百錬の覇王と聖約の戦乙女 第10話 「追い詰められた狼」 海外の反応

 第10話あらすじ

美月と瓜二つの少女、リーファから現代に帰る方法を聞く勇斗。彼女を加え、フェリシアたち《狼》の臣下と新年の宴を楽しむ。しかしその直後、勇斗は《雷》が再び動き出したことを知る。迎え撃つ《狼》の軍。虎心王ステインソールの力に圧されながらも、勇斗の策で優勢となるはずだった《狼》だが――。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第10話 「追い詰められた狼」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第12話 「帰るべき場所」 海外の反応

 第11話あらすじ

ルングとの戦いを終え、現代に帰ってしまった勇斗。待ち望んでいた美月との再会に喜び、争いのない平穏な日常へと戻っていく。だが、心のうちではユグドラシルのことが忘れられず、美月も勇斗の気持ちに気づいてしまう。フェリシアたちへの想いを断ち切れない勇斗を、美月は夜の神社へ呼びだした――。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第12話 「帰るべき場所」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第11話 「覇王の証明」 海外の反応

 第11話あらすじ

予想していなかった《豹》の奇襲。勢い衰えぬステインソールと本陣間近まで迫ったルングに、敗走を余儀なくされる勇斗。兵と自分の命を守るのか、占領され全てを奪われるだろう市民を守るのか、苦渋の選択の末、勇斗は自らが百錬の覇王であることを証明する賭けにでる。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第11話 「覇王の証明」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第9話 「美しき月」 海外の反応

 第9話あらすじ

大晦日。美月は友人の瑠璃から従姉妹の沙耶を紹介される。考古学に詳しい彼女に勇斗から教えてもらったユグドラシルのことを説明すると、沙耶は北欧神話との関連性を口にする。次第にそれは、勇斗の身に降り注ぐ災いを予言したものになっていく。美月はすべてを勇斗に伝えようと電話をかけるが、抱えていた想いが溢れだしてきて。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第9話 「美しき月」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第8話 「こたつと空回りのふいご」 海外の反応

 第18話あらすじ

いまいち学校の子供たちと馴染めていないエフィーリア。それは元奴隷でありながら勇斗に特別扱いをされていることへの妬みが原因だった。

幼い女子の人間関係に踏み込みづらい勇斗に代わり、アルとクリスが策を練る。一方、イングリットは勇斗のあまりの鈍感さに機嫌を悪くし、自分も女であることをアピールしようとするのだった。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

私は今週このショーについて知り、ちょうど今追いついた。それは私がアニメを憎む要素の全てを持っている(対戦相手は馬鹿で、主人公は彼のハーレム要員に気付かず、ひどい歴史と経済、犯された関係など)が、私は本当に楽しんでいる。ショーは総ゴミですが、人生でごみが必要な時もあります。

彼は自宅で妹に再会することを待っています。彼は忘れていない、彼は積極的に無知である。

このショーはうまくいきませんが、私は見守ることができません。私はいくつかの女の子が好きで、興味深い部分があります。完全な列車の難破船ではありません。

主人公だけがより良いモチベーションを持っていたら。彼が電話で話すその少女は、とても穏やかで一般的です。私は正直言って彼女の名前を覚えていない。

主人公の彼は地球の過去にいるのですか、あるいは彼は別のタイムラインにいると思いますか?彼のガールフレンドはイエスは産まれていないと言いました。しかし魔法のスキルを使う人がいます。どうなっているの?

私はそれが第1話か第2話かを覚えていませんが、Yuutoは、パラレルな世界だと言われて、星がまったく同じで、地球の過去のどこかにある可能性が高いと考えています。

それは、魔法だけでなく、紀元前11世紀前半の材料文化と7世紀のAD言語の異なる地理と奇妙な組み合わせもあります)、あるいはプロットの穴です。

ライトノベルは彼の考えをより良く説明した。そしてアニメが限られた話数のために詳細に行くことができなかったことを覚えている

女性のメインキャストの名前のいくつかがどのように適合していないのか気付かなかった。つまり、設定は古代北ヨーロッパ(アニメは主にそれを表現することができません)とされており、女性名の半分だけがそれを反映しています:Linnea、Siegrune、Ingrid

一方、クリスティーナは、これまで数世紀に渡って生まれてはならないキリストを参照しています。フェリアはラテンです。アルベルティーナは、アダルベルトのより現代的なバージョンであるアルバートからの起源のドイツ語ですが、名前の一般的な女性版(アルバータ)ではありません。Effyも変わっていて、スカンジナビア語よりも現代英語に似ています。エヴァと関連しているかもしれないが、これはヘブライ語であろう。

設定は古代北ヨーロッパですと誰が言ったのですか?

