戦え!!イクサー1 海外レビュー

あらすじ

真夜中の都会の片隅で、静寂を破る1人の男が逃げ惑っていた。

懸命に走るも躓いて転倒した男の顔には、尋常ならざる焦りが浮かんでいる。顔を上げた男の目に映ったのは、レオタード調の戦闘服を着け、尖った耳と長くウェーブの掛かった金髪が目立つ少女。獣のような唸り声を上げ少女への怒りを露にする男の顔が、突如内側から食い破られたかのように弾けて崩れ、そこからタコともイカとも似付かない軟体の身体を持つ怪物が出現し、少女に襲い掛かる。しかし少女は少しも恐れず腕を構えると、その拳から眩しい光線を放ち、怪物を跡形も無く消滅させた。その途端、辺りには再び静寂が訪れる。少女の姿も、いつの間にか消えていた。

OVA発表期間1985年から1987年(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦え!!イクサー1 海外レビュー” の続きを読む

超獣機神ダンクーガ 海外レビュー

あらすじ

20世紀末、侵略者ムゲ・ゾルバドス軍の攻撃により、地球は壊滅的な打撃を受けた。だが、ロス・イゴール長官と葉月博士が密かにイーグルファイターら4体の「獣戦機」を完成、藤原忍ら4人を招集し「獣戦機隊」を編成。これに対抗する。
1985年4月5日 – 12月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超獣機神ダンクーガ 海外レビュー” の続きを読む

蒼き流星SPTレイズナー 海外レビュー

あらすじ

1996年、人類は地球を飛び出し火星へ進出したが、アメリカとソ連の冷戦もまた火星にまで拡大していた。同年10月3日、国連主催のコズミック・カルチャー・クラブ(宇宙体験教室)に選ばれた少年少女達は、火星に到着して間もなく、突如現われた謎の機動兵器・SPTによる攻撃に晒される。窮地に陥った彼らを救ったのは、蒼いSPTレイズナーを駆る少年アルバトロ・ナル・エイジ・アスカだった。彼はグラドス星によって地球が狙われていること、そして自分が地球とグラドスの混血であることを告げる。
1985年10月3日 – 1986年6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“蒼き流星SPTレイズナー 海外レビュー” の続きを読む

小公女セーラ Princess sara 海外レビュー

あらすじ

インドからロンドンの女学院に転入してきたセーラは、ダイヤモンドの発掘事業を手がける父を持つ裕福な少女だったが、父の突然の死により身寄りをな くしてしまう。学院で特別待遇を受けていたセーラの生活は一変し、メイドと して屋根裏部屋に追いやられてしまう。過酷な労働といじめに耐える日々が続 くが、セーラを慕う少女ベッキーや町の少年ピーターの助けもあり、健気に暮 らしていた。やがて、死んだ父の親友であり、その娘のセーラを探していたク リスフォード氏と出会い、セーラは幸福な暮らしを取り戻すのである。
1985年1月6日から同年12月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“小公女セーラ Princess sara 海外レビュー” の続きを読む

メイプルタウン物語 海外レビュー

概要

ウサギの女の子、パティを中心とした、カナダにある「メイプルタウン」という町に暮らす動物たちの日々の生活を描く。

1987年1月11日放送の最終回では、パティが叔母の住むアメリカ西海岸「パームタウン」という名前の(カナダから見て)南国の町へ引っ越すことになる。

翌週1987年1月18日放送からは、パームタウンを舞台とし、パティ以外の登場動物が一新された続編『新メイプルタウン物語 パームタウン編』が放送された。
1986年1月19日 – 1987年1月11日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“メイプルタウン物語 海外レビュー” の続きを読む

ダーティペア 海外レビュー

作品解説

舞台は22世紀の銀河系宇宙。

銀河連合が「クラレッタ三重星事件」を教訓に設置したあらゆるトラブルに対処する専門機関、WWWA(スリー・ダブリュー・エー、World Welfare Works Association―世界福祉事業協会)に所属する犯罪トラブルコンサルタント(略して「トラコン」、以下同じ)“ラブリーエンゼル”、別名“ダーティペア”こと、ケイとユリが活躍するスペースオペラである。

トラコンは彼女達以外にもおり、また犯罪調査以外に経済問題、医療問題など各種専門分野のトラコンもいる。地元当局の捜査調査結果に納得出来ない利害関係者がWWWAにコンサルティング要請を行なって、その申し立てが妥当と見做された場合に派遣される。要請を受けた場合に誰を派遣するかはWWWAの中央コンピュータによって決定される。
1985年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ダーティペア 海外レビュー” の続きを読む

