家なき子 海外レビュー

あらすじ

南フランスの農村・シャバノン。捨て子だった少年・レミは、怪我で出稼ぎから帰ってきた養父・ジェロームにより、旅芸人・ビタリスに売られてしまう。優しい養母と別れて哀しむレミだったが、ビタリスの深い人間性と仲間の動物たちとの絆によって成長していく…。
1977年10月2日 – 1978年10月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“家なき子 海外レビュー” の続きを読む

無敵超人ザンボット3 海外レビュー

あらすじ

駿河湾の港町に住む札付き少年の神勝平は、ライバルの香月真吾との対決中、謎の巨大な怪物に襲われる。それは、謎の宇宙人「ガイゾック」が放った殺戮ロボット兵器「メカ・ブースト」だった。

その襲撃の最中、勝平は家族たちが「宝探し」と称し、海底を探索していた真実を知る。勝平たちはガイゾックに母星のビアルを滅ぼされ、地球へ移住したビアル星人の生き残りの子孫、神(じん)ファミリーだったのだ。ついに地球までその魔の手を伸ばしてきたガイゾックに対し、神ファミリーは先祖が遺した3つの基地が1つに集結する宇宙船「キング・ビアル」と、それぞれの基地に積まれていた3つのメカが1つになって完成する巨大ロボット「ザンボット3」で立ち向かう。

だが、ザンボット3とメカ・ブーストの戦いの影響で日本は焦土と化し、地球人はガイゾックよりも神ファミリーを恐れて忌み嫌い、迫害する。非難と疎外に遭いながらもガイゾックと必死に戦う神ファミリーをようやく地球人が理解し始めた時、ガイゾックは戦慄の人間爆弾作戦を開始し、神ファミリーと地球人を更なる恐怖と絶望へと追い込んでいく。
1977年10月8日 – 1978年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“無敵超人ザンボット3 海外レビュー” の続きを読む

超電磁マシーン ボルテスⅤ 海外レビュー

あらすじ

地球より14000光年、蠍座の球状星団内にある恒星系。そこに貴族による寡占政治を行い、角の有無が階級を運命付けるボアザン[注 3]星がある。ボアザン帝国の科学長官ラ・ゴールは皇帝の甥(弟の長子)として次期皇位継承の資格を持ちながら、角が生まれつきなかったのをライバルのズ・ザンバジルに暴かれて失脚、妻ロザリアとも引き裂かれて労奴に落とされる。しかし、ラ・ゴールは反乱を起こしてボアザンから脱出し、1年の漂流の後、地球に落ち延びて科学者・剛光代に救われる。

ラ・ゴールは光代と結婚して剛健太郎と名乗り、物語の主人公となる三兄弟をもうけ、好戦的なズ・ザンバジルの侵略を予想して、浜口博士や防衛軍の岡長官と共に巨大ロボ・ボルテスVや基地ビッグファルコンの建設に着手後、和平の道を探るべく地下組織と連携して密かにボアザン星へと帰還するが、帝国軍に囚われてしまう。
1977年6月4日 – 1978年3月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超電磁マシーン ボルテスⅤ 海外レビュー” の続きを読む

ルパン三世 Part2 海外レビュー

概要

『ルパン三世』のTVシリーズ中で、最も有名なシリーズである。現在まで引き継がれる「ルパンのモンキー面」や「赤いジャケット」のイメージ、テーマ曲「ルパン三世のテーマ」もこのシリーズで生まれたものである。

前作『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(以下、『TV第1シリーズ』)は、本放送時は低視聴率から打ち切りになったが、再放送にて高視聴率をあげていた。これを受けて本作品は、『TV第1シリーズ』後半の方向性を継承して放送された。本作の第1話は、『TV第1シリーズ』の最終話でルパンたちが日本国外に逃亡してから5年の歳月が経過した続編としてスタートした。

制作にあたって日本テレビから以下の意向が示された。

前作の続編ではなく、新番組と思って制作すること。
主要メンバー5人は毎回レギュラー出演すること。
五右ェ門と不二子の声優を変更すること。
音楽と主題歌を変更すること。
長期に渡る放送期間の中で、ハードボイルドなエピソードから、脚本の浦沢義雄と作画の青木悠三のコンビによるスラップスティック調のコメディーまで、多彩なエピソードを幅広く揃えるのもこのシリーズの特徴である。ヒロインの峰不二子が肉感たっぷりのグラマラスなビキニの水着姿を披露している回が比較的多いのもこのシリーズであった。
1977年10月3日から1980年10月6日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ルパン三世 Part2 海外レビュー” の続きを読む