ふしぎなメルモ 海外レビュー

概要

1970年 – 1972年まで『小学一年生』に連載。その他、『よいこ』、『れお』にも掲載されていた。連載当初はママァちゃんというタイトルだったが、商標取得が困難なためアニメ放映が決定したと同時に変更された。

もともと手塚プロダクション初のテレビアニメ用の作品として企画・作成された作品。アニメの方は、子供達向けの性教育を意図した作品として有名である。なお、初期段階では同じ手塚作品の「アポロの歌」をアニメ化する形で企画が進んでいたとのこと(虫プロ商事発行COM誌上の作者コラムにて語られている)。
(ウィキペディアより引用)

あらすじ

天国のママから、ミラクルキャンディー(赤いキャンディーと青いキャンディー)をもらった主人公メルモが、キャンディーを食べて赤ん坊や大人、人間以外の様々な動物に変身し、色々な危機を乗り越え、真の大人になっていく物語である。
1971年10月3日 – 1972年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ふしぎなメルモ 海外レビュー” の続きを読む

カバトット 海外レビュー

概要

お人よしのカバと彼の口の中に居候しているキバシウシツツキのトットが、のどかなジャングルで繰り広げる愉快な物語。カバをバカにしているトットは毎回彼にちょっかいを出すものの、そのカバに裏をかかれるなどして最後にはひどい目に遭う。

本作は、1971年1月1日から1972年9月30日までフジテレビとその系列局で放送。放送時間は毎週月曜 – 土曜 18:55 – 19:00 (日本標準時)。作品自体は全300話であるが、延べ248話の再放送が随時挿み込まれたため、全放送回数は548回である。

平均視聴率は7.0%(タツノコプロが所有する資料による)ウィキペディアより引用
1971年1月1日 – 1972年9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カバトット 海外レビュー” の続きを読む