電脳コイル 第4話 海外の反応

第4話あらすじ

「大黒市黒客倶楽部」

転校生はなんとイサコ!
ダイチ率いる“大黒黒客(ダイコクヘイクー)”の誘いを冷たくあしらった彼女にヤサコは声をかけるが・・・。

登場人物

ヤサコ(小此木優子):折笠富美子
京子:矢島晶子
フミエ:小島幸子
メガばあ:鈴木れい子
アキラ:小林由美子
ガチャギリ:山口眞弓
イサコ(天沢勇子):桑島法子
ハラケン:朴 璐美
ダイチ:斉藤梨絵
オバちゃん:野田順子
デンパ:梅田貴公美
ナメッチ:沼田祐介

✳以下myanimelistからの反応になります

ZOMG!(Oh My Godよりもさらにびっくりしたときに使います)これは間違いなく素晴らしいエピソードです。三方対戦を見ることはエキサイティングでした。さらに、モジョとオヤジのアクションが増えました!

大地は少し野蛮です、私は彼の周りに彼と一緒に鈍い瞬間は決してないので、私たちは彼のおかしなことをもっと見れることを願っています。

isako最高!これまでの最高のエピソード!すべてのアクションは素晴らしかったです:)

とても凄かった聖なる牛。今すぐ次のエピソードを取得する必要があります!

ああ、現実の世界が私ができるそのようなものだったら…..それはポケモンが現実であった場合よりも優れているかもしれません:D

私はこのショーの早い段階で見るのを迷っていましたが、このエピソードでは私を魅了しました。すべての技術的な戦いを見て楽しんでいた。アマサワには素晴らしいスキルがあるが、フミエは自分自身ではない。

私は本当にYasakoに何が起こったのかを今見たいと思っています。それは麻雀が靴ロッカーで過去について彼女に話をするような神経を打つように見えました。

なんてこった!イサコは素晴らしかったです。私はこのアニメシリーズを選んで本当にうれしいです。

イサコは最高の女の子です:)

戦いはとても叙事詩的です。私もYasakoについてもっと知りたいと思っています:)

私はこのアニメの設定が、地獄のように混乱していると感じる唯一の人ですか?私は何が起こっているの要点を得るが、それは適切にそれらのアクションのルーチンを評価するには十分ではありません。

ゆうこの気持ち。主人公ではなく、反社会的/挑戦しようとする/思いもよらない熟練したアーキタイプ(原型)です。

うん、彼らはそれを完全には説明しません。サイバー戦争..ああ、それは強烈だった:o

うーん、私たちの世界がそんなに似ていたらいいなあ。* __ * これは驚くべき信じられないほどのショーです!

うわー、それは激しく素晴らしい!本当にすごいコンセプトはここにある!

他の人が言ったように、サイバー戦を愛していた。そのイサコの勇気。

ところで、このエピソードでは他のすべてのキャラクターが嫌いです。=。=

うわー、このシリーズはあまりにも面白かったし印象的でした。それは優子がスクリーンに書かれたプログラムに反応するように、最後のほんの少しの曖昧なヒントを残しました。私はそれはエピソード3で起こったことと関係があると思っていますが、まだ確かではありません。混乱の種ですが、私はこれまでのところ本当に好きです。イサコは優子と関係しているかもしれないが、彼女の過去について知っているように思われるので、本当のアイデンティティについての秘密を隠していたかもしれない。私は謎を少しずつ明らかにするためにある程度の時間を与えています。

それは、子供たちがプログラムで遊ぶことを許可したときに起こったことです。xD

電脳コイル 第2話 海外の反応

 第2話あらすじ

「コイル電脳探偵局」

電脳マシーン・サッチーの攻撃をかいくぐり、デンスケ救出に成功したヤサコ。
そして電脳探偵フミエ。だが、デンスケは謎の電脳ウィルス“イリーガル”に感染していた!