ヨーロッパの青銅器時代の文明から多くのインスピレーションを得て、ノルディックな音色の名前がまともな低い魔法のファンタジー設定があります。私はノルディック文化にノルディック命名規則を当てました。

クリスティーナはまだイエスを参照している名前ですが、フェリシアはまだ他の名前の大多数との不一致の名前です。

日本の「間接キス」という概念を古代の世界にバックポートする。

「君主が学校の初日に娘と一緒に来て他の女の子に注意を払わなければ君主の娘は追放されるだろう」

それは理にかなっているように聞こえるでしょうか?

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第7話 「遺恨の報復」 海外の反応

 第7話あらすじ

遊牧民族《豹》の手により、《角》の街が落とされる。勇斗はすぐにでも助けに行こうとするが、《狼》だけが持つはずのあぶみの技術を使う《豹》に違和感を覚える。

《豹》の宗主はかつて《狼》の若頭であり、兄と慕った男であった。そして《豹》の騎馬隊が《狼》を包囲するとき、勇斗は過去と対峙する。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第7話 「遺恨の報復」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第6話 「戦乙女の休日」 海外の反応

 第6話あらすじ

《狼》の人材不足に悩む勇斗。一方、フェリシアたち七人の乙女は勇斗の日頃の疲れを癒すべく温泉旅行を計画する

。好意に甘え、体を休ませる勇斗。そこに裸のフェリシアたちがやってきて、勇斗の体を洗いたいと申し出る。逃れられず成す術のない勇斗は、正々堂々立ち向かうのだった。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第6話 「戦乙女の休日」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 海外レビュー

 あらすじ

現代からユグドラシルに召喚された周防勇斗は、小さな氏族《狼》の宗主として隣接する大国《角》との戦争を指揮していた。スマホから得た戦術の知識、そして特殊な力『ルーン』を持つ少女フェリシアとジークルーネの力で見事勝利を収めた勇斗は《角》の宗主と対面することになる。しかしそこに現れたのは年端も行かぬ若き宗主リネーアであった。(ウィキペディアより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下myanimelistからのレビューになります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 海外レビュー” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第5話 「虎を食う獅子」 海外の反応

 第5話あらすじ

ついに《雷》と戦いがはじまる。知略を巡らす勇斗であったが、ステインソールは自ら最前線に立ち、その圧倒的な力で《狼》の兵を打ち破っていく。無双の虎を止めるべく、《狼》のエインヘリアルたちは彼を囲み総攻撃を仕掛けるが――。最強のエインヘリアルを前に、勇斗が生み出した蛇が牙をむく。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第5話 「虎を食う獅子」 海外の反応” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第4話 「百錬成鋼」 海外の反応

 第4話あらすじ

《角》の街、ギムレーを訪れた勇斗たち。新しい農法を提案する勇斗だったが、街の人々の反応は冷たい。リネーアは勇斗の役に立とうと、人々を説得し始める。彼女の人望に感心する勇斗。だがリネーアは、勇斗より劣っている自分に、宗主としての自信を完全に失っていたのであった。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

彼のスマートフォンの充電と電波はどうなっているのか説明はありましたか?それが気になって本編に集中できません><。そして神様、アートスタイルは今シーズンのアニメの中で最悪です。
それはソーラーパネル充電器のケースの1つ、またはそのようなもの。

私は既にこのショーを落とした。

だから基本的に彼らの敵はすべての戦術家の最悪の恐怖です。止まらないオーバーパワーキャラクター。私は正直に彼に興味を持っています。

「ごめん、妹が帰宅するのを待っているので、私はあなたと一緒になることができません」。ハァ?それは私が聞いた中で最悪のハーレム主人公の言い訳です。それは近親相姦です。

