母をたずねて三千里 第1話 海外の反応

概要

アルゼンチン共和国・首都ブエノス・アイレスに出稼ぎに行ったまま音信不通になっている母アンナ・ロッシを訪(たず)ねるためイタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシがアルゼンチンに1882年に渡って旅する物語。

南米行きの船に乗るまでの日常ドラマと、渡航した後の旅物語に大別される。主人公の言動を客観的に描写する姿勢が貫かれていて記録映画風の珍しいアニメーションである。

主人公(マルコ・ロッシ)は旅の途中、何度も危機に陥り、そこで出会った多くの人に助けられ(たまにマルコが助けることもある)、その優しさに触れながら成長していく。そして最終回は旅中で世話してくれた人々の何人かに再会しお礼を言いながらジェノヴァに帰って行くという流れになっていて「人々の思い遣りと思い遣りに対する感謝の気持ち」が物語のテーマのひとつとして貫かれている。
1976年1月~1976年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

“母をたずねて三千里 第1話 海外の反応” の続きを読む

超電磁ロボ コン・バトラーV 海外レビュー

あらすじ

地底に潜んでいたキャンベル星人が侵略行動を開始した。これを予期していた南原博士は超電磁の力で合体する巨大ロボ「コン・バトラーV」を建造。天下御免であらゆる武器を持てる許可証を交付して全国から4人の若者を集め、孫娘のちずるを含めた「バトルチーム」を結成した。南原博士の死と四ッ谷博士の登場、大将軍ガルーダの悲しい秘密、新たな敵女帝ジャネラの出現…地球に平和を取り戻すまで豹馬たちの戦いは続く。
1976年4月17日 – 1977年5月28日迄放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超電磁ロボ コン・バトラーV 海外レビュー” の続きを読む

キャンディ・キャンディ 海外レビュー

 あらすじ

20世紀初頭のアメリカ中西部およびイギリスを舞台に、明るく前向きな孤児の少女キャンディ(キャンディス・ホワイト)が、周囲の出自への偏見に負けず人々の愛情を受けて成長する過程を描く、ビルドゥングス・ロマン。

キャンディは、ミシガン湖に近い孤児院「ポニーの家」で明るく元気に暮らす少女。おとなしくて優しいアニーは同い年の親友である。6歳のある日、アニーが富豪の養女として引き取られた。キャンディはしばらくアニーと文通していたが、出自が知られることを嫌ったアニーから文通を断られ、孤児院近くのポニーの丘で泣いていたところ、スコットランドの民族衣装をまとった見知らぬ少年に声を掛けられる。「おチビちゃん、笑った顔の方がかわいいよ」キャンディは銀のバッジを落としていったその少年を「丘の上の王子さま」と名付け、彼と再会することが最大の願望のひとつとなった。

12歳になったキャンディは富豪ラガン家に引き取られる。しかし、養女ではなく、その家の娘イライザの話し相手としてであった。そこでキャンディはイライザとその兄ニールから手酷いいじめに遭う。ある日、2人の意地悪に耐え切れず、バラ園で泣き出してしまった。そこに、いつの間にか丘の上の王子様そっくりの少年が現れ、「おチビちゃん、笑った顔の方がかわいいよ」と、かつてと同じ言葉を掛けられたが、その少年はすぐにいなくなってしまった。バラ園の門には銀のバッジと同じ紋章が刻まれていた。また、発明好きのアリステア(ステア)、おしゃれなアーチーボルト(アーチー)の兄弟とも出会い、親しくなる。
1976年10月1日 – 1979年2月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キャンディ・キャンディ 海外レビュー” の続きを読む

母をたずねて三千里 海外レビュー

概要

アルゼンチン共和国・首都ブエノス・アイレスに出稼ぎに行ったまま音信不通になっている母アンナ・ロッシを訪(たず)ねるためイタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシがアルゼンチンに1882年に渡って旅する物語。

南米行きの船に乗るまでの日常ドラマと、渡航した後の旅物語に大別される。主人公の言動を客観的に描写する姿勢が貫かれていて記録映画風の珍しいアニメーションである。

主人公(マルコ・ロッシ)は旅の途中、何度も危機に陥り、そこで出会った多くの人に助けられ(たまにマルコが助けることもある)、その優しさに触れながら成長していく。そして最終回は旅中で世話してくれた人々の何人かに再会しお礼を言いながらジェノヴァに帰って行くという流れになっていて「人々の思い遣りと思い遣りに対する感謝の気持ち」が物語のテーマのひとつとして貫かれている。
1976年1月~1976年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

Marco:Haha wo Tazunete Sanzenriは、52-エピソードのエピックシリーズは、キャラクターの発展、壮大なセッティング、ドラマ、センチメンタルなバースト、感情と90分の無感覚への1196分をトリミングする映画です。元のシリーズは、キャラクターが感じていることを感じさせ、あなたの気持ちを気にさせ、感情的な絆を作り出すアート作品です。この映画は、高畠功の1976年制作の傑作となったあらゆる種類の感情を欠いています。マルコが苦労しているシリーズとは違って、マルコが完全に人工的であるように感じることは、マルコの苦難と同じくらいです。

これを見てあなたの時間を無駄にしないでください。高橋勲の傑作のひとつであるオリジナルシリーズを、ハイジとアン・オブ・グリーン・ゲイブルズと共に見る。彼らはあなたをより良い人間にすることができます。

“母をたずねて三千里 海外レビュー” の続きを読む