機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 海外レビュー

あらすじ

無人機動兵器モビルアーマー(MA)の暴走に端を発した大戦争、厄祭戦が終結してから約300年後のP.D.(Post Disaster)323。地球圏は、大戦の英雄アグニカ・カイエルと同志である7つの家門セブンスターズが創設した治安維持組織ギャラルホルンの監視のもとで、4つの経済圏による分割統治に移行していた。しかし、長きにわたる平和の中でギャラルホルンは当初の理念を失い腐敗、その余波は民衆にも差別や貧困というかたちで蔓延していき、生活難から過酷な労働に就く孤児たちや、人身売買されるヒューマンデブリを生み出す要因となっていた。
第1期:2015年10月4日 – 2016年3月27日
第2期:2016年10月2日 – 2017年4月2日迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=-MnlFslr3Go(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=olWPDel6ti4(公式)

✳以下クランチロールからのレビューになります

“機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 海外レビュー” の続きを読む