北斗の拳 海外レビュー

あらすじ

西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。
だが、人類は死に絶えてはいなかった。国家が機能を失い、暴力がすべてを支配する世界となった核戦争後の大地で、一子相伝の暗殺拳北斗神拳の伝承者ケンシロウはかつての親友で南斗聖拳の継承者シンによって七つの疵を胸に刻まれ、将来を誓い合った許嫁のユリアを奪われる。
元は暴力を嫌う心優しい性格だったケンシロウだが、冷酷な復讐鬼となり悪党たちを容赦なく叩きのめしていく。旅の途中で出会ったリンやバットを連れて、旅を続けるケンシロウは関東一円を支配する「KING」を束ねる因縁のシンと再会し、死闘の末に倒すがユリアは転落死を遂げたと伝えられる。
1984年10月11日 – 1987年3月5日
1987年3月12日 – 1988年2月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“北斗の拳 海外レビュー” の続きを読む

巨神ゴーグ 海外レビュー

あらすじ

サモア諸島東南2000キロ“オウストラル島”。地図からその名を消去された島の秘密を探るべく田神悠宇(たがみ ゆう)は、亡き父の遺志を継ぎ、冒険の旅に出る。

父の友人ドクター・ウェィブとその妹ドリス、ウェイブの友人で「船長」と名乗る男の手を借り、島に向かう悠宇を、巨大複合企業“GAIL”(ガイル)とレイディ・リンクス率いるギャング団“クーガー・コネクション”が狙う。

ようやく島に降り立った悠宇たちだが、突然、謎の怪物に襲われる。絶体絶命と思った時、目の前に青い巨人のようなロボットが現われ怪物を破壊、悠宇を救う。初めて出会う人智を越えた存在にも関わらず、何故か暖かさと懐かしさを感じる悠宇。

島の住民から“神の使い”と呼ばれる巨人ゴーグの導きのもと、“GAIL”の戦闘部隊の追撃を躱しながら悠宇が辿りついたのは、地下深くに隠されていた異星文明の遺跡と、3万年の眠りから目覚めた異星人との出会いだった。
1984年4月5日 – 9月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“巨神ゴーグ 海外レビュー” の続きを読む

機甲界ガリアン 海外レビュー

あらすじ

イラスタント太陽系第5惑星アーストに位置し、3000年の歴史を誇るボーダー王国は、折りしも嫡子誕生に沸いていた。しかし、征服王マーダルの人馬兵の軍勢が突如侵攻してくる。圧倒的な戦力差の前に城はたちまち陥落、ボーダー王も戦死する。忠臣アズベスと共に辛くも城を脱出した王妃フェリアだが、追っ手に捕らえられ、残された王子ジョルディはアズベスの孫「ジョジョ」としてひそかに育てられる。

アズベスとジョジョは惑星アーストの伝説に残る鉄巨人を捜し求める放浪の旅を続け、12年後に反マーダル勢力が立てこもる白い谷にたどり着いた。マーダル軍の攻撃の中、少女チュルルに導かれたジョジョはいにしえの鉄巨人「ガリアン」を発見し、征服王マーダルとの戦いをはじめるのだった。
1984年10月5日 – 1985年3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機甲界ガリアン 海外レビュー” の続きを読む

重戦機エルガイム 海外レビュー

あらすじ

二重太陽サンズを中心に五つの惑星を擁するペンタゴナワールド。統一された世界は絶対権力者で類い希な美貌と不老不死の肉体を持つオルドナ・ポセイダルの統治下にあった。長く続いた治政はやがて腐敗や格差を産み、文明の退化や治安の悪化が深刻になりつつあった。

ダバ・マイロードは親友で整備士のミラウー・キャオと共に惑星コアムの片田舎から青雲の志を胸に旅立つ。旅の目的は行方不明の義妹クワサン・オリビーを探すためでもあった。ダバは父の形見であるA級ヘビーメタル・エルガイムを駆って旅の行く手を阻む山賊達や、二人と同様に立身出世の大望を抱いて故郷を旅立った青年・ギャブレット・ギャブレーと激しい戦いを繰り広げる。
1984年2月4日 – 1985年2月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“重戦機エルガイム 海外レビュー” の続きを読む

炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ 海外レビュー

概要

1985年4月6日から同年10月5日までフジテレビ系にて放送された(放送枠は、毎週土曜日18:30-19:00)。全20話。タツノコプロ初の、少女漫画原作によるテレビアニメである。

1年間の予定で構成が組まれていたものの、2クールに満たない20回[1]で打ち切りが決まったため、かなり強引な終わり方となった。タツノコプロは創業以来フジテレビと縁が深かったが、本作から2011年放送の『C』までの約25年半もの間、同局では同プロのアニメが一切放送されないという時期が続いた[2]。

そしてこれ以後タツノコ作品は、『昭和アホ草紙あかぬけ一番!』『光の伝説』『ドテラマン』と20話前後の短期間で終わる作品が続発することとなった。
1985年4月6日から同年10月5日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ 海外レビュー” の続きを読む

名探偵ホームズ 海外レビュー

内容

原作から登場人物と舞台を借りてはいるが、ほぼオリジナル・ストーリーとなっている。登場人物はすべて擬人化した犬に置き換わっており、ストーリーは子供にわかりやすく、毎回モリアーティ教授と2人の部下が悪事を企み、ホームズがそれを阻止するというもの。推理小説色は薄いが、その代わりに、教授の奇妙な発明品(デザインがモンタナジョーンズのメカローバーに引き継がれている)や、警官隊と教授一味の追いかけっこなど、全体的に明るく楽しい雰囲気で作られている。ほとんどが盗難事件で、殺人事件はひとつもない(ただし「小さなマーサの大事件」や「まだらのひも」において殺人未遂を匂わせる描写が存在する)。

原作とは異なり、本作では犯人はモリアーティ教授、警察側の捜査担当はレストレード警部に固定されており(少数の例外を除く)、登場人物の役割が単純化されている。
1984年11月6日 – 1985年5月20日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“名探偵ホームズ 海外レビュー” の続きを読む

星銃士ビスマルク 海外レビュー

あらすじ

2069年。人類が太陽系に完全進出し、テラフォーミングをほどこされた木星・土星圏内に移民するようになった時代。

太陽系の平和は、デスキュラ星人によって壊された。デスキュラ星人の侵略行為を止めるべく、太陽系連邦軍は立ち上がる。激しい宇宙戦の末、一度はデスキュラ星人を敗走させるが、彼らが完全に撤退したわけではなかった。それから15年の時が流れた2084年。再び太陽系侵略に乗り出したデスキュラ星人に対し、地球連邦事務総長シャルル・ルヴェールは巨大変形ロボ『ビスマルク』を造り、輝進児をはじめとする4人の精鋭を集めて『ビスマルクチーム』を結成する。
1984年10月7日 – 1985年9月29日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“星銃士ビスマルク 海外レビュー” の続きを読む

銀河パトロールPJ 海外レビュー

概要

1982年制作、1話25分で、全26話のSFアニメである。地球の属するオメガ連盟と、カシオペア軍事共和国、強大なコンピューターに操られたロボット軍団など、銀河の大国同士の衝突を描く。Procidisが1978年に制作した『Il était une fois… l’Homme』(アニメーション制作はタツノコ) に続く「Il était une fois…」シリーズの第二弾で、キャラクターデザインは前作のものを流用している。ストーリーとデザインをフランスが、それ以降の実作業を日本が担当した。エイケンでは続編の『Il était une fois… la Vie、邦題:ミクロパトロール』以降も制作している。

フランスでは1982年10月9日からFR3にて放送された。日本では1984年7月17日から1984年8月22日にフジテレビで平日6:00 – 6:30に放送された。その後、2006年6月にAT-Xで再放送された。
1984年7月17日から1984年8月22日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“銀河パトロールPJ 海外レビュー” の続きを読む

