メガゾーン23 海外レビュー

あらすじ

1980年代の東京。人々はその「一番いい時代」を謳歌していた。矢作省吾もその1人である。街中をバイクで駆け抜け、街で出会った美少女・高中由唯の存在に一喜一憂し、若さゆえのあり余る力で拳を天に向かって突き上げる。そんな日常を過ごしていたある日、友人の中川真二に地下駐車場へ呼び出された省吾は、真二が盗み出してきた巨大な試作バイクを見せられる。今までに見たこともないそのバイクにはバハムートのロゴが。そこにシークレットサービスを装った謎の男達が現れ、2人は咄嗟に逃走を図るが、男の放った銃撃により真二を殺されてしまう。真二に託されたバイクを彼らの手に渡すまいとした省吾は必死に逃亡する。
OVA発売日1986年5月30日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“メガゾーン23 海外レビュー” の続きを読む

がんばれ!キッカーズ 海外レビュー

あらすじ

名門・清水が丘FCの補欠だった大地翔は北原小学校へ転校し北原キッカーズに入部するが、キッカーズは公式戦未勝利、練習試合も連戦連敗中の弱小チームであり、キャプテンの本郷勝や石井健太をはじめとした部員達はサッカーへの情熱を失っていた。

翔の熱意もあってキッカーズは県下の強豪・南陽SCとの練習試合を行う運びとなるが、ゴールキーパーの上杉光や南陽三羽ガラスを擁する南陽の前に前半戦だけで12点もの失点を重ねてしまう。後半戦では互角の勝負の末に上杉から執念の1点をもぎ取るものの、試合は結局1-12の大差でキッカーズの敗北。この対決を通じて取り戻した情熱と悔し涙こそがキッカーズの本当の意味でのスタートとなった。
1986年10月15日 – 1987年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“がんばれ!キッカーズ 海外レビュー” の続きを読む

光の伝説 海外レビュー

あらすじ

愛香学園中等部二年生で、新体操部員の上条 光がライバルである椎名葉月とともに天性の才能を伸ばし、世界を舞台に活躍する。新体操を物語のメインとし、光を想う二人の男子生徒との切ない恋愛模様も描く。
1986年5月3日 – 9月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“光の伝説 海外レビュー” の続きを読む

銀牙 流れ星 銀 海外レビュー

あらすじ

生命の誕生と死、幼くして巨大な敵に向かう運命を持った熊犬・銀の冒険熱血青春ドラマ。犬同士の会話を人間の言葉に置き換ることで彼らの友情、結束、葛藤、成長を描いている。国内のみならず、海外でも支持を得ている。
1986年4月7日 – 9月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“銀牙 流れ星 銀 海外レビュー” の続きを読む

聖闘士星矢 海外レビュー

あらすじ

この世には邪悪がはびこるとき、必ずや現れるといわれる希望の闘士聖闘士(セイント)。その拳は空を裂き、蹴りは大地を割るという。彼らは神話の時代より女神アテナに仕え、武器を嫌うアテナのために素手で敵と戦い、天空に輝く88の星座を守護としてそれを模した聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏う。そして現代、6年もの厳しい修行を経てアテナの聖闘士となった少年星矢が父に運命を託された実の兄弟たち(アニメ版では同じ境遇の少年たち)と共に地上の覇権を争う神々の争いに身を投じる。
1986年10月11日 – 1989年4月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“聖闘士星矢 海外レビュー” の続きを読む

めぞん一刻 海外レビュー

あらすじ

常に古い木造アパート「一刻館」に新しい管理人、音無響子がやってきた[1]。5号室に住む浪人生の五代裕作は可憐な彼女に恋をする。うら若い未亡人の管理人と年下の下宿人、ふたりの淡い恋愛模様を中心に、個性的な人々が集う一刻館の賑やかな日常を描く。

響子は夫の惣一郎を1年前に亡くし、未だ気持ちの整理がつかないでいた。一刻館の大家である義父が彼女にこの仕事を薦めたのは、少しでも寂しさが紛れればという心遣いだった。一刻館の住み込み管理人として働き始めた響子は、多忙な毎日を過ごす。裕作の想いは知りながらも、いつも素知らぬ態度ではぐらかす。それでありながら彼がガールフレンドと親しげにしているのを見聞きするとつい、やきもちを焼いてしまう。他の住人たちは冷やかし半分、裕作の部屋に押しかけては彼の恋路の一喜一憂を酒の肴に連日宴会騒ぎをして楽しそうだ[8]。そしてもう一人、響子はテニススクールで知り合ったコーチの三鷹瞬からも熱心なアプローチを受けるが、一向に答えは出そうにない。
1986年3月26日 – 1988年3月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“めぞん一刻 海外レビュー” の続きを読む

ドラゴンボール 海外レビュー

概要

原作のうち、連載開始から第23回天下一武道会までの部分のアニメ化に当たる。シリーズ初期は秘宝「ドラゴンボール」を集める冒険活劇だったが、徐々に格闘路線へとシフトしていく。

基本的には原作漫画をそのまま踏襲しているが、一部アニメのみのオリジナルエピソードや設定もあり、原作漫画とは一部食い違っている設定やストーリーもある。これは、原作がまだ週刊連載中にアニメ化され、原作をそのままアニメにした場合、アニメ1話分には尺が足らず原作の連載にすぐに追いついてしまうことを防ぐため、アニメスタッフがオリジナルの話を入れて調節したためである。アニメオリジナルのエピソードやキャラクターのアイデアをいくつか提供しているが、アニメ制作に原作者の鳥山明は基本的に関わっておらず、鳥山は「ノータッチ」と発言している。
1986年2月26日 – 1989年4月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドラゴンボール 海外レビュー” の続きを読む