に巻き込まれる。心ならずもアイドルとしての道を進む事になる彼女だったが、やがて歌を通して自らの人生を切り開いていく。
1989年4月3日 – 1990年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アイドル伝説えり子 海外レビュー” の続きを読む

魔動王グランゾート 海外レビュー

あらすじ

西暦2050年。月面で突如起こった大地震により、その裂け目から月に空気が生まれ、同時に地球並みの重力も発生した。やがて人々は月へ移民し、町が形成されていった。

それから半世紀後の西暦2100年。町内の福引きで月旅行を当てた少年、遙大地は月で自作のジェットボードで飛ばすも迷子になり、その途中、オルゴールの音色で忽然と現れたグリグリに遭遇する。突然のことで混乱し彼女の住処に転がり込んでしまう。そこにいた彼女の祖母である大魔法使い「V-メイ」から自分達が耳なが族と呼ばれる種族であることを告げられる。そこへ、彼らと敵対する「邪動族」の攻撃が。言われるままに「魔動機」の一つ「魔動銃」を使い耳なが族に伝わる魔動王「グランゾート」を召喚する大地。戸惑いながらもグランゾートとともに尖兵「ヘルメタル」を撃破。偶発的に魔動力を発揮。メイは大地こそが邪動族と戦える「魔動戦士」だと言う。武者修行中の少年ガスと耳なが族の少年ラビを加え、彼らは邪動帝国の手に落ちたラビルーナと聖地ルナを解放する旅に赴くことになる。
1989年4月7日 – 1990年3月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔動王グランゾート 海外レビュー” の続きを読む

ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説 海外レビュー

あらすじ

汚染された水「死せる水」に沈んだ古の都エスターク。ある日、かつて世界征服を企んでいたエスタークの民の怨念により、邪悪なる存在・大魔王バラモスが生み出された。

赤き月、竜の日。アリアハンの村に住む幼なじみの少年アベルと少女ティアラは、同時に15歳の誕生日を迎えた。2人はひょんなことから、アリアハンの近くにある「竜神湖」の湖底で竜伝説にまつわる石版を発見する。ところがその直後、伝説の竜を甦らせようと企む大魔王バラモスによりティアラがさらわれた。

アリアハンのパブロ神父によってティアラと自分の秘密を知らされたアベルは、モコモコとともにアリアハン国王に謁見し、ティアラを助けバラモスを倒すために旅立つ。
1989年12月2日 – 1990年9月22日(第1部)
1991年1月11日 – 4月5日(第2部)迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説 海外レビュー” の続きを読む

天空戦記シュラト 海外レビュー

あらすじ

格闘好きな高校生として生活していたシュラト(日高秋亜人)とガイ(黒木凱)。だが、2人は空手の試合中、大きな光に包まれた。一人目を覚ましたシュラトは、調和神ヴィシュヌから、ここは人間界とは異なる世界「天空界」であり、自分はもともと天空界の住人で1万年以上も前の大戦で命を落とした八部衆の一人「修羅王」であったと聞かされる。

だが、その直後、デーヴァ神軍の雷帝インドラが突如反乱を起こし、ヴィシュヌを石に変え、その罪をシュラトに被せて討伐の命令を下す。ヴィシュヌの最後の力で遥か遠い地へ飛ばされたシュラトたちは、インドラを倒しヴィシュヌと天空界を救うために天空殿を目指して旅立つ。

彼らの前に立ちはだかるのは、かつての仲間たち。そして、その中には夜叉王として転生し執拗にシュラトの命を狙うガイの姿もあった。
1989年4月6日 – 1990年1月25日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“天空戦記シュラト 海外レビュー” の続きを読む

らんま1/2 海外レビュー

あらすじ

早乙女乱馬は、幼少の頃より無差別格闘流の修行に励む高校生。ある時、修行のため中国へ渡ったが、父・早乙女玄馬と共に悲劇的伝説が伝わる泉が多く湧く修行場「呪泉郷」で稽古中に、父の玄馬は熊猫溺泉(ションマオ・ニーチュアン、パンダが溺れた泉)に、乱馬は娘溺泉(ニャン・ニーチュアン、若い娘が溺れた泉)に落ち、それぞれ水をかぶるとパンダと女の子になり、お湯をかぶると元の姿に戻るという変身体質を背負ってしまった。
1989年4月15日 – 9月16日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“らんま1/2 海外レビュー” の続きを読む