彼女は妹ではありません。たぶんあなたはいくつかの研究をしていたはずです。

このショーは夏アニメのメインコースではありません。それは前菜でもありません。このショーはあなたが本当に空腹でないときに食べるポテトチップスですが、ゴミで自分自身を満たすことには反対しません。

誰もこの番組を見ていない?私はそれがisekaiゴミだと知っていますが、私はそれがこれ程人気がないとは思わなかった。

このショーは私に魔弾の王と戦姫を思い出させる。

私も同じことを感じた〜

正直にただライトノベルを読んでください。それは、彼らが裏話や開発なしで女性のキャラクターを得るためのアニメになるためにそれを作るごみよりもずっと優れています。

私はまだそれを見ているが、ショーは実際にキャラクター開発部門に欠けていて、ストーリーもまた急いでいるように感じる。多くの人がこの番組を一般的異世界アニメと呼んでいることを知っていますが、色々と説明不足だし、多くの人々に間違いなくショーを中止させる要因が多く、正直言って私はそれらを責めることが出来ません。私たちは基本的に彼の幼なじみについて何も知らない。さて、私はこのうちのどれかが適応に責められるべきかどうかわからないが、私は本当にLNがアニメ程酷いことになるとは思わない。

それは一般的な isekaiゴミです。少なくともそれはやや楽しいです。

それは完全にひどいですが、私はそれを正直に楽しんでいるだけです。

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第3話 「双紋と双子」 海外の反応

 第3話あらすじ

リネーアからの求婚に頭を悩ませる勇斗。そこへ、虎心王の渾名を持つ《雷》の宗主、ステインソールが現れる。二つのルーンを持つ彼に、ジークルーネでさえ恐れを抱いてしまう。さらに《爪》の国からやってきた双子のエインヘリアルに、勇斗は王としての器を試されるのだった。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

さて、悲しいことに、カウンターが増えたわけではありませんでしたが、ちょっと、この双子は楽しいですね。

エピソード お兄様 兄上カウンター
1      16   2
2       9   12
3       4    4
合計     29  18
私は脳細胞を失っているように感じる。

くそー、これは金ですXD

私はこれがただの旅行であると思っています、これは本質的に過去の地球です。そして、突然超自然的な力:ルーン。それは一体何ですか?私はその時点で監視を止めた。また、新しい男と主人公達はほとんど同じ顔、ただ異なる髪と表現を持っています。

だから、イセカイハーレムショーに悪役が登場するたびに、私はいつも悪人の味方をする。この赤い髪の男は例外ではない。なぜ人々は彼を憎んでいるのですか?彼に起こる最初のことは、彼の顔を見せるために彼を脅かしているラドーだ。赤い髪の男は何もしなかった。確かに彼はいくつかの古いギーザーをオフにしたが、彼が去った人はおそらくそれを来ていた。しかし、彼はそれが悪いと感じているので、彼は国がまだ大丈夫であることを確認し、新しい支配者を祝福し、こんにちはと言うために来る。しかし、彼は何を得ますか?人々は彼に目を眩ませ、何の理由もなく彼を脅かしている。だから彼は少し怒っている人々に彼が(彼がいたら何もすることはできませんでした)彼らを傷つけるためにここにいないことを示すために少し誇示しますが、彼は10フィート歩くこともありません。男は何も悪いことはなかった。誰もが彼をひどく扱っているだけです。

私はここから赤い髪の男のために根強くされます。彼は主人公よりはるかに興味深いようです。主人公が作っている死体の山に、次のエピソードで必然的に死ぬと、私は彼のために涙を流すでしょう。これはあなた自身が失ったものを返そうとする利己的な努力で、他の人々の希望と夢を粉砕する暗いアニメだと思われる。妹のschtickのための戦いでコードギアスを引っ張ってくるだろう、と思う。

しかし真剣に私は赤毛の男が勝つことを願っています。彼はこの黒い髪の一般的なハーレム・プロテグゴミ・ティア・ガルボ・セルフ・インサート・ガイよりも優れた主人公を作るだろう。

…このショーは悪いのですが、私はとにかくそれを見ていきます。

開始1分で私はすでにこれがどこに行くのかが好きです:)

私は異世界スマートフォンが好きだった。

待って、彼らはこのエピソードの前にルーンを言いましたか?私は本当に覚えていないので。

私は彼らがep1で簡単に言及したと思いますか?