忍者戦士飛影 海外レビュー

あらすじ

ザ・ブーム軍に対抗するため、3万光年からこの地球を囲む太陽系の正反対にあるシェーマ星系・ラドリオ星からやって来た、ラドリオ星に伝わる伝説の戦士「忍者」を探すロミナ姫とエルシャンクの人々。火星で出会ったジョウ、レニー、マイクは果たしてその「忍者」なのだろうか?
1985年10月6日 – 1986年7月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“忍者戦士飛影 海外レビュー” の続きを読む

昭和アホ草紙あかぬけ一番! 海外レビュー

あらすじ

北海道の中学校を卒業した丹嶺幸次郎は、東京の私立暁高校へ入学するために上京する。幼い時から一緒に育った、人語を解するオカマチックな変態馬・ヒカリキンと共に。その目的は…なんと、「東京のあかぬけた女の子のパンツをみること」だった!そして入学式の日、幸次郎はさっそく、夢に見たあかぬけた女の子・一の瀬雪華と出会う。その夜、住まいであるおじさんの家のガレージに唐突にUFOが出現した。降りてきた宇宙幼稚園児・レルから、家に住まわせる代わりに、全ての力を100倍にする「ミラクルベルト」を手に入れる。しかし「アホタリ」の幸次郎は、ミラクルベルトの能力を正義や人助けのために使えることに気づきもせず、雪華のパンツを見るために使おうと妄想するのだったが…。
1985年10月7日 – 1986年3月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“昭和アホ草紙あかぬけ一番! 海外レビュー” の続きを読む

魔法のスターマジカルエミ 海外レビュー

あらすじ

香月 舞はマジシャンを夢見る小学五年生の少女。祖父が主宰するマジック劇団「マジカラット」の手伝いをしており自身もマジックに親しんでいるが、生来の不器用さが災いし、なかなかマジシャンとはいかない感じ。

こてまり台への引っ越の最中、偶然鏡の妖精・トポと出会った舞は「願いの叶う魔法」をもらった。そして、魔法のブレスレットで天才マジシャン「マジカルエミ」に変身し、トラブルで騒ぎが起きていたマジカラットの舞台に上がり魔法で魅せるマジックで観客を魅了してショーを成功させる。そして、たまたま、このステージを見ていたテレビ局のプロデューサーにエミはテレビに出演させられ、そのままアイドルデビューさせられてしまう。こうして、普通の小学生とアイドル「マジカルエミ」という忙しい生活が始まる。
1985年6月7日 – 1986年2月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔法のスターマジカルエミ 海外レビュー” の続きを読む

六三四の剣 海外レビュー

あらすじ

剣道岩手県大会を制した夏木夫婦の元に男の子が生まれる。誕生日時が6月3日の午後4時であることから[1]、六三四と名付けられた。六三四は両親の影響から、3歳の時に剣道を始める。六三四が小学校1年生の時、父親の栄一郎は、出場した剣道大会にて優勝を手にしたものの、自身の先輩である東堂国彦との試合中に負った傷によって死亡。東堂への恨みを抱いた六三四だったが、その息子であり最大の好敵手となる東堂修羅と互いに切磋琢磨し、剣道を通して成長してゆく。
1985年4月18日 – 1986年9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“六三四の剣 海外レビュー” の続きを読む

タッチ 海外レビュー

あらすじ

達也、上杉和也は双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は小さい時から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。そして互いが互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま同じ高校へ進む。

「甲子園に連れて行って」という南の夢を叶えるため、1年生でありながら野球部のエースとして活躍する和也だったが、地区予選決勝に向かう途中に交通事故死する。

そして達也は和也の「南の夢を叶える」という夢を継ぐために野球部に入るが、キャッチャーの松平に嫌われ、相手にしてもらえない。しかし、南や周りのチームメイトに相手にするよう強く勧められ、遂に松平と達也はバッテリーを組む。

達也たちは2年生になる。達也は勢南高校の西村と須見工の新田と知り合い、ライバル意識を持つ。彼らとは野球においてのライバル意識のほか、浅倉南に共通して恋愛感情を抱き、4人の間で四角関係が築かれていく。西村はピッチャーで持ち球のカーブを駆使し、甲子園出場を期待されていた。一方、新田のポジションはサードで地区最強の打者だった。彼がいる限り須見工の甲子園出場は間違いなしと周囲で騒がれていた。2年生の甲子園の地方予選では、西村が所属する勢南高校と対戦して延長戦の末敗れる。
1985年3月24日 – 1987年3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“タッチ 海外レビュー” の続きを読む