きまぐれオレンジ☆ロード 海外レビュー

あらすじ

超能力一家の長男春日恭介は、父の隆、双子の妹まなみとくるみの4人家族。超能力が使えることは春日家だけの秘密事であり、超能力がバレるたびに春日家は転居を繰り返していた。くるみが以前の中学校で超能力を使い100メートルを3秒で走ったため、春日家は7度目の転居で新しい町にやってきた。

恭介が散歩がてらに石段を登っていると、真っ赤な麦わら帽子が飛んで来る。超能力でキャッチすると、その持ち主は少し大人びた美少女だった。恭介は石段の数を巡り女の子と軽い口論になるが、間をとるということで落着。別れ際、キャッチした麦わら帽子を「あげる、なかなか似合ってるよ」といわれ、名前も知らない彼女に恭介は一目惚れしてしまう。
1987年4月6日 – 1988年3月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“きまぐれオレンジ☆ロード 海外レビュー” の続きを読む

マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ 海外レビュー

あらすじ

意思を持った機械生命体が住む電子惑星B-1。この星においてディラン総統率いる悪のグレンドス帝国と、コンピューターRIM率いるアルゴ共和国・マシンロボ軍団との激闘が長く続いていた。はみだし者部隊バトルハッカーズと、地球からの来訪者アキラ達は共に手を取りグレンドス軍に戦いを挑む。

この星に遭難したアキラ達とバトルハッカーズとの戦いと友情を中心として、マシンロボ軍団の痛快なバトルが繰り広げられる。やがて、「はみだし野郎」だったバトルハッカーズは軍団の中心的存在へと成長し、頑なだったRIMのプログラムにも「ぶっちぎり」の心を芽生えさせる。

物語のラスト、地球人はこの戦いとは無関係と、RIMはアキラ達一行を宇宙船で惑星外へ送り出すが、その惑星は、実は地球人の武器商人による実験場だった事が判明する。アキラ達は必ず戻ってくる事を胸に誓い、バトルハッカーズと別れ地球への帰途へついた。

1987年6月3日~1987年12月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ 海外レビュー” の続きを読む

機甲戦記ドラグナー 海外レビュー

あらすじ

舞台は西暦2087年。月に誕生した軍事政権による統一国家「ギガノス帝国」が地球の統一連合「地球連合」に対して一方的に独立を宣言し、宣戦を布告。戦火はスペースコロニーと地球本土に拡大し、月面のマスドライバーやメタルアーマー (MA) などの兵器によって、地上の7割[2]はギガノスに占拠されていた。

そんな中、スペースコロニー「アルカード」の住人である主人公・ケーン・ワカバ、タップ・オセアノ、ライト・ニューマンの3人は、コロニー内で敵・ギガノス帝国軍に追尾される最中のなりゆきで新開発メタルアーマー「D兵器」(ドラグナー)に乗り込んでしまい、正規パイロットとして制御コンピュータに生体認証され、そのまま操縦して敵追撃部隊を撃破する。これにより連合軍のパイロット候補者が台無しになり交代も不可能となったことで、彼らは連合軍に徴用され、ギガノス帝国軍と戦いながら地球上の連合軍本部を目指すことになる。
1987年2月7日 – 1988年1月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機甲戦記ドラグナー 海外レビュー” の続きを読む

アニメ三銃士 海外レビュー

概要

アレクサンドル・デュマ・ペール原作、NHK・NHKエンタープライズ製作、アニメーション製作は日本の学研と韓国のKORAD。アニメーションの実制作はスタジオぎゃろっぷが請け負った。1987年10月9日から1989年2月17日までNHK総合・衛星第2で全52話が放送されたが、放送中にソウルオリンピックなどの中継などと重なるなどで放送間隔が空き、終了するまでに1年半の月日がかかった。1988年度第13回文化庁こども向けテレビ用優秀映画受賞作品に選ばれた。

