機動戦士ガンダム 海外レビュー

あらすじ

舞台は、スペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた未来世界。地球から最も遠いコロニー群サイド3にジオン・ズム・ダイクンという政治思想家が出現する。ダイクンは地球連邦政府が強行する宇宙移民を棄民政策だと痛烈に批判し、宇宙空間という新たな生活環境を得た人類はやがてニュータイプに進化すると力説する。ダイクンは連邦政府からの自治権獲得を志向するが志半ばで急逝。ダイクンの同志デギン・ソド・ザビは路線継承を名目に、サイド3をザビ家一族による独裁支配下に置く。ダイクンの二人の遺児はザビ家の目を逃れ、サイド3を脱出する。

宇宙世紀0079年、サイド3はジオン公国を名乗り連邦政府に対し独立戦争を挑む。圧倒的な地球連邦軍の戦力に対し、ジオン軍は電波障害を引き起こしレーダーや誘導兵器を無効化するミノフスキー粒子とミノフスキー粒子散布下で極めて効果的な人型機動兵器モビルスーツ(MS)を実戦投入。開戦後、親連邦の立場を取った4つのサイドはジオン軍の攻撃で壊滅し、最初の艦隊決戦となったルウム戦役において連邦宇宙軍は大敗。戦争の早期終結を図ろうとするジオン軍はスペースコロニーを巨大な弾頭に見立てたブリティッシュ作戦の実施により連邦軍本部ジャブロー壊滅を企図するが連邦宇宙軍残存艦隊の激しい抵抗により失敗。当初のコースを逸れて地球に落下したコロニーは衝撃波により巨大津波を発生させ、人口の密集する沿岸地域の大都市は壊滅した。開戦から僅か1週間で地球圏は総人口の半数を失い、決め手を失ったジオン軍は降下作戦により戦いの舞台を地球上に変える。開戦から半年が経過し、戦争は膠着状態に陥る。
1979年4月7日 – 1980年1月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“機動戦士ガンダム 海外レビュー” の続きを読む