鉄腕アトム 海外レビュー

あらすじ

あるところに天馬飛雄(トビオ)という一人の少年がいた。
天馬飛雄は父に買ってもらった玩具の車に乗って遊んでいたところ、交通事故にあって死亡する。

愛する子供を失った科学省長官の天馬博士は気が狂い倒錯するようになる。
そして自らの手で息子を再現すべく、ロボットの飛雄を製作した。しかし、出来上がった飛雄は、所詮人間では無かった。
天馬博士は子供のままで成長しないロボットの飛雄に愛想をつかし、飛雄はロボットサーカス団に売られてしまう。

ロボットサーカスに売られた飛雄は過酷な日々を送る。
しかし、偶然ロボットサーカスを見に来ていた新たな科学省の長官であるお茶の水博士が飛雄に気付き、「アトム」という名前をつけ引き取る。

こうして飛雄はアトムとして新たな生活を始める…。

天馬飛雄が運転していた乗り物は、回想シーンやリメイクのたびに若干の変更がなされている。プラモデルの車やロボットカー、エアカーなど。アニメ第三期ではエアバイクになっていた。また交通事故にあった原因も様々で、飛雄が天馬博士から玩具の車を与えられた喜びのあまり事故を起こしてしまうといった内容や、天馬博士が飛雄にかまってあげなかったため自暴自棄の状態で車に乗った結果というパターンもある。アニメ第三期では天馬博士に会いに行く途中、不慮の事故に巻き込まれたという心動かされるエピソードになっている。
1963年1月1日から1966年12月31日まで放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鉄腕アトム 海外レビュー” の続きを読む