登場人物

ヤサコ(小此木優子):折笠富美子
京子:矢島晶子
フミエ:小島幸子
メガばあ:鈴木れい子
アキラ:小林由美子
ガチャギリ:山口眞弓
イサコ(天沢勇子):桑島法子
ハラケン:朴 璐美
ダイチ:斉藤梨絵
オバちゃん:野田順子
デンパ:梅田貴公美
ナメッチ:沼田祐介

✳以下myanimelistからの反応になります

まあ、このエピソードは実際に私にもう少し興味を持たせてくれました。

私は謎を形成しているのが好きです…
そして次のエピソードはOyajiを持っています!!
待つことができない、大爆笑。
嬉しいデンスケは良くなりました…彼は本当にかわいいです。
妹は本当に私を悩ます。ハハ。

面白いイベントの回。そして、私はうっとりして遊んでいました^ w ^。私はその言葉が大好きですXD

面白いエピソードだった。より多くを楽しみにしています。

貧弱な電車のためにとても気分が悪い…その妹は本当に迷惑だ。おばあちゃん…恐ろしい。

彼らがSatchiiから逃げていた部分は、本当にうまくアニメ化されました。私はこのショー全体のアニメーションを本当に愛しています。:)そして物事はもっと面白いです…ところで、ヤサコの “兄弟”は誰ですか?そして、モジョの所有者が望んでいるもの…そして、鍵穴など何があるの?

lazer lazer granny xD
それはそのウイルスから回復しているようだ/違法なことは簡単ではない、
私はそれが混乱の出発点に入ることを期待しているxx

私は伊藤光夫がジブリの映画の一部を手がけた監督だと思うので、時には驚くことはないような気がする。

面白いエピソード!私は言う必要があります、現在の開発を非常に楽しんでいる!

誰が技術を使うことができないと言っているのですか?メガばあはその住人のようなものです。彼女はとてもクールなおばあちゃんですが、8人の子供たち(彼女の孫娘を含む)をグループのために操作することもできますXD。

サイバー動物/クリーチャーはなぜかわいいですか?_ <私はモホスが大好きです!<3

私はペットの犬がいます。私は本当に彼を愛しています。だから、ヤサコが電車を大切にしていることに本当に感心しています。

私は家族がどれくらい近づいているのも大好きです。お父さんとヤサコとのやりとりは本物で面白いようでした。私はまた、お母さんが京子さんがカレーで「おっぱい」と言って、彼女を止めようとしていたと思っていたのが大好きですXD。

これはすごく素晴らしいです。

メガばあは素晴らしいです!彼女は技術に精通している笑。

ヤサコのお母さんが杏子がカレーでおしゃべりをするのを止めたとき笑ったXD。ヤサコは、彼女が子供であったときに、物事を指し示し、うんざりしていたことを知った時、もっと楽しい。私が推測する家族の中で走る:p

さて、彼らが住んでいる街全体がサイバースペースで覆われています。エピソード1でそれをキャッチします。

おばあちゃんが技術に精通していることは最高です。

キョコもスパンキングに値する。

どのような魅力的なショー。デンスケのためにとても気の毒な感じ。

彼らは私達に物語がいつ起こるかを知るためのヒントを与えました。

日本のインフレ率は変わらないと仮定すれば、今から約1百年後にキャンディーショップが数百万円を徴収するでしょう。

電脳コイル 第3話 海外の反応

第3話あらすじ

「優子と勇子」

またもデンスケが誘拐された。
犯人は謎の少女イサコの手下・電脳生物モジョだ。
追跡を続けるヤサコ&フミエの前にまたもサッチーが!

登場人物

ヤサコ(小此木優子):折笠富美子
京子:矢島晶子
フミエ:小島幸子
メガばあ:鈴木れい子
アキラ:小林由美子
ガチャギリ:山口眞弓
イサコ(天沢勇子):桑島法子
ハラケン:朴 璐美
ダイチ:斉藤梨絵
オバちゃん:野田順子
デンパ:梅田貴公美
ナメッチ:沼田祐介

✳以下myanimelistからの反応になります

このエピソードはすごかった… O_O宇宙クレイジー^ w ^

他の女の子の名前も優子だった、良いね^^あと彼女はエンコーダーだ。うわー XD。

次のエピソードが楽しみ!

