Dr.スランプ アラレちゃん 海外レビュー

概要

1981年4月8日に放送開始。同年12月には、テレビアニメ歴代視聴率第3位の視聴率を記録し(#人気と高視聴率を参照)、エンディングテーマ『アラレちゃん音頭』は、全国の盆踊り大会で使われ大ヒットした。1986年2月19日にレギュラー放送は終了したが、その後も劇場版・スペシャルが制作された。放送から35年以上経つ現在でもアニマックスで再放送されており、スズキ・ハスラーやビューカードといったCMキャラクターでの起用も多く行われている。
テレビシリーズ:
1981年4月8日 – 1986年2月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Dr.スランプ アラレちゃん 海外レビュー” の続きを読む

ふしぎな島のフローネ 海外レビュー

あらすじ

フローネはスイスのベルンで代々医者を営むロビンソン家の長女。父・エルンストは親友の医師の誘いでオーストラリアへの移住を決める。母・アンナ、兄・フランツ、弟・ジャックのロビンソン家の5人の家族は船に乗りオーストラリアへ向かう。だが、船は大きな嵐に遭遇し、オーストラリアを目前に座礁してしまう。他の船員・乗客が救命ボートで脱出する中で、一家は船に取り残される。嵐の静まった後に船に残された食糧や物資と家畜を連れ、自作したイカダで近くの陸地に脱出する。陸地を探検してみると無人島であることが判明し、さらには恐ろしい野獣が生息することも判ったため、大きな木の上に住居を作って生活することになった。一家は少しでも文明的な生活をしようと、畑の開拓、塩や砂糖の精製、ろうそく作りなどを行う。無人島生活も安定してきた頃、沖に船が現れたのを発見し救助を求めるが、船は一家に気づくことなく去っていく。このことがきっかけとなり、一家は脱出用の船の建造を開始。やがて船は完成する。しかし出航の前日、島に暴風雨が吹き荒れ、完成したばかりの船は海に流され、飲みこまれてしまう。島には雨期が訪れ、木の上の家は傷みやすくなっていたため、一家は洞窟に引っ越す。その日、フローネは洞窟の奥で何者かの人影を発見。追いかけてみると、それはタムタムという少年とモートンというベテランの航海士であり、共に最近この島に漂着したのだという。ロビンソン一家はモートンのケガを治療したり、食事を与えたりもするが、この気むずかしい男とはなかなか打ち解けられなかった。そんな中、モートンが勝手に一家の食糧やカヌーを持ち出し、島から出ていくという事件が起こる。時を同じくして島には大きな地震が発生。これにより、この島が火山島であること、そう遠くない頃に火山噴火の可能性が高いことが判明する。持ち出されたカヌーはモートンを乗せて島に帰ってきた。モートンは何とか無事に生きていたが、一家に詫びるどころか「誰も助からないより、一人でも助かった方がマシ。」と平然と開き直り、アンナはこのモートンの身勝手な行動と横柄な態度に激怒する。だがその夜、エルンストがカヌーからモートンの書いた手紙を見つける。それはこのカヌーを発見した誰かへ宛てたものであり、そこにはこの島のかなり正確な座標と、一家らの救助要請が記されていた。これにより一家らは、実はモートンは自分だけ助かろうとしたどころか、危険を承知で近くの航路を通る船に助けを求めにいき、たとえ自分が死ぬことになっても一家らが救助されるよう決死の行動を取っていたことを知る。これをきっかけにロビンソン一家はモートンを心から信頼するようになり、アンナはモートンに喜んでもらうため、料理の腕を振るったりといったロビンソン一家とモートンの関係に変化が起こり始める。時間的な猶予が少ないと感じたロビンソン一家とモートンらは、島を脱出するため協力して再度の船作りを始める。今度はモートンの助言による改良が加えられ、ついに丈夫な船が完成する。そして出航の日、皆はこの島に別れを告げ大海原へ旅立った。だが文明圏に向けた航海は困難を極めた。はじめこそ順調で楽しかった航海だったが、容赦のない日差しや気まぐれな風は一行の体力を奪い、水や食糧を浪費させた。長い航海が続き、あわや力尽きるかと思われた時、水平線の先に陸地を発見するのであった。無人島生活は約1年間。
1981年1月~1981年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:10

私は前にレビューを書いたことはありませんでしたが、私はそうする必要があると感じました!

