宇宙の騎士テッカマン 海外レビュー

あらすじ

21世紀、人類は宇宙へ進出し始めていたが、地球はそれまでの環境破壊によって植物は死に絶え、数年後には死の世界になる運命だった。環境回復のために「クリーン・アース計画」を行ったものの、すでに地球の環境は回復不可能なレベルに達していた。宇宙開発センターの天地局長らは全人類を他の天体に移住させる計画を実行させるため、超光速航法(リープ航法)の開発に全力を注いでいた。
そんなタイムリミットの迫る地球に、宇宙征服を企む「悪党星団ワルダスター」が突如襲来、地球に総攻撃を開始する。主人公・南城二は天地局長が開発した身体能力を飛躍的に高める装置「テックセットシステム」で超人的能力を持つ「テッカマン」に変身し、ワルダスターの円盤群を退けることに成功する。そこへ特殊能力を持つ謎の男・アンドロー梅田が現れ、城二に地球人以外にもワルダスターに反逆する宇宙人がいることを教えるが、城二は頑なにそれを信じない。
1975年7月2日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“宇宙の騎士テッカマン 海外レビュー” の続きを読む

ラ・セーヌの星 海外レビュー

あらすじ

花屋の看板娘であったシモーヌは、貴族ド・フォルジュ公爵の目にとまり、フェンシングの訓練を受け剣術を叩き込まれる。

ある日、王妃マリー・アントワネットは嘗てフランス王妃候補だったことから事ある毎に衝突を繰り返すカトリーヌ夫人との何度目かになるカバリュース邸での舞踏会で競うドレスに飾るために入手困難な「サン・ファの黒バラ」をシモーヌの両親(実は養父母)が営む花屋に大量に注文する。パリ中の花問屋の協力により無事に花は集まるが、屈辱を受けた夫人の配下にシモーヌの両親は命を奪われ、死に際の父ポールから実の娘ではないこととベルサイユ宮殿にいる姉に会うようにと告げられ孤児となったシモーヌはパンテモン修道院に入る。
1975年4月4日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ラ・セーヌの星 海外レビュー” の続きを読む

アラビアンナイト シンドバットの冒険 海外レビュー

概要

名作『千夜一夜物語』をアニメ化した作品。そのため、ストーリー内容は『シンドバッド』だけでなく『アリババと40人の盗賊』や『アラジンと魔法のランプ』を絡めている。
放送期間:1975年10月1日から1976年9月29日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アラビアンナイト シンドバットの冒険 海外レビュー” の続きを読む

一休さん 海外レビュー

概要

1975年10月15日から1982年6月28日まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の1977年よりテレビ朝日)系列で全296話が放送された。中央児童福祉審議会推薦番組。

制作は東映動画(現・東映アニメーション)。東映および東映アニメーションが製作してきた、シリーズでない単体のアニメ作品としては、2007年に『ONE PIECE』に破られるまで最長の話数だった。

もともとは1クール(3カ月)の予定だったとされる。

初期は日本船舶振興会(会長が笹川良一の時代。現:日本財団)の単独提供番組で、間のCMは山本直純作曲「火の用心のうた」がよくOAされていた。当初は水曜19:30からの放送だったが、半年後に月曜19:30に移動した。放送末期のスポンサーはハウス食品の一社提供に変更、提供読み上げは増山江威子が担当した。

1960年代末に日本の民話をアニメ化する企画がこのアニメの原案である。その際、他の物語が数案あったが、最終的にこの物語に決定した。しかし、衣装の古さや仏教色の強さなどから、作品が日の目を見るには、本放送期間並みの年月を要することになった。
1975年10月15日 – 1982年6月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“一休さん 海外レビュー” の続きを読む

ガンバの冒険 海外レビュー

あらすじ

港で開かれているネズミたちのパーティ。そこに傷だらけの小ネズミ、忠太が転がり込んでくる。残忍な暴力と恐怖で故郷の島を支配している、巨大な白イタチのノロイを倒す力を貸して欲しいと言う忠太に、ネズミたちは冷たい。しかし、ガンバを始めとする勇敢な7匹の仲間が集まり、冒険の海へと船出する。
1975年4月7日 – 9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガンバの冒険 海外レビュー” の続きを読む

タイムボカン 海外レビュー

あらすじ

木江田博士はカブトムシ型タイムマシン「タイムボカン」の試運転に出かけたが、行方不明となってしまう。帰ってきたのはオウムのペラ助と世界最高級の宝石「ダイナモンド」だった。木江田博士の孫娘・淳子と博士の助手の丹平はコンビを組み、どこかの時代に消えてしまった博士をタイムトラベルしながら探すが、ダイナモンドを狙う悪玉トリオがその道中で邪魔をする。

その後、木江田博士は現代に帰還し丹平たちと再会する(第27話)。それ以降は、悪玉トリオのダイナモンド入手の阻止や、ペラ助の故郷探しなどの旅をする。
1975年10月4日 – 1976年12月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“タイムボカン 海外レビュー” の続きを読む