このシリーズはとても素晴らしいので、私はそれを乗り越えることはできません。

私はこのショーを崇拝する。崇拝します。崇拝します。崇拝します。

私はそれが… 3エピソードの後に​​起こるかもしれないと思っていた。でも好きです。

特に天沢勇子。彼女はすべての種類でクール。茶色の豚の尾の入った眼鏡をかけたひよこに巻かれています。

私は第4話が出てくるまで、3つのエピソードを何度も見続けるつもりです:)

その犬がそのゴミ箱に目を鳴らし始めたとき、私は爆笑した。良い時代。
「私はマールが自転車で発電するXinilによって運営されていると思っています。」 よくわからない笑

ははは …私は泣いていた犬はちょっとチーズだったと思った:P

これは面白いシリーズです。すべてのエピソードでうまくいっています。これまで世界でそういうものを持っているかどうか疑問に思います。

完璧だが、刺激的な犬のためだ。このシリーズの素晴らしいところは本当に負担です。

キャラクターが実際の物理的な危険に遭うことは決してありませんが、「死ぬ」という財政コストは重大なものです。愚かでありながら深刻な心地よい気分に貢献します。

ハハ貧弱な電撃はそんなに進む。メガビームやそれを小さな迷惑な女の子に呼び寄せたのは悪い考えだった…ばかげたおばあちゃんだった。XD

このシリーズは、ますます良くなっています。

私はデンスケにも悪いと感じましたが、ありがたいことに、彼は終わりまでにすべてが良くなっています。

ああ、私はすべての移籍が見られるはずだった。一緒にキャラクターを連れて来る良いプロットのデバイスであっても、真のアニメのありふれたもの。

驚くばかりのエピソード!私は他の優子が他の勇子だが、未来からだと思う。それは可能かもしれないし、私は多分間違っている。:D

彼らが逃げているシーンを愛し、彼らのトリックのすべてとてもクールです。その新しい女の子もかなりクールです、もっと彼女を見るのを待つことはできません。

新しいベストフレンドと不思議な/潜在的な一時的な悪役/ライバルは、その主人公と同じクラスにいます。”これは面白いです。” うーん…

しかし、私は大部分のために私は助けることはできませんが、私の顔に大きな、愚かな笑顔でそれを見ている。

このエピソードは本当にクールだった!これまでのキャラクターのようなDIです。何らかの理由で、私が購入できるあらゆる種類の仮想物に興味があります。

シリーズ全体がどんぐりを追う以外には何も構成されないと教えてください…。

ハハハ、Densukeはかなりのトラブルメーカーです。私はヤサコEncoderが彼女の学校とクラスに入っているので、もっと大きなことを心配していると思います!私は彼女の名前が好きです。彼女はヤサコと同じ名字を共有していますが、あなたがそれについて考えるならば、それはあまり偶然なことではありません。それでも、彼女とヤサコの間には確かなつながりがあります。

正直、ごみ箱で泣いていて、私にはうんざりしました。フミは、エンコーダを見つけるのは難しいと言っていましたが、別の “彼女は移籍した生徒です”ということを知っています。

このショーは今のところとても良いです。一度に視聴者に情報をあまりにも多く投じることなく、ストーリーは順調に進んでいます。私が気づいたことの1つは、一部のレビューでDCに音楽/サウンドのスコアが低くなった理由がわかりません。私はアニメのOPやEDについて不注意ではありませんでしたが、BGMは素晴らしいものではないにしても良いです。

ああ、彼女は同じクラスに入ることになります。今までにない簡単な検索。

私は本当にアニメーションを掘り起こし、キャラクターは「生きている」と感じます。私は最初からジブリのバイブを手に入れていましたが、これは良いことです。スタジオジブリなどのアニメーターだったと聞いたと思います。

エピソードが互いにシームレスに流れるので、良い停止点を見つけるのは難しいです。エピソード3の終わりはこれまでの最初のポイントです。ステークスはあまり高くありませんが、楽しみにしているかなり涼しい謎があります。