低年齢層を対象とした作品であるため、アニメ版オリジナルの設定も多い。最も大きな違いは三銃士の一人アラミスが恋人の他殺死をきっかけに男装した女性であり、かつ悪役には転じない点である。それ以外にも、原作では「宿屋の奥さん」でダルタニャンとは不倫関係だったコンスタンスが「仕立て屋の娘」に変えられている、ポルトスに金に困った時に泣きつくマダムの愛人がいない(以上2点は倫理上の問題もあるのだが)、モデルは実在するが原作には出てこない「はだしのジャン」が登場する、馬のロシナンテが売り飛ばされない、ミレディーやコンスタンスの生死、ラ・ロシェル包囲戦の件が省略されるなど、原作と異なる点が数多く挙げられる。物語後半は『ダルタニャン物語』の終盤から持ち込まれたストーリーとなり、悪役は鉄仮面で、アラミスによる仇討ちも絡めた展開となった。また、最終舞台は原作でポルトスの死地となったベル・イール要塞だが、結局主役陣は誰ひとり死ぬことなく、完全なハッピーエンドで閉幕する。
1987年10月9日から1989年2月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アニメ三銃士 海外レビュー” の続きを読む

グリム名作劇場 海外レビュー

概要

グリム兄弟の作品群をアニメ化して放送。『グリム名作劇場』『新グリム名作劇場』ともに、有名どころの作品を押さえつつも日本ではあまり知られていないマイナーな作品も放送するという、バラエティに富んだ構成を取っている。アニメ化するにあたり、少女妖精のキャラクターを狂言回しとしてレギュラー出演させている。

『新グリム名作劇場』へ改題リニューアルした際に、本編前半の終わりと後半の始めに妖精のアイキャッチが追加された。主題歌は『グリム名作劇場』『新グリム名作劇場』共通であるが、エンディングの映像が差し替えられた。次回予告も変更されており、『グリム名作劇場』時代にあった予告タイトルの表示が無くなってタイトルコールのみになった。
1987年10月21日 – 1988年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“グリム名作劇場 海外レビュー” の続きを読む

ミスター味っ子 海外レビュー

あらすじ

亡き父が残した日之出食堂を母と一緒に支える味吉陽一のもとに、日本料理界の重鎮、味皇こと村田源二郎が訪れ、そこで陽一の作ったカツ丼に驚くことになる。味皇に招かれた陽一は、スパゲティ勝負がきっかけとなり、料理人達との美味しい味を求めた勝負に挑戦していくことになる。
1987年10月8日 – 1989年9月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ミスター味っ子 海外レビュー” の続きを読む

赤い光弾ジリオン 海外レビュー

作品解説

1980年代のアメリカでは安全にサバイバルゲームができる光線銃に注目が集まり、『フォトン』など光線銃のサバイバルゲーム施設が流行していた。このような流れからセガ・エンタープライゼスが発売していた玩具『超高速光線銃ジリオン』の販促番組である。

セガの光線銃は『ジリオン』放映開始前から販売されていたが、パッケージ・商品名を番組の開始に合わせ変更している。銃や胸に付ける受信センサーのデザインの他、連射が効かない・バッテリー寿命が短いなどのストロボ式光線銃の弱点は、そのままアニメ作品中の演出にも生かされている。番組放映期間中にあったジリオン光線銃の大幅なモデルチェンジの際には、アニメでもこれに対応し、銃を作り直してニュージリオンとするエピソードが登場した。
1987年4月12日 – 12月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“赤い光弾ジリオン 海外レビュー” の続きを読む

陽あたり良好! 海外レビュー

概要

『週刊少女コミック』(小学館、1980年2号~22号、24号~1981年15号)に掲載された少女漫画。連載終了後、実写ドラマとアニメでそれぞれ映像化された。 原作漫画のストーリーは登場人物たちが野球部で甲子園を目指す第1部と、それ以降の日常が描かれる第2部にわけられる。連載終了後、その後のひだまり荘について(読者からの質問が多かったためとされている)あだち充本人が調査人として出演した番外編が描かれ(少コミ82年10号に掲載)、小説版に収録されたが既に絶版のため入手は困難である。
1987年3月29日から1988年3月20日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“陽あたり良好! 海外レビュー” の続きを読む