冥王計画ゼオライマー 海外レビュー

 あらすじ

電子部品で全世界の70%のシェアを誇る多国籍企業・国際電脳を隠れ蓑にする秘密結社「鉄甲龍」(ハウドラゴン)は、15年の時を経て巨大ロボット群・八卦ロボを駒に、世界征服を開始した。鉄甲龍の長である少女・幽羅帝はその手始めとして配下かつ恋人の耐爬に、彼の八卦ロボ「風のランスター」で日本政府の地下秘密基地「ラスト・ガーディアン」を襲撃させる。しかしそこに、かつて鉄甲龍から脱走した天才科学者・木原マサキに強奪され、現在は日本政府に戦いを強要された少年・秋津マサトと謎の少女・氷室美久をパイロットとする最強の八卦ロボ「天のゼオライマー」が立ち塞がる。

OVA発表期間1988年11月26日 – 1990年2月21日(ウィキペディアより引用)

416APNK41HL

✳以下myanimelistからのレビューになります

“冥王計画ゼオライマー 海外レビュー” の続きを読む

トップをねらえ! 海外レビュー

 あらすじ

人類が宇宙に進出するようになった時代、地球は「宇宙怪獣」と通称される宇宙生物群 (STMC) による激しい攻撃を受けていた。その脅威に打ち勝つため、地球はマシーン兵器の最強型決戦兵器であるバスターマシン「ガンバスター」の建造を進めていた。

宇宙怪獣との交戦で戦死した提督の娘であるタカヤ・ノリコは、沖縄に所在するパイロットの養成学校に通い、軍人となることを目指していた。彼女の特別な才能を見出したコーチことオオタ・コウイチロウによる厳しい特訓や、同級生による嫉妬やいじめ、憧れの「お姉様」であるアマノ・カズミとの交流といった経験を経て、ノリコは努力や根性によってその才能を開花させ、学校の卒業を待たずしてパイロット候補生となり、戦場である宇宙へと旅立つことになる。
1988年OVA発売(ウィキペディアより引用)

a177110

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トップをねらえ! 海外レビュー” の続きを読む

鎧伝サムライトルーパー 海外レビュー

 あらすじ

遥かなる伝説の時代、この世に邪悪がはびこりし時、一人の武者が現れた。その武者、正しき心を力とし妖邪帝王・阿羅醐を討伐する。妖邪帝王の野望を打ち砕くも、残された鎧の怨念を浄化すること敵わず。その武者、正しき心「仁義礼智信忠孝悌忍」を鎧に刻み込み、九つの鎧へと分ける。

時は現代(1988年)、再び妖邪界が人間界を支配せんと目論む。大東京・新宿上空に妖邪帝王の城「阿羅醐城」が出現、その妖邪の力に現代科学・兵器は全て沈黙した。その時、その妖邪帝王・阿羅醐の野望を打ち砕かんとする5人の少年らが立ち上がった!

その名を「サムライトルーパー」という。
1988年4月30日 – 1989年3月4日迄放送(ウィキペディアより引用)

w190

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鎧伝サムライトルーパー 海外レビュー” の続きを読む

魁!!男塾 海外レビュー

 あらすじ

学園生活編

筆頭・剣桃太郎を始めとする男塾一号生のメンバーが、理不尽な教官や二号生らの強烈なしごきに耐え乗り越えたり、外の世間とのトラブルに巻き込まれ(男塾の面々が騒動の原因の場合が多い)ながらも、知恵や人情、そして男気で解決していく。

驚邏大四凶殺(きょうらだいよんきょうさつ)編

男塾の運営費が底を突きかけ、この苦境を打破すべく江田島は愕怨祭(がくえんさい)を起こすことにより利益を上げて赤字の穴埋めをすることにする。しかし愕怨祭が盛り上がっているときに、伊達臣人率いる関東豪学連が攻めてくる。男塾名物競技で争うが決着をつけることができず、江田島は驚邏大四凶殺を提案。伊達達は承諾し霊峰富士で決着をつけることとなる。

大威震八連制覇(だいいしんぱーれんせいは)編

驚邏大四凶殺は男塾勝利で決着がつく。しかし桃以外の戦士は全員死亡し、一人生き残った桃は、寝転びながら朝日を眺めていた。そこへ不審な影が現れ、驚邏大四凶殺は影の手の内で行われたことだったと告げる。桃が下山すると残りの仲間は生きていた(その後、豪学連側の4名も生存が確認される)。喜びもつかの間、桃達一号生は三号生に呼び出しを食らう。呼び出し人の名前を聞いて富樫は顔色を変える。三号生に会うために天動宮へ行くが、そこには試練が待ち構えていた。
1988年2月25日 – 11月14日迄放送(ウィキペディアより引用)