ストーリー:私は物語が大好きでした。私達が島に漂流した場合に備えて非常に為になりました。実生活のヒントは素晴らしく、私はHAPPIESTとはストーリーパーツの一貫性です。私は巨大なWMTファンであり、これは喜びでした。素晴らしい人生のスライス。私はいくつかの部分で、5才児のように泣いた笑

古いスタイルのアニメの大ファンとして、私にとっては完璧です。シンプルだがうまくいった。

サウンド – 私は点灯しました。ダウンロードされたエピソードはそれがどれくらい素晴らしいことか音を投稿する。

キャラクター – まあ、母親以外、うんざりして、母親になってしまった(私は彼女が好きだ)私はすべての人物を愛していた。彼らは非常に現実的でした。

楽しさは10/10、全体的な10/10です。あなたが今日の光るピクセルに忍び寄るのではなく、すべてのものを愛する魂が良いなら、これはあなたのためです!

総合評価:8

ストーリー:
基本的に5人の家族が遭難し、孤立した島に漂着した。彼らは生き残って誰かがそれらを見つけるのを待つ必要があります。それはかなり面白いですし、このアニメからいくつかの生存のヒントを学ぶことができます!(私は木を伐採する方法を学んだ)

芸術のスタイルは古いです(キャラクターは奇妙な顔をしています)。あなたの興味に応じて、これは良いか悪いと言うことはできません。しかしそれほどHDではありません…木はすごく良く見えます。自然はどこにでもあります…. わーい!

サウンドは悪くない。あなたは自然のものをたくさん聞くことができます。彼らはすべて合法だと思う。オオカミは犬のように鳴き、 水は水のように聞こえる。あまり役に立ちません。知っている。

キャラクターは非常に豊かな背景を持っています(彼らは豊かな家族です)。彼らはあなたが日常生活で見つける普通の人のようです。

フローネを除いて(彼女はダイナミックな性格を持っているので)サポートキャラクターはEnojoymentでした。
このアニメはそれ程素晴らしくはありませんでしたが、確かな満足感がありました。はい、あなたの古典的な幸せな結末です。このアニメは、アクション満載の戦闘アニメが好きな人にはお勧めできません。ロマンスアニメ愛好家にもお勧めできません。人生のスライス、これはあなたの興味をピークにするかもしれないものです。

*注:私は長い時間このアニメを見てきました。私もこのDVD版を持っているので、ビデオがインターネット上でどのくらい良い品質であると言うことはできません。とても参考にならないレビューを読んでいただきありがとうございます。

銀河旋風ブライガー 海外レビュー

あらすじ

時は西暦2111年。人類は本格的な宇宙進出を遂げ、一見華やかな宇宙開発時代を迎えていた。しかし、惑星開発利権や腐敗した権力と結びついた巨大な犯罪組織が台頭、これら「コネクション」と総称される犯罪組織によって、力弱き人々は蹂躙されていた。

そんなある日、隕石群アステロイドベルトの歓楽街・ウエストJ区9番地に4人の若者・かみそりアイザック、ブラスターキッド、飛ばし屋ボウィー、エンジェル・お町が集結。宇宙の始末屋「コズモレンジャーJ9」を結成する。J9は、巨大ロボット「ブライガー」を駆り、多額の報酬と引き換えに、のさばる悪を闇から闇へ葬り去ってゆく。