ふしぎなコアラブリンキー 海外レビュー

概要

ぬいぐるみのコアラのブリンキーが動き、主人公の女の子・サンディーと共に活躍するアニメ。

放送当時の日本ではコアラブームが高まっていた事もあり、本作の放送開始からおよそ3か月後に、『コアラボーイ コッキィ』(テレビ東京系)がスタートした。

放送時間は、毎週土曜日18:00 – 18:30(1984年7月 – 同年9月)、後に毎週金曜日17:00 – 17:30(1984年10月以降)。フジテレビとの同時ネット局ではスポンサードネットとなっていたが、ローカルセールス枠としていた地域もあり、一部地域では前述の時間帯に他番組(自社製作番組・再放送番組・系列内外の遅れネット番組)を放送したため番組販売扱いの遅れネット(平日16時台等)または未放送となっていた模様(本作の放送局については、「ネット局」の項目にて明記)。
1984年7月7日から同年12月28日まで放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ふしぎなコアラブリンキー 海外レビュー” の続きを読む

魔法の妖精ペルシャ 海外レビュー

あらすじ

主人公の速水ペルシャは、アフリカで生まれ育った野性児である。11歳の夏に、両親の待つ日本にやってきた。

日本に向かう航空機内で異世界ラブリードリームに引き込まれ、 その妖精から「ラブリードリームを救うために愛のエネルギーを集めてほしい」と言われ、愛のエネルギーを集めるための魔法を授けられる。ペルシャを助けるお助け役として、アフリカからきたライオンのシンバ(開始早々に猫に変身)やラブリードリームのカッパたち(ゲラゲラ、プリプリ、メソメソ)、妖精のボンボンなどがいる。

小学生らしく無邪気なペルシャだったが、第21話でプリンセスフェアリと沢木研二の悲恋を知り、魔法ではどうにもならない現実の重みを知り、精神的に成長していく。ペルシャは初めは幼なじみの双子の少年・室井学と力のどちらにも好意を持っていたが、友達のよよこと学の親密なシーンを目撃し、ペルシャは学のことが好きだと悟る。

ラブリードリームが当面の危機を脱した頃、学と力のアフリカ行きが決まった。その騒動の中で学もペルシャを好いていることを知り、ペルシャは魔法の力を借りずに生きていくことを決心する。
1984年7月6日 – 1985年5月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります!

“魔法の妖精ペルシャ 海外レビュー” の続きを読む

超時空騎団サザンクロス 海外レビュー

あらすじ

21世紀末、戦争等により汚染され居住不可能になった地球を捨てた人類は「マルス・ベース」、「ジュピター・ベース」を介し、新天地を目指した。既に開発に目処のついた近隣のプロキシマ・ケンタウリ恒星系の惑星「リベルテ」(liberté:フランス語で「自由」を意味する)であった。開発が一段落ついた時点で、人類は種としての生存の可能性を拡げるべく、次の殖民星開拓を目指した。開拓拠点母星「リベルテ」に次ぐ新たな植民地として開拓されつつあるエリダヌス座イプシロン恒星系の惑星グロリエ(Glorie:フランス語で「栄光」を意味する)は、人々が住む都市部を離れると荒野と砂漠が広がる過酷な環境ではあるが、資源・食料などの必需物資の自給もようやく可能となり始めていた。
1984年4月15日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超時空騎団サザンクロス 海外レビュー” の続きを読む

アタッカーYOU! 海外レビュー

あらすじ

序盤は田舎で祖父母に育てられた天真爛漫でパワフルな少女・葉月優が、バレーボールの強豪・氷川中学校で選手として心身ともに成長していく姿を綴った。

第1話冒頭の時点ではバレーボールを軽蔑していた優であったが、大門松五郎や立樹爽らとの出逢いを通じて次第にその魅力と奥深さに取り付かれていく。中盤以降は実業団チーム、さらには全日本チームでのその活躍ぶりも描かれた。

後半は選手の大型化に取り残されはじめた優の苦悩や、技術で体格の差を補う努力などが描かれリアルな作風になっている。
1984年4月13日 – 1985年6月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アタッカーYOU! 海外レビュー” の続きを読む