ええ、女の子は矢を止めたが、彼女は彼女がちょうど奇妙なエルフレースのOPだと思った

私は同人誌を探しています。

もし彼らが(巧妙ではあるが)イセカイのシーンをスキップしなければ、このショーは少し牽引力を増やすだろう。

私はそれがアダプテーション部のミスであったと思うが、それは彼らが以前のジェネラルバトルのハーレムのように動作すると思って、世界の建物よりもハーレムに焦点を当てている。

ええ、それは私が最後の2年間に何回の異世界のショーが出てきたのか常に驚いています。私はこれが異世界スマートフォンのもう一つの世界とほぼ同じことを意味しています。彼らはあまりにも多くの姉ケーショーを作っているだけでなく、彼らはあまりにも似ているショーを作っている……….私はまだそれらを見るレコードのために。私は問題の一部であることを知っています。

私はこれが異世界スマートフォンの世界とほぼ同じことを意味しています。

うわー。その中傷について少し長引かないでください。大まかなあらすじは同じかもしれませんが、少なくともこのアニメはスマートフォン、不条理な物理的、魔法の能力を持ち、あらゆる点で最高の、斬新なパワーファンタジーではありません。

このエピソードを見た後、私は主人公と彼のガールフレンドの間の瞬間がどれほど奇妙であるかを実感しました:

MC:「おい、私はあなたに何かを言わなければならない…私はあなたが私が推測するかなりの時間お互いを見ることができない」

ガールフレンド:「www-何をお話しますか?」

司教: “…私は異世界を得ました。”

ガールフレンド:「なあにそれ?」

そして今、彼が別の世界にいることを彼女に説明することができます、彼のスマートフォンは動作している?そして、彼らがこのエピソードでどのように話したのか、私は、彼が愚かな人だと思って、彼が全部の一族を管理しているように、戦争をしたり、それだけでなく、それはすでに3年も犯されています。

それを無視して、私たちは彼のテーブルにかなりの数の論文を見ました。それは正確には何でしたか?彼は過去3年間に紙を導入しました(あるいは過去2年間にもっと多分)、すでに多くの官僚主義があり、3週間後には多くの異なるものが見えるでしょうか?

私はまた、誰かがなぜ北の神話を使うのだろうと思っていますが、もっとエジプトの環境を使うでしょう。私はそれを理解していない。

そして、私はIndex NT Vol。8-10現在、この著者が北朝鮮神話の研究を索引著者に比べてどれだけ行ったのだろうか。

私は90%確信しています。彼のガールフレンドではなく、彼の妹です。

なぜ両方ではない?

催眠術では、彼らは幼い頃の友人として彼女を参照します。

しかし、私は彼女が他の女の子に触れない理由だと思った。

それは彼が家に帰ることを計画しているので、女の子を後ろに残すからです

下山みつきさん(志百家美月さん)は、湯男蘇の幼なじみです。

そして、私はこれらの2つの間にもっと多くがあると確信しています。ごみアニメであってもスピードウォッチをしないでください。

そして今、彼は彼が別の世界にいることを彼女に説明することができます、彼のスマートフォンは動作している?

ビデオ通話。

彼女がビデオ撮影をしていないのは、女の子の一人がバージンしていることを知っているだけなので、カメラで撮影している間に足の間に顔が浮かんでしまうからです。それは離れて説明するのは困難です。

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第2話 「狼の戦術」 海外の反応

 第2話あらすじ

妹分となったリネーアと《角》の氏族を守るため、勇斗は強大な敵国《蹄》と戦うことを決意する。すべてを蹂躙するチャリオット部隊を前に、勇斗は《狼》と《角》の力を合わせた総力戦で挑む。優勢に思えた戦況だったが、《蹄》の宗主ユングヴィは勇斗の戦術の弱点に気づき、守りの薄いリネーアを追い詰めていくのだった。
(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

栄誉ある新日本製鐵が再びその日を救う

公正であるためには、それはブロンズ製であるように見える。

LNでは、それは隕石鉄。

カタナは、何千回も折り畳まれた精製鉄鉱石で作られていますが、その過程で石炭を使用しないため、炭素を導入して鉄鋼を作ることはありません。

だから、千畳の栄光の日本の鉄!