勇者ライディーン 海外レビュー

あらすじ

1万2000年前にムー帝国を襲った妖魔帝国が再び現代に蘇り、「悪魔の時代の完成」を目指して活動を開始した。世界で謎の大地震が発生する。 考古学者の祖父と父を持つ快活な少年ひびき洸(あきら)は地震直後に「目覚めよ勇者よ、ライディーンが待つ」と語りかける謎の声を聞き、導かれるままボートで沖へ向かう。そのもっと沖合には洸の父一郎が乗る調査船が居た。古代ムーの文献に書かれた謎のエネルギー「ムートロン」を調査していたのである。その調査船を狙い妖魔帝国軍のドローメとガンテが海中から浮上し迫る。一方洸のボート付近の海が突如うねり始め大渦になる。渦の中心からピラミッドが現れ、その中から巨大な金色の像が出現した。洸が呪文を唱えると像は洸を吸い込み鮮やかな色彩を帯びて動き始めた。像は古代ムー帝国が妖魔に対抗するため作り上げた巨大ロボットライディーンだったのだ。洸はライディーンを操縦してなんとか妖魔軍を退けるが、調査船と乗員はガンテの魔力で石にされ、船は沈み乗員は拐われてしまう。想定外の敵の出現に驚いた妖魔帝国のプリンス・シャーキンはライディーンに興味をもつ。
1975年4月4日から1976年3月26日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“勇者ライディーン 海外レビュー” の続きを読む

UFOロボ グレンダイザー 海外レビュー

あらすじ

ベガ星雲の惑星・フリード星は平和に他の星と共存していたが、宇宙征服を目論む支配者ベガ大王が率いるベガ星連合軍による侵略を受けて滅亡する。王子デュークはフリード星の守護神「グレンダイザー」が組み込まれた宇宙船スペイザーで脱出。地球に落ち延び、八ヶ岳近くの地獄谷に不時着したところを宇宙科学研究所の宇門所長に救われ、彼の養子となり“大介”を名乗った。

それから2年後。かつてマジンガーZで地下勢力と戦った兜甲児が小型円盤TFOで研究所を訪れた。大介とも対面するが反りが合わない二人。その晩、赤い月を見て大介はベガ星連合軍が地球侵略を目論んでいると悟ったが、平穏な生活を望み戦いを拒否する彼はひとり苦悩する。翌日、飛来したベガ軍の円盤にTFOが攻撃される。甲児の危機を見捨てられず大介は再び元の名を叫んだ。「デューク・フリード!!」
1975年10月5日 – 1977年2月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“UFOロボ グレンダイザー 海外レビュー” の続きを読む

フランダースの犬 海外レビュー

 概要

原作はイギリス人作家ウィーダの同名小説『フランダースの犬』。オープニングでの原作のクレジットは、ウィーダの本名ルイス・ド・ラ・ラメー(ルイスの前の「マリー」が欠落した誤記)となっている。

テレビ最終回の視聴率はビデオリサーチ・関東地区調べで30.1%を記録したが、これは『世界名作劇場』枠内アニメの視聴率で最高記録である。特にラストシーンは悲劇の代表格として現在でも広く知られ、『なつかしのアニメ名場面特集』などのテレビ特番では定番シーンとなっている。

現在は『世界名作劇場』の第1作目として認知されているが、初回放送当時は第26話まで、ズイヨー映像制作のもと『カルピスまんが劇場』のタイトルで放送されていた。第21話より日本アニメーション制作に切り替わった際にタイトルも『カルピスこども劇場』に変更(※ただし、第24話 – 第26話では『カルピスまんが劇場』に戻っている)。DVDなどでは日本アニメーション表記のオープニング映像を使用している関係で、全話とも『カルピスこども劇場』に統一されている。そのため『カルピスまんが劇場』版のオープニング映像は未ソフト化である。

作中の舞台であるベルギーでは、イギリス文学である原作の知名度がそれほど高くないうえ、内容も評価されていなかった(フランダースの犬#各国での評価を参照)こともあり、本作品が放送されることもなかった。しかし、本作品の影響で日本から多くの観光客が訪れることもあり、アントワープに記念碑や銅像が建てられた。なお、テレビ朝日系バラエティ番組『大胆MAP』2008年6月29日放送分では、ベルギー人たちに本作品最終回のラストシーンを見せ、彼らが感動するシーンが番組内で流れた。

前作『アルプスの少女ハイジ』と次作『母をたずねて三千里』の主要スタッフであり本作品にもわずかながら参加していた宮崎駿は、「視聴率的には成功したんですが、僕はゴミみたいな作品だと思うんですけどね」と本作品を評している。

1997年3月15日、テレビ版と同じ黒田昌郎監督、日本アニメーション制作により、『THE DOG OF FLANDERS(劇場版 フランダースの犬)』が松竹系で全国公開された。

2010年3月、世界名作劇場放送35周年を迎えた日本アニメーションは、本作品に登場するパトラッシュの名前を冠した「パトラッシュ基金」を発足させ、盲導犬育成普及事業の支援を開始した。(ウィキペディアより引用)
1975年1月5日から同年12月28日まで放送

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

“フランダースの犬 海外レビュー” の続きを読む