エースをねらえ! 海外レビュー

概要

名門・県立西高テニス部に入部した主人公の岡ひろみが、部内のいじめにはじまる様々な苦難を乗り越えて一流テニス選手へと成長していく過程を描く。

原作漫画は、『週刊マーガレット』の1973年2・3合併号より1975年5号まで連載され、いったん完結。その後、アニメ版第1作の再放送による人気上昇を受けて第二部として再開され、1978年4・5合併号から1980年8号まで連載された。

作品中の随所に、1920年代に活躍した日本の往年の名選手、福田雅之助(1897年 – 1974年)による有名な”この一球、絶対無二の一球なり”という「庭球訓」が織り込まれている。この漫画を通して、福田の名言もより広く知られるようになった。
1973年10月5日から1974年3月29日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エースをねらえ! 海外レビュー” の続きを読む

キューティーハニー 海外レビュー

あらすじ

主人公の如月ハニーは体内に「空中元素固定装置」を内蔵している少女の姿をしたアンドロイド。人間を大きく超える運動能力を持ち、装置によって自在に衣装、所持アイテムを変えられ、その衣装に応じた能力を発揮できる。

宝石や美術品を狙う犯罪組織パンサークローの刺客対キューティーハニーの戦いを、ハニーにメロメロである早見一家とハニーとの愉快なやりとりを交えて描く。ハニーが姿を変えて刺客の前に現れ、対決の時「あるときは○○、またあるときは△△、しかしてその実体は…」と刺客の前に現れた時の姿を告げ、「ハニーフラッシュ!」の掛け声と共に如月ハニーからキューティーハニーに変身、「愛の戦士キューティーハニーさ!」と名乗りを上げ、刺客との戦いが始まる。
1973年10月13日 – 1974年3月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キューティーハニー 海外レビュー” の続きを読む

新造人間キャシャーン 海外レビュー

あらすじ

ある日、東光太郎博士の開発した公害処理用ロボット・BK-1が落雷の衝撃を受け、自我を持つ。公害の元凶となっている人間を処理すべきと考えるようになったBK-1は、ブライキングボスを自称して戦闘ロボット軍団アンドロ軍団を作り上げ、世界征服を開始する。東博士の息子の鉄也は、二度と人間に戻れない覚悟で人間と融合して完成する不死身の「新造人間」(ネオロイダー)キャシャーンとなり、ロボット犬・フレンダーや恋人のルナとともに、アンドロ軍団に立ち向かう。

だが、数に物を言わせて「面」で押すアンドロ軍団の勢いは、強力だが「点」に過ぎないキャシャーンたちでは止められず、孤独な戦いを続ける彼らは局地的な勝利を得るものの、大局的には世界は次々とアンドロ軍団の手に陥ちて行く。
1973年10月2日 – 1974年6月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“新造人間キャシャーン 海外レビュー” の続きを読む