やがて彼らは、犯罪組織「ヌビア・コネクション」の若き首領カーメン・カーメンと、その恐るべき野望「大アトゥーム計画」と対峙することとなる。
1981年10月6日 – 1982年6月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“銀河旋風ブライガー 海外レビュー” の続きを読む

百獣王ゴライオン 海外レビュー

あらすじ

西暦1999年、長きにわたる冷戦に端を発した第三次世界大戦によって人類が滅亡した地球に戻って来た、黄金旭達5人の少年。彼らは無残に変わり果てた故郷の姿に絶望する間もなく、突如飛来したガルラ大帝国の宇宙船に拉致されてしまった。第三次世界大戦が起きている間、全宇宙はガルラ大帝国の半獣人が支配していたのである。やがて黄金達は自由を求めて彼らの宇宙船を強奪し、ガルラ星から脱出を試みるが追っ手の追撃を受ける。だが、謎の光に導かれてアルテア王国に不時着し、そこで5人はファーラ姫と5体のライオン型メカに出会う。ファーラ姫はガルラ大帝国の暴虐を阻止するため、5体のメカを5人に託し、伝説の守護神・ゴライオンを復活させる。こうしてガルラ大帝国への反撃が始まった。
1981年3月4日 – 1982年2月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“百獣王ゴライオン 海外レビュー” の続きを読む

太陽の牙ダグラム 海外レビュー

あらすじ

地球の植民惑星デロイアでは地球に対する不満が高まり、独立運動が勢いを増していた。ある日、デロイア星の首都カーディナル市で、地球連邦評議会議長のドナン・カシムら評議会の議員たちを、地球連邦軍第8軍大佐フォン・シュタイン率いる部隊が監禁し、デロイアの独立を宣言するという事件が起こる。事件の報道を聞いたドナンの息子クリン・カシムは地球連邦軍の救出部隊に志願し、人質の解放に尽力した。

しかし、救出されたドナンはフォン・シュタインを免罪し、デロイアを地球連邦の8番目の自治州に昇格させ、フォン・シュタインをその代表に任命した。一方、ドナンは事件の首謀者としてデロイア独立を支持した代議員を投獄し、フォン・シュタインに呼応して立ち上がった独立運動家たちを徹底的に弾圧する。すべては、地球百億の民のためにあえてデロイアの民を泣かせる覚悟を決めたドナンが、デロイア独立運動の「ガス抜き」のため、フォン・シュタインと共に仕組んだ狂言に過ぎなかった。
1981年10月23日 – 1983年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“太陽の牙ダグラム 海外レビュー” の続きを読む

ダッシュ勝平 海外レビュー

あらすじ

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティーが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。
1981年10月 – 1982年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ダッシュ勝平 海外レビュー” の続きを読む

うる星やつら 海外レビュー

あらすじ

宇宙人である鬼族が、地球侵略を仕掛ける。鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。そこで、鬼族代表と地球代表とが一騎討ちで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。その一騎討ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。

地球の命運を賭けた「鬼ごっこ」の地球代表に選ばれてしまった高校生の諸星あたるは、当初やる気がなかったものの、恋人で幼なじみである三宅しのぶの色恋仕掛け(勝ったら、結婚してあげる)により、彼女と結ばれたいがために鬼族代表のラムを追いかけ始める。あたるがラムを追いかけつつ発した「勝って結婚じゃぁ〜」の一言は、あたるが恋人で幼なじみのしのぶを想っての発言であったが、ラムは自分に求婚しているのだと勘違いし、それを受け入れてしまう。そのため、鬼ごっこには勝利、地球は侵略を免れるが、ラムは諸星家に住み着いてしまう。

かくして、恋多き男・あたると宇宙から来た押しかけ女房・ラムの果てしなき鬼ごっこが始まる。そして、友引町はさまざまな災いや奇妙な出来事に巻き込まれていく。(ウィキペディアより引用)
1981年10月14日 – 1986年3月19日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うる星やつら 海外レビュー” の続きを読む