まあ…私は物理学や化学の専門家ではありませんが、隕石の鉄は非常に非常に不純ですか?

この時点で、私は戦略を見ているだけです。あまりにも多くの著者が、栄光のニッポンのスチール事件で犯してしまった。彼らの能力を落として昇進させても大丈夫ですが、そのシーンは明らかにカットのように見えます。(または私はただ盲目です)

私は次の人と同じくらいミームが大好きですが、人々は日本の鉄鋼がとても悪くて、折り畳みをして有用な段階にさえしなければならないということをほとんど知らないようです

ヨーロッパの突撃兵器は、火薬の前に行く道でした

使用されている戦術の詳細を知りたい場合は、LNを読む方がよいでしょう。

私はこれの代わりに実際の本を読む方が良いと思う。

それでも、あなたはカタナを持っていれば、鉄をスライスすることはできません。あなたが他の武器を壊したとしても、エッジが薄くて脆く、粉砕されます。

しかし、栄光の日本の鋼鉄…

注目すべき重要なことは、弱化したカタナです。体重を減らすために作られた背中の溝を見ることができます。それ以上に適切に作られたものは、その程度まで破壊されることはありませんが、あなたはまだ受け取る剣を破ることに近づくことはありません。

この時点で、あなたは彼らがフラグに集中する時間もカウントすべきです。

うわー、彼らは小説を飛び回っています。

小説の大きな部分は、勇人の戦術と発明の説明、そしてなぜそれが効果的なのかです。

あなたはアニメだけを見ればそれを自分で調べなければなりません。

編集:あなたが比較をしたい場合は、発生したバトルをカバーするために、ボリューム1の約25%が使用されます。

まあまあ、私は戦争の芸術を期待していたように、しかしそれでも彼らはそれを切った?とにかく私はこれらの戦術のほとんどをとにかく知っています。

このエピソードで使用された戦術などについて説明できますか?

私がこのエピソードを見て集まったものから、彼が使った主な戦術の2つは、

敵を疲れさせるようにしながら、常に毎日小さなカルバリーの嫌がらせをして敵を疲れさせる。
長い槍の密集した形成。

相手は騎兵によってどのように驚いていたのか、以前は馬がどのように戦車に使われていたかを覚えていますか?主人公はインストラクションとスターラップの作り方を教えました。スターラップを使って馬乗りを戦闘に使う方法が変わりました。彼は新しく発見された騎兵隊を使ってヒット・アンド・ラン戦術に参加し、騎兵レス騎兵の機動力を高め、敵を素早く拘束して離脱させ、邪魔にならず、休息を止めました。そのような種類の戦術は、狩人やモンゴルのような遊牧民によって有名でした。

もう一つの戦術は、敵の最強の戦闘員、彼らの総主教を、自分の歩兵の形成(最後のエピソードからの仲間)に悪用可能な弱点を残して戦闘に巻き込むことでした。敵の将軍はそれらの側面に装填され、そこには敵の領土で右警戒に捕らえられていたため、オオカミ一族の最も強力な戦闘機シーグルンのために簡単に選ぶことができました。

LNで使用されている戦術の説明:

カルヴァリー・ヒットに対抗して攻撃を実行するため、フーフ・クランは正方形と円の形を利用しました。彼らは死傷者を減らしたが、それは移動性に乏しいため、ホーン・クラン都市に到達するまでに時間がかかった。

– 狼の一族は、疲れたフーフ族の軍隊が眠りにつくことを試みていたときに、明け方に攻撃しました。3000 Vs 10000

– 正方形とサークルが正面攻撃に弱いため、フーフクランはクローズドフォーメーションに行きました。彼らは狼の一族の衝突直後にそうすることができるので、最小限の死傷者に苦しむだけです。

