リボンの騎士 海外レビュー

概要

天使・チンクの悪戯で誕生した、男の心と女の心を持つサファイア王女(王子)をヒロイン兼ヒーローに据えたファンタジー作品。お姫様が「男装の麗人」となって悪人と戦うという、当時の少女漫画としては斬新な内容であった。

手塚自身が幼少のころから親しんだ宝塚歌劇団の影響を強く受けており、サファイアのモデルは元宝塚歌劇団娘役の淡島千景である[2]。当時、淡島の大ファンだった手塚が、娘役である淡島がたまたま男役を演じた舞台を観劇して、それをヒントにサファイアを考え出したという。なお、テレビアニメでサファイアの声を担当した太田淑子も宝塚歌劇団出身の元タカラジェンヌである。本作を元にしたミュージカル公演が数回行われている。ただし、宝塚歌劇団に演目として取りあげられたことはない。
1967年4月2日 – 1968年4月7日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“リボンの騎士 海外レビュー” の続きを読む

パーマン 海外レビュー

概要

冴えない小学生須羽ミツ夫がある日、宇宙人からもらったパーマンセット(マスク、マント、バッジ)を装着すると怪力や空を飛ぶ能力などを授かり、その力を生かして正義のヒーローになるという物語である。超人であるという秘密を持つ少年の葛藤、その矛盾に立ち向かう強さ、本当の正義とは何かを、独特の藤子ギャグで描く、藤子Fの代表作のひとつ。
1967年4月2日 – 1968年4月14日
1983年4月4日 – 1985年7月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“パーマン 海外レビュー” の続きを読む

マッハGOGOGO 海外レビュー

概要

自動車レース(スポーツカーレース)をテーマとした子供向けのテレビアニメで、1967年(昭和42年)にタツノコプロが制作し、フジテレビ系列で放送された。アメリカでは『Speed Racer』のタイトルで放送され、人気を博した。主題歌のメロディは日本とほぼ同じで、ピーター・フェルナンデスによる英語の歌詞を乗せている。

後に関西テレビ(現・カンテレ)で字幕版として再放送された。耳の不自由な方でも楽しめるよう、セリフだけでなくアクション演出にも字幕を挿入するなど、一例の漫画を想わせるスタイルになっている。

1997年(平成9年)にリメイク版が制作され、テレビ東京系列で放送された。
1967年4月2日 – 1968年3月31日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“マッハGOGOGO 海外レビュー” の続きを読む