ときめきトゥナイト 海外レビュー

あらすじ

吸血鬼と狼女を両親に持つ魔界の女の子・江藤蘭世は、同級生の真壁俊に片思いをしている。持ち前の変身能力を使って俊に接近しようとするが、俊の幼なじみの神谷曜子に邪魔されたり、両親に「人間なんかに恋するな」と注意を受けたり、蘭世に一目惚れした魔界の王子アロンが居候することになりと、蘭世の恋は前途多難である。蘭世は俊に近づこうと、積極アプローチするも、俊は「今のところ女には興味ねえな」と想いは届かず、ライバルの曜子と張り合う毎日。蘭世に一目惚れして、蘭世を振り向かせたいアロンは、蘭世と俊の仲を、王子探しに呼ばれた魔界人を王子命令で使い走りにしたり、夢魔のサリを呼び、俊に夢で催眠をかけてサリを惚れさせたりと、あの手この手で妨害するなど、蘭世の恋は本当に前途多難である。

恋に浮かれていた蘭世だが、両親は魔界の大王レドルフから「人間界にいるはずの王子を探せ」と命令される。手がかりは、左腕に星型のあざがあることだけだった。
1982年10月7日 – 1983年9月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ときめきトゥナイト 海外レビュー” の続きを読む

パタリロ! 海外レビュー

概要

1982年にはフジテレビでテレビアニメ化もなされた(後期は『ぼくパタリロ!』と改題。詳細は後述)。製作は東映動画(現 東映アニメーション)。

テレビシリーズ終了後の1983年7月には、劇場用アニメーション作品が製作・公開された(詳細は後述)。

2003年12月、2004年2月にはハピネット・ピクチャーズから、テレビアニメ全49話がDVDソフトとして発売され、また2005年12月には東映ビデオから劇場用作品のDVDソフトが発売された。

アニメ関係のアルバム以外に、さくまあきらや新田一郎が中心となり、原作をなぞって作成したアルバムがある。
1982年4月8日 – 1983年5月13日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パタリロ! 海外レビュー” の続きを読む

スペースコブラ 海外レビュー

あらすじ

はるか未来、人類が自家用宇宙船で外惑星に行くことが可能となった時代。

貿易会社に勤め、平凡な日々を過ごすサラリーマンのジョンソンは、退屈しのぎにT.M.株式会社のアミューズメントを体験する。脳に信号を与えて夢を見させるトリップ・ムービーの中には左腕にサイコガンを持つ海賊コブラが登場、波乱万丈のストーリーは最後に主人公が海賊ギルドに追われ賞金首となり姿を消したところで終わった。満足したジョンソンはT.M.社の担当に自分の夢の概要を語ると共に礼を言うが、担当は、ジョンソンが見た「夢」はプログラムしたトリップ・ムービーの内容とは異なっていると首をひねる。

帰路についたジョンソンだが偶然の事故で夢の中に登場した海賊バイケンとそっくりな男と出会い、バイケンの名を口にしたため殺されかける。その瞬間、自分の左手が銃に化けて撃ち倒し、危機から逃れた。彼は、自分が本物のコブラであること、血なまぐさい過去から逃れるため記憶を消し顔を整形し、世間にはコブラは死んだことにし、数年前から別の人生を送っていたことを思い出していく。しかしサイコガンを見せたことでギルドには顔が割れてしまった。

記憶と本能を呼び起こされた男は、相棒の女性型アーマロイド「レディ」と共に、スリリングで危険に満ちた人生に戻るため、宇宙へ飛び出していく。
1982年10月7日 – 1983年5月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“スペースコブラ 海外レビュー” の続きを読む

超時空要塞マクロス 海外レビュー

あらすじ

西暦1999年、突如宇宙より飛来し太平洋上の南アタリア島に墜落した巨大物体は、全長1,200m超に及ぶ宇宙戦艦だった。これにより異星人の実在と彼らの間の戦争の存在を知った人類社会は、宇宙からの脅威に対処すべく地球統合政府を樹立。世界規模の紛争(統合戦争)を経て、墜落艦を改修し「マクロス」と命名する。