戦国魔神ゴーショーグン 海外レビュー

あらすじ

2001年、国際社会に巧妙に根を下ろし、全世界を掌握せんとする悪の秘密結社ドクーガに、謎の男サバラスに率いられたグッドサンダー部隊が挑む。その面々が乗り込む移動要塞「グッドサンダー」は謎のエネルギー「ビムラー」が動力源であり、最大1万kmの距離を瞬間移動できる。だがドクーガも「ビムラー」を狙っていた。
1981年7月3日 – 1981年12月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦国魔神ゴーショーグン 海外レビュー” の続きを読む

ニルスのふしぎな旅 海外レビュー

あらすじ

スウェーデン南部に住むわんぱくでいたずら好きの少年ニルスは、いつも家畜をいじめてばかりだった。

ある日曜日の朝、両親が教会に行って留守の間にニルスは妖精を見つけて捕まえるが、妖精に魔法をかけられ、小人にされてしまう。小さくなったニルスは動物の言葉を理解できるようになるが、普段いじめられていた家畜たちはニルスの小さな姿を見てここぞとばかりに復讐しにかかる。 ガチョウのモルテンがたまたま通りかかったガンの群れに「飛べない鳥」とからかわれ、悔し紛れに飛び立ったところ、モルテンを捕まえようとしたニルスも一緒に飛び立ってしまう。ニルスとモルテンは、ガンの群の女隊長アッカに認められ、ガンたちと一緒にラップランドを目指して旅することになった。

ニルスはモルテンの背中に乗ってガンたちと共に空を飛び、様々な土地を訪れる。ニルスはアッカ隊長やモルテンをはじめガンの仲間に、時には励まされ時には厳しい叱咤を受ける。行く先々で様々な動物たちと出逢い、触れ合ううち、ニルスは次第に成長して行く。
1981年1月8日から1981年3月17日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ニルスのふしぎな旅 海外レビュー” の続きを読む

まいっちんぐマチコ先生 海外レビュー

概要

1981年10月8日から1983年10月6日まで毎週木曜日の19時30分から20時までの時間帯(改編期や年末年始はスペシャルなどで変則あり)にテレビ東京ほかで放送された。全95話。1983年7月28日から10月6日までは再放送。

オープニングも含めて毎回乳房の露出があるという性質上PTAなどからの苦情が多く、1982年には京都で「マチコ先生に抗議する会」が結成されるほどだった。えびはらは後に「友情の大切さを描いたつもりだったが、PTAに理解してもらうことは難しかった」と語っている。

マチコ先生に抗議する会結成と同時期に、近畿地方の放送局が広域放送局の読売テレビからテレビ大阪(大阪府域局)と奈良テレビ(奈良県域局)に放映権が移行したため、滋賀・京都・和歌山・兵庫の4府県では事実上放送が打ち切られた。

このような中、同作に対する抗議行動として学研が発行していた全ての学習誌不買運動に発展、これを受け学研は『チャレンジ』での連載打ち切りを決断した。この打ち切りに伴い当初は講談社への移籍が検討されていたが、学研側からの慰留により見送られ『アニメディア』、『中2コース』での連載が開始している。
1981年10月8日から1983年10月6日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“まいっちんぐマチコ先生 海外レビュー” の続きを読む

六神合体ゴッドマーズ 海外レビュー

あらすじ

全宇宙の支配を狙うギシン星・ズール皇帝がその魔手を地球に伸ばしてきた。クラッシャー隊の一人として活動していた明神タケルは、戦いの中で自らの出生の秘密を知る。タケル=マーズは、彼を守るため造られた「ゴッドマーズ」とともにズールに立ち向かっていくが、それは血を分けた双子の兄・マーグとの悲しい戦いの始まりでもあった。
1981年10月2日 – 1982年12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“六神合体ゴッドマーズ 海外レビュー” の続きを読む