頭文字D 海外レビュー

 あらすじ

藤原拓海(ふじわら たくみ)は一見ごく普通の高校生だが、父が営む「藤原とうふ店」の配送を中学生時代から手伝い、秋名山の峠道で日々AE86型(ハチロク)スプリンタートレノを走らせるうちに、非凡なドライビングテクニックを身に着けていた。ある日、赤城山を本拠地とする走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のNo.2である高橋啓介(たかはし けいすけ)に勝利したことで、「秋名のハチロク」の噂は近隣に広まっていく。当初は状況に流されるままバトルを受ける拓海だったが、手練の走り屋たちの挑戦を経て、次第に自分の才能と夢を見つめなおすようになっていった。
1998年(頭文字D)- 2006年(4th Stage)
2012年11月9日- 2013年5月10日 (5th Stage)
2014年5月16日-6月22日(Final Stage)(ウィキペディアより引用)

SID0002464

✳以下myanimelistからのレビューになります

“頭文字D 海外レビュー” の続きを読む