狼族はPhalnax Formationで長い槍と大きな盾を使用します。フーフ・クラン・兵士は、その範囲外に突き刺されている間に突破することはできなかった。彼らの鉄の槍もブロンズ/木製の盾を破ります。

敵の指揮官は、その弱点を横の攻撃に気づき、適切に事前にその領域を偵察し、平坦な土地を知っていた。ホーン一族が守っている側から500台の戦車を攻撃するように命じた。一方、射手は正面ホプリテスを下に保つ。

ユートはこのために準備されていたランで送られ、そのムスペルユニットは近くに隠されています。彼らの優れた移動性を利用して、彼らは戦車の車輪をターゲットにして破壊し、それらを無効にします。

実際に戦争では非常に重要な発展だったので、彼らがスターラップを購入したことは素晴らしいことです。鉄のものを切っているカタナはやや上を通っていた。

彼らは一般的に多くのものを通して光沢のように見える。私はLNを持っていないが、それは速すぎるようだ。

うん、彼らは物事を急いでいる、私が正しく覚えていれば、彼らはすでに第2巻の始まりであり、第1巻の終わりから来たもののいくつかの重要なヒントをスキップした。D

(͡°͜ʖ͡°)

そこにそれがある!優れた輝きを放つ新日鉄は、鉄鋼などの金属を切って100万回折り返しました!

みんな疲れているのを忘れない で …それを手に入れましたか?クール、今すぐ きれいにカットすることができる豪華な日本の鉄鋼を誇りに思う鋼 何千もの折り畳まれた鉄のおかげで、本当に他の武器より優れています 地球 イグドラシル。

これはただ悪いですが、それでも私はそれを見守ってくれるほど面白いです。

LOL、現代の技術を使って祐人のお父さんが作ったものと比べると、ごみのことだと言われています。

薄い模造品でさえ、栄光ある日本国の期待どおり、ある種の金属を切ることになります。

すべての公平さにおいて、現代的な技法で作られたカタナは、期間関連技術で作られた他の近接兵器と比べてもかなりゴミです

私はMCが歴史的な軍事戦術と戦術の他の歴史的軍事戦術と戦略に対してあらゆる種類の歴史的戦術と戦略を使用している軍事アニメーションを望んでいることを認識しました。彼らの弱点と強み、その他。

この適応は地獄のように急いでいると感じるのは残念です。

ええ、このisekaiのユニークな点の1つは、軍事戦術と、一度支配的だった特定の戦術/装備/ユニットが時間の経過とともに消滅した理由です。

それがすべて見えて、あなたはまだ別のクッキーカッターisekaiを持っています。

公平であるためには、多くの小説はすべてを説明するナレーションです。アニメは実際にはあまりカットされていませんでした。

ドリフターズをチェックしてください、それはいくつかあります。

これは全体的にも素晴らしい時間です。このショーの内容とは異なります。:)

私は早めにドリフターズに興味を失ってしまったが、もう一度それを試してみることができた。それは涼しかった、それはちょうど私を非常に長くつかまなかった。それはそれに沿ってより多くの戦術的になるのですか?私は3時に停止したと思う。

そうです。おそらくあなたが望むほど深くないでしょうか?:(

かわいい女の子たちはあなたの背中を洗うために彼らのことを論じることはありません

作者が妹と結婚することを正当化する方法を見つけたいと思ったとき。

ねえ、私はそれらの前回を言及しました。しかし、もう少し細部までヒットしました。マウントされた戦闘は、スターラップの出現前は不可能でも不明でもなく、一方の騎乗位を保持している一方、他のライダーは射撃や刺すような何かをしたような愚かなことをしていました。それはちょっと混乱でした。

これはアニメの外にありますが、騎兵に関する小さな議論です。

マウントされた4分の3の騎兵隊は、槍の兵士には効果的ではないことに注意してください。馬は自殺でも愚かでもありません。馬は大きくて高価で、鎧をつけるのが難しく、Podunkのスピアマンのために狙いを定めにくいものです。スローされた岩石(あなたが思っているよりもはるかに一般的な戦場での発生)を打つだけでも、ライダーを傷つけさせる可能性があります。