オープニングとエンディングの曲は素敵ですが、少なくとも今のところオープニング曲はシリーズのトーンのためにあまりにも憂鬱な音がします。

無作為かつ不必要な観察:ふみの声優は坂本真綾のように聞こえる。それとももっと正確に言えば、今まで坂本の声を聞いたことのある人のようなものです。

このアニメから期待されるように、SF要素は過負荷になります。悪いけど、申し訳ありませんが、私は彼の泣いているシーンをゴミ箱で笑うべきです。ところで、エンディング曲は本当に良いです。

電脳コイル 海外レビュー

あらすじ

202X年。「電脳メガネ」と呼ばれる眼鏡型のウェアラブルコンピュータが全世界に普及して11年。「電脳」と呼ばれる技術を使ったペットや道具が存在し、インターネットも「電脳メガネ」を使って見る時代。

ヤサコこと小此木優子は、金沢市から大黒市に引っ越してきた。引っ越し早々に、ヤサコは謎の電脳生物イリーガルに遭遇する。電脳ペットのデンスケは、イリーガルからヤサコを守ろうとして古い空間に迷い込んでしまう。それを救ったのが「電脳探偵」を名乗るフミエだった。これをきっかけに、ヤサコは電脳探偵局に入会する。その夜、ヤサコは自分の幼い頃の絵日記に「4423」の文字と鍵穴のような絵を見つける。さらに、夢の中の鳥居が連なる階段で「僕は4423、君の兄だ」という声を聞く。翌日、ヤサコは転入した大黒市第三小学校でフミエと同じクラスになる。ところがその日の放課後、彼女らは市が導入している電脳空間のウイルス駆除ソフト「サッチー」に追われる。そしてそのどさくさのなか、デンスケが謎の少女に誘拐されかける。コイル電脳探偵局の主であるメガばあは、その少女の調査をフミエらに指示する。どのようにして少女を捜し出すか、思案にくれるふたりのまえに、もう1人の転校生として現れる少女。彼女こそが件の謎の少女、イサコこと天沢勇子だった。
2007年5月12日 – 12月1日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“電脳コイル 海外レビュー” の続きを読む

電脳コイル 第1話 海外の反応

あらすじ

202X年。「電脳メガネ」と呼ばれる眼鏡型のウェアラブルコンピュータが全世界に普及して11年。「電脳」と呼ばれる技術を使ったペットや道具が存在し、インターネットも「電脳メガネ」を使って見る時代。

ヤサコこと小此木優子は、金沢市から大黒市に引っ越してきた。引っ越し早々に、ヤサコは謎の電脳生物イリーガルに遭遇する。電脳ペットのデンスケは、イリーガルからヤサコを守ろうとして古い空間に迷い込んでしまう。それを救ったのが「電脳探偵」を名乗るフミエだった。これをきっかけに、ヤサコは電脳探偵局に入会する。その夜、ヤサコは自分の幼い頃の絵日記に「4423」の文字と鍵穴のような絵を見つける。さらに、夢の中の鳥居が連なる階段で「僕は4423、君の兄だ」という声を聞く。翌日、ヤサコは転入した大黒市第三小学校でフミエと同じクラスになる。ところがその日の放課後、彼女らは市が導入している電脳空間のウイルス駆除ソフト「サッチー」に追われる。そしてそのどさくさのなか、デンスケが謎の少女に誘拐されかける。コイル電脳探偵局の主であるメガばあは、その少女の調査をフミエらに指示する。どのようにして少女を捜し出すか、思案にくれるふたりのまえに、もう1人の転校生として現れる少女。彼女こそが件の謎の少女、イサコこと天沢勇子だった。(ウィキペディアより引用)

ヤサコ(小此木優子):折笠富美子
京子:矢島晶子
フミエ:小島幸子
メガばあ:鈴木れい子
アキラ:小林由美子
ガチャギリ:山口眞弓
イサコ(天沢勇子):桑島法子
ハラケン:朴 璐美
ダイチ:斉藤梨絵
オバちゃん:野田順子
デンパ:梅田貴公美
ナメッチ:沼田祐介

✳以下myanimelistからの反応になります

“電脳コイル 第1話 海外の反応” の続きを読む