小さなバイキング ビッケ 海外レビュー

あらすじ

主人公ビッケはフラーケ族のバイキング。小さな男の子であるが、身体が大きく、酒豪の族長ハルバルの息子でした。父とは正反対にビッケは身体が小さく力も無かったが、頭脳明晰さは誰にも負けなかった。その知恵が評価され、ビッケは特別にバイキングの一員となることを許される。バイキングが行く先々で遭遇するさまざまな事件や困難を「小さなバイキング」ビッケの素晴らしい知恵で乗り越えていく。
1972年から1974年迄放送 (ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“小さなバイキング ビッケ 海外レビュー” の続きを読む