10007946_h_pc_l

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魁!!男塾 海外レビュー” の続きを読む

闘将!拉麺男 たたかえ!ラーメンマン 海外レビュー

 あらすじ

ラーメンマンは幼くして、村を襲った馬賊・毒蛇(コブラ)党に目の前で父を殺された。自らも谷底に落とされながら一命を取り留めた後、一人で何万もの軍勢を倒すことのできるという「超人拳法」の師範・陳宗明に出会い師事する。12年間の厳しい修行に耐え青年となり、陳より「美来斗利偉・拉麵男」(ビクトリー・ラーメンマン)の名と超人拳法の秘伝書「闘龍極意書」を授かった。

修行のかいもあり、父の仇討ちを果たすが、その中で自分の未熟さを痛感し、修行のやりなおしを決意する。同じように毒蛇党によって孤児となった少年・シューマイが追いすがったため、これを受け入れて弟子とし、以後、ふたりで修行の旅を続けることになる。
1988年1月10日 – 1988年9月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

story_img_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“闘将!拉麺男 たたかえ!ラーメンマン 海外レビュー” の続きを読む

宇宙伝説ユリシーズ31 海外レビュー

 あらすじ

古代ギリシアの英雄ユリシーズが活躍する叙事詩『オデュッセイア』を31世紀の世界に置き換えた、SFアニメである。1981年制作。1話24分で全26話である。1981年10月3日からフランスの放送局FR3にて放送された。

フランスでは、主題歌のレコード売り上げが歴代56位となる115万枚を記録した。また、ポピーの発売した玩具は日本円にして5億円ほどを売り上げ、一流紙のフィガロで高い評価を受けた。

日本では1986年5月から7月にかけ、キングレコードからOVA『ユリシーズ31』として発売された。1988年2月6日から4月23日まで、名古屋テレビを制作局としてテレビ朝日系列でこのOVAの第1話 – 第12話が放送された。その後、声優を変更して1991年8月27日から10月2日までNHK衛星第2テレビジョンで全26話が放送された。2007年には、カートゥーン ネットワークでも放送された。
1988年2月6日から4月23日まで放送(ウィキペディアより引用)

shingo12-359x500

✳以下myanimelistからのレビューになります

“宇宙伝説ユリシーズ31 海外レビュー” の続きを読む

美味しんぼ 海外レビュー

あらすじ

東西新聞文化部の記者である山岡士郎と栗田ゆう子は味覚のテストを合格し、同社創立100周年記念事業として「究極のメニュー」作りに取り組むことになった(第1巻)。文化部のお荷物記者だった士郎と新人記者ゆう子のコンビは不安視されたが、士郎の鋭敏な味覚と広範な知識、優れた調理技術により食べ物を通じて諸問題を解決し、二人は周囲の信頼を得ていく。

しかし美食倶楽部を主宰する美食家・海原雄山との出会いから、士郎が雄山の実の息子と判明する。父子は母親の死をめぐる確執から絶縁しており、偶然顔を合わせるたびに意地を張り合い料理対決することになる。
1988年10月17日 – 1992年3月17日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“美味しんぼ 海外レビュー” の続きを読む

シティーハンター 海外レビュー

 概要

987年に『シティーハンター』としてテレビアニメ化されたのを皮切りに、テレビシリーズとしては4度のアニメ化と3度のスペシャルが放送されたほか、劇場用アニメ映画として3本が発表され、いずれの作品も制作にはよみうりテレビとサンライズが関わっている。

ガンダムなどのオリジナル物のロボット・SF系を主軸に置いていたサンライズとしても同社初の漫画原作物であった(同年には本作と同じく漫画原作の『ミスター味っ子』も制作しているが、放送されたのは「シティーハンター」が先)。また、社名の変更時期に製作されたため、『1』第14話までは会社名表記が「日本サンライズ」と表記されていた。第15話からは社名が「サンライズ」に変更されたのと同時に、オープニング開始直後の獠のアップが修正されている。アニメ版は原作と違い、タイトルロゴの右上にカタカナで「シティーハンター」と書かれている。
1988年4月2日 – 1989年7月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

cityhunter

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シティーハンター 海外レビュー” の続きを読む