機動戦士ガンダム 海外レビュー

あらすじ

舞台は、スペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた未来世界。地球から最も遠いコロニー群サイド3にジオン・ズム・ダイクンという政治思想家が出現する。ダイクンは地球連邦政府が強行する宇宙移民を棄民政策だと痛烈に批判し、宇宙空間という新たな生活環境を得た人類はやがてニュータイプに進化すると力説する。ダイクンは連邦政府からの自治権獲得を志向するが志半ばで急逝。ダイクンの同志デギン・ソド・ザビは路線継承を名目に、サイド3をザビ家一族による独裁支配下に置く。ダイクンの二人の遺児はザビ家の目を逃れ、サイド3を脱出する。

宇宙世紀0079年、サイド3はジオン公国を名乗り連邦政府に対し独立戦争を挑む。圧倒的な地球連邦軍の戦力に対し、ジオン軍は電波障害を引き起こしレーダーや誘導兵器を無効化するミノフスキー粒子とミノフスキー粒子散布下で極めて効果的な人型機動兵器モビルスーツ(MS)を実戦投入。開戦後、親連邦の立場を取った4つのサイドはジオン軍の攻撃で壊滅し、最初の艦隊決戦となったルウム戦役において連邦宇宙軍は大敗。戦争の早期終結を図ろうとするジオン軍はスペースコロニーを巨大な弾頭に見立てたブリティッシュ作戦の実施により連邦軍本部ジャブロー壊滅を企図するが連邦宇宙軍残存艦隊の激しい抵抗により失敗。当初のコースを逸れて地球に落下したコロニーは衝撃波により巨大津波を発生させ、人口の密集する沿岸地域の大都市は壊滅した。開戦から僅か1週間で地球圏は総人口の半数を失い、決め手を失ったジオン軍は降下作戦により戦いの舞台を地球上に変える。開戦から半年が経過し、戦争は膠着状態に陥る。
1979年4月7日 – 1980年1月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機動戦士ガンダム 海外レビュー” の続きを読む

龍の子太郎 海外レビュー

あらすじ

怠け者の太郎は、おばあさんから母が龍の姿になってしまったと聞かされる。龍となった母を探しに太郎は旅に出る。

1979年3月17日公開(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

この映画はかなり面白かったです。
私は日本の民間伝承についてはあまり知らないので、おそらく何か不足していました。私は芸術がとても楽しいと思った。それは私に少しの “最後のユニコーン”を思い出させた。文字は大丈夫だった。綾はかわいいと思って、ドラゴンは涼しく見えました。小さな馬は愛らしいものでした!しかし、森の中の老婆は怖かったです…

日本の民俗舞踊の経験が少ない人として、私はこの映画がかなり良いと思った。時々、それは本当に私をびっくりさせました…そして、いくつかの部分は少し厄介でした…..私は彼がうそを見つけてうれしいです。

これは間違いなく将来の子どもたちを見せてくれるものです。

海底超特急マリンエクスプレス 海外レビュー

あらすじ

2002年(漫画版では2050年)、人類最先端の海底超特急「マリンエクスプレス」の開業を前に、招待客を乗せて試運転が行われようとしていた。

日本へ向けロサンゼルスを発車した超特急に乗り込んだのは、日米の計画責任者と関係者たち。その中には列車に忍び込んだ殺人犯を追ってきた私立探偵、計画を成功させることに情熱をもった若い運転士、密かにマリンエクスプレスの破壊を計画する関係者、それに試運転を利用し武器の密輸を企む一団などがいた。

様々な思惑を乗せて走る列車は数々のアクシデントに遭遇し、やがては太古の世界のムー帝国とインベーダーとの争いにも巻き込まれて行く。
1979年8月26日放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

私はこれをまっすぐにしましょう。手塚のファンでなければ、この映画を見ないでください。あなたはそれを気に入らないでしょう。

しかし、あなたが手塚のファンなら、マリンエクスプレスを歓迎します!
謎のSF映画のアクション映画、それはかなり乗っている!手塚潘、アトム、ロック、レオ、ブラックジャックなどの古典的なキャラクターを含む手塚の最も有名なキャラクターにStar Systemから出演しています。プロットは非常に面白いです、私は映画を台無しにすることなくそれを説明しようとしましょう。

だから私たちは最初に、このインスペクターキャラクターの名前Shunsaku Banは、秘密の知識を持っていると主張している人を調べているが、Shunsakuが現場に到着したら、彼は死者を見て、そして直ぐ後、目と人が逃げる! Shunsaku追求に追いつくだけ、ノックアウトされる。 Shunsakuはブラックジャックのおかげで救われ、Shunsakuは海兵隊員、ナルゼノフ博士(鉄人アトムシリーズのお茶の水博士が演じる)が息子のアトムと列車を組んだ水中電車を見ています。そこから、それは捜査のアクション/ミステリー映画です。

