牙狼-GARO- -VANISHING LINE- 海外レビュー

あらすじ

様々な人の夢や希望、そして欲望が渦巻く大都会ラッセルシティ。そこには、負の感情が凝り固まった「陰我」を抱えた人間も存在し、そんな者を餌とする魔獣・ホラーが闇に蠢いている。だが、ホラーあるところ、それを討滅する魔戒騎士と呼ばれる者たちも存在していた。

ある夜、魔戒騎士のソードはソフィという少女を助ける。ソフィは行方不明になった兄を探していたが、彼は「エルドラド」を追い求めていたという。ソードも聞き覚えがあるその言葉は、ホラーが企む何かしらの計画と深く関わりがあるらしい。

ソードはエルドラドの謎を突き止めようと、行動を開始。ソフィも、彼女を戦いに巻き込みたくないソードの思いとは裏腹に、兄の行方を突き止めるため、積極的にソードの後を追う。

魔戒法師のルークやジーナもホラーの討滅に勤しむ中、ルークの父にして白銀騎士でもあったクリストフェルこと暗黒騎士ナイトがソフィを狙って現れ、ソードとルークが立ち向かうもシティに壊滅的な被害を出してしまう。辛くもナイトと痛み分けたソードは、新たな指令を受けてソフィと共にエルドラドと呼ばれる何かがある西へ向かうのだった。
2017年10月 – 2018年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“牙狼-GARO- -VANISHING LINE- 海外レビュー” の続きを読む