母をたずねて三千里 第1話 海外の反応

概要

アルゼンチン共和国・首都ブエノス・アイレスに出稼ぎに行ったまま音信不通になっている母アンナ・ロッシを訪(たず)ねるためイタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシがアルゼンチンに1882年に渡って旅する物語。

南米行きの船に乗るまでの日常ドラマと、渡航した後の旅物語に大別される。主人公の言動を客観的に描写する姿勢が貫かれていて記録映画風の珍しいアニメーションである。

主人公(マルコ・ロッシ)は旅の途中、何度も危機に陥り、そこで出会った多くの人に助けられ(たまにマルコが助けることもある)、その優しさに触れながら成長していく。そして最終回は旅中で世話してくれた人々の何人かに再会しお礼を言いながらジェノヴァに帰って行くという流れになっていて「人々の思い遣りと思い遣りに対する感謝の気持ち」が物語のテーマのひとつとして貫かれている。
1976年1月~1976年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

“母をたずねて三千里 第1話 海外の反応” の続きを読む

母をたずねて三千里 海外レビュー

概要

アルゼンチン共和国・首都ブエノス・アイレスに出稼ぎに行ったまま音信不通になっている母アンナ・ロッシを訪(たず)ねるためイタリア・ジェノヴァに暮らす少年マルコ・ロッシがアルゼンチンに1882年に渡って旅する物語。

南米行きの船に乗るまでの日常ドラマと、渡航した後の旅物語に大別される。主人公の言動を客観的に描写する姿勢が貫かれていて記録映画風の珍しいアニメーションである。

主人公(マルコ・ロッシ)は旅の途中、何度も危機に陥り、そこで出会った多くの人に助けられ(たまにマルコが助けることもある)、その優しさに触れながら成長していく。そして最終回は旅中で世話してくれた人々の何人かに再会しお礼を言いながらジェノヴァに帰って行くという流れになっていて「人々の思い遣りと思い遣りに対する感謝の気持ち」が物語のテーマのひとつとして貫かれている。
1976年1月~1976年12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

Marco:Haha wo Tazunete Sanzenriは、52-エピソードのエピックシリーズは、キャラクターの発展、壮大なセッティング、ドラマ、センチメンタルなバースト、感情と90分の無感覚への1196分をトリミングする映画です。元のシリーズは、キャラクターが感じていることを感じさせ、あなたの気持ちを気にさせ、感情的な絆を作り出すアート作品です。この映画は、高畠功の1976年制作の傑作となったあらゆる種類の感情を欠いています。マルコが苦労しているシリーズとは違って、マルコが完全に人工的であるように感じることは、マルコの苦難と同じくらいです。

これを見てあなたの時間を無駄にしないでください。高橋勲の傑作のひとつであるオリジナルシリーズを、ハイジとアン・オブ・グリーン・ゲイブルズと共に見る。彼らはあなたをより良い人間にすることができます。

“母をたずねて三千里 海外レビュー” の続きを読む