2009年のマクロス進宙式当日、地球付近に異星人の一方の陣営ゼントラーディ軍の艦隊が出現する。その存在を感知したマクロスの主砲システムが勝手に動作し、戦艦群を撃破してしまう。マクロスの正体はゼントラーディと敵対する陣営、監察軍が仕掛けたブービートラップであり、人類は否応なく異星人との戦争に巻き込まれることとなる。ゼントラーディ軍の包囲網から逃れるため、マクロスはフォールド航行により月の裏側への待避を図る。しかし制御に失敗し南アタリア島一帯を巻き込み、冥王星軌道付近に到着する。さらにフォールドシステム自体も消失し、通常のロケット推進のみでの地球への長い帰還の旅を強いられることになる。
1982年10月3日 – 1983年6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超時空要塞マクロス 海外レビュー” の続きを読む

太陽の子エステバン 海外レビュー

あらすじ

16世紀、マゼラン隊の世界一周から10年後。スペインのバルセロナで育った少年エステバンは、10年前に彼を難破船から救った航海士メンドーサの誘いで、その時行方不明になった父の手掛かりでもある黄金都市を探しに新大陸(現・中南米)へ旅立つ。自分と同じペンダントを持つインカの少女シアやムー大陸文明の英知を受け継ぐ少年タオと出会い、共に旅を続けるが、彼らは黄金を狙って先住民を蹂躙するスペイン人や、黄金都市の真の宝であるムーの「大いなる遺産」を狙うオルメカ人の陰謀と闘うことになる。
1982年6月29日 – 1983年6月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“太陽の子エステバン 海外レビュー” の続きを読む

トンデラハウスの大冒険 海外レビュー

あらすじ

ハカセが作成した家型タイムマシン、「トンデラハウス」に迷い込んだゲンたち。しかし、事故で1世紀の世界にタイムスリップしてしまう。ゲンたちは壊れたトンデラハウスを直しつつ、偶然出逢ったイエス・キリストと彼の弟子たちの生涯を追うこととなる。
1982年4月5日 – 1983年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トンデラハウスの大冒険 海外レビュー” の続きを読む

The・かぼちゃワイン 海外レビュー

概要

講談社『週刊少年マガジン』掲載の読切短編『武蔵とエル』を原型としてキャラクターを練り直し、同誌で連載がスタート。1981年4・5合併号から1984年26号まで掲載された。

チビで女嫌いの硬派を自称する青葉春助と、彼に一目ぼれした「エル」こと朝丘夏美のSLコンビが繰り広げるドタバタラブコメディ。漫画とアニメでは途中から別のストーリーになっている。文庫本のあとがきに「宮崎美子さんの出演されていたカメラのCMの中で(いまのキミはピカピカに光って)と言うフレーズと映像に強いインスピレーションを受けてかぼちゃワインと言う作品を執筆するきっかけになりました。つまり当時の宮崎美子さんがLのモデルと言うことになりますかね」と当時CMで流れていた宮崎美子が出演したミノルタ MINOLTA X-7のCMにインスピレーションを受けたことで同作品が誕生したことが語られている。
1982年7月5日 – 1984年8月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“The・かぼちゃワイン 海外レビュー” の続きを読む

科学救助隊テクノボイジャー 海外レビュー

あらすじ

西暦2066年、科学文明が高度に発展した地球圏では、その弊害として大事故・凶悪犯罪・自然破壊などが増加していた。世界連邦はこれらに対処すべく科学救助隊テクノボイジャーを設立。世界中から選び抜かれたエキスパート5人が17機のマシンを操り、人類の危機を救うため出動する。
1982年4月17日から同年9月11日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“科学救助隊テクノボイジャー 海外レビュー” の続きを読む

超時空要塞マクロス 海外レビュー

あらすじ

西暦1999年、突如宇宙より飛来し太平洋上の南アタリア島に墜落した巨大物体は、全長1,200m超に及ぶ宇宙戦艦だった。これにより異星人の実在と彼らの間の戦争の存在を知った人類社会は、宇宙からの脅威に対処すべく地球統合政府を樹立。世界規模の紛争(統合戦争)を経て、墜落艦を改修し「マクロス」と命名する。
1982年10月3日 – 1983年6月26日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超時空要塞マクロス 海外レビュー” の続きを読む