機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 海外レビュー

あらすじ

西暦2035年、「赤道の冬」とよばれる未曾有の異常気象によりクラウド (EM-cloud) と呼ばれる電磁雲で覆われ、既存のエネルギーが消失した世界。人類を救ったのは世界各地で発掘されたオーパーツ「頭像」のオーバーテクノロジーだった。そして、各国が「頭像」 (OXII) を元に巨大ロボットを開発し、新たな世界秩序構築の主導権を賭けた「もっとも賢明なる世界大戦」WWW (Wisest World War) がUN主導で実施される。
2007年4月4日 – 9月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機神大戦ギガンティック・フォーミュラ 海外レビュー” の続きを読む