海のトリトン 海外レビュー

概要

『サンケイ新聞』(現・『産経新聞』)に1969年9月1日から1971年12月31日まで新聞漫画『青いトリトン』として連載、1972年4月から9月末まで放送されたテレビアニメのタイトルは『海のトリトン』。アニメが放送終了した1972年末に初めて単行本化されたときに原作も『海のトリトン』と改題された[1]。「トリトン」の名はギリシャ神話から引用こそしているものの、内容そのものはギリシャ神話とは何ら関連を持たない独創的なものになっている。

1969年2月末日まで『鉄腕アトム』(後に『アトム今昔物語』に改題)を連載した『サンケイ新聞』編集部の要請により、半年の間を置いて手塚治虫が連載した新聞連載漫画である。当時はスポ根劇画が人気を博しており、『サンケイ新聞』側の希望で特訓などの要素が取り入れられた。当初、海棲人類トリトン族の赤ん坊「トリトン」を拾ってしまった漁村の少年「矢崎和也」を主人公とし、抗争に巻き込まれた第三者の冒険と根性のストーリーになるはずだったが、作者自身が純然たる冒険活劇とした方が作品として面白くなる事に気づき[3]、物語中途で和也を失踪させ、主人公をトリトンに交代させた。

アニメ版のストーリーに比べて、トリトンが陸の人間として成長し、知識と武術を習得して海に出るまでを丹念に描き、水中でも息が出来るだけのようなトリトンが海の怪物にも等しいポセイドン族と互角に戦える理由を説明している。ポセイドン族との抗争の他、トリトン族と人間との好意的とは言いがたい接触がストーリーのもう一本の柱になっている。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“海のトリトン 海外レビュー” の続きを読む

科学忍者隊 ガッチャマン 海外レビュー

あらすじ

国際科学技術庁(ISO)のウラン貯蔵庫が、亀の姿をした巨大な怪獣型ロボ(鉄獣メカ「タートルキング」)に襲撃されウランを強奪される事件が発生した。地球征服を狙う謎の秘密結社「ギャラクター」による犯行だ。

ISO「マントル計画」主任である南部博士は、この危機に対して対ギャラクター用に密かに結成していた特殊部隊「科学忍者隊」を出動させる。忍者隊の活躍で「タートルキング」は破壊され、ギャラクターの目論見は潰えたかに思えたが、それは科学忍者隊とギャラクターとの長きにわたる戦いの序幕に過ぎなかった。

科学忍者隊は次々と新手を繰り出すギャラクターのテロ攻撃に、時には生身で、時には大型戦闘機「ゴッドフェニックス」で立ち向かって行く。
1972年10月1日 – 1974年9月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“科学忍者隊 ガッチャマン 海外レビュー” の続きを読む

小さなバイキング ビッケ 海外レビュー

あらすじ

主人公ビッケはフラーケ族のバイキング。小さな男の子であるが、身体が大きく、酒豪の族長ハルバルの息子でした。父とは正反対にビッケは身体が小さく力も無かったが、頭脳明晰さは誰にも負けなかった。その知恵が評価され、ビッケは特別にバイキングの一員となることを許される。バイキングが行く先々で遭遇するさまざまな事件や困難を「小さなバイキング」ビッケの素晴らしい知恵で乗り越えていく。
1972年から1974年迄放送 (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“小さなバイキング ビッケ 海外レビュー” の続きを読む

デビルマン 海外レビュー

あらすじ

不動明は居候先の牧村家の娘・美樹と仲良く学校に通う大人しい少年であったが、ある日、親友の飛鳥了から、他の生物との合体能力を持った地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が200万年の眠りから目覚めて復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることと、デーモンの研究をしていた了の父が、デーモンと合体して心を支配される前に自殺したことを知らされ、デーモンと合体し、その超能力を取り入れてデーモンと戦う話を持ちかけられる。しかし、これを得るには、理性を捨て本能のみで動いている時に憑依させ、かつ、デーモンの意思を正義の心で抑え込まなければならなかった。デーモンに襲われた恐怖で理性を失った明は、デーモンの一人であるアモンに憑依され、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功する。
1972年7月8日 – 1973年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デビルマン 海外レビュー” の続きを読む

マジンガーZ 海外レビュー

概要

天才科学者兜十蔵博士は世界征服を企むDr.ヘルから地球を守るために、神にも悪魔にもなれる能力を秘めたスーパーロボット「マジンガーZ」を作り出した。兜十蔵博士はDr.ヘルの攻撃によって亡くなってしまったが、彼が作ったマジンガーZは孫の兜甲児に託され、甲児はDr.ヘルとDr.ヘルが作り出した機械獣軍団の野望を打ち砕くためにマジンガーZで戦う決意を固める。
1972年12月3日 – 1974年9月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マジンガーZ 海外レビュー” の続きを読む