アートやアニメーションはおそらく70年代の手塚から最高です。私はこの映画を非常に楽しんだが、ちょっと出てきたようだが、あまりにも大したことではないと思う。

花の子ルンルン 海外レビュー

あらすじ

南フランスにある小高い丘のふもとにある小さな田舎町に、ルンルンという名の活発な女の子が住んでいた。彼女の父母はすでに亡くなっていたので、花屋を営む祖父母と共に暮らしていた。 ルンルンが12歳の誕生日を迎えたある日、「花の子」を探しているという白い猫の「キャトー」、犬の「ヌーボ」が現れた。「花の子」を見つけ出す魔法の綿毛によりルンルンが「花の子」であると確信した二匹は、フラワーヌ星王国からの使者であると名乗り、「王国の王が代替わりするにあたり、地球のどこかに咲くという七色の花が必要で、それを探すことができるのは、花の子の女の子にしかできない」それがルンルンなのだと、探索を懇願される。驚き、祖父母を置いていけないと固辞するルンルンだったが、祖父母らは「花探しを頼まれることは名誉であり、七色の花を見つけた女の子は幸せになれる」との家伝をもとに、探索の旅を後押しするのだった。

ひそかにその様子をうかがう二つの影。かつてフラワーヌ星に反旗を翻し滅ぼされた一族の末裔、トゲニシアと、その手下のヤボーキである。ルンルンが七色の花を見つけ出したら、それを横取りして自分が新しい女王になろうという魂胆なのだ。

花の子が使えるという「花の鍵」を貰い、七色の花を探索する一人と二匹。ヨーロッパを中心に各地で様々な人々と出会い、時にはトゲニシアたちのちょっかいにも合いながら、困った人々を見つけては、持ち前の面倒見の良さと花の鍵の力で解決していった。 ルンルンが行く先々で出会うセルジュという青年カメラマンには、幾度となく助けられたり励まされたりした。しかし旅を常に共にすることはなく、風のように現れては去っていくのだった。そんなセルジュに対し、ルンルンは淡い恋心を抱くのであった。
1979年2月9日 – 1980年2月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“花の子ルンルン 海外レビュー” の続きを読む

ベルサイユのばら 海外レビュー

あらすじ

1755年、ヨーロッパの3つの国に、やがてフランスのベルサイユで宿命的な出会いを待つことになる3人が生まれた。

1770年春。オーストリア帝国・ハプスブルグ家の皇女マリー・アントワネットは14歳でフランスのブルボン家に嫁いできた。王太子妃を護衛する近衛士官オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェは由緒ある将軍家の末娘でありながら、後継ぎとして剣も学問も修め、軍人として育てられた男装の麗人だった。異国の宮廷で孤独を深めるアントワネットはパリ・オペラ座の仮面舞踏会でスウェーデンの貴公子フェルゼン伯爵と知り合い、アントワネットだけでなくオスカルも恋に落ちる。3人は共に18歳。運命の出会いの夜だった。

国王ルイ15世が死去して孫のルイ16世が即位した。アントワネットは遂にフランスの王妃となった。自己の栄達ばかりを願う人々に囲まれ、おしゃれで遊び好きな王妃の浪費ぶりは国家の財政難に拍車をかけてしまう。重税と貧困に喘ぐフランス民衆の非難の目は長年の敵対国であったオーストリアから嫁いだ王妃に向けられ、折からのフェルゼンとの不倫の噂は一層その憎悪を煽りたてた。そこには幾分かの憶測と国王の力を弱めようとする貴族の悪意を真に受けた誤解も含まれていたが、憎悪を膨らませる民衆の眼には王妃が元凶だとしか映らなかった。道ならぬ恋に苦しむ2人を見守るオスカルもまた秘めたる愛に耐えていたが、オスカルはそんな自身に身分ゆえに想いを口にすることすら出来ずに恋い焦がれるアンドレの想いに微塵も気づいていなかった。
1979年10月10日 – 1980年9月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ベルサイユのばら 海外レビュー” の続きを読む

赤毛のアン 海外レビュー

概要

モンゴメリの原作を、忠実に、そのまま映像化した作品として高い評価を受けている。ただし、アニメオリジナルエピソードも存在し、第25話や物語後期辺りで多数追加されている。一方では、原作でアンがダイアナとの家の間に横たわる森に「お化けの森」と名づけるエピソードがあるが、アニメではカットされている(原作小説に忠実な内容であるがゆえに、唯一カットされたエピソードである。その代わり、アンがグリーン・ゲイブルズに住んでから1周年記念として、マシュウがドライブに出かけるといったアニメオリジナルに変更されている)。また、原作ではルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』の引用があり、これは原作者モンゴメリが愛読していた小説であるが、本作では『不思議の国のアリス』を紹介する場面がある。
1979年1月7日 – 同年12月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“赤毛のアン 海外レビュー” の続きを読む