だから普段の信念に反して、騎兵はしばしば馬を乗り越えて自分のスタミナを維持する手段として、あるいは逃亡する軍隊(大多数の死傷者が発生した場所)を駆け抜ける手段として使用していました。本当の戦いのために、彼らはしばしば足を離して戦います。料金はもちろん発生しましたが、より頻繁に機会のターゲットなどになりました。

私たちは、騎兵の男の人、特に豊かな人に注意する必要があります。これは、ほとんどの兵士が独自のキットを提供することが期待されていた時代でもあります。実際の軍隊はおそらく私たちが想像していたよりもパーソナライズされていてラグガグでした。だから、もしあなたが乗りこむ余裕があれば、おそらく農民の耕耘槍で死ぬことを望まないでしょう。

また、その時代の馬はおそらく私たちが想像しているよりも小さくて能力がありませんでした。私たちは長い間、馬を選択的に繁殖させ、より大きく、より速く、より堅牢にしてきました。これはそのプロセスの初期段階です。

私はEDのためだけにこのショーを見ている

私はプロットのためにとどまると思ったが、このシリーズはますます悪化している。

あなたは、私はまだLNをチェックしていないが、この適応はFuturamaのエピソードのように感じる に時間の区切りがスキップさます。

ええ、このショーについての良いことを言ったときには、その説明戦術と技術と彼らはすべてのことをスキップしているこの本当に一般的な話に焦点を当てて

すべてのisekaiがすでに知っているので、彼らがイントロをスキップする方法を愛する笑

私がホーンの一族にいたなら、私はピンキーに反抗したでしょう。彼女は弱く、臆病で、愚かで、戦争についてのほとんどの経験はありません。基本的にリーダーのすべての反対の性質

私は彼の携帯電話で2年間この世界にいたのかどうか疑問に思っています。なぜ彼はまだ火薬を作っていませんか?

私はまだ疑いがある、それは小説/マンガの本当の/元のスタートなのか誰も知っている?私は彼がそこにいかに来るかの説明を見逃すように感じる。彼らはおそらくそれをスキップしているのです。なぜなら、その部分は他のすべての一般的なisekaiから知っているものですが、それは本当にどのように計画されていたのでしょうか?

非常に悪いイセカイ。非常に悪いアニメ。お勧めしません。

誰もが槍、腰掛けを持っているかどうかにかかわらず、全騎兵隊に負けないようにするためには、かなり激しい吸い取りをしなければなりません。

また、これは歴史の地獄を荒廃させている

文脈:暗闇のように夜の死体。ほとんどの軍隊は、夜の寒さからの暴露で死ぬことを試みているテントの中にいる。

突然、騎兵隊の力があなたの緩やかに形成された守備隊に告発され、あなたのキャンプに入れて、その端にいる少数の人を摘出して夜に戻ります。

誰もが夜の残りの部分を完全に形成しています。

これは、彼らが眠ったときにいつも3日間、フーフ一族に行ったことです。完全なコミットメントや投げられた戦いではありませんが、必死に休む必要があっても警告を発するような戦闘が起こりました。

LNはまた、ランのユニットも休息していなかったので、ただ疲れていたことに気づいた。

私は2日後に背中から燃える矢とペアを組んでいただろう。

炎の矢は恐怖の武器ですが、彼らは隠密な夜間の襲撃の目的を打ち負かしています。

だからこそ彼らは襲撃の前夜まで放置することができます。彼らは形成されていますが、それからさらに多くの人々を強制収容所に戻すことでそれを破ることができます。

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第1話 「盃の誓い」 海外の反応

 あらすじ

現代からユグドラシルに召喚された周防勇斗は、小さな氏族《狼》の宗主として隣接する大国《角》との戦争を指揮していた。スマホから得た戦術の知識、そして特殊な力『ルーン』を持つ少女フェリシアとジークルーネの力で見事勝利を収めた勇斗は《角》の宗主と対面することになる。しかしそこに現れたのは年端も行かぬ若き宗主リネーアであった。(ウィキペディアより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

“百錬の覇王と聖約の戦乙女 第1話 「盃の誓い」 海外の